« 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』(お薦め度★★) | トップページ | 【ABCクッキング料理基礎クラス04】肉料理②[8/24] »

2018.02.07

弘中綾香アナウンサーの「激レアさんを連れてきた。」での毒舌キャラと「ミュージックステーション」での清純派キャラとのギャップに萌える

テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーは、出演している番組によってキャラに大きな違いがあり、そのギャップは半端ありません。

彼女に関してはほとんど気にならなかったのですが、昨年(2017年)10月2日からスタートした深夜バラエティ「激レアさんを連れてきた。」(毎週月曜よる23:15~24:15放送)を観たことで自己主張をする彼女に俄然興味がわきました。既に18回放送されており、毎回録画して観ています。バラエティ番組の中でも極めて良く出来た内容で、毎週放送を楽しみにしています。

公式サイトから番組概要を引用します。

【番組概要】
“激レア”な体験をした人=激レアさんを“研究サンプル”として採集。
マンガのような実話・実体験話を聴き、ウソみたいな状況に対処できる人材の育成をめざします。
『九死に一生を得た』や『前代未聞のおバカ事件』まで、その時何が起きて、どう行動したのか?
笑いと驚きにリアルに役立つ知識も交えて トコトン研究していきます!

研究員 若林 正恭(オードリー)
研究助手 弘中 綾香(テレビ朝日アナウンサー)

毎回登場する激レアさんの話は興味深く、驚きの連続です。あり得ないとんでもない経験をしたものだなぁ~と毎回感心させられます。

ところで、その激レアさんの奇天烈な話もさることながら、番組を進行する弘中綾香アナウンサーがとても刺激的です。

ホワイトボードの前に白衣を着て学校の教師のごとく、激レアさんの行動を箇条書きしたマグネットボードをホワイトボードに貼りながら、研究員とゲストに授業を行います。

その授業は毒舌を交えながら軽快でコミカルに進行させます。仕切りは見事です。特に、オードリーの若林をいじるときの大胆なドSぷりは水を得た魚のようです。笑えます。助手という肩書はあってないようなもので、伸び伸びとしています。

弘中 綾香アナウンサーに関しては、以前から「ミュージックステーション」のアシスタントとしてタモリの横にいるアナウンサーだなというだけで、特に特徴がある人物には思って来ませんでした。見た目が小柄でかわいらしく、しっかりと仕切り、あまり余計なことは話さない控えめな印象しかありませんでした。

しかし、「激レアさんを連れてきた。」での登場で自由闊達な彼女に興味が出て注目するようになりました。「ミュージックステーション」での清純派な佇まいとのギャップを楽しむため、最近では弘中綾香アナウンサーを目当てに「ミュージックステーション」を録画しています。

「激レアさんを連れてきた。」で見せる素のキャラクターを知れば知るほど、「ミュージックステーション」での彼女はぶりっ子にしか感じられず、ずいぶんと猫をかぶっているように感じられ、おかしくてたまりません。

「激レアさんを連れてきた。」がきっかけで、テレビ朝日アナウンサーの新エースに化けるかもしれません。今後が楽しみです。

|

« 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』(お薦め度★★) | トップページ | 【ABCクッキング料理基礎クラス04】肉料理②[8/24] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/66369449

この記事へのトラックバック一覧です: 弘中綾香アナウンサーの「激レアさんを連れてきた。」での毒舌キャラと「ミュージックステーション」での清純派キャラとのギャップに萌える:

« 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』(お薦め度★★) | トップページ | 【ABCクッキング料理基礎クラス04】肉料理②[8/24] »