« オーダースーツSADAで夏用礼服を作った | トップページ | ホームルーターSpeed Wi-Fi HOME L01を利用させてもらっている »

2017.07.20

Amazonオリジナルは、当然ながらハズレもある

2017年7月11日(火)よりAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信されている剛力彩芽主演のドラマ「フェイス―サイバー犯罪特捜班―」はハズレです。第1話で視聴を止めました。

ドラマ「ベイビーステップ<シーズン1>」
が素晴らしかったものの、連続しませんでした。鑑賞2作品目で撃沈です。

剛力彩芽はお気に入りの女優です。演技力はあるし、礼儀正しいし可愛いので、これまでもあまり面白くないドラマでも出来るだけ観るようにしてきました。

本ドラマは、剛力彩芽にとって視聴率が取れないない地上波ドラマの枠から、新たなフロンティアフィールドとしてオンデマンド配信のドラマに乗り出した記念作です。

ドラマ「フェイス―サイバー犯罪特捜班―」

製作総指揮:古賀誠一(オスカープロモーション)
企画:堀 和顕(オスカープロモーション)
プロデューサー:森田光則(オスカープロモーション)
脚本:深沢正樹、関根俊夫
監督:松田礼人、堀 英樹
主題歌:高橋りな『ネガイボシ』(株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ)、X4『最後の言葉』(株式会社テイチクエンタテインメント)
企画監修:望月将裕(オフィス フルムーン)、サイバーディフェンス研究所
キャスト:剛力彩芽/三浦貴大/小西遼生/松下優也/小市慢太郎/紫吹淳/富永沙織/大河内奈々子/村上弘明
製作:オスカープロモーション

彼女が所属する事務所社長が製作総指揮の陣頭指揮を取って製作されたもので、気合を強く感じました。

作品としての期待度も高かったのですが、駄作です。サイバー犯罪でありながらアクションシーン重視の構成で不必要な古臭いお色気も登場します。脚本は飛躍し過ぎて、リアリティのかけらもありません。第1話だけの鑑賞ですが評価は星1つです。キャスティングもそこそこなのに、物語として成立していないのではどうしようもありません。

「ベイビーステップ」と同様にシーズン1の表記がありますが、続編は無理でしょう。

ちなみに、剛力彩芽の主演ドラマで評価できたのは日テレで2012年放送のドラマ「ティーンコート」でした。ハツラツとした彼女の魅力を活用できるあたり役でした。華もあって実力もあるのに主演ドラマがヒットしないのは本当に残念です。

|

« オーダースーツSADAで夏用礼服を作った | トップページ | ホームルーターSpeed Wi-Fi HOME L01を利用させてもらっている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/65557778

この記事へのトラックバック一覧です: Amazonオリジナルは、当然ながらハズレもある:

« オーダースーツSADAで夏用礼服を作った | トップページ | ホームルーターSpeed Wi-Fi HOME L01を利用させてもらっている »