« 2018春の新ドラマでフジテレビがいよいよ復活を遂げている! | トップページ | 映画『イップ・マン 継承』(お薦め度★★★) »

2018.04.12

映画『イップ・マン 葉問』(お薦め度★★★★)

第2弾は、第1弾と較べてより娯楽性が高まって、従来からありがちなカンフーアクション映画になりました。そのため、リアリティが後退しています。

敵役は日本人からイギリス人に変わり、空手からボクシングでの死闘になり見た目の激しさが強調されました。

異種格闘技で、体格的に主人公が不利にもかかわらず、まるで「ロッキー」シリーズのような展開です。

男同士の義理人情が描かれていて、ぐっと来ます。東洋的というのでしょうか、日本人にも共感出来る物語でした。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:葉問2
制作年:2010
制作国:香港
内容時間:109分

<スタッフ>
監督:ウィルソン=イップ
製作:レイモンド=ウォン
脚本:エドモンド=ウォン
撮影:プーン=ハンサン
音楽:川井憲次

<キャスト>
イップ・マン:ドニー=イェン
ホン:サモ=ハン
ウォン:ホァン=シャオミン
イップ・マンの妻:リン=ホン
ツイスター:ダーレン=シャラヴィ

<イントロダクション>
あのブルース・リーの唯一の師匠であった中国武術の達人Y・マンの人生をD・イェンの主演で描いたカンフー・アクションの続編で、前作以上の大ヒットを記録した痛快作。

日中戦争の時代の中国広東省を舞台に、若き日のマンの誇り高き姿を鮮烈に描いた前作に引き続いて、本作で物語の舞台となるのは、1950年、当時イギリスの植民統治下にあった香港。今回は横暴なイギリス人ボクサーを相手にマンが中国武術の誇りを懸けて死闘に挑む。イェンが再び主人公を好演する一方、本作の武術指導も兼任するサモ・ハンがやはり中国武術の師匠役で劇中出演し、中盤でイェンと白熱の激闘を披露。前作を上回る爆発的ヒットとなり、中国では2010年上半期の中国映画興収No.1を記録した。

<放送内容>
あのブルース・リーの唯一の師匠であった中国武術の達人Y・マンの人生をD・イェンの主演で描いたカンフー・アクションの続編で、前作以上の大ヒットを記録した痛快作。

1950年、妻子を連れて、中国の広東省からイギリスの植民統治下の香港へと移住した詠春拳の達人マン。早速彼は道場を開き、次第に多くの弟子が集まるようになる。香港の武術界を仕切る洪拳の師範ホンは、それを聞いて、この地で道場を開くには各門派の師範たちの挑戦を受けなければならないと、マンに通告。マンは師範たちを次々と倒した末、ホンと対決。さらにマンは、横暴なイギリス人ボクサー、ツイスターとの死闘に挑む。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« 2018春の新ドラマでフジテレビがいよいよ復活を遂げている! | トップページ | 映画『イップ・マン 継承』(お薦め度★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/66603978

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『イップ・マン 葉問』(お薦め度★★★★):

« 2018春の新ドラマでフジテレビがいよいよ復活を遂げている! | トップページ | 映画『イップ・マン 継承』(お薦め度★★★) »