« 定額制音楽配信サービス時代ならではの「とっておきのプレイリストの作り方」を紹介します | トップページ | 「胃がんリスク検査」を自宅で検査キットを使って行った »

2018.11.08

角川インターネット講座【全15巻合本版】を3年かけて読破した

Kindle 版をセールで2016年1月24日に2700円で購入していました。通常価格が19440円なので驚異の86%引きでした。それから1,019日間かけて読み終わりました。Kindle 版でなければ消化できない圧倒的なボリュームです。

インターネットが登場して40年経ちますが、世界を劇的に進化させインターネットなくしては成り立たない社会に変貌させています。

さらに、インターネットによって人類がどこまで進化していくものなのか、計り知れない未来を考えるうえで、インターネットを様々な分野から深く解説し、将来の展望を示す現代人の教科書とも言える内容です。

発行所:株式会社KADOKAWA
発行日:2015年11月25日
サイト:https://kci-salon.jp/

内容紹介
全貌をつかみにくい巨大なネット社会を、設計と思想、文化、ビジネス、最新技術など15のテーマで概説。過去に類のない画期的なシリーズ!

■執筆者・代表監修者
【1巻】「インターネットの基礎」 村井純(慶應義塾大学環境情報学部長)
【2巻】「ネットを支えるオープンソース」 まつもとゆきひろ(プログラマー、Ruby設計者)
【3巻】「デジタル時代の知識創造」 長尾真(元京都大学総長、京都大学名誉教授)
【4巻】「ネットが生んだ文化」 川上量生(カドカワ株式会社代表取締役社長、角川アスキー総合研究所主席研究員)
【5巻】「ネットコミュニティの設計と力」 近藤淳也(株式会社はてな代表取締役会長)
【6巻】「ユーザーがつくる知のかたち」 西垣 通(東京経済大学コミュニケーション学部教授、東京大学名誉教授)
【7巻】「ビッグデータを開拓せよ」 坂内正夫(国立研究開発法人情報通信研究機構理事長、東京大学名誉教授)
【8巻】「検索の新地平」 高野明彦(国立情報学研究所教授、東京大学大学院コンピュータ科学専攻教授)
【9巻】「ヒューマン・コマース」 三木谷浩史(楽天株式会社代表取締役会長兼社長)
【10巻】「第三の産業革命」 山形浩生(野村総合研究所研究員)
【11巻】「進化するプラットフォーム」 出井伸之(クオンタムリープ株式会社CEO)
【12巻】「開かれる国家」 東浩紀(思想家、ゲンロン代表)
【13巻】「仮想戦争の終わり」 土屋大洋(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授)
【14巻】「コンピューターがネットと出会ったら」 坂村 健(東京大学大学院情報学環教授)
【15巻】「ネットで進化する人類」 伊藤穰一(MITメディアラボ所長)

|

« 定額制音楽配信サービス時代ならではの「とっておきのプレイリストの作り方」を紹介します | トップページ | 「胃がんリスク検査」を自宅で検査キットを使って行った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/67363952

この記事へのトラックバック一覧です: 角川インターネット講座【全15巻合本版】を3年かけて読破した:

« 定額制音楽配信サービス時代ならではの「とっておきのプレイリストの作り方」を紹介します | トップページ | 「胃がんリスク検査」を自宅で検査キットを使って行った »