« 何故、新型コロナを2類の指定感染症を格下げしないのか理由が何となくわかった | トップページ | 映画『殺人鬼を飼う女』(お薦め度★★) »

2021.01.10

映画『仮面病棟』(お薦め度★★★★★)

 素晴らしいサスペンスでした。

超一級です。全編ゾクゾクさせられました。

 

W主演の坂口健太郎と永野芽郁が二人共に良かったです。

 

クライマックスでは、泣きました。

 

まさか、映画『屍人荘の殺人』の監督だったとは、、、

ジャンルが違うとこれほど違うのですね。驚きました。

 

以下、WOWOWオンラインから引用。

 

<作品データ>
制作年:2020

制作国:日本

内容時間:115分

 

<スタッフ>

監督:木村ひさし

脚本:知念実希人、木村ひさし

撮影:葛西誉仁

音楽:やまだ豊

 

<キャスト>

速水秀悟:坂口健太郎

川崎瞳:永野芽郁

佐々木香:内田理央

東野良子:江口のりこ

菜緒:朝倉あき

角倉:丸山智己

小堺司:大谷亮平

田所三郎:高嶋政伸

 

<イントロダクション>

坂口健太郎と永野芽郁がW主演したサスペンスミステリー。先輩医師に頼まれ一夜限りの当直に入った青年医師。だが、病院をピエロ姿の凶悪犯が占拠し、恐怖の一夜が始まる。

 

現役の医師でもある知念実希人の同名小説を、映画「屍人荘の殺人」やTBS系ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」など、数多くの作品を手掛けた木村ひさし監督が映画化。細かなギャグをちりばめて笑わせるのが得意な木村監督だが、今作はお遊びを封印したシリアスモード。坂口演じる医師・速水と永野演じる大学生・瞳が、病院というワンシチュエーションの中、ピエロ姿の犯人と駆け引きを繰り広げながら病院に隠された謎を解くミステリーで、後半から終盤にかけての予想を裏切る怒涛の展開にびっくりさせられる。

 

<作品内容>

青年医師の速水は先輩医師の小堺に頼まれ、田所病院で一夜限りの当直を引き受ける。だが近所のコンビニで強盗事件を起こしたピエロ姿の犯人が病院を占拠し、犯人は自分が撃って負傷させた女子大学生・瞳の治療を速水に要求する。さらに犯人は速水や瞳、院長の田所、看護師の良子と香を人質に取って籠城を開始。速水と瞳は病院からの脱出を模索するが、一方で警察への通報をかたくなに拒否する田所たちの態度に不審を抱き……。

 

<鑑賞チャネル>

WOWOW

|

« 何故、新型コロナを2類の指定感染症を格下げしないのか理由が何となくわかった | トップページ | 映画『殺人鬼を飼う女』(お薦め度★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何故、新型コロナを2類の指定感染症を格下げしないのか理由が何となくわかった | トップページ | 映画『殺人鬼を飼う女』(お薦め度★★) »