« 2021年 新年のご挨拶 | トップページ | 単行本『右の売国、左の亡国』で深刻過ぎる日本を再認識した »

2021.01.02

ホットクックのアプリ「COOCRO KITCHEN」が終了する

昨年の大晦日にiPad Proでアプリ「COOCRO KITCHEN」を立ち上げると、2021年1月15日でサービス終了のポップアップが表示されました。

Img_0917

このアプリの便利な点はメニューをホットクックに送信できるのと、買い物の時に材料リストが役立つので、タブレットとスマホの両方にインストールしていて重宝していました。2017年から導入しましたが、利用はわずか3年で終わります。

Screenshot_20201231144511

今後は、WebのCOOCRO KITCHENに移行するようです。
https://cocoroplus.jp.sharp/kitchen/recipe/

材料リストはWebでも残るようですが、ホットクックにメニューを送信する機能はなくなるようです。アプリからWebへの移行は時代に逆行しているように感じます。アプリのお知らせを確認したところ、2020年10月30日にサービス終了の告知をしていました。シャープのホットクックシリーズは売れなくなっているのでしょうか。

Google Homeによるヘルシオ ホットクックの音声操作も使い勝手は向上していないので、サービス全体としてデグレードしてきたように感じます。

|

« 2021年 新年のご挨拶 | トップページ | 単行本『右の売国、左の亡国』で深刻過ぎる日本を再認識した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2021年 新年のご挨拶 | トップページ | 単行本『右の売国、左の亡国』で深刻過ぎる日本を再認識した »