« 菅首相の公助は生活保護という認識に呆れた | トップページ | 【A180】法定24ヶ月点検での不具合はディスプレイ交換まで行った »

2021.02.01

【A180】法定24ヶ月点検でMBUXがバグった、、、

先週ヤナセに法定24ヶ月点検してもらい、地図データをアップデートしてもらったのが原因で、肝心要のMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)に不具合が発生しました。

確認出来たのは次の現象です。
①スピードメーターが表示されない。仕方無いのでG-FORCE表示にした。

Img_1108

②ナビゲーションが「ナビゲーション起動中…」で起動に10分かかる。

Img_1109

③エアコンが不調。

メインシステムなので他にも不具合が発生している可能性があります。
①の表示は、MBUX再設定後に一旦スピードメーター表示になっていたのですが、別表示しようとしたら基本画面に戻らなくなりました。これについては、カスタマーアシスタントサービスセンター(通算3回目)に電話して相談しましたが、解決に至りませんでした。テクニカルな相談は無理なので、ヤナセに相談して再度点検してもらうことにしました。

②については、前回の記事でも指摘はしていたのですが、週末に高速道路を利用することで不具合が明らかになりました。エンジン始動時にナビゲーションが表示されているにもかかわらず、すぐに「ナビゲーション起動中…」になって10分くらい元に戻りません。これによってETCマークが/になったため、高速入り口ではETCレーンを避けて一般レーン進入を選択させられました。しかし、ゲート前でETCが利用できますの音声で使えることが確認できて、そのまま通過しました。高速道路走行中にナビゲーションが復活して出口では問題無くETCレーンから出ています。

③まだまだ寒いので車内のエアコンはAUTOにしているのですが、送風口から温かい空気が弱いことに気付きました。日中の走行だったので寒い思いはしませんでした。

自動車の電子化は盤石では無いことが身を持って分かりました。ベンツであっても例外ではありません。

ともかく、基幹システムのバグは怖いです。事故に繋がる危険性があります。

|

« 菅首相の公助は生活保護という認識に呆れた | トップページ | 【A180】法定24ヶ月点検での不具合はディスプレイ交換まで行った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 菅首相の公助は生活保護という認識に呆れた | トップページ | 【A180】法定24ヶ月点検での不具合はディスプレイ交換まで行った »