« 2017年6月 | トップページ

2017.07.25

ドラマ「僕達がやりました」はメチャメチャ面白い!

2017年夏ドラマでフジテレビ毎週火曜21時放送中で第2話を観ました。
「そこそこ”でよかったはずの日常が大激変!クズだけど必死に生きる若者たちの、青春逃亡サスペンス!!」がキャッチコピーの新感覚ドラマです。
映像はスタイリッシュで、テンポが良くバイオレンスを含め予想出来ない展開にワクワクします。
主人公を演じる窪田正孝は全く高校生に見えませんが、彼ほどの演技力が無いこのコメディタッチで不条理な雰囲気の作品は到底務まらないでしょう。
ヒロインは期待の若手女優・永野芽郁で文句無しです。彼女の可愛らしさと存在感はドンピシャです。川栄李奈も良い味だしてますね。まさに旬な女優陣の起用は憎いほどです。

原作が漫画とは知りませんでしたが、実写ドラマになって相当なクオリティです。今後の展開は全く読めませんが、是非とも主人公たちに逃げ切って欲しいです。

以下、作品データ。

<スタッフ>
原作:金城宗幸
漫画:荒木光
脚本:徳永友一
演出:新城毅彦、瑠東東一郎
プロデューサー:米田孝(関西テレビ)、平部隆明(ホリプロ)、白石裕菜(ホリプロ)
制作著作:関西テレビ

<キャスト>
窪田正孝
永野芽郁
新田真剣佑
間宮祥太朗
葉山奨之
今野浩喜
川栄李奈
岡崎紗絵
板尾創路
榊原郁恵
水川あさみ
三浦翔平
古田新太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.24

映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』(お薦め度★★★★)

上質でハートウォーミングなファンタジーです。
「星の王子さま」の挿絵の世界を違和感ない立体的なCGアニメで実現しています。フランスのアニメなのですね。驚きです。米国と肩を並べています。
しかも、共感できるラストにジンワリと感動しました。フランス映画とは思えない素敵な作品です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:The Little Prince
制作年:2015
制作国:フランス
内容時間(吹替版):107分

<スタッフ>
監督:マーク=オズボーン
製作:アトン=スマーシュ、ディミトリー=ラッサム、アレクシ=ヴォナール
脚本:イリーナ=ブリヌル、ボブ=パーシケッティ
音楽:ハンス=ジマー、リチャード=ハーヴェイ

<キャスト>
飛行士:(声)津川雅彦
女の子:(声)鈴木梨央
お母さん:(声)瀬戸朝香
ミスター・プリンス:(声)宮野真守
王様:(声)坂口芳貞
バラ:(声)滝川クリステル
星の王子:(声)池田優斗

<番組紹介/解説>
サン=テグジュペリの名作「星の王子さま」を下敷きにしたアニメ映画。原作小説で書かれていた物語を人形アニメで、後日談となる新たな物語をCGアニメで、それぞれ描写。

将来のためといって母親から押し付けられる英才教育に飽き飽きしていた9歳の女の子。受験のため名門校の近くに引っ越しまでさせられた彼女は、あるとき隣に住む変わり者の老人と親しくなる。かつて飛行士だったという彼は、若き日に砂漠に不時着したとき出会った不思議な少年“星の王子さま”との思い出を語り出す。彼の話に夢中になった女の子は、病に倒れた老人のため、もう一度王子さまを探し出そうと冒険の旅に出発する。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.23

ドコモの電波状況が悪いのでドコモレピータを設置した

自宅からドコモで電話すると通話中に相手の声が途切れたり、回線が切れることが多々あります。auでは問題なかったのですが、ドコモは昔から電波が弱いようです。

師匠に相談したところ、ドコモに相談すれば電波を増幅してくれる機器を無料で送ってもらえるはずとアドバイスしてくれました。

そこで先週の月曜日にドコモ故障問合せ113に電話したところ、スマホiPad Proのアンテナマークがどの表示かを質問され、次の回答をしました。

スマホ:5本
iPad Pro:2本

インターネット利用はiPad Proのほうがより遅いと伝えたところ、アンテナマークに違いが出るのは、電波には4種類あり、スマホは全て受信できているが、iPad Proはそのうち3種類の受信のためで、自宅エリアは電波がカバーされているが、建物の関係で電波状態が悪いのかもしれないとのことで、ドコモレピータ(TB−2033R)を送ってくれることになりました。

ドコモレピータとは、周辺基地局の電波を屋内に引き込み、自宅内の電波状況を改善する装置です。

DSC_0119

水曜日には届いており、日曜日になってドコモレピータ設置サポートセンターに電話してオペレーターの指示で窓際に設置しました。

設置後、iPad Proのアンテナマークは4本に改善しています。音声通話に関しては確認していませんが、ドコモレピータ設置サポートセンターのオペレーターとの音声が安定したのでこちらも改善したことは間違いありません。

ただし、このドコモレピータは家全体の電波状況が改善する訳ではなく、通話する部屋のみのようです。結構発熱しますので、設置周辺は余裕を持たないと駄目です。

ちなみにドコモレピータ自体のアンテナマーク(レベルLED)は3〜4です。

最後に念を押されたのが、同梱の「ドコモレピータの設置等に関する申込書兼承諾書」を2週間以内に返送することでした。明日には投函します。

【ドコモレピータ料金表】(ドコモレピータ送付による設置の場合)
設置・撤去費用ー装置の設置・撤去にかかる費用    :無料
修理費用ー装置を破損した場合の費用:修理費用の実費(課税対象)
賠償金ー装置を紛失した場合:40,000円(非課税)

※装置使用にかかる電気代(消費電力30W以下)は、利用者負担。
※装置1台ごとに上記費用。
※定期的に装置の動作状況を伺う。
※装置直近で通信を行った際、装置が一時停止する場合がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.22

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだしらない」[全10話](お薦め度★★)

2年前に実写ドラマを観ていたので、是非アニメも鑑賞したいと思っていました。その割には全部観るまで時間がかかりました。

理由は面白くないからです。
全くリアリティがありません。話の展開が無く、同じことを同じように繰り返していて、幼馴染の人間関係が殺伐としていて、興味が持てませんでした。

ストーリーとしても、勿体ぶった挙句の謎解きにゲンナリです。感動はありませんでした。

実写ドラマでは、アニメの弱点を補完していたので評価が高かったのでだと思います。

話題性だけでクオリティの低い作品ということを確認しました。全く残念です。


<オンエア情報>
TOKYO MX、2015年10月18日〜12月27日再放送。

<スタッフ>
原作:超平和バスターズ
監督:長井龍雪
脚本:岡田麿里
キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀
音楽:REMEDIOS
美術監督:福島孝喜
色彩設定:中島和子
撮影・CG監督:那須信司
編集:西山茂
音響監督:明田川仁
アニメーションプロデューサー:岩田幹宏
チーフプロデューサー:清水博之、山本幸治(フジテレビ)
プロデューサー:斎藤俊輔、尾崎紀子
アニメーション制作:A-1 Pictures
制作:「あの花」製作委員会(アニプレックス/フジテレビジョン/電通)

<キャスト>
じんたん(宿海仁太):入野自由
めんま(本間芽衣子):茅野愛衣
あなる(安城鳴子):戸松 遥
ゆきあつ(松雪 集):櫻井孝宏
つるこ(鶴見知利子):早見沙織
ぽっぽ(久川鉄道):近藤孝行
宿海 篤:小形満
じんたん(幼少):田村睦心
ゆきあつ(幼少):瀬戸麻沙美
ぽっぽ (幼少):豊崎愛生
春菜:水原薫
亜紀:牧野由依

<イントロダクション>
昔は仲良しだった幼馴染たち。
でも、高校生になった彼らの距離はいつの間にか離れてしまっていた。
ヒキコモリぎみの主人公“じんたん”。
ギャル友達に流され気味の“あなる”。
進学校に通う“ゆきあつ”と“つるこ”。
高校に進学せず旅を重ねる“ぽっぽ”。
そして、仲良しだった小学生の頃から、それぞれが変わっていく中で変わらない少女“めんま”。
ある日、“お願いを叶えて欲しい”とじんたんにお願いをするめんま。
困りながらも“めんまのお願い”を探るじんたん。
そのめんまの願い事がきっかけとなり、
それぞれの領域でそれぞれの生活を送っていた幼馴染達は
再びかつてのように集まりはじめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.21

Speed Wi-Fi HOME L01を利用させてもらっている

師匠からお借りしてます。
キャリアをドコモに引越しして、合わせて固定ブロードバンドをドコモ光に切り替えします。
今まで使っていた固定ブロードバンドはJ:COMで6月末に解約しました。直ぐにドコモ光に移れると思っていたら大間違いで、申し込んでから1ヶ月後の7月23日に工事予定になっています。すなわち、約1ヶ月近く固定ブロードバンドが無い生活になっています。

スマホは、料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」でウルトラシェアパック50(50G)なので、ドコモ光に切り替わるまで自宅での利用はスマホからのテザリングで間に合わそうと考えていました。

しかし、

7月は屋外で使い過ぎて、7月中旬にはパケットが枯渇することが判明しました(泣)。そこで師匠に相談すると、2017年2月3日発売されたauのSpeed Wi-Fi HOME L01を貸してもらえることになり、7月18日~23日まで利用させてもらってます。

Speed Wi-Fi HOME L01はモバイルルーターの家庭版です。開通工事不要で、WiMAX 2+の4×4MIMOとキャリアアグリゲーション通信に対応した受信最大440Mbpsの高速インターネット通信です。

使用感は、少しもたつきがあります。440Mbps対応エリアにも係らず、自宅の電波状態が悪いので通信モードはハイスピードモードではなく、ハイスピードプラスエリアモードにしています。

Speed Wi-Fi HOME L01での利用は、無制限の固定ブロードバンドと違ってデータ量の制限があるのですが、この制限が外れるようになると固定ブロードバンドに置き換わるでしょう。

スマホと本商品があれば、固定回線が不要になる時代が近づいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.20

Amazonオリジナルは、当然ながらハズレもある

2017年7月11日(火)よりAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信されている剛力彩芽主演のドラマ「フェイス―サイバー犯罪特捜班―」はハズレです。第1話で視聴を止めました。

ドラマ「ベイビーステップ<シーズン1>」
が素晴らしかったものの、連続しませんでした。鑑賞2作品目で撃沈です。

剛力彩芽はお気に入りの女優です。演技力はあるし、礼儀正しいし可愛いので、これまでもあまり面白くないドラマでも出来るだけ観るようにしてきました。

本ドラマは、剛力彩芽にとって視聴率が取れないない地上波ドラマの枠から、新たなフロンティアフィールドとしてオンデマンド配信のドラマに乗り出した記念作です。

ドラマ「フェイス―サイバー犯罪特捜班―」

製作総指揮:古賀誠一(オスカープロモーション)
企画:堀 和顕(オスカープロモーション)
プロデューサー:森田光則(オスカープロモーション)
脚本:深沢正樹、関根俊夫
監督:松田礼人、堀 英樹
主題歌:高橋りな『ネガイボシ』(株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ)、X4『最後の言葉』(株式会社テイチクエンタテインメント)
企画監修:望月将裕(オフィス フルムーン)、サイバーディフェンス研究所
キャスト:剛力彩芽/三浦貴大/小西遼生/松下優也/小市慢太郎/紫吹淳/富永沙織/大河内奈々子/村上弘明
製作:オスカープロモーション

彼女が所属する事務所社長が製作総指揮の陣頭指揮を取って製作されたもので、気合を強く感じました。

作品としての期待度も高かったのですが、駄作です。サイバー犯罪でありながらアクションシーン重視の構成で不必要な古臭いお色気も登場します。脚本は飛躍し過ぎて、リアリティのかけらもありません。第1話だけの鑑賞ですが評価は星1つです。キャスティングもそこそこなのに、物語として成立していないのではどうしようもありません。

「ベイビーステップ」と同様にシーズン1の表記がありますが、続編は無理でしょう。

ちなみに、剛力彩芽の主演ドラマで評価できたのは日テレで2012年放送のドラマ「ティーンコート」でした。ハツラツとした彼女の魅力を活用できるあたり役でした。華もあって実力もあるのに主演ドラマがヒットしないのは本当に残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.19

オーダースーツSADAで夏用礼服を作った

同僚の7月の結婚披露宴に招待さました。結婚式への出席は何年ぶりでしょう。最近では結婚式を挙げる人が少なくなっているので珍しくなりました。いつもは一張羅の礼服で参加するのですが、冬用なので新たに夏用の礼服を初!新調します。

コストパフォーマンスの良いスーツを作りたいと考え、「スーツ専門店 評価」で検索しました。するとLIFEラボの次の記事がヒットしました。

品質の良いオーダースーツを安い価格で作れる人気の専門店5選!

この記事で紹介されているトップが「オーダースーツSADA」でした。

http://www.ordersuit.info/

サブタイトルに「~商品企画から縫製・販売まで~自社工場からオーダースーツをお届けします。」とあり、希望するスーツ専門店のようです。それにしても、社長ブログがリンクされていたり、スーツを着てマラソンやスキージャンプなど4代目社長が挑戦した動画がYouTubeにアップされています。何の意味があるのかわかりません(笑)が、社長自ら前向きに宣伝する姿に好感が持てます。

ということで、6月3日に店舗に伺いました。広くないものの整理整頓されたシンプルな店構えで店員2名です。客は俺一人で上司と部下の2人掛りで採寸をしてくれました。部下がメージャーで計り、上司がサイズをオーダーシートに記入していく分担です。上司はスーツの知識が豊富で、採寸の仕方に細かな指示を出し的確なサイズに調整してくれます。私の好みを十分に反映してくれて約1時間で採寸が完了しました。42,984円(税込)と32,184円(税込)の生地を見せてくれて、初めてといこともあり安いほうを選択しました。約6週間後の7月11日に出来上がりです。初回は来店のうえ出来上がったものを着てもらって確認をとりたいということでした。先週の土曜日に再訪して試着して受け取りました。当然ながらオーダースーツなので着心地が良い仕上がりです。

真摯で余計な話はせずに、ひたすら客の要望を反映させながらオーダーを受ける姿勢に感心しました。3~4万円台でスーツが作れるのがありがたいです。

今後3年間はサイズを保存してくれて、追加オーダーに対応してくれるとのことです。また、今回の仕立てに関して、1ヶ月以内の直しとウエストの直しは無料とのことです。

職場では4年前のスーパークールビズからスーツを着なくなっり、スーツの新調も止めていますが、着心地とコスパに優れたオーダースーツならTPOに応じて利用するのはアリですね。しかし、いまさら職場にスーツだと公私ともに「どうした?」と驚かれるだけなので自重します(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.18

ドラマ「ベイビーステップ<シーズン1>」[全10話](お薦め度★★★★★)

胸のすくような快作です。
学園モノでテニスに真摯に向き合う若人の情熱に感動しました。単なるスポ根ではなく、テニスをスポーツとして分析して視聴者にも理解させる内容に感心しました。ちなみにbaby stepとは、大きな課題に対する小さな一歩です。
 
キャスティングは新人を起用しています。
何よりもヒロインの季葉が知的でかわいい美人で、しかもテニスが上手くドラマを引き立てています。主人公を演じる松岡広大は、どこにでもいる身近な存在ながらテニスに対する情熱をストレートに表現していて好感が持てます。
 
Amazonプライム・ビデオでは、シーズン1と表示しています。登場人物の今後の成長を是非とも観たいと思います。シーズン2への期待が膨らみます。
 
Amazonオリジナルとして見事なドラマを提供してくれました。TV放送を通じて配信されていることを知り、Amazonプライム・ビデオで一気に視聴しました。ハイレベルな作品であればこその視聴スタイルです。


 
<スタッフ>
原作:勝木光『ベイビーステップ』(「週刊少年マガジン」連載中)
監督:岩田和行
脚本:小林雄次
音楽:鈴木ヤスヨシ
プロデューサー:日枝広道、鈴木吉弘、岩田祐二
制作プロダクション:共同テレビジョン
製作:電通、アミューズ、講談社
 
<キャスト>
丸尾栄一郎:松岡広大
鷹崎奈津:季葉(きわ)
江川逞:松島庄汰
 
<鑑賞チャネル>
Amazonプライム・ビデオ(2016年7月22日より配信開始)
→2017年7月よりTOKYOMXで放映中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.17

映画『攻殻機動隊 新劇場版』(お薦め度★★★★)

見事です。シリーズ最高傑作です。ただし、全5作を事前に観ておかなければなりません。
相変わらずの複雑なストーリーですが、伏線が優れており展開が追えます。
脚本が素晴らしく、「攻殻機動隊ARISE」シリーズを完璧なほどに回収しました。攻殻機動隊シリーズの前日譚として文句無しです。
前作に感じた予想が良い意味で外れて満足です。

【関連記事】
2017.07.15 アニメ「攻殻機動隊ARISE#1 border:1 Ghost Pain」(お薦め度★★★)
2017.07.16 アニメ「攻殻機動隊ARISE#2 border:2 Ghost Whispers」(お薦め度★★★★)
2017.07.16 アニメ「攻殻機動隊ARISE#3 border:3 Ghost Tears」(お薦め度★★★★)
2017.07.16 アニメ「攻殻機動隊ARISE#4 border:4 Ghost Stands Alone」(お薦め度★★★)
2017.07.17 アニメ「攻殻機動隊ARISE PYROPHORIC CULT」(お薦め度★★★)

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2015
制作国:日本
内容時間:100分

<スタッフ>
総監督:黄瀬和哉
監督:野村和也
原作:士郎正宗
脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:黄瀬和哉
総作画監督:大久保徹
音楽:コーネリアス
アニメーション制作:プロダクション I.G

<楽曲情報>
坂本真綾 コーネリアス/「まだうごく」

<キャスト>
草薙素子:(声)坂本真綾
荒巻大輔:(声)塾一久
バトー:(声)松田健一郎
トグサ:(声)新垣樽助
イシカワ:(声)咲野俊介
サイトー:(声)中國卓郎
パズ:(声)上田燿司
ボーマ:(声)中井和哉

<番組紹介/解説>
士郎正宗の傑作コミック「攻殻機動隊」発表25周年を記念した新劇場版アニメ。“攻殻機動隊”こと公安9課の結成と、リーダー草薙素子の出生の秘密が明かされる。

2029年。“少佐”こと草薙素子は、バトーやトグサら敏腕だが組織からはぐれた者たちを束ねた寄せ集めの公安部隊を結成する。その矢先、総理大臣が爆殺される大事件が発生、被害者には陸軍501機関時代の草薙の元上司クルツの名もあった。真相を探る草薙たちの前に、義体開発の行く末をめぐる政治的取引や陰謀が浮かび上がり、やがて手掛かりは全身義体のサイボーグとして生まれた草薙自身の出生の秘密へとつながっていく。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「攻殻機動隊ARISE PYROPHORIC CULT」(お薦め度★★★)

4部作と比べて作画のクオリティが格段に上がっています。映画仕様並みです。
新劇場版の前日譚とのことですが、物語が更に難しさを増しています。頭が着いていけません。
となると映画は面白く無いでしょうね。攻殻機動隊シリーズなので仕方ないところです。

【関連記事】
2017.07.15 アニメ「攻殻機動隊ARISE#1 border:1 Ghost Pain」(お薦め度★★★)
2017.07.16 アニメ「攻殻機動隊ARISE#2 border:2 Ghost Whispers」(お薦め度★★★★)
2017.07.16 アニメ「攻殻機動隊ARISE#3 border:3 Ghost Tears」(お薦め度★★★★)
2017.07.16 アニメ「攻殻機動隊ARISE#4 border:4 Ghost Stands Alone」(お薦め度★★★)

以下、WOWOWオンラインから引用。

<スタッフ>
原作:士郎正宗
総監督・キャラクターデザイン:黄瀬和哉
シリーズ構成:冲方丁
音楽:コーネリアス
脚本:藤咲淳一
絵コンテ・演出:橘正紀
メカニックデザイン:柳瀬敬之、寺岡賢司
プロップデザイン:常木志伸
美術監督:海老澤卓也
美術設定:荒井和浩
3DCG監督:塚本倫基
撮影監督:若林優
グレーディング:江面久
グレーディング:齋藤瑛
編集:植松淳一
音響監督:岩浪美和
アニメーション制作:プロダクション I.G
製作:「攻殻機動隊ARISE」製作委員会

<楽曲情報>
坂本真綾 コーネリアス/「あなたを保つもの」

<キャスト>
草薙素子:(声)坂本真綾
荒巻大輔:(声)塾一久
バトー:(声)松田健一郎
トグサ:(声)新垣樽助
イシカワ:(声)咲野俊介
サイトー:(声)中國卓郎
パズ:(声)上田燿司
ボーマ:(声)中井和哉
ロジコマ:(声)沢城みゆき

<番組紹介/解説>
「攻殻機動隊ARISE」4部作から『攻殻機動隊 新劇場版』へとつながるエピソード。電脳ウイルス“ファイア・スターター”をめぐる前日譚を綴る。
舞台は、情報ネットワークとサイボーグ技術の発達によって人々の意思が“電脳”でつながれた未来社会。凶悪犯罪を阻止することが任務の特殊部隊“攻殻機動隊”が創設された経緯や、これまで謎に包まれていた全身サイボーグのヒロイン草薙素子が少佐と呼ばれるようになった前夜にスポットを当てている。総監督とキャラクターデザインは『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』などの作画監督を担当した黄瀬和哉、シリーズ構成と脚本は「マルドゥック・スクランブル」「天地明察」の著者・冲方丁が務めた。

【ストーリー】
2029年1月、ニューポートシティ郊外で航空機爆破テロが発生し、荒巻大輔率いる公安9課はアメリカ軍情報部から共同捜査の要請を受ける。事件の容疑者として挙げられたのは、電脳に感染し疑似記憶を植え付けるウイルス「ファイア・スターター」のブローカーとされる、通称“パイロマニア(放火魔)”だった。
陸軍情報部の大佐で全身義体の軍人ホヅミを殺害するために兵器の売買を行なう国外カルテルから派遣されたパイロマニアが、自身を追跡していたアメリカ軍情報部員を航空機ごと爆破して殺害したのが事件の真相と思われる。公安9課の雇われ部隊である独立攻性部隊を指揮する草薙素子は、ホヅミの身柄をちらつかせ、パイロマニア捕獲のための包囲網を敷くものの、待っていたのは激しい電脳戦だった。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.16

アニメ「攻殻機動隊ARISE#4 border:4 Ghost Stands Alone」(お薦め度★★★)

またしても、小難しくて物語が頭に入りません。
前代未聞の事件が起こったのに、淡々と進行するパターンはやはり馴染めません。4部作でスタートしたとしたら、消化不良です。ということで新劇場版とを繋ぐ次作が生まれたのかもしれません。
勧善懲悪の展開でないと、旧人類の親父は着いていけません。

【関連記事】
2017.07.15 アニメ「攻殻機動隊ARISE#1 border:1 Ghost Pain」(お薦め度★★★)
2017.07.16 アニメ「攻殻機動隊ARISE#2 border:2 Ghost Whispers」(お薦め度★★★★)
2017.07.16 アニメ「攻殻機動隊ARISE#3 border:3 Ghost Tears」(お薦め度★★★★)

以下、WOWOWオンラインから引用。

<スタッフ>
原作:士郎正宗
総監督・キャラクターデザイン:黄瀬和哉
シリーズ構成・脚本:冲方丁
音楽:コーネリアス
監督・絵コンテ:工藤進
総作画監督・サブキャラクターデザイン:新井浩一
メカニックデザイン:柳瀬敬之
3DCGI:オレンジ
3DCG監督:井野元英二
美術:Bamboo
美術監督:竹田悠介、益城貴昌
美術設定・プロップ:荒川直樹
動画検査:菅田朋子
色彩設計:藤田裕子
色指定:境成美
仕上検査:下川真里子
撮影監督:田中宏侍
音響監督:岩浪美和
音響効果:小山恭正
編集:植松淳一
サウンドトラック:フライングドッグ
アニメーション制作:プロダクション I.G
製作:「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
配給:東宝映像事業部

<楽曲情報>
高橋幸宏 & METAFIVE/「Split Sprit」

<キャスト>
草薙素子:(声)坂本真綾
荒巻大輔:(声)塾一久
バトー:(声)松田健一郎
トグサ:(声)新垣樽助
イシカワ:(声)檀臣幸・咲野俊介
サイトー:(声)中國卓郎
パズ:(声)上田燿司
ボーマ:(声)中井和哉
ロジコマ:(声)沢城みゆき

<番組紹介/解説>
士郎正宗原作「攻殻機動隊」の2013年のアニメシリーズ。総監督に黄瀬和哉、シリーズ構成・脚本に冲方丁を迎え、メインキャストも一新。攻殻機動隊創設の物語を描く。

戦後復興の兆しある2028年冬のニューポートシティ。国外カルテルの利権をめぐる水の価格協定への抗議デモを見守る、草薙素子少佐率いる独立攻性部隊の姿があった。その目の前で警備の機動隊による無差別発砲事件が発生する。前代未聞の同時ゴーストハック事件を鎮圧しようとするさなか、草薙の電脳に“枝”をつけた者がいた。バトーたちが対象人物のもとへと駆け付けると、そこには全身義体の少女ツダ・エマの姿が……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「攻殻機動隊ARISE#3 border:3 Ghost Tears」(お薦め度★★★★)

草薙素子の現在進行形ラブロマンスは新鮮でした。このシリーズはヒューマンタッチが希薄でどうしても物語に入っていけませんでした。
#2に続き高評価です。
「攻殻機動隊ARISE」はシリーズの中でストーリーが共感できます。最も好きかも。

【関連記事】
2017.07.15 アニメ「攻殻機動隊ARISE#1 border:1 Ghost Pain」(お薦め度★★★)
2017.07.16 アニメ「攻殻機動隊ARISE#2 border:2 Ghost Whispers」(お薦め度★★★★)

以下、WOWOWオンラインから引用。

<スタッフ>
原作:士郎正宗
監督・キャラクターデザイン・作画監督:黄瀬和哉
シリーズ構成・脚本:冲方丁
音楽:コーネリアス
演出:浜名孝行
メカニックデザイン:柳瀬敬之
3DCGI:オレンジ
3DCG監督:井野元英二
美術:Bamboo
美術監督:竹田悠介、益城貴昌
プロップ・美術設定:荒川直樹
動画検査:菅田朋子
色彩設計:土井和
色指定:野田採芳子
仕上検査:下川真里子
撮影監督:田中宏侍
モーショングラフィック:荒木宏文
特殊効果:村上正博
音響監督:岩浪美和
音響効果:小山恭正
編集:植松淳一
サウンドトラック:フライングドッグ
アニメーション制作:プロダクション I.G
製作:「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
配給:東宝映像事業部

<楽曲情報>
ショーン レノン コーネリアス/「Heart Grenade」

<キャスト>
草薙素子:(声)坂本真綾
荒巻大輔:(声)塾一久
バトー:(声)松田健一郎
トグサ:(声)新垣樽助
イシカワ:(声)檀臣幸・咲野俊介
サイトー:(声)中國卓郎
パズ:(声)上田燿司
ボーマ:(声)中井和哉
ロジコマ:(声)沢城みゆき

<番組紹介/解説>
士郎正宗原作「攻殻機動隊」の2013年のアニメシリーズ。総監督に黄瀬和哉、シリーズ構成・脚本に冲方丁を迎え、メインキャストも一新。攻殻機動隊創設の物語を描く。
恋人の義体技師ホセと逢瀬を交わす草薙素子のもとに、仲間となったバトーから西ノ内のビルで起きた爆弾テロの急報が届く。現場に急行し制圧するとテロリストたちはある超ウィザード級ハッカーにより偽の記憶が植え付けられ、さらに主犯のカルディス人の胸には独立戦争の英雄“スクラサス”のシンボルマーク、ティアドロップ・ダガーの入れ墨が刻まれていた。同じころ、山の手のダムで起きた爆発でひとりの刑事が殺されて……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「攻殻機動隊ARISE#2 border:2 Ghost Whispers」(お薦め度★★★★)

攻殻機動隊シリーズの中で稀有の面白さです。
草薙素子とバトーのガチバトル見応えがありました。両方共に強いんですね。また、攻殻機動隊の創設が観えてきてシリーズの全体像が深まります。過去のストーリーと齟齬が無いので構成の妙を感じました。

【関連記事】
2017.07.15 アニメ「攻殻機動隊ARISE#1 border:1 Ghost Pain」(お薦め度★★★)

以下、WOWOWオンラインから引用。

<スタッフ>
原作:士郎正宗
総監督・キャラクターデザイン:黄瀬和哉
シリーズ構成・脚本:冲方丁
音楽:コーネリアス
監督:竹内敦志
絵コンテ:多田俊介、竹内敦志
作画監督・サブキャラクターデザイン:齊藤卓也
メカニックデザイン:柳瀬敬之
3DCGI:オレンジ
3DCG監督:井野元英二
美術:Bamboo
美術監督:竹田悠介、益城貴昌
美術設定:加藤浩(ととにゃん)
プロップ・美術設定:荒川直樹
動画検査:吉田一枝、杉浦雄高
色彩設計:片山由美子
色指定:野田採芳子
仕上検査:下川真里子
撮影監督:田中宏侍
モーショングラフィック:上村秀勝
特殊効果:村上正博
音響監督:岩浪美和
音響効果:小山恭正
編集:植松淳一
サウンドトラック:フライングドッグ
アニメーション制作:プロダクション I.G
製作:「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
配給:東宝映像事業部

<楽曲情報>
青葉市子 コーネリアス/「外は戦場だよ」

<キャスト>
草薙素子:(声)坂本真綾
荒巻大輔:(声)塾一久
バトー:(声)松田健一郎
トグサ:(声)新垣樽助
イシカワ:(声)檀臣幸・咲野俊介
サイトー:(声)中國卓郎
パズ:(声)上田燿司
ボーマ:(声)中井和哉
ロジコマ:(声)沢城みゆき

<番組紹介/解説>
士郎正宗原作「攻殻機動隊」の2013年のアニメシリーズ。総監督に黄瀬和哉、シリーズ構成・脚本に冲方丁を迎え、メインキャストも一新。攻殻機動隊創設の物語を描く。

501機関から独立を果たし軍内部での自由を得た草薙素子。ある時、何者かによるロジコマへのハッキングが発生する。草薙は、荒巻の要請で調査のためにロジコマをラボまで移送するが、途中で武装集団の襲撃に遭う。そこには「眠らない眼」を持つ元レンジャーのバトーとボーマ、元陸軍情報部のイシカワの姿があった。3人が狙うのは、ある電子的作戦に干渉する並列解除コードの複製が隠されたロジコマの破壊だった……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.15

アニメ「攻殻機動隊ARISE#1 border:1 Ghost Pain」(お薦め度★★★)

「攻殻機動隊ARISE」は、“第四の『攻殻機動隊』プロジェクト”で、新劇場版を含めて次の6作あります。


攻殻機動隊ARISE #1 border:1 Ghost Pain

攻殻機動隊ARISE #2 border:2 Ghost Whispers

攻殻機動隊ARISE #3 border:3 Ghost Tears

攻殻機動隊ARISE #4 border:4 Ghost Stands Alone

攻殻機動隊ARISE PYROPHORIC CULT

攻殻機動隊 新劇場版


全6作がWOWOWで放送されたのを期に、全部観る予定です。#1については4年前に鑑賞済ですが、全く記憶にありませんでした。

改めての感想ですが、難しくてストーリーが頭に入ってきません。接近戦のアクションシーンが物凄いことだけで、相変わらず面白いとは感じません。

「攻殻機動隊ARISE」自体が、シリーズの前日譚に当たるので観なければならないと勝手な使命感があります。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<スタッフ>
原作:士郎正宗
総監督・キャラクターデザイン:黄瀬和哉
シリーズ構成・脚本:冲方丁
音楽:コーネリアス
監督・絵コンテ:むらた雅彦
作画監督・サブキャラクターデザイン:西尾鉄也
メカニックデザイン:柳瀬敬之
3DCGI:オレンジ
3DCG監督:井野元英二
美術:Bamboo
美術監督:竹田悠介、益城貴昌
美術設定:加藤浩(ととにゃん)
プロップ・美術設定:荒川直樹
動画検査:市万田千恵子、菅田朋子
色彩設計:片山由美子、佐藤真由美
色指定:竹田由香
仕上検査:下川真里子
撮影監督:田中宏侍
モーショングラフィック:上村秀勝
特殊効果:村上正博
音響監督:岩浪美和
音響効果:小山恭正
編集:植松淳一
サウンドトラック:フライングドッグ
アニメーション制作:プロダクション I.G
製作:「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
配給:東宝映像事業部

<楽曲情報>
salyu × salyu/「じぶんがいない」

<キャスト>
草薙素子:(声)坂本真綾
荒巻大輔:(声)塾一久
バトー:(声)松田健一郎
トグサ:(声)新垣樽助
イシカワ:(声)檀臣幸・咲野俊介
サイトー:(声)中國卓郎
パズ:(声)上田燿司
ボーマ:(声)中井和哉
ロジコマ:(声)沢城みゆき

<番組紹介/解説>
士郎正宗原作「攻殻機動隊」の2013年のアニメシリーズ。総監督に黄瀬和哉、シリーズ構成・脚本に冲方丁を迎え、メインキャストも一新。攻殻機動隊創設の物語を描く。

2027年、第4次非核大戦終戦から1年、戦禍の爪痕癒えぬニューポートシティで自走地雷を使った爆殺事件と、兵器売買における収賄容疑の掛かった軍人が射殺される事件があった。その軍人の電脳を求め公安の荒巻大輔は墓地を暴く。その荒巻の背中に銃口を向ける者がいた。陸軍義体化部隊「501機関」に所属する超ウィザード級ハッカーにして全身義体のサイボーグ、草薙素子。だがこの事件を追う者はほかにもいて……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.14

アニメ「Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-」[全12話](お薦め度★★)

個性豊かなキャラクターが多く登場するにもかかわらず、単なる賑やかしだけでした。

物語は映画『シックス・センス』をオマージュしているか、はたまた拡張したように感じました。登場人物が異常事態に対して低反応過ぎて、全く面白みに欠けます。


 
<オンエア情報>
TOKYO MX、2016年10月9日~12月25日毎週土曜深夜24時放送。  
 
<スタッフ>
原作:志倉千代丸(オーバーラップ文庫刊)
原作イラスト:pako
監督:イシグロキョウヘイ
シリーズ構成:MAGES.、森田と純平
キャラクターデザイン:高瀬智章
助監督:黒木美幸
プロップデザイン:道下康太
美術設定:塩澤良憲
美術監督:薄井久代
色彩設計:中島和子
撮影監督:関谷能弘
3Dディレクター:小野竜太
編集:三嶋章紀
音響監督:明田川仁
音楽:横山 克
オープニングテーマ:「聖数3の二乗」いとうかなこ(5pb. Records)
エンディングテーマ:「Open your eyes」 亜咲花 (5pb. Records)
制作:A-1 Pictures
製作:Project OC9
 
<キャスト>
我聞悠太:梶 裕貴
成沢稜歌:佐倉綾音
橋上サライ:石川界人
相川実優羽:吉田仁美
澄風桐子:伊藤 静
紅ノ亞里亞:沢城みゆき
日下部吉柳:谷山紀章
西園梨々花:能登麻美子
森塚 駿:柿原徹也
鬼崎あすな:明坂聡美
和泉公平:津田健次郎
川畑千津:長縄まりあ
 
<イントロダクション>
我聞悠太は高校2年生。
一攫千金狙いのオカルト板まとめ系アフィブログ“キリキリバサラ”を運営し、
世に数多存在する超常現象を科学的に「バッサリと斬り斬りしちゃう!」べく、日夜オカルトに挑んでいた。
ところが、そんな彼のブログをきっかけに、徹底的にマニアックでおかしな同志たちが大集結。
 
    自己矛盾型自称救世主
    神癒霊能媒介者
    全否定型超理論派大学生
    萌え系占い大先生
    死後の世界案内人
    未来予知型同人漫画家姉さん
    黒魔術代行屋
    リア充系雑誌記者
    残念系コスプレオタク刑事
 
出会うはずのなかった彼らの運命が不思議と交差してしまう。
そして、彼らの周囲で巻き起こり始める、小さな小さな“違和感”の数々。
それらは次第に大きなうねりとなり、
やがて想像を絶する大事件へと発展していく──

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.13

映画『ハーモニー』(お薦め度★★)

「Project Itoh」三部作なので『虐殺器官』から遡って『屍者の帝国』に続き、第2作を鑑賞しました。
作画のレベルが低くて、映画とは思えないクオリティです。
高度な医療経済社会が築かれたとする設定ながら、論理矛盾が散見され、個々のチグハグ感が否めません。
 
クライマックスでの謎解きとリアリティを無視した人物の動きにはがっかりです。
『虐殺器官』から遡って、全3部作を観ましたが、今に通じる部分はあるものの、「Project Itoh」は看板倒れの印象です。


 
<作品データ>
製作年:2015年
製作国:日本
上映時間:120分
映倫区分:PG12
 
<スタッフ>
監督:なかむらたかし、マイケル・アリアス
原作:伊藤計劃
脚本:山本幸治
キャラクター原案:redjuice
演出:廣田裕介
キャラクターデザイン:田中孝弘
プロップデザイン:竹内一義
メカデザイン:渡辺浩二
総作画監督:田中孝弘
作画監督:竹内一義
エフェクト作画監督:渡辺浩二
CGI監督:廣田裕介
色彩設計:成毛久美子
美術監督:狹田修、新林希文
編集:重村建吾
録音演出:名倉靖
音響デザイン:笠松広司
音楽:池頼広
主題歌:EGOIST「Ghost of a smile」
アニメーション制作:STUDIO4℃
 
<キャスト(声の出演)>
霧慧トァン:沢城みゆき
御冷ミァハ:上田麗奈
下堂キアン:洲崎綾零
オスカー・シュタウフェンベルク:榊原良子
アサフ:大塚明夫
エリヤ・ヴァシロフ:三木眞一郎
ケイタ:チョー冴紀
霧慧ヌァザ:森田順平
 
<イントロダクション>(「Project Itoh」オフィシャルサイトから引用)
夭折の作家・伊藤計劃氏の原作小説3作を連続劇場アニメ化していく一大プロジェクト「Project Itoh」。
盟友・円城塔との共作として没後発表された「屍者の帝国」で幕を開けたこのプロジェクトは、遺作「ハーモニー」と続き、
そしていよいよデビュー作「虐殺器官」で幕を閉じる。
 
<鑑賞チャネル>
TV録画DVD貸与(知人から)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.12

映画『屍者の帝国(ししゃのていこく)』(お薦め度★★)

「Project Itoh」三部作なので『虐殺器官』から遡って第1作を鑑賞しました。、
パスティーシュ小説という主人公を始め多くの著名なフィクションのキャラクターが登場する作品はそもそも合いません。折角の世界観が別の物語のキャラクターに引っ張られて、さらに作り話臭が強くなるからです。そして、基本的にゾンビものは苦手です。とどめはアニメという物理的なリアリティを無視する演出ではトホホでした。
心の無い人造人間が登場したり、いろいろな要素を組み込んで駄目になる典型的な物語です。
 
ノイタミナムービー(劇場版アニメ)ということで、最初から最後まで馴染めませんでした。 
 

<作品データ>
製作年:2015年
製作国:日本
上映時間:120分
 
<スタッフ>
監督:牧原亮太郎
原作:伊藤計劃、円城塔
キャラクター原案:redjuice
キャラクターデザイン:千葉崇明
総作画監督:千葉崇明、加藤寛崇
色彩設計:橋本賢
美術監督:竹田悠介
3D監督:西田映美子
撮影監督:田中宏待
編集: 肥田文
音響監督:はたしょう二
音楽:池頼広
主題歌:EGOIST「Door」
アニメーション制作:WIT STUDIO
 
<キャスト>
ジョン・H・ワトソン:細谷佳正
フライデー:村瀬歩
フレデリック・バーナビー:楠大典
アレクセイ・カラマーゾフ:三木眞一郎
ニコライ・クラソートキン:山下大輝
ハダリー・リリス:花澤香菜
M:大塚明夫
ザ・ワン:菅生隆之
 
<イントロダクション>(「Project Itoh」オフィシャルサイトから引用)
夭折の作家・伊藤計劃氏の原作小説3作を連続劇場アニメ化していく一大プロジェクト「Project Itoh」。
盟友・円城塔との共作として没後発表された「屍者の帝国」で幕を開けたこのプロジェクトは、遺作「ハーモニー」と続き、
そしていよいよデビュー作「虐殺器官」で幕を閉じる。
 
<鑑賞チャネル>
TV録画DVD貸与(知人から)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017.07.11

ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏(さえないし)」[全10話](お薦め度★★★)

福田雄一監督らしい、ゆるいナンセンスでおバカなコメディでした。

ゴールデン進出なので、もう少しの盛り上がりを期待したのですが、「勇者ヨシヒコ」シリーズと同じにテンション低めでした。佐藤二朗の起用のいい加減さも同様で、ある意味一貫してます。

小泉今日子の鬼嫁にも注目したのですが、どちらかと言うとぐうたらでかわいいキャラクターに終わっており、印象が薄いのが残念でした。

第8話「鬼嫁が良妻に!?悩めるスーパーウーマンが人生相談」で今大注目の若手女優・永野芽郁がスーパーウーマン役でゲスト出演が観れたのは得した気になりました。

エンディングダンスでは、ももいろクローバーの元メンバーでOL役の早見あかりのキレッキレの踊りに感心しました。

それにしても、福田雄一監督の連続ドラマは録画して、そのまま観る機会を逸します。毎週待ち遠しさが無いところが、鑑賞を継続する妨げになっています(笑)。

<オンエア情報>
日テレ、2017年1月14日~3月18日毎週土曜 よる9時放送。

<スタッフ>
脚本・演出:福田雄一、「勇者ヨシヒコ」、「アオイホノオ」、映画「俺はまだ本気出してないだけ」
音楽:瀬川英史、「勇者ヨシヒコ」、「アオイホノオ」、映画「ビリギャル」
プロデューサー:高 明希「お迎えデス。」、「偽装の夫婦」、「35歳の高校生」、柳内久仁子「花咲舞が黙ってない」、「家売るオンナ」
制作協力:日テレアックスオン
製作著作:日本テレビ

<キャスト>
堤 真一
小泉今日子
ムロツヨシ
島崎遥香
賀来賢人
早見あかり
中村倫也
横山 歩
福島マリコ
富山えり子
金澤美穂
犬飼貴丈
佐藤二朗
笹野高史
高橋克実

<イントロダクション>

原作 藤子・F・不二雄
主演 堤 真一
鬼嫁 小泉今日子
脚本・演出 福田雄一

1週間頑張ったあなたを、全力で労います。

平凡で冴えない中年サラリーマン・左江内さんは、
ある日、怪しい男から、むりやり正義の味方・スーパーヒーローを引き継がされる。
(やりたくなかったんだけど・・・。)

鬼嫁と思春期の娘と息子を持つ父親が世界平和と家庭問題の間で板挟み。

スーパーヒーローになったところで、そう人生うまくはいかない。

正義って、平和って、幸せって、一体、何なんだろう・・・。

現実の理不尽さに葛藤しながら、今日もおじさんヒーロー、頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.10

映画『後妻業の女』(お薦め度★★★)

大竹しのぶの悪女っぷりが物足りません。
ピカレスクの物語をコメディで逃げる監督の感覚が分かりません。金を奪うために犯罪を犯すという本質を避けてしまって、リアリティを感じませんでした。

現実世界では、本作以上の後妻業による凶悪な犯罪が行われています。
社会派サスペンスとして、シリヤスにスリリングに描いてくれたほうが説得力を持ったと思います。

話題性があったのに、中途半端な脚本で残念です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2016
制作国:日本
内容時間:128分

<スタッフ>
監督・脚本:鶴橋康夫
撮影:柳島克己
音楽:羽岡佳

<キャスト>
武内小夜子:大竹しのぶ
柏木亨:豊川悦司
中瀬朋美:尾野真千子
西木尚子:長谷川京子
三好繭美:水川あさみ
舟山喜春:笑福亭鶴瓶
中瀬耕造:津川雅彦
本多芳則:永瀬正敏

<番組紹介/解説>
大竹しのぶ、豊川悦司らが共演し、黒川博行の小説「後妻業」を映画化。2016年8月に公開されて話題を呼んだ、ブラックユーモア悪女コメディ。WOWOW製作参加作品。

小夜子はある結婚相談所が主催する婚活パーティーで出会った男性、中瀬と交際し始め、彼と結婚して妻になるが、中瀬は脳梗塞で他界し、小夜子は中瀬の遺産を相続する。2人いる中瀬の娘のうちのひとり、朋美は小夜子を疑い、弁護士に小夜子のことを調べさせると、小夜子が結婚相談所の所長、柏木と組んで“後妻業”を続けてきた悪女だと分かる。朋美が私立探偵の本多と小夜子の悪行をさらに調べる一方、小夜子は次の標的に近づく。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.09

ブランドを知らない国産メーカーのコードレス掃除機を購入した

ダイソンに続き、国産メーカーのプラスマイナスゼロのコードレス掃除機XJC-Y010-Wを購入しました。5年長期保証を付けて18690円です。

DSC_0106

たまたまJoshin Webがキャンペーンの対象商品を紹介していたので、本機の存在を知りました。

プラスマイナスゼロは2003年に誕生した国産家電メーカーで全く知りませんでした。「±0」のブランドは「ちょうどいい」を表わす記号で、かたち・大きさ・価格が中庸であることを目指しているそうです。

本機の特長はロングノズルを付けて1.3kgという軽量さです。しかもコードレスなので使い勝手は自由自在です。ロングノズルを外せばハンディクリーナーとして、車内掃除も行えます。

DSC_0107

バッテリー充電時間は6時間かかりますが、連続使用時間が標準だと約1時間持ちます。バッテリーパックは取り外しでき、寿命がきたら別売で購入できます(XJB-Y010:8640円)。無駄のない構成です。フロアに縦置きで常備するスタイルが部屋に馴染んでいます。

DSC_0108

早速、充電して試しました。標準は音が静かで、意外に吸引力が良くパワー不足は感じません。1時間も連続使用が可能なのでコード有りのものと遜色なく使えます。掃除後のごみ捨ては本体のダストボックスを外して、フィルターを取ってゴミ箱に捨てます。フィルターにゴミが付いているので手で払います。ワンタッチではないものの、面倒には感じません。

唯一の弱点は、フロアノズルの壁などに当たる接点がゴムやシリコンで無くプラスチックなので、ぶつかったときに予想以上の大きい音を出すところです。なるべく壁やものにぶつからないように動かさなければなりません。

コストパフォーマンに優れ、期待以上の機能で満足できる1台です。ちなみに以前使っていたダイソンは、娘に譲りました。いくら吸引力に優れていてもロングノズルがないため、ハンディクリーナーのみでは、使う範囲が限られていました。

【XJC-Y010基本仕様】

売価:¥18,000(税別)
商品番号:453037(ホワイト)/453044(ライトグリーン)/453051(レッド)/453433(ブルー)
形名:XJC-Y010(W/LG/R/A)
最大外形寸法:ロングノズル+フロアノズル装着時 約H995.0×W200.0×D139.0mm、ハンディーユニット 約H421.0×W114.0×D139.0mm
質量:ロングノズル+フロアノズル装着時 約1.3kg、ハンディーユニット 約1.0kg
ACアダプター:入力:AC100V 50/60Hz 0.5A
出力:DC15V 600mA
消費電力:ハイパワー90W
連続運転時間:ハイパワー 約11分/強25分/標準 約57分
充電時間:約6時間
ダスト ボックス容量:約0.6L
本体・付属品:本体/バッテリーパック/ロングノズル/フロアノズル/隙間ノズル/スタンド/隙間ノズルホルダー/ACアダプター/取扱説明書[保証書付](1)
材質:ABS樹脂(本体)/スチール(スタンド)
製造国:中国

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.08

【ABCクッキング料理基礎クラス01】魚料理①[3/24]

・鯖のみそ煮
・いかと里芋の煮物
・ほうれん草のごま和え
・わかめとネギのおみそ汁

DSC_0101

いかを生まれて初めておろしました。小さい頃に母が頻繁にいかをおろしていたので、その復習として学習した感じです。
知らなかったのは、足を包丁の背でウロコ(ウロコのようなもの?)を取り除く作業でした。また、足先を1〜2cm切ることも学びました。生臭くなくコツさえ掴めば扱いやすい食材ということが理解できました。
魚料理は、きめ細かな下処理が必要で奥深さを感じました。場数を踏んで慣れが必要です。

ところで、出来上がった料理ですが全体的に味がぼやけていてイマイチです。自分で料理するよりも、冷凍食品で頂く方が美味しいのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.07

WOWOWのドラマ「ツイン・ピークス The Return」鑑賞には何故か私怨がある

WOWOWの今年度目玉コンテンツとしてドラマ「ツイン・ピークス The Return」[全18話]が独占放送で7月22日放送開始です。 社会現象とまでなった伝説的ドラマ「ツイン・ピークス」(米:1990〜91年放送)のTVシリーズ最終回でローラがクーパー捜査官に「25年後に会いましょう」と告げた通り25年後の世界を描く新作です。

放送開始前にWOWOWメンバーズオンデマンドで第4話まで先行配信されています。既に第2話の途中まで観ていますが、前作と比べて、サスペンスというよりもホラーが全面に出ていてオドロオドロ過ぎます。今のところ面白く感じません。通常であれば鑑賞を見送るところですが、前作のリベンジとして全部観るつもりです。

リベンジ、前作鑑賞には酷い話がありました。「ツイン・ピークス」が段々と注目され始めて地上波で放送され俺も興味を持ち始めた頃に、職場のトイレで小をしているときに、隣に先輩が来ていきなり「ツイン・ピークスってアメリカのドラマ、犯人は○○なんだぜぇ」と普段会話もないのに、突然のネタばれです。出会い頭の交通事故のようで呆気に取られました。

その先輩はそれだけ言ってトイレを出て行きました。通り魔のような下衆な奴でした。ドラマ好きにとってテロ行為です。後に業務上の上司になるのですが、俺が知っている上司の中で“最低の上司”でした。業務上はいろいろあったのですが、先月退職したので気分はスッキリしています。

ということで、「ツイン・ピークス The Return」はネタばれ無しで鑑賞します。ちなみに前作「ツイン・ピークス」は犯人がわからされたうえでTVシリーズは全部観て、映画『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』も劇場鑑賞しました。ネタばれさえなければ、格段に楽しめたことでしょう(泣)。

以前であれば、テレビ放送を録画して週末に鑑賞するパターンでしたが、オンライン配信が進んでいるのでお昼休みにiPad Proで小刻みに観ています。ただし、エロや暴力などの過激なシーンは職場なので周りに気を使いますが、25年前と違ってドラマ鑑賞は格段の進化を遂げています。

それにしても、親しくない人からのネタばれは絶対に駄目、犯人を教えないでください(笑)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.05

Amazonプライム・ビデオの日本オリジナル作品はあなどれないようだ

民放地上波の新ドラマの第1話は、必ず録画してチェックしています。視聴して面白い予感がしないものは、直ぐに観るのを止めて削除します。御眼鏡にかなったものを毎週鑑賞するようにしています。ほぼ冒頭の数十秒から数分で自分にとって面白いドラマかどうかわかるようになっています。

7月から新ドラマが放送開始されていますが、アニメを相当量放送するTOKYO MXで、珍しく2017年7月3日からドラマ「ベイビーステップ」を放送開始しています。第1話を観ました。出演者は若手俳優ばかりで全員初顔ですが、テニスを扱った学園ものでかなり面白いです。気に入りました。

エンドロールにAmazonプライム・ビデオが記載されていたので、もしやと思いAmazonプライム・ビデオでこのドラマを検索したところ、すでに全10話が配信中でした。なんと1年前からです。

2016年5月31日に、amazonでは次のリリースを出していました。

Amazonビデオ 日本オリジナル作品 新作発表!

プライム・ビデオのオリジナルは貧弱だろうと全く気にもせず見逃していましたが、日本人向けの質の高いエンターテインメント作品をオリジナルで供給しているようです。驚きました。1つのドラマだけで語るのは拙速かもしれませんが、ドラマ好きにとっては、Amazonプライム・ビデオの日本オリジナル作品は必ずチェックしたほうが良さそうです。

まさかコンテンツそのものまで綿密に進出してくるとはあなどれません。そのうち企画力、制作力で民放と肩を並べるかもしれません。

AV Watchの2017年6月27日の記事で、次の新オリジナルドラマが紹介されていました。

プライム・ビデオ新オリジナルドラマは剛力彩芽主演「フェイス」。7月11日配信開始

むむっ、剛力彩芽のドラマならば観なければなるまい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.04

映画『テッド2』(お薦め度★★★★)

ともかく下品です。そして格調高いコメディでした。
前作はほとんど記憶していません。しかし、下品だったのは覚えています。その免疫があるので続編である本作は割と苦になりませんでした(笑)。
 
下ネタから人権裁判まで、予想を上回る内容に感心させられます。ある意味、将来のAIを想定した要素を語っているのか、はたまた単なるギャグなのか、考えさせられつつ笑わしてもらいました。
 
更なる続編も期待したいところです。
 
以下、WOWOWオンラインからの引用。

 
<作品データ>
原題:Ted 2
制作年:2015
制作国:アメリカ
内容時間:116分

<スタッフ>
監督:セス=マクファーレン
製作:セス=マクファーレン、ジェイソン=クラーク、ジョン=ジェイコブス
脚本:セス=マクファーレン、アレック=サルキン、ウェルズリー=ワイルド
撮影:マイケル=バレット
音楽:ウォルター=マーフィ

<キャスト>
テッド/声:セス=マクファーレン
ジョン=ベネット:マーク=ウォールバーグ
サマンサ=ジャクソン:アマンダ=セイフライド
ドニー:ジョヴァンニ=リビッシ
タミ=リン:ジェシカ=バース
パトリック:モーガン=フリーマン
サム=J=ジョーンズ/本人

<番組紹介/解説>
超お下品なクマのぬいぐるみテッドと人間の親友ジョンの友情を描いてヒットした、大人向けコメディ「テッド」の続編。テッドは新たに“人権”を求めて裁判を起こすが……?

ボストン。人間のように話すテディベア、テッドのいちばんの親友は中年男性ジョンだが、彼が妻と離婚して意気消沈する一方、テッドは人間の女性タミ・リンと結婚。1年後、テッドとタミ・リンの仲は険悪で、それを解消しようとテッドは彼女と子どもを持とうと決心。しかしテディベアと人間では子作りはできず、夫妻は養子をもらおうとするが、マサチューセッツ州政府がテッドが人間ではなく物だと認定したため養子はもらえず……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.03

イオントップバリュのスマホが落ちにくいポケット付きポロシャツを購入した

職場の服装はポロシャツワークチノです。ポロシャツは主にユニクロやGUで買いますが、コストダウンを図っているため胸ポケットがありません。スマートフォンは胸ポケットで携帯したいと思っている人間にはとても不便です。
 
これらのポロシャツを着たときは、ワークチノのポケットにハンカチと一緒に入れています。電車の中で座ったときには、直ぐにスマホを取り出すことができずに我慢を強いられます。
 
そんな折、師匠から耳寄りな情報です。ケータイWatchの「スマートフォンの収納に特化した「イオンのポロシャツ」」を教えてもらいました。
 
これは買いです。

DSC_0098

丁度イオンから衣料品が10%割引になるサンキューパスポートがイオンカード会員に送られていたので、ポロシャツ3着買いました。1着税込3110円なので、2799円×3=8397円でした。
 
Lサイズ(胸囲96〜104)です。

DSC_0099

ユニクロやGUはMサイズなのですが、イオンのポロシャツはMサイズだとぱつんぱつんなので、ワンサイズ上にしました。試着させてもらって大正解です。
 
ポケットを入れて正面から撮りましたが、入っているように見えません。

IMG_0503
 
ポケットは二重になっていて、内側の入り口が中ぶた構造で落ちにくくなっています。

IMG_0505
 
商品に付いていたタグを写しました。

IMG_0506

使用されている綿はオーガニックコットンとのことですが、組成は綿50%、ポリエステル50%です。消臭テープが脇に使用されて、汗臭を軽減できる機能付きです。
 
なお、「スマートフォンが落ちにくいポケット」のご使用に際しての注意を転載します。


・ペースメーカーをご使用の方は利用を控えてください。
・胸ポケットの入り口部分の構造(中ぶた)により落ちにくくなっています。
・ポケットに収容できるスマートフォンは下記のサイズの範囲で設計されています。全ての物に対応するものではありません。
ー重さ:50g〜200g
ー大きさ:横8cm以内 縦14cm以内 厚み1cm以内
※上記サイズを超えた物を収納した場合ポケットの破損の原因となりますのでご注意ください。
・スマートフォンの出し入れは、必ず衣服を着用中に行ってください。
・スマートフォンがポケット内に完全に収まっていることを確認してください。
・下記のような場合、正常に収納出来なかったり、スマートフォンが落下する場合があります。
予めご了承のうえ注意してご利用ください。
ー極端な姿勢をとった場合(深く身体を屈伸する、身体を大きくそらせる、激しい運動をする等)
ー服のサイズが大きすぎる、また小さすぎる場合
ー収納物が適切な重さと大きさではない場合
・スマートフォンの落下を完全に防ぐものではありません。破損によるスマートフォン本体および保存データの補償は致しかねます。
<国内実用新案登録番号:3186099>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.02

映画『クリミナルズ』(お薦め度★★)

WOWOWの番組紹介が面白そうだったので観ましたが、面白くありませんでした。
変な編集をしているので事件そのものが良く理解できません。また、主人公の推理が飛びぬけており何が何だか着いていけません。その割に脇が甘すぎるヘンテコなキャラクターで魅力ゼロでした。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:La peur de l'eau
制作年:2012
制作国:カナダ
内容時間:123分

<スタッフ>
監督:ガブリエル=ペルティエ
製作:ニコール=ロベール
脚本:マルセル=ボーリュー
脚本:ガブリエル=ペルティエ
撮影:ニコラ=ボルデュク
音楽:ロラン=エケン

<キャスト>
アンドレ=シュプレナン巡査部長:ピエール=フランソワ=ルジャンドル
サボワ巡査:ブリジット=ポゴナ
ジングラ巡査部長:ノルマン=ダムール
アセリン:ミシェル=ラピリエール
ロザリー:ステファニー=ラポワント

<番組紹介/解説>
海に囲まれた穏やかな島で起きた不可解な殺人。殺人事件など初めて手掛ける地元警察に対し、都会から敏腕刑事が乗り込んでくるが……。地味ながら光る秀作ミステリー。

カナダ東部マドレーヌ諸島の漁業の島。今まで大した事件が起きたこともない平和な島で、2日前から行方不明になっていた市長の娘ロザリーが暴行された末に惨殺されるという事件が起きる。殺人事件を扱ったことのない島の警察署ではモントリオール署に協力を要請、敏腕刑事ジングラ率いる捜査班がやって来る。一方、実直な地元警官のアンドレはジングラたちの方向性に疑問を抱き、無能扱いされながらも独自の捜査を進めていく。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ