« ドラマ「パンセ」[全2話](お薦め度★★) | トップページ | J:COMの引越手続きは複雑で手ごわいぞ! »

2017.04.05

Wi-Fiチップのバッファオーバーフローの脆弱性を修正した「iOS 10.3.1」をiPad Proに導入した

「iOS 10.2.1」からバージョンアップです。
3月27日に「iOS 10.3」が公開されたばかりでしたが、スキップしていました。さっそくiPad Proに導入です(iPad Air2は引越で行方不明中)。

米Appleは4月3日に「iOS 10.3.1」を公開し、今回の更新で深刻な脆弱性を修正しています。

この脆弱性は、Google Project ZeroがiPhoneやNexusやSamsungの製品に使われているBroadcomのWi-Fiチップにバグを見つけています。

悪用されれば一定圏内にいる攻撃者に任意のコードを実行され、端末を支配される恐れがあるそうです。

アップルの素早い対応は流石です。

Broadcomチップはいろいろなスマートフォンに使われているとのことです。Android端末はバージョンアップが遅いので、我が家のAndroidスマホやタブレットが心配です。

バッファオーバーフローについて、「ITトレンド」サイトの記事をリンクします。

バッファオーバーフローとは? その被害と対策

|

« ドラマ「パンセ」[全2話](お薦め度★★) | トップページ | J:COMの引越手続きは複雑で手ごわいぞ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/65110796

この記事へのトラックバック一覧です: Wi-Fiチップのバッファオーバーフローの脆弱性を修正した「iOS 10.3.1」をiPad Proに導入した:

« ドラマ「パンセ」[全2話](お薦め度★★) | トップページ | J:COMの引越手続きは複雑で手ごわいぞ! »