« amazonで購入したカシオ アナログ掛時計 IQ-58-7JFがようやく届いた | トップページ | So-net光withフレッツsを解約するが、J:COMの開通は未定です »

2016.03.19

映画『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』(お薦め度★★★★)

マドンナの竹下景子が麗しくて素晴らしいです。彼女の女優としての旬となる時代をしっかりと映像に焼き付けたと感じます。山田洋次監督は流石です。

寅さんがマドンナにデレデレになるのは当然でしょう。しかし、…
己を知り過ぎている寅さんらしい結末に同情の念が禁じえません。マドンナが寅さんの服を引っ張るキュートさと柴又駅ホームでのあまりに潔い別れにぐっときました。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
製作年:1983年
製作国:日本
内容時間:105分

<スタッフ>
監督:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:高羽哲夫
音楽:山本直純

<キャスト>
車寅次郎:渥美清
さくら:倍賞千恵子
朋子:竹下景子
一道:中井貴一
ひろみ:杉田かおる
熊:レオナルド熊
蕎麦屋の店員:石倉三郎

<番組紹介/解説>
渥美清主演「男はつらいよ」シリーズの第32作。寅さんはお寺の和尚の娘に恋したのを機に、自分も僧侶になれないかと真剣に考えだすように……。マドンナ女優は竹下景子。

寅次郎の義弟、博(前田吟)の父親(第1・8・22作で志村喬が演じた)の三回忌を挟むという、シリーズのファンには気になる設定で始まる1本。ロマンチックなムードが高まる展開の中、寅さんが見せた反応がファンは気になるところ。マドンナ役は当時“お嫁さんにしたい女性ナンバーワン”と呼ばれた竹下景子。本作の好評を受けてか、シリーズ第38作「~知床慕情」、シリーズ第41作「~寅次郎心の旅路」と、3度異なる役でシリーズに出演する唯一の女優となった。ロケ地は備中高梁などの岡山県や広島県尾道市。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

【関連記事】
2011.12.24 寅さんをWOWOWで全部観るぞ!

|

« amazonで購入したカシオ アナログ掛時計 IQ-58-7JFがようやく届いた | トップページ | So-net光withフレッツsを解約するが、J:COMの開通は未定です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/63368839

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』(お薦め度★★★★):

« amazonで購入したカシオ アナログ掛時計 IQ-58-7JFがようやく届いた | トップページ | So-net光withフレッツsを解約するが、J:COMの開通は未定です »