« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019.04.30

映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』(お薦め度★★★)

第3弾はかなり迷走しています。
看板に偽りありです。怪盗でありながら家族ができたグルーは正義の味方に目覚めてしまい、その代わりに双子のドルーという新キャラクターを登場させて、悪事の肩代わりをさせます。「怪盗グルー」シリーズの延命に躍起になった内容です。

第2弾から登場しているルーシーが魅力的でした。養女たちの母親になるために奮闘します。

ミニオンに関しては本家シリーズよりも彼らが主役のスピンオフ作品のほうが面白いので、物足りなさを感じました。

今後の続編はかなり厳しい感じがします。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Despicable Me 3
制作年:2017
制作国:アメリカ
内容時間:90分

<スタッフ>
監督:ピアー=コフィン、カイル=バルダ
共同監督:エリック=ギロン
製作:クリス=メレダンドリ、ジャネット=ヒーリー
脚本:シンコ=ポール、ケン=ダウリオ
音楽:ヘイター=ペレイラ

<キャスト>
グルー/ドルー:スティーヴ=カレル
ルーシー:クリステン=ウィグ
バルタザール=ブラット:トレイ=パーカー
マーゴ:ミランダ=コスグローヴ
イディス:デイナ=ゲイアー
アグネス:ネーヴ=シャレル
サイラス:フリッツ:スティーヴ=クーガン
グルーのママ:ジュリー=アンドリュース

<イントロダクション>
不思議な生き物ミニオンとともに大人気となったCGアニメ「怪盗グルー」シリーズ第3弾。グルーの前に存在も知らなかった双子の兄弟が現われて、新たな騒動が巻き起こる。

「ペット」「SING/シング」などCGアニメのヒット作を連発するイルミネーション・エンターテインメントの人気シリーズ「怪盗グルー」第3弾。3人の養女と妻となったルーシーに囲まれ、怪盗から足を洗っていたグルーだが、そんな彼の前に新たなライバルや、生き別れていたことすら知らなかった双子の兄弟が現われて……。1980年代に活躍した元人気子役だったという設定のライバル怪盗ブラットが、当時のヒット曲に乗せて懐かしネタのギャグを繰り出すなど、子どもと一緒に観る親世代への気配りもうれしい。

<放送内容>
最高の怪盗ではなく最高の父親になる道を選んだグルー。反悪党同盟のエージェントして働く彼は、あるとき怪盗ブラットを捕り逃がしてしまい、同盟をクビになってしまう。これを機にグルーが悪党に戻ることを期待するミニオンたちは、彼にその気がないと知って失望し、新たなボスを探す旅に出てしまった。ますます落ち込むグルーは、生き別れていたことすら知らなかった双子の兄弟ドルーの存在を知り、彼に会いに行くのだが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.04.29

映画『男はつらいよ 寅次郎心の旅路』(お薦め度★★★★)

「男はつらいよ」シリーズ第41作からは平成の寅さんです。
寅さんにとって海外旅行は初となります。
ウィーンで働いている日本人のマドンナに助けられる話で、特にオーストリア人との交流があるわけでもありません。日本が舞台でないと、やっぱりしっくりきません。

海外で働く日本人が寅さんと出会って、望郷の念にかられるという心情はモーレツに分かりました。

阿川佐和子のトーク番組「サワコの朝」の平成最後(2019年4月27日)の放送となるゲストに倍賞千恵子が登場して、渥美清の思い出を語られたことで、無性に寅さんに会いたくなってライブラリのブルーレイディスクを探して鑑賞しました。ちなみにAmazonプライムビデオで観れると思っていたのですが、既に無料ではありませんでした。やはりAmazonに頼ると足元をすくわれます。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:1989
制作国:日本
内容時間:110分

<スタッフ>
監督:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:高羽哲夫
音楽:山本直純

<キャスト>
車寅次郎:渥美清
さくら:倍賞千恵子
久美子:竹下景子
坂口:柄本明
マダム:淡路恵子
おいちゃん(車竜造):下條正巳
おばちゃん(車つね):三崎千恵子

<イントロダクション>
渥美清が主演した国民的コメディ「男はつらいよ」シリーズの第41作。寅さんは初めての海外旅行でオーストリアのウィーンへ……。マドンナ女優は竹下景子。柄本明ら共演。

時代が昭和から平成に代わって初めてのシリーズ。旅好きだが大の飛行機嫌いである寅さんが、いきなりオーストリアのウィーンに行くという大胆なストーリーや現地ロケが公開当時大きく話題になった1本。シリーズで海外が絡んだ作品というと第24作「~寅次郎春の夢」もあるが、寅さんみずから海外に行ったのは本作が初。マドンナ役は第32作「~口笛を吹く寅次郎」、第38作「~知床慕情」に続いて3度目の登板となる竹下。オーストリアやオランダでロケを敢行した他、国内の宮城県や石川県でもロケが行なわれた。

<放送内容>
テキ屋の寅次郎はみちのくのローカル線で、ひょんなことから自殺志願の生真面目なサラリーマン坂口と出会う。親切な寅次郎を心底気に入った坂口は、以前から行くのが夢だった音楽の都ウィーンに寅次郎を連れていきたいと言い出し、ウィーンを大分の湯布院と聞き違えた寅次郎は快諾。いきなりウィーンに連れていかれた寅次郎だが、現地の日本人女性ガイド、久美子に一目惚れする。寅次郎との交流を通じ、久美子は日本が恋しくなる。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

【関連記事】 
2011.12.24 寅さんをWOWOWで全部観るぞ!

| | コメント (0)

2019.04.28

映画『ホース・ソルジャー』(お薦め度★★★★)

最新兵器と西部劇のような古典な戦いがミックスされて異色です。

9.11の直後、アフガニスタンのアルカイダに最初に打撃を与えた米軍の12人の実話です。攻略に2年かかるとされた作戦を短期間に成し遂げます。

「マイティ・ソー」のクリス=ヘムズワースが主演なので、頼れる存在として観てられますが、それでも最も危険な対テロ戦争の最前線となると生還の可能性がほとんどない状況はハラハラドキドキの連続です。

最新兵器を操る米軍が反タリバンの地元勢力と手を組んで馬に乗って戦うとは驚かされました。

アメリカ同時多発テロ事件に対する報復として、理解できる戦争映画です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:12 Strong
制作年:2018
制作国:アメリカ
内容時間:131分

<スタッフ>
監督:ニコライ=フルシー
製作:ジェリー=ブラッカイマーほか
脚本:テッド=タリー、ピーター=クレイグ
撮影:ラスムス=ヴィデベック
音楽:ローン=バルフェ

<キャスト>
ミッチ=ネルソン大尉:クリス=ヘムズワース
ハル=スペンサー准尉:マイケル=シャノン
サム=ディラー:マイケル=ペーニャ
ドスタム将軍:ナヴィド=ネガーバン
マルホランド大佐:ウィリアム=フィクトナー

<イントロダクション>
米軍のたった12人の部隊が約5万人の敵に挑んだ……。「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの名製作者J・ブラッカイマーらが手掛けた、ミリタリーアクション巨編。

2001年の米国同時多発テロ事件の直後、武装勢力“タリバン”の拠点であるとされたアフガニスタンの地で、たった12人から成る米軍の部隊が約5万人の敵に挑んだ……。「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの名プロデューサー、ブラッカイマーならではのど派手なアクション演出が楽しめる痛快編だ。中でも、大量の火薬を使って盛り上げた戦闘シ-ンの数々は満腹感の高い見どころ。出演陣も、「マイティ・ソー」シリーズのソー役で知られるC・ヘムズワース、実力派M・シャノンら魅力的な顔触れがそろった。

<放送内容>
米国同時多発テロ事件の1カ月後である2001年10月。ネルソン大尉ら米陸軍の特殊部隊の面々は自ら志願し、たった12人の精鋭部隊ながら、武装勢力“タリバン”の拠点であるアフガニスタンに乗り込む。部隊は“タリバン”が潜む山岳地帯に行くため、慣れない馬に乗らなければならなかったが、反“タリバン”であるアフガニスタン北部同盟を支援せんと、“タリバン”が約5万人もいると考えられるマザーリシャリーフに向かう。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.04.26

iOS13からiPadでマウスが利用できるかも!

朗報です!
CNET Japanで次のニュースが配信されています。

「iPad」でのマウス利用、次期「iOS」で対応との情報

うれしいですね。昨年3月にiPadでマウスが使えないことを初めて知って、待望していました。

マウスが使えるようになれば、iPadからブログ記事をアップしたり、Googleスプレットシート作業が劇的に使いやすくなります。現状ではあまりに使いづらいので敬遠していました。

マウスが使えたらiPadは最強のタブレットになります。

なお、MacBookとのすみ分けは、Boot CampでWindows10が利用できるかできないかになるそうです。

| | コメント (0)

2019.04.24

映画『黒い箱のアリス』(お薦め度★★★)

スタイリッシュな映像で雰囲気が奇異です。
ダークファンタジーと呼ぶべき、不可解さと不安定さを持っています。

タイムループに関しては、『LOOP/ループ-時に囚われた男-』と同様な表現を用いています。欧州映画ではタイムループとパラレルワールドを組合わせた解釈は特別なものではないのかもしれません。

登場する少女と姉弟が美形でいたいけなので、そこで起こる凄惨な出来事があまりにギャップがあって思考停止に追い込まれます。

作品としては高評価できないのですが、予想を超える衝撃的なシーンは後々まで記憶に残ってしまうことでしょう。

新しい感覚を持った孤高の作品です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Black Hollow Cage
制作年:2017
制作国:スペイン
内容時間:106分

<スタッフ>
監督・脚本:サドラック=ゴンサレス=ペレヨン
製作:ハビエル=アグアイヨ
撮影:イバン=ロメロ
音楽:セルヒオ=ラミス

<キャスト>
アリス:ロウェナ=マクドネル
アダム:ジュリアン=ニコルソン
エリカ:アイデ=リサンデル
ポール:マルク=プッジェネル
デヴィッド:ウィル=ハドソン
ベアトリス::ルーシー=ティレット

<イントロダクション>
事故で母親と自らの右腕を失い、心を閉ざす少女アリス。森の中で巨大な黒い立方体を見つけた時から、彼女の運命が変わり始める。スペインの新鋭が放つ新感覚SFスリラー。

思うだけで動くロボット義手、首輪に付けた装置で人と会話する犬、そして森に出現した謎の黒い立方体……。奇妙なガジェットと予測不能の展開で観客を翻弄する新感覚SFスリラー。スペイン映画界の新鋭S・ゴンサレス=ペレヨン監督が脚本も担当、スタイリッシュな映像も含めて才気走った演出を披露した。メインストーリーには決着が付くが、アリスがなぜ犬を母と呼ぶのかといったいくらかの謎はそのまま残し、さまざまな解釈ができるような深みを与えている。主演L・マクドネルの美少女ぶりも印象深い。

<放送内容>
父親が起こした事故で母親と自らの右腕も失った少女アリス。現実を受け入れられない彼女は人間の言葉を話す装置を付けた犬をママと呼び、父親に心を閉ざしていた。そんなある日、彼女は家を囲む森の中で大人の背丈ほどもある不思議な黒い立方体を見つける。その中にはなんと彼女自身の筆跡で「彼らを信じないで」と記されたメモが。程なく、父が森の中に倒れていたという姉弟を保護してくる。“彼ら”とは姉弟のことなのか?

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.04.23

映画『エンド・オブ・キングダム』(お薦め度★★★★★)

ここまでやりますか!
前作『エンド・オブ・ホワイトハウス』と肩を並べるほどの驚愕の展開に圧倒されっぱなしです。

ともかく物凄い内容です。
ロンドンが壊されると思いました。

シリーズ第3弾『Angel Has Fallen(原題)』が準備されているようですが、第1弾、第2弾以上のストーリーはとても想像できません。

本シリーズは大スクリーンで観るべき作品です。次作は映画館で観たいと思います。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:London Has Fallen
制作年:2016
制作国:アメリカ
内容時間:99分

<スタッフ>
監督:ババク=ナジャフィ
製作:ジェラルド=バトラー、レス=ウェルドン、マーク=ギルほか
原案:クレイトン=ローゼンバーガー、カトリン=ベネディクト
脚本:クレイトン=ローゼンバーガー、カトリン=ベネディクト、クリスチャン=グーデガストほか
撮影:エド=ワイルド
音楽:トレヴァー=モリス

<キャスト>
マイク:ジェラルド=バトラー
アッシャー大統領:アーロン=エッカート
アラン=トランブル:モーガン=フリーマン
リン=ジェイコブス:アンジェラ=バセット
クレッグ将軍:ロバート=フォスター
ルース=マクミラン:メリッサ=レオ

<イントロダクション>
G・バトラー主演の活劇「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編。舞台は前作のホワイトハウスからロンドンに移るが、シークレットサービスはまたも米大統領を救えるのか。

バトラーが演じるシークレットサービスのマイクがホワイトハウスで、「ダイ・ハード」の主人公のような孤軍奮闘系ヒーローとして活躍した人気作「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編。マイクは新たにロンドンで、テロリストたちの攻撃からアッシャー米大統領を守ろうとするが……。前作はホワイトハウスにスケールを限定したが、この続編はずっと広く英国の首都ロンドン全体を舞台とし、マイクたちが次々と非常事態に見舞われ続ける展開。ぐんとスケールアップしたのが見ものだ。シリーズ第3作の製作も決まった。

<放送内容>
2年前、ホワイトハウスを襲ったテロ集団からアッシャー大統領を守ったシークレットサービスのマイクは現在、妻の出産を機に辞職を考える。そんな折、急逝した英国首相の葬儀に大統領が出席することになり、マイクはそのロンドン行きに随行する。すると新たなテロ集団が各国の首脳たちを襲い、大統領が乗ったヘリも地対空ミサイルに攻撃されて墜落。マイクは大統領を連れて、混乱するロンドンの街で安全な場所を探し続けるが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.04.22

映画『SPL 狼たちの処刑台』(お薦め度★★)

モラルハラスメント親父の奮闘劇で、最後に訳の分からない反省をするというがっかりな話です。

香港映画らしいカンフーアクションがふんだんに盛り込まれていますが、効果がない互いの組手が延々と続きます。リアリティが全く感じられません。

ともかく、主人公の娘が浮かばれませんし、物語としてありえません。

96時間』と設定が似ていますが、比べようもないほどの内容です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:殺破狼:貪狼
制作年:2017
制作国:香港
内容時間:100分

<スタッフ>
監督:ウィルソン=イップ
脚本:ジル=レオン、ニック=チェク
撮影:ケニー=ツェー
音楽:ケン=チャン、コンフォート=チャン
アクション監督:サモ=ハン

<キャスト>
リー:ルイス=クー
チェン:ラム=カートン
チュイ:ウー=ユエ
タク:トニー=ジャー
ウィンチー:チャン=ハンナ

<イントロダクション>
タイで誘拐された愛娘を救出すべく香港の熱血警部が必死の探索を開始。第37回香港アカデミー賞でL・クーの主演男優賞ほか3部門に輝いた壮絶なバイオレンスアクション。

旅先のタイで何者かに誘拐された愛娘を捜すため、自らもタイへとやって来た香港の熱血警部が、現地の警察官らの協力を得ながら恐るべき事件の闇へ迫っていくさまを、全編、手に汗握るアクション満載で激写。主演のクーを筆頭に、「ドラゴン×マッハ!」でも彼と共演したタイのアクションスター、T・ジャーら、主役陣が皆、体を張った壮絶な身体アクションを披露。第37回香港アカデミー賞では作品賞をはじめ計9部門にノミネートされ、3部門で受賞を果たした。監督は、「SPL 狼よ静かに死ね」のW・イップ。

<放送内容>
愛妻を不慮の事故で失って以来、娘のウィンチーを男手一つで育ててきた香港警察のリー警部。ところが15歳になったばかりの娘から思いも寄らぬ打ち明け話を聞かされ、親子げんかをした末、タイへ旅行に出掛けた彼女が何者かに誘拐されたと知り、リーも慌ててタイへ。どうか自分も捜査に同行させてくれと、現地の警察官チュイやタクの協力を得ながら彼が奔走を続けるうち、次第に事件の裏に恐るべき臓器密売組織の存在が浮上する。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.04.21

映画『デッドプール2』(お薦め度★★★)

安っぽいヒューマニズムがテーマで、たいして面白くありません。
それでもお金がかかった作品なので、それなりの映像体験はできます。

続編となる第2弾ですが、ほとんどX-MENのパロディで前もって『LOGAN/ローガン』を観ていたほうがいいようです。アメリカンジョーク満載で日本人には伝わりません。

ヒーローものとしての中身が無いのに続ける意味がわかりません。

唯一見どころは、忽那汐里の出演でしょう。堂々として別格の美しさがありました。日本の作品で見かけないと思っていたら、ハリウッドに進出していたのですね。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Deadpool 2
制作年:2018
制作国:アメリカ
内容時間:120分

<スタッフ>
監督:デヴィッド=リーチ
製作総指揮:スタン=リーほか
製作:ライアン=レイノルズ、サイモン=キンバーグ、ローレン=シュラー=ドナー
脚本:ライアン=レイノルズ、レット=リース、ポール=ワーニック
撮影:ジョナサン=セラ
音楽:タイラー=ベイツ

<キャスト>
ウェイド=ウィルソン/デッドプール:ライアン=レイノルズ
ケーブル:ジョシュ=ブローリン
ユキオ:忽那汐里
ヴァネッサ:モリーナ=バッカリン
ラッセル/ファイヤーフィスト:ジュリアン=デニソン
ドミノ:ザジー=ビーツ

<イントロダクション>
米国マーベルコミックが生んだ個性派ヒーローの活躍を実写で描き、世界的に大ヒットした「デッドプール」の続編。自分を“俺ちゃん”と呼ぶデッドプールに新たなピンチが?

悪と戦って心身ともにアンバランスになり、自分を“俺ちゃん”と呼ぶなど常にふざけているようでいて、実は悲哀をマスクとスーツで隠し、悪には決して容赦しないという独自のスタンスが他の超人たちと一線を画す個性派ヒーロー、デッドプール。その紹介にやや追われた感があった第1作を上回り、さらに快調なテンポとスピード感、大胆なバイオレンスでファンを魅了する続編が本作だ。悪役ケーブルを演じるのは同じくマーベル原作の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で悪役サノスを好演したJ・ブローリン。

<放送内容>
傭兵ウェイドがその正体だが、不死身に近い自己治癒能力を得たミュータントとして悪と戦い続けるデッドプール。恋人ヴァネッサとともに幸福に暮らしているが、未来からやって来た謎の超人ケーブルと戦うように。ケーブルは、猟奇殺人鬼であるミュータント“ファイヤーフィスト”ことラッセルに妻子を殺されたが、そんな未来を変えるべく、ある施設にいる少年時代のラッセルを殺そうと未来からタイムトラベルしてきたのだった……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.04.20

目が回る「めまい」におそわれた

急に暖かくなったためか、木曜日の朝から花粉症の初期症状のような倦怠感で体調不良になりました。それでも出勤してお昼を食べて様子をみたのですが、悪寒が酷く13時半になって午後半休を申請して早退しました。

帰宅して15時半に布団に入って昼寝をして17時半にトイレに行こうとしたところ、天井がぐるぐるとして酷く目が回っています。フラフラしながらトイレに行って再び布団に入るものの目を開けるとグルグルします。

遊園地のコーヒーカップを思いっきり回した後のグルグル感と同じです。過去に高熱を出して、クラクラすることや立ちくらみのような極めて短時間での経験はあるものの、これほど数秒間も目が回るのは初めてです。

夕食には起きだして食事をしました。大分めまいが弱まったので、翌日には何とかなるかと思いすぐに寝ました。

翌朝目が覚めると昨日ほどではないものの、目が回っています。これでは金曜日も出社は無理と判断して、休むことをメールして、ネットで病院探しをしました。

「小脳や脳幹部の血管障害の可能性」との記述もあるので、当初は脳神経外科を受診しようかと思ったのですが、めまいの症状のみでしかも収まってきているので、歩いて数分で行ける耳鼻咽喉科にしました。

症状を伝えたところ、医師からはすぐに「良性発作性頭位めまい症※」との診断をしてくれました。三半規管とつながっている前庭の中の耳石(じせき)が脱落し、半規管内へ迷入することで異常なリンパ液の流れが生じてしまいめまい症状が出現するとのことです。

眼振検査(眼球の動きを調べる検査)を行いました。水中眼鏡のゴーグルような測定器で目を覆い、医師の指示通り視線を上下左右に向けます。正面から左を向いたときに目が回りました。どうも左側のようです。

数日続くかもしれないが自然に治るとのことです。半規管から耳石を排出させるための首の運動や上半身の体操が書かれたプリントをいただきました。

自動車運転も特に支障がないようで安心しました。金曜日は運転を控え、土曜日の朝起きてめまいが再発するか確認したところ症状がみられません。そこで、十分に注意して運転しました。

季節の変わり目で寒暖差が激しいと自律神経が乱れて身体にストレスがかかったのかもしれないそうで、ともかく規則正しい生活を心掛けるようにと医師からアドバイスをもらいました。大事にならずホッとしています。

※詳しく記述されている社会福祉法人 恩賜財団 済生会のホームページを参照ください。

| | コメント (0)

2019.04.19

ドラマ「離婚なふたり」(お薦め度★★★★)

素晴らしい作品です。
樋口卓治の脚本が秀逸でした。吉田大八監督の作品は初めてだと思うのですが、かなりの腕前です。

離婚理由に理由らしき理由がないという設定なので、盛り上がりに欠ける内容なのに劇中劇で補完して、メリハリのある感動作に仕上げるというテクニックが憎いです。

キャスティングも非の打ち所がありません。リリー・フランキーと小林聡美の夫婦役がはまっていました。そして出演者全員が見事でした。

昔からテレビ朝日のドラマは肌に合いません。特に最近の人気のある連続ドラマは観る気も起きません。しかし、今回の単発ドラマは従来のテレビ朝日とは違うセンスの良さを感じさせました。

今後も本作のような筋の良いドラマが量産されるならば、名実ともにドラマに強いテレビ局と呼ばれるようになるでしょう。

以下、オフィシャルサイトから引用。

<オンエア情報>
テレビ朝日
前編:2019年4月5日(金)よる11:15 ~ 深夜 0:15
後編:2019年4月12日(金)よる11:15 ~ 深夜 0:15

<スタッフ>
原案:樋口卓治 『ファミリーラブストーリー』(講談社文庫刊)
脚本:樋口卓治
監督:吉田大八
主題歌:ジェジュン 「君だけになる前に」(First JB music)
ゼネラルプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)
アソシエイトプロデューサー:三宅川敬輔(ファーストカット)
プロデューサー:服部宣之(テレビ朝日)、関谷正征(ファーストカット)
制作協力:ファーストカット
制作著作:テレビ朝日

<キャスト>
野田隆介:リリー・フランキー
野田今日子:小林聡美
堂島正義: 岡田将生
新海恵:酒井若菜
東山英治:中村有志
平山真紀:渡辺真起子
刈谷エマ:峯岸みなみ
ドラマ主演男優:小澤征悦
ドラマ主演女優:松本まりか
ドラマスタッフ:清水伸
ドラマスタッフ:長井短

<イントロダクション>
『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が
『万引き家族』のリリー・フランキーとタッグを組んで
地上波ドラマ初演出!
小林聡美、岡田将生ら実力派キャストで綴る、
ちょっぴりおかしくて、やっぱり切ない…夫婦の愛の物語!

<あらすじ>
野田隆介(リリー・フランキー)は、理想の夫婦を描いたらナンバーワンといわれる、売れっ子脚本家。ところが、新たなホームドラマを執筆中、23年間連れ添ってきた妻の今日子(小林聡美)から突然、「私と離婚してください」と切り出されて、全く仕事が手につかない…。今日子が空気のように存在しているのが当たり前だった隆介にとって、その言葉を受け入れることが出来ない。
そんな中、スタート直前、新作ドラマの主演男優が離婚するというスキャンダルが浮上。ドラマのイメージを回復するため、プロデューサーの東山英治(中村有志)から、夫が妻に感謝を贈る賞“サンクス・ワイフ・ギビング”の大賞受賞者として登壇してほしいと頼まれてしまい…!?
一方、今日子は友人・平山真紀(渡辺真起子)の紹介で、弁護士・堂島正義(岡田将生)と会う。今日子もまた、自分から離婚を切り出したものの、そこに理由らしい理由がないことに困惑して…。

| | コメント (0)

2019.04.18

アニメ「お前はまだグンマを知らない」[全12話](お薦め度★★★)

全12話ですが、各話5分なのでトータル1時間のアニメ作品です。
短い尺とはいえ、各エピソードはかなりのインパクトがあって、楽しめました。

自虐的だった実写映画と比べると、より排他的な内容です。郷土愛が強くなり過ぎると、他県出身者にとって敷居が異常に高くなるという、理解しがたいおぞましさが笑えます。

以下、公式サイトから引用。

<オンエア情報>
TOKYO MX、2019年1月11日~3月29日毎週金曜 25:00~25:05放送。

<スタッフ>
原作:井田ヒロト『お前はまだグンマを知らない』(新潮社「くらげバンチ」連載中)
監督・シリーズ構成:まんきゅう
キャラクターデザイン:湖川友謙
制作:旭プロダクション
アニメーション制作協力:CJT

エンディングテーマ:内田彩「So Happy」

<キャスト>
神月紀:(声)梶原岳人
轟二矢:(声)笠間淳
篠岡京:(声)内田彩

<イントロダクション>
グンマ。 それはニッポンのほぼ中央、北カントウ地方西部に位置する内陸の地。
古より周りを山に囲まれたこの地は、「ニッポン最後の秘境」「古代グンマー帝国」など、
ある事ない事散々言われているが、その実態を知る者はいない。

そんな謎多き土地に転校してきたとある高校生・神月。
独自性の強いの文化、さらに異常なほどグンマ愛が強いクラスメイトたちに、
困惑し、翻弄され、そして恐怖に慄く。
そんな中、神月は学校一の美女、篠岡京に恋をする。
だが彼女もまた、生粋のグンマ人!

果たして、神月はグンマで生き抜く事が出来るのか?

| | コメント (0)

2019.04.17

【A180】ドライブ用にメガネ⇔サングラスに出来る2WAYグラス(JINS Switch)を2本購入した

昔から自動車運転時のサングラスを入手したいと思ってきたものの、近視なので度付きサングラスを購入しなければならず、高額になるため何度も断念してきました。

JINSから誕生日付き20%割引メールがきっかけで、サイトを眺めたところ「JINS Switch」というメガネの上からマグネット式プレートを重ねることでサングラスにもなる2WAYグラスを知りました。

Img_4957

ドライブレンズプレート※が1万2000円とあります。

※信号やブレーキランプなど赤色の光は十分に透過しつつその他の波長の色をバランスよくカット。色調変化の少ない自然な視界を確保するのでドライブに最適。

Img_4959

この方式で度付きサングラスと同等になるのですね。良いかもということで、同じものを2本購入しました。

レンズは遠近両用なので、商品が届いたら店頭で検眼して1週間後の4月4日に納品されました。追加料金は5000円/本です。

度数は前回のものを利用せずに、新たに検眼しています。右眼に乱視が入りました。ちなみにJINSでは遠近両用レンズはハードとソフトの2種類に進化したそうで、遠くが良く見えるハードを選択しました。

トータル3万1536円で、1本1万5768円になりました。

Img_5192

今日初めて使いました。曇り空なのでサングラスにするほどのことはなく、途中でメガネに戻しています。

Img_5191

予備の1本は車の中に入れることにしました。

Img_5202

ちなみに、ケースの中にプレートを収納しています。

Img_5199

| | コメント (0)

2019.04.16

付録のラゲージスケールが欲しくて雑誌「DIME」2019年6月号を購入した

40㎏までの荷物の重さを量るラゲージスケールが付録になるということで、雑誌「DIME」2019年6月号(980円)をamazonで予約しました。発売日の今日届いていました。雑誌の中身は、既にdマガジンで今朝の通勤電車の中で確認していますので目指すは付録です。

本誌と付録のパッケージです。

Img_5174

ラゲージスケールの表です。

Img_5177

裏です。

Img_5178

電池CR2032は別途用意しなければなりません。自宅に買え置きがありました。

Img_5179

電池を入れるフタを取って、表示を見ましたが、入れ方がわかりません。

Img_5181

+が上です。

Img_5183

早速、通勤用リュックで試しました。

【ラゲージスケールの使い方】
①ベルトのバックルを外して、荷物の取っ手に装着。

Img_5185   
②ON/OFFボタンを押し、「0.0」と表示されたらラゲージスケールで荷物を持ち上げる。

Img_5186
②画面に「Hold」と表示されたら計測完了。

Img_5188

2㎏でした。

使えますね!

実は我が家には荷物を量るはかりがありませんでした。昨年購入した体重・体組成計は、荷物のみを量ることができません。人が荷物を持って測定して人の体重を引き算するしかありません。

丁度、息子が修学旅行でスーツケースを使います。15㎏以内との制限があるためこのラゲージスケールで量ろうと考えていました。ところが旅行前に学校に持っていく日が1日繰り上がって今朝出発しています。行き違いで量れませんでした(笑)。

【ラゲージスケールの仕様】
計測可能範囲:0.5㎏~最大40㎏まで0.1㎏単位で計量
計量誤差:10㎏以下~±0.3㎏、10㎏以上~0.5㎏
計量単位:㎏(キログラム)

※液晶表示が薄くなったり、計量誤差が製品仕様よりも大きく発生する場合は電池の交換時期となります。

| | コメント (0)

2019.04.15

ドラマ「ザンビ」[全10話](お薦め度★★)

日本の土着信仰とゾンビを組み合わせた学園ホラーです。
秋元康の企画ということで、安直で練られていない企画・原作で見所は特に無いのですが、美形な乃木坂46の若手メンバーが挑戦するとあって観ました。

意外や意外に、主演の齋藤飛鳥が好演していました。
物語は、辻褄が合わない低レベルで突っ込み所満載ですが、彼女の美貌と演技力で何とか最終話まで鑑賞できました。
それ以外はほとんど収穫が無い作品です。

主要メンバーの美少女・堀未央奈に演技力が無いことが分かり残念に感じました。

以下、オフィシャルサイトから引用。

<オンエア情報>
日テレ、2019年1月23日~2019年3月27日毎週水曜深夜24:59~25:29放送。

<スタッフ>
企画・原作:秋元康
脚本:保坂大輔、高山直也
音楽:ゲイリー芦屋
制作:市川浩崇、八木元
企画プロデュース:植野浩之
プロデューサー:佐藤俊之、山王丸和恵、伊藤裕史
監督:大谷太郎、西村了
制作プロダクション:AXON
特別協力:Y&N Brothers
協力:乃木坂46合同会社、ソニー・ミュージックエンタテインメント
企画制作:日本テレビ
制作協力:アバンズゲート
製作著名:「ザンビ」製作委員会

主題歌:乃木坂46「もうすぐ~ザンビ伝説~」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

<キャスト>
齋藤飛鳥
堀未央奈
与田祐希
秋元真夏
星野みなみ
寺田蘭世
山下美月
久保史緒里
大園桃子
渡辺みり愛
伊藤純奈
新内眞衣
鈴木絢音
梅澤美波
吉田綾乃クリスティー
佐藤楓
伊藤理々杏
岩本蓮加
向井葉月
阪口珠美
中村麗乃
太田莉菜
片桐仁

<イントロダクション>
乃木坂46 齋藤飛鳥主演パニック青春ドラマ
「7日間で私たちはこの世界からいなくなった・・・」

舞台は全寮制女子高校・フリージア学園。
ある日、修学旅行中のバスの故障で少女たちは見知らぬ村に行きついた。
村をさまよう少女たちは見つけた廃屋で一夜を過ごすことになる。
その夜、まどろみの中、少女たちは不気味な音を聞く。
その後、フリージア学園で日常が戻ったかのように見えた少女たちに
次々と不思議な現象が起こりはじめる

主演を務めるのは本作がドラマ初主演となる齋藤飛鳥。
クールで感情をあまり表に出さない孤高のヒロインを演じます。
また今年初主演映画『ホットギミック』の公開も控える堀未央奈や、
舞台「ザンビ」にも出演した与田祐希、山下美月らも重要な役どころで出演するなど、
乃木坂46から総勢21名がドラマに出演!3期生は総出演!

乃木坂46のメンバーたちが、繊細なタッチで描く映像美でおくる、
切なくも美しい新感覚サスペンスに体当たりで挑みます!

| | コメント (0)

2019.04.14

Chromebookが故障して復元できず廃棄する

スマートフォンに続き、Chromebookも再起動しません。情報機器の不具合が連続しています。
Chromebookは2014年に購入したASUS Chromebook C300MAです。週末にドキュメントを作成していたところ、画面がフリーズしたので強制終了しました。

Img_5163

再起動すると画面の通り、「Chrome OS が存在しないか破損しています」というエラーが表示されています。過去にこれほど深刻な不具合は発生していないので面喰いました。

画面にはリカバリーのURLが表示されているので、別のPC(Windows10)でそのURLを入力すると次のページに飛びました。

https://support.google.com/chromebook/answer/1080595

次の手順で復元できるようです。
①別のPCにChromeをインストールして、chromeウェブストアから拡張機能ソフト「Chromebook リカバリ ユーティリティ」(リカバリソフトバンク)をインストールする。
②リカバリソフトを起動して、[リストからモデルを選択] をクリックして、復元する Chromebook を選択する。

Img_5161
③ 4G以上のSD カードをパソコンに差し込み、リカバリメディアの作成をする。

Img_5160
④SDカードを取り外す。

Img_5155
⑤ChromebookをEsc+更新キーを押した状態で、電源ボタン押し、電源ボタンを放し、画面にメッセージ「Chrome OS が存在しないか破損しています。復元用の USB メモリまたは SD カードを差し込んでください。」が表示されたら他のキーも放す。
⑥リカバリ メディアの作成に使用したSD カードを差し込む。

Img_5156
⑦画面の指示に沿って操作する。

Img_5157

これで、復元ができるはずだったのですが、「予期しないエラーが発生しました」のメッセージで失敗です。

Img_5158

この後、リカバリメディアを作り直して何度もトライしたのですが、ダメでした。後はメーカーに修理依頼するしかないのですが、元々
Chromebookは発売後5年間しか使えない制限があるので、修理を諦めて廃棄することにします。

Chromebookは壊れないPCだと思っていただけに、一発アウトで廃棄となりがっかりです。起動が早くて、ウイルスから守られているPCなので安心して使っていましたが、今回の結末でChromebookの再購入はしません。

| | コメント (0)

2019.04.12

故障のXperia XZからV20 PROへ機種変更を行う

とりあえず、昨晩帰宅して故障したXperia XZを応急処置的に対応したものです。

①UIMカードをXperia XZからV20 PROへ移す。
②V20 PROのソフトウェアをバージョンアップしてAndroid8.0にする。
③メッセージアプリをインストール。
・アプリ「+メッセージ」
・アプリ「LINE」
④スマートウォッチHUAWEI Band 2 ProをBluetooth接続する。
・アプリ「Huawai Wear」

LGのV20 PROは2年前にXperia XZと一緒に入手したものです。数年前からLGのスマホは高性能で使い易いと師匠から教えてもらっていたのですが、ブランドに馴染みがないのと、デフォルトの日本語入力がとても使いづらいのでバックアップ用に保管していました。ただし、Wi-Fi接続や指紋認証の設定は済ませていました。

まさに、代替機として役立つときが来ました。

Img_5126

①~④まではデフォルトの日本語で苦労しながら入力しましたが、今後はXperia XZと同等のGoogleのGboard環境にしなければなりません。

今朝の通勤時に、日本語入力の設定を調整しました。日本語はGodanキーボード、英語はQWERTY 配列に出来たのですが、日本語と英語を切替るとデフォルトの日本語入力になってしまいます。スマホ本体の設定でメニューが深いところにあります。デフォルトを外してようやく思い通りの環境に出来ました。

設定>システム>言語と入力>オンスクリーンキーボード>キーボードの管理>日本語キーボード>OFF

Screenshot_20190412233957

後は、アプリ「playストア」のマイアプリ&ゲーム>ライブラリから必要なアプリをダウンロードするだけです。

Screenshot_20190412071520

前回のXperia XZへ機種変更したときよりもかなり楽に必要なアプリをインストールできました。

以上で、今朝の通勤時にV20 PROの環境整備はほぼできました。

ただし、Xperia XZから、iDとGoogle payのおサイフケータイに関するサービスを導入しています。決済関係のアプリは旧機種から引越ししなければなりません。Xperia XZが起動しない状態では、サービス元に連絡しなければなりません。

これらについては、利用再開の手続き等を追ってレポートします。

| | コメント (0)

2019.04.11

Xperia XZ SO-01Jが再起動を繰り返す

緊急事態です。

Xperia XZ SO-01Jの電源は入るものの、SONY→docomo→Xperiaのロゴマークになって再起動を繰り返します。

Img_5121 

Img_5123 

Img_5122 

きっかけは、Facebookアプリを削除する操作をして胸ポケットに入れたところ、熱が出ているのに気付いて取り出したところ、再起動のループ状態になっていました。

アプリを削除しようとしただけなのに、致命的なエラーです。職場で遭遇したので、隣の席の師匠にヘルプを求めました。

直ぐに、対処法が書かれたページのURLをSlackで送ってくれました。

https://www.enjoylife.fun/xperia_xz-restart

次の3つの対処法がわかりました。
①「電源ボタン」+「音量キーの上げるボタン」を同時に約8秒間押し、連続して3回振動した後に指を離すと強制的に電源を切ることができる。
②起動する際、画面にXperiaのロゴが表示されたら「音量キーの下げるボタン」をロック画面か、ホーム画面が起動するまで押し続けて、セーフモードで起動する。
③電池残量が0%になるまで放置する。

①の強制終了を実行して、1時間ほどXperia XZ SO-01Jの温度を下げてから、電源を入れました。そして②のセーフモードでの起動を行おうとしますが、セーフモードになりません。何度も試しましたが、再起動のループ状態です。

お手上げです。仕方がないので強制終了にして、③を行うことに決めました。

帰宅して代替用のスマホに機種変更します。

1か月前の不具合が今回の予兆だったのかもしれません。

| | コメント (0)

2019.04.10

映画『恋は雨上がりのように』(お薦め度★★★★)

清々しさが残ります。
中年男と女子高生の恋模様は納得できました。

小松菜奈の身体的な美しさが際立っています。スリムなモデル体型ながらどちらかと言えば骨太な骨格でアスリートらしく役作りも見事でした。彼女は大スクリーンでこそ映える女優です。演技力にも益々磨きがかかってきました。ラストの表情に胸キュンです。

相手役となる大泉洋の演技もハマッテいました。肩の力が抜けていて普通のオジサンが似合っていました。

二人にとってそれぞれに、かけがえのない眩しいばかりの青春物語です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2018
制作国:日本
内容時間:112分

<スタッフ>
監督:永井聡
脚本:坂口理子
撮影:市橋織江
音楽:伊藤ゴロー

<キャスト>
橘あきら:小松菜奈
近藤正己:大泉洋
喜屋武はるか:清野菜名
加瀬亮介:磯村勇斗
吉澤タカシ:葉山奨之
西田ユイ:松本穂香
九条ちひろ:戸次重幸

<イントロダクション>
陸上競技を挫折した女子高校生が恋をしたのは、アルバイト先の40代バツイチの店長だった……。小松菜奈と大泉洋が演じる恋模様が、爽やかな後味を醸すラブストーリー。

眉月じゅんの人気漫画を実写映画化。オープニングをはじめ、随所に登場する小松の疾走姿が美しく、強い印象を残す。けがで陸上の夢を奪われた少女あきら、人気作家となった旧友との再会で小説家への夢をくすぶらせるファミレス店長の近藤、親子ほども年の違う2人が、雨宿りのようにひととき心を寄り添わせる姿が切ない。近藤役の大泉の受けの芝居が出色で、人気作家・九条役の戸次重幸との“TEAM NACS”の息の合った演技も魅せる。ともに連続テレビ小説で注目された清野菜名、松本穂香の出演も見逃せない。

<放送内容>
高校2年生の少女あきらはアキレス腱断裂によって陸上選手としての夢を絶たれ、悲嘆に暮れていた。雨の日、病院帰りに雨宿りで立ち寄ったファミレスで店長・近藤の優しさに触れたあきらは、自宅からかなり遠いその店でアルバイトを始める。あきらの近藤への想いは次第に募り、ある日、あきらはついに気持ちを打ち明ける。だが、17歳のクールな少女が本気で自分に恋をするはずがないと、近藤は彼女の想いを受け止められず……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.04.09

アニメ「モブサイコ100 Ⅱ」[全24話](お薦め度★★★★★)

第1期(2016年7月~9月放送)と比べて格段に面白くなっています。

原作漫画はWEBコミックサイト「裏サンデー」で知っており、第1期は途中まで鑑賞しました。しかし、気弱なエスパーがキレると怖いというステレオタイプのキャラクター設定にマンネリを感じて最終話まで辿り着かずレビューを断念していました。

第2期ということですが、キャラクター設定がリセットされて再スタートしています。気弱というよりも人間らしい弱さや悲しさを体現する主人公の行動から奥行きある物語にグレードアップしていました。特に主人公モブの師匠である霊幻新隆が第1期と比べて別人のような人格者になっています。このキャラクター変更によって、より一層深みが増しました。

後半に登場するボスキャラはお約束のパワーインフレを起こします。それに合わせてモブも超人的なパワーで対等になりますが、極悪なモンスターさえも否定せずに受け入れようとする慈悲の心を持ちながらモブは死闘を繰り返します。そのクライマックスで描かれる暴力性や破壊性の作画テクニックは物凄いものがあります。

単なる超能力バトルの決着ではなく、人間の存在意義を問うラストにカタルシスを感じました。第2期は少年向けギャグアニメを超えた大人の鑑賞に耐えられる作品になっています。

以下、公式サイトから引用。

<オンエア情報>
TOKYO MX、2019年1月7日~4月1日毎週月曜 23:00~23:30放送。

<スタッフ>
原作:ONE(小学館「マンガワン」連載)「ワンパンマン
監督:立川 譲「劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人」(2018年4月公開)
シリーズ構成:瀬古浩司「BANANA FISH」(2018年放送)
キャラクターデザイン:亀田祥倫「映画ドラえもん のび太の宝島」(2018年3月公開)
美術監督:河野羚
色彩設計:中山しほ子
撮影監督:古本真由子
編集:廣瀬清志
音響監督:若林和弘「劇場版 文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」(2018年3月公開)
音楽:川井憲次「さよならの朝に約束の花をかざろう」(2018年2月公開)
アニメーション制作:ボンズ「ひそねとまそたん」(2018年4月放送)「交響詩篇エウレカセブン シリーズ」

<キャスト>
影山茂夫:(声)伊藤節生
霊幻新隆:(声)櫻井孝宏
エクボ:(声)大塚明夫
影山 律:(声)入野自由
花沢輝気:(声)松岡禎丞
最上啓示:(声)石田彰
ツボミ:(声)佐武宇綺
米里イチ:(声)藤村 歩
鬼瓦天牙:(声)細谷 佳正
鈴木将:(声)國立幸
エミ:(声)松井恵理子
森羅万象丸:(声)楠大典
浄堂麒麟:(声)丹沢晃之
浅桐みのり:(声)M・A・O
鈴木統一郎:(声)井上和彦
芹沢:(声)星野貴紀
島崎:(声)杉山紀彰

<イントロダクション>
『モブサイコ100』100になったとき何かが起こる青春サイキックストーリー。 第20回文化庁メディア芸術祭 アニメ部門審査委員推薦作品受賞、Crunchyroll アニメアワード2016 ベストアクションシーン/ファイトシーン賞 1位を受賞するなど、全世界を震撼させたサイキック青春グラフィティが再び開幕!

ごくフツーの暮らしがしたいと願う中学2年生・影山茂夫、通称「モブ」。
一瞬で人混みに紛れてしまうほど、サエない外見をした彼は、
じつは誰よりも強力な超能力の持ち主だった……。
そんなモブと彼を取り巻く人々との青春や恋、静かに降り積もりやがて爆発する数々の感情。
そして、かつてモブの前に立ちはだかった謎の組織「爪」の再臨。
思春期真っ只中の少年の魂が咆哮する、明日はどっちだ!?

| | コメント (0)

2019.04.08

アニメ「ブギーポップは笑わない」[全18話](お薦め度★★)

物語は魅力を感じるもののの、全体の構成がわかりにくく、さらにキャラクターデザインに特徴が無いため登場人物の区別がつかず、誰が誰でどう繋がっているのか理解出来なくなります。端的に言えばアニメ作品として失敗しています。

エピソードが4つも盛り込んであり、それぞれのエピソードで起承転結をしっかりと描いていないので、消化不良になります。ブギーポップは全てのエピソードに登場しますが、立ち位置がそれぞれで違っていて、煙に巻かれた印象しか残りません。

放送の仕方も面食らいました。1クールは全12話がマックスなのですが、TOKYO MXでは別の時間帯にも放送して帳尻を合わせたようです。アニメは録画して複数話を一気に鑑賞しているのですが、3つ目の「夜明けのブギーポップ」のエピソードは、同時間帯で録画されておらず、#9から#14にスキップしていました。

録画されなかった#10~13は、たまたまamazonプライムビデオで配信されていたので事なきを得ました。

ダークファンタジーとして惹きつけるものが十分にあるのに、それを活かしきれておらず本当に残念です。

以下、公式サイトから引用。

<オンエア情報>
TOKYO MX、2019年1月4日~3月29日毎週金曜22時30分~23時00分放送。

<エピソード>
ブギーポップは笑わない #1~3
VSイマジネーター #4~9 
夜明けのブギーポップ #10~13 
オーバードライブ 歪曲王 #14~18

<スタッフ>
原作:上遠野浩平(電撃文庫 刊)
原作イラスト:緒方剛志
監督:夏目真悟
シリーズ構成・脚本:鈴木智尋
キャラクターデザイン:澤田英彦
副監督:八田洋介
総作画監督:筱 雅律、土屋 圭
美術監督:池田繁美、丸山由紀子
色彩設計:橋本 賢
3DCG監督:廣住茂徳
撮影監督:伏原あかね
編集:木村佳史子
音響監督:はたしょう二
音楽:牛尾憲輔
音楽制作:KADOKAWA
アニメーション制作:マッドハウス
製作:ブギーポップは笑わない製作委員会

<キャスト>
ブギーポップ/宮下藤花:悠木 碧
霧間 凪:大西沙織
末真和子:近藤玲奈
竹田啓司:小林千晃
新刻 敬:下地紫野
紙木城直子:諏訪彩花
早乙女正美:榎木淳弥
田中志郎:市川 蒼
百合原美奈子:竹達彩奈
エコーズ:宮田幸季
谷口正樹:八代 拓
織機 綺:市ノ瀬加那
飛鳥井 仁:細谷佳正
安能慎二郎:長谷川芳明
衣川琴絵:阿澄佳奈
スプーキーE:上田燿司
水乃星透子:花澤香菜
黒田慎平/スケアクロウ:宮内敦士
ピジョン:加隈亜衣
来生真希子:木下紗華
佐々木政則/モ・マーダー:阪口周平
霧間誠一:川田紳司
榊原 弦:竹内良太
寺月恭一郎:大川透
羽原健太郎:村井雄治
橋坂真:内藤有海

<イントロダクション>
ぼくは自動的なんだよ。名を不気味な泡という――。 エンタテインメントノベルでNo.1シェアを誇るレーベル・電撃文庫に
多大な影響を与えた、今なお色褪せることのない名作として、
絶大な支持を集める人気タイトル「ブギーポップは笑わない」シリーズが、
刊行から20年の節目で待望のTVアニメ化! TVアニメを手掛けるのは、
2015年に放送され、大ヒットを記録したTVアニメ「ワンパンマン」で、
世界中のアニメユーザーを唸らせた監督・夏目真悟。
そして同作のシリーズ構成と脚本を務めた鈴木智尋に、
圧倒的なクオリティを実現させた
日本屈指のアニメーションスタジオ・マッドハウスが集結し、
世界に危機が迫ったとき、自動的に浮かび上がるヒーロー、
ブギーポップを中心に繰り広げられるアクションファンタジーを
見事に描き切る!

| | コメント (0)

2019.04.07

【100均スグレモノ】「温泉たまご」がレンジで簡単に出来た

ダイソーの調理器具「レンジで簡単!温泉たまご」は使えます。108円(税込)です。

フタを閉じた状態です。

フタを開けて、卵を割り入れます。フタを開けると容器が傾くので、注意が必要です。

黄身に楊枝で穴を9箇所程度あけます。

水を40ccくらい卵が覆われる程度に入れます。

電子レンジは500Wで50秒。

中の水分を捨てて出来上がり。

うどんにのせました。

入れる水が少ないと固めになってしまいます。水を多めに入れると白身も柔らかいものができます。

100均の卵のレンジ調理器具は「目玉焼き」に続いて2つ目です。目玉焼きはどうしても黄身や白身の空気で破裂することがありますが、「温泉たまご」のほうは、破裂することはありません。コンスタントに期待通りのものが作れます。容器に白身の固まりが残ることもないので、簡単に洗えます。

| | コメント (0)

2019.04.06

映画『スペースウォーカー』(お薦め度★★★★★)

感動の嵐です。圧倒されました。
宇宙を舞台にしたロシア映画の素晴らしさは見事としか言うことがありません。
ガガーリン 世界を変えた108分』『サリュート7』に続いて3本目になります。宇宙を描いたならアメリカ映画の右に出るものは無いと信じていましたが、本作でそうでは無いことがわかりました。作品としてのクオリティが極めて高いです。

冷戦時代のソ連と米国の宇宙開発競争がどれだけ政治的なもので、ソ連時代における宇宙飛行士の厳しい立場も理解できました。

科学技術が追い付かない分、気合と根性、国家に対する忠誠で補おうとする凄まじさに驚かされます。そして、宇宙飛行士同士の友情と尊敬、家族愛、さらに彼らの命を守ろうとするリーダーの存在に涙が止まりませんでした。

人類初の宇宙遊泳に考えられないほどのドラマがあったことを知ることが出来て幸運です。映画館の大スクリーンで是非とも再鑑賞をしたい大傑作です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Vremya pervykh
制作年:2017
制作国:ロシア
内容時間:137分

<スタッフ>
監督:ドミトリー=キセレフ
製作:ティムール=ベクマンベトフほか
脚本:セルゲイ=カルチュラノフ、ユーリー=コロトコフ、オレグ=ポコディン
撮影:ヴラディミール=バシュタ
音楽:ユーリ=ポテイェンコ、アレクサンドル=ヴァルタノフ

<キャスト>
アレクセイ=レオーノフ:エフゲニー=ミローノフ
パベル=ベリャーエフ:コンスタンティン=ハベンスキー
セルゲイ=コロリョフ:ヴラディミール=イリイン
スヴェトナ=レオノーヴァ:アレクサンドラ=ウルセヤク
タチヤナ=ベリャーエヴァ:イェレーナ=パノーヴァ

<イントロダクション>
アメリカとの宇宙開拓競争が激化する中、1965年、人類初の宇宙遊泳を成し遂げた旧ソ連の宇宙飛行士A・レオーノフの偉業を、本人の監修のもとに映画化した感動実話。

東西冷戦下の1960年代。宇宙のフロンティア開拓をめぐって、米ソが国家の威信と栄光を懸けた激しい競争を繰り広げる中、1965年3月18日、同僚のP・ベリャーエフとともに宇宙船「ボスホート2号」に搭乗したソ連の宇宙飛行士レオーノフが、ついに人類初の宇宙遊泳に成功。この歴史的偉業を、その舞台裏で繰り広げられたさまざまな悪戦苦闘も交えて、レオーノフ本人の監修のもと、「ナイトライダー(2009)」のD・キセレフ監督がリアルに映画化。その息詰まるドラマの行く末は、最後まで目が離せない。

<放送内容>
1960年代、宇宙のフロンティア開拓をめぐって、米ソが激しい競争を繰り広げる中、度胸の良さを買われて宇宙飛行士にスカウトされたアレクセイとパベルは、日夜訓練に励んでいた。そんなある日、パベルが不慮の事故で足を負傷。上からの交代命令にアレクセイは強く抗議する一方、パベルも必死にリハビリに励み、やがて彼は現場に無事復帰。かくして1965年、2人は宇宙船「ボスホート2号」に乗り込み、宇宙へと飛び立つ。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.04.05

映画『キカ』(お薦め度★★)

面白さが全くわかりません。
コメディ作品なのにおかしさは無く、サスペンスに彩られた不条理な設定は訳が分からず、奇怪です。

ともかくエキセントリックな人々の群像劇で、とてもついていけません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Kika
制作年:1993
制作国:スペイン・フランス
内容時間:115分

<スタッフ>
監督・脚本:ペドロ=アルモドバル
製作総指揮:アグスティン=アルモドバル
撮影:アルフレド=マヨ
音楽:ペレス=プラード
衣装:ジャン=ポール=ゴルチエ

<キャスト>
キカ:ヴェロニカ=フォルケ
ニコラス:ピーター=コヨーテ
アンドレア:ビクトリア=アブリル
フアナ:ロッシ=デ=パルマ
ラモン:アレックス=カサノヴァス
ポール:サンティアゴ=ラフスティシア

<イントロダクション>
「オール・アバウト・マイ・マザー」の鬼才P・アルモドバル監督が描いた、スタイリッシュでエキセントリックな愛の世界。純真なヒロインと奇妙な人々の人間模様を綴った。

スキャンダラスかつ自由な作風が知られるスペインの鬼才アルモドバル監督。彼が純真無垢なヒロイン、キカを主人公に、個性豊かな面々が織り成す不可思議で刺激的な人間模様を綴ったコメディ。同監督らしい毒っ気に加え、ファッション業界人である主要登場人物たちの衣装も見どころ。J=P・ゴルチエによる衣装を筆頭に、ポール・スミスなども衣装を提供。そのおしゃれなムードが話題になってか、パリで大ヒットしたとか。「赤い航路」のP・コヨーテ、「パリの天使たち」のV・アブリルら国際色豊かな俳優陣が結集。

<放送内容>
メイクアップアーティストのキカは、妻が自殺したという米国人作家ニコラスと知り合うが、ニコラスの義理の息子である年下のカメラマンのラモンと出会った後、ニコラスとラモンの両方と恋愛関係を持つようになる。TV番組「今日の事件」で、頭の上にカメラを載せた突撃レポーターをするようになったアンドレアは、ラモンに振られたことをいまだに恨んでいたが、その一方、あるレイプ事件を自分の番組で取り上げるようになり……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.04.04

映画『LOOP/ループ-時に囚われた男-』(お薦め度★★★★)

単なるタイムループでは無く、タイムループとパラレルワールドを組合わせた独創的な演出です。
これによって、一層不可解で不条理な無限ループのサスペンスになりました。

ラストは、本当にゾッとしました。

ハンガリー映画は初です。
作品としての基本的な構成がしっかりしています。
導入のツカミはOKですし、畳み掛ける謎の展開は見事です。
俳優の演技力も文句無しでした。

欧州映画には日本に紹介されていない秀作がまだまだ眠っていそうです。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Hurok
制作年:2016
制作国:ハンガリー
内容時間:96分

<スタッフ>
監督・脚本:イシュティ=マダラース
製作:タマス=ハトラッサ
撮影:アンドラス=ナジ
音楽:エイドリアン=フォークス、ルシオ=ゴドイ

<キャスト>
アダム:ディーネシュ=サーラズ
アンナ:ドリナ=マルティノヴィチ
デジュー:ジョルト=アンゲル

<イントロダクション>
麻薬密売人の主人公が、同じ時間を繰り返すタイムループの渦に捕らわれてしまう。果たして彼は悲劇を避けて時を進めることできるのか? ハンガリー発の異色サスペンス。

自分や恋人が命を落とす姿を目撃した主人公が、何度となく繰り返される時の中で、待ち受ける悲劇を避けようと奔走する姿を描いたハンガリー製のタイムループサスペンス。同じ時間を繰り返して過去の過ちをやり直すというループ系の作品は多数作られているが、本作は同じ時間軸に繰り返した分だけ別の自分が存在しているという点が独特。自分自身の死体と対面したり、死んだ恋人が別の場所では生きていたりと、意図的に混乱を誘うような描写も随所にあり、何度も見返したくなるようなトリッキーな展開が見どころだ。

<放送内容>
麻薬密売人のアダムは、ボスのデジューから預かった大量の麻薬を持ち逃げする計画を立てていた。だが彼は出発間際に大事なチケットがないことに気付き、妊娠が発覚して計画に乗り気でなかった恋人アンナが持ち出したと考える。街に飛び出し、ようやくアンナを見つけ出すアダム。だが、なぜかアンナは驚愕した顔でアダムを見て「なぜ生きてるの?」と叫び、アダム自身がデジューに殺される瞬間が写っているというビデオを取り出す。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.04.03

アニメ「ポプテピピック TVスペシャル」[全2話×3バージョン](お薦め度★★★★★)

キャッチコピーは「どうあがいても、クソ。どうあがいても、クソ」です。

”クソアニメ”健在です。
ポプ子とピピ美が1年ぶりに帰ってきました。
いろんなバリエーションの作画を用意して、非常にクオリティが高いです。ただし、内容は相変わらず超ナンセンスです(笑)。

14話の「作:UchuPeople」のポプ子とピピ美が歌う自虐曲が制作陣の本音に思え共感しました。

昨年のTV放送は全12話で、今回は続きとなる13、14話を「朱雀ver.」「青龍ver.」「玄武ver.」の3バージョンでTVスペシャルとしています。各話再放送があるので、1話6パターンで合計12パターンが用意されたことになります。当然声優が入れ替わっており、パターンによってストーリーも異なるようです。「朱雀ver.」のみニコニコ独占配信で4月3日(水)23時59分まででした。

2019年4月1日にTV放送されたのを知らずに見逃しました。シーズン2が始まると勘違いして油断していました。直ぐにGAYO!の無料配信を観ました。

シーズン2を用意して欲しいと思いますが、表現が制限される中で評価される作品を創作するのは至難の業なので、今回のようなスペシャルで今後も継続して欲しいです。

【ポプテピピック TVスペシャル】
・「ポプテピピック TVスペシャル#13 青龍ver.」
・「ポプテピピック TVスペシャル#14 青龍ver.」

・「ポプテピピック TVスペシャル#13 玄武ver.」
・「ポプテピピック TVスペシャル#14 玄武ver.」

<GAYO!配信期間>
2019年4月2日(火) 00:00 〜 2019年4月8日(月) 23:59

<スタッフ>
原作:大川ぶくぶ(竹書房「まんがライフWIN」) 
企画・プロデュース:須藤孝太郎 
シリーズ構成:青木純(スペースネコカンパニー) 
コンセプトデザインワークス:梅木葵 
音響監督:鐘江徹 
音響効果:小山恭正 
音響制作:グロービジョン 
音楽:吟(BUSTED ROSE) 
音楽制作:キングレコード 
シリーズディレクター:青木純(スペースネコカンパニー)、梅木葵 
アニメーション制作:神風動画 
製作:キングレコード

| | コメント (0)

2019.04.02

映画『傷物語〈III冷血篇〉』(お薦め度★★★★)

〈物語〉シリーズの原点であることが理解出来ました。
阿良々木暦とキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードが死生観を共有してしまう屈折した関係性が解き明かされます。表裏一体と言えるものでしょう。

そして、〈物語〉シリーズの時系列の最初の物語でありながら、シリーズの最終話と呼ぶべき内容でもありました。本作の中にシリーズ全ての核が詰め込まれているからです。それはとても複雑で、求め合いながらも噛み合うことのない青春の痛みに似ています。

きっと、本作から〈物語〉シリーズを再び観返しても、原点の謎が明かされたことによって、不可思議な怪異の世界がうまく繋がっていかないと思います。ただし、それを確認するための再鑑賞は今のところ考えていません。

〈物語〉シリーズを完結するための重要な作品となりました。長期に渡り楽しませてくれた稀有なアニメでした。感謝します。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2017
制作国:日本
内容時間:83分

<スタッフ>
総監督:新房昭之
監督:尾石達也
原作:西尾維新
キャラクターデザイン:渡辺明夫、守岡英行
音楽:神前暁
アニメーション制作:シャフト

<キャスト>
阿良々木暦:(声)神谷浩史
キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード:(声)坂本真綾
羽川翼:(声)堀江由衣
忍野メメ:(声)櫻井孝宏
エピソード:(声)入野自由
ドラマツルギー:(声)江原正士
ギロチンカッター:(声)大塚芳忠

<イントロダクション>
〈物語〉シリーズの原点を描く劇場版アニメ三部作の完結編。強敵たちとの死闘の末、奪われたキスショットの四肢を取り戻した暦。果たして彼は人間に戻ることができるのか?

西尾維新原作のTVアニメ“〈物語〉シリーズ”初の劇場版として、時系列上の発端となる「傷物語」を映像化した劇場版アニメ三部作の第三部。完結編となる今作では、吸血鬼と化した自らの身を人間に戻すため、伝説の吸血鬼キスショットを完全復活させた主人公・阿良々木暦が、自分の行為を悔やみ、葛藤する姿が描かれる。世界を滅ぼすことすら容易な“怪異の王”キスショットが、いかにして「化物語」以降の幼女化した“忍野忍”の姿になったのか、その顛末と暦との愛憎相半ばする絆の真相が明かされていく。

<放送内容>
怪異の専門家・忍野メメの助力も得て、伝説の吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの四肢を奪い返すことに成功した阿良々木暦。すべてはキスショットの眷属として吸血鬼と化した自らの身を人間に戻すために行なったことだったが、やがて吸血鬼という存在、その恐るべき本質を知った彼は、自分の行為に対する強い後悔にさいなまれる。そんな彼の前に現われたのは、ほかでもない彼の“友人”羽川翼だった。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.04.01

映画『傷物語〈II熱血篇〉』(お薦め度★★★★)

意外でした。
阿良々木暦の戦いに羽川翼がかなり関わっていたとは。
そうなると、だいぶ前に鑑賞したので記憶が確かではないのですが、「化物語」以降のストーリーといろいろと整合性が無くなるのではと思います。

3人のヴァンパイアハンターとの阿良々木暦のバトルシーンは圧巻でした。

そして、羽川翼とのラブシーンに萌えました。クオリティの高さは絶品です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2016
制作国:日本
内容時間:69分

<スタッフ>
総監督:新房昭之
監督:尾石達也
原作:西尾維新
キャラクターデザイン:渡辺明夫、守岡英行
音楽:神前暁
アニメーション制作:シャフト

<キャスト>
阿良々木暦:(声)神谷浩史
キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード:(声)坂本真綾
羽川翼:(声)堀江由衣
忍野メメ:(声)櫻井孝宏
エピソード:(声)入野自由
ドラマツルギー:(声)江原正士
ギロチンカッター:(声)大塚芳忠

<イントロダクション>
〈物語〉シリーズの原点を描く劇場版アニメ三部作の第二部。伝説の吸血鬼キスショットを助けた代償に、自らも吸血鬼と化した暦。彼の前に、3人の“敵”が立ちはだかる。

西尾維新原作のTVアニメ“〈物語〉シリーズ”初の劇場版として、すべての発端を描く「傷物語」を映像化した三部作の第二部。瀕死の状態にあった吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードを救うため、自らの血を差し出して彼女の眷属となってしまった主人公・阿良々木暦。中間部の今回は、人間に戻るため、3人のヴァンパイアハンターに奪われたキスショットの四肢を取り戻そうとする彼の死闘が描かれる。劇場版だからこそ可能になった凄絶なバイオレンス描写とアクション場面が見どころだ。

<放送内容>
高校2年の春休み、伝説の吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードと遭遇した阿良々木暦。四肢を失い、瀕死の状態にあった彼女を助けた暦は、代償として自らも吸血鬼となってしまった。人間に戻るには奪われたキスショットの四肢を取り戻さねばならない。怪異の専門家・忍野メメの助言を受けた彼は、ドラマツルギー、エピソード、ギロチンカッター、3人のヴァンパイアハンターと苛酷な戦いを繰り広げる。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »