2018.01.16

Google HomeをBluetoothスピーカーとして使う

Google Home miniに同梱されている取扱説明書には、Bluetoothスピーカーでの利用が書かれていません。最近になってネット記事でGoogle HomeをBluetoothスピーカーとして使うためのノウハウを目にするようになりました。

そこで、早速試してみました。Google Home miniとiPad ProをBluetooth接続します。

DSC_0347

次の音声コマンドとiPad Proの設定で簡単に出来ます。

【最初のBluetooth接続】
①操作者:「OK Google、Bluetooth(ブルートゥース)。」
②GH     :「わかりました、ペア設定済みのデバイスを探しています。」
                「承知しました。接続するにはBluetooth設定を開いて、
                    リビングというデバイスを探してください。」
③操作者:iPad Proの設定>Bluetooth>リビングをタップして接続。

【2回目以降のBluetooth接続】
①操作者:「OK Google、Bluetooth(ブルートゥース)。」
②GH     :「わかりました、ペア設定済みのデバイスを探しています。」
                 「BluetoothはiPad(4)※に接続されています。」

【Bluetooth接続の解除】
①操作者:「OK Google、Bluetooth(ブルートゥース)解除。」
②GH     :「わかりました。Bluetoothの接続を解除しました。」

ところで、前述のiPad(4)※ですが、何故4なのかわかりません。Google Homeと接続しているのはChromecastだけです。しかも、Bluetooth接続では無いので1でも良いはずなのですが、仕様がわかりません。

ちなみに、利用シーンですが、俺の場合はアプリ「radiko.jp」のタイムフリーでラジオ番組を聴くときか、アプリ「Podcast」のコンテンツを聴くときです。
今後、Google Homeからそれぞれを直接コントロール出来るようになれば、Bluetoothスピーカーとして使う場面は減ると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.14

電子レンジの後継はPanasonic エレック NE-MS234にした

一昨日の金曜の夜に、日立の電子レンジが故障して、直ぐにJoshin webで購入し本日届きました。5年長期修理保証を付けて2万7943円でした。ポイント・割引クーポンを利用しています。

DSC_0344

毎日使う白物家電は、買い替えは直ぐ実行しなければなりません。以前はリアル店舗に出かけて買った商品を持ち帰るパターンで手間も労力も費やしましたが、オンラインショップの納品が短くなった進歩のお陰で、他の商品を購入するのと同じように負担が軽減されました。

庫内容量は23 Lで日立の22  Lよりも1L大きくなりました。外寸サイズは幅483x高さ310x奥行396mmで、高さが20mm低く、奥行きが10mm大きくなっだけでほぼ同じです。
メーカーが違うので操作が若干違いますが、同じ日本製なので僅かの違いです。取扱説明書で確認しました。大きさも価格もほぼ同じなので、機能もほぼ同じようです。

以前、洗濯機を買い替えたときも、日立からPanasonicへの切り替えです。

ちなみに、今まで使っていた電子レンジですが、以前壊れた掃除機と一緒に近くの廃棄所に運びました。弟が車を出してくれてました。要らなくなった炊飯器は使えるので弟に譲っています。

DSC_0343

【NE-MS234仕様】
発売日:2017年 9月 1日
最大レンジ出力:1000 W
質量:    12.6 kg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.12

日立オーブン電子レンジMRO-FF6が故障でエラーH56を表示した

DSC_0339

帰宅して焼き芋を温めようとして電子レンジをONにしたところ、直ぐにコントロールパネル裏から異音が発生し、配線が焦げる臭いがしてエラーコードH56が表示部に出て加熱が中断です。
 
即、電源からコンセントを抜きました。間違いなく致命的な故障です。
 
エラーコードを確認するために取扱説明書を探しますが見つかりません。そこで、日立サイトからPDFで取扱説明書をダウンロードしたのですが、エラーコードの詳細は記述されていません。不親切です。
 
そこでインターネット検索したところ、ブログ「浅井電器(個店) サービス&サポート日記」に詳細がレポートされていました。修理代は2万円を超えるようです。
 
MRO-FF6は2010年3月23日に2万1300円で購入したもので、使ってから約8年です。経年劣化なので、修理はせずに買い替えることにします。
 
そう言えば、MRO-FF6に買い替えたのは、その前の電子レンジが使用中に庫内で炎が出たからでした。慌てて翌日近くのヤマダ電機で購入しています。
 
今回は配線の焦げる臭いで炎は見えなかったのでまだ軽いのかもしれません。とりあえず、大事にならずに良かったです。それにしても、年末の炊飯器から家電の不具合が続いています。
 
【MRO-FF6仕様(2010年製)】
タイプ :電子オーブンレンジ
庫内容量: 22 L
最大レンジ出力:1000 W
サイズ:幅483x高さ330x奥行き386mm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.11

新型aiboが買えなくても、アプリ「My aibo」でaiboと遊べる

ソニーが、戌(いぬ)年1月11日ワンワンワンの今日、2006年に生産中止をした初代アイボから12年ぶりに復活させ、犬型家庭用ロボット「aibo(アイボ)」を発売しました。

昨年11月に発表され、3度の予約販売が完売しているそうです。実際に一括購入するには次の金額が掛かります。

本体価格:198,000円
aiboベーシックプラン一括払い:90,000円
aiboケアサポート(3年契約):54,000円

合計:342,000円(税別)、369,360円(税込)

流石に高いですね。ちなみに、初代は15万台売れたそうです。

手が届かなくても、バーチャルで新型aiboと遊べるアプリ「My aibo」をソニーは提供しています。そもそもアプリ「My aibo」は、所有するaiboの本体設定やオーナー情報の確認などが行えるものです。

IMG_1184

今朝の通勤途中でiPad Proにインストールして、既に取得済のMy Sony IDでサインインしてバーチャルで新型aiboと遊びました。

IMG_1188IMG_1192

操作は、タップしてさわり、フリックしてなでることができます。ボールやボーンを投げ入れることも出来ます。なでるとハートマークが表示されて、新型aiboが喜んでくれます。

まぁ、これだけなのですが、結構かわいいですね。
なお、アプリ「My aibo」には、ソニーストアのメニューもあって、新型aiboの購入手続きが出来ます。
新型aiboを持っていない人にも、もっと仕掛けを用意してくれると面白いですが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.03

ホットクックでお雑煮も作ってみた

今年は大晦日から、ヘルシオ ホットクックでお雑煮もご飯に続いて挑戦しています。
写真は2回目に作ったものです。

DSC_0334

ホットクックのメニューにお雑煮はありませんので、まぜ技ユニットもセットし、次の材料を鍋に全部入れて、手動にして「カレー・スープ」を選択して設定時間を4分にしてスタートして出来上がりを待つだけです。ちなみに、設定時間とは沸騰する継続する時間です。

【お雑煮レシピ】
・鶏肉バラ    120g
・小松菜    3束(一袋の半分)
・大根        300g(1/4本)
・椎茸     2枚
・めんつゆ     120cc(2倍濃縮)or 100cc(3倍濃縮)
・しょうゆ    大さじ1
・水        600cc

作り置きして、食べる際にボタン「あたため直し」を押すと、数分で再加熱してくれます。

時系列的に材料を加える料理ではないので、IHクッキングヒーターで鍋を使うよりも、超手軽に出来ます。換気扇を回す必要も無いので、消費電力を少なくしてエコに調理できるのではと思います。

最初はメニュー表に無いものは作らなかったのですが、鍋で出来るものはほとんど出来そうなので、鍋を使う料理をホットクックに移行してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.25

引き続き、Panasonicの炊飯器を購入してしまった

エラー表示を見間違えたばかりに、使えなくなったと勘違いして購入したPanasonicIHジャー炊飯器(SR-HB107)が届きました。Joshin webで23,050円です。

 

DSC_0333

 

ともかく、安くて直ぐに手に入るPanasonicのものを選んだだけで性能は二の次です。白物家電は信頼が置けるメーカーじゃないと駄目なので、Panasonicにしています。直近ではセラミックファンヒーターもそうでした。

 

従来のSR-HA103と並べてみました。ほぼ同じ大きさです。

 

DSC_0331

 

操作性は変わらないだろうと思って、水加減を見たところ、目盛りが2つあります。エコ炊飯と銀シャリの2コースに別れています。銀シャリコースのほうが水を多く入れて炊飯時間がかかります。エコ炊飯コースは炊飯時間と消費電力量に配慮しているそうです。

 

当然ながら銀シャリコースを選択しました。従来のSR-HA103と比べて美味しさが進化しているのか確認したいと思います。後日レポートします。

 

ちなみにエラー表示ですが、SR-HB107の背面一覧でU17は無くなっていました。要はエラーという軽いものでなく故障とすべき事象なのだと思います。なお、従来のSR-HA103は倉庫に保管します。

 
   

【IHジャー炊飯器(SR-HB107)仕様】    
カラー:ホワイト      
容量:1.0L(5.5合炊き)      
内釜:ダイヤモンド銅釜(全面打ち出し加工) (厚さ1.7mm)      
本体サイズ(約):幅25.0×奥行32.1×高さ20.1cm(ふたを開けた時の高さ:43.4cm)      
重量:約4.4kg      
消費電力:約1200W      
メニュー:9メニュー      
白米、無洗米、玄米、雑穀米、金芽ロウカット玄米、炊込み、炊きおこわ、すし・カレー、おかゆ      
操作部:オレンジ液晶      
付属品:しゃもじ、しゃもじホルダー、計量カップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.24

心拍数を測定できるスマートウォッチHUAWEI Band 2 Proを手に入れた

ウェラブル端末をいよいよ導入です。

 

DSC_0327 
ファーウェイ・ジャパンが、2017年9月8日にリストバンド型活動量計の新モデル「HUAWEI Band 2 Pro」を発売していました。この端末は心拍数が測れる優れものです。Joshin webで9500円で購入できました。

 

DSC_0324

 

本体とクレードルが入っています。

 

DSC_0325

 

導入の手順は次の通り。   
①スマホにアプリ「Huawai Wear」をインストールする。

 

163052    
②続けてアプリ「ヘルスケア」をインストールする。

 

163946    
③スマートウォッチとアプリ「Huawai Wear」でスマホとペアリングする。    
④ファームウェア更新する。

 

165024

 

導入にあたって、アプリ「ヘルスケア」の心拍数計機能とスマートウォッチがリンクしない現象が続きました。アプリ「Huawai Wear」の設定やスマートウォッチ本体を触っていたところ、何故かスマートウォッチで心拍数を測れるようになって解決しています。どうしてうまくリンクしなかったのかわかりません。なんだかんだで1時間近くかかりました。

 

スマートウォッチHUAWEI Band 2 Proは、今日から充電する時以外は、お風呂に入るときも装着して生活します。(12/26にFAQをダウンロードして確認したところ、温水シャワー、サウナ、 温泉などの水蒸気がダメだそうです。)

 

いろいろなことが出来そうですが、とりあえず、本日の計測データです。

 

232546224057

 
   

【HUAWEI Band 2 Pro主な特徴】

   

◆プレミアムメタルデザイン      
軽量21gのメタルボディ

   

◆長持ちバッテリーと急速充電      
・連続使用時間は21日間      
・おおよそ1.5時間で満充電を実現

   

◆スマートアシスタント      
・着信通知      
・メッセージ/アプリ通知およびコンテンツの表示      
・スマートアラーム/スヌーズ      
・運動リマインダー

   

◆個人トレーニングプラン機能

   

ランニング計画      
各個人に適した最大のパフォーマンスと健康管理、計画ができます。      
(運動中のデータ表示:心拍数/距離/ペース)

   

リアルタイムコーチング      
5つの心拍ゾーンを利用することで適切なトレーニング強度を選択でき、モニタリングすることができます。      
・Warm up(準備)      
・Aerobic(有酸素運動)      
・Extreme(キツイ運動)      
・Fat burning(脂肪燃焼)      
・Anaerobic(無酸素運動)

   

トレーニング結果・効果      
距離/時間/ペース/カロリー/心拍数/回復時間/フィットネス効果スコア(1.0~5.0の5段階評価)      
VO2MAX(一般人:40、プロスポーツ選手:60、ランス・アームストロング:85)を確認することができます。

   

◆防水機能50メートル(5気圧)      
◆Build-in GPS      
◆心拍数系継続測定(HR Monitoring/Running Coach)      
◆睡眠状況を記録・分析「HUAWEI TruSleep」      
◆リラクゼーショントレーニング(呼吸ガイド)

   

■ 仕 様 ■      
サイズ:10.3×43×19.7mm      
重量(約):21g      
充電時間(約):1時間30分      
使用可能時間(約):21日間持続(通常使用時)      
通信規格:Bluetooth 4.2 BLE

   

[ 対応OS ]      
iOS 8.0以降      
Android 4.4以降

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.23

ホットクックでお米を炊いてみた

ヘルシオ ホットクックでお米を2合炊きました。

DSC_0322

手動に切り替えて、設定時間をメニュー表通りに18分間に設定して蒸らし時間を含めて45分間ほっておくだけです。

簡単な割に意外と美味しく炊けます。この電気無水鍋はパンも焼けるし、お米も炊けて万能ですね。

何故、炊飯に挑戦したかというと炊飯器が故障したと勘違いしたためです。お米を洗って炊飯ボタンを押したところエラー表示になりました。その際、エラー表示のU15をU17と見間違えてしまいました。U15は蒸気ふたが外れただけで、U17は「電源エラー」で致命的です。

その致命的なエラーだと思い込んで、代替器をJoshin webで購入してしまいました。明後日届きます、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.22

非接触体温計に切り替えた

オムロン電子体温計MC−610を数十年我が家で使ってきましたい。わきで約5秒で検温できるものです。初めて電池交換したところ、液晶画面に表示されない部分が出てきました。製品寿命と判断しました。

そこで、家電雑誌に非接触体温計は確実な検温ができると紹介されていたので、Joshin webで探しました。エ-・アンド・デイの非接触体温計【おでこ専用】でこピッと(UTR-701A-JC)が2870円と手頃なので購入しました。

DSC_0318

従来のオムロン電子体温計(向かって左)と比べて約半分の大きさです。小さくてかわいいデザインです。

DSC_0323

でこピッとUTR-701A-JCを早速使います。
電源ボタンをONにして、体温計上部のセンサーをおでこから1〜3cm離してSTARTボタンを押すと約1秒で検温されます。

DSC_0320

続けて検温したのですが、表示される体温は変わりません。評判通りの精度がありそうです。

なお、この非接触体温計はオフ操作がありません。検温1分後にオートパワーオフして室温度表示になります。また、温度計モードもあるため、お風呂やミルクなどを温度計として利用できるので、赤ちゃんのいる家庭では大変重宝します。

ちなみに、新しい体温計が手に入ったので、オムロン電子体温計を廃棄しようと見たら、液晶が正常に表示されるようになっていました。壊れていなかったようです。改めて検温してみたところ、非接触体温計の36.5℃と比べて0.3〜0.5℃低い表示になります。どうやら経年劣化しているようです。電池交換して間もないのですが、やはり廃棄しようと思います。

【非接触体温計UT-701(でこピッと) 仕様】
検温方式:赤外線式
(おでこの表面から放出される赤外線量を計測して、おでこ表面の平均温度を外気温に応じて舌下温に換算し表示します。)(測定位置目安のマーカーは出ません。)
表示範囲:  体温計モード:+34.0℃~+42.2℃
        温度計モード:-22.0℃~+80.0℃
        室内温度:+10.0℃~40.0℃
電源:    CR2032 リチウム電池1個
外形寸法 / 本体質量:    46(幅)×40(奥行)×81(高さ)mm / 約60g(電池含む)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.11

ヘルシオデリはコスパが悪すぎる

ヘルシオ ホットクックKN-HW24Cの購入キャンペーンで当選した「辛いがおいしい牡蠣のスンドゥブチゲ」が週末に届いたので、調理して食べました。

ヘルシオデリのパッケージで届きます。

DSC_0311

丁寧に小袋に分けて入っています。

DSC_0313

ホットクックの調理前と調理後です。

DSC_0314DSC_0316
辛さは本格的でまあまあの仕上がりです。もしも購入すると4,104円(送料込/税込)です。3人前として1368円/人にもなります。お店で食べるのと変わりありません。プレゼントされて何ですが、高すぎです。

せめて、半額にならないと個人で注文する気が起きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧