« 電子レンジの後継はPanasonic エレック NE-MS234にした | トップページ | Google HomeをBluetoothスピーカーとして使う »

2018.01.15

ドラマ「超限定能力」(お薦め度★★)

超能力が限定されているというおバカなアイデアとタイトルが優れていますが、内容がネガティブで残念な作品です。公募なので手堅くまとめる必要があったのかもしれませんが、構成要素が良かっただけにコメディに振らないのは勿体無いとしか言いようがありません。

2017年の年末に再放送されることを知り、ドラマ「こえ恋」で共演していた竜星涼と永野芽郁が出演しているので観ました。本作のほうが、ドラマ「こえ恋」よりも先です。

プロデューサーの手腕でしょうか、太賀を含めた主要メンバーの3人のキャスティングは良かったです。ドラマそのものはそれなりにまとまっていました。

以下、オフィシャルサイトから引用。

<オンエア情報>
フジテレビ、2015年12月21日0:45~1:45放送。第27回フジテレビヤングシナリオ大賞受賞作。2017年12月12日再放送。

<スタッフ>
脚本:青塚美穂
演出:野田悠介
プロデュース:高田雄貴
協力プロデュース:関口修平

<キャスト>
秋山舜太郎(21) 竜星 涼
斉藤宜秀(22) 太賀
橋田美雪(16) 永野 芽郁
謎のサラリーマン ルー大柴
駅名のないサラリーマン ダンディ坂野
大澤理恵(38) 紺野 まひる

<イントロダクション>
「あー、疲れた!座りたい!」
電車の中でそんなこと思った経験ありませんか?誰しもが電車に乗った時に抱くささやかな願望。そんな能力がある日突然自分に備わったら…?という妄想をドラマ化したのが本年度のヤングシナリオ大賞「超限定能力」です。

主人公・秋山舜太郎に今最も勢いのある若手正統派俳優・竜星 涼(映画「orange」)、主人公の親友・斉藤宜秀に若手俳優随一の演技力で注目を浴びている太賀(「恋仲」)、そしてキーマンとなる女子高生・橋田美雪に溢れ出る愛らしさと華やかさで各所にひっぱりだこの永野 芽郁(映画「俺物語!!」)といった、今後の活躍がますます期待されるメンバーが勢揃いしました。
今年もっともフレッシュで瑞々しいドラマとなっております。

秋山舜太郎は、都内の三流大学に通う大学4年生。就職先も親のコネでなんとなく決まり、漫然と日々を過ごす。ただ、とにかく卒業するため単位を取らなくてはならず、親友の斉藤宜秀に甘えまくっているものの、何日かは満員電車で大学に通っている。そんな彼はある日車内で頭をぶつけ、気を失ってしまう。目覚めると乗客の頭に駅名を示した文字が見えるようになる。
やがて彼はそれが「その乗客が降りる駅」なのだと分かる。電車の中でしか発揮されないこの能力だが、舜太郎はラクして電車で座れるようになり、その能力を楽しむ。
そんなある日、舜太郎は「頭上に駅名が浮かばない」男を見かける。疑問に思った舜太郎は好奇心からその「例外」の男の後をつけていくが…

舜太郎はこの不思議な能力を通じて、就職選考で残り2社しか残っていない親友・斉藤宜秀、もう一人の「駅名が出ない」乗客・橋田美雪など、人生に悩み葛藤する人々の想いに触れ、彼自身の人生の新たな一歩を踏み出していく・・・。

|

« 電子レンジの後継はPanasonic エレック NE-MS234にした | トップページ | Google HomeをBluetoothスピーカーとして使う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/66284349

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「超限定能力」(お薦め度★★):

« 電子レンジの後継はPanasonic エレック NE-MS234にした | トップページ | Google HomeをBluetoothスピーカーとして使う »