« Galaxy S7 edgeが突然文鎮化し、強制再起動で解決した | トップページ | 映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』(お薦め度★★★★) »

2016.11.15

映画『ソロモンの偽証 前篇・事件』(お薦め度★★★★★)

ザワザワする驚愕のサスペンスです。
脚本、演出ともに素晴らしいクオリティです。キャスティングも見事で、リアリティが半端ありません。

監督は誰なのでしょうか?

エンドロールで監督の名前を成島出と確認しました。
知った名前です。過去に彼の監督作は3本観ていますが、どれも低評価でした。

【当ブログでレビューした成島出監督作】
2005.04.29 映画『油断大敵』(お薦め度★★)
2006.10.03 映画『フライ,ダディ,フライ』(お薦め度★★)
2008.10.05 映画『ミッドナイト イーグル』(お薦め度★)

意外です。
これほどの作品を作れる方だったのですね。

タイトルの意味と事件の全体像は全く分かりませんが、このままサスペンスの醍醐味が維持できるのか、失速するのか後篇が非常に楽しみです。WOWOWさん前後篇一挙放送ありがとう。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
製作年:2015年
製作国:日本
内容時間:122分

<スタッフ>
監督:成島出
脚本:真辺克彦
撮影:藤澤順一
音楽:安川午朗
楽曲情報:U2「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」

<キャスト>
藤野涼子:藤野涼子
神原和彦:板垣瑞生
三宅樹理:石井杏奈
大出俊次:清水尋也
藤野剛:佐々木蔵之介
藤野邦子:夏川結衣
三宅未来:永作博美
森内恵美子:黒木華
津崎校長:小日向文世
中原涼子:尾野真千子
柏木卓也:望月歩

<番組紹介/解説>
人気作家、宮部みゆきのヒット推理小説「ソロモンの偽証」を映画化した2部作の前篇。都内のある中学校で遺体となって見つかった男子生徒は、自殺したのか、それとも……?

2012年に刊行され、「週刊文春ミステリーベスト10」と「このミステリーがすごい!」の国内部門で第2位に選ばれた人気小説を、前後篇合わせて計4時間半弱という長尺で丹念に映画化。“いじめ”“家庭内暴力”などの社会問題を背景に盛り込みつつ、少年少女が“学校内裁判”を通じて問題の本質に迫っていく様子を、最後まで目が離せない迫真のヒューマンミステリーに仕立てて描き切った力作だ。藤野涼子、板垣瑞生ら、フレッシュな若手陣も、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美などベテラン陣も熱演を披露。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« Galaxy S7 edgeが突然文鎮化し、強制再起動で解決した | トップページ | 映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』(お薦め度★★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/64493840

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ソロモンの偽証 前篇・事件』(お薦め度★★★★★):

« Galaxy S7 edgeが突然文鎮化し、強制再起動で解決した | トップページ | 映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』(お薦め度★★★★) »