« 家族でカラオケに実に8年ぶりに行った | トップページ | トップバリュのLED電球が5年前と比べて格段に進化して安い »

2016.12.05

ドラマ「深夜食堂 3」[全10話](お薦め度★★★)

安定した面白さです。
第三部でで脚本がより引き締まってきた感じがします。
ただし、ほのぼのさせるものの、リアリティは以前から感じません。いわゆる大人のための童話的な話です。

第3部で印象に残ったのは、次の2エピソードです。

第二十三話 里いもとイカの煮もの
興信所に勤める「男前」の探偵、里見けい(石橋けい)とまだ頼りない研修生の佐々木守。二人は、店を出たあとで一夜をともにする。佐々木は大人の割り切りを知らず、結婚を前提につきあってくれと言うが・・・。
 
第二十八話 きんぴらごぼう
「きんぴらごぼうあるかしら?」颯爽とした印象の女、市川千鶴が店に入ってくる。驚いて目を見開く、常連客で地回りのヤクザ・ゲン。千鶴は、高校時代の英語の教師であり、部活の顧問、そして憧れの女性だった。

第二十三話の女優・石橋けいのクールビューティーで潔い存在感は斬新でした。そう言えば、SEIYUのCM「やっぱコスパ」で起用されています。
第二十八話は、脚本を大胆にカットして行間で、悲劇を伝える手法を採っていました。あまりに端折り過ぎて、ネタバレをググらないと話が理解できませんでした。

【関連記事】
2016.05.27 ドラマ「深夜食堂1」[全10話](お薦め度★★★)
2012.01.21 ドラマ「深夜食堂2」[全10話](お薦め度★★★)
2016.04.17 映画『深夜食堂』(お薦め度★★★)

<オンエア情報>
TBS、2014年10月22日~12月24日放送。

<スタッフ>
原作:安倍夜郎「深夜食堂」(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載中)
企画:遠藤日登思、芝野昌之
プロデューサー:筒井竜平、小佐野保、石塚正悟、竹園元
監督:松岡錠司、山下敦弘、熊切和嘉、野本史生
脚本:真辺克彦、向井康介、荒井美早、小嶋健作
美術:原田満生
フードスタイリスト:飯島奈美
主題歌:高橋優「ヤキモチ」(ワーナーミュージック・ジャパン)
企画:アミューズ、MBS
制作:アミューズ映像製作部、ギークサイト
製作:「深夜食堂 3」製作委員会

<キャスト>
小林薫
綾田俊樹
不破万作
松重豊
光石研
美保純
谷村美月
柴田理恵
ベンガル
つみきみほ
オダギリジョー

<イントロダクション>
ドラマ「深夜食堂」は、 2009年10月期に第一部、2011年10月期に第ニ部がTBS・MBS・RKB他にて放送されました。
 
原作は、累計発行部数約230万部のベストセラー作品で、第55回小学館漫画賞/第39回日本漫画家協会賞大賞受賞の人気漫画「深夜食堂」(小学館刊 「ビッグコミックオリジナル」連載中/原作:安倍夜郎)。
主人公のマスター役は、これまでと同様に小林薫(『春を背負って』『夏の終り』)が務め、監督に『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で日本アカデミー賞を総なめにした松岡錠司、『もらとりあむタマ子』の山下敦弘、美術監督に 『テルマエ・ロマエ』 『テルマエ・ロマエⅡ』『舟を編む』を手がけた原田満生、フードスタイリスト飯島奈美(『かもめ食堂』、連続テレビ小説「ごちそうさん」)など、日本映画界を代表するスタッフが再結集しました。
さらに、今回は『私の男』で第36回モスクワ国際映画祭最優秀作品賞を受賞した熊切和嘉がドラマの監督に加わり、新たな「深夜食堂」の世界観を作り上げています。

<鑑賞チャネル>
amazon プライムビデオ

|

« 家族でカラオケに実に8年ぶりに行った | トップページ | トップバリュのLED電球が5年前と比べて格段に進化して安い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/64587625

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「深夜食堂 3」[全10話](お薦め度★★★):

« 家族でカラオケに実に8年ぶりに行った | トップページ | トップバリュのLED電球が5年前と比べて格段に進化して安い »