« 映画『カーズ/クロスロード』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『バーフバリ 王の凱旋』(お薦め度★★★★★) »

2018.08.12

映画『バーフバリ 伝説誕生』(お薦め度★★★)

コテコテのデフォルメされた大河ドラマです。
国内のインドでメガヒットした作品ということで興味を持ちました。

ともかく劇画調の人間離れしたアクションです。ここまで誇張されるとある意味コメディとして観てしまいます。

インド映画と言えば、真っ先に『ムトゥ 踊るマハラジャ』を思い浮かべます。本作はこれを超える作品では無いようです。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Baahubali: The Beginning
制作年:2015
制作国:インド
内容時間:138分

<スタッフ>
監督・脚本:S=S=ラージャマウリ
原案:V=ヴィジャエーンドラ=プラサード
撮影:K=K=センティル=クマール
音楽:M=M=キーラヴァーニ

<キャスト>
シヴドゥ(マヘンドラ・バーフバリ)/アマレンドラ=バーフバリ:プラバース
バラーラデーヴァ:ラーナー=ダッグバーティ
アヴァンティカ:タマンナー
カッタッパ:サティヤラージ
シヴァガミ:ラムヤ=クリシュナ
ビッジャラデーヴァ:ナーサル
サンガ:ロヒニ

<イントロダクション>
インドで当時歴代最高の興収記録を打ち立てた冒険スペクタクル2部作の第1部。殺された偉大な王の息子である青年が、自らの正体を知らぬまま波乱の運命を歩み出す。

王宮の反乱からひとり逃がされた赤ん坊が、心優しい夫婦に育てられ、やがて自らを待つ運命を知る。「マッキー」のS・S・ラージャマウリ監督が2部作で描く叙事詩的英雄譚の第1部。主人公が天にも届かんとする大滝を素手で登る序盤から出生の秘密を知る中盤、そして伝説の英雄だった父王の人生を描く後半まで全編クライマックスのような熱量に圧倒される。特に数倍もの敵の大軍を相手に父王が無双の活躍を見せる合戦場面のスペクタクルは見もの。完結編「バーフバリ 王の凱旋」が一刻も早く観たくなることだろう。

<放送内容>
インドで当時歴代最高の興収記録を打ち立てた冒険スペクタクル2部作の第1部。殺された偉大な王の息子である青年が、自らの正体を知らぬまま波乱の運命を歩み出す。

王宮で争いが起こり、生まれて間もない赤ん坊の王子が貴婦人シヴァガミの命と引き換えにひとり逃がされる。赤ん坊は村人の夫婦に拾われ、シヴドゥと名付けられた。やがてたくましい青年に成長したシヴドゥは、村のそばにそそり立つ大滝の向こうに広がる世界に憧れを抱き、母に厳しく禁止されながらも、ついに滝の上にたどり着く。そこで彼は、暴王バラーラデーヴァと戦う反乱組織の女性戦士アヴァンティカに出会い、恋に落ちる。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« 映画『カーズ/クロスロード』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『バーフバリ 王の凱旋』(お薦め度★★★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/67049857

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『バーフバリ 伝説誕生』(お薦め度★★★):

« 映画『カーズ/クロスロード』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『バーフバリ 王の凱旋』(お薦め度★★★★★) »