« Wi-Fiルーターを追加購入して、従来のものを中継機として利用する | トップページ | 映画『獣は月夜に夢を見る』(お薦め度★★) »

2017.12.04

女性シンガーAimer(エメ)を10月から知り、注目している

Google Play Musicの10月のトップチャートでAimer(エメ)という女性シンガーを初めて知り、そこから毎日聴いています。トップチャートに登場したのは、2017年10月11日に13枚目シングルが発売されてたからでした。「ONE」「花の唄」「六等星の夜」「糸」の4曲が収録されています。 
 
特に気になったのが「ONE」でした。
 
ミュージックビデオをYouTubeで視聴しました。女子高生たちが旗を振ったマスゲームを中心に、ギターをかき鳴らすドラムを叩く、踊るなどのパフォーマンスがダイナミックに描かれています。前向きで元気をくれる内容です。

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)のJR SKISKI CMソング「Memories」に似たアップテンポな楽曲です。
 
この曲だけだとロック歌手かと思ったのですが、13枚目シングルの他の3曲は一転して切々と歌い上げる曲調です。心に刺さる歌詞と物寂しげな歌声に癒されます。「花の唄」は映画の主題歌だそうですが、選んだ映画製作陣のセンスは大したものです。
 
Google Play Musicで過去の楽曲を「エメ」と名前をつけてプレイリストを作りました。重複がありますが97曲を保存しています。かなりのキャリアを持った歌手のようです。まだ全部を聴き込んだわけではないのですが、13枚目シングルはかなり出来が良いようです。今までAimer(エメ)は全く聴いたことがなく、これだけのシンガーがノーマークだったことに驚いています。実力のある歌姫と出会えて幸運です。
 
ところで、Google Homeで聴こうと「エメ」と指示するのですが、認識してくれません。マイ アクティビィティでは「今」や「愛媛」と誤変換されています。たまに「エメ」と認識できても、「エメ」のプレイリストが再生されません。何十回も失敗していたところ、息子がアルファベットで言うと認識すると教えてくれて、それからは「エー、アイ、エム、イー、アール」と指示しています。そうすると1発で「エメ」のプレイリストを再生してくれます。なかなかGoogle Homeは思い通りに音声コントロールができません。ちなみに「Google Play Musicのトップチャート再生」は未だにできません。


 
「ONE / 花の唄 / 六等星の夜 Magic Blue ver.」(オフィシャルサイトから引用)
 
2017年5月に2枚同時リリースされたベストアルバム「blanc」「noir」がロングセールスを記録中のAimer。約1年ぶりとなる通算13枚目のシングルをリリース。
 
シングルとしては久々のアップテンポナンバーとなる新曲「ONE」、劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」Ⅰ.presage flower主題歌「花の唄」(梶浦由記プロデュース)、デビュー曲「六等星の夜」新アレンジバージョンの3曲を掲げたトリプルA面シングル。カップリングにはトヨタホームCMソングとなっている「糸」(中島みゆきカバー)も収録。

|

« Wi-Fiルーターを追加購入して、従来のものを中継機として利用する | トップページ | 映画『獣は月夜に夢を見る』(お薦め度★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/66122524

この記事へのトラックバック一覧です: 女性シンガーAimer(エメ)を10月から知り、注目している:

« Wi-Fiルーターを追加購入して、従来のものを中継機として利用する | トップページ | 映画『獣は月夜に夢を見る』(お薦め度★★) »