« 松尾豊著『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』でAIの脅威が少し薄れたかも | トップページ | 映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(お薦め度★★★) »

2016.07.23

「氷室京介 WOWOW SPECIAL ~LAST GIGS AT TOKYO DOME~」は超カッコよかった!

WOWOWの音楽プログラム鑑賞は通常録画です。しかし、今回の氷室京介のラストライブは放送をオンタイムで観ました。しかも子どもたちも一緒でした。ファンでなくとも非常に楽しめる番組でした。

2年前よりも氷室京介の体調が良かったのでしょう。充実した圧巻のパフォーマンスでした。

20時から22時までの2時間放送なので、実際のステージをどれだけカットしたのかわかりませんが、2か月前の熱狂が十分に伝わってきました。

本当に氷室京介はカッコ良い!!

そして、最後のステージでの姿を記憶に焼き付けました。

氷室京介+WOWOWのスペシャルコラボ番組は大成功です。大満足しました。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<番組紹介/解説>
“KING OF ROCK”氷室京介、完全燃焼の“LAST GIGS”ファイナルを放送。35年間のライブ活動を締めくくるにふさわしい渾身のステージは必見。

<内容/物語>
デビュー以来、圧倒的な存在感で音楽シーンに多大な影響を与えてきた氷室京介。社会現象を起こしたBOOWYでの活動、そして新たな音楽表現に挑み続けたソロ活動。彼は常に時代の先駆者だった。
日本中に衝撃を与えたライブ活動無期限休止宣言から1年9カ月。30万人以上を動員するファイナルツアー「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」が4大ドームで開催された。
迎えた最終日。2016年5月23日、“KING OF ROCK”氷室京介の最後のステージ。会場には、5万5000人を超える大観衆が詰め掛けた。この日披露されたのは、BOOWYナンバーとソロデビュー以降の楽曲がおよそ半々。ビート系の楽曲で聴衆の感情を爆発させ、バラード曲でドームの広い空間を一つに包む。「今夜は死ぬまで終わんねえぞ!」アンコールで氷室は叫んだ。その言葉通り、35年間のライブ活動を締めくくるにふさわしい渾身のステージだった。歴史として語られるであろう伝説の夜を、番組で追体験してほしい。

<楽曲情報>
曲名
DREAMIN'
RUNAWAY TRAIN
TO THE HIGHWAY
BABY ACTION
LOVER'S DAY
CLOUDY HEART
WARRIORS
ONLY YOU
PLASTIC BOMB
WILD AT NIGHT
ANGEL
The Sun Also Rises
JEALOUSYを眠らせて
VIRGIN BEAT
KISS ME
SUMMER GAME 他

<出演>
氷室京介

<収録日・場所>
2016年5月23日
東京 東京ドーム

|

« 松尾豊著『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』でAIの脅威が少し薄れたかも | トップページ | 映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(お薦め度★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/63958906

この記事へのトラックバック一覧です: 「氷室京介 WOWOW SPECIAL ~LAST GIGS AT TOKYO DOME~」は超カッコよかった!:

« 松尾豊著『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』でAIの脅威が少し薄れたかも | トップページ | 映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(お薦め度★★★) »