« 新型コロナ感染防止、テレワーク122日目です | トップページ | 新型コロナ感染防止、テレワーク123日目です »

2021.01.21

映画『PORTALS ポータルズ』(お薦め度★★★)

 4つのパートを4人の監督が分担して一本にまとめた共作です。

SFパニックホラーで結構な怖さがあり、展開が読めません。

全体的に短い尺にもかかわらず、内容があります。

 

アメリカ映画はホラーのジャンルにおいても、進化していると感じます。

 

以下、WOWOWオンラインから引用。

 

<作品データ> 

原題:Portals

制作年:2019

制作国:アメリカ

内容時間:89分

 

<スタッフ>

監督:エドゥアルド=サンチェス、リアム=オドネル、グレッグ=ヘイル、ティモ=ジャイアント

製作:アリッサ=デヴァイン、グリフィン=デヴァイン、リアム=オドネルほか

脚本:リアム=オドネル、セバスチャン=ベンディックスほか

撮影:クリストファー=プロブストほか

音楽:ラム=カタバクシュ

 

<キャスト>

アダム:ニール=ホプキンス

ケイト:ルビー=オドネル

レスリー:ディアンナ=ルッソ

マルコーネン医師:トレミー=スローカム

スタン:ポール=マッカーシー=ボーイントン

ドリー:グレッチェン=ロッジ

サラ:サルヴィタ=デコルテ

アナ:ジョージーナ=ブラックレッジ

 

<イントロダクション>

ある日突然、世界中に現われた何百万という謎の扉“ポータル”をめぐるパニックを描いたSFドラマ。人間を引きずり込み、この世界から消し去ってしまう扉の目的とは?

 

その向こうには何があるのか? 全世界で起こった大停電の後、突然現われた謎の扉“ポータル”。まるで人間を操るように中へと引きずり込むかと思えば、拒絶するように固く閉ざされたり、時には強烈な高周波で人間を爆殺することすらあるポータルの目的とは……。家族とともに、パニックに陥った都会から逃れようとしてポータルに捕らわれてしまった父親アダムのエピソードを中心として、異なる監督による時系列も舞台も違う4つのエピソードがオムニバス的に組み合わされた異色のSFドラマが展開する。

 

<作品内容>

全世界が停電に陥った後、各地に謎の扉“ポータル”が出現、科学者アナたちは正体解明を進めていたが……。停電から3日後、アダムは妻と娘を連れ、都会を逃れようと車を走らせる。だが、車の前にポータルが……。首都ワシントン。緊急コールセンターは鳴り止まない電話の対応に追われていたが、センター内に突如ポータルが出現し……。インドネシア。買い物帰りの女性サラに、ポータルを見た人間たちが操られたように襲い掛かる。

 

<鑑賞チャネル>

WOWOW

|

« 新型コロナ感染防止、テレワーク122日目です | トップページ | 新型コロナ感染防止、テレワーク123日目です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新型コロナ感染防止、テレワーク122日目です | トップページ | 新型コロナ感染防止、テレワーク123日目です »