« ドラマ「警視庁いきもの係」[全10話](お薦め度★★★) | トップページ | 脆弱性“BlueBorne”対策でXperia XZ SO-01のBluetoothをOFFにする »

2017.09.13

映画『ニック/NICK リベンジ』(お薦め度★★★★)

第1作とは構成を変えてきました。憎い作りです。ラストのハラハラドキドキ感は半端ありません。「ニック」シリーズの第2作快調です。

ニックは圧倒的に強いわけではなく、結構やられます。そのキャラクター設定が生身の人間らしく魅力的です。そのため同僚のアシストが際立って、一匹狼でありながら、孤独でないヒーロー像で描かれています。
捜査情報が漏れているという設定でありながら、単純な構成や展開にしていない脚本の秀逸さに新しさを感じます。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Tatort: Kopfgeld
制作年:2014
制作国:ドイツ
内容時間:94分

<スタッフ>
監督:クリスティアン=アルヴァルト
製作:フリードリヒ=ヴィルトフォイヤー
脚本:クリストフ=ダルンスタット
撮影:ヤクブ=ベイナロヴィッチュ
音楽:マルティン=トードシャローヴ

<キャスト>
ニック=チラー:ティル=シュヴァイガー
ヤルシン=グメル:ファーリ=ヤルディム
イネス=カルバイ:ブリッタ=ハンメルシュタイン
レニー=チラー:ルナ=シュヴァイガー
ハンナ=レナルツ州検事:エディタ=マロヴチッチ
イザベラ:シュテファニー=スタッペンベック
フィラト=アスタン:エルダル=イルディズ
イスマル=アスタン:シャヒン=エリルマズ

<イントロダクション>
T・シュヴァイガー主演の刑事アクション第2弾。犯罪組織アスタン団は宿敵ニックの首に賞金を懸けた。やがて元妻や恋人までが事件に巻き込まれ、ニックの怒りが爆発する。
「イングロリアス・バスターズ」などのシュヴァイガーが、ハンブルクのはみ出し刑事ニックを熱演するハードアクション第2弾。TVムービーとして4作が作られた後、人気を受けて劇場版も作られた。「パンドラム」で注目されたC・アルヴァントが監督、「es[エス]」で脚光を浴びたC・ダルンスタットが脚本をそれぞれシリーズを通して務めている。アスタン団を率いるアスタン兄弟との因縁をはじめ、前作で事件を担当した女性検事とニックが恋仲になっているなど、シリーズものならではの深まるドラマも見どころ。

<放送内容>
T・シュヴァイガー主演の刑事アクション第2弾。犯罪組織アスタン団は宿敵ニックの首に賞金を懸けた。やがて元妻や恋人までが事件に巻き込まれ、ニックの怒りが爆発する。
激しい戦いの末、犯罪組織アスタン団を率いる兄フィラトと弟イスマルのアスタン兄弟を刑務所へと送り込んだ刑事ニック。だがフィラトは刑務所内から糸を引き、ニックの首に賞金を懸けて復讐を開始する。ある時、ニックの車に爆薬が仕掛けられ、彼と元妻イザベラがあわや爆殺されるところを間一髪で逃れる。だが復讐はそれだけでは終わらず、今度はニックと恋仲になっていた州検事ハンナが組織の男たちに襲撃されて……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« ドラマ「警視庁いきもの係」[全10話](お薦め度★★★) | トップページ | 脆弱性“BlueBorne”対策でXperia XZ SO-01のBluetoothをOFFにする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/65787368

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ニック/NICK リベンジ』(お薦め度★★★★):

« ドラマ「警視庁いきもの係」[全10話](お薦め度★★★) | トップページ | 脆弱性“BlueBorne”対策でXperia XZ SO-01のBluetoothをOFFにする »