« JTB不正アクセスでメール連絡が来た | トップページ | ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」[全10話](お薦め度★★★) »

2016.06.22

J:COM NETに接続しているAterm WG1800HP2が不調でブリッジモードにした

J:COM NETはワイヤレスケーブルモデム HG100R-02JGが設置されていますが、我が家ではこれに直接無線LAN接続していません。宅内の無線LANで繋がっているタブレットやPC、ブルーレイレコーダーなどを守るため、「常時安全セキュリティ24プラス」を導入しています。

そのため、HG100R-02JGからスマートサーブのSAを経由してAterm WG1800HP2を繋げ、このAterm WG1800HP2から情報端末を接続しています。

J:COMが4月に開通してから、一昨日まで調子が良いとは言えないもののAterm WG1800HP2でWi-Fi接続をしていましたが、昨日から全く繋がらなくなりました。

不調の理由は、Aterm WG1800HP2をローカルルーターモードで設定しているため、HG100R-02JGのDHCPサーバーとAterm WG1800HP2のDHCPがバッテングしているからのようです。

これを何とかバッテングしないようにしようと、最初はHG100R-02JGの設定画面からDHCPを外そうと試みましたが出来ず、仕方が無いのでAterm WG1800HP2の設定画面でDHCPを外そうとしたのですが、これもうまく行きませんでした。

そこで、Aterm WG1800HP2をブリッジモードにすべく、設定画面(クイック設定Web)にある「らくらくWebウィザード」でブリッジモードにしたところ、切替が無事に成功しました。

ようやくこれで宅内の無線LAN環境が整いました。ACTIVEランプ(通信状態表示)が橙で点灯していてブリッジモードを示しています。

KIMG0077

以前、背面のRT/BR/CNVモード切替スイッチで何度かBR(ブリッジ)にして繋げようとしたのですが、うまく接続できずRT(ローカルルータ)のポジションのままで利用してきました。何故このスイッチが動作モード切替で優先されないのかわかりません(オンラインマニュアルに書いてあるかもしれません)。

今回「らくらくWebウィザード」でブリッジモードにしただけで、背面の切替スイッチはRTのポジションのままです。今後再度不調になったら、この切替スイッチも触ろうと思います。

|

« JTB不正アクセスでメール連絡が来た | トップページ | ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」[全10話](お薦め度★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/63816832

この記事へのトラックバック一覧です: J:COM NETに接続しているAterm WG1800HP2が不調でブリッジモードにした:

« JTB不正アクセスでメール連絡が来た | トップページ | ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」[全10話](お薦め度★★★) »