2020.03.25

ついに、スマートウォッチのバンドが破断した

先月、定革の部分が切れましたが、とうとうバンドの途中から切れました。
しかし、災難続きですが、まだ腕に巻けます。

Img_8331

スマートウォッチHUAWEI Band 2 Proは2年数か月でボロボロ、、、(泣)
バンドの耐久性に難ありでした。

| | コメント (0)

2020.02.12

スマートウォッチのバンドの定革が切れた

スマートウォッチHUAWEI Band 2 Proのバンドの定革の部分がいつのまにか断絶していました。先月末くらいに気付きました。

Img_7979
一昨年修理で交換した側ではなく、反対側が経年劣化したようです。
子穴に尾錠を差し込んで固定するので、使用上は問題ありませんが、腕に巻くときのガイドなので取り付けにくくなりました。

2年数か月です。耐久性はこんなものなのでしょうね。諦めます。

フィットネスモニタリング機能もさることながら、LINEやSlack、電話着信の通知を振動で知らせてくれる機能が便利です。LINEやSlackはメッセージの一部が表示されるので、重宝しています。

ところで、昨年のGWの頃から、スマートウォッチとアナログ時計を一緒に付けています。

Img_8008

一瞬で時間を確認できるアナログ時計に勝るものはありません。 Band 2 Proは腕を上げると時間が表示される仕様ですが、時々反応しない時があるので、両方を身に着けるようになりました。スマートウォッチは充電しなければならないので外す間は、アナログ時計が必要になります。

ちなみに、アナログ時計は60g、スマートウォッチは22gなので重さは気になりません。

【関連記事】
2016.03.08 スマートウォッチでなく、アナログ腕時計を購入した
2017.12.24 心拍数を測定できるスマートウォッチHUAWEI Band 2 Proを手に入れた
2018.01.30 スマートウォッチHUAWEI Band 2 Proを1ヶ月使って、分かった12項目はこれ!
2018.12.11 Band 2 Proが壊れたので、ファーウェイのカスタマーサービスに修理を依頼した
2018.12.15 Band 2 Proの修理は5日で戻った

| | コメント (0)

2020.01.20

プロジェクターに外部スピーカー必要でした

DR.Jの小型プロジェクターの本体スピーカーは非力です。レベルは100まであるのですが、音源によってはMAXにしても小さな音量のケースがあって実用に耐えません。

そこで、外部スピーカーを用いることにしました。Qtuo社のVICTOP Bluetooth スピーカーです。

Img_7799Img_7800

amazonで2017年4月12日に4,532円で購入していました。小型ながら筐体がアルミニウム合金で重低音が強化されています。バッテリーは5000mAhで8時間再生可能ということでしたが、実際は2~3時間しか持たないので、あまり使っていませんでした。そのため、当ブログでレビューしていませんでした。

【Qtuo社のVICTOP Bluetooth スピーカー仕様】
・大きさ:20×6×6cm
・重さ:719g
・Bluetoothバージョン:4.0
・定格電力:10W×2
・周波数:90Hz〜20000Hz
・騒音レベル:80db

プロジェクターのヘッドホン端子からAUXケーブルでVICTOP Bluetooth スピーカーのAUX端子に繋ぎ音を出します。

Img_7798

Bluetooth接続は使いません。これによって音量調節が本体だとレベル100が、外部スピーカーでレベル20くらいで同じくらいの音になります。すでに、バッテリーはへたっているので常にMicroUSB充電ケーブルを電源に繋いでいます。

本当は、画面の下から音が出るようにすべきなのでしょうが、部屋が6畳なのでさほど気になりません。そもそも小型スピーカーなので程よい音で楽しめます。

ということで、我が家のホームシアターは次の構成になります。購入時の合計金額は2万3065円です。

Img_7797

①プロジェクター本体:DR.Jの小型プロジェクター(6521円)
②外部スピーカー:Qtuo社のVICTOP Bluetooth スピーカー(4532円)
HDMI切替器(998円)
④第2世代chromecast(4482円)→ちなみに、第3世代3,780円
⑤ブルーレイプレーヤー:DMP-BD90(6532円)

これだけ安くて70型超えの大画面でホームシアターが実現するので、もう大型テレビは購入しないでしょう。これからは小型プロジェクターの時代です。

| | コメント (0)

2020.01.02

プロジェクターにHDMI切替器とGoogle Nest Miniが加わってホームシアターが完成した!

プロジェクターにブルーレイプレーヤーを追加したことで、chromecastと2台接続しなければならなくなり、HDMI切替器を導入しました。

Img_7676

amazonで998円です。以前のものと比べて格安でしかも電源が必要ないのがメリットです。写真の通り接続しました。手動で「Select」ボタンを押して接続したいデバイスを選択します。

Img_7679

● 商品名:HDMI切替器/セレクター 3HDMI to HDMI(メス→オス) 3D対応 V1.4( 3入力 to 1出力)

● サイズ等詳細

端子:標準 HDMI Aタイプ
入力:3HDMI メス
出力:1HDMI オス
長さ:約40cm
バージョン:V1.4 HDCPサポート
3D対応:1080P@23.98/24Hz、720P@59.94@60Hz/50Hz含む、最高250MHz
Bandwith:225MHz/2.25Gbpsシングルチャネル(6.75Gbps オール チャンネル)サポート
最大12bit シングルチャンネル (36bit all チャンネル)ディープカラー

そして、プレゼントのGoogle Nest Miniが大晦日に届きました。応募してからなかなか到着しないので、「配送状況の確認」をいしたところ、前の住所に送付されたことが分かってヤマト運輸に連絡して対応してもらいました。まさかGoogleアカウントの住所録が更新されていなかったとは不覚でした。

パッケージに第2世代とあります。

Img_7674

初代のGoogle Home Miniから名前が変わっただけで、使い勝手は変化ありません。アプリ「Google Home」で簡単に導入が完了しました。

Img_7678

これでGoogle Nest Miniをコントロールしてプロジェクターに接続したchromecastからYouTube動画再生などが出来ます。

プロジェクターを導入して約1ヶ月で最新式のホームシアターが完成しました。今後はテレビに代わって映像コンテンツをガンガン観ます!

【Google Nest Miniの仕様】

サイズと重量
サイズ
直径: 3.85 インチ(98 mm)
高さ: 42 mm
電源ケーブル: 1.5 m
重量
デバイス: 181 g

通信方式
802.11b/g/n/ac (2.4 GHz/5 GHz) Wi-Fi
Bluetooth® 5.0
Chromecast built-in

電源とポート
電源
15 W 電源アダプター
ポート
DC 電源ジャック

スピーカーとマイク
スピーカー
Google アシスタント搭載
40 mm ドライバ搭載で 360 度サウンドを実現
マイク
高感度マイク x 3
Voice Match 機能

センサー
静電容量方式タッチセンサー
高感度マイク x 3

プロセッサ
クアッドコア 64-bit ARM CPU 1.4 GHz
高性能 ML ハードウェア エンジン

Google Home アプリでサポートされるオペレーティング システム
Android • iOS

| | コメント (0)

2019.12.30

プロジェクターにブルーレイプレーヤーを追加した

年末年始にホームシアターで映画を楽しむために、chromecastで使っているプロジェクターにブルーレイプレーヤーを追加しました。昨晩、amazonで手頃な製品を探していたところ、PanasonicのブルーレイプレーヤーDMP-BD90が8,166円が20%引き(クーポン10%引き+プライム会員限定セール10%引き)の何と6,532円で購入出来ました。

主な商品の特長は次の通り。

高画質映像が楽しめる

■フルHDアップコンバート、1080/24p出力、Deep Color対応
高画質フルHDアップコンバートや、毎秒24フレームの1080/24p出力対応により、SD映像をハイビジョン画質の高精細な映像で再生します。さらに、Deep Color対応による高階調表示で、色鮮やかな映像が楽しめます。
*1080/24p出力は、24pで記録されたBD-VideoとDVD-Videoの再生時のみ有効。


年末だというのに翌日午前中に宅配ボックスに配達してくれました。

パッケージです。

Img_7667

中身は、本体、リモコン、乾電池、ACアダプター、取扱説明書です。

Img_7670

本体は小さくて、軽い(約0.8㎏)です。

Img_7668     

背面は、HDMI端子口があるだけでシンプルです。

Img_7669

プロジェクターにブルーレイプレーヤーDMP-BD90をHDMIケーブルで繋ぎます。

Img_7671

ドラマ「アンナチュラル」を録画したブルーレイディスクを入れて、プロジェクターで映した操作画面です。

Img_7672

映像は高画質です。chromecastによるストリーミングと比べてワンランク上です。映画『ローグ・ワン:スター・ウォーズ・ストーリー』を観たのですが、大迫力で期待以上の映像でした。大満足です。

ライブラリのブルーレイディスクは数百枚ありますので、これまでの資産が活かせます。

それにしても、トータル2万円弱でプロジェクターとchromecast、ブルーレイプレーヤーが揃えられ、70型を超える大スクリーンのホームシアターが実現できるとは、嬉しい限りです。

【ブルーレイディスクプレーヤー DMP-BD90 詳細(スペック)】

電源:DC12V 0.8A
消費電力:6W
待機時消費電力:クイックスタート「切」時:約0.5W、クイックスタート「入」時:約3.5W
外形寸法:幅245mm×高さ38.5mm×奥行175mm(突起部含まず)
質量:0.8kg
再生可能メディア:
●BD-RE Ver.2.1(片面1層/2層)(*BD-RE(Ver.1.0)は非対応)
●BD-R Ver.1.1/1.2/1.3(片面1層/2層)、Ver.1.2LTH/1.3LTH(片面1層)
●BD-Video[BONUSVIEW]
●DVD-RW/+RW(ファイナライズ済)
●DVD-R/+R(ファイナライズ済)
●DVD-R DL/+R DL(ファイナライズ済)
●DVD-Video
●DVD-R(JPEG、MP3、WAV、FLAC、WMA、AAC、MKV、ALAC、DSD)
●DVD-R DL(JPEG、MP3、WAV、FLAC、WMA、AAC、MKV、ALAC、DSD)
●音楽CD(CD-DAフォーマット)
●CD-R/RW(CD-DA、JPEG、MP3、WAV、FLAC、WMA、AAC、MKV、ALAC)
出力端子:HDMI端子 1系統(1080/24p・1080/60p・1080/60i・720/60p・480/60p)
USB端子:1系統
LAN端子:-
3Dブルーレイディスク対応:-
無線LAN対応:-

| | コメント (0)

2019.12.18

YouTube Premium利用者にGoogle Nest Miniがプレゼントされるので申し込んだ

帰宅途中の電車の中でアプリ「YouTube Music」の曲を変えようと操作しようとしたところ、Google Nest Miniプレゼントの画面に切り替わりました。YouTubeの有料メンバーシップに登録している人にプレゼントするようです。

Img_7518

「今すぐ受け取る」をタップすると、ブラウザに切り替わりGoogleアカウントを入力させて、「2段階認証プロセス」で本人確認が完了すると次の画面に移ります。カラーを選べるようになっており、購入手続きの際に割引が適用されるようです。

Img_7519

コーラル色を「カートに追加」します。次の画面では、何とChromecast Ultraもショッピングカートに入っています。プレゼントと言いながら購入させる手立てです。

Img_7521

危ない、危ない、、、そこで、Chromecast Ultraを削除します。

Google Nest Miniのみなりました。¥6,050と表示されています。ここからは覚悟を決めて「ご購入手続き」をタップしました。

Img_7522

次の画面で割引き-¥6,050が表示されて、「購入を確認」をタップして手続き完了です。最後の画面で合計¥0が表示されていました。配送予定日は12月23日~30日です。

Google Home Miniの後継機が使えるなんて楽しみです。

| | コメント (0)

2019.12.13

chromecastを追加購入した

今までTVで使用していたchromecastをプロジェクターに使うことにしたので、新たにTV用にchromecastを購入しました。

Img_7443
ビックカメラ.comでコーラル色が3,780円だったので注文して12月8日に届きました。

Img_7444

購入に当たって、Chromecast Ultra(9,900円)にしようか考えたのですが、4K対応テレビでは無いことと、高いので見送りました。amazonのFire TV Stick(4,980円)はAlexa対応なので論外です。

セットアップはアプリ「Google Home」で行えますが、次の画面から進みません。

Img_7445

我が家の二階のWi-Fiは中継機を使っているためです。そのため自動では行えず、手動でパスワードを入力して完了させました。それでも簡単に導入出来ますね。

YouTube動画をストリーミングしてみると明らかに2016年に購入したchromecastよりも発色が良くてきれいです。前のものは第2世代で、今回のchromecastは第3世代のようで、1080p 60fpsのビデオが再生可能とのことです。

Chromecast (第1世代) 1個
Chromecast (第2世代) 1個
Chromecast (第3世代) 1個

今回で3個目です。第1世代は親戚にあげて手元にありません。

第2世代と第3世代は共に操作性は同一なので、扱いが楽です。

| | コメント (0)

2019.12.08

プロジェクターを購入してホームシアターを安く簡単に実現した【追記あり】

amazonでDR.Jの小型プロジェクターを税込6521円で11月30日に注文して12月1日に届きました。黒い箱で安っぽくありません。

Img_7353

6畳の部屋で壁からプロジェクターまでが230㎝で、74.5型スクリーンのホームシアターが実現しました。4000ルーメンとのことですが、日中はカーテンを閉めて何とか見える程度です。夜は問題なしです。これだけの大画面が廉価で実現できるとは驚きです。

プロジェクターに次の3つをを接続して試しました。そして、chromecastの組み合わせで使うことに決めました。
chromecast
Air Stick 4K
③iPad Pro

①現在テレビに接続しているchromecastを引き抜いて、プロジェクターのHDMI入力端子に差し込んで、iPad Proからコンテンツをストリーミングしました。

Img_7438

当たり前ですが、音はプロジェクターのスピーカーから出ますので、ヘッドホン端子にヘッドホンをつないで映画鑑賞となります。

②Android TV端末を同じようにプロジェクターのHDMI入力端子に差し込んで、コンテンツはAir Stick 4Kにデフォルトで入っているアプリを再生します。アプリはYouTube、GYAO!、AbemaTVです。また、Android TVにはchromecast機能がありますが、不具合で接続できません。現在バージョンは7.1.2ですが、がっかりするほど2年前と変わっていません。家の中のデバイスを管理設定するスマホのアプリ「Google Home」にも接続できません。Android TV端末、駄目過ぎです。

Img_7436

ただし、①と違って、Android TV端末なのでBluetoothイヤホンが使えます。chromecastと比べて唯一のメリットになります。

③は①②と違い駄目でした。iPhone / iPad 画面をTVに転送するlightning to HDMI交換ケーブルを、1,399円で新たに購入しました。

Img_7364

プロジェクターのHDMIとUSB入力端子に接続し、Lightning接続端子にiPad Proをつないで、プロジェクターにiPad Proの画面をミラーリングしましたが、映りません。購入したアダプタとiPad Proの相性が悪いのだと思います。

【師匠に伺いました:「物理的な解像度は800*480」なので、iPad Proの解像度をPCのようにプロジェクターに合わせることができれば、ミラーリングできるはずとのことです。iPad Pro側で解像度を下げることが出来そうもないので駄目そうです。要するにlightning to HDMI交換ケーブルの問題ではありませんでした。】

Img00181

以下は、DR.J小型プロジェクターの説明です。

中身は、プロジェクター本体、取扱説明書、リモコン、電源コード、HDMIケーブル、AVケーブルです。

Img_7354

リモコンには電池は付属しません。

Img_7365

本体正面、上面、下面、背面、正面右側面、正面左側面、上面の操作キー(リモコンと同じ)。

Img_7357Img_7358

Img_7362_20191208220901Img_7361

Img_7355

Img_7359

仕様(amazonから引用)

ブランド:DR.J
商品重量:1.4 Kg
梱包サイズ:31.1 x 20 x 10.7 cm

♚【小型ですが、4000lmがある!】ホームプロジェクターの明るさと性能を高めるために、いつも努力しております。革新の技術が採用されて、4000ルーメンまで高めしました。普通の小型プロジェクターより80%明るいです。
♚【50000時間の長寿命】LEDライトの動作寿命が長いで、50000時間以上働かせることができます。
♚【1080PフルHDに対応】物理的な解像度は800*480ですが、1080PフルHDの画像と映像に対応できます。コントラストは2000:1で、鮮明的に投影できます。
♚【台形補正と170''大画面の投写】このモバイルプロジェクターは台形補正機能が上へ19度、下へ10度の調整も簡単に行えます。簡単に高品質の映像や音楽を投写できます。マニュアルフォーカスすると、投影された画像サイズは最大170インチまで調整することができます。
♚【ご注意】お客様に最高の商品を提供するために、明るさをいつも改善しております。DR.JのLEDプロジェクターは3年の保証期限があります。ご利用中なにか不明があればお気軽に弊社のカスタマーサビースとお問い合わせください。

サイトは英語なので、よくわかりません。取扱説明書もサポートに関しては次のURLだけです。

https://www.drjprofessional.com/

| | コメント (0)

2019.09.01

【防災グッズ】サバイバルフーズとトイレタブレットを購入した

2019年9月1日防災の日に、サバイバルフーズとトイレタブレットが届きました。Amazonで購入です。

Img_6253

・非常食 長期保存食のサバイバルフーズ 大缶ファミリーセット(クラッカー&野菜シチュー)計60食セット ¥ 15,000

Img_6254
・エクセルシア 簡易トイレ ほっ! トイレ タブレット 50g×100袋 HTB-002 ¥ 17,963

Img_6255 Img_6256

サバイバルフーズは賞味期限が25年です。ドライフードは進化しているのですね。
ほっ! トイレ タブレットは、自宅のトイレが使えない際に、便器に袋を敷いて用を足す前に袋に入れると、石灰等を主成分とした薬剤が汚物を除菌し悪臭と防ぐ優れものです。

深夜の教養バラエティ番組「AI・DOL PROJECT」(2019年8月26日(月) 25時00分~25時30分)で紹介されていて、即購入しました。この番組は2019年4月2日からテレビ東京で放送されています。各回ハロー!プロジェクト所属の各メンバーが案内人を務めています。防災を紹介した回は、Juice=Juiceの金澤朋子と植村あかりが担当していました。Juice=Juiceに関しては、ドラマ「武道館」で知っていました。

防災において、重要なのは食べることと排泄です。この2つを改めて案内してくれて勉強になりました。

また、防災グッズではないのですが、家の地震対策技術として耐震・制振・免震の上を行く、「断震」という家と家の基礎を空気で浮かして、揺れを1/30に抑える工法も紹介されていて驚きました。1棟500万円程度だそうです。

防災も日々進化していることが分かりました。

【防災グッズ関連】
2016.07.31 【防災グッズ】Aedon モバイルバッテリー 超大容量2万mAh ソーラーチャージャー(A8)は重すぎる!
2014.07.06 【防災グッズ】アルファ米 五目ごはんを食べた
2013.08.24 【防災グッズ】ダンボール製組立式簡易トイレを購入した
2011.08.27 【防災グッズ】手回し充電ラジオを購入した

| | コメント (0)

2019.07.15

全自動コーヒーメーカーを購入した

コーヒー豆から作れるコーヒーメーカーが欲しくて、Panasonicの沸騰浄水コーヒーメーカーNC-A57をamazonから本体17,510円+5年保証1,595円=19,105円で購入しました。家電購入はいつもJoshin Webからと決めているのですが、決済方法が「d払い」にamazonが対応しているため7月中の20%還元キャンペーンに乗っかりました。

NC-A57は、紙フィルターと水タンクをセットして、豆を入れてスイッチを押すと全自動でコーヒーが出来上がります。ばらすといろいろな部品で構成されています。

Img_5859

そのため、取扱説明書を事前に確認する必要がありますが、複雑ではありません。次の手順です。
①紙フィルターのセットする。
②豆容器のふたを開けてコーヒー豆を入れる。

Img_5861
③水タンクに水を入れ、本体にセットする。
④電源プラグを差し込み、希望コースを選んでスタートさせる。
⑤ピーピーピーピーと音が鳴ったら出来上がり。

Img_5862

一番最初は5杯分(モカブレンド)を作りました。中細びきです。10分かかっていません。

お手入れは簡単です。バスケットと呼ばれる部分を開けて、紙フィルターを捨てて、バスケットのフタについたコーヒー粉を洗い流すだけです。

Img_5863

カスタマーレビューで豆を挽く音がうるさいとか、コーヒーが出来上がるまでに時間がかかるといったネガティブなコメントがありましたが、俺にとってはそれほどでもありません。

コーヒー粉から作ると時間もかからず5分くらいで出来上がります。

なお、コーヒー豆はCOFFEE FARM「KALDI」で次の3種類を200gずつ購入しました。
・スペシャルブレンド 507円
・モカブレンド    718円
・マイルドカルディ  496円

Img_5860

最初のモカブレンドの出来ですが、コクと苦みがすっきりしています。全体的に若干物足りなさを感じます。機会があれば今まで使っていたコーヒーメーカーと飲み比べてみたいと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧