« 映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』(お薦め度★★★★) | トップページ | 映画『ヒッチハイク・キラー』(お薦め度★★★) »

2018.04.23

シンガーソングライター・ぼくのりりっくのぼうよみの才能に驚いた

今年1月に放送されたTVアニメ「刻刻」のエンディングテーマ「朝焼けと熱帯魚」の斬新さに驚いて、それからGoogle Play Musicでぼくのりりっくのぼうよみ(略すと「ぼくりり」)の楽曲を最近毎日聴いています。

ヒップホップのジャンルになるようですが、曲によってはジャズのようでもあるし、J-POPとは一線を画する曲調で、その独創性に驚かされます。

ともかくハイセンスなメロディで、1998年生まれながら老獪さも兼ね備えておりその才能に驚かされます。唱法のテクニックもなかなかです。

2015年12月16日に、1stアルバム『hollow world』でメジャーデビューしたそうで、当時は17歳の現役高校3年生でした。早熟ですね。

Aimer(エメ)米津玄師と並んで、ぼくりりは最近のお気に入りです。この半年で3人を知りました。Aimerと同様にGoogle Play Musicで全曲配信しているようなので、CDは購入していません。サブスクリプション(定額制聴き放題)配信サービスとともに、新しい才能が台頭して来ています。

|

« 映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』(お薦め度★★★★) | トップページ | 映画『ヒッチハイク・キラー』(お薦め度★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/66643929

この記事へのトラックバック一覧です: シンガーソングライター・ぼくのりりっくのぼうよみの才能に驚いた:

« 映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』(お薦め度★★★★) | トップページ | 映画『ヒッチハイク・キラー』(お薦め度★★★) »