2016.11.27

FIAフォーミュラE選手権 第2戦 モロッコ マラケシュ大会の決勝ハイライトを観た

F1を電気自動車で実現したものがフォーミュラEと言えます。
初年度は2014-15年で、3年目を迎えています。日本でのテレビ放映権はテレビ朝日が獲得して地上波・BS(BS朝日)・CS(テレ朝チャンネル)の3波を活用して全戦中継を行っています。

http://www.tv-asahi.co.jp/formulae/

【フォーミュラE選手権 2016-17シーズン】
開幕戦    2016年10月9日    香港
第2戦    2016年11月12日    マラケシュ(モロッコ)
第3戦    2017年2月18日    ブエノスアイレス(アルゼンチン)
第4戦    2017年4月1日    メキシコシティ(メキシコ)
第5戦    2017年5月13日    モンテカルロ(モナコ)
第6戦    2017年5月20日    パリ(フランス)
第7戦    2017年6月10日    ベルリン(ドイツ)
第8戦    2017年7月1日    ブリュッセル(ベルギー)
第9戦    2017年7月15日    ニューヨーク(アメリカ)
第10戦 2017年7月16日    ニューヨーク(アメリカ)
第11戦 2017年7月29日    モントリオール(カナダ)
最終戦    2017年7月30日    モントリオール(カナダ)

第2戦の決勝ハイライトを録画で観戦しました。

F1との大きな違いは、エンジン音が無くヒュンヒュンという静かな音で迫力が皆無です。また、マシンを乗換ます。33周をマシン1台では周回できず、18周目くらいでピットインしてレーサーがもう一台に乗換るというカッコ悪さがあります。

F1に熱狂した人間からすると、興味が持てません。人気が出るのでしょうか。

ちなみに、2016 - 17年に前座レースとして、人工知能による自動運転車での「ロボレース(ROBORACE)」が開催される予定なので、こちらに注目したいと思います。

http://fec.no-mania.com/roborace/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.29

物凄くゴージャスなベンツのキャンピングカーをYouTubeで見つけました

ベンツのキャンピングカーは、自動車を運べる高級ホテルのようなキャンピングカーです。想像したこともない豪華過ぎる車です!高級キャンピングカーをグランピングカーと呼ぶようです。

YouTube動画で見つけました。お値段は1億超え?!さらに世界ではこれよりももっと凄いのもあるようです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.19

【ベンツBクラス(2012)】法定1年点検(2年目)の代車でAクラスを初運転し、新型Eクラスの展示車に乗り込んだ!

ベンツBクラス(2012)を購入して2年経ち、2回目の法定1年点検のためにヤナセに車を預けました。今回は初めて代車を用意してもらいAクラスを初めて運転しました。

KIMG0150

運転の操作は全くBクラスと同じなので、全く不安がありません。代車であってもしっかりと整備されているので、違和感はありませんでした。

KIMG0149

過去に国産車を乗っていた時代に代車を用意してもらったのとは大違いです。当時のそれは足回りがヘタっており、オートマ車だったのですが制動が不十分で怖い思いをしました。そのため、それがトラウマとなり代車を用意してもらうのを極力避けてきました。

Aクラスも良いですね。Bクラスよりも車高が低くより引き締まった車内空間です。一般道を20分間くらいしか走っていないので比較できるほどではありませんが、乗り心地はBクラスよりもキビキビした印象です。エンジンは同じものなので出足等の差は感じませんでした。

ヤナセでは、新型Eクラスが展示されていたので中に入ってみました。自動運転で最先端を行く、今一番の憧れの車です。

KIMG0142

Sクラスのような雰囲気があり、高級感が漂います。

KIMG0144

運転席に乗り込んですぐに左足の置き場スペースが狭いことに気づきました。隣に並んでいるCクラスと比較しても余裕がありません。

KIMG0154

意外だったのは、ドアが非常に軽くCクラスよりも重厚感はありません。アルミにより軽量化が図られたためですが、ベンツらしさが消えています。

KIMG0152

実際に乗り心地を確かめたいのですが、700万を超える値段だと流石に試乗する勇気が沸きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.09

平成28年度の自動車税はインターネットでクレジットカード納付を初利用した

これまで次の2つの理由で利用してきませんでした。

①決済手数料324円が勿体ない。
②自動車税納税証明書が発行されない。

そのため、現金を持ってコンビニエンスストアで支払っていました。

ところが、今年は手数料は目をつぶってクレジットカード納付をしました。

利用して知ったのですが、「Yahoo!公金支払い」なのでYahoo! IDでログインするとYahoo!ウォレット登録のクレジットカードで支払えます。さらにTポイントが利用できることが分かりました。

しかも「Yahoo!カードをお支払いに使用すると、支払い金額に応じてTポイントを獲得できます。」だそうです。あいにくYahoo!カードでは無いのでポイント付与されませんが、継続的に利用するようであればYahoo!カード取得を検討したほうが良さげです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.04

メルセデス・ベンツ新型Eクラスの自動運転は凄い

1月に米デトロイトで開かれた北米国際自動車ショーで発表された開発コードW213のメルセデス・ベンツ新型Eクラスは、2016年内に日本へ上陸するようです。

特に注目しているのが、自動運転機能です。既にテスラが自動化レベル3に足を踏み入れつつあるようですが、新型Eクラスはレベル2ながら自動車メーカー最高峰の安全性能を手に入れたようです。

YouTubeでその凄さを確認しました。
国際モータージャーナリスト・清水和夫とその仲間達による映像専門サイトStartYourEnginesXで3月22日に「最新のEクラスに最新の自動運転技術を見た!」が配信されています。

運転手がアクセルを踏んでいても、車や人が飛び出すとフルブレーキで止まるとは驚きです。車線変更して衝突しないように回避するようにハンドルを切る動きもあるようです。

レベル3で実現するオートパイロット機能に向けてメルセデス・ベンツは確実に進化させているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.21

日本企業プリファード・ネットワークスはAI開発でグーグルを超えるか

2016年2月19日のBSジャパン「日経プラス10」のトーク+(プラス)で紹介されました。オフィシャル佐サイトから転載します。

【ゲスト】
西川徹(プリファード・ネットワークス社長)
【トークテーマ】
「グーグルを超える!? トヨタもほれた人工知能ベンチャー」
トヨタ、ファナック、パナソニックなど日本を代表するものづくり企業が、出資、提携、協業を申し出る、社員約30人のベンチャー企業。33歳の社長は「グーグルの先を行く技術を狙っている」と語る―。ベンチャー企業プリファード・ネットワークスが手掛けているのは人工知能、なかでも“深層学習”と呼ばれる、機械自らが学習して賢くなっていく技術で、まるで人間の赤ちゃんが学んでいくように学習をすることができるという。若手ベンチャーが開発する“深層学習”は日本のものづくりをどう変えるか。

今年のCESで発表した、ぶつからないクルマのデモ映像が紹介されました。自動車の模型が6台が走行していて、赤い1台が人間が運転していると想定して無謀な運転をするにも関わらず、残り5台はAI自動運転をしていて絶対に赤い1台を含め他のクルマとぶつからない動きをしています。

この映像は既に観ていて特に興味を持てなかったのですが、1台だけ人間が運転しているという設定を知って驚きました。リアルタイムに個々のAIクルマが学習し、すぐさまその学習した内容を他のクルマと共有するという仕掛けだそうです。これは、グーグルが行っているクラウド型の一旦データを集めて配信する方式とは違ってアドバンテージがあるそうです。確かに自動運転では刻一刻と状況が変化している中でリアルタイムにAIが協調するプリファード・ネットワークスの方式が優れています。

日経ビジネスでも2015年12月18日に次の記事が掲載されていました。

トヨタも出資するAIベンチャーの実力  基本方針は「トップ企業としか組まない」

今後、注目すべきAIベンチャー企業です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016.02.16

【ベンツBクラス(2012)】ベンツは何故運転が疲れないのか?

以前、長距離運転が疲れないことを報告しています。

2014.09.01 【ベンツBクラス】長距離運転でも疲れない感覚は異次元だ

当時はまだ購入間もない時期でもあり、運転に慣れていないので感覚的なレポートになりました。ようやく運転に慣れてきたので改めて「ベンツは何故運転が疲れないのか?」を検証します。

疲れないことに関して一番貢献しているのは、「ブレーキのホールド機能」です。

ベンツには、サイドブレーキがありません。その代わりに電気式パーキングブレーキが搭載されています。基本的にはサイドブレーキと同じ操作で、駐車時に作動させます。右足の上にあるボタンを押して作動させ、ボタンを引くことで解除します。ただし、坂道発進の際には電気式パーキングブレーキは全く利用しません。

KIMG0113

坂道発進で以前のオートマチック車の場合は、絶えずブレーキペダルを踏んでいて、発進の際に直ぐにアクセルペダルに切り替えました。急な坂道の場合は、マニュアル車のようにサイドブレーキを戻しながら車両が後退しないように補助することがありました(オートマチック車は後退しないと分かっていながらもサイドブレーキを使用しました)。

Bクラス(2012)の場合は、サイドブレーキを代替するのがブレーキのホールド機能になります。ホールド機能が作動しているときはブレーキが効いている状態を維持します。

KIMG0105

ホールド機能を作動させるには、ブレーキペダルを踏んで停車したら、更にブレーキペダルを踏むと写真のようにホールド状態が表示されます。ホールド機能を解除するには、アクセルペダルを踏めば自動的に解除されます。

坂道でも平地でも停車してホールド機能を作動させると、その場所でブレーキが効いている停止状態が維持され、アクセルペダルで発進できます。すなわち、停止の解除は車が前に進まなければ(アクセルペダルを踏まなければ)、停止が維持され続けることになります。

このように坂道では上り下りの勾配に関係なく、スムーズに坂道発進ができます。また、平地では渋滞時にブレーキペダルを踏み続ける必要が無く、ホールド機能によって常に右足を下ろしておけるので身体に負担がかかりません。渋滞時にブレーキペダルを踏み続けるとそれだけで常に腹筋を使っていますが、Bクラスにはそのような負荷はありません。だから長距離や渋滞があっても疲れないのです。

他メーカーで採用しているのかは自動車に詳しくないのでわかりませんが、運転の基本の“き”に相当する地味な機能を、簡単な操作で実現し、合理的かつ身体的な負担が取り除かれていることに購入時から驚きました。ベンツの安全に対する先進性には感服し続けています。

2016年の年明け(購入1年4ヵ月)に走行距離が6000kmを超えました。まだまだ昔に身体が覚えた操作法で細かなミスを起こすことがありますが、一番大事なブレーキに関しては、このホールド機能で安全快適に運転できています。

ところで、電気式パーキングブレーキは作動させるのはボタン操作なので、サイドブレーキのように腕で引っ張ることで作動させたことを身体がはっきり認識できるのと違って、作動させたかどうか何度もディスプレイで確認する配慮が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.15

国交省がテスラの自動運転ソフト配信を承認で、日本も自動運転の時代に突入する

米国では昨年10月からテスラに自動運転ソフトウェア(バージョン7)を配信していますが、4ヵ月遅れでようやく日本でも配信されます。

Car Watchの記事で知りました。

自動運転社会始まる。国交省が承認し、テスラ「モデルS」用自動運転ソフトウェアの配信開始


いよいよ日本でも自動運転の時代に突入しましす。それにしても意外と早く国交省が承認を与えたと思います。やはり世界に遅れを取るのはまずいと判断したのではないでしょうか。

テスラModel Sは昨年手動運転で試乗しています。テスラのスタッフの方は昨年内でのバージョンアップと話されていました。

Car Watchの記事ではレベル2と紹介されていますが、オートパイロット機能はレベル3で実現されるものであり、自動運転と形容されるので、ほぼレベル3と定義しても良いと思います。

次の注目は、レベル2では先行していたベンツなどの欧州メーカーがどのように自動運転機能を投入してくるかだと思います。もしかするとスバルや日産など国内メーカーがそれより先に動くかもしれません。

【関連記事】
2014.08.26 【ベンツBクラス】ディストロニック・プラスで近未来を体験する!
2014.09.12 【ベンツBクラス】スバルのアイサイトはディストロニック・プラスと同等の自動運転支援システムだ
2014.11.09  ベンツ新型Sクラスクーペの運転席に座った
2014.12.29  メルセデス・ベンツが描く自動運転の世界が凄い!!
2015.04.27  プレゼン資料「4動画(16'28")でわかる自動運転」を作った
2015.05.30  自動運転の元祖はナイトライダー?!
2015.06.11  新書『AIの衝撃 人工知能は人類の敵か』に驚愕した

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.08

「MHヒルクライ­ム」の第2弾はシャープです!

カッコイイですね〜!
「箱根ターンパイクをレースカーがゼンカイで駆け上る衝撃のイベント」です。第2弾はシャープさを感じます。

ちなみに、第1弾はこちらで、力強さがあります。やはりこちらのほうが最初でインパクトが大きくて好みです。

これらのビデオは、自動車雑誌「モーターヘッド」が提供するビデオです。

http://motorheadmagazine.jp/

雑誌自体は購入したことはないのですが、自動車に対する熱い心意気が気持ち良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.26

【ベンツB180(2012)】レインセンサーの場所がわかった

エンジンキーを回すと、晴れなのにフロントワイパーが1回だけ作動してしまう現象が立て続けに何度も起こりました。

理由は、コンビネーションスイッチをいつもONにしているからです。しかし、これまではレインセンサーが正確に作動していたので、本当に雨模様にならないかぎり作動しませんでした。

ヤナセの担当者へ質問したところ、レインセンサーの部分が汚れているため誤動作しているようなので、コンビネーションスイッチをOFF(写真の状態)にすれば解決するとの回答をもらいました。さらに、ショールームの最終日に洗車がてら状態を確認していただけるとのことです。

KIMG0102

有難いご案内なので、2015年の仕事納めの日に寄らせていただきました。そこで、洗車のうえレインセンサーの状態が問題ないことを確認していただき、さらにレインセンサーの場所がフロントガラスの車載カメラ部分にあることを教えていただきました。いままでは、フロントワイパーの付け根にあって、雨が流れ落ちたら雨を認識するのだろうと単純に考えていました。

KIMG0104

改めて、取扱説明書を確認すると次の通りです。転載します。

乾燥した条件でフロントウインドウが汚れた場合、フロントワイパーが不意に作動するおそれがあります。ワイパーブレードを損傷したり、ウインドウに傷が付くおそれがあります。
このため、雨が降っていないときは必ずワイパースイッチを停止の位置にしてください。

当たり前のことが記述されています。ONにしているほうがどうかしている。システムの自動作動に頼りきっていたことを猛省したいと思います。ともかく今後は他の箇所でも一旦OFFにするか、リセットすることを心掛けます。

自動運転が2020年に向けて、盛り上がりをみせていますが、些細なトラブルを経験すると今言われている無人での自動運転は実現不可能と感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧