« 【防災グッズ】Aedon モバイルバッテリー 超大容量2万mAh ソーラーチャージャー(A8)は重すぎる! | トップページ | 坂村健著『IoTとは何か 技術革新から社会革新へ』は今後の産業を考えるうえで非常に役立つ! »

2016.08.01

映画『フレンチアルプスで起きたこと』(お薦め度★★★)

ビビりにとって作品で描かれる父親の行動は“あるある”なので身につまされます。
突発的な反応は、他人事ではありません。
しかもこの夫婦はお互い真面目なので、危機的状況に陥ります。回答が出ないだけに難しい。

スウェーデンの家族ということで、日本人から遠い話として最初は観ていましたが、どうしてどうして非常に身近な話だと感じました。

最後までしっくりこない展開で、これほど考えさせるエピソードとは思いもしませんでした。欧州映画はユニークです。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Force Majeure
製作年:2014年
製作国:スウェーデン・デンマーク・フランス・ノルウェー
内容時間:120分

<受賞歴>
第67回 (2014年) カンヌ国際映画祭 ある視点部門審査員賞

<スタッフ>
監督:リューベン=オストルンド
製作:エリク=ヘンメンドルフ、マリー=シェルソン、フィリップ=ボベール
脚本:リューベン=オストルンド
撮影:フレドリック=ウェンツェル

<キャスト>
トマス:ヨハネス=バー=クンケ
エバ:リーサ=ローヴェン=コングスリ
マッツ:クリストファー=ヒヴュ
クララ:クララ=ヴェッテルグレン
ハリー:ヴィンセント=ヴェッテルグレン

<番組紹介/解説>
雪崩におじけづいた父親のとっさの行動が、冬の休暇を楽しんでいた家族を一転、崩壊の危機へと導くことに…。北欧の国スウェーデンが生み出した要注目のシニカルドラマ。

フレンチアルプスの高級リゾート地でスキーバカンスを楽しんでいた、とあるスウェーデン人一家。ところが、雪崩におじけづいた父親が、妻子を置いてひとりでさっさとその場から逃げ出したことから、一家は突如、崩壊の危機に直面することに…。北欧の国スウェーデンから現われた本作は、第67回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の審査員賞に輝いたのを皮切りに、欧米でさまざまな賞レースをにぎわせて話題と注目を集め、スウェーデンの俊英R・オストルンドの名前と才能を一躍、世界に広く知らしめることとなった。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« 【防災グッズ】Aedon モバイルバッテリー 超大容量2万mAh ソーラーチャージャー(A8)は重すぎる! | トップページ | 坂村健著『IoTとは何か 技術革新から社会革新へ』は今後の産業を考えるうえで非常に役立つ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/63999867

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『フレンチアルプスで起きたこと』(お薦め度★★★):

« 【防災グッズ】Aedon モバイルバッテリー 超大容量2万mAh ソーラーチャージャー(A8)は重すぎる! | トップページ | 坂村健著『IoTとは何か 技術革新から社会革新へ』は今後の産業を考えるうえで非常に役立つ! »