« ドラマ「忘却のサチコ」(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『クリムゾン・ピーク』(お薦め度★★★) »

2018.01.05

映画『トレインスポッティング』(お薦め度★★)

伝説の映画をようやく観ました。
主人公がトイレの便器から這い出すシーンが有名ですが、自分には合わない作品と考え避けてきました。21年ぶりに続編が制作され、今年1月にWOWOWで放映されるということでの鑑賞です。

青春映画ですが、やっぱりとんでもない内容です。
ドラッグとSEXばかりで、最後は本格的に犯罪に手を染める群像劇で救いがありません。1996年の公開当時に大ヒットしたとのことですが、全く理解出来ません。

どうしようもない生き方をする主人公ですが、ユアン=マクレガーなので何とか許されたとしか思えない作品です。

俺には面白いと思えません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Trainspotting
制作年:1996
制作国:イギリス
内容時間:94分

<楽曲情報>
プライマル・スクリーム:Trainspotting
ブラー:Sing
パルプ:Mile End
アンダーワールド:Born Slippy
ニュー・オーダー:Temptation ほか

<スタッフ>
監督:ダニー=ボイル
製作:アンドリュー=マクドナルド
脚本:ジョン=ホッジ
撮影:ブライアン=トゥファノ
編集:マサヒロ=ヒラクボ

<キャスト>
マーク=レントン:ユアン=マクレガー
ベグビー:ロバート=カーライル
シック=ボーイ:ジョニー=リー=ミラー
スパッド:ユエン=ブレムナー
トミー:ケヴィン=マクキッド
ダイアン:ケリー=マクドナルド
マイキー:アーヴィン=ウェルシュ

<イントロダクション>
絶望的な日々でもいきいきと生きる若者たちを描き、世界中の若者の共感を呼んだ人気青春映画。監督は「スラムドッグ$ミリオネア」のD・ボイル。2017年に続編が誕生。

明日は見えないが生きる喜びは失わない、そんな登場人物陣の生きざまを先鋭的な映像や音楽に乗せて綴り、公開当時、世界中の若者が熱狂。E・マクレガー、R・カーライルらキャストも本作がブレイクのきっかけになった。ブラー、パルプら、当時のUK音楽シーンの旋風児が集結したサントラ盤も大ヒット。監督は「シャロウ・グレイブ」に続く本作がまだ監督2作目だったボイル。日本でも1996年に東京・渋谷で単館公開されるやいなや、若い観客がどっと劇場に押し寄せて記録的ヒットとなったのは、今なお伝説的だ。

<放送内容>
絶望的な日々でもいきいきと生きる若者たちを描き、世界中の若者の共感を呼んだ人気青春映画。監督は「スラムドッグ$ミリオネア」のD・ボイル。2017年に続編が誕生。

冴えない生活の中で、なかなか麻薬をやめられない若者レントンとその仲間たち、スパッド、シック・ボーイ、トミーらは、うだつの上がらない毎日を送っている。何度目かの“麻薬断ち”に失敗した直後、万引きで警察に逮捕されたレントンは釈放後、今度こそ本気で麻薬をやめようと決心。ひとりでロンドンに引っ越し、不動産業の店に就職する。しかし、まっとうな道に進めないままでいる以前の仲間たちがそこに追いかけてきて……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« ドラマ「忘却のサチコ」(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『クリムゾン・ピーク』(お薦め度★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/66251324

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『トレインスポッティング』(お薦め度★★):

« ドラマ「忘却のサチコ」(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『クリムゾン・ピーク』(お薦め度★★★) »