« 映画『貞子3D2[2D版]』(お薦め度★★) | トップページ | 新型コロナ感染防止、テレワーク29日目です(29/45) »

2020.05.06

映画『オーバードライヴ(2013)』(お薦め度★★)

カーアクション映画だと思っていたら違っていました。原題を訳すと密告者です。親バカがバカ息子の減刑のために強引に司法取引を利用するサスペンスアクションでした。

ストーリー展開は良く出来ていますが、そもそもの前提が強引過ぎて、作品自体を楽しめませんでした。

法の不備を描くのに、社会派サスペンスにせす、アクションで片付けようとする強引さがハリウッドなのかもしれません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Snitch
制作年:2013
制作国:アメリカ
内容時間:112分

<スタッフ>
監督:リック=ローマン=ウォー
製作:ナイジェル=シンクレア、ドウェイン=ジョンソン、マット=ジャクソンほか
脚本:ジャスティン=ヘイス、リック=ローマン=ウォー
撮影:デイナ=ゴンザレス
音楽:アントニオ=ピント

<キャスト>
ジョン=マシューズ:ドウェイン=ジョンソン
クーパー:バリー=ペッパー
ダニエル=ジェームズ:ジョン=バーンサル
マリクマリーク:マイケル=K=ウィリアムズ
シルヴィー:メリーナ=カナカレデス
アナリッサ:ナディーン=ヴェラスケス
ジョアン=キーガン:スーザン=サランドン

<イントロダクション>
無実の罪で投獄された息子を救うため、麻薬取締局に協力し、危険な潜入任務を請け負った父親の苦闘を描く。D・ジョンソンが熱演を見せる犯罪サスペンスアクション。

誰かを密告すれば減刑されるという、麻薬密売罪における司法取引制度を題材にしたサスペンスアクション。多数密告できる常習犯より、密告相手がいない初犯のほうが重刑になりかねない法の不備を背景に、罠にはめられた息子を救おうとする父親の戦いを描く。アクション俳優のD・ジョンソンが、悪法も法とばかり、自らの身を危険にさらして麻薬取締局に協力する父親役を熱演。S・サランドン、B・ペッパーなどの実力派が共演する。

<放送内容>
運送会社を営むジョンのもとに、別れた妻と暮らす息子が麻薬密売容疑で逮捕されたとの知らせが届く。事情を聞くと、密告で減刑される司法取引を悪用し、悪い友人が息子に麻薬を送りつけて売人だと密告したというのだ。だがそれを証明するすべはなく、このままでは他に密告の当てもない息子は嘘をついた友人よりも重刑を科せられる。法の不条理に憤りつつ、ジョンは息子のため自ら麻薬取締局に協力を申し出、密売組織に潜入する。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« 映画『貞子3D2[2D版]』(お薦め度★★) | トップページ | 新型コロナ感染防止、テレワーク29日目です(29/45) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画『貞子3D2[2D版]』(お薦め度★★) | トップページ | 新型コロナ感染防止、テレワーク29日目です(29/45) »