« 映画『ベルファスト71』(お薦め度★★★) | トップページ | 叔父さん家のロビー、初めまして! »

2016.08.09

ドラマ「埋もれる殺意~39年目の真実~」[全6話](お薦め度★★★)

全く予期せぬLGBT作品です。

設定がかなり緻密で、脚本が優れています。映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』の背景と共通するイギリスの過去の恥部が題材となっていて、点と点が繋がる展開はサスペンス性が高いです。

イギリス作品らしい重厚な演出で派手さは皆無ながら好感が持てました。ただし、40年も前の事件なのに容疑者たちの数年前のような証言には違和感を感じました。まさかイギリス人は記憶力が抜群に良い訳ないですよね。

既に続編が用意されているとのことで、興味があります。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<番組紹介/解説>
緻密なストーリーで話題となった英国のクライムサスペンス。地下室で発見された白骨遺体。容疑者は4人。39年前の未解決事件の真相を刑事キャシーが暴く!

日本未公開の最新ドラマをどこよりも早く放送する“WOWOWプレミア”。5月にお届けするのは2015年10~11月に全英ITVネットワークで放送されて大反響を呼んだ本作だ。ロンドンで白骨遺体が見つかったのをきっかけに、39年前の未解決事件(コールドケース)の捜査が始まるが、それは当時あった社会問題にスポットライトを当てることになる。警部キャシーと相棒のサニーは事件の真相にたどり着けるのか。
演劇・映画・TVで優れた俳優を輩出している英国作品とあって、ドラマ「捜査官クリーガン」「MI‐5 英国機密諜報部」のN・ウォーカー、映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでセオデン王役を演じたB・ヒル、同じように未解決事件の再捜査を描いたドラマ「ウェイキング・ザ・デッド 迷宮事件特捜班」のT・イヴら充実の布陣。英国で続編が放送予定の要注目作だ。

<キャスト>
キャシー=スチュアート:ニコラ=ウォーカー/声:野沢由香里
サニル=“サニー”=カーン:サンジーヴ=バスカー/声:目黒光祐
ロバート=グリーヴス:バーナード=ヒル/声:内田紳一郎
フィリップ=“フランク”=クロス:トレヴァー=イヴ/声:上別府仁資
リジー=ウィルトン:ルース=シーン/声:三沢明美
エリック=スレイター:トム=コートネイ/声:金子達
クレア=スレイター:ジェマ=ジョーンズ/声:井上祐子

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« 映画『ベルファスト71』(お薦め度★★★) | トップページ | 叔父さん家のロビー、初めまして! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/64036613

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「埋もれる殺意~39年目の真実~」[全6話](お薦め度★★★):

« 映画『ベルファスト71』(お薦め度★★★) | トップページ | 叔父さん家のロビー、初めまして! »