2017.03.21

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」[全8話](お薦め度★★★)

主演の上白石萌音の魅力でまあまあ癒されました。
一風変わった不思議ちゃんばかりが登場します。ゆるい葛藤を楽しい食事で克服する内容はほとんど無いドラマです。

しかしながら、現在注目されている音声アシスタントAIが進化するとこのドラマのような設定の世界が出現するはずです。

映画『her/世界でひとつの彼女』的な近未来を意識した演出があれば、より今風で注目される作品になったかもしれません。

<オンエア情報>
TBS、2017年1月18日~3月15日毎週火曜深夜25時28分放送。グルメドラマ。

<スタッフ>
原作:鈴木小波『ホクサイと飯さえあれば』
プロデュース:森谷雄
監督:宝来忠昭、柴田啓佑
脚本:土城温美、北川亜矢子
主題歌:HY「HAPPY」
エンディングテーマ:GOOD ON THE REEL「小さな部屋」
企画・製作プロダクション:アットムービー
製作:ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会、MBS

<キャスト>
山田文子:上白石萌音
ホクサイ:梶裕貴(声の出演)
有川絢子:池田エライザ
柑田川永太郎:前田公輝
凪:桜田ひより
ブンの母:斉藤由貴(声の出演)

<イントロダクション>
東京・北千住が舞台のインドアご馳走マンガ、上白石萌音主演で実写ドラマ化。
“食べるシーン”が一切ない究極のグルメドラマ、始まる!!

今年から一人暮らしを始めた大学生の山田文子(通称:ブン)(18)はウサギに似たしゃべるぬいぐるみ(?)ホクサイと一緒に暮らしている。
人見知り&妄想癖もある彼女の1番のこだわりは、料理。
どんなにお金がなくても、どんなに忙しくとも、ゴハンだけはきちんと作る…!
野菜・タンパク質・炭水化物をバランスよく、しかし面倒なので基本的には一品で。
ホクサイと共に東京・北千住の町でアイディア満載のD.I.Y.レシピで美味しいご馳走を作ります。
トラブルがあっても、ホクサイがいて美味しいご飯さえあれば毎日ハッピー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.21

映画『ヒメアノ〜ル』(お薦め度★★★★)

革新的な作品です。   
微笑ましいラブコメとおぞましいバイオレンス・サスペンスが見事に融合した傑作です。このように異なる2つのテーマを違和感なく扱った映画は初めてではないでしょうか。  

『アイアムアヒーロー』で感じたように邦画界のレベルは世界トップクラスに躍り出たと言っても過言ではありません。  

吉田恵輔監督の凄いところは、ムロツヨシの起用にあります。ラブコメとバイオレンス・サスペンスを繋ぐために最適な俳優でした。  

佐津川愛美のキャスティングも良いですね。ドラマ「最後から二番目の恋」から注目している女優ですが、身近で等身大のマドンナを好演しています。  

最近の邦画の質の高さには正直驚かされます。  

以下、WOWOWオンラインから引用。   

<作品データ>    
制作年:2016      
制作国:日本      
内容時間:100分    

<スタッフ>    
監督・脚本:吉田恵輔      
撮影:志田貴之      
音楽:野村卓史    

<キャスト>    
森田正一:森田剛      
岡田進:濱田岳      
阿部ユカ:佐津川愛美      
安藤勇次:ムロツヨシ      
久美子:山田真歩      
和草浩介:駒木根隆介      
清掃会社社長:大竹まこと    

<番組紹介/解説>    
人気漫画家・古谷実の同名作をV6の森田剛と濱田岳の共演で実写映画化。サイコ殺人鬼によるスリラーと、冴えない青年の恋を綴るラブコメ、2つの物語がやがて交錯する。    

「なにも起こらない日々」に焦りを感じながらビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田。ある日、先輩の安藤から恋のキューピッド役を頼まれた彼は、安藤が想いを寄せる女性ユカが働くカフェを訪れ、そこで高校時代の同級生・森田と再会する。当時過酷ないじめに遭っていた森田は、まるで別人のように虚無的な雰囲気を漂わせていた。やがて、岡田はユカから森田にストーキングされていると悩みを打ち明けられるのだが……。    

<鑑賞チャネル>      
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.08

映画『僕だけがいない街』(お薦め度★★★★)

タイムリープを使っていながら掟破りのラストを迎えるというSFとしてはアンバランスな物語ですが、タイムリープそのものの振り幅が大きいので、設定そのものに対する無力感に惹かれてしまいます。

その核となる部分が全体を引っ張るため、ツッコミ所が多いものの何故か納得させられてしまいます。もっと脚本が練られて、ラストを盛り上げる材料なり伏線を用意していれば、傑作ともなりうるべき作品になっていたと思います。

さらには、キャスティングも微妙で主人公の母親は見た目が若すぎる石田ゆり子では不釣り合いでした。藤原竜也は悪くはないものの、主人公の年齢は彼よりも下の若い人物です。そのためヒロインの有村架純との年齢差から、男女関係には物足りなさがあり、切なさを感じさせる盛り上がりに欠いていました。

どちらかというと、全体的にバランスが取れていないにも関わらず、高評価とするのは先に書いたようにタイムスリープによって主人公が昔に戻り過ぎるという設定の妙なのかと感じています。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2016
制作国:日本
内容時間:121分

<スタッフ>
監督:平川雄一朗
脚本:後藤法子
撮影:斑目重友
音楽:林ゆうき

<キャスト>
藤沼悟:藤原竜也
片桐愛梨:有村架純
八代学:及川光博
雛月加代:鈴木梨央
1988年の藤沼悟:中川翼
澤田真:杉本哲太
藤沼佐知子:石田ゆり子

<番組紹介/解説>
藤原竜也と有村架純共演のSFミステリー。事件などに遭遇すると、その原因となった時点に時をさかのぼってしまう能力を持った主人公が、ある連続殺人事件の真相に迫る。

売れない漫画家の悟は、事件等の“悪いこと”に遭遇すると、意図せずとも原因を取り除くまで過去に戻って同じ時を繰り返す奇妙な力があり、それを“リバイバル”と呼んでいた。ある時、悟の母の佐知子が誘拐未遂事件を目撃した直後何者かに殺され、アルバイト仲間の愛梨も誰かに命を狙われる。悟に容疑が掛けられる中、彼はかつてないリバイバルで小学校時代へ戻され、事件の発端が当時周囲で起きた連続誘拐殺人事件にあると知る。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.03

映画『眉山』(お薦め度★★★)

松嶋菜々子が美しいです。
歌手・さだまさしの小説が原作ということで、観るのをためらってきましたが、なかなかどうしてよく構成された物語でした。

演出が冴えており、ワンシーンごとの間の取り方が王道の邦画らしく、心に染みわたります。母親役の宮本信子の凛として佇まいが作品を締めます。

クライマックスの阿波踊りの隊列の中にヒロインが入っていくシーンは情感あふれ、日本の美を感じました。この時に家族が視線で結ばれる日本人ならではの奥ゆかしさにしみじみとしました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2007
制作国:日本

<スタッフ>
監督:犬童一心
脚本:山室有紀子
撮影:蔦井孝洋
音楽:大島ミチル

<キャスト>
河野咲子:松嶋菜々子
河野龍子:宮本信子
寺澤大介:大沢たかお
大谷啓子:円城寺あや
篠崎孝次郎:夏八木勲
 
<番組紹介/解説>
人気歌手・タレントのさだまさしが2004年に発表した小説第3作「眉山」を映画化。宮本信子&松嶋菜々子が母娘に扮して激しくも切ない愛憎劇を披露する感動ドラマ。
 
東京の旅行代理店に勤める30代の独身女性・咲子は、徳島でひとり暮らしをしている母親・龍子が入院したと聞かされ、久々に帰郷。咲子は、母親が末期ガンを患っていることを知るが、龍子は病室でひとり毅然と振る舞っていた。子供の頃から父親は死んだと聞かされ、母子家庭の下、勝気な性格の龍子に反発を覚えながら大人に成長した咲子だったが、実は自分の父親がまだ生きているという意外な事実を初めて知り、愕然とする。
 
<鑑賞チャネル>
dTV(2月4日まで無料です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.28

映画『パリ3区の遺産相続人』(お薦め度★★★★)

長い時間を経た憎しみであっても、直接対峙して互いの思いやりで許しあえるのであれば歳を取ることは悪くないと感じます。

コメディタッチの導入からは予想できない深い物語が綴られています。国籍は違っても寄り添う気持ちは大切なのだとしみじみ感じます。

トリプル主演のケヴィン=クライン、マギー=スミス、クリスティン=スコット=トーマスの名優たちの共演はお見事でした。

大人向けというよりも高齢向けでありながら、幸せの将来を描ける粋な作品に感服です。エンディングの絶妙な編集は見事でした。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:My Old Lady
制作年:2014
制作国:アメリカ・イギリス・フランス

<スタッフ>
監督・脚本:イスラエル=ホロヴィッツ
製作:レイチェル=ホロヴィッツ、ゲーリー=フォスター、ニットサー=ベンチェトリットほか
撮影:ミシェル・アマテュー
音楽:マーク=オートン

<キャスト>
マティアス=ゴールド:ケヴィン=クライン
クロエ:クリスティン=スコット=トーマス
マティルド=ジラール:マギー=スミス
フランソワ=ロワ:ステファーヌ=フレス
ルフェーヴル:ドミニク=ピノン

<番組紹介/解説>
K・クライン、M・スミス、そしてK・S・トーマス。いずれも数々の舞台や映画で活躍する練達の実力演技派3人が顔をそろえ、味わい深い競演を披露する感動の人生ドラマ。

疎遠だった父が亡くなり、パリの高級アパルトマンを相続することになったマティアス。これで長年の借金生活とオサラバできると、喜び勇んでNYからパリへやって来た彼だが、意外にもアパルトマンには元所有者の老婦人マティルドが住み着いていた上に、彼女が亡くなるまで毎月、彼女に年金を払い続ける義務があると聞かされ、すっかりアテが外れてガッカリ。しかも、どうやら彼女が亡き父の昔の浮気相手であったことが判明し…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.15

映画『ブラック・スワン』(お薦め度★★★★)

文学的で退屈な作品とばかり想像していたのですが、全く違っており珠玉のサスペンス・スリラー作品でした。この内容であればもっと早くに観るべきでした。

『ビューティフル・マインド』をホラーテイストに倒した作品です。同じ手法で滑った『シークレット ウインドウ』とは違って、脚本が素晴らしく、主演のナタリー=ポートマンのなりきり度は半端ありませんでした。

クライマックスの畳みかける展開は、怒涛の恐怖の連続です。ホラー映画として紹介しても差し支えないレベルのかなりの怖い映画でした。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:Black Swan
制作年:2010
制作国:アメリカ

<受賞歴>
第83回(2010)アカデミー賞主演女優賞「ナタリー・ポートマン」
第67回(2010)ヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)

<スタッフ>
監督:ダーレン=アロノフスキー
製作:マイク=メダヴォイ、ブライアン=オリヴァー、アーノルド=W=メッサーほか
原案:アンドレス=ハインツ
脚本:アンドレス=ハインツ、マーク=ヘイマン、ジョン=マクラフリン
撮影:マシュー=リバティーク
音楽:クリント=マンセル

<キャスト>
ニナ=セイヤーズ:ナタリー=ポートマン
トマス=ルロワ:ヴァンサン=カッセル
リリー:ミラ=クニス
エリカ=セイヤーズ:バーバラ=ハーシー
ベス=マッキンタイア:ウィノナ=ライダー

<番組紹介/解説>
バレエ「白鳥の湖」でプリマに選ばれた女性がプレッシャーなどから徐々に精神的に崩壊していく。第83回アカデミー賞でN・ポートマンが主演女優賞に輝く衝撃のスリラー。

ニューヨーク。バレエ劇団に所属するニナは、バレエにすべてを捧げて厳しいレッスンに打ち込む毎日。劇団の象徴的存在だったベテラン・プリマ、ベスの引退を受けて新作「白鳥の湖」の主演に抜擢されるが、演出家のトマスは真面目なニナが奔放で邪悪な黒鳥も演じられるかを心配。そんなプレッシャーやライバルになった団員リリーの存在、元ダンサーで娘の成功を願う母親エリカとの関係に悩むニナは、やがて幻覚や妄想を見るように。

<鑑賞チャネル>
Amazonプライム・ビデオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.07

映画『パトリック 戦慄病棟』(お薦め度★)

いろいろな要素を組み込んでいるものの、相乗効果が無く自爆しています。
それなりに怖いシーンがいくつかあるのですが、ガッカリなホラーでした。

一世紀前の病棟や建物でデザインしているのに、iPhoneやMacBookが登場したり、登場する車が現代車で時代考証が欠落しています。世界観となるグランドデザインが甘過ぎです。

意味不明で不要とも思えるシーンが挿入されたり、重要である脚本は退屈で、真相が明かされても白けてしまう内容でした。

ヒロインは美人でなく、全体的にかなりの駄作です。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:PATRICK
製作年:2013年
製作国:オーストラリア
内容時間:96分

<スタッフ>
監督:マーク=ハートリー
製作:アントニー=I=ギネイン
脚本:ジャスティン=キング
撮影:ゲーリー=リチャーズ
音楽:ピノ=ドナッジオ

<キャスト>
キャシー:シャーニ=ヴィンソン
パトリック:ジャクソン=ギャラハー
ロジェット医師:チャールズ=ダンス
マトロン:レイチェル=グリフィス
ウィリアムズ:ペータ=サージェント
ブライアン:マーティン=クルーズ

<番組紹介/解説>
1978年に製作されたカルトホラーをリメイク。精神病棟に赴任した看護師が、目を見開いたまま昏睡する奇妙な患者パトリックと出会い、やがて彼の秘密に気付いていく。

アヴォリアッツ映画祭グランプリ、シッチェス映画祭監督賞など、数々の栄誉に輝いた伝説的なカルトホラー「パトリック」。ドキュメンタリー「マッド・ムービーズ ~オーストラリア映画大暴走~」の中で同作を取り上げたM・ハートリー監督が、今度は自らリメイクに乗り出した戦慄作。オリジナル版同様、カッと目を見開いたまま昏睡する青年パトリックの不気味な姿が不安感を増大させる。彼の秘密を知り、やがて立ち向かっていくヒロイン役を、「サプライズ」「パニック・マーケット」のS・ヴィンソンが好演。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.06

映画『バスルーム 裸の2日間』(お薦め度★★★)

タイトル通りの内容です。
ヒロインは、日本人好みの超美形女優です。楚々としたクールビューティーが大胆に脱いだのには度肝を抜かされました。

スケベじじぃにとってはパラダイスなストーリーです。はっきり言って羨ましい。

日本のエッチ系作品と違って、サラッとした感覚が残ります。ライブラリとも考えましたが、削除しました(笑)。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:Madrid, 1987
製作年:2011年
製作国:スペイン
内容時間:101分

<スタッフ>
監督・脚本:デヴィッド=トルエバ
製作:ヘシカ=ベルマン
撮影:レオノール=ロドリゲス

<キャスト>
アンヘラ:マリア=バルベルデ
ミゲル:ホセ=サクリスタン

<番組紹介/解説>
ひょんなことから狭いバスルームに2日間も閉じ込められてしまう老男性と女子学生。そんな彼らの奇妙な交流と運命を描いた、スペイン産のエロティックドラマ。

老いたジャーナリストの男性は、自分に指導を頼んできた美しい女子学生アンヘラに魅了される。その直後、彼らはひょんなことからアパートの狭いバスルームに閉じ込められてしまい……。小品ながら、サンセバスチャン国際映画祭など世界各地の映画祭で上映された。主演は後の2014年、ハリウッド大作「エクソダス:神と王」でツィポラ役に抜擢された美人女優M・バルベルデ。本作ではほぼ全編にわたって惜しむことなく、たっぷりと裸身を見せてくれた。共演はスペインのベテラン男優J・サクリスタン。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.28

映画『バンクラッシュ』(お薦め度★★★★)

銀行強盗の新境地です。

失敗すると即仲間割れします。特にアメリカ映画は仲間割れ以前に裏切ります。
しかし、本作はコミュニケーションの高さを誇ります。

犯人だってバカではありません。プロ集団であるならば最低限の統制が取れて然るべきです。

銀行強盗は昔から扱われるテーマですが、本作のチームメイトならば当たり前の人間関係が扱われる群像劇はしっくりしました。

スペイン映画はクライムサスペンスでピカイチの輝きがあります。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:Cien A〓os De Perd〓n
製作年:2016年
製作国:スペイン・アルゼンチン・フランス
内容時間:98分

<スタッフ>
監督:ダニエル=カルパルソロ
脚本:ホルヘ=ゲリカエチェバァリア
撮影:ホス=インチャウステギ
音楽:フリオ=デ=ラ=ロサ

<キャスト>
ガリシア人:ルイス=トサル
ウルグアイ人:ロドリゴ=デ=ラ=セルナ
フェラン:ラウール=アレバロ
メリゾ:ホセ=コロナド

<番組紹介/解説>
白昼堂々、武装した強盗団に襲われるスペイン第3の都市バレンシアの銀行。その貸金庫にはある意外な秘密があって……。スペイン産のハードクライムサスペンスアクション。

スペイン映画界の一流どころが結集し、銀行強盗事件から始まって二転三転していく予測できない展開をスリリングに描いた娯楽編。犯罪のプロ集団VS捜査当局の戦いをスタイリッシュな映像を駆使し、テンポよく描いている。出演陣は「暴走車 ランナウェイ・カー」や映画版「マイアミ・バイス」に出演したL・トサル、「モーターサイクル・ダイアリーズ」のR・デ・ラ・セルナなど充実した顔ぶれ。監督は「インベーダー・ミッション」「ワイルド・ルーザー」の娯楽派D・カルパルソロ。WOWOWの放送が日本初公開。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.26

映画『ブリッジ・オブ・スパイ』(お薦め度★★★)

実話に基づいた作品であっても印象に残らない内容です。
東西冷戦下の人質交換という地味なエピソードなので、見せ場がほとんどありません。

東ベルリンを舞台にソ連と東ドイツ、アメリカの3国間交渉を米国の民間人弁護士が信念だけで何の裏付けもなく、値千金の結果を導き出す展開はしっくり来ません。

単に幸運に恵まれたようにしか感じられない楽観的なトーンは拍子抜けでした。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:Bridge of Spies
製作年:2015年
製作国:アメリカ
内容時間:142分

<スタッフ>
監督:スティーヴン=スピルバーグ
製作:スティーヴン=スピルバーグ、マーク=プラット、クリスティ=マコスコ=クリーガー
脚本:マット=チャーマン、イーサン=コーエン、ジョエル=コーエン
撮影:ヤヌス=カミンスキー
音楽:トーマス=ニューマン

<キャスト>
ジェームズ=ドノヴァン:トム=ハンクス
ルドルフ=アベル:マーク=ライランス
メアリー=ドノヴァン:エイミー=ライアン
トーマス=ワッターズ:アラン=アルダ
ホフマン:スコット=シェパード

<番組紹介/解説>
監督S・スピルバーグ、主演T・ハンクス、共同脚本にコーエン兄弟と、一流の実力派映画人たちが結集し、東西冷戦のさなかに起きた奇跡の歴史秘話を映画化した秀作ドラマ。

東西冷戦のさなか、ソ連のスパイとして逮捕された男と、世間の非難を浴びつつも、裁判の中立公正さを守るべく勇気をもって彼の弁護を引き受けた民間のアメリカ人弁護士。一触即発の極限状況下、世界の平和の橋渡しのため、懸命に奔走する弁護士の主人公を、「プライベート・ライアン」などでスピルバーグ監督と名コンビを組んできたハンクスがみごとに好演。また、孤独なスパイ役にはイギリスの実力演技派M・ライランスが抜擢されて会心の演技を披露し、第88回アカデミー助演男優賞ほか、数々の演技賞に輝いた。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧