« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016.09.30

映画『黒い魂』(お薦め度★★★)

なんじゃ、こりゃ!!...

で終わりを迎える作品です。ラストで止めを刺します。

重厚な演出で、説明が少なく抑えられたセリフにもかかわらず、あるファミリーが危機に陥っていく様子が理解できます。

負の連鎖を止めるための、どうしよもない悲劇に唖然とさせられました。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:Anime nere
製作年:2014年
製作国:イタリア・フランス
内容時間:109分

<受賞歴>
第71回 (2014年) ヴェネチア国際映画祭 パジネッティ賞

<スタッフ>
監督:フランチェスコ=ムンズィ
製作:ルイジ=ムジーニ、オリヴィア=ムジーニ
脚本:フランチェスコ=ムンズィ、ファブリツィオ=ルジレッロ、マルリツィオ=ブラウッチ
撮影:ヴラダン=ラドヴィッチ
音楽:ジュリアーノ=タヴィアーニ

<キャスト>
ルチャーノ:ファブリツィオ=フェラカーネ
ロッコ:ペピーノ=マッツォッタ
ルイジ:マルコ=レオナルディ
レオ:ジュゼッペ=フーモ
アントニア:アンナ=フェルッツォ

<番組紹介/解説>
イタリアのアカデミー賞に当たる第60回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で作品、監督賞ほか最多9部門を受賞。3兄弟が織り成す運命の交錯劇を重厚なタッチで描いた秀作。

シチリア島を拠点とする「コーザ・ノストラ」や、ナポリを拠点とする「カモッラ」と同様、イタリア南部のカラブリア州を拠点とする同国の巨大犯罪組織のひとつ、「ンドランゲタ」を題材に、本作の重厚なドラマが展開。そのカラブリア州で生まれ、敵対する組織同士の血で血を洗う抗争劇を間近で見ながら育った3兄弟。それを嫌ってきっぱり堅気の道を歩んだ長男とは対照的に、次男と三男は、自らも組織の一員となる道を選択。やがて彼らが直面する悲劇を実力派キャストの息詰まる競演で重厚に描き、絶賛を博した。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.29

品川駅でプリンを買いました!

品川駅でプリンを買いました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

部で焼肉だ〜!

部で焼肉だ〜!
目黒で美味しいお肉を食べました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.28

ドラマ「バスケも恋も、していたい」[全3話](お薦め度★★)

プロバスケットボールBリーグが9月22日開幕するタイミングで、バスケットボールをテーマに2組のカップルの恋と友情を描いた青春ドラマで、3夜連続放送されました。

かなり期待外れです。
話が薄っぺらで、編集が冗長でした。映し方もダサくカッコよさが感じられません。

藤ヶ谷太輔と山本美月のカップルがイマイチで、息が合っていません。むしろサブの永瀬匡と川栄李奈のほうが好ましく映りました。

澤部佑に関しては、もはや冗談としか思えないキャスティングです、ユルイ物語がさらに緊張感を打ち消しました。

Bリーグを盛り上げるだけのパワーは感じられない作品でした。

<オンエア情報>
フジテレビ、2016年9月19日(月)~21日(水) 三夜連続放送。

<スタッフ>
脚本:秋山竜平
演出:並木道子、野田悠介
プロデューサー:村瀬健、郷田悠(FCC)
制作著作:フジテレビジョン

<キャスト>
藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)
山本美月
永瀬匡
川栄李奈
吉沢亮
澤部佑(ハライチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iOS 10.0.2をiPad Air2にアップデートした

今月公開されたiOS 10(10.0.1)のアップデートです。

iOS 10.0.2では次の不具合を修正および機能を改善します。

・ヘッドフォンのオーディオコントロールが一時的にうまく動かない問題に対処
・iCloudフォトライブラリをオンにした時“写真”が終了してしまう問題を修正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.27

映画『ボーン・コレクター』(お薦め度★★)

脚本がダメです。
事件現場の捜査が意味不明で、謎解きは全く頭に入りません。
さらに、真犯人にいたっては、バカバカしくなりました。

デンゼル=ワシントンとアンジェリーナ=ジョリーが共演していただけの作品です。
2大スターを起用していて、これだけお寒い内容ではどうしようもありません。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:The Bone Collector
製作年:1999年
製作国:アメリカ
内容時間:118分

<スタッフ>
監督:フィリップ=ノイス
製作:マーティン=ブレッグマン、ルイス=A=ストローラー、マイケル=S=ブレッグマン
脚本:ジェレミー=イアコーネ
撮影:ディーン=セムラー
音楽:クレイグ=アームストロング

<キャスト>
リンカーン=ライム:デンゼル=ワシントン
アメリア=ドナヒー:アンジェリーナ=ジョリー
セルマ:クイーン=ラティファ
ポーリー=セリット警部:エド=オニール
エディ=オーティス:ルイス=ガスマン
ケニー=ソロモン警部:マイク=マッグローン

<番組紹介/解説>
2大スター、D・ワシントンとA・ジョリー共演でベストセラーを映画化した、戦慄のサスペンススリラー。ほぼ全身がまひした刑事がベッドから猟奇的連続殺人の謎に挑む!

不慮の事故でほぼ全身がまひし、いつもベッドにいる生活を余儀なくされるようになった科学捜査のスペシャリストが、NYで発生した猟奇的連続殺人の謎に挑戦する。人気ミステリー作家J・ディーヴァーが、同名ベストセラー小説で生み出した斬新な“安楽椅子探偵”像を、実力派男優ワシントンが演じるのが難しい役どころながら見事に演じてみせたほか、彼の手となり足となって事件の謎に迫る女性刑事役を当時まさに売り出し中だったA・ジョリーが魅力満点に演じたのも見逃せない。スリリングで手に汗握る娯楽編だ。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.26

映画『トランスポーター イグニション』(お薦め度★★★)

トランスポーター』のリブート版ですが、面白くありません。
何から何まで作り物の仕掛けで、リアリティが全く感じられません。主人公が乗る車はアウディS8 D4で、宣伝臭があっていただけません。見せ場となるカーアクションは、特筆すべきシーンは皆無で、追跡して壊れるのは必ずルノーのパトカーというパターンでした。

格闘シーンもリアリティが皆無で、ジェイソン=ステイサムとは比べ物になりませんでした。

売りのアクションシーンが低レベル、しかも物語がさえない内容です。シリーズの出し殻的な作品で終わりました。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:The Transporter Refueled
製作年:2015年
製作国:フランス
内容時間:96分

<スタッフ>
監督:カミーユ=ドゥラマーレ
製作:リュック=ベッソン、マーク=ギャオ
脚本:リュック=ベッソン、アダム=クーパー、ビル=コラージュ
撮影:クリストフ=コレット
音楽:アレクサンドル=アザリア

<キャスト>
フランク=マーティン:エド=スクレイン
フランク=シニア:レイ=スティーヴンソン
アンナ:ロアン=シャバノル
ジーナ:ガブリエラ=ライト
マリア:タティアナ=パイコヴィッチ
キャオ:ウェンシア=ユー

<番組紹介/解説>
どんな荷物も確実に届ける凄腕の運び屋=トランスポーター。L・ベッソン製作・脚本の人気シリーズを、英国の注目株E・スクレインを主演にリブートさせた犯罪アクション。

ジェイソン・ステイサムを一躍人気スターの座に押し上げたヒットシリーズ「トランスポーター」をリブート。荷物の中身も理由も不問で、確実に目的地へと届ける凄腕のトランスポーター、フランク・マーティン役を、新たに「デッドプール」などの注目俳優スクレインが演じる。前シリーズ同様、卓越したドライビングテクニックと格闘技術でいかなるトラブルも突破するフランクのスタイリッシュなアクションが見どころだが、新生版ではそれらに加え、R・スティーヴンソン演じる父親との絆も大きく描かれたことが特長だ。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016秋の花粉症が発症中です

3年連続で発症しています。一昨年(2014年)から気付きました。昨年よりも症状は軽く、くしゃみと鼻水だけです。

あいにく、通勤鞄に常備している「つくし飴」が切れていて対処できません(泣)。

今年は台風が多いため、雨模様の毎日で花粉の飛散が少ないので助かっています。雨は嫌だけど花粉症のことを考えると仕方の無いところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.25

ドラマ「果し合い」(お薦め度★★★★)

時代劇良いですね。
80歳を超えた仲代達矢の圧巻な演技に魅了されました。
姪を演じた桜庭ななみも文句無しです。

自分の過去の失敗を味わいさせたくないという一心で、可愛い姪のために勝負する男気にグッときました。

緊迫感が漲る場面において、庄司佐之助の頓智の利いた和ませるセリフに老俳優の味が出ていました。

脚本が見事です。日本男児の心意気と潔さの美学が堪能出来ました。

以下、オフィシャルサイトから転載。

<オンエア情報>
時代劇専門チャンネル、2016年9月19日放送。藤沢周平 新ドラマシリーズ。

<スタッフ>
脚本:小林 政広
監督:杉田 成道
音楽:加古 隆

<キャスト>
庄司佐之助:仲代 達矢
美也:桜庭 ななみ
牧江:徳永 えり
庄司佐之助(過去):進藤 健太郎
松崎信次郎:柳下 大
縄手 達之助:高橋 龍輝
みち:松浦 唯
黒川:矢島 健一
庄司弥兵衛:益岡 徹
多津:原田 美枝子

<イントロダクション>
藤沢周平が残した数多くの時代小説の中から珠玉の4作品を映像化。
2011年から、オリジナル本格時代劇を企画・制作しつづける時代劇専門チャンネルが、今年は4人の名優を主役に、放送はBSスカパー!・時代劇専門チャンネル・スカパー!4K 総合・BSフジと、各局を横断するメディアミックス・コラボレーションを実現。制作は松竹・東映の2社にわたって時代劇の粋を集め、長時間スペシャルと一時間ものを組み合わせた1話完結の4作品シリーズとしてお届けする大型企画です。

下級武士を題材にした武家もの、江戸の町民のひたむきな人生を描いた市井もの、実在した人物や出来事に深く迫る伝記小説など、数多くの時代小説を残し、時代を超えて今もなお愛され続ける藤沢周平の世界。誰もがその魅力にふれ、時代劇そのものの素晴らしさを味わっていただけるよう、これまでにない時代劇の制作に挑戦していきます。

<あらすじ>
庄司佐之助は、兄が家督を継いだ庄司家の部屋住みとして生涯の大半を過ごした。いわゆる厄介者である。そんな彼の相手をし、面倒をみるのは甥の娘、美也のみ。ある日、美也は大叔父である佐之助に自分の縁談の相談を持ちかける。想う相手に嫁ぎたいが、両親は家柄の良い男を押しつけるのだと。結局断りはしたものの、怒った縁談の相手は、美也が想いを寄せる男に果し合いを申し込む。それを聞いた佐之助は、美也の窮地を救うため刀を手にする…。

<鑑賞チャネル>
J:COM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.23

映画『ナイト・チェイサー』(お薦め度★★★)

ジェイソンのタクシードライバー版かと思いました。
アクションスリラーとばかり思って観ていたのですが、途中からアクションホラーになります。
流石フランス映画、訳が分かりません。

で、面白くないかというと結構刺激的です。
さらには、ラストでスリラー映画に戻すところがトリッキーです。
予定調和な軟弱さはありません。続編があってもと感じました。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:Night Fare
製作年:2015年
製作国:フランス
内容時間:81分

<スタッフ>
監督:ジュリアン=セリ
製作:ラファエル=コーエン、ジュリアン=セリ
脚本:シリル=フェルマン、ジュリアン=セリ、パスカル=シド
撮影:ジャック=バラール
音楽:アレックス=コルテ

<キャスト>
クリス:ジョナサン=ハワード
リュック:ジョナサン=ドマルジェ
リュディヴィーヌ:ファニー=ヴァレット
運転手:ジェス=リオーダン

<番組紹介/解説>
出来心でタクシー代を踏み倒した2人を、顔を見せない運転手が執拗に追いかける。真夜中のパリを疾走するカーチェイスと先の読めない展開が壮絶なアクションスリラー。

「YAMAKASI ヤマカシ」の脚本と演出協力を担当したJ・セリが監督・製作・共同脚本を手掛けるアクションスリラー。悪ふざけでタクシー代を踏み倒して逃げた2人の青年を、執拗なまでに追いつめるタクシー運転手。謝罪しても金を出しても許さない彼の真意とは……。スピルバーグの「激突!」的なスリラーかと思いきや、終盤の思いも寄らない展開に驚愕させられるだろう。逃げる主人公たちを先回りするように現われる猛獣のようなタクシーと、見ただけで絶望するような運転手の屈強な肉体の威圧感が圧巻だ。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.22

映画『サスペクツ・ダイアリー』(お薦め度★★★)

過激っぽい設置ながら、定石を押さえたヒューマンドラマです。
父と子の確執と和解をストレートに表現しています。
自虐的で破滅型の人間が苦痛や挫折を繰り返すものの、ある意味お決まりのパターンで落とし所を見つけます。直接対決によるアメリカ人らしい分かりやすい展開でした。

それにしても、邦題の難解さは絶望的です。
サスペクツ(suspects)とは、suspectの三人称単数現在。suspectの複数形。(前もって)感づく、 うすうす気づくの意味ですが、全く内容が連想できないタイトルです。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:The Adderall Diaries
製作年:2015年
製作国:アメリカ
内容時間:87分

<スタッフ>
監督・脚本:パメラ=ロマノウスキー
製作:ジェームズ=フランコ、ヴィンス=ジョリヴェット、ジェームズ=リーチほか
撮影:ブルース=ティエリー=チャン
音楽:マイケル=アンドリュース

<キャスト>
スティーヴン=エリオット:ジェームズ=フランコ
ラナ=エドモンド:アンバー=ハード
ジョシュ:ウィルマー=ヴァルデラマ
ハンス=ライザー:クリスチャン=スレイター
ニール=エリオット:エド=ハリス

<番組紹介/解説>
かつて父親に虐待された苦い体験を持つ作家が、とある裁判を傍聴していく過程で、自らの過去と和解していくさまを、J・フランコの主演と共同製作で綴った人間ドラマ。

作家のS・エリオットが自らの実体験を綴った回想録を重層的なタッチで映画化した、異色の人間ドラマ。彼の映画監督デビュー作「チェリーについて」にも出演したフランコが、自ら共同製作も兼ねて悩める主人公を熱演するほか、ジョニー・デップとの離婚騒動で世間を騒がすA・ハードや、E・ハリス、C・スレイターら、豪華多彩なキャストが集結。監督は、やはりフランコ主演・共同製作のオムニバス映画「スパークリング・デイズ」に参加した新進女性監督P・ロマノウスキー。WOWOWの放送が日本初公開。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.20

ドラマ「HOPE~期待ゼロの新入社員~」[全9話](お薦め度★★★★)

清々しい内容でした。
新人が同期とともに職場で奮闘努力する姿は、とても共感できました。

脚本が極めて優れており、職場でのエピソードはリアリティを感じました。しっかりと取材して構成した印象です。

キャスティングも抜群で、「半沢直樹」で好演した主演の中島 裕翔は新入社員が本当にはまり役です。彼の背広姿は抜群です。

特に営業3課の課長、主任との人間関係も理想的で、いろいろな場面で胸を熱くさせました。

同じ時間帯で放映されていたTBS日曜劇場「仰げば尊し」に視聴率で後れを取ったので無理だと思いますが、是非ともサクセスストーリーとなる続編を期待したいところです。彼とその仲間がその後どう成長するのか、恋の行方がどうなるのか興味があります。

以下、オフィシャルサイトから転載。

<オンエア情報>
フジテレビ、2016年7月17日~9月18日毎週日曜21時放送。

<スタッフ>
原作:制作:CJE&M
脚本:チョン・ユンジョン
演出:キム・ウォンソク
『ミセン-未生-』(ドラマ)および
ユン・テホ『ミセン-未生-』(webtoon)
脚本:徳永 友一
音楽:眞鍋 昭大、MAYUKO
主題歌:スペッツ「コメット」(ユニバーサルミュージック)
編成企画:渡辺 恒也
プロデュース:高丸 雅隆
演出:河野 圭太、城宝 秀則
制作:フジテレビ
制作著者:共同テレビ

<キャスト>
中島 裕翔(Hey! Say! JUMP)
遠藤 憲一
山内 圭哉

瀬戸 康史
山本 美月
桐山 照史(ジャニーズWEST)

マギー
中村 ゆり
丸山 智己
松田 賢二
松澤 一之
遠山 俊也
矢柴 俊博
桜田 通
加治 将樹
渡辺 邦斗

朝加真由美
風間 杜夫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.19

iOS 10をサポートしたiTunes12.5.1を導入した

Windows10 PC用のiTunes12.5.1にアップデートしました。
一度エラーが発生して、再度ダウンロードして35分かかりました。

itunes

アップデートの内容を転載します。

Apple Musicのデザインが生まれ変わり、あらゆる音楽体験をさらに分かりやすく簡単に操作できるようなりました。

このアップデートではiOS 10がサポートされます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LD(レーザーディスク)の買取価格は1枚10円だった

過去の映像メディアLD69枚をハードオフで買取ってもらいました。

1枚10円で69枚で690円でした。

DVDが登場してあっという間にアナログのLDは価値を失いました。その頃に買取を行っていればよかったのですが、そのままにしてしまい、枚数があるので粗大ゴミとして有料で捨てるのもはばかられ、今日まで本棚に放っておいてしまいました。

インターネット検索でハードオフで買取していることを知り、事前に電話したところ買取価格は1円くらいとのことでしたが、有料で捨てることを考えれば有難い話なので車で運びました。状態が良かったので1枚10円になったのだと思います。

LDが映像メディアのスタンダードになると本気に考えていたので、かなりパイオニア製LDプレーヤーやLDソフトに投資しました。デジタル化によって短命に終わる商品だったとは俺にとって青天の霹靂でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.16

映画『極悪の流儀』(お薦め度★★)

よく分かりません。
偶然出会った2人が、とことん対決する展開が意味不明です。しかも、一思いに決着をつければいいのに、双方ともにそうしません。そしてこの結末ですか?!

アメリカ映画にしては、説明を端折り過ぎています。新しさを狙ったのかもしれませんが、観客にはほとんど伝わらない内容では作品は破綻しています。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:Mojave
製作年:2015年
製作国:アメリカ
内容時間:93分

<スタッフ>
監督・脚本:ウィリアム=モナハン
製作:アーロン=L=ギンズバーグ、ウィリアム=グリーン、ウィリアム=モナハンほか
撮影:ドン=デイヴィス
音楽:アンドリュー=ヒューイット

<キャスト>
トム:ギャレット=ヘドランド
ジャック:オスカー=アイザック
ミリー:ルイーズ=ブルゴワン
ノーマン:マーク=ウォールバーグ
ジム:ウォルトン=ゴギンズ

<番組紹介/解説>
アメリカ南西部に広がるモハーヴェ砂漠で運命的に出会った2人の男が死闘を繰り広げるさまを、G・ヘドランドとO・アイザックの共演でスタイリッシュに描いたサスペンス。

退屈と憂鬱を持て余した末、ある日衝動的にひとり砂漠に出向いた主人公が、そこで奇妙な流れ者と出会ったことから、彼らの間で熾烈な死闘が始まることに…。香港映画の傑作「インファナル・アフェア」のハリウッドリメイク版「ディパーテッド」で第79回アカデミー脚色賞に輝いたW・モナハンが、自らのオリジナル脚本をもとに手掛けた監督第2作。先に「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」でも共演したヘドランドとアイザックが、息詰まる演技対決を披露。WOWOWの放送が日本初公開。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.15

iOS 10の新機能、不要な標準アプリ削除を実行した

iPad Air 2において標準アプリでつかっているものは「ミュージック」と「Podcast」だけです。その他は使いません。iOS 10にアップデートをきっかけで、早速iPad Air 2から使っていない標準アプリの削除を行いました。

普通のアプリと同様にアイコンを長押しして現れる☓マークをクリックで行えます。メッセージは普通のアプリの「削除」と違って「取り除く」です。

今回「取り除く」標準アプリは次の通り12個です。

・FaceTime
・カレンダー
・マップ
・ビデオ
・メモ
・リマインダー
・iTuens Store
・iBooks
・ヒント
・メール
・友達を探す
・ホーム

そして残ったもの10個です。これは「取り除く」ことができない標準アプリでした。

・設定
・App Store
・写真
・カメラ
・連絡先
・時計
・Photo Booth
・Safari
・メッセージ
・iPhoneを探す

air2

スマホがAndroidなので、使っているアプリのベースはGoogleアプリです。そのため、iOSの標準アプリはほとんど使いません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iOS 10のiPad Air2へのアップデートは1時間10分かかった

9月14日からiOS 10の提供が開始されました。OTAでのアップデートに失敗する報告が多数あがったとのニュースがありましたが、昨晩23時からOTAで開始しました。導入完了したのは翌0時10分でした。問題ありませんでした。時間がかかることは事前に知っていたので、まあまあ妥当な印象です。

iOS 10は、「iOSの歴史でも最も大きなアップデート」と呼ばれる大型アップデートです。

http://www.apple.com/jp/ios/ios-10/

見た目はほとんどiOS 9.3.5から変化はありません。iPad miniはiOS 10対象から外れたので、今後はiPad Air2と比較しながら、その良さを味わっていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.14

映画『ヴィジット 消された過去』(お薦め度★★★)

とても重たいサスペンス・スリラーです。
観終わってからもずっと残ります。

復讐がテーマですが、日本の刹那的なものと違って、イギリスの作品は決して終わることの無いしつこさを感じます。

そして予定調和が丸っきり感じられません。おぞまし過ぎて、スリラーというよりもホラーに近い内容でした。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:Estranged
製作年:2015年
製作国:イギリス
内容時間:93分

<スタッフ>
監督:アダム=レヴィンス
製作:ウィリアム=ボースウィック
原案:ウィリアム=ボースウィック、サイモン=ファンタウゾ
脚本:サイモン=ファンタウゾ
撮影:ゲーリー=ショウ
音楽:ブライアン=クロスビー

<キャスト>
ジャニュアリー(ジャン):エイミー=マンソン
アルバート:ジェームズ=コスモ
ローレンス:ジェームズ=ランス
マリリン:アイリーン=ニコラス
カラム:サイモン=クォーターマン

<番組紹介/解説>
6年前に家出したが交通事故で記憶を失い、久しぶりに家族のもとに戻ったヒロイン。だが記憶を取り戻していくうち、衝撃の事実が明らかに……。英国産のビターなスリラー。

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」でジオー・モーモント役を演じたJ・コスモ以外、日本ではあまり知られていない英国の実力派俳優陣が共演しているが、だからこそ誰がヒロインにとって味方か敵かを予想させないのがミステリアスで魅力的。英国産サスペンスに時々ある、冷たくて乾いたタッチで、観る者を思い切り嫌な気持ちにさせる、戦慄の一本に仕上がっている。A・レヴィンス監督はカメラマンでもあり、スタイリッシュな映像を駆使して緊迫感を維持し続けることに成功した。WOWOWの放送が日本初公開。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.13

ドラマ「神の舌を持つ男」[全10話](お薦め度★★★)

堤幸彦監督らしいテイストは結構楽しめました。
“2サス”パロディが満載で、殺人事件が毎回起こりショボい種明かしで事件を解決するお気楽なパターンは、サスペンスでありながら何も考えずに観ることができます。

唯一、残念だったのが向井理に演技力が無いことでした。全くキャラクターを演じられていません。彼と行動を共にする木村文乃と佐藤二朗が好演していただけに、主演としての力量不足は致命的でした。

はまり役になる別の俳優を起用していればドラマの底上げがはかれたことでしょう。さらにコメディ度が増したはずです。

それにしても低視聴率だったにも関わらず、何と劇場版が準備されるとのことです。12月3日公開の劇場版「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して・・・蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編」という超長いタイトルの作品です。

主演は同じく向井理なので映画館で観ることはないです(キッパリ!)。

以下、オフィシャルサイトから転載。

<オンエア情報>
TBS、2016年7月8日~9月9日毎週金曜22時放送。

<スタッフ>
演出:堤 幸彦、伊藤雄介、加藤 新
脚本:櫻井武晴
音楽:荻野清子
プロデュース:植田博樹、楠 千亜紀(オフィスクレッシェンド)
主題歌:坂本冬美『女は抱かれて鮎になる』
製作著作:TBS

<キャスト>
朝永 蘭丸(ともなが らんまる):向井 理
甕棺墓 光(かめかんぼ ひかる):木村文乃
宮沢 寛治(みやざわ かんじ):佐藤二朗
朝永 平助(ともなが へいすけ):火野正平
朝永 竜助(ともなが りゅうすけ):宅麻 伸
ミヤビ:広末涼子

<イントロダクション>
堤幸彦が構想に20年を費やした念願の作品が、
遂にそのベールを脱ぐ!!
ギャグ・パロディ・オマージュ満載の堤ワールド炸裂!!
堤幸彦×向井理が連続ドラマで初タッグ!!
向井理×木村文乃が連続ドラマで初共演!!
さらに2時間サスペンスドラマの女王が続々登場!!
向井理、木村文乃、佐藤二朗が温泉場を舞台に繰り広げる
コミカルミステリーが誕生!!

TBSでは7月クールの金曜ドラマ枠で『神の舌を持つ男』を放送することが決定。脚本・櫻井武晴、演出・堤幸彦、プロデューサー・植田博樹がタッグを組み手がける!!

ドラマの舞台は全国の秘湯と呼ばれる温泉地。ひょんなことから知り合った3人の男女が、一台のボロ車に乗り温泉宿で寝食を共にしながら、謎の温泉芸者「ミヤビ」を探し求めて日本全国を旅するコミカルミステリーだ。思わずくすりと笑ってしまうギャグが満載なのもみどころ。3月上旬にクランクインし、現在オールロケで好調に撮影中。

主演は向井理。演出の堤幸彦とはこれまで舞台や映画、単発ドラマなどで仕事をしているが、意外にも連続ドラマでのタッグは初となる。向井はちょっとダサくて世間知らずだが、なんだか憎めず可愛らしい青年・朝永蘭丸(ともながらんまる)を演じる。舌にのせたものをガスクロマトグラフィーばりに分析する能力を持つ蘭丸は、行く先々でなぜか必ず“巻き込まれてしまう”事件の謎解きをする。

架空の温泉地を舞台に繰り広げられる人間模様を彩る役者陣にも、堤作品になじみの深い面々が名を連ねた。

2時間サスペンスドラママニアのウザカワ女・甕棺墓光(かめかんぼひかる)を演じるのは木村文乃。そして暴走しがちな2人を鋭い突っ込みでまとめる唯一まともな人格者(?)・宮沢寛治(みやざわかんじ)を佐藤二朗が演じる。

この3人が繰り広げる世界観は堤ワールドそのもの!!

3人のかけ合いはもちろん、出演者の一挙手一投足や周りの美術にも目を凝らして楽しんでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.12

ドラマ『仰げば尊し』[全8話](お薦め度★★★★)

心が洗われました。
一人の熱血教師によって、多くの生徒たちが夢と希望をもって吹奏楽コンクールに挑戦するという学園ものとして鉄板のストーリーです。しかも、実話に基づいているとのことで説得力がありました。

キャスティングが優れていました。特に不良5人を演じた若手俳優たちの個性的で人懐っこいキャラクターに癒されました。

最終回は冒頭から涙が止まりません。死期が近いにも拘わらず、生徒を鼓舞する寺尾聰演じる吹奏楽部顧問の精神力と姿勢に感動しました。

68歳で主演を務めた寺尾聰は良い味を出していました。

以下、オフィシャルサイトから転載。

<オンエア情報>
TBS、2016年7月17日~9月11日毎週日曜21時放送。日曜劇場。

<スタッフ>
脚本:いずみ吉紘
原案:『ブラバンキッズ・ラプソディー』『ブラバンキッズ・オデッセイ』(石川高子・著/三五館・刊)
音楽:髙見優
主題歌:『アリア』BUMP OF CHICKEN(TOY'S FACTORY)
演出:平川雄一朗、吉田健、福田亮介
プロデューサー:佐藤善宏 (東宝)、大西孝幸 (東宝)
製作:東宝、TBS

<キャスト>
樋熊迎一:寺尾聰
樋熊奈津紀:多部未華子
木藤良蓮:真剣佑
青島裕人:村上虹郎
有馬渚:石井杏奈(E-girls)
安保圭太:北村匠海(DISH//)
高杢金也:太賀
桑田勇治:佐野岳
古庄芳喜:矢本悠馬
井川宏達:健太郎
木部郁夫:藤原薫
向井美和:水上京香
草刈涼子:岡崎紗絵
新井宗一:尾美としのり
鮫島照之:升毅
小田桐寛治:石坂浩二

<イントロダクション>
弱小高校吹奏楽部を舞台に
一人の男と生徒たちが起こした
“奇跡の実話”に基づく感動の物語
誰からも期待されなかった無名高校の吹奏楽部が
たった一人の教師の下で
全国の頂点“音楽の甲子園”を目指した『魂の合奏』
一人では叶えられない夢がある
一人では味わえない喜びがある
世代を超えて届けたい 心に響くヒューマンドラマ

TBSではこの夏の日曜劇場枠(7月スタート毎週日曜よる9時)に、28年ぶりの主演となる寺尾聰を迎えて「仰げば尊し」を放送いたします。
神奈川県立野庭高校(1980年代当時)の弱小吹奏楽部に起こった奇跡の実話『ブラバンキッズ・ラプソディー』『ブラバンキッズ・オデッセイ』 (石川高子・著/三五館・刊)に脚色を加え、オリジナルドラマとして“奇跡の物語”を描きます。
事故の後遺症で音楽から背を向けていた元サックス奏者の樋熊迎一(寺尾聰)と、荒廃した高校で夢を失いはみだした問題児らほか、プロミュージシャンが教育現場へ足を踏み入れることに反対する教師や父兄、決して楽ではない道程の数々…。
それでも、再び夢を見いだし、真っ正面から生徒と向き合い、満身創痍で吹奏楽指導に励む樋熊。
その姿に戸惑いつつも、樋熊の情熱に報いようと渾身の力で吹奏楽に向き合っていく生徒たち。
そこにあるのは、一人では決して叶えることのできない“感謝”と“深い絆”、そしてなによりも“音楽は心で奏でるものだ”という大切な想い……。
監督は、『ROOKIES』『JIN-仁-』『とんび』『天皇の料理番』(いずれもTBS)や、映画『そのときは彼によろしく』『陰日向に咲く』『ツナグ』(東宝)など、数多くのヒット作品を手掛けている平川雄一朗。
脚本には、『セーラー服と機関銃』『ROOKIES』『南極大陸』(いずれもTBS)など、記憶に残る作品で高い評価を得ているいずみ吉紘。日本を代表する監督×脚本のタッグとなります。
主演は、映画・ドラマ・音楽と、あらゆるジャンルでトップとして活躍している寺尾聰。その娘役には、今年5月「第25回日本映画プロフェッショナル大賞」で見事に主演女優賞を獲得した多部未華子。生徒役には、人気上昇中、期待の若手として注目が集まる真剣佑、村上虹郎、北村匠海(DISH//)、太賀、佐野岳ほか、石井杏奈(E-girls)、矢本悠馬、健太郎、水上京香、岡崎紗絵らをキャスティング。加えて、樋熊を高校の吹奏楽部顧問へと招き入れる校長役として、知的さの中に圧倒的な存在感を放つ石坂浩二、樋熊迎一に反目する教師・新井宗一役に尾美としのり、癖のある教頭・鮫島照之役を升毅が演じます。
涙なくしては見ることのできない、世代を超え誰もが心揺さぶられるヒューマンドラマの誕生に、どうぞご期待下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.11

映画『海街diary』(お薦め度★★★)

古典的な邦画の王道である美人姉妹の物語です。

ほとんど非の打ち所がない作品です。よくここまでファンタジーにならずにリアリティーを維持しつつ作り込んだと言えます。

しかし、あえて逆説的に言わせてもらえば、むっつりすけべ的な監督目線の作品とも言えます。演技力のある美人女優陣にきれいごと言わせれば、万人が突っ込むことができない理想的な設定になるのではないでしょうか。

もしも仮に美人では無い女優陣で同レベルの作品が出来るようであれば、是枝監督の手腕に屈服することは間違いありません。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
製作年:2015年
製作国:日本
内容時間:128分

<スタッフ>
監督・脚本・編集:是枝裕和
撮影:瀧本幹也
音楽:菅野よう子

<キャスト>
香田幸:綾瀬はるか
香田佳乃:長澤まさみ
香田千佳:夏帆
浅野すず:広瀬すず
二ノ宮さち子:風吹ジュン
菊池史代:樹木希林
佐々木都:大竹しのぶ

<番組紹介/解説>
綾瀬はるかなど豪華女優陣が、是枝裕和監督のもとで姉妹役を演じた家族ドラマ。鎌倉に住む3姉妹が、音信不通のまま他界した父親の残した異母妹と共同生活を始めることに。

吉田秋生の傑作漫画を、「海よりもまだ深く」の是枝裕和監督が脚本・監督と編集を兼ねて実写映画化。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、そして広瀬すず。4人それぞれの日常のエピソードを絡ませながら、広瀬演じる末の異母妹すずの視点で描かれる物語は、鎌倉の四季が織り込まれた繊細かつ美しい映像が印象的。姉3人に対するすずのリアクションの変化から姉妹の絆が深まっていくさまを見せつつ、独特の間が心地いい是枝演出が冴えわたる。主役の4人を囲む樹木希林、風吹ジュンらベテラン俳優陣の演技も味わい深い。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.10

広島カープ、25年ぶり7回目リーグ優勝おめでとうございます

広島カープファンの皆さん、本当におめでとうございます!

 

胴上げ前、黒田博樹と新井貴浩が男泣きしながらの抱擁にもらい泣きしました。

 

緒方孝市監督、黒田投手、新井選手の胴上げ、感動的でした。

 
   

    
広島6-4巨人

   

勝利投手:[ 広島 ] 黒田(9勝8敗0S)      
敗戦投手:[ 巨人 ] マイコラス(3勝2敗0S)      
セーブ    :[ 広島 ] 中崎(3勝4敗33S)      
本塁打    :[ 広島 ]  鈴木 25号(4回表ソロ) 、松山 10号(4回表ソロ) 、鈴木 26号(5回表2ラン)      
[ 巨人 ]  坂本 22号(1回裏2ラン)

 

20時半頃から、広島の7回攻撃からテレビで観ました。2010年より野球観戦から離れていますが、やっぱり気になります。特に黒田投手が広島を優勝させるために大リーグから2015年に復帰し、今期も契約を継続して今日に至ったという男気は記憶に残したいと考えました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」[全9話](お薦め度★★★)

エンディングの主題歌「カラーバリエーション」が流れる中で、剛力彩芽を始めとする出演者のダンスシーンが一番良かったです。

剛力彩芽が主演だったので観ました。
彼女の真摯でひたむきな演技は好感が持てました。

さて、ドラマの設定ですが、ピンと来ません。首相が料理人を任命して、料理にメッセージ性を持たせ会食者とコミュニケーションを図るということですが、全くの絵空事でリアリティーがありませんでした。しかもなぜキャリアのない女性シェフを採用したのかもわからず、彼女が天才とする根拠は皆無で、グルメドラマとしても及第点に足りない内容でした。脚本がイマイチだったので、視聴率が低かったのも仕方が無いところです。

まぁ、グルメと政治を絡めたアイデアと剛力彩芽の凛々しさで、コメディタッチのノリで何とか乗り切った作品と言えるのではないでしょうか。

以下、オフィシャルサイトから転載。

<オンエア情報>
テレビ朝日、2016年7月22日~9月9日毎週金曜23時15分放送。

<スタッフ>
原作:『グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~』作・西村ミツル、画・大崎充(新潮社)
脚本:菱田シンヤ ほか
音楽:富貴晴美
ゼネラルプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:中川慎子(テレビ朝日)、浅井千瑞(MMJ)、神通勉(MMJ)
主題歌:ケツメイシ(avex trax)「カラーバリエーション」
演出:常廣丈太(テレビ朝日)、落合正幸、小松隆志
制作:テレビ朝日、MMJ

<キャスト>
一木くるみ(いちき・くるみ):剛力彩芽
古賀征二(こが・せいじ):滝藤賢一
清沢晴樹(きよさわ・はるき):高橋一生
立花優子(たちばな・ゆうこ):新川優愛
阿藤理子(あとう・りこ):内藤理沙
桜井あすか(さくらい・あすか):松尾幸実
神田(かんだ):片桐仁
田村友和(たむら・ともかず):三宅弘城
阿藤一郎(あとう・いちろう):小日向文世

<イントロダクション>
この夏、総理大臣の料理番が誕生!
剛力彩芽、料理人に初挑戦!
ひとりの変人シェフが総理官邸へ…
“彼女のひと皿が日本を救う!”

かつて日本には、総理が任命した官邸料理人がいた。
2016年夏、70年ぶりに“総理の料理番”が誕生する

吉田茂政権以来、約70年ぶりに総理任命の『官邸料理人』が復活。その座に抜擢されたのは、25歳の女性料理人・一木くるみだった!
ひとりの天才女性シェフが“総理官邸”に乗り込み、その腕一本で数々の要人・政治家たちを虜にしていく、エンターテインメント性たっぷりの料理ドラマが誕生! 主演に剛力彩芽を迎え、個性豊かな俳優陣とともに週末の夜に“美味しいひととき”をお送りします!

●見るだけで美味しく、楽しい! 天才女性シェフが紡ぎ出す華やかなメニューの数々!
『信長のシェフ』『大使閣下の料理人』といった、料理人を主人公にした数々の話題沸騰“グルメ漫画”を生み出してきた作者・西村ミツル氏が大崎充氏とタッグを組み、2006年から2010年まで4年に渡って『週刊コミックバンチ』に連載した『グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~』を初めて映像化します!

低迷する支持率を打破するため、現内閣総理大臣・阿藤一郎と総理大臣秘書官・古賀征二が決断したのは、総理任命の『官邸料理人』の復活。大宰相と呼ばれた吉田茂総理の時代以来、約70年ぶりにそのポジションに見合う人物を選定することとなったのです。
ある出来事をきっかけに料亭で仲居として働く一木くるみと出会い、彼女に料理人としての天賦の才を見出した古賀は、くるみに阿藤総理の料理番として官邸に入るよう打診。逡巡の末に承諾し、“総理大臣の料理番”となったくるみは、魑魅魍魎が跋扈する総理大臣官邸で、国家レベルのゲストたちに料理を振る舞っていくこととなります。しかし、料理人の世界、ましてや古くからの慣習に染まった官邸は男ばかりの社会――。くるみに敵対心むき出しで接してくる官邸食堂の料理長や、その部下たちとのプライドをかけたぶつかり合いを繰り返す中で、阿藤総理の政策、日本の政治・外交に貢献していくこととなるのです!

総理の食卓には、本格的なフランス料理から、わたしたちの生活に身近なB級創作グルメまで多種多様なメニューがズラリ! 見るだけで美味しく、楽しい気分になれるのも、ドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』の魅力となることでしょう!

孤高の天才シェフ・一木くるみが紡ぎ出す華やかなメニューの数々と、官邸で繰り広げられる人間模様に彩られた今作は、みなさんの一週間の疲れを癒やし、週末の夜を美味しく贅沢な時間へと誘うこと、間違いなしです!

●主人公、天才的な女性シェフ・一木くるみを演じるのは剛力彩芽!
今作『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』で主人公・一木くるみを演じるのは、剛力彩芽! これまで探偵、警察官、医師…とさまざまな役柄を演じてきた剛力が、今作でシェフ役に初挑戦します!
天才的な料理の腕がありながら、その若さと率直な性格ゆえに、周囲から敬遠され、居場所を見つけられずにいた孤高のシェフ・一木くるみ。料理のことだけを考え続ける、ひと言で言えば“料理バカ”な女性シェフを、剛力がその笑顔とともに魅力たっぷりに演じます。
周囲の反発や嫉妬にも惑わされず、ひたすら料理を追求していく――そんなくるみが、阿藤総理の意図を汲み、料理にメッセージを込める…70年ぶりに復活した“総理大臣の料理番”が起こす、奇跡のような物語をご堪能ください!

●個性派俳優も続々…彼らが織り成す官邸の物語にも注目!
『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』には、主演の剛力のほかに、さまざまな個性派俳優たちが名を連ねます。
剛力演じるくるみが仕える現内閣総理大臣・阿藤一郎を演じるのは小日向文世。そして彼女を“総理大臣の料理番”として官邸に呼び込む、総理の腹心・政務担当総理大臣秘書官の古賀征二役に滝藤賢一、くるみと敵対することになるもうひとりの官邸料理人、官邸食堂総料理長の清沢晴樹役に高橋一生、そして官邸料理人のひとりでくるみの面倒を見ることになる田村友和役には三宅弘城、と個性豊かで演技派な面々が決定しました。
さらに、東陽テレビ政治部記者の立花優子役には新川優愛、阿藤総理のひとり娘で事実上のファーストレディ・阿藤理子役には内藤理沙、官邸事務所職員で古賀の部下である桜井あすか役には女優宣言発表後、初のドラマ出演となる松尾幸実、といった華やかな女性キャスト陣も決定しています!

個性的なキャラクターたちが織り成す総理官邸の物語にもご注目ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.09

2016年9月14日登場するiOS 10は第1世代iPad miniをサポートしません

第1世代iPad miniは2012年11月2日に発売開始されました。それを2013年5月22日に入手しています。

当時のバージョンはiOS 6.1.3でした。
そして最新バージョンはiOS 9.3.5です。

9月7日にアップルがiOS 10のiPhone7を発表しました。
該当サイトは次です。

http://www.apple.com/jp/ios/ios-10/

そこには第1世代iPad miniは対象ではありませんでした。

約3年使っていますが、処理速度が遅くなってパフォーマンスがかなり落ちていますが、まだまだ現役です。Androidタブレットは3年も持ちませんのでiPadは優れています。

今後新しいiOSに対応しないので、いつまで使い続けられるのかわかりませんが、大事に使い続けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.08

映画『リプレイスメント・キラー』(お薦め度★)

駄作です。
掘り出し物と思ったのですが、全くの期待外れでした。
チョウ=ユンファが得意のガンアクションを引っ提げて、ハリウッド進出となったようですが、全くリアリティーがありません。

設定も薄っぺらく陳腐でした。
只々、終わるのを待つしかないトホホな作品でした。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:The Replacement Killers
製作年:1998年
製作国:アメリカ
内容時間:88分

<スタッフ>
監督:アントワーン=フークア
製作総指揮:ジョン=ウー、テレンス=チャンほか
製作:ブラッド=グレイ、バーニー=ブリルスタイン
脚本:ケン=サンゼル
撮影:ピーター=ライオンズ=コリスター
音楽:ハリー=グレッグソン=ウィリアムズ

<キャスト>
ジョン=リー:チョウ=ユンファ
メグ=コバーン:ミラ=ソルヴィノ
ジーコフ:マイケル=ルーカー
ミスター=ウェイ:ケネス=ツァン
コーガン:ユルゲン=プロホノフ
リカー:ティル=シュヴァイガー
コリンズ:ダニー=トレホ

<番組紹介/解説>
香港映画界のスター、チョウ・ユンファがハリウッド進出を果たしたバイオレンスアクション。組織の命令を拒んだ殺し屋が、決死の逃亡と反撃へ! 製作総指揮はJ・ウー。

「男たちの挽歌」で香港ノワールブームを牽引したユンファがハリウッド進出を果たしたハードアクション。同作で監督を務めたウーが製作総指揮を手掛け、米国製作ながら“香港ノワール”の雰囲気たっぷりの作品となった。共演はオスカー女優、M・ソルヴィノ。当時彼女が交際していたクエンティン・タランティーノが熱烈な香港映画ファンで、撮影現場に何度も陣中見舞いに来たというユニークな裏話も。後に「トレーニング デイ」「マグニフィセント・セブン」などを手掛けるA・フークアが本作で監督デビュー。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.07

エイスースZenFone5が使えなくなった(泣)

昨年12月からNifMoのZenFone5(A500KL)が不調で、端末を以前使っていたF-02Eに交換しました。まだ、24回の割賦が終わっていません。
 
現在、子どもに使わせていますが、今年6月頃にAndroid5.0をインストールしてから調子が悪くなりました。
 
不具合の状況は、アンテナが4本とも立っていても音声の発着信が出来ず、LINEなどのパケット通信も出来なくなるスマホとして致命的なものでした。
 
何とか手当てをすべく、ググッたところ不要なAPNが複数存在すると前述のようになるとあり、APNをNifMoだけにする対処を取ってしのいでいたのですが、ともかく通信が不安定で我慢の限界を超えたとのことです。
 
エイスース製品はZenFone5を含めて次の4台所有(購入順)していました。
TF101
Nexus7(2012)文鎮1号
③ZenFone5
Chromebook

①と③は現役です。①は、2in1PCの先駆けのような商品なので、エイスース製品は、PCは耐久性が高く、スマホやタブレットはOSをバージョンアップ(Android5.0)すると駄目になるようです。今後、エイスースに関してはスマホとタブレットは購入しないようにします。
 
ちなみにF-02Eですが、バッテリーがヘタっていたので、師匠に相談して代替の電池パックをもらいました。いつもありがとうございます。助かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.06

映画『アンストッパブル』(お薦め度★★★★)

文句無しに楽しめるハリウッド作品です。

無人列車が暴走するサスペンス・パニックに、鉄道関係者のベテランと新人の人間ドラマを組み込んだ脚本が魅力です。

絶体絶命にもかかわらず、米国人の国民性なのかアバウトさとチャレンジ精神には感心させられます。ヒーローこそが全てを解決する決定打ということが実感できました(笑)。

トニー=スコット監督の得意の画面を揺らす演出が出しゃばることなくマッチしていて、好感が持てました。

手に汗握る展開で納得の一本です。映画館で観なかったのが惜しまれます。ちなみにWOWOWメンバーズオンデマンドでPCとタブレットで鑑賞したのですが、再度録画して大型テレビで子どもたちと一緒に観ます。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:Unstoppable
製作年:2010年
製作国:アメリカ
内容時間:99分

<スタッフ>
監督:トニー=スコット
製作:トニー=スコット、ジュリー=ヨーン、ミミ=ロジャースほか
脚本:マーク=ボンバック
撮影:ベン=セレシン
音楽:ハリー=グレッグソン=ウィリアムズ

<キャスト>
フランク=バーンズ:デンゼル=ワシントン
ウィル=コルソン:クリス=パイン
コニー=フーバー:ロザリオ=ドーソン
デューイ:イーサン=サプリー
ガルビン:ケヴィン=ダン

<番組紹介/解説>
2012年8月19日に他界したT・スコット監督の最後の作品。暴走する無人列車は停止させられるのか。実話が下敷きのノンストップ・アクション。D・ワシントンが主演。

“止められない(アンストッパブル)”という題が表現するのは、暴走して脱線の危機もある無人の列車であると同時に、列車が引き起こすパニックに、列車を止めようとする鉄道関係者の奮闘を絡めてスピーディーに描いた作品のタッチそのもの。2001年にオハイオ州で起きた貨物列車暴走事故がモデルだが、CGを最小限にとどめた豪快なアクションを、スコット監督らしいスタイリッシュな映像美がさらに盛り上げ、楽しめる佳作になった。大物ワシントンと共演したのは2009年の「スター・トレック」のC・パイン。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.05

『映画 みんな!エスパーだよ!』(お薦め度★★)

連続ドラマスペシャルドラマ並みの出来です。
もしかしたら物語自体がスケールアップするかと期待したのですが、少し設定をいじっただけの焼き直しでした。映画化する意義はありませんでした。

新登場となる美由紀役の池田エライザが頑張っていましたが、新たに登場したグラビアアイドル陣の設定は適当で単にセクシーさを増幅しただけでした。だたし、露出だけでエロチックさは減退しています。それと元AKBの板野友美がちょい役で登場しますが、取って付けたようなまるで意味のない役で、製作側のいい加減さしか感じませんでした。

園子温監督は邦画界に対して一家言をもっている人物として有名ですが、本作のような低レベルの作品を自らどう評価するのでしょうか。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
製作年:2015年
製作国:日本
内容時間:115分

<スタッフ>
監督:園子温
脚本:田中眞一、園子温
撮影:神田創
音楽:原田智英

<キャスト>
鴨川嘉郎:染谷将太
平野美由紀:池田エライザ
浅見紗英:真野恵里菜
永野輝光:マキタスポーツ
榎本洋介:深水元基
矢部直也:柾木玲弥
浅見教授:安田顕
三井ミツコ:今野杏南
タエコ:星名美津紀
ケイコ:篠崎愛
しずか:清水あいり

<番組紹介/解説>
人気コミックをドラマ化した「みんな!エスパーだよ!」の映画版。地方の町のエスパーたちが最大の危機に挑む? 鬼才・園子温監督がフレッシュな顔ぶれの出演陣を迎えた。

若杉公徳のコミックを園監督ら多彩な演出陣が映像化したテレビ東京系のドラマ「みんな!エスパーだよ!」を映画化。地方都市で突然、超能力に目覚めたエスパー(超能力者)たちの活躍を描くが、ドラマ版を見ていなくても基本設定はなんとなく理解できる作りだ。ドラマ版で美由紀役を演じた夏帆が出演していないのは惜しいが、新・美由紀役の池田エライザをはじめ、今野杏南、星名美津紀、篠崎愛、清水あいりなどのセクシー美女陣が豪華共演し、セクシー度はドラマ版より何倍もアップ。男性には確実に目の保養になる。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.04

映画『アルティメット・エージェント』(お薦め度★)

どうにもならない駄作です。
大量の麻薬と大金が横取りされるというスケールの大きな犯罪アクションにもかかわらず、クライマックスはコメディとさえ思えるような、目も当てられない展開になります。

驚きのフェイクや大どんでん返しが用意されていますが、バカバカしくなりました。ドルフ=ラングレンが出演していながら、時間の無駄と感じる作品でした。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:The Good, The Bad And The Dead
製作年:2015年
製作国:アメリカ
内容時間:85分

<スタッフ>
監督:ティモシー=ウッドワード=ジュニア
製作:ローレン=デ=ノルマンディ、クレイガー=グロスヴナーほか
脚本:ショーン=ライアン
撮影:パブロ=ディアス
音楽:シド=デ=ラ=クルス

<キャスト>
ボブ=ルーカー捜査官:ドルフ=ラングレン
ブライアン=バーンズ:ジョニー=メスナー
マテオ=ペレズ:ダニー=トレホ
イマニ=コール:ヴィヴィカ=A=フォックス
オルソン保安官:マイケル=パレ
クリスティン:ナターシャ=マルテ

<番組紹介/解説>
300万ドルと大量の麻薬。記憶を失った男は、自らの傷も周囲の死体にも思い当たるものがないまま金と麻薬の争奪戦に巻き込まれる。D・ラングレン出演の犯罪アクション。

「エクスペンダブルズ」シリーズのレギュラーとして、いわばアクション俳優の殿堂入りを果たしたラングレンが準主役の麻薬取締局捜査官に扮した犯罪アクション。普段は衰えを感じさせない肉体美を駆使したアクションを披露することの多い彼だが、本作ではスーツに身を包んだ知的な捜査官にして、凄腕のスナイパーでもある男をクールに演じている。「アナコンダ2」のJ・メスナー扮する記憶を失った男と、大金、そして麻薬をめぐる争奪戦のサスペンスも見どころ。共演はD・トレホ、M・パレ。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.03

映画『JUKAI-樹海-』(お薦め度★★★)

Jホラー並みのクオリティです。
日本を相当分析しており、アメリカ人目線による独特な日本人の怖さを表現しています。脚本がかなり作り込まれており、ストーリー展開に破綻はありません。

要所要所にドッキリを散りばめており、日本人から観ても怖さがありました。アメリカ人はゾンビものしか作れないと思っていたのですが、新しい才能が育っているようです。設定の妙と不条理さのバランスが絶妙です。

双子を一人二役でこなした主役のナタリー=ドーマーの演技力は優れていました。ジェイソン=ザダ監督は今後注目して行きたいと思います。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:The Forest
製作年:2016年
製作国:アメリカ
内容時間:93分

<スタッフ>
監督:ジェイソン=ザダ
製作総指揮:ローレンス=ヴェンダー
製作:デヴィッド=S=ゴイヤー、デヴィッド=レンデ、トリー=メツガー
脚本:サラ=コーンウェル、ニック=アントスカ、ベン=ケタイ
撮影:マティアス=トゥルールストルップ
音楽:ベアー=マクレアリー

<キャスト>
サラ/ジェス(2役):ナタリー=ドーマー
ミチ:小澤征悦
エイデン:テイラー=キニー
ロブ:オーエン=マッケン

<番組紹介/解説>
米国のホラー映画ながら日本の青木ヶ原樹海を重要な舞台とし、そこで失踪した双子の妹を捜す米国人女性をヒロインにした、野心的話題作。日本ロケもし、小澤征悦らが共演。

Jホラーの「リング」「呪怨」やそれらのハリウッドリメイク版に影響を受けて着想されたと思われるが、“自殺の名所”と呼ばれることが多い青木ヶ原樹海に注目し、東京・新宿など日本ロケもふんだんに繰り広げた、ショッキングホラーの要注目作。青木ヶ原樹海の観光案内所の地下に遺体安置所があるなど、“おかしな日本”が散見されるとはいえ、米国のスタッフのJホラー愛がそこかしこに感じられ、小澤ら日本人キャストがふんだんな英語せりふに挑んだというのも意欲的な一本だ。WOWOWの放送が日本初公開。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スターバックスのおかわりを利用した

スターバックスのおかわりを利用した ドリップコーヒーは、108円で他店でもおかわりができることを知ったので、利用してみました。
本日2店目で、今度はアイスにしました。お得です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.02

Kindleアンリミテッドは解約した

30日間無料体験で解約しました。

読書は新書を中心に読むのですが、この期間で漫画を数十冊、単行本は3冊を購読しました。

Kindle Unlimitedは10冊までしか登録ができない仕様です。これは仕方が無いのですが、本は後々マーカーで色を付けた箇所を、前後の文章を参照しながら確認することがあるので、やはり購入して半永久的にライブラリとして保持していたいため、読み放題は俺の読み方に合っていません。

また、amazonはビックデータを利用して、人気本は読み放題から外すので信用が置けません。それは、Prime Musicで突然楽曲の提供を外されることと同様でした(数日で元に戻ったが)。

次に、朝日新聞の記事を転載します。

アマゾン読み放題、人気本消える 利用者多すぎが原因?
2016年8月31日 5時3分 朝日新聞デジタル

今月3日にスタートした通販大手アマゾンジャパンの電子書籍読み放題サービスで、人気のある漫画や写真集などがラインアップから外れ始めた。サービス開始に合わせて多くの書籍をそろえようとしたアマゾンが、出版社に配分する利用料を年内に限って上乗せして支払う契約を締結。しかし想定以上の利用が続いて負担に耐えきれなくなり、利用が多い人気本をラインアップから外し始めたとみられる。

同サービス「Kindle(キンドル) Unlimited(アンリミテッド)」は、洋書約120万冊のほか、国内の数百の出版社と契約を結び、小説やビジネス書、雑誌、漫画など和書計約12万冊が月980円(税込み)で読み放題になるとしてスタート。電子書籍のダウンロード数に応じて出版社に利用料の一部を配分するとした。

複数の出版社によると、アマゾンは一部の出版社を対象に、年内に限って規定の配分に上乗せして利用料を支払う契約を結び、書籍の提供を促したという。

ところが、サービス開始から1週間ほどで漫画やグラビア系の写真集など人気の高い本が読み放題サービスのラインアップから外れ始め、アマゾン側から「想定以上のダウンロードがあり、出版社に支払う予算が不足した」「このままではビジネスの継続が困難」などの説明があったとしている。アマゾン側は会員数を公表していない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中野区野方のたこ焼き屋「ほんま門」で飲んだ!

師匠からの誘いで、職場からバスで30分のところにあるたこ焼き屋「ほんま門」に行きました。

KIMG0160

http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132104/13055978/

19時半までは生ビールが250円です。たこ焼きが200円からとリーズナブルでお好み焼きや鉄板焼きも美味しいお店です。

KIMG0162


帰りは、西武新宿線の野方駅に向かって商店街を歩きました。途中で師匠が子どもたちにお土産を買ってくれました。子どもたちは大変喜んでいました。ありがとうございます。

KIMG0165

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.01

IoTはセキュリティを担保できるのか?

今後発展するIoTに期待する1人として、IoTセキュリティについて調べてみました。次の5つの資料を公表順に並べます。昨年末から今年上期にかけてIoTセキュリティに関するガイドライン等が続々と公開されています。

「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」経済産業省・IPA(2015年年12月28日公表)

http://www.meti.go.jp/press/2015/12/20151228002/20151228002.html

②「つながる世界の開発指針~安全安心なIoTの実現に向けて開発者に認識してほしい重要ポイント~」IPA(2016年3月24日公開)

https://www.ipa.go.jp/sec/reports/20160324.html

「IoT開発におけるセキュリティ設計の手引き」IPA(2016年5月12日公開)

http://www.ipa.go.jp/security/iot/iotguide.html

「製品分野別セキュリティガイドライン」一般社団法人 重要生活機器連携セキュリティ協議会(2016年6月8日公開)

https://www.ccds.or.jp/public_document/index.html#guidelines1.0

「IoTセキュリティガイドライン ver1.0」IoT推進コンソーシアム・総務省・経済産業省(2016年7月5日公表)

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu03_02000108.html

大きく①と⑤、②~④の2群に分かれ、特に②は必読です。100頁もの大作で開発者向けの内容ですが、分かりやすく書かれており利用者としても非常にためになります。

PCやスマホ等の情報セキュリティ以上に、IoTセキュリティは次のリスク要因があります。

(1)想定しないつながりが発生する

(2)管理されていないモノもつながる

(3)身体や財産への危害がつながりにより波及する

(4)問題が発生してもユーザにはわかりにくい

IoTは社会全体のロボット化のための重要なインフラになることは間違いなく、つながりが複雑で広範で長期間、しかもPCやスマホと違ってディスプレイが無いのでユーザが気づかないという大きな課題があります。

PCやスマホであれば、数年もすれば陳腐化して使われなくなりますが、IoTが舞台となる自動車や家電などは10年以上も使用されるのが前提で、当初想定された使い方や環境から逸脱する可能性が高く、不正なソフトウェアを組み込んだ機器が中古販売されるリスクが予想されます。

2020年にはIoT機器は530億個にも達すると予測されるようですが、IoT機器メーカーが長期に安全安心なIoTセキュリティを担保できるものなのか非常に疑問です。

これらの資料を読むと、あまりのリスクの多さに唖然とします。本当に予測不能と思えるリスクを抑えこむことができる商品を世の中に出荷することは出来るのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スターバックスで1996という復刻コーヒーを飲む

スターバックスで1996という復刻コーヒーを飲む
スターバックスでコーヒーを飲むのは久しぶりです。
ショートドリップコーヒーは302円です。イメージ通り美味しいです!
ドリップコーヒーの特典で、レシートを当日中に持参すると2杯目のドリップコーヒーが100円(税別)だそうです。

他店可、同一サイズでホットorアイス可。いいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »