« 品川駅でプリンを買いました! | トップページ | ドラマ「こえ恋」[全12話](お薦め度★★★★) »

2016.09.30

映画『黒い魂』(お薦め度★★★)

なんじゃ、こりゃ!!...

で終わりを迎える作品です。ラストで止めを刺します。

重厚な演出で、説明が少なく抑えられたセリフにもかかわらず、あるファミリーが危機に陥っていく様子が理解できます。

負の連鎖を止めるための、どうしよもない悲劇に唖然とさせられました。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:Anime nere
製作年:2014年
製作国:イタリア・フランス
内容時間:109分

<受賞歴>
第71回 (2014年) ヴェネチア国際映画祭 パジネッティ賞

<スタッフ>
監督:フランチェスコ=ムンズィ
製作:ルイジ=ムジーニ、オリヴィア=ムジーニ
脚本:フランチェスコ=ムンズィ、ファブリツィオ=ルジレッロ、マルリツィオ=ブラウッチ
撮影:ヴラダン=ラドヴィッチ
音楽:ジュリアーノ=タヴィアーニ

<キャスト>
ルチャーノ:ファブリツィオ=フェラカーネ
ロッコ:ペピーノ=マッツォッタ
ルイジ:マルコ=レオナルディ
レオ:ジュゼッペ=フーモ
アントニア:アンナ=フェルッツォ

<番組紹介/解説>
イタリアのアカデミー賞に当たる第60回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で作品、監督賞ほか最多9部門を受賞。3兄弟が織り成す運命の交錯劇を重厚なタッチで描いた秀作。

シチリア島を拠点とする「コーザ・ノストラ」や、ナポリを拠点とする「カモッラ」と同様、イタリア南部のカラブリア州を拠点とする同国の巨大犯罪組織のひとつ、「ンドランゲタ」を題材に、本作の重厚なドラマが展開。そのカラブリア州で生まれ、敵対する組織同士の血で血を洗う抗争劇を間近で見ながら育った3兄弟。それを嫌ってきっぱり堅気の道を歩んだ長男とは対照的に、次男と三男は、自らも組織の一員となる道を選択。やがて彼らが直面する悲劇を実力派キャストの息詰まる競演で重厚に描き、絶賛を博した。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« 品川駅でプリンを買いました! | トップページ | ドラマ「こえ恋」[全12話](お薦め度★★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/64281165

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『黒い魂』(お薦め度★★★):

« 品川駅でプリンを買いました! | トップページ | ドラマ「こえ恋」[全12話](お薦め度★★★★) »