« 映画『サウンド・オブ・ミュージック』(お薦め度★★★★★) | トップページ | 映画『ハイジャッキング』(お薦め度★★) »

2016.03.24

映画『イリュージョン』(お薦め度★★)

難解というよりも、話がわかりません。
ほとんど全ての伏線を全く回収しません。
サスペンスで引っ張っていながら、ラストはホラーなの?
監督は傲慢です。
というか、こんな作品を作らせる映画会社の問題です。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:La femme du V〓me
製作年:2011年
製作国:フランス・ポーランド・イギリス
内容時間:84分

<スタッフ>
監督・脚本:パヴェウ=パヴリコフスキ
製作:カロリーヌ=ベンジョー、キャロル=スコッタ
撮影:リシャルト=レンチェフスキ
音楽:マックス=デ=ヴァルデナー

<キャスト>
トム=リックス:イーサン=ホーク
マーギット:クリスティン=スコット=トーマス
アニア:ヨアンナ=クーリグ
セゼル:サミール=ゲスミ
ナタリー:デルフィーヌ=シュイヨー

<番組紹介/解説>
別れた妻子と再会すべくパリを訪れたアメリカ人の作家が、異国の地で味わう孤独、そしてそこで体験する奇妙な出来事を、E・ホークの主演で夢幻的に描いた異色サスペンス。

長編劇映画の第5作「イーダ」で絶賛を博し、第87回アカデミー外国語映画賞に輝いたポーランド生まれの異才P・パヴリコフスキ監督が、そのひとつ前に手掛けた、幻想的な雰囲気に満ちあふれた異色サスペンス。別れた妻子と人生をやり直すべくパリにやって来たものの、なかなか思い通りに事が進まず、異国の地で孤独と焦燥を深めていくアメリカ人作家の主人公を、「クロッシング」のホークがやるせないムードたっぷりに好演。そこで彼が出会うミステリアスな未亡人を演じるのは「フランス組曲」のK・S・トーマス。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« 映画『サウンド・オブ・ミュージック』(お薦め度★★★★★) | トップページ | 映画『ハイジャッキング』(お薦め度★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/63391356

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『イリュージョン』(お薦め度★★):

« 映画『サウンド・オブ・ミュージック』(お薦め度★★★★★) | トップページ | 映画『ハイジャッキング』(お薦め度★★) »