« 磯丸水産 渋谷道玄坂店で飲みました | トップページ | 映画『ザ・コンサルタント』(お薦め度★★★) »

2017.11.23

映画『ザ・スクワッド』(お薦め度★★★)

ハラハラドキドキの連続でなかなか楽しめます。
ただし、特殊捜査チームのチームワークの解釈が日本と大幅に違っていて、馴染めませんでした。また、倫理観の違いも違和感があります。フランス人の感覚にはついて行けません。

ちょっとガッカリしたのは、ジャン=レノの老いでした。歩くシーンでヨボヨボ感があり、ハードアクションには不釣り合いです。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Antigang
制作年:2015
制作国:フランス・イギリス
内容時間:93分

<スタッフ>
監督:バンジャマン=ロシェ
製作:ラファエル=ロシェ、アンリ=ドゥブールム、ティエリー=デミシェルほか
脚本:トリスタン=シュルマン
撮影:ジャン=フランソワ=アンジャン
音楽:ローラン=ペレズ=デル=マール

<キャスト>
セルジュ:ジャン=レノ
マルゴー:カテリーナ=ムリーノ
カルティエ:アルバン=ルノワール
ベッカー:ティエリー=ヌーヴィック
リッチ:ステフィ=セルマ

<イントロダクション>
伝説的な鬼刑事率いるパリ警視庁の特殊捜査チームと、彼らの宿敵たる凶悪な武装強盗団が、パリの市街を舞台に死闘を展開。「レオン」のJ・レノ主演のハードアクション。

もともと本作は、1970年代に放映されたイギリス製の人気TVシリーズ「ロンドン特捜隊スウィーニー」をもとに作られた2012年の映画「ロンドン・ヒート」を、物語の舞台をロンドンからパリに移してリメイクしたもの。警視庁の特殊捜査チームを率いて情け容赦のない過激な捜査を繰り広げ、犯罪者たちから恐れられる一方で、その強引な手法が問題視もされてきた主人公の鬼刑事を、「レオン」でおなじみのレノが渋い男の魅力たっぷりに熱演。パリ市街を舞台に繰り広げられる派手な銃撃戦やカーチェイスも見もの。

<放送内容>
伝説的な鬼刑事率いるパリ警視庁の特殊捜査チームと、彼らの宿敵たる凶悪な武装強盗団が、パリの市街を舞台に死闘を展開。「レオン」のJ・レノ主演のハードアクション。

パリ警視庁の特殊捜査チームを率いてこれまで数々の武勇伝を打ち立ててきた伝説の鬼刑事セルジュ。ある日、宝石店で凶悪な強盗殺人事件が発生。セルジュは、過去に宿縁のあるカスペールが主犯とにらみ、強引な手法で彼を逮捕する。しかし決定的な証拠が見つからず、カスペールは釈放される一方、セルジュは誤認逮捕の責任を問われてチームとともに捜査から外されてしまう。そんな折、似たような手口の強盗事件が再び発生し…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« 磯丸水産 渋谷道玄坂店で飲みました | トップページ | 映画『ザ・コンサルタント』(お薦め度★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/66079064

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ザ・スクワッド』(お薦め度★★★):

« 磯丸水産 渋谷道玄坂店で飲みました | トップページ | 映画『ザ・コンサルタント』(お薦め度★★★) »