« さくらんぼのパンナコッタを初めて作る | トップページ | ペリエ千葉が6/28にグランドオープンしたので覗いた »

2018.06.27

映画『ラストコップ THE MOVIE』(お薦め度★★★)

おバカでナンセンスな刑事バディ・コメディが映画でスケールアップして帰ってきました。
連続TVドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」の世界がそのままに延長されており、安心して楽しめました。

物語を完結させるために、しっかりとした続きものになっています。しかも、今流行りの人工知能のキャラクターがおバカ過ぎです。本当に頭を使わずに笑えます。

何と言ってもマルチエンディングと呼ぶ?10パターンのラストは思い切り振り切っていて、超しつこいです。制作陣に愛された作品だったのが良くわかりました。

お金がかかっていてドハデですが、評価は変えません(笑)。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2017
制作国:日本
内容時間:117分

<スタッフ>
監督:猪股隆一
脚本:佐藤友治
撮影:迫信博
音楽:得田真裕

<キャスト>
京極浩介:唐沢寿明
望月亮太:窪田正孝
鈴木結衣:佐々木希
神野晴彦:小日向文世
鈴木加奈子:和久井映見
西園寺春孝:加藤雅也
藤崎誠吾:吉沢亮

<イントロダクション>
唐沢寿明と窪田正孝が凸凹刑事コンビを演じた人気ドラマシリーズの劇場版。AIを悪用したテロ予告の影響で厳戒態勢が敷かれる中、最強のコンビが事件に立ち向かうが……?

長い昏睡状態から目覚めた前世代の刑事が、相棒の若手刑事とともに事件を解決していくドイツの人気TVシリーズをベースに、コメディ要素を加えてアレンジした日本版ドラマの劇場版。県警に導入予定の人工知能ロボットが某人気キャラクターそっくりだったり、「刑事の勘だ!」というせりふを決め顔で言う唐沢演じる京極が1980年代のギャグを披露するといった遊び感覚が楽しい。窪田との息の合ったコンビネーションで笑わせながらも、シリアスなシーンではグッとさせる唐沢の役者としての本領が発揮されている。

<放送内容>
唐沢寿明と窪田正孝が凸凹刑事コンビを演じた人気ドラマシリーズの劇場版。AIを悪用したテロ予告の影響で厳戒態勢が敷かれる中、最強のコンビが事件に立ち向かうが……?

30年の昏睡状態から奇跡的に目覚めた神奈川県警の刑事・京極は、ゆとり世代の若手刑事の望月を相棒に難事件を解決してきたが、超人的なパワーを見せてきた京極の体は限界に近づいていた。京極は残り少ない時間を使い、自分の娘・結衣と望月の結婚を実現させようとする。一方、県警には最新鋭の人工知能ロボットが試験的に導入されるが、開発者・西園寺の助手である藤崎はAIを悪用したテロを計画し……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« さくらんぼのパンナコッタを初めて作る | トップページ | ペリエ千葉が6/28にグランドオープンしたので覗いた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/66876702

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ラストコップ THE MOVIE』(お薦め度★★★):

« さくらんぼのパンナコッタを初めて作る | トップページ | ペリエ千葉が6/28にグランドオープンしたので覗いた »