« Xperia XZ SO-01Jが再起動を繰り返す | トップページ | Chromebookが故障して復元できず廃棄する »

2019.04.12

故障のXperia XZからV20 PROへ機種変更を行う

とりあえず、昨晩帰宅して故障したXperia XZを応急処置的に対応したものです。

①UIMカードをXperia XZからV20 PROへ移す。
②V20 PROのソフトウェアをバージョンアップしてAndroid8.0にする。
③メッセージアプリをインストール。
・アプリ「+メッセージ」
・アプリ「LINE」
④スマートウォッチHUAWEI Band 2 ProをBluetooth接続する。
・アプリ「Huawai Wear」

LGのV20 PROは2年前にXperia XZと一緒に入手したものです。数年前からLGのスマホは高性能で使い易いと師匠から教えてもらっていたのですが、ブランドに馴染みがないのと、デフォルトの日本語入力がとても使いづらいのでバックアップ用に保管していました。ただし、Wi-Fi接続や指紋認証の設定は済ませていました。

まさに、代替機として役立つときが来ました。

Img_5126

①~④まではデフォルトの日本語で苦労しながら入力しましたが、今後はXperia XZと同等のGoogleのGboard環境にしなければなりません。

今朝の通勤時に、日本語入力の設定を調整しました。日本語はGodanキーボード、英語はQWERTY 配列に出来たのですが、日本語と英語を切替るとデフォルトの日本語入力になってしまいます。スマホ本体の設定でメニューが深いところにあります。デフォルトを外してようやく思い通りの環境に出来ました。

設定>システム>言語と入力>オンスクリーンキーボード>キーボードの管理>日本語キーボード>OFF

Screenshot_20190412233957

後は、アプリ「playストア」のマイアプリ&ゲーム>ライブラリから必要なアプリをダウンロードするだけです。

Screenshot_20190412071520

前回のXperia XZへ機種変更したときよりもかなり楽に必要なアプリをインストールできました。

以上で、今朝の通勤時にV20 PROの環境整備はほぼできました。

ただし、Xperia XZから、iDとGoogle payのおサイフケータイに関するサービスを導入しています。決済関係のアプリは旧機種から引越ししなければなりません。Xperia XZが起動しない状態では、サービス元に連絡しなければなりません。

これらについては、利用再開の手続き等を追ってレポートします。

|

« Xperia XZ SO-01Jが再起動を繰り返す | トップページ | Chromebookが故障して復元できず廃棄する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Xperia XZ SO-01Jが再起動を繰り返す | トップページ | Chromebookが故障して復元できず廃棄する »