« カエル! | トップページ | ダ・ゾーンをDAZN for docomoで入会した »

2017.03.21

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」[全8話](お薦め度★★★)

主演の上白石萌音の魅力でまあまあ癒されました。
一風変わった不思議ちゃんばかりが登場します。ゆるい葛藤を楽しい食事で克服する内容はほとんど無いドラマです。

しかしながら、現在注目されている音声アシスタントAIが進化するとこのドラマのような設定の世界が出現するはずです。

映画『her/世界でひとつの彼女』的な近未来を意識した演出があれば、より今風で注目される作品になったかもしれません。

<オンエア情報>
TBS、2017年1月18日~3月15日毎週火曜深夜25時28分放送。グルメドラマ。

<スタッフ>
原作:鈴木小波『ホクサイと飯さえあれば』
プロデュース:森谷雄
監督:宝来忠昭、柴田啓佑
脚本:土城温美、北川亜矢子
主題歌:HY「HAPPY」
エンディングテーマ:GOOD ON THE REEL「小さな部屋」
企画・製作プロダクション:アットムービー
製作:ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会、MBS

<キャスト>
山田文子:上白石萌音
ホクサイ:梶裕貴(声の出演)
有川絢子:池田エライザ
柑田川永太郎:前田公輝
凪:桜田ひより
ブンの母:斉藤由貴(声の出演)

<イントロダクション>
東京・北千住が舞台のインドアご馳走マンガ、上白石萌音主演で実写ドラマ化。
“食べるシーン”が一切ない究極のグルメドラマ、始まる!!

今年から一人暮らしを始めた大学生の山田文子(通称:ブン)(18)はウサギに似たしゃべるぬいぐるみ(?)ホクサイと一緒に暮らしている。
人見知り&妄想癖もある彼女の1番のこだわりは、料理。
どんなにお金がなくても、どんなに忙しくとも、ゴハンだけはきちんと作る…!
野菜・タンパク質・炭水化物をバランスよく、しかし面倒なので基本的には一品で。
ホクサイと共に東京・北千住の町でアイディア満載のD.I.Y.レシピで美味しいご馳走を作ります。
トラブルがあっても、ホクサイがいて美味しいご飯さえあれば毎日ハッピー!

|

« カエル! | トップページ | ダ・ゾーンをDAZN for docomoで入会した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/65047356

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」[全8話](お薦め度★★★):

« カエル! | トップページ | ダ・ゾーンをDAZN for docomoで入会した »