« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019.10.31

映画『レオン(2017)』(お薦め度★★★)

意外に楽しめるコメディです。
小技が効いていて、結構笑えます。

竹中直人が期待通りの女形をコミカルに演じて、作品を盛り上げます。男性とのからみはバカバカしいほどの可笑しさです。

しかし、残念なのが会社乗っ取りのストーリーが陳腐なのと、演出が旧いところです。この内容であれば、映像的にもっとドキドキさせられるはずです。

また、何故タイトルが世界的に大ヒットしたリュック⁼ベッソン監督作品とかぶるのでしょうか。全く関係ないので別のものにすべきだったと思います。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2018
制作国:日本
内容時間:100分

<スタッフ>
監督:塚本連平
脚本:吉田恵里香
撮影:池田直矢
音楽:坂本秀一

<キャスト>
小鳥遊玲音:知英
サリナ:大政絢
一条徹:吉沢亮
朝比奈政夫:斉藤慎二
猫田:ミッツ・マングローブ
日下:山崎育三郎
朝比奈玲男:竹中直人

<イントロダクション>
元KARAの知英と竹中直人が共演したコメディ。解雇を言い渡された地味な派遣OLと、ワンマン社長の体が入れ替わった。2人は会社で起こる陰謀に立ち向かうが……。

スマホマガジンに連載された清智英&大倉かおりのコミックを、「今日も嫌がらせ弁当」の塚本連平監督が映画化。ナイスバディを駆使した振り切り演技で魅力を発揮する知英と、ナヨナヨとしたしぐさでこれまでと異なる新生面を見せた竹中のコンビが絶妙。中身が社長・朝比奈の玲音が副社長に迫られたり、玲音を好きな青年とキス寸前まで行く場面などで、実際はこの姿として女装した竹中が出てくるのもおかしい。さらに、大林宣彦監督のある作品への目配せににやりとさせられ、驚きの展開から爆笑必至の流れが楽しい。

<放送内容>
美人でナイスバディの持ち主だが、消極的な性格の地味な派遣OL玲音は、解雇を言い渡されて落ち込んでいた。そんな中、彼女の派遣先だった会社の社長・朝比奈が運転する車が事故を起こし、玲音が巻き込まれてしまう。彼女が病院で目を覚ますと、なぜか朝比奈社長と体が入れ替わっていた。一方、朝比奈の会社では副社長と税理士による会社乗っ取りが進んでおり、中身が朝比奈社長の玲音は同僚のサリナを巻き込んで会社に潜入する。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.10.30

iPadOS 13.2にアップデートして、改めてマウスを設定したら使えることがわかった!

今月(2019年10月)3度目は、iPadOS 13.1.3からiPadOS 13.2へのアップデートです。

Img_6973

https://support.apple.com/ja-jp/HT210394#132

iPadOS 13.2

iPadOS 13.2では、絵文字のアップデートと追加、AirPodsでの着信メッセージ読み上げ機能の導入に加え、AirPods Pro、HomeKitセキュアビデオ、HomeKit対応ルーター、および新しい“Siriのプライバシー”設定に対応しました。このアップデートにはバグ修正と改善も含まれます。

絵文字
・動物、食べ物、アクティビティ、新しいアクセシビリティの絵文字、性別のない絵文字、カップルの絵文字で肌色の選択など、70種類以上の絵文字を追加またはアップデート

AirPodsのサポート
・“Siriで着信メッセージを読み上げ”により、受け取ったメッセージを読み上げてAirPodsで聞くことが可能
AirPods Proに対応

“ホーム” App
・HomeKitセキュアビデオを使用して、防犯カメラからのビデオを暗号化して非公開で収録、保存、および表示が可能。人、動物、車両を検知する機能を搭載
・HomeKit対応ルーターを利用して、お使いのHomeKitアクセサリのインターネット上または自宅での通信相手をユーザが制御可能

Siri
・“プライバシー”設定で、Siriおよび音声入力に対する操作の音声をAppleが保存することを許可することにより、Siriおよび音声入力の改善に協力するかどうかを選択することが可能
・“Siri”設定からSiriおよび音声入力の履歴の削除が可能

このアップデートにはバグ修正とその他の改善も含まれています。このアップデートには以下が含まれます:
・他社製Appでパスワードを自動入力できない場合がある問題を修正
・“検索”を使用するときにキーボードが表示されない場合がある問題を解決
・“メッセージ”で、通知を繰り返すオプションがオンになっているときに通知が1回しか送信されない問題を修正
・“メッセージ”に連絡先の名前ではなく電話番号が表示される場合がある問題に対処
・“連絡先”で連絡先のリストではなく前回開いた連絡先が表示される問題を解決
・マークアップした注釈が保存されない場合がある問題を修正
・保存したメモが一時的に消えてしまうことがある問題を解決
・“設定”の“今すぐバックアップを作成”をタップした後で、iCloudバックアップが正常に完了しない場合がある問題を修正
・AssistiveTouchを使ってAppスイッチャーを有効にするときのパフォーマンスを改善

1か月前にiPadOS 13.1を導入して直ぐにBluetoothマウスを接続して違和感があり使用を断念しましたが、改めて接続してみました。

今度はいろいろと設定します。
①ショートカットでAssistiveTouchを設定し、「マウスon」と「マウスoff」のショートカットをホーム画面に追加

Img_6974

Img_6975

Img_6976
②設定>アクセシビリティ>AssistiveTouch>最上位メニューをカスタマイズで右クリックをコントロールセンターに設定

Img_6979
③設定>アクセシビリティ>AssistiveTouch>カスタムアクションで次に設定
・シングルタップ=メニューを開く
・ダブルタップ=ピンチ
・長押し=スクリーンショット

Img_6978

これにより、Bluetoothマウスの電源ONにして「マウスon」をタップするとすぐにiPad Proでマウスが利用できます。
左クリックでシングルタップでアプリを起動して、トラックボールを押すとホームに戻ります。左クリックをダブルタップで表示を拡大し、長押しでスクリーンショットです。

右クリックでコントロールセンターを呼び出せます。

Img_6983

「マウスoff」でBluetoothマウスの接続が切れます。

このように思った以上に使えます。初心者には設定で敷居が高いものの、自分用にカスタマイズすると指以上に操作できることがわかりました。

| | コメント (0)

2019.10.29

映画『触手』(お薦め度★★★)

SFホラーというか怪奇ホラーです。
エロティックであり、衝撃的で不条理です。

M=ナイト=シャマラン監督の作品に似ていて、さらにダークさがあります。

日本に馴染みのないメキシコの監督ですが、相当の才能があるように感じます。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:La regi?n salvaje
制作年:2016
制作国:メキシコ・デンマーク・フランス・ドイツ・ノルウェー
内容時間:99分

<受賞歴>
第73回(2016)ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)

<スタッフ>
監督:アマト=エスカランテ
製作:ハイメ=ロマンディア、フェルナンダ=デ=ラ=ペサ、アマト=エスカランテ
脚本:アマト=エスカランテ、ジブラン=ポルテラ
撮影:マヌエル=アルベルト=クラロ
音楽:グロー=モー、ラッセ=マルハウ、マーティン=エスカランテ

<キャスト>
アレハンドラ:ルト=ラモス
ヴェロニカ:シモーネ=ブッチョ
アンヘル:ヘスス=メサ
ファビアン:エデン=ビリャビセンシオ
コールマン:ケニー=ジョンストン

<イントロダクション>
メキシコ映画界の鬼才A・エスカランテ監督が、その独特のシュールな奇想を発揮して第73回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)に輝いた、摩訶不思議な怪作ホラー。

夫との冷え切った関係に悩みながら、2人の幼子を抱えて日々を生きる人妻のヒロイン。実は夫は彼女の弟と不義密通を重ねていた。一方、ヒロインの傷ついた心と体を優しく癒やしてくれたのは、森の奥の屋敷の中で妖しくうごめく謎の生命体の巨大な触手だった…。先の長編「エリ」が第66回カンヌ国際映画祭の監督賞に輝いたのに続き、メキシコ映画界の鬼才エスカランテ監督が、本作ではみごと、第73回ヴェネチア国際映画祭の銀獅子賞(監督賞)を受賞。その奇抜なストーリーと独特の世界観は、ぜひ見てのお楽しみ。

<放送内容>
家庭内暴力を振るう夫アンヘルとの冷え切った関係に苦悩するアレハンドラ。実はアンヘルは、アレハンドラの弟で看護師のファビアンとひそかに肉体関係を結んでいた。2人の関係はもうやめにしようとアンヘルに話を切り出したファビアンだが、後日、意識不明の重体で発見される非常事態に。一方、アレハンドラは、最近知り合ったヴェロニカという女性に案内されて森の奥にある屋敷に足を運び、そこで不思議な体験を味わうことに…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.10.28

映画『モーターギャング』(お薦め度★★★)

裏社会の内紛劇です。
日本の任侠映画のストーリーがそのまま移植されたような作品です。

オーストラリアにもバイクのギャング組織があるのですね。昔のアメリカ映画で描かれた世界が今のオーストラリアで進行していることに驚きました。

なかなかスリリングな展開で、ハラハラドキドキさせられましたが、結末に関しては一番期待外れなパターンが選択されています。

この手の作品の王道パターンを避けたのでしょうが、爽快感は皆無で好みではありません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:1%(Outlaws)
制作年:2017
制作国:オーストラリア
内容時間:94分

<スタッフ>
監督:スティーヴン=マッカラム
製作:ジェイミー=ヒルトン、マイケル=ポンティン
脚本:マット=ネイブル
撮影:シェリー=ファージング=ドウ
音楽:クリス=コビリス

<キャスト>
パドー:ライアン=コア
カトリーナ:アビー=リー
ヘイリー:シモーヌ=ケッセル
スキンク:ジョシュ=マクコンヴィル
ナック:マット=ネイブル
シュガー:アーロン=ペダーセン

<イントロダクション>
バイクを駆るギャング集団=モーターギャングたちの抗争劇を描いたアウトローアクション。暴力に彩られたギャングたちの日常をリアルに映し出し、高い評価を得た注目作。

刑務所から出所したばかりのボスと、ボスの不在中に代理を務めていたナンバー2の対立を軸に、モーターギャングたちの抗争を綴るアウトローアクション。本国オーストラリアのアカデミー賞で主要5部門にノミネートされた秀作だ。「ハクソー・リッジ」や「ディバイナー 戦禍に光を求めて」などの出演で注目度の上がるR・コアが主人公のナンバー2役を好演。「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「ダークタワー」など、こちらも国際派女優として人気を集めるA・リーが演じたヒロインの悪女ぶりも見どころだ。

<放送内容>
凶暴なモーターギャングクラブ、コッパーヘッズの幹部パドーは、服役中のボスに代わってクラブを取り仕切り、仲間からの信頼も厚かった。だが、あるとき彼の兄スキンクがライバル組織とトラブルを起こし、命を狙われてしまう。パドーは兄を見逃す条件として無茶な取引を突き付けられるが、そんな最悪のタイミングでボスのナックが出所してくる。内密に事態を収拾しようとするパドーだが、状況はさらに悪化していき……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.10.27

【A180】リレーアタック対策用のスマートキーケースのナスカンを交換した

スマートキーケースの元々付いているナスカンの出来が良くありません。ベルトループに引っかける際に、ナスカンの開閉部分が結構角ばっていてズボンの生地を引っ掻いて傷めます。

Img_6925

かなり慎重に扱ってきたのですが、駄目です。

そこで、173円/個のアルミナスカンをイオンで2個購入して、従来のものと交換しました。

Img_6921

良い!断然違います。

Img_6926

生地を傷める心配が無くなり、小さなストレスが解消しました。ちなみに、青いナスカンの横にぽちっと生地がほくろのように盛り上がっているのは、交換前のナスカンによるものです(泣)。

Img_6934

| | コメント (0)

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(お薦め度★★)

期待外れです。
仲野太賀と木野花の演技は抜群でした。二人の情感溢れるシーンは涙失くしては観られません。
しかし、脚本が駄目です。いろいろな要素を消化しきれていませんし、主人公の友人関係が全くリアリティーがありません。

確かに泣かされます。しかし、泣ければ作品の評価が高い訳ではありません。昔から邦画が勘違いしている評価軸です。物語の構成において重要人物を殺し過ぎです。主人公の姉の存在がほとんど皆無だったのは、ナンセンスでした。

最後に「事実に基づいたノンフィクションです」とテロップが入りますが、児童虐待やネグレクトといったセンセーショナルなテーマだけで、だから何なのと言ったお粗末さしかありません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2018
制作国:日本
内容時間:105分

<スタッフ>
監督:御法川修
脚本:大谷洋介
撮影:板倉陽子
音楽:YOSHIZUMI

<キャスト>
タイジ:仲野太賀
光子:吉田羊
キミツ:森崎ウィン
大将:白石隼也
カナ:秋月三佳
タイジ(幼少期):小山春朋
婆ちゃん:木野花

<イントロダクション>
仲野太賀と吉田羊が、難しい関係の息子と母親の役を熱演した実話ドラマ。母親から虐待を受けて育った息子が、家を出てから数年後、久々に再会した母親と向き合っていく。

漫画家、小説家、エッセイスト、ブロガーというさまざまな顔を持つ歌川たいじが自らの体験を綴ったコミックエッセイを、「泣き虫ピエロの結婚式」の御法川修監督が映画化。前半で描かれるのは小山春朋演じる幼少期のタイジが母の光子から受ける虐待の数々。光子役の吉田のあまりの迫力に目を背けたくなるが、それが後半、青年になったタイジが光子と向き合う展開に生きてくる。心に負った傷から感情を表に出せないタイジの心理を表情で表現した仲野の演技が出色で、光子の本当の気持ちを引き出す瞬間に胸が熱くなる。

<放送内容>
タイジは幼いころから母の光子が好きで、手間暇かけて作ってくれる混ぜご飯が大好物だった。だが一方、光子は情緒不安定で、タイジの行動にイラつき、つい手を上げてしまう。ある日、夫との離婚問題が浮上し、光子は条件が不利にならないようにタイジを児童保護施設に入れる。1年後、離婚が成立し、光子はタイジとその姉を連れて別の家に引っ越すが情緒不安定は治らず、17歳になったタイジは家を出ることを決意するが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.10.26

KALDIのコーヒー豆を4種類購入し、コーヒーポイントカードが100ポイントになりスペシャルチケットに交換した【追記あり】

【追記:2019/10/31】
ハロウィン当日なので、ブラックハロウィンブレンドにしました。
いつものようにコーヒーを淹れ、水筒に入れて出社後に飲みました。
ハロウィンブレンドよりも濃いと感じます。

--------------------------------

今月は4種類購入です。写真左から順に並んでいます。

Img_6920

・マイルドカルディ      496円
・グアテマラ         718円
・ブルーマウンテンブレンド 1,598円
・ブラックハロウィンブレンド 750円

前回のハロウィンブレンドに同じく季節限定のブラックハロウィンブレンドが登場していたので購入しました。

パッケージの紹介文は次の通りです。

「ビターチョコレートを思わせる滑らかな苦みとコクが特徴のハロウィン限定コーヒー。深煎りで仕上げた香り豊かなブレンド。」

こちらも期待出来そうです。

4回目となるKALDIでのオリジナルコーヒー豆購入で、100円ごとに1ポイント付く「コーヒーポイントカード」に100ポイント貯まったので、2つの特典が付いたスペシャルチケットに交換しました。

Img_6929

特典1:マイルドカルディ(200g)プレゼント!(オリジナルコーヒー豆ご購入の際、400円のお値引きに変更可能です。)
特典2:全品お買上げ時10%OFF!(一部除外品あり。)

なかなか充実した特典と思ったのですが、2019年11月1日(金)より、特典2が「カフェカルディドリップ マイルドカルディ(10g✕10袋)1つプレゼント」に変更されるそうです。かなりデグレード感があります。2013年10月25日からの旧特典に滑り込みました。

なお、今回店頭のチラシ「コーヒーガイド」(A3四つ折り)を入手しました。

Img_6931
取り扱っているコーヒー豆一覧が掲載されていて重宝しそうです。

Img_6930

| | コメント (0)

百均の南京錠は諦めて、改めてイオンで南京錠を購入した

9月16日から我が家で屋外の郵便ポストのフタに南京錠を取り付けています。

Img00152

今では日用品は何でも揃うダイソーで南京錠を買い求めました。雨が降って直ぐに錆で動きが極端に悪くなったため、使用を諦めて、再度ダイソーで赤いボディのものを購入しました。しかし、これも1週間足らずで錆によって劣化です。

Img_6933

そこで、改めてイオンで錆に強いと銘打った南京錠を購入です。548円なので約5倍です。今度は大丈夫だと思います。

Img_6924 

ちなみに、南京錠を取り付けた理由はこちら

| | コメント (0)

「か強診(※)」4回目から本格的な歯周病の治療が開始された

歯科衛生士によって、歯周病が進んでいる左上奥歯の歯周ポケットのクリーニングが行われました。約30分間です。最初に歯垢や歯石の超音波によるクリーニングを行って、後はひたすら手作業で歯の表面にこびりついた汚れを器具でこそげ取ることを繰り返します。
全体的に汚れがあるので、エリアを分割して6回くらい歯周ポケットのクリーニングが必要とのことです。月1回ペースなので来春に終了する見込みです。

開始する前に、汚れをかき出すので、しみたり痛みが出るかもしれないと聞かされました。覚悟をしたのですが、幸いにも痛みがなく終えることが出来て胸を撫でおろしました。

治療費は1750円でした。


※:「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」略して「か強診」

| | コメント (0)

2019.10.25

台風21号の影響で千葉県は大雨となった

今週火曜日の台風20号が温帯低気圧になっての被害は、心配していたほどではなかった。

今日は朝から夕方にかけて、関東地方は大雨になるとの予報が出た。週末にかけて台風21号は日本列島からかなり離れて通過しているので影響は出ないと思ったが、千葉県は記録的大雨となってしまった。

Img_6881

出勤中に千葉市に洪水警報が出ていた。

Img_6886

千葉駅前が冠水したとの報道があった。

Screenshot_20191025172656

18時半に帰路に着いたが、ダイヤが乱れていて2時間半かかって21時頃に帰宅した。

台風が逸れても災害に見舞われるとは参った。

| | コメント (0)

2019.10.24

映画『メッセージマン』(お薦め度★★★)

B級臭ただようバイオレンスアクションです。
イマイチ物足りないイケメンのヒーローものですが、ゆるいトーンから信じられないようなエグイシーンが登場します。

主人公の設定が最初から最後まで良くわからないものの、お約束なエピソードは押さえているので、それなりに楽しめます。それにしえもメッセージマンって何なんでしょうか。

インドネシアとオーストラリアが海を隔てて、映画を作っていたのですね。白人が主役で子役がインドネシアというようなお決まりの配役でなく、もっと両者が融合するような物語を観てみたいです。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Message Man
制作年:2018
制作国:インドネシア・オーストラリア
内容時間:91分

<スタッフ>
監督・脚本:コーリー=ピアソン
製作:コーリー=ピアソン、ミッチェル=パーマー、マーク=オルセンほか
撮影:ロニー=アーノルド、ニール=カーヴィン
音楽:タイ=ロテム

<キャスト>
ライアン:ポール=オブライエン
リー:ヴェルディ=ソライマン
ジェーンティ:アグニ=プラティスチャ
ドーニ:アジ=サントーサ

<イントロダクション>
ジャカルタの小島にやって来た元凄腕ヒットマンは、凶悪海賊団を相手に全力の死闘へ……。「ザ・レイド」を生んだインドネシアなどが合作した凄絶バイオレンスアクション。

舞台はインドネシアの首都ジャカルタの郊外の小島。殺し屋稼業から足を洗った白人男性ライアンは、そこで暮らす少年やその母親と親しくなるが、一帯を荒らす海賊団の存在を知り、自身が抑えようとしていた暴力性を解放し、激闘に乗り出していく……。主人公のあだ名らしき、“メッセージマン”という名前の由来がよく分からないままストーリーが進むのはご愛嬌ながら、冒頭30分のほのぼのとしたムードが一転し、そこから世界最高レベルの凄絶バイオレンス場面が次々に畳み掛けられていくのがとにかく痛快な娯楽編。

<放送内容>
凄腕殺し屋だったライアンは稼業から足を洗い、安住の地を求めてジャカルタの小島へ。そこで少年ドーニやその母親ジェーンティと親しくなり、今まで無かった安らぎを感じる。しかし島民たちを支配する海賊団と対立し、一味を何人も殺してしまう。そんなライアンに、マフィアのリーは殺し屋たちを招集し、彼を殺すよう命じるが、ライアンはかつて自分が所属した暗殺者のネットワークに援軍を頼み、双方は総力戦を繰り広げる事態に。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.10.23

映画『プリズン・ランペイジ』(お薦め度★★)

実話に基づいたクライムサスペンスなので、期待しました。
しかし、映画化するほどの物語ではありません。

クズな父親とポンコツな三兄弟の無様な顛末にがっかりしました。

得るところが何もない作品です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Last Rampage: The Escape of Gary Tison
制作年:2017
制作国:アメリカ
内容時間:93分

<スタッフ>
監督:ドワイト=H=リトル
製作:エリック=M=ブレイマンド、ロバート=パトリック
脚本:アルヴァロ=ロドリゲス、ジェイソン=ローゼンブラット
撮影:ラファエル=レイヴァ
音楽:リチャード=パトリック、トビアス=エンフース

<キャスト>
ゲイリー=タイソン:ロバート=パトリック
ドロシー:ヘザー=グレアム
クーパー:ブルース=デーヴィソン
ドニー:アレックス=マクニコル
ランディ:クリス=ブラウニング

<イントロダクション>
1978年夏、アリゾナ州立刑務所から脱獄し、メキシコ目指して血みどろの逃走劇を繰り広げた実在の犯罪者一家の運命の行く末を、息詰まるタッチで描いた犯罪サスペンス。

1978年夏、アリゾナ州立刑務所に終身刑で服役中の殺人囚ゲイリー・タイソンが、息子3兄弟の協力を得て、同房の囚人仲間とともに脱獄に成功。一行は、メキシコ目指して逃走を続けるさなか、血みどろの犯罪を積み重ね、全米を震撼させることに。この実話を、息詰まるタッチで映画化。「ターミネーター2」のR・パトリックが、必要とあらば殺人もいとわない犯罪者一家の長を冷徹非情に演じるほか、「ブギーナイツ」のH・グレアム、「いちご白書」のB・デーヴィソンらが、見応えのあるアンサンブル演技を披露。

<放送内容>
1978年夏、殺人の罪により無期懲役でアリゾナ州立刑務所に服役中だったゲイリーは、彼に面会に来た長男のドニーをはじめとする息子3兄弟の協力を得て、同房の囚人仲間ランディとともに脱獄に成功。一行は、メキシコ目指して逃避行の旅を続ける一方、警察は、ゲイリーの妻ドロシーを拘束して、厳重な捜査網を敷く。逃走を続けるさなか、父親の冷徹非情な一面を目の当たりにした3兄弟の間で次第に亀裂が生じるようになり…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.10.22

ドキュメンタリー番組『クイーン ~デイズ・オブ・アワー・ライブス』(お薦め度★★★★)

映画『ボヘミアン・ラプソディ』よりも断然良いです。
クィーンがどのように成功しいったのかの足跡が、当時の映像とブラアイン⁼メイとロジャー⁼テイラーの回顧発言で、真の彼らの姿とともに浮かび上がって来ます。

思っていた通り、メンバーのチームワークは良くて映画のようなフレディ=マーキュリーがかき回すワンマンなバンドではなかったことが分かります。メンバー4人がそれぞれ切磋琢磨していたからこそ世界的な成功を収めたことが理解出来ます。

世界屈指のロックバンドになる様子が、アルバムとヒット曲が時系列で紹介されているので、クィーンを知るうえで最良のプログラムです。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
クイーン ~デイズ・オブ・アワー・ライブス 輝ける栄光の日々-PART1(59分)
クイーン ~デイズ・オブ・アワー・ライブス 輝ける栄光の日々-PART2(59分)

制作年:2011年
制作:BBC

<イントロダクション>
クイーン結成40周年を記念して制作されたドキュメンタリー。ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーの全面協力のもと、貴重な映像でクイーンの真の姿が浮き彫りとなる。 

オリジナリティーにあふれたサウンド構築、誰にも真似のできない卓越したテクニック、抜群のチームワーク、圧倒的な影響力で、その数々の作品が世界中の人々に愛され、歌い継がれている伝説のバンド、クイーン。そのメンバーであるブライアン・メイ、ロジャー・テイラーの全面的な協力のもと、結成40周年に合わせて制作されたドキュメンタリーを放送する。
クイーン代表曲にまつわるエピソードや病床のフレディと交わした言葉など関係者によるインタビューや、これまでに日の目を見ることのなかった貴重なレコーディング風景やライブのバックステージの模様などの映像が多数収録された充実の内容は、PART1、PART2合わせ120分にも及ぶ特大ボリューム。さまざまなエピソードとともに、彼らの40年の歴史が積み上げてきた音楽・バンドへの思いを通して、新たなクイーン像が発見できるプログラムだ。(2011年)

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.10.21

台風20号が温帯低気圧に変わったが、大雨が心配だ

先日の台風19号(ハギビス)は大きな被害を起こしたが、今度は台風20号が温帯低気圧に変わって大雨を降らす予報が出ている。Yahoo!天気の情報は次の通り。

Img_6791

今晩から明日午前中にかけて、西日本から東日本の太平洋側が注意が必要だ。明日午前6時の雨の予報で千葉県は豪雨になるかもしれない。

Img_6793

明日10月22日は「即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)」が行われる日で、今年限定の「国民の祝日」。おとなしく家で大雨の推移を見守りたい。台風では無いので、天気の報道の扱いが小さくなる可能性が高いので、インターネットを駆使したい。

さらに、今週末には台風21号が影響を及ぼしそうだ。

| | コメント (0)

2019.10.20

映画『ボヘミアン・ラプソディ』(お薦め度★★★)

まあまあだと思いますが、世界的に大ヒットするほどではないと思います。
第一に、主演のラミ=マレックがフレディ=マーキュリーに似ていません。手足が短いのでビジュアル的に連想が難しいです。

物語としてはクイーンがフレディ=マーキュリーのワンマンなバンドの設定で、彼に振り回されるだけなので、事実かどうかも疑わしいと感じました。バンドは家族という割に、あまりに自分勝手です。フレディが孤独になっていく過程も説明不足で、バンドメンバーとの葛藤が稀薄なところも物足りなさがあります。

はっきり言って、高い評価を受けるほどの作品ではないと感じます。マスコミが持ち上げすぎだったのではないでしょうか。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Bohemian Rhapsody
制作年:2018
制作国:イギリス・アメリカ
内容時間:135分

<スタッフ>
監督:ブライアン=シンガー
製作:グレアム=キング、ジム=ビーチ
原案:アンソニー=マクカーテン、ピーター=モーガン
脚本:アンソニー=マクカーテン
撮影:ニュートン=トーマス=サイゲル
音楽・編集:ジョン=オットマン

<キャスト>
フレディ=マーキュリー:ラミ=マレック
メアリー=オースティン:ルーシー=ボーイントン
ブライアン=メイ:グウィリム=リー
ロジャー=テイラー:ベン=ハーディ
ジョン=ディーコン:ジョゼフ・マゼロ
ジョン=リード:エイダン=ギレン
レイ=フォスター:マイク=マイヤーズ

<イントロダクション>
伝説のロックバンド“クイーン”と、45歳で世を去ったその伝説的ボーカリスト、F・マーキュリーの熱い足跡をたどり、2018年、社会現象級の反響を呼んだ大ヒット作。

マーキュリーは1991年、惜しくも45歳で早逝したが、“クイーン”が残した「ボヘミアン・ラプソディ」などの名曲の数々は今なおファンに親しまれるだけでなく、バンド自体も新たなファンを生み出し続けている。本作はそんな“クイーン”の足跡を、天才的ボーカリストだったマーキュリーの知られざるプライベートにも迫りながら展望。1985年、ウェンブリー・スタジアムにおける“ライブエイド”での約20分のステージを再現したクライマックスはまさに圧巻。第91回アカデミー賞で同年最多の4部門を受賞。

<放送内容>
1970年代初頭のロンドン。音楽好きのフレディはブライアン、ロジャーと出会い、彼らやディーコンとバンド“クイーン”を結成。長尺の新曲「ボヘミアン・ラプソディ」の発売をめぐってレコード会社と対立するなどの問題も起きるがバンドは世界的人気を獲得していく。やがてフレディと他のメンバーとの間で不協和音が生じるようになり、しかもフレディはエイズにかかってしまうが、あるライブをきっかけに彼らは友情を取り戻す。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.10.17

映画『人魚の眠る家』(お薦め度★★★★★)

打ちのめされました。物凄い作品です。
2つの死、脳死と心停止でこれほどの深いドラマが描かれていたとは、驚きです。胸が張り裂けそうになりました。

夫婦役の西島秀俊と篠原涼子が見事でした。さらに、この夫婦の娘と息子を演じた二人の子役も最高です。クライマックスでの篠原涼子の渾身の演技に心が震えました。悲しみと怒り、絶望がストレートに伝わってきました。

本当に素晴らしい作品です。堤幸彦監督は称賛に値します。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2018
制作国:日本
内容時間:121分

<スタッフ>
監督:堤幸彦
脚本:篠崎絵里子
撮影:相馬大輔
音楽:アレクシス=フレンチ

<キャスト>
播磨薫子:篠原涼子
播磨和昌:西島秀俊
星野祐也:坂口健太郎
川嶋真緒:川栄李奈
美晴:山口紗弥加
進藤:田中哲司
播磨多津朗:田中泯
千鶴子:松坂慶子

<イントロダクション>
東野圭吾のベストセラー小説を、篠原涼子主演で映画化したミステリー。プールで溺れて意識不明となった娘。奇跡を信じる両親が取った究極の選択が運命の歯車を狂わせる。

2015年に「天空の蜂」を映画化した堤幸彦監督が、再び東野作品の映像化に挑戦。娘に奇跡が起きるかもしれないという期待から、その愛の強さゆえに狂気をはらんでいく母親役の篠原が、渾身の演技で第43回報知映画賞主演女優賞ほか、多くの映画賞で受賞。彼女と映画初共演となった西島秀俊のほか、坂口健太郎、川栄李奈など、若手からベテランまで、幅広い世代の役者たちのぶつかり合いは見応え十分。そして、感動を盛り上げるのが子役たちの好演。その達者な演技が見ている者の胸をえぐらずにはいられない。

<放送内容>
離婚寸前の薫子と和昌のもとに、祖母やいとこらとプールに行った娘の瑞穂が溺れて意識を失い、病院に運ばれたとの連絡が入る。薫子と和昌は病院に駆け付け、担当医から瑞穂を臓器移植のドナーにしないかと提案されるが薫子は拒否し、瑞穂を自宅に連れ帰る。やがて和昌が働くIT企業に勤める星野の研究が、瑞穂を生かす手助けになりそうだと考えた和昌と薫子は星野を呼び、彼に瑞穂を託す。やがて瑞穂の体に変化が表われるが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

iPadOS 13.1.3のアップデート、今月2度目です

10月頭にiPadOS 13.1.2にして、直ぐにiPadOS 13.1.3へアップデートです。

Img_6708

昨晩ダウンロードして、今朝確認したところ自動でアップデートが完了していました。

https://support.apple.com/ja-jp/HT210394

・“メール”で会議の参加依頼を開けない場合がある問題を修正
・ボイスメモの録音がiCloudバックアップから復元するときにダウンロードされない場合がある問題を修正
・iCloudバックアップから復元するときにAppがダウンロードされない場合がある問題に対処
・補聴器とヘッドセットのBluetooth接続の信頼性を向上
・Game Centerを使用するAppの起動パフォーマンスの問題に対処

| | コメント (0)

2019.10.16

人間ドックに行き、お食事券でランチした

昨年に続き、2回目となる職場での人間ドックに行きました。場所は新宿ミライタワーです。

Img00146
問診票でコレステロールを下げる薬を飲んでいることを申告したところ、別の質問項目に病名の記入が見当たらないと受付でチェックが入りました。
医師から薬の処方を受けた際に病名を聞いていないかと質問を受けました。特に病気と診断された訳ではないと伝えたところ、納得はしてもらいましたが、検査中に同じ質問をされるかもしれないとのことで、受付の予想通り中でも病名を聞かれました。

どうも病気でないとコレステロールを下げる薬は処方されないのが人間ドック側の認識のようです。

今回は脳ドックを追加していないのですぐに終わると思っていたのですが、9時から2時間半で午前中一杯かかりました。

丁度お昼なので、会社に戻る前に人間ドックで発行されたお食事券(1000円分)でランチを取ることにしました。2店舗が選べます。そこで、同じビルの4階にあるレストランGARDEN HOUSE新宿店に寄りました。

お食事券内の値段で食べようと軽く考えていたのですが、ランチメニューを見てびっくりです。一番安いもので1600円でした。1000円を超えた料金は自己負担すればいいだけなのですが、庶民が気軽に入るお店ではありませんでした。

せっかくなのでステーキプレートセット(1900円)を注文しました。お昼から肉です。

Img00141

肉は柔らかくまあまあでした。

お食事券だとデザートがプレゼントされ、アイスクリームを選びました。

Img00144

ランチにも関わらず、サービスもしっかりしていて料金は税込みなのでそれなりに良いかもしれません。

さて、今年の結果はどうでしょうか。7月から運動を開始しているので数値はいいはずです。

| | コメント (0)

2019.10.15

映画『来る』(お薦め度★★★★)

Jホラーに似ているものの、一線を画す極上のワクワクさせられるホラーでした。
公開時は興行的に成功したとの報道が無く、前作の『渇き。』が外れたので、劇場鑑賞をスキップしてしまいました。

しかし、観ないとわかりませんね。独創的で刺激的な作品です。

キャスティングも見事でした。特に松たか子の怪演が見事でした。終盤まで彼女とは全く気付きませんでした。妹役の小松菜奈の熱演も天晴でした。

中島哲也監督は、ホラーでも傑出しています。どのジャンルでもオールマイティにこなす力量があります。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2018
制作国:日本
内容時間:135分

<スタッフ>
監督:中島哲也
企画・プロデュース:川村元気
脚本:中島哲也、岩井秀人、門間宣裕
撮影:岡村良憲

<キャスト>
野崎和浩:岡田准一
田原香奈:黒木華
比嘉真琴:小松菜奈
津田大吾:青木崇高
逢坂セツ子:柴田理恵
高梨重明:仲野太賀
比嘉琴子:松たか子
田原秀樹:妻夫木聡

<イントロダクション>
告白(2010)」など、日本映画界を代表するヒットメーカー中島哲也監督が、岡田准一、黒木華、松たか子、妻夫木聡ら豪華キャストを迎えた、話題のオフビートホラー。

第22回日本ホラー小説大賞に輝く澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を、「嫌われ松子の一生」などの中島監督が映画化。2019年、「ザ・ファブル」も好評だった人気男優・岡田が演じる主人公のオカルトライター野崎は、周囲で不可解な出来事が続いているという男性の依頼を受け、調査に乗り出すが……。大胆不敵かつシュールであると同時に21世紀的でもある最新ミステリー空間を、中島監督は映像とサウンド、2方向のアプローチからぐっと煮詰めて表現。日本を代表する人気スター陣の熱演も大きな見どころだ。

<放送内容>
子煩悩な男性・秀樹は、最近周囲で起きている怪異な出来事の数々に不安を抱き、妻の香奈と幼いひとり娘を守るため、友人の民俗学者・津田に相談し、オカルトライターの野崎に、一連の出来事に関する調査を依頼する。野崎は日本最強の霊媒師・琴子を姉に持つキャバクラ嬢・真琴とともに調査を始めるが、秀樹の家に憑りついている“何か”は真琴の手に負える相手ではない。やがて事態は深刻化し、多数の死傷者が続出するように……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.10.14

映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』(お薦め度★★★)

ほっこりするお話です。
お仕事を舞台にした結構コテコテなコメディです。

エピソード自体に映画らしいスケールが無く、お気軽な内容でした。

主演の波瑠は作品のトーンとうまくマッチしており、コメディタッチの演技を十分こなしていました。

意外だったのは、波多野貴文監督です。
今まで、映画『SP 野望篇』『SP 革命篇』、ドラマ「BORDER」といったサスペンスものしか知らなかったのですが、本作のように肩の力が抜けたコメディもそこそこ手腕を発揮できる方なのですね。真逆のジャンルも対応できるとは驚きです。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2018
制作国:日本
内容時間:105分

<スタッフ>
監督:波多野貴文
脚本:吉田恵里香
撮影:小松高志
音楽:白石めぐみ

<キャスト>
波平久瑠美:波瑠
小塚慶彦:西島秀俊
吉村豪太郎:岡山天音
上園龍:深水元基
小西俊郎:中村倫也
南原カツヨ:濱田マリ
玉地弥生:橋本愛

<イントロダクション>
恋人と同じ大手ホテルチェーンへの就職を果たしたヒロイン。だが彼女が配属されたのは系列会社が経営する地方の遊園地で……。波瑠と西島秀俊の共演で描くお仕事コメディ。

小森陽一の小説「オズの世界」を映画化。原作者が最初から彼女をイメージし、名前にも彼女の文字を入れたという主人公・波平久瑠美を、人気女優の波瑠が好演する。地方の遊園地勤務を命じられ、渋々働きはじめたヒロインが、魔法使いと呼ばれるカリスマ上司やお節介だが優しい先輩たちとの出会いを通じ、仕事への情熱を育んでいく。舞台は熊本県荒尾市に実在する九州最大級の遊園地グリーンランドがモデルとなっており、劇中でもそのままの名称で登場する。ヒロインの成長ぶりが爽やかな後味を残す好編に仕上がった。

<放送内容>
希望通り恋人と同じ大手ホテルチェーンへの就職を果たした久瑠美。意気揚々と社会人生活を歩み出した彼女だったが、入社早々言い渡されたのは、系列企業が経営する熊本県の遊園地グリーンランドへの配属辞令。いきなりの地方勤務と遠距離恋愛でやる気ゼロとなった彼女だったが、“魔法使い”とあだ名される風変わりだが敏腕な上司の小塚や個性豊かな先輩、同僚たち、そして利用客の笑顔と接する中で仕事の楽しさに目覚めていく。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.10.13

アニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」[全12話](お薦め度★★★)

アニメとしてクオリティの高い作品です。
脚本家の岡田麿里が、少年誌で原作を担当した漫画を自らの脚本でアニメ化しており、脚本の完成度も高く、女子高生5人の性に対する生々しい心情が深く描かれています。

思春期の女性の性の目覚めが少年誌で連載されていたとは驚きました。女子高生の性に関する興味が中心となる物語がメジャーな漫画やアニメになるのは画期的ではないでしょうか。

力作だと思いますし大人の鑑賞に耐えられる内容です。ただし、ちょっと物足りなかったのは、登場する男が女性目線で美化されているところでしょう。女子高生たちが真面目ということもあって、登場する男性はお行儀が良過ぎました。

以下、公式サイトから引用。

<オンエア情報>
TBSテレビ、2019年7月6日~9月21日毎週金曜深夜26:25放送。

<スタッフ>
原作:岡田麿里、漫画:絵本奈央『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(講談社「別冊少年マガジン」連載)
監督:安藤真裕、塚田拓郎
脚本:岡田麿里
キャラクターデザイン・総作画監督:石井かおり
音楽:日向 萌
美術監督:中久木孝将、中尾陽子
色彩設計:山崎朋子
撮影監督:長田雄一郎
音響監督:郷 文裕貴
編集:髙橋 歩
プロデュース:斎藤俊輔
アニメーションプロデューサー:米内則智
アニメーション制作:Lay-duce

<キャスト>
小野寺和紗:河野ひより
菅原新菜:安済知佳
須藤百々子:麻倉もも
本郷ひと葉:黒沢ともよ
曾根崎り香:上坂すみれ
典元 泉:土屋神葉
天城 駿:広瀬裕也
山岸知明:福山 潤
三枝 久:咲野俊介
十条園絵:戸松 遥
杉本 悟:花江夏樹

<イントロダクション>
高校の文芸部に所属する小野寺和紗たち女子5人。

「死ぬ前にしたいこと」という話題で沸いたある日、
部員の一人が投じたある一言……。

その瞬間から、彼女たちは“性”に振り回され始める。

 

【関連記事】

2019.07.06 2019夏の新アニメは期待できる作品が多い

| | コメント (0)

2019.10.12

非常に強い台風19号(ハギビス)が去った

台風19号は10月12日の夕方から夜にかけて上陸する予報だったので、午前中は比較的ゆっくりしました。

とりあえず、風が強まる前の対策として物干し竿を飛ばされないように床に下ろしました。

そして、停電や断水が発生すると厄介なので、料理をしました。ご飯を炊いて、カレーとゆで卵を作りました。また、コーヒーを淹れて水筒に入れました。

後は、iPad Proにアプリ「NHKニュース防災」をインストールして台風情報を逐次チェックしました。

暴風もさることながら、朝から千葉県の市原市で竜巻で家が壊れたとのニュースが流れ、千葉県北西部に竜巻注意情報が出たのは心配しました。

静岡・神奈川・東京・埼玉・群馬・山梨・長野・栃木・茨城・新潟・福島・宮城の12都県に同時に大雨特別警報が出ました。これは5段階の警戒レベルの中で最も高い5に当たり12都県に同時に出るのは初めてで、気象庁は最大級の警戒を呼びかけました。気象庁が事前に発表していた通り、非常に強い台風19号(ハギビス)は大きな被害をもたらしました。

風雨が酷かったのは、台風19号が上陸した19時頃でした。なお、18時23分に、千葉県南部で震度4を観測する地震がありました。暴風による家の揺れと違うので気が付きました。

Img_6688

Img_6690
22時半になってようやく影響が少なくなったと感じました。

Img_6703

Img_6702

千葉県は幸いにも大雨特別警報が出ませんでした。台風15号の時よりも、雨は少なかったようです。今回も停電と断水を今のところ免れました。

明日の明け方まで風の影響があると思いますが、とりあえずホッとしました。

| | コメント (0)

2019.10.11

台風19号に慄く

9月に上陸した台風15号以上の勢力を持った台風19号がやってくる。
気象庁の最新の情報では明日10月12日21時に上陸の予想だ。

Taifuu19

今日10月11日午前11時の気象庁の報道発表資料を見たが、昭和33年の狩野川台風に匹敵するおそれがあるそうだ。生まれる前だから今までに経験したことがない台風ということになる。

Img_6655

台風15号の暴風で家が揺れて軋んだ。台風19号では暴風の時間が台風15号の倍の6時間続く予報も出ている。

Img_6656

無事にやり過ごせることを祈るしかない。

| | コメント (0)

2019.10.10

映画『寝ても覚めても』(お薦め度★★★)

邦画にしては、いい線いっているラブサスペンスです。
ただし、セリフ回しが時々引っ掛かり、尺の長さを感じさせます。

また、東出昌大と唐田えりかの組み合わせがイマイチでした。東出昌大の演技が『散歩する侵略者』に近い印象で、恋愛ものとしては違和感がありました。唐田えりかも悪くは無いものの、秘めた情熱を感じさせる切れはなく、中途半端な印象です。『覚悟はいいかそこの女子。』と比べて物足りなさがあります。

タイトルと内容もしっくりきません。タイトルから連想する激しさや熱情はほとんど無く、肩透かしでした。

展開としてはいろいろ用意できたと思いますが、全体から醸し出す雰囲気を裏切るラストでした。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2018
制作国:日本・フランス
内容時間:120分

<スタッフ>
監督:濱口竜介
脚本:田中幸子、濱口竜介
撮影:佐々木靖之
音楽:tofubeats

<キャスト>
丸子亮平/鳥居麦:東出昌大
泉谷朝子:唐田えりか
串橋耕介:瀬戸康史
鈴木マヤ:山下リオ
島春代:伊藤沙莉
岡崎栄子:田中美佐子

<イントロダクション>
「ハッピーアワー」の俊英・濱口竜介監督が柴崎友香の同名恋愛小説を繊細かつスリリングに映画化。東出昌大のひとり二役初挑戦も評判を呼び、数多くの映画賞に輝いた秀作。

かつての恋人と生き写しの男性と出会い、再び恋に落ちたヒロインの朝子。果たして、そっくりだから好きになったのか。それとも、好きになったからそっくりに見えるのか。そんな彼女の揺れる女心を、上映時間が5時間を超える異例の前作「ハッピーアワー」で国内外の多くの映画賞に輝き、次代の日本映画界を担う期待の俊英として国際的にも注目を集める濱口監督が、繊細かつスリル満点に描写。「菊とギロチン」の人気男優・東出がひとり二役に初挑戦し、不思議な魅力を発揮する一方、新星・唐田えりかの好演も見もの。

<放送内容>
大阪で暮らす21歳の女性・朝子。ある日、不思議な魅力を放つ謎めいた青年・麦と出会った彼女は、たちまち彼と運命の恋に落ちるが、やがて麦は、不意に姿を消してしまう。それから2年後、大阪から東京に転居した朝子は、まるで生き写しのように麦とよく似たサラリーマンの青年・亮平と出会う。今なお麦のことが忘れられない朝子は、戸惑いを隠せないが、そんな彼女に亮平は好意を抱き、朝子も抗しがたく亮平に心惹かれていく。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.10.09

映画『君がくれた恋のシナリオ』(お薦め度★★)

アメリカ映画がお得意のロマンティックコメディなのにがっかりな内容です。
クリス=エヴァンスとミシェル=モナハンの人気大スターを起用して、低レベルな脚本は残念過ぎます。

運命的な出会いをして、お試しまで行った関係なのに全くときめかない展開では、作品にする価値がありません。

こんな話は誰も期待していないでしょう。WOWOWの放送が日本初公開というのもさもありなんです。映画館で観たら「金返せ」と思うこと間違いありません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Playing It Cool
制作年:2014
制作国:アメリカ
内容時間:95分

<スタッフ>
監督:ジャスティン=リアドン
製作:マックG、ニコラス=シャルティエ、クレイグ=J=フローレスほか
脚本:クリス=シェイファー、ポール=ヴィックネア
撮影:ジェフ=カッター
音楽:ジェイク=モナコ

<キャスト>
“私”:クリス=エヴァンス
“彼女”:ミシェル=モナハン
ブライアン:アンソニー=マッキー
スコット:トファー=グレイス
ある若者:スコット=エヴァンス

<イントロダクション>
「キャプテン・アメリカ」シリーズの主役C・エヴァンス、人気女優M・モナハンが共演したロマンティックコメディ。恋愛について無知な男性に恋愛映画の脚本は書けるのか。

「キャプテン・アメリカ」シリーズのキャップ役、「gifted/ギフテッド」で知られるハンサムスターのエヴァンスが、ロマンティックコメディで新たな魅力を見せた、特に女性ファンは必見の要注目作。同時に映画業界コメディでもあり、ハリウッドの裏話もお楽しみ。共演陣も「キャプテン・アメリカ」シリーズでファルコン役を演じたA・マッキー、エヴァンスの弟スコットなど、エヴァンスにとってはアットホームだったはず。監督は本作が長編デビュー作となったJ・リアドン。WOWOWの放送が日本初公開。

<放送内容>
アクション映画の脚本を書きたい“私”だが、エージェントのブライアンはスター2人の主演が決まっている恋愛映画の脚本を書くよう勧めてくる。“私”は少年時代、母親から恋愛はするなとしつけられて育ったため、まったく恋愛に関心を持たないまま大人になった。彼は友人たちに恋愛について質問するが、それも無駄足に終わる。そんな“私”はあるパーティーで出会った“彼女”に好意を抱くが、“彼女”にはもう婚約者がいて……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.10.08

映画『ゆれる人魚』(お薦め度★★★★)

「人魚姫」を現代風にアレンジした作品です。
にもかかわらず、かなり奇妙で独創的です。ミュージカルやホラー、バイオレンスを用いて予定調和とは隔絶された独特な世界観です。

良質な古典童話の世界を、スクラップ&ビルドしたようにも感じさせる怪作です。ファンタジーのようであり、ダークファンタジーでもあり容赦ない展開でした。

アグニェシュカ=スモチンスカ監督は、本作で長編デビューとのことですが、鬼才としか表現のしようがありません。

ところで、最近観ていた『ブルー・マインド』が影響を受けていたのではと思えるキャラクターデザインが登場しています。欧州映画はいろいろな面で繋がっていると感じました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:C?rki dancingu
制作年:2015
制作国:ポーランド
内容時間:93分

<スタッフ>
監督:アグニェシュカ=スモチンスカ
製作:ヴォジミェジュ=ニデルハウス
脚本:ロベルト=ボレスト
撮影:クバ=キヨフスキ

<キャスト>
シルバー:マルタ=マズレク
ゴールデン:ミハリーナ=オルシャニスカ
クリシャ:キンガ=プレイス
ミェテク:ヤコブ=ギエルシャウ
ドラマー:アンジェイ=コノプカ

<イントロダクション>
1980年代のポーランドに突如出現した美人の人魚姉妹が巻き起こす珍騒動を、ホラーやミュージカルなど、多彩な要素を織り交ぜながらポップに描いた異色ファンタジー。

これが長編デビュー作となるポーランドの女性監督A・スモチンスカが、おなじみの人気童話「人魚姫」をモチーフに、これにさまざまな味を付け加えながら、ダークで妖しい世界を構築。1980年代のポーランドの首都ワルシャワにふと現われた美人の人魚姉妹が、たちまちナイトクラブきっての人気者となる一方で、次第に人食いとしての本性を現わすようになって苦悩するさまを、ホラーやミュージカル、ファンタジー等々、さまざまなジャンルの要素を織り交ぜながらポップに描き、なんとも不思議な怪作に仕上がった。

<放送内容>
1980年代のポーランドの首都ワルシャワ。美しい人魚の姉妹シルバーとゴールデンは、ある日、海岸で演奏するバンドマンたちに歌声で誘いかけて上陸を果たすと、とあるナイトクラブへたどり着く。そこで2人は、なまめかしい姿で得意の歌を披露し、たちまちクラブ一の人気者にのし上がることに。やがて姉のシルバーは、ハンサムなベース奏者のミェテクと恋に落ちるが、その一方で、人食いとしての本性も目覚めるようになり…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.10.07

映画『ノーマ、世界を変える料理』(お薦め度★★★★)

ドキュメンタリー映画はほとんど観て来なかったジャンルです。デンマークのノーマというレストランは全く知りませんでした。どうせ有名店のオーナーシェフをよいしょこらしょ、どっこいしょした内容と高を括っていました。

しかし、流石はイギリス映画です。一筋縄ではいかぬ重層な内容でした。レネ=レゼピの生い立ちや差別を受けてきた半生を、特別な脚色なく真摯に語らせて、その生半可でない覚悟を際立たせます。

また、食中毒による営業停止も事実として、積極的に組み込んでおり単なる提灯記事的な作品ではないことが理解出来ます。

世界的なオーナーシェフの強さや弱さを多角的に描いた骨のある内容でした。ただし、本作を観て食べに行きたいとは思えるほどではありません。料理というよりも人間ドラマとしての側面に感心させられました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Noma My Perfect Storm
制作年:2015
制作国:イギリス
内容時間:99分

<スタッフ>
監督・撮影:ピエール=デシャン
製作:エッタ=トンプソン=デシャン
音楽:フランス=バク、ケルド=ハーニング=イブセン

<出演>
レネ=レゼピ

<イントロダクション>
英国の雑誌が選ぶ「世界ベストレストラン50」で4度も頂点に輝いたデンマークのレストラン、ノーマのオーナーシェフに密着し、その人気の秘密に迫ったドキュメンタリー。

「世界ベストレストラン50」でこれまで4度も第1位に選ばれ、世界で最も予約の難しいレストランの一つといわれるデンマークのレストラン、ノーマ。そのオーナーシェフであるR・レゼピは、季節や土地柄にあくまでこだわって、地元の北欧の旬の食材だけを使い、さらには花やアリなどを食材に用いて、従来の美食の概念を覆す、斬新で独創的な料理を次々に生み出し、革命的旋風を巻き起こしてきた。本作では、そんな彼の革新的な料理術や人生哲学を4年もの歳月にわたって密着取材し、その人気と魅力の秘密に迫る。

<放送内容>
デンマークの首都コペンハーゲンにある世界屈指の人気レストラン、ノーマ。天才的なオーナーシェフ、レゼピが作り出す、地元の北欧産の旬の食材にあくまでこだわった、従来の既成概念にとらわれない斬新でユニークな料理の数々は、世界中のグルメたちをあっと驚かせ、2010年から3年連続して「世界ベストレストラン50」の第1位をみごと獲得。ところが2013年、思いがけない事件が発生して同店は危機的事態に陥り…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.10.06

サバの水煮缶の魚臭さを消して美味しく食べる方法をみつけた

サバの水煮缶が栄養があり、人気ということで最近高くなって来ていたので、今年のGW前に1缶100円のサバの水煮缶を1ケース(24缶)購入しました。合わせてレシピ本も買いました。

Img_5233

何と言ってもサバの水煮缶の魚臭さを取り除いて、簡単な料理で美味しく食べるにはどうしたらいいかをGW中に考案したいと考えました。

しかし、味噌や酒の調味料で料理を何種類か試しましたが、魚臭さを取り除くことが出来ません。料理のために中の身を崩すとどうしても魚臭さが出てしまいます。

結局、サバの水煮缶を料理せずにそのまま食べたほうがそれほど魚臭さを感じません。サバの水煮缶を料理することはあきらめました。

魚臭さを一番感じないといっても、サバの水煮缶をそのままでは後味に残ったり、使った食器が魚臭くなってしまいます。数か月ほおっておいたのですが、ようやく魚臭さを失くすことができるものを発見しました。

「食べるラー油」です!

Img_6498

サバの水煮缶の中身を出して、「食べるラー油」をスプーンで掛けるだけです。マヨネーズを加えても良いです。

Img_6620

全く魚臭さはありません。汁も大丈夫です。後味もすっきりして、食べ終わった食器も臭さがありません。

サバの水煮缶は今回が初購入です。サバの味噌煮缶はハイボールの肴に合っているので昔から馴染んできましたが、これほどサバの水煮缶の魚臭さに手こずるとは思いませんでした。

| | コメント (2)

2019.10.05

映画『パパはわるものチャンピオン』(お薦め度★★★★)

ハートウォーミングなファミリードラマです。
元トップレスラーが再起を目指すありがちな親子の物語と思っていたのですが、脚本が練られており、子どもの世界と親の世界がそれぞれ丁寧に描かれていて、納得できる感動の作品に仕上がっています。

棚橋弘至の演技は、役者以前ではあるものの、現役レスラーとしての彼の生き様とも重なって説得力のある存在感が充満していました。特に新日本プロレスの現役レスラーたちとの試合は、迫力満点で映画とはいえ本物の試合の迫力がありました。

出版社の編集社員を演じた仲里依紗が光っていました。プロレスオタクでありながら、主人公の息子との交流も礼儀をわきまえ、出しゃばることなく熱烈応援をする演技は見事としか言いようがありません。素晴らしい女優です。

藤村享平監督を調べてたら、あの迷ドラマ「たべるダケ」も手がけていました。独特なやさしい作風が持ち味な方です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2018
制作国:日本
内容時間:112分

<スタッフ>
監督・脚本:藤村享平
撮影:山崎裕典
音楽:渡邊崇

<キャスト>
大村孝志:棚橋弘至
大村詩織:木村佳乃
大村祥太:寺田心
大場ミチコ:仲里依紗
編集長:大泉洋
大友:大谷亮平
本田功:寺脇康文

<イントロダクション>
新日本プロレス所属のレスラー棚橋弘至主演の心温まる家族ドラマ。トップレスラーから悪役に転向したプロレスラーが、愛する家族のため最強のチャンピオンになろうと挑む。

板橋雅弘・作、吉田尚令・絵の絵本をTVドラマ「ラブリラン」の藤村享平監督が脚本も担当して映画化。低迷期の新日本プロレスを支え、人気回復の立役者となった棚橋が、俳優が演じるだけでは出せない、現役レスラーだからこそ表現できる悪役レスラーの哀感や苦悩を好演。棚橋演じる孝志の息子・祥太役の寺田心の名子役ぶりが泣かせポイント。そして、仲里依紗が演じる出版社の編集者ミチコのプロレス女子ぶりがいい味を出す。新日本プロレスの全面協力により出演が実現した現役レスラーたちの姿も見どころだ。

<放送内容>
かつては人気と実力を兼ね備えるトップレスラーだったが、けがで一線を離れ、現在は悪役“ゴキブリマスク”として戦う孝志。だが、彼はその事実を小学生の息子・祥太に話せずにいた。ある日、同級生から父の仕事を尋ねられて答えることができなかった祥太は、車に隠れて父の仕事場に忍び込み、孝志が悪役レスラーとしてリングに立つ姿を目撃してしまう。強くて大きな憧れの父が“わるもの”と知った祥太はショックを受けて……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.10.03

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(お薦め度★)

コメディなのに笑えません。
面白くありません。
これほど駄目な作品だとは思いませんでした。
脚本、演出、編集とほとんど良いところはありません。

設定自体がバカバカしく、コメディとしても外しています。終盤のエピソードはどうしたらそうなるのか理解出来ません。

それなりのキャスティングにも関わらず、物語自体が成り立たず低レベルでした。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2018
制作国:日本
内容時間:107分

<スタッフ>
監督・脚本:三木聡
撮影:相馬大輔
音楽:上野耕路

<キャスト>
シン:阿部サダヲ
明日葉ふうか:吉岡里帆
坂口:千葉雄大
デビルおばさん:ふせえり
社長:田中哲司
ザッパおじさん:松尾スズキ
女医:麻生久美子
自滅:小峠英二

<イントロダクション>
阿部サダヲと吉岡里帆が共演した爆笑音楽コメディ。驚異の歌声を誇るロック歌手と小声の女性ミュージシャンの出会いから奇跡が起きる。WOWOW FILMS参加作品。

TVドラマ「時効警察はじめました」の三木聡監督が「俺俺」以来5年ぶりに、自らの脚本で映画を監督。ロックミュージシャンのシン役を演じる阿部は“グループ魂”の一員として活動しているとあって歌うシーンはまさにお手の物。ストリートミュージシャンふうか役を演じる吉岡もまた、ギターの練習とボイストレーニングをして、思わずうなってしまうほどの歌手としての才能を開花させた。そして主題歌の作詞・作曲に、HYDE、いしわたり淳治、あいみょんといった、豪華メンバーが集まったのも大きなポイントだ。

<放送内容>
カリスマ的な人気を誇り、驚異の歌声を持つロックスターのシンだが、彼には人に知られてはいけない秘密があった。それは最近の彼の声が“声帯ドーピング”で作られたものだということ。しかも“声帯ドーピング”のし過ぎで彼の声帯は崩壊寸前だった。ある夜、シンはストリートミュージシャンとしては声が小さ過ぎる、ふうかと出会う。ふうかは彼に心を開きだすが、秘密がバレたせいで謎の組織に追われるシンと逃げ出すことに……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.10.02

PayPayによる初支払はオフィスグリコになった

Yahoo!ショッピングでの買い物の還元が8月からPayPayに変更されてから、とりあえず決済アプリPayPayをスマホに導入していました。

ただし、どう使えるのか全く理解できていないので支払に使ったことがありませんでした。

10月に入り、職場にオフィスグリコが導入され支払にPayPayが使えるようになりました。同僚が簡単だからと支払方法を教えてくれました。

オフィスグリコのQRコードを読み取り、金額を入力して支払うだけです。なるほど簡単!

そこで、オフィスグリコに備え付けのPayPayのパンフレットを参考に、支払い方法の設定を「カードの追加」にしてYahoo! JAPANカードで行ったら、既に登録済みということでした。訳も分からず完了させていたようです。

であれば直ぐに使えるので、遂にPayPayで支払します。ポテトチップを買いました。
Img_6599
自分でオフィスグリコのQRコードを読み取り、100円を入力して支払完了です!

Screenshot_20191002083938Screenshot_20191002084011

Yahoo!ショッピングの還元で144円貯まっていて、そのうちの100円で支払い、残金が44円になりました。

Screenshot_20191002084157

だんだんと分かってきました。便利ですね。

支払に関しては、リアル店舗で自分のPayPayのQRコードを読み取ってもらって支払う方法があります。これを行えればPayPayの支払いを習得したことになります。マスターするまでもう一息です。

| | コメント (0)

2019.10.01

10/1はコーヒーの日、全自動コーヒーメーカーを買ってから毎日水筒にコーヒーを職場に持って行っている

コーヒーに関しては、7月に全自動コーヒーメーカーを購入してから、毎日淹れたてのコーヒーを水筒に入れて職場に持って行って飲んでいます。

Img_5867

水筒は、タイガー魔法瓶(TIGER)の直飲みサハラ マグ ステンレスボトル500ml(MMZ-A501)です。コーヒー4杯分でボトルが丁度いっぱいになります。朝から夕方まで仕事の合間に、美味しいコーヒーを楽しんでいます。夏場なので17時まで温かいコーヒーが飲めます。おやつも持ち込んで15時にはおやつでコーヒーブレイクしています。

Img_6440

直飲みの水筒ですが、コーヒーの場合熱過ぎて直飲みはできません。紙コップに注いで飲んでいます。唯一面倒なのが、直飲み用なので、どうしても紙コップに注いだ後に注ぎ口から少しだけ垂れてしまいます。水筒本体に垂れたコーヒーを必ずティッシュペーパーで拭かなければなりません。

飲み終わった水筒は190gでスマホ1台分の重さなので、ほとんど荷物として気になりません。

ところで問題が発生しました。美味しいコーヒーが味わえるようになった御蔭で、インスタントコーヒーが全く口に合わなくなりました。全く美味しく感じられないのです。我が家には未開封3瓶、開封1瓶のインスタントコーヒーがあり、これをどうしようかと思案しています。

なお、全日本コーヒー協会が10月1日を「コーヒーの日」と定めているそうです。今日まで全く知りませんでした。

| | コメント (0)

矢継ぎ早にiPadOS 13.1.2のアップデートです

3日前にiPadOS 13.1.1にアップデートしたのですが、さらにバグ修正と改善のiPadOS 13.1.2です。説明文が日本語になっていません。

Img_6574
次のサイトでサポートされています。

iPadOS のアップデートについて
https://support.apple.com/ja-jp/HT210394

・iCloudバックアップの進行状況バーが、バックアップの完了後も表示され続ける場合があるバグを修正
・ショートカットがHomePodから実行できない場合がある問題を修正

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »