2023.12.20

ドラマ「泥濘の食卓(ぬかるみのしょくたく)」[全9話](お薦め度★★)

へっ?
これで終り、、、

いや~、スッカスカで残念です。

バラエティ番組「キョコロヒー」で斉藤京子を知り、ドラマ主演ができるのかと疑いつつ観たところ、それなりにハマった演技で感心しました。さらに、脚本が秀逸でかなり難しい設定ながら破綻せずに展開します。

不倫ドラマなのにホラーテイストでサスペンス性もあり、ドラマとして非常に楽しめました。原菜乃華の演技は見事でした。

しかし、何で最後があんな終わり方なのでしょうか。ぶち壊しです。高評価でしたが、一気に駄作に感じてしまいました。

続編を狙っているのかわかりませんが、勿体無いとしか言いようがありません。

<オンエア情報>
テレビ朝日、2023年10月21日~12月16日毎週土曜23時30分放送。土曜ナイトドラマ枠。

<スタッフ>
原作:伊奈子『泥濘の食卓』(新潮社バンチコミックス刊)
脚本:倉光泰子、神田 優、安里麻里
演出:安里麻里、角田恭弥
音楽:横山 克
ゼネラルプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー:高崎壮太(テレビ朝日)、近藤多聞(C&I エンタテインメント)
共同プロデューサー:村山えりか(C&I エンタテインメント)
制作協力:C&I エンタテインメント
制作著作:テレビ朝日

主題歌:ヘッドフォンの中の世界『引き算の美学』(ユニバーサル ミュージック)

<キャスト>
捻木深愛(ねじき・みあ25):齊藤京子 (日向坂46)
那須川夏生(なすかわ・なつお47):吉沢悠
那須川ハルキ(なすかわ・はるき16):櫻井海音
那須川ふみこ(なすかわ・ふみこ48):戸田菜穂
尾崎ちふゆ(おざき・ちふゆ16):原菜乃華
捻木美幸(ねじき・みゆき60):筒井真理子

<イントロダクション>
日向坂46・齊藤京子
初単独主演に挑戦!
バイト先の店長との
禁断の恋…
そしてなんと!
愛する人の息子、さらには妻にまで近寄り!?
「私はやっぱり、店長と幸せになりたい」
その想いで、ある家族へ寄生する・・・
前代未聞の〈パラサイト不倫〉ドラマ!?

新星・伊奈子による
SNSで話題沸騰の“衝撃作”
『泥濘ぬかるみの食卓』を実写ドラマ化!!
—夫も、息子も、妻も。彼女から、抜け出せない。—
意味深なコピーと共に、齊藤京子が泥に浮かぶ
解禁ビジュアルも同時解禁!!

—《純粋》がゆえの狂気—
史上最恐の純愛モンスター誕生!

初の単独主演を飾るのは日向坂46・齊藤京子!
新進気鋭の漫画家・伊奈子が紡ぐ、かつてない衝撃のパラサイト不倫ドラマに挑む!!

 歌唱力で聴く人を魅了する一方で、バラエティー番組では嘘のないストレートなコメントで時に共演者や視聴者を驚かせながらもその素直で屈託のない姿に好感を与える日向坂46・齊藤京子。お笑い芸人・ヒコロヒーと共にMCを務める冠番組『キョコロヒー』では、今年6月に初のゴールデン特番『大キョコロヒー』も実現させながら、日向坂46のセンターも務めたことのある彼女がこの度、10月期の土曜ナイトドラマ『泥濘の食卓』で初の単独主演を務めることが決定しました!
 齊藤が挑むのは、2016年に『悪い夢だといいのにな』で「第75回ちばてつや賞」大賞に輝いた新進気鋭の漫画家・伊奈子による話題作『泥濘の食卓(ぬかるみのしょくたく)』。主人公の女の子がバイト先の店長との不倫をし、さらには店長の息子、そして店長の妻にまで近寄っていく…。純粋すぎるがゆえ、まっすぐな愛が狂気へと変わった想いが、愛する相手の家庭へと徐々に寄生していき、やがて泥濘へと引きずり込んでいく、かつてない《パラサイト不倫》を描くストーリーとなっています。これまでの「不倫」をテーマにした作品を凌駕するセンセーショナルな物語にSNSで大反響を呼んでいる本作。そんな衝撃作で新境地に挑む齊藤が、どんな新たな一面を披露してくれるのか、期待せずにはいられません!

さらに! 沼に浮かぶ齊藤京子!?ドラマの世界を1枚で表現した解禁ビジュアルと共に、ドラマ化を祝して原作者・伊奈子から、齊藤京子と主人公・捻木深愛の豪華2Sのスペシャル書き下ろしイラストが到着!

 今回の解禁ビジュアルは、齊藤演じる深愛が沼に浮かんでいる衝撃のビジュアル! タイトルの『泥濘(ぬかるみ)』にちなんで、ドロドロした沼を表現。夫も、息子も、妻も。彼女から、抜け出せない。意味深なコピーと共に、主人公がある家庭を泥濘へと引きずり込んでいく様子を1枚の解禁ビジュアルで表現!さらに、原作者・伊奈子から、仲睦まじい姿が特徴的な、齊藤京子と主人公・捻木深愛のスペシャルな2Sイラストを頂きました!

 齊藤京子×深愛は一体どのような化学反応を起こすのか!? お楽しみに!!

純粋すぎる想いが、やがて1つの家族を蝕んでいく!?
齊藤京子が狂気へと変貌していくピュアで一途な主人公に!
 齊藤が演じるのは、毒親に育てられたことで、「自分には何の取り柄もない」と思い込んでいる自己肯定感の低いスーパーの店員・捻木深愛(ねじき・みあ)。常に否定し続け、暴力を振るっていた父亡き後も抑圧の強い母と2人で暮らす深愛は、初めて自分を肯定し、優しくしてくれた店長に恋をして、不倫関係に。ところが、店長の妻の病が悪化したことをきっかけに別れを切り出され…。突然、絶望のどん底に突き落とされた深愛ですが、考えた末に導き出した答えは――「私はやっぱり、店長と幸せになりたい」。愛する店長を元気にするために、店長の妻の病気を治そうととんでもない行動に出始め…やがてその行動はどんどんエスカレート! 深愛の純粋すぎる想いが、店長一家を蝕んでいくことに…!!
 そんなピュアすぎる深愛を演じる齊藤は「ドラマの内容を聞いて、原作を読んだんですけど、とても面白くて、主人公・深愛を演じられることが嬉しくて、今から撮影が楽しみです」と作品にすっかり魅了されつつ、今からクランクインが待ちきれない様子で語りました。そして「私が演じる深愛が、まっすぐにただただひとりの人を愛し続ける本当に純粋な恋愛の物語。精いっぱい頑張りたい気持ちですので、是非楽しみにしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします!」と笑顔で決意を新たにしていました。
最強のスタッフ陣が集結! 登場人物たちの奥深い情動を繊細に表現する、人間ドラマの名手・安里麻里が人間の《純粋がゆえの狂気》を巧みに演出し、倉光泰子が手掛けるリアリティーある卓越した脚本で引き込む!!
 齊藤京子×伊奈子という勢いのある2人に加え、本作に最強のスタッフ陣も集結! メイン監督を務めるのは、2014年にミステリーと人間ドラマを融合させた映画『バイロケーション』(2013年)でウディネ極東映画祭やストックホルム国際映画祭などへ出品され、国内外で称賛を浴びた安里麻里。『劇場版 零~ゼロ~』(2014年)、『アンダー・ユア・ベッド』(2019年)などホラー作品に定評があり、本作では人間が持つ《怖さ》を巧みに掘り下げ、純愛の恐怖の世界へ誘います!  また、メイン脚本は2014年に『隣のレジの梅木さん』で「フジテレビヤングシナリオ大賞」の大賞を受賞し、以降も『ラヴソング』(2016年)や『アイ~私と彼女と人工知能』(2017年)、『アライブ がん専門医のカルテ』(2020年)、『PICU 小児集中治療室』(2022年)など、恋愛から医療ものまで幅広く手掛ける倉光泰子。リアリティーを追求したセリフをはじめ卓越した脚本で、見る者をドラマの世界に一気に引き込みます!

<鑑賞チャネル>
TVer

| | コメント (0)

2022.06.30

ドラマ「ナンバMG5」[全10話](お薦め度★★★★★)

とても面白い内容で、大好きなドラマになりました。
観る前は、今更ヤンキーの学園ドラマはピンときませんでした。どちらかというとタイトルの読み方もわからないし、期待感はほとんどありませんでした。

しかし第1話から、ヤンキー一家に生まれた主人公が普通の高校生活を送りたいために、家族を騙して二重生活をするというベタな設定で、展開が早くどんどんと作品の世界に引き込まれました。

演出と編集はピカ一で、テンポの良さは抜群でした。キャスティングも見事でした。文句なしです。主人公の間宮祥太朗が良い味を出していました。森川 葵のちょっとだけ変なヒロインもワクワクさせてくれました。

同系統となる2018年の連続ドラマ「今日から俺は!!」よりも気に入りました。WANIMAの挿入歌「あの日、あの場所」のノスタルジックな楽曲も断然お気に入りになりました。

しかしながら、これほど面白いのに平均視聴率 5.4%と振るいませんでした。最終話の翌週で放送された特別編を観る限り続編があるようなので楽しみです。

以下、番組公式サイトから引用。

<オンエア情報>
フジテレビ、2022年4月13日~6月22日毎週水曜22時放送。「新・水10ドラマ」枠。
特別編 4月20日全開バリバリでヨロシク! 編 、6月29日全開バリバリでアリガト 編。

<スタッフ>
原作:小沢としおさん『ナンバMG5』&『ナンバデッドエンド』(秋田書店)
脚本:金沢 達也(『暗殺教室』『不倫食堂』『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』他)
音楽:宗本 康兵
プロデュース:栗原 彩乃(『SUPER RICH』他)、古郡 真也(FILM)
演出:本広 克行
制作・著作:フジテレビ第一制作部

主題歌:WANIMA「眩光」
挿入歌:WANIMA「あの日、あの場所」

<キャスト>
難破 剛:間宮祥太朗
伍代 直樹:神尾 楓珠
藤田 深雪:森川 葵
大丸 大助:森本慎太郎(SixTONES)
守田 巻:富田 望生
難破 吟子:原 菜乃華
島崎 登:春本 ヒロ
東ミチル:加藤 諒
難破 猛:満島真之介
難破ナオミ:鈴木紗理奈
難破 勝:宇梶 剛士

<イントロダクション>
新しく『水10ドラマ』枠が誕生!
間宮祥太朗さんがフジテレビ系ドラマ初主演&
本広克行監督と初タッグ!
痛快“脱ヤンキー”物語でお茶の間に笑いと涙をお届け!!

フジテレビでは、2022年4月から『水曜夜10時』を新たなドラマ枠とすることを決定しました。ユニークなヒーロー像が次々と誕生し、視聴者の皆さんの期待や想像を良い意味で裏切っていくエキサイティングな<新・水10ドラマ>が誕生します!

トップバッターを飾る作品は、今最も勢いのある俳優のひとり、間宮祥太朗さんが主演を務める 『ナンバMG5』(読み:ナンバエムジーファイブ)に決定。フジテレビ系ドラマ初主演の間宮さんが、“脱ヤンキー”を決意するものの、次々と事件に巻き込まれてしまう生粋のヤンキーを熱演する同名の人気漫画が初めて実写化されます。さらに、メガホンをとるのは、『踊る大捜査線』シリーズなどで知られる本広克行監督。笑いあり、涙あり…全く新しい痛快青春ドラマが、“間宮×本広”の初&豪華タッグで描かれます!!

| | コメント (0)

2022.05.05

映画『7500』(お薦め度★★★)

amazonスタジオ制作でamazonプライム・ビデオで配信されている作品です。
プライム・ビデオの紹介コンテンツのサムネイルで鑑賞することにしました。

なかなかスリリングです。
ハイジャックの映画はいくつか観てきましたが、本作はなるほどと思うようなリアリティを感じました。

パイロットの使命感と責任感を目の当たりにする内容です。

<作品データ>
原題:7500
制作年:2019
制作国:アメリカ、オーストリア、ドイツ
内容時間:92分

<スタッフ>
監督:ロド=サヤゲス
製作:サム=ライミ、ロバート=タパート、フェデ=アルバレス
脚本:ロド=サヤゲス、フェデ=アルバレス
撮影:ペドロ=ルケ
音楽:ロケ=バニョス

<キャスト>
トビアス=エリス:ジョセフ=ゴードン=レヴィット
ヴェダット:オミッド=メマール
マイケル=ラッツマン機長:カルロ=キッツリンガー
ギョクチェ:アイリン=テツェル
ナタリー:オーレリー=テポ
ケナン:ムラタン=ムスル
ダニエル:ポール=ヴォリン

<イントロダクション>
テロリストの一団が、ベルリン発パリ行きの旅客機をハイジャックしようとする。乗客と乗員の命を救うべく奮闘する、温厚な若いアメリカ人副操縦士。だが思いがけずハイジャッカーの1人と心を通わせていく。

<鑑賞チャネル>
amazonプライム・ビデオ

| | コメント (0)

2022.03.02

映画『眠れない夜の月』(お薦め度★★)

最近『JUNK HEAD』を観ていたので、ストップモーションアニメとして比べるとスケールはありません。

なんとなく「星の王子さま」を連想させる内容です。
また、ファンタジーとはいえ設定や進行に違和感があります。

エンドロールのメイキング映像はストップモーションアニメの新たな視点を披露してくれています。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2015
制作国:日本
内容時間:27分

<スタッフ>
監督・脚本・アニメーション:八代健志
音楽:LOSIC

<キャスト>
少年:ラヴェルヌ知輝
リス:真胡珠央
父親:いわいのふ健
母親:桜井泉
森の老人:松川信
語り:椙本滋

<イントロダクション>
人形アニメーション作家・八代健志が描くファンタジー。眠れない夜、少年はリスの姿をした月の番人とともに、高い木に引っ掛かってしまった月を外すための冒険に出発する。

CMディレクター兼人形アニメーション作家の八代健志が、夜の森を舞台に描く短編ファンタジー。各地のプラネタリムで上映されて好評を博したほか、映文連(映像文化製作者連盟)アワード2016文部科学大臣賞やショートショートフィルムフェスティバル&アジア2016ジャパン部門優秀賞など多くの賞に輝いた。眠れない夜は月が木に引っ掛かって時間が止まっているという独創的な発想から、少年と月の番人のリスの冒険を描く。人形アニメーションとは思えない画面の広がりやディテール、光の使い方に目を見張る。

<放送内容>
ある少年とその家族は、巨大な木々が茂る森の中でつつましく暮らしていた。ある夜、少年が眠れずにいると、父親が「それは月が木に引っ掛かっているせいだ」と話す。2人は月を外すため夜の森に入るが、程なく月は無事に動きだした。しばらく後、少年がまた眠れずにいると、突然、リスの姿をした月の番人が現われる。引っ掛かった月を一緒に外してほしいという“リス”の頼みを受け、少年はリスとともに夜の森の冒険へと出発する。

<鑑賞チャネル>
WOWOWオンデマンド

| | コメント (0)

2021.09.03

映画『ナイトクローラー』(お薦め度★★★)

報道パパラッチの物語は嫌ですね。
ジェイク=ギレンホールが、類まれな演技力で同しようもない主人公に成り切ります。

金のために増殖しているお騒がせYouTuberの先駆けとなるモデルでした。

本当に嫌な人種です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Nightcrawler
制作年:2014
制作国:アメリカ
内容時間:118分

<スタッフ>
監督・脚本:ダン=ギルロイ
製作:ジェニファー=フォックス、トニー=ギルロイ、ジェイク=ギレンホールほか
撮影:ロバート=エルスウィット
音楽:ジェームズ=ニュートン=ハワード

<出演>
ルイス=ブルーム:ジェイク=ギレンホール
ニーナ=ロミナ:レネ=ルッソ
リック:リズ=アーメッド
ジョー=ロダー:ビル=パクストン
リンダ:アン=キューザック

<イントロダクション>
視聴率至上主義の現代のTV業界が生み出した恐るべき報道パパラッチの主人公に扮して、J・ギレンホールが鬼気迫る演技を披露し、絶賛を博した戦慄のサスペンスドラマ。

「ナイトクローラー」とは、夜の街をはい回り、事件や事故現場にいち早く駆けつけて刺激的な映像を撮影しては、TV局に高値で売りつける報道パパラッチのこと。まるで腐肉に群がるハイエナのごとく、他人の不幸を食い物にしてひたすらセンセーショナルな特ダネを追い続ける彼らの知られざる生態を、脚本家出身でこれが初監督作となるD・ギルロイが赤裸々に激写。熱心な役作りで知られる演技派のギレンホールが、あえて減量して目をギラつかせた主人公を不気味に怪演し、絶賛を博した。共演は監督の愛妻R・ルッソ。

<放送内容>
ロサンゼルスの街で、学歴もコネもないまま孤独に生きてきたルイス。ある晩、交通事故現場を通りかかって、事件や事故報道のスクープ映像を売り物にする報道パパラッチの存在を知り、興味を覚えた彼は、ビデオカメラと無線傍受機を手に入れると、自らも「ナイトクローラー」として活動し始める。次第にそのコツを覚えたルイスは、ある晩、凶悪犯罪の事件現場にひそかに忍び込み、極上の特ダネ映像を撮影するのに成功するのだが…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2021.04.10

ドラマ「殴り愛、炎」[全2話](お薦め度★★★)

 突っ込みどころ満載なホラーチックな恋愛劇です。

山崎育三郎の壊れっぷりが良いですね。

前編、後編で全2時間枠で尺としては良かったと思います。

過激なタイトルからして、後編放映を待って前編を観ました。この内容では1週間も続きを待てませんから(笑)。

結果オーライでないところが、評価できます。

 

以下、番組サイトから引用。

<オンエア情報>

テレビ朝日、【前編】2021年4月2日【後編】2021年4月9日23時15分放送。

 

<スタッフ>

脚本:鈴木おさむ

ゼネラルプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)

プロデューサー:川島誠史(テレビ朝日)、菊池 誠(アズバーズ)

演出:樹下直美

制作協力:アズバーズ

制作著作:テレビ朝日

 

主題歌:清 竜人『Knockdown』(ソニー・ミュージックレーベルズ)

 

<キャスト>

明田光男:山崎育三郎

豊田秀実:瀧本美織

徳重家子:酒井若菜

鈴川倫太:永井 大

緒川信彦:市原隼人

明田良枝:石野真子

明田恒夫:西岡德馬

 

<イントロダクション>

ミュージカル界のプリンス・山崎育三郎が壊れる!?

<ドロキュン劇場の名手・鈴木おさむが新たに放つ強烈作>

どいつもこいつも…マジでどうかしてる!

2週連続で秒速超展開!

《いびつな純愛》と《愛の拳》が止まらない…

《底なしクレイジー恋愛ドラマ》、この春開演!!

| | コメント (0)

ドラマ「殴り愛、炎」[全2話](お薦め度★★★)

突っ込みどころ満載なホラーチックな恋愛劇です。

山崎育三郎の壊れっぷりが良いですね。

前編、後編で全2時間枠で尺としては良かったと思います。

過激なタイトルからして、後編放映を待って前編を観ました。この内容では1週間も続きを待てませんから(笑)。

結果オーライでないところが、評価できます。

 

以下、番組サイトから引用。

<オンエア情報>

テレビ朝日、【前編】2021年4月2日【後編】2021年4月9日23時15分放送。

 

<スタッフ>

脚本:鈴木おさむ

ゼネラルプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)

プロデューサー:川島誠史(テレビ朝日)、菊池 誠(アズバーズ)

演出:樹下直美

制作協力:アズバーズ

制作著作:テレビ朝日

 

主題歌:清 竜人『Knockdown』(ソニー・ミュージックレーベルズ)

 

<キャスト>

明田光男:山崎育三郎

豊田秀実:瀧本美織

徳重家子:酒井若菜

鈴川倫太:永井 大

緒川信彦:市原隼人

明田良枝:石野真子

明田恒夫:西岡德馬

 

<イントロダクション>

ミュージカル界のプリンス・山崎育三郎が壊れる!?

<ドロキュン劇場の名手・鈴木おさむが新たに放つ強烈作>

どいつもこいつも…マジでどうかしてる!

2週連続で秒速超展開!

《いびつな純愛》と《愛の拳》が止まらない…

《底なしクレイジー恋愛ドラマ》、この春開演!!

| | コメント (0)

2021.04.04

ドラマ「にじいろカルテ」[全9話](お薦め度★★)

脚本家・岡田惠和なので我慢して最後まで視聴しました。

面白くありません。後半に面白くなるかもと僅かな期待をもっていたのですが、設定が甘く、終盤に向かうほどどうしようも無くなりました。そもそも何を表現したかったのでしょうか。大人向けのファンタジー、、、?

 

岡田惠和に取って医療ドラマは初とのことで、彼のように万能の脚本家でも苦手分野があるようです。

 

以下、番組サイトから引用。

 

<オンエア情報>

テレビ朝日、2021年1月21日〜3月18日毎週木曜21時放送。

 

<スタッフ>

脚本:岡田惠和

演出:深川栄洋

音楽:ワンミュージック

主題歌:藤井 風『旅路』(HEHN RECORDS / UNIVERSAL SIGMA)

ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)

プロデューサー:貴島彩理(テレビ朝日)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)

制作:テレビ朝日、アズバーズ

 

<キャスト>

紅野真空(くれの・まそら):高畑充希

蒼山太陽(あおやま・たいよう):北村匠海

浅黄朔(あさぎ・さく):井浦新

橙田雪乃(とうだ・ゆきの):安達祐実

橙田晴信(とうだ・はるのぶ):眞島秀和

霧ケ谷桂(きりがや・けい):光石研

霧ケ谷氷月(きりがや・ひづき):西田尚美

緑川日出夫(みどりかわ・ひでお):泉谷しげる

緑川嵐(みどりかわ・あらし):水野美紀

白倉博(しらくら・ひろし):モト冬樹

筑紫次郎(つくし・じろう):半海一晃

緑川日向(みどりかわ・ひなた):中野翠咲

雨尾結城(あまお・ゆうき):池田良

桃井佐和子(ももい・さわこ):水野久美

 

<イントロダクション>

高畑充希 テレ朝連ドラ初主演!

 

秘密を抱えた“ポンコツ女ドクター”は

山奥の怪しい“ぽつんと診療所”へ。

ヘンテコな外科医&看護師とまさかの一つ屋根の下でシェアハウス!?

手術をしたら終わり? そうじゃない。

全然スーパードクターじゃない3人の笑って泣ける、チーム医療ドラマ!

朝ドラ『ひよっこ』脚本家・岡田惠和が紡ぐ至高のヒューマンドラマが誕生!!

テレ朝ドラマ初主演! 高畑充希が“秘密”を抱えたポンコツ女ドクター役に!! ヘンテコ外科医&看護師と3人で織りなす、新たなチーム医療ドラマが誕生!

 

 2021年1月期、高畑充希がテレビ朝日ドラマ初出演にして初主演となる木曜ドラマ『にじいろカルテ』の放送が決定しました! 『とと姉ちゃん』『過保護のカホコ』など様々なドラマで主演を飾り、その高い演技力で見る人を魅了し続け、表情・感情豊かに多彩な役を見事に演じてきた高畑が今回挑むのは、“秘密”を抱えた女ドクター・紅野真空(高畑充希)。

 東京の大病院の救命救急の現場で、夢と誇りを持ちながら働いていた真空に、ある日突然“とある病”が発覚しました。しかし、医者だからといってお金もないし、仕事も続けたいし…と困った彼女は、偶然知った山奥の小さな村の診療所で、病を隠して働くことになります。なにやら怪しいバスに乗り、鬱蒼とした森を抜け、たどりついた“虹ノ村”で待ち受けていたのは…ヘンテコな外科医&看護師という、男2人との一つ屋根の下のシェアハウス生活!? 更には、まるで妖怪みたいに個性豊かな村人たちに出会い、時に笑い、時に泣き、喧嘩しながらも、熱く命と向き合って成長していきます。そんな今作を、高畑は「この作品は温かい気持ちになれたり、「明日も頑張るか!」という気持ちになれるドラマだと感じているので、見ていただく方の1週間の癒やしになればいいなと思っています」と語っています。

 

 キャラが濃すぎるキャスト陣のかけあいは、“チーム医療ドラマ”というよりは、思わず吹き出してしまう“お医者さんたちのコメディー”といっても過言ではないかも?まるでジブリの世界のような、不思議な村での映像を紡ぐのは、映画『神様のカルテ』やドラマ『僕とシッポと神楽坂』の深川栄洋監督。

 

 激動の令和という時代において、医療従事者、刑事、弁護士、教師、芸能人…ドラマに出てくるような一見華やかな職業ほど、必要以上に「人としての正しさ」を求められ、当たり前のようにSNSで匿名の悪意に晒される時代。だけど、相田みつを氏のこんな言葉があります。「にんげんだもの」。医者だって白衣を脱げば、ただの人間。定時に帰りたいし、恋もするし、ヤケ酒も飲むし、合コンも行くし、お金も必要。家族と喧嘩することもあるし、風邪もひくし、病気になることもあるはず。現実はドラマみたいにオシャレじゃないし、日常は泥臭くて、理不尽だらけ。“医者だから”って、人のために何でもできる聖人君子なわけじゃないし、感情もある…みんな同じ、普通の人間です。そんな“人なみの弱さ”を抱えた医師たちは、この村でそれぞれの生き方を見つけていくことに――。

 

 ドラマ史上、もっとも“普通”の医者…いや、普通よりも、ちょっとダメ人間(笑)。そんな、全然スーパーじゃないドクターたちがお送りする、異色の木曜ドラマの誕生です!!

 

数々の名作を生み出してきた脚本家・岡田惠和の初の医療作! これまでの作品とは一線を画す、医者も患者も“病と共に生きる”至高のヒューマンドラマに

 今作を手掛けるのは、朝ドラ『ひよっこ』『ちゅらさん』をはじめ『イグアナの娘』『ビーチボーイズ』『最後から二番目の恋』『銭ゲバ』『ど根性ガエル』『この世界の片隅に』など、繊細に紡ぐ物語や、ポジティブなキャラクター造形など幅広い作風で多くの人を魅了してきた脚本家・岡田惠和。数々の名作を生み出してきた岡田ですが、なんと意外にも医療ドラマは初挑戦となります!

 

 岡田が描く今作は、医療ドラマの“王道”とは一線を画したストーリー。手術がゴールではない。治したら終わりではなく、その先の物語に挑戦します。高齢化、そして“3人に1人が癌で亡くなる”と言われる日本において、医療モデルは、「体を治す」医療から「生活を支える」医療へと変化して、緊急救命よりも“長期間の病気との共存”、入院生活よりも“在宅医療”“看取り”を求める患者が圧倒的に増加しました。医療と暮らしは共にある――手術でも治らない、それがわかったら終わり?そうじゃない。そのあとに人生をいかに支えていくか…。さまざまな命とどう向き合い、共に人生に寄り添っていくのか――ヒューマンドラマの名手が紡ぐ、温かくも胸に響く作品にぜひご注目ください!

| | コメント (0)

ドラマ「にじいろカルテ」[全9話](お薦め度★★)

脚本家・岡田惠和なので我慢して最後まで視聴しました。

面白くありません。後半に面白くなるかもと僅かな期待をもっていたのですが、設定が甘く、終盤に向かうほどどうしようも無くなりました。そもそも何を表現したかったのでしょうか。大人向けのファンタジー、、、?

 

岡田惠和に取って医療ドラマは初とのことで、彼のように万能の脚本家でも苦手分野があるようです。

 

以下、番組サイトから引用。

 

<オンエア情報>

テレビ朝日、2021年1月21日〜3月18日毎週木曜21時放送。

 

<スタッフ>

脚本:岡田惠和

演出:深川栄洋

音楽:ワンミュージック

主題歌:藤井 風『旅路』(HEHN RECORDS / UNIVERSAL SIGMA)

ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)

プロデューサー:貴島彩理(テレビ朝日)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)

制作:テレビ朝日、アズバーズ

 

<キャスト>

紅野真空(くれの・まそら):高畑充希

蒼山太陽(あおやま・たいよう):北村匠海

浅黄朔(あさぎ・さく):井浦新

橙田雪乃(とうだ・ゆきの):安達祐実

橙田晴信(とうだ・はるのぶ):眞島秀和

霧ケ谷桂(きりがや・けい):光石研

霧ケ谷氷月(きりがや・ひづき):西田尚美

緑川日出夫(みどりかわ・ひでお):泉谷しげる

緑川嵐(みどりかわ・あらし):水野美紀

白倉博(しらくら・ひろし):モト冬樹

筑紫次郎(つくし・じろう):半海一晃

緑川日向(みどりかわ・ひなた):中野翠咲

雨尾結城(あまお・ゆうき):池田良

桃井佐和子(ももい・さわこ):水野久美

 

<イントロダクション>

高畑充希 テレ朝連ドラ初主演!

 

秘密を抱えた“ポンコツ女ドクター”は

山奥の怪しい“ぽつんと診療所”へ。

ヘンテコな外科医&看護師とまさかの一つ屋根の下でシェアハウス!?

手術をしたら終わり? そうじゃない。

全然スーパードクターじゃない3人の笑って泣ける、チーム医療ドラマ!

朝ドラ『ひよっこ』脚本家・岡田惠和が紡ぐ至高のヒューマンドラマが誕生!!

テレ朝ドラマ初主演! 高畑充希が“秘密”を抱えたポンコツ女ドクター役に!! ヘンテコ外科医&看護師と3人で織りなす、新たなチーム医療ドラマが誕生!

 

 2021年1月期、高畑充希がテレビ朝日ドラマ初出演にして初主演となる木曜ドラマ『にじいろカルテ』の放送が決定しました! 『とと姉ちゃん』『過保護のカホコ』など様々なドラマで主演を飾り、その高い演技力で見る人を魅了し続け、表情・感情豊かに多彩な役を見事に演じてきた高畑が今回挑むのは、“秘密”を抱えた女ドクター・紅野真空(高畑充希)。

 東京の大病院の救命救急の現場で、夢と誇りを持ちながら働いていた真空に、ある日突然“とある病”が発覚しました。しかし、医者だからといってお金もないし、仕事も続けたいし…と困った彼女は、偶然知った山奥の小さな村の診療所で、病を隠して働くことになります。なにやら怪しいバスに乗り、鬱蒼とした森を抜け、たどりついた“虹ノ村”で待ち受けていたのは…ヘンテコな外科医&看護師という、男2人との一つ屋根の下のシェアハウス生活!? 更には、まるで妖怪みたいに個性豊かな村人たちに出会い、時に笑い、時に泣き、喧嘩しながらも、熱く命と向き合って成長していきます。そんな今作を、高畑は「この作品は温かい気持ちになれたり、「明日も頑張るか!」という気持ちになれるドラマだと感じているので、見ていただく方の1週間の癒やしになればいいなと思っています」と語っています。

 

 キャラが濃すぎるキャスト陣のかけあいは、“チーム医療ドラマ”というよりは、思わず吹き出してしまう“お医者さんたちのコメディー”といっても過言ではないかも?まるでジブリの世界のような、不思議な村での映像を紡ぐのは、映画『神様のカルテ』やドラマ『僕とシッポと神楽坂』の深川栄洋監督。

 

 激動の令和という時代において、医療従事者、刑事、弁護士、教師、芸能人…ドラマに出てくるような一見華やかな職業ほど、必要以上に「人としての正しさ」を求められ、当たり前のようにSNSで匿名の悪意に晒される時代。だけど、相田みつを氏のこんな言葉があります。「にんげんだもの」。医者だって白衣を脱げば、ただの人間。定時に帰りたいし、恋もするし、ヤケ酒も飲むし、合コンも行くし、お金も必要。家族と喧嘩することもあるし、風邪もひくし、病気になることもあるはず。現実はドラマみたいにオシャレじゃないし、日常は泥臭くて、理不尽だらけ。“医者だから”って、人のために何でもできる聖人君子なわけじゃないし、感情もある…みんな同じ、普通の人間です。そんな“人なみの弱さ”を抱えた医師たちは、この村でそれぞれの生き方を見つけていくことに――。

 

 ドラマ史上、もっとも“普通”の医者…いや、普通よりも、ちょっとダメ人間(笑)。そんな、全然スーパーじゃないドクターたちがお送りする、異色の木曜ドラマの誕生です!!

 

数々の名作を生み出してきた脚本家・岡田惠和の初の医療作! これまでの作品とは一線を画す、医者も患者も“病と共に生きる”至高のヒューマンドラマに

 今作を手掛けるのは、朝ドラ『ひよっこ』『ちゅらさん』をはじめ『イグアナの娘』『ビーチボーイズ』『最後から二番目の恋』『銭ゲバ』『ど根性ガエル』『この世界の片隅に』など、繊細に紡ぐ物語や、ポジティブなキャラクター造形など幅広い作風で多くの人を魅了してきた脚本家・岡田惠和。数々の名作を生み出してきた岡田ですが、なんと意外にも医療ドラマは初挑戦となります!

 

 岡田が描く今作は、医療ドラマの“王道”とは一線を画したストーリー。手術がゴールではない。治したら終わりではなく、その先の物語に挑戦します。高齢化、そして“3人に1人が癌で亡くなる”と言われる日本において、医療モデルは、「体を治す」医療から「生活を支える」医療へと変化して、緊急救命よりも“長期間の病気との共存”、入院生活よりも“在宅医療”“看取り”を求める患者が圧倒的に増加しました。医療と暮らしは共にある――手術でも治らない、それがわかったら終わり?そうじゃない。そのあとに人生をいかに支えていくか…。さまざまな命とどう向き合い、共に人生に寄り添っていくのか――ヒューマンドラマの名手が紡ぐ、温かくも胸に響く作品にぜひご注目ください!

| | コメント (0)

2021.02.13

映画『二重生活(2016)』(お薦め度★★★)

意外と面白い作品です。

邦画にしては、中身の濃さが際立ちました。

 

論文のために尾行という方法を用いて、自らがのめり込んでいく様はなかなかのサスペンスでした。

 

門脇麦が難しい役どころを、見事に演じ切っていました。

 

以下、WOWOWオンラインから引用。

 

<作品データ> 

制作年:2016

制作国:日本

内容時間:127分

 

<スタッフ>

監督・脚本・編集:岸善幸

撮影:夏海光造

音楽:岩代太郎

 

<キャスト>

白石珠:門脇麦

石坂史郎:長谷川博己

鈴木卓也:菅田将暉

篠原弘:リリー・フランキー

石坂の妻:河井青葉

石坂の愛人:篠原ゆき子

マンションの管理人:烏丸せつこ

劇団員:西田尚美

 

<イントロダクション>

長谷川博己が変幻自在の演技で、門脇麦と演技合戦を繰り広げるミステリードラマ。論文を書くため、理由なき尾行を始めた女子大学院生が、いつしかそれにのめり込んでいく。

 

小池真理子の同名小説を、NHKで放送された「開拓者たち」「ラジオ」を手掛けた岸義幸監督が、脚本と編集も兼任して映画化。門脇演じる女子大学院生の珠が、長谷川演じる編集者の石坂の尾行を始めてからの展開がスリリングで、まるでアルフレッド・ヒッチコック監督の「裏窓」など、優れたサスペンスを見ているような感覚を味わえる。ある秘密が終盤で明らかになる仕掛けなど、随所に施された凝った演出も見ものだ。珠を尾行という行為に誘う大学教授・篠原役に扮したリリー・フランキーの存在感もすばらしい。

 

<作品内容>

大学院で哲学を学ぶ珠はゲームデザイナーの卓也と同棲し、平和な日々を送っていた。ある日、珠は教授の篠原から、論文の題材として“哲学的尾行”の実行を持ち掛けられる。論文のためとはいえ、“理由なき尾行”を行なうことになった珠は、試しに近所の家に暮らす編集者の石坂をターゲットに選ぶ。尾行の中で、妻や娘想いだと思っていた石坂の意外な一面を見た珠は胸の高まりを感じ、いつしか尾行という行為にのめり込んでいく。

 

<鑑賞チャネル>

WOWOW

| | コメント (0)

より以前の記事一覧