« WOWOWエキサイトマッチ特別企画「井上尚弥スペシャルインタビュー」は良かった | トップページ | 映画『ミッドナイトスワン』(お薦め度★★★★) »

2021.08.23

映画『アサルト33:要塞病棟』(お薦め度★★)

予想していたものと大分違いました。
過去に『アサルト13 要塞警察』という同じようなタイトルの作品を絶賛していたので、全くの期待ハズレです。

脚本もさることながら、キャスティングも締まりません。
知らない顔ばかりでしかもリアリティに欠ける演技でした。

全出入り口に仕掛けをしたのに、意味不明の人の動きは違和感だらけです。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Assault on VA-33
制作年:2021
制作国:アメリカ
内容時間:90分

<スタッフ>
監督:クリストファー=レイ
製作:クリストファー=レイ、ジェラルド=ウェッブほか
脚本:スコット=トーマス=レイノルズ
撮影:アレクサンダー=イェレン
音楽:ナッピー

<出演>
ジェイソン=ヒル:ショーン=パトリック=フラナリー
マローン署長:マイケル=ジェイ=ホワイト
ジャクソン:マーク=ダカスコス
ジェン(ジェニファー)=ヒル:ジーナ=ホールデン
ウェルチ大将:ジェラルド=ウェッブ

<イントロダクション>
武装した犯罪集団にジャックされた退役軍人病院で、ある患者が一味に反撃していくサスペンスアクション。「処刑人」2部作のS・P・フラナリーなど、活劇派スターが集合。

悪人たちに乗っ取られた建物でひとりの正義漢が孤軍奮闘するという、「ダイ・ハード」の影響を受けたであろう、ノンストップ感覚のサスペンスアクション。王道を行く展開で、活劇好きなら安心して楽しめる作風だ。熱心なファンが多い「処刑人」2部作のフラナリーに加え、「スポーン」のM・J・ホワイト、「ジョン・ウィック:パラベラム」のM・ダカスコスなど、キャストも活劇派が集まった。監督は「トリプルヘッド・ジョーズ」のC・レイ。WOWOWの放送が日本初公開。

<放送内容>
戦場で罠に掛かって負傷した米軍兵ジェイソンは、帰還後、精神科医である妻ジェンが働く、退役軍人専用の第33病院で診察を受けるように。ある日、ジェイソンは妻や娘と病院に行くが、病院は武装した一味によってジャックされる。一味のボスの目的は患者や病院スタッフの身代金ともう一つ、ある軍人と会うことだった。ジェイソンは一味に見つからないように身を隠しながら、一味に反撃するチャンスを目指し、やがて激闘が始まる。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« WOWOWエキサイトマッチ特別企画「井上尚弥スペシャルインタビュー」は良かった | トップページ | 映画『ミッドナイトスワン』(お薦め度★★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WOWOWエキサイトマッチ特別企画「井上尚弥スペシャルインタビュー」は良かった | トップページ | 映画『ミッドナイトスワン』(お薦め度★★★★) »