« 映画『Seventh Code セブンス・コード』(お薦め度★★) | トップページ | 映画『ニック/NICK アウトサイダー』(お薦め度★★) »

2017.09.28

映画『超高速!参勤交代 リターンズ』(お薦め度★★★)

前作『超高速!参勤交代』が新感覚な時代劇を創造してくれたと評価していたのですが、続編は暗殺だとか爆殺だとか漫画のような作り話にレベルダウンしてしまいました。前作に感じられたリアリティがほとんど無くなっています。

ヒットしたからすぐに続編が作られたのでしょうが、もっと脚本を練ってもらいたかったと思います。

折角、新境地を開拓したのに自らその道を閉ざしてしまったような勿体なさを感じます。非常に残念です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2016
制作国:日本
内容時間:120分

<スタッフ>
監督:本木克英
脚本:土橋章宏
撮影:江原祥二
音楽:周防義和

<キャスト>
内藤政醇:佐々木蔵之介
お咲:深田恭子
雲隠段蔵:伊原剛志
荒木源八郎:寺脇康文
鈴木吉之丞:知念侑李
徳川吉宗:市川猿之助
松平輝貞:石橋蓮司
松平信祝:陣内孝則
相馬兼嗣:西村まさ彦

<イントロダクション>
コミカル時代劇「超高速!参勤交代」の続編。老中の陰謀で湯長谷藩が取りつぶしの危機に陥り、藩主と家臣たちの逆襲が始まる。佐々木蔵之介ら前作のキャストが再集結。

幕府からたった5日間での参勤を命じられた貧乏藩、湯長谷藩の武士たちが奇想天外な方法で参勤に成功する姿を描いたヒット作「超高速!参勤交代」の続編。前作のラストから始まり、陣内孝則演じる老中松平信祝のさらなる陰謀に佐々木演じる藩主の内藤以下、家臣たちがどう立ち向かうかが見どころ。彼らの前に立ちはだかる尾張柳生家の刺客との戦いなどハードなアクションに加え、軽快なテンポで繰り広げられるやり取りにキャストが見せる息の合ったコメディ演技など、安定感抜群の面白さは前作に勝るとも劣らずだ。

<放送内容>
コミカル時代劇「超高速!参勤交代」の続編。老中の陰謀で湯長谷藩が取りつぶしの危機に陥り、藩主と家臣たちの逆襲が始まる。佐々木蔵之介ら前作のキャストが再集結。
参勤を終えた内藤らは湯長谷藩に戻ろうと江戸を発つ。だが牛久宿に着いた一行は、湯長谷で一揆が起こり、2日以内に事を収めなければ藩が取りつぶされると知る。かくして一行はまたもや超高速で、今度は湯長谷へと急ぐことに。一方、江戸では将軍吉宗の日光社参の恩赦により、老中松平信祝の蟄居が解かれていた。湯長谷藩への復讐に燃える信祝は、尾張柳生家を使って湯長谷城を乗っ取り、さらに世の中を揺るがす謀略を企てる。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« 映画『Seventh Code セブンス・コード』(お薦め度★★) | トップページ | 映画『ニック/NICK アウトサイダー』(お薦め度★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/65849209

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『超高速!参勤交代 リターンズ』(お薦め度★★★):

« 映画『Seventh Code セブンス・コード』(お薦め度★★) | トップページ | 映画『ニック/NICK アウトサイダー』(お薦め度★★) »