« 映画『ミニオンズ<日本語吹替版>』(お薦め度★★★★) | トップページ | 職場に半袖ポロシャツで出社してみた »

2016.04.19

映画『バーニング・ブラッド』(お薦め度★★★)

B級ですが、主人公のハードアクションがみせます。
中盤まではかなりの出来です。ただし、終盤が雑になったるのが勿体無いです。

ナイフを使った接近戦の格闘技は見応え十分ですが、いかんせんガンアクションが軽くて、本物らしさがありません。もっと設定を肉弾戦に絞ればリアリティが溢れたと思います。

主演のスコット=アドキンスのアクションは魅力的なので、当たり役に恵まれると一気にブレイクすると思います。

以下、WOWOWオンラインから転載。 
  
<作品データ>
原題:Close Range
製作年:2015年
製作国:アメリカ
内容時間:86分

<スタッフ>
監督:アイザック=フロレンティーン
製作総指揮:スコット=アドキンスほか
脚本:チャド=ロウ、シェーン=ダックス=テイラー
撮影:タル=レイザー
音楽:スティーヴン=エドワーズ

<キャスト>
コルトン:スコット=アドキンス
キャロウェイ保安官:ニック=チンランド
アンジェラ:ケイトリン=キーツ
ウォルト:ジェイク=ラ=ボッツ

<番組紹介/解説>
「エクスペンダブルズ2」にも出演した格闘スター、S・アドキンス主演の痛快アクション。家族を守るため、あるタフガイがメキシコの麻薬カルテルを相手に立ち上がる……!

冒頭、“昔、日本には侍と呼ばれる戦士がいた。彼らは主人がいなくなると浪人と呼ばれた”という字幕が出て、日本人もつい楽しくなる痛快活劇。主演のアドキンスは柔道、キックボクシングなどの格闘技を学び、「エクスペンダブルズ2」「ゼロ・ダーク・サーティ」を除くとB級映画中心の活動だが、アクションもワイルドな個性も一級。今後を期待できそう。本作でも、「NINJA」「ニンジャ・アベンジャーズ」などで組んだI・フロレンティーン監督のもと、タフガイの魅力を放った。WOWOWの放送が日本初公開。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« 映画『ミニオンズ<日本語吹替版>』(お薦め度★★★★) | トップページ | 職場に半袖ポロシャツで出社してみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/63509870

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『バーニング・ブラッド』(お薦め度★★★):

« 映画『ミニオンズ<日本語吹替版>』(お薦め度★★★★) | トップページ | 職場に半袖ポロシャツで出社してみた »