2019.07.15

全自動コーヒーメーカーを購入した

コーヒー豆から作れるコーヒーメーカーが欲しくて、Panasonicの沸騰浄水コーヒーメーカーNC-A57をamazonから本体17,510円+5年保証1,595円=19,105円で購入しました。家電購入はいつもJoshin Webからと決めているのですが、決済方法が「d払い」にamazonが対応しているため7月中の20%還元キャンペーンに乗っかりました。

NC-A57は、紙フィルターと水タンクをセットして、豆を入れてスイッチを押すと全自動でコーヒーが出来上がります。ばらすといろいろな部品で構成されています。

Img_5859

そのため、取扱説明書を事前に確認する必要がありますが、複雑ではありません。次の手順です。
①紙フィルターのセットする。
②豆容器のふたを開けてコーヒー豆を入れる。

Img_5861
③水タンクに水を入れ、本体にセットする。
④電源プラグを差し込み、希望コースを選んでスタートさせる。
⑤ピーピーピーピーと音が鳴ったら出来上がり。

Img_5862

一番最初は5杯分(モカブレンド)を作りました。中細びきです。10分かかっていません。

お手入れは簡単です。バスケットと呼ばれる部分を開けて、紙フィルターを捨てて、バスケットのフタについたコーヒー粉を洗い流すだけです。

Img_5863

カスタマーレビューで豆を挽く音がうるさいとか、コーヒーが出来上がるまでに時間がかかるといったネガティブなコメントがありましたが、俺にとってはそれほどでもありません。

コーヒー粉から作ると時間もかからず5分くらいで出来上がります。

なお、コーヒー豆はCOFFEE FARM「KALDI」で次の3種類を200gずつ購入しました。
・スペシャルブレンド 507円
・モカブレンド    718円
・マイルドカルディ  496円

Img_5860

最初のモカブレンドの出来ですが、コクと苦みがすっきりしています。全体的に若干物足りなさを感じます。機会があれば今まで使っていたコーヒーメーカーと飲み比べてみたいと思います。

| | コメント (0)

2019.07.10

人感センサー付きLED電球をトイレに取り付けた

1階と2階に2箇所トイレがあります。2階は壁に取り付けた熱線センサ付自動スイッチでLED電球を点灯していますが、1階はスイッチを手動でオン/オフします。何故1階も同じものを取り付けなかったのか分かりません。設計段階で漏れていました。

Img_5777

1階は母親が使っていて認知症のためか消し忘れが多くなってきています。何とかしなければならないと考えていたのですが、今さら熱線センサ付自動スイッチに工事して交換するという訳にもいかず、何かないかと考えていたところ、dマガジンの「MONOQLO the Best 2019~2020」でPanasonicの「LED電球 ひとセンサタイプ 7.8W(電球色相当) LDA8LGKUNS」を知り、amazonから3074円(税込)で購入しました。パッケージです。

Img_5760

センサが内蔵されているので大きいです。

Img_5762

今まで使っていた40WのLED電球(東芝)から60WのLED電球 ひとセンサタイプに単純に交換しました。

Img_5763

トイレが明るくなりました。

Img00070 Img00074

1分後に段階消灯が実行します。センサが電球にセットになっていてスイッチ交換工事を考えると格段に安いです。


【LDA8LGKUNSの仕様】
口金:E26
全光束 (ランプ単体の明るさ):電球60形相当 810 lm
外径:56mm
長さ:118mm
質量:125g
定格消費電力:7.8W

| | コメント (2)

2018.12.15

Band 2 Proの修理は5日で戻った

12月11日にファーウェイ カスタマーサービスカウンター新宿店で修理を依頼したBand 2 Proが本日(12月15日)に修理されて宅配便で戻りました。思っていたよりも早かったです。

IMG_4083IMG_4085

当たり前ですが、自動でスマホにBluetooth接続されると直ぐにアプリ「Huawei Wear」と連動しました。

Band 2 Proが戻ってくるまでの間は、ソーラー電波アナログ時計カシオ5161を使っていました。アナログ時計は常に文字盤を見て時刻が確認できるメリットを改めて感じました。ただし、それだけでした。

Band 2 Proが無いと、仕事中マナーモードにしているスマホにかかってきた電話を気づけずにいました。また、毎日の睡眠時間や質が把握できないのが物足りなくなっていました。

スマートウォッチによって、もはやフィットネスモニタリング機能が無いと腕時計としての価値が感じられなくなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.11

Band 2 Proが壊れたので、ファーウェイのカスタマーサービスに修理を依頼した

スマートウォッチHUAWEI Band 2 Proのバンドが本体から外れてしまいました。外れたというよりも断絶に近い状態です。どうも構造的な弱点かもしれません。

IMG_4029

Joshin webから昨年12月23日に購入していますので、幸いにも保証期間内です。直ぐにJoshin webの購入履歴のお問合わせから修理依頼したところ、メーカー対応になるとのことでファーウェイのカスタマーWebを案内されました。

https://consumer.huawei.com/jp/support/

カスタマーWebからの修理依頼を考えたのですが、修理品の送付がちょっと面倒です。そこで持込修理できるサービスセンターで依頼することにしました。都内に3箇所あるということで、職場から一番近いビックロ ビックカメラ 新宿東口店を利用します。

東京メトロ有楽町線の新宿三丁目駅の地下通路の改札からビックロに通じる階段を下って左側にファーウェイ カスタマーサービスカウンター新宿店があります。

窓口の担当者に現物と納品書を見せて、修理見積りが欲しいと告げると、保証期間内なので無料で対応するとの回答です。手順としてはカスタマーサービスカウンターで預かって修理して直接自宅に配送するそうです。ただし、かなり時間がかかるので大丈夫かと問われました。別の方法として銀座のサービスセンターに行けば代替品と即交換してくれるとのことです。

電子機器とはいえ1年間使って愛着があるので、修理してもらうことでそのまま新宿店で対応してもらうことにしました。

「ファーウェイ製品 修理依頼兼同意書」に必要事項を記入して写しをもらって修理依頼が完了しました。

ファーウェイ カスタマーサービスは当然初めてですが、30代男性の窓口は的確で丁寧に対応していただき好感がもてました。時間も10分程度で短時間で済みました。

【関連記事】
2017.12.24 心拍数を測定できるスマートウォッチHUAWEI Band 2 Proを手に入れた
2018.01.30 スマートウォッチHUAWEI Band 2 Proを1ヶ月使って、分かった12項目はこれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.30

ソニーのパーソナル・アロマディフューザーAROMASTICを購入した

携帯型の香りを持ち運べるガジェットです。
特別香りにこだわっているわけではないのですが、いつでもどこでもアロマテラピー効果が得られる持ち歩き型デバイスに興味が出ました。発売は2016年10月5日からで2年経っています。新たに「AROMASTIC専用カスタムカートリッジ」が登場したことを知りamazonで購入しました。

とりあえず、オールインワンキット8899円で購入しました。

パッケージです。

IMG_3936

蓋を開けると3つ同梱されています。
・AROMASTIC カートリッジ for Business OE-SC203
・AROMASTIC本体(ホワイト) OE-AS01(W)
・シリコンジャケット(ブルー) OE-AJ1(L)

IMG_3937

AROMASTIC本体です。電子機器なので取説と保証書です。

IMG_3938

早速、マイクロUSB端子に手持ちのケーブルをつないで充電します。充電ランプがオレンジ色に点灯し、約2時間で完了すると消灯します。約2ヶ月使えるそうです。

IMG_3939

シリコンジャケットです。

IMG_3940

AROMASTIC カートリッジ for Businessです。

IMG_3941

専用カートリッジは約2.5cmと小さく、この中に5種類の香りが入っています。

IMG_3942

本体にカートリッジをセットしました。

IMG_3943

本体にジャケットを装着します。入りにくく手間取りました。

IMG_3944

装着完了です。スティックのりのようで、重さは43gです。胸ポケットに入れてもかさばりません。

IMG_3945

使い方は上からウィンドウを覗いて、ダイヤルを回して香りを選択して、本体を鼻の近く持ってきて、本体のボタンを押すと香りが出ます。

押し続けて最長10秒で、2回続けて押すと30秒連続で香ります。もう一度ボタンを押すと途中で止まります。

AROMASTICは、熱を使わず気体放散方式(ドライエアー方式)で、瞬時に香りを噴出させるため、周囲には広がりません。1回ボタンを押しただけでは香りはかすかです。押し続けて10秒でも物足りなさがあるので、香りを十分に楽しみたいのなら、30秒連続になります。

実際にリフレッシュに効果があるのかわかりませんが、持っているだけで楽しいですね。香りを携帯するオシャレなガジェットは自分にご褒美的で男心をくすぐられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.18

麹甘酒をヨーグルトメーカーで作る

最近になって、甘酒には2種類あることが分かりました。1つは米麹で作るアルコール0%のもの、もう1つは酒粕と砂糖を使って作るものです。俺の母親は昔から酒粕の甘酒を作ってくれていました。だから、子ども心に甘酒はアルコールが少し入った飲み物だとずっと思って来ました。

昨年、ヨーグルトメーカー( IYM-012)を購入して、付属のレシピ本で米麹から甘酒が作れることを知りました。たまたま前述の甘酒の記事を読んで、米麹がもつ分解酵素の働きでお米のデンプンが糖化されるために甘さがあって、アルコール0%の甘酒を自分で作りたいと意識しました。

米麹はマルコメの「プラス糀 米こうじ 乾燥タイプ」です。

DSC_0402

材料は、次の通り。
・プラス糀 米こうじ:100g(1袋)
・ご飯:200g
・お湯(熱湯):300cc

DSC_0405

作り方は、次の通り。
①容器にご飯を入れ、お湯を注ぎ、プラス糀 米こうじを入れて混ぜる。

DSC_0408
②容器をヨーグルトメーカーに入れ、55℃、5時間に設定して電源ON。

DSC_0410
③1時間経過した頃に、容器を回して中身を撹拌する。

IMG_1333
④5時間経ったら、出来上がった甘酒を小鍋に移してひと煮立ちさせ、粗熱を取って冷蔵庫で保管。

DSC_0417

約500ccの甘酒となります。市販のものと比べると水分が少なくてまるでお粥を飲むような感じです。熟成時間は9〜10時間と長く設定するほど甘く仕上がるようですが、5時間でも十分の甘さです。

朝起きたら甘酒を100cc飲むようにしています。冷えた甘酒イケます。

ちなみに、ヘルシオ ホットクックならば甘酒の作り方が自動化できますが、レシピ集を確認したところ、ヨーグルトメーカーと同じ材料でも出来上がりの量が少なくなるようです。また、事前に内鍋、内ぶた、まぜ技ユニット、かき混ぜるスプーンは煮沸消毒が必要との注意書きがあり、面倒くさいので見送っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.21

Google Homeでヘルシオ ホットクックを音声操作する

amazonのAlexaに遅れること3ヶ月で、今日(2018年2月21日)からGoogle Homeでもヘルシオ ホットクックを音声操作できるようになりました。

101354

既にAlexaは使っていないので、今後はGoogle HomeでCOOCRO KITCHENと付き合うことになります。

帰宅して、ヘルシオ ホットクックに電源を入れます。料理をするわけでも無いのに電源を入れるのはいつも変な感覚です。

Google Homeにマニュアル通り話かけて、ヘルシオ ホットクックとのリンクを設定します。
①俺:「OK Google、COCORO KITCHENにつないで」
②GH:「COOCRO KITCHENとリンクしていません。Google Homeアプリから COOCRO KITCHENとGoogleアカウントをリンクできます。」
③俺:スマホのGoogle Homeアプリに表示されるCOOCRO KITCHENへの「リンク」をタップして、続いて表示される「許可する」をタップして完了。

210037210055

設定後から、ヘルシオ ホットクックの音声操作が可能になります。
①俺:「OK Google、COCORO KITCHENにつないで」
②GH:「はい。COCORO KITCHENです。←(Google Homeの声)
ホットクックとお話したいことを言ってください。←(COOCRO KITCHENの声)」

これ以降、COOCRO KITCHENの声とのやり取りになります。Alexaは区別が無かったので分かりにくい構造でしたが、Google Homeは明らかにCOOCRO KITCHENと直接会話している感じになります。


また、一通りの会話が終了するとGoogle Homeのルートに戻るため、安心して会話できます。Alexaの場合はルートからCOOCRO KITCHEN階層に下がって、その階層の中で接頭語を使わずに音声を拾います。ルートに戻るためにはその階層でわざわざ「終了」というコマンドを言わない限りルートに戻れないため、混乱してしまいます。

明らかにGoogle Homeの方が使いやすく、わかりやすい仕様です。

COCORO KITCHENとの会話ですが、理解してもらえる言葉が限られていて普通の会話が成立しません。「わかりません。」や「周りの音で聞き取れない。」を繰り返します。まるで漫才のようにボケまくるので笑ってしまいました。まだまだ実用レベルに程遠い印象です。

ちなみに、息子が「OK Google、COCORO KITCHENにつないで」と音声操作しようとしたところ、リンクできていないと拒否されました。COOCRO KITCHENとのリンクが設定されていない声ははじく仕様で、個別認証がしっかりしていると感心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.12

TSUTAYA DISCASで宅配CDレンタルを都度課金で再開した

3年ぶりに宅配CDレンタルをTSUTAYA DISCASで行いました。定額レンタル4から無料会員登録にプラン変更して毎月の請求を止めていました。

discas

定額音楽配信サービスはメインでGoogle Play Musicを利用しているのですが、まだまだ売れ筋の日本人歌手の楽曲は配信されていません。

そこで、CDレンタルを再開です。近くにレンタル店が無いので、郵送によるTSUTAYA DISCASを使いました。

DSC_0397

無料会員登録でも都度課金で利用できます。ちょうどキャンペーン期間中2/8(木)0:00~2/14(水)23:59で旧作CD全商品が1枚88円(税抜)です。7枚+送料で1,205円(税込)でした。

2/10に注文して、翌朝に登録住所が引越で変更していなかったことに気づき問い合せフォームで宛先を送ったところ昼過ぎに修正して発送したと回答があり、2/12に届きました。

リッピングはWindows10ノートPCで、ソニーのソフト「Music Center」と「iTunes」でそれぞれ行いました。「Music Center」はスマホ用で、「iTunes」はiPod nano用です。

わざわざ2つのソフトでリッピングを繰り返すのかというと、実は今回のレンタルは息子の要望です。そして、息子の学校では音楽再生にスマホは禁止です。iPod nanoならば家電として教室での使用を何とかOKしてもらえるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.30

スマートウォッチHUAWEI Band 2 Proを1ヶ月使って、分かった12項目はこれ!

2017年の年末に購入したHUAWEI Band 2 Proを使い続けて1ヶ月が経ちました。実際に使って分かったことは次の12項目です。

①バンドの装着で、かゆみやかぶれが生じる。
②時計の画面を確認するために、袖を折る必要がある。
③画面と横の金属バーの間に服の繊維が挟まる。
④スマホがBluetooth接続によりバッテリーが減る。
⑤スマホの着信やショートメール受信で、本機が振動するため必ず気付ける。
⑥1回の充電で10日はバッテリーがもつ。
⑦充電時間が短い。
⑧従来のアナログ時計は使わなくなった。
⑨睡眠のモニタリングは秀逸で、呼吸まで測ってくれる。
⑩自分の年齢に合った脈拍数で管理してくれる。
⑪歩数計は宅内でもカウントされる。
⑫Bluetooth対応の体重計が必要になる。

以下、詳細です。
①バンドの装着で、かゆみやかぶれが生じる。
肌は弱いほうではないのですが、昔からベルトをきつく締めるとかゆみやかぶれが起こっていました。本機も心拍計を測るために少しきつめに装着しなければならないため、かゆみやかぶれが発生しています。

DSC_0345

かゆくなってくると、右手に付け替えて、オロナイン軟膏を塗って様子をみています。個人差があるとは思いますので、実際に装着しないとわからないところです。夏場は蒸れるので、左手、右手と交互に付替える頻度が高まると思います。

同梱の取扱説明書には次の記載があります。

「バンドストラップ: 熱可塑性ポリウレタン(TPU75A)」

「皮膚感作性 使用者によっては、長時間の使用により、体質や体調によっては、かゆみ、かぶれ、湿疹などが生じることがあります。異常が生じた場合は、直ちに使用をやめ、医師の診察を受けてください。」

ちなみに検索したところ、「皮膚感作性とは遅延性過敏反応の一つで、化学物質による過剰な免疫反応により皮膚にかぶれが起こる現象である。」とのことです。また熱可塑性ポリウレタンについては、エヌティーダブリュー株式会社のサイトに詳しいページがあります。

http://www.ntw-wave.co.jp/elastollan.html

②時計の画面を確認するために、袖を折る必要がある。
腕時計のバンドはゆるくして、手首に持ってこれるので冬でも文字盤を確認することは容易ですが、本機は手首より上に固定で装着しなければならないため、長袖の場合は袖先を折らなければなりません。こうしないと画面表示が数秒なので、袖から画面を取り出している間に消えてしまいます。

DSC_0389

③画面と横の金属バーの間に服の繊維が挟まる。
僅かな隙間によって、セーターや生地の繊維が挟まります。使用に関しては全く問題ないものの、見た目が悪くなります(笑)。繊維をとるときは、指でつまんで取ります。

④スマホがBluetooth接続によりバッテリーの減りが早い。
バッテリー残量が夕方には50%を切ることが増えました。本機とBluetooth接続をする前は60%台だったので、時々充電をするようになりました。

⑤スマホの着信やショートメール受信で、本機が振動するため必ず気付ける。
自宅ではスマホを充電したりして手元に無いことが多く、マナーモードのままなので着信に気付かないことが多くありました。しかし、本機は常時身につけているので着信通知の振動によって必ず気付けます。

⑥1回の充電で10日間はバッテリーがもつ。
連続使用時間は21日間とあります。バッテリー残量が20%を切ると、充電したほうが良いとお知らせしてくれるので、電池切れをすることはありません。1回充電すると10日間以上は大丈夫です。使い勝手から考えて全く問題ありません。

⑦充電時間が短い。
取説には1.5時間とありますが、バッテリー残量の違いはあるものの、大体1時間強で充電が完了します。常時装着するのでよく出来ていると感心します。

⑧従来のアナログ時計は使わなくなった。
今までのアナログ腕時計は全く使わなくなりました。時間だけの時計と、時間、歩数、心拍数、睡眠、運動量と5つのデータが測れるスマートウォッチとでは、比べものになりません。

⑨睡眠のモニタリングは秀逸で、呼吸まで測ってくれる。
寝た時間、起きた時間が正確です。目が覚めた回数、レム睡眠、浅い睡眠、深い睡眠から睡眠の質を100点満点で評価してくれます。さらに、寝ているときの呼吸までモニタリングしてくれて、これも100点満点で評価してくれます。睡眠時無呼吸症候群(SAS)になっていなかどうかを確認できて本当に有難い機能です。

Screenshot_20180130-223015Screenshot_20180130-223021

⑩自分の年齢に合った脈拍数で管理してくれる。
心拍数ゾーンを自分の年齢から自動算出して表示してくれます。最大、無酸素運動、有酸素運動、脂肪燃焼、準備運動と分かれており、運動中に心拍数が上限値を超えると通知されるようです。まだ、上限値を超えるほど運動していないので未通知です。

Screenshot_20180130-223000

⑪歩数計は宅内でもカウントされる。
歩数計はこれまでスマホで代替して来ました。スマホは宅内では携帯していないので歩数は宅外という認識でいました。過去に使ったことがある万歩計も外出時につかっていましたが、本機によって宅内・宅外とシームレスに歩数が測れるので全ての活動量をカウントできます。宅内でも家事をして体をより動かすようになりました。

⑫Bluetooth対応の体重計が必要になる。
健康維持のために体重も常にトレースしたいのですが、我が家には30年前の壊れかけた旧式の体重計しかありません。もちろん旧式の体重計で測って、手入力すればいいだけなのですが、やはりスマート体重計が欲しいところです。

スマートウォッチHUAWEI Band 2 Proはコストパフォーマンスが高く、使い勝手が良く、ずば抜けた製品だと思います。今後も活用していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.21

Android TV端末「Air Stick 4K」を導入した

CCC AIR 株式会社がAndroid TV 7.0 Nougat に対応した「Air Stick 4K(エアーステック 4K)」の販売を1月18日から開始しました。Yahoo!ショッピングで買えるので即購入しました。1万584円+送料560円で、1万1144円です。

DSC_0348

外箱を外すと本体です。

DSC_0349

その下に取説と電源コードです。

DSC_0351

中に入っているもの。

DSC_0352

購入目的は、Bluetooth接続のコーデックでaptX / aptX HDに対応しているので、音声をワイヤレスで聴くためです。従来のTVは音声をワイヤレスで飛ばす機能がありません。スマホやタブレットと比べて著しく遅れています。そして、2つ目としてamazonプライムビデオを視聴出来るのではないかと考えたからです。

1つ目の目的は、ソニーのワイヤレスヘッドホンMDR-1000Xで実現出来ました。満足です。深夜に1人でTVを視聴するときに家族に迷惑がかかりません。

2つ目は、駄目でした。「Air Stick 4K」に対応したamazonプライムビデオの動画アプリは現存しません。ウェブブラウザTV Wolfでamazonプライムビデオを表示させ動画を再生しようとしましたが、このTV Wolfは再生が出来ませんでした。やはり、Googleとamazonが仲違いをしているので、Android TVに対してamazonは再生させないと思います。

となると、Chromecastと同等の使い勝手で、音声をワイヤレスにできるという差しか今のところメリットはありません。

さて、セッティングですが、宅配便が朝一で到着したので午前中にセットアップを終えました。

今までChromecastを使用していたところHDMI端子に「Air Stick 4K」を差し替えました。

DSC_0353DSC_0354

セットアップを開始します。日本語を選択。

DSC_0355

スマホかタブレットで設定を切り替えます。

DSC_0356

途中からスマホの「Google」で「デバイスのセットアップ」と検索して、出て来る手順で進めます。

DSC_0357

DSC_0358

結構簡単にセットアップできます。

DSC_0368

ただし、セットアップの最後にスマホにアプリ「Android TV」をインストールするのですが、何故か「Air Stick 4K」と接続しません。最初のセットアップがうまく行かなかったので、設定>ストレージとリセット>データの初期化で再度セットアップを行いました。2回目は「Air Stick 4K」と接続したものの、時間を置くと1回目と同様に未接続になります。とりあえず、セットアップ後はスマホのアプリ「Android TV」は重要ではなさそうなので、ほっておきます。

どうもアプリ「Android TV」と「Air Stick 4K」がうまく接続しないようです。どちらの問題かはわかりませんが、もっと互いに品質を上げるべきでしょう。

ファーストインプレッションですが、デフォルトで使える「GYAO!」と「AbemaTV」、「YouTube」は使い勝手が良いです。特に「AbemaTV」との相性が良く使えます。ちょうど本日夕方から独占生中継の「ももいろクローバーZ 2018 OPENING ~新しい青空へ~」を配信開始から視聴しました。

音声認識リモコンも試しましたが、Googleアシスタントが表示されて音声認識が開始するので、スマホの操作と変わりがありません。そのため、Google Homeよりもレスポンスが劣る印象です。
WiFi ルーターの機能は使っていませんが、多機能なのでコスパは良いです。ただし、ChromecastとGoogle Homeを導入済みの場合は、先に述べた通り音声をワイヤレスにできるという差しかありません。

【Air Stick 4K スペック】
OS:Android TV 7.1.2 Nougat(Oreoへのアップデートを予定)
チップセット:Amlogic S912J 64bit オクタコア 1.5GHz
メモリ:2GB
ストレージ:16GB
WiFi接続:802.11b/g/n/ac(2.4GHz / 5GHz)
有線LAN接続:専用のLANポート付ACアダプタよりの有線LAN接続
Bluetooth接続:Bluetooth4.1
Bluetooth Audio:aptX / aptX HD
テレビ接続:HDMI 2.0(CEC Support)
映像出力:720p/1080p/2160p 60fps(4K)
HDR対応:HDR-10
電源:Micro USB 5.0v(+/- 4%)
寸法:(W)70.0mm ×(H)30.0mm ×(D)11.0 mm
重さ:30g
付属品:Air Stick 4K 本体 1個 音声認識リモコン(バッテリー充電) 1個
LANポート付ACアダプタ 1個 HDMI 延長アダプタ 1個
特殊機能:有線LAN接続時にWiFiルーターとして利用可能(機器を8台まで接続可能)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧