2020.12.26

映画『AI崩壊』(お薦め度★)

陳腐です。
AI、人工知能の映画は数多く観てきましたが、中身も内容も無い最低レベルです。

AI監修に松尾豊も参加されているようです。彼の著書で優れたAI映画を紹介していたのでそれなりのレベルを期待したのですが、がっかりです。

SFのジャンルでは、邦画はどうしようもなく世界に取り残されています。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2020
制作国:日本
内容時間:132分

<スタッフ>
監督・脚本:入江悠
企画・プロデューサー:北島直明
撮影:阿藤正一
音楽:横山克

<キャスト>
桐生浩介:大沢たかお
西村悟:賀来賢人
奥瀬久未:広瀬アリス
桜庭誠:岩田剛典
望月剣:高嶋政宏
林原舞花:芦名星
飯田眞子:玉城ティナ
桐生心:田牧そら
桐生望:松嶋菜々子
合田京一:三浦友和

<イントロダクション>
大沢たかお、賀来賢人、広瀬アリス、岩田剛典ら豪華キャストが結集し、2020年1月に劇場公開された、戦慄のサスペンス。近未来の日本で医療用AIが暴走を始めて……。

豪華な顔触れの俳優陣を迎えつつ、「22年目の告白-私が殺人犯です-」の入江悠監督が、自身のオリジナル脚本を映画化。入江監督は独自にAI(人工知能)の最先端事情を取材し、本来は人間に奉仕するはずのAIが将来、人間を殺しかねないという恐るべきストーリーを創作。ハリウッド映画を思わせるスペクタクルな見せ場もふんだんながら、監督の原点となった「SR サイタマノラッパー」に始まる“北関東三部作”と同じく、近年の日本社会における“経済格差”というリアルな問題を隠し味にしたのも要注目点だ。

<放送内容>
2030年。多くの日本人の健康を管理する医療AI“のぞみ”の開発者である科学者・桐生はひとり娘の心とシンガポールに移住していたが、その功績を祝う会に呼ばれて久しぶりに心と帰国する。同じころ、“のぞみ”は暴走を開始し、自身で誰が生きて誰が亡くなるべきかを判断し始めるように。当局は桐生が“のぞみ”を操っていると決めつけ、桐生は逃亡犯として追われる立場に。桐生は“のぞみ”の暴走を制止しようとするが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.12.25

アニメ「アクダマドライブ」[全12話](お薦め度★★★★★)

びっくり仰天の物語です。
全く予想できない内容で、アップテンポな展開に驚愕しました。
しかも、スタイリッシュな作画で、キャラクターデザインともにクオリティが高いアニメーションでした。

謎だらけの近未来SFながら、期待以上に潔い最終話に大満足です。

以下、公式サイトから引用。

<オンエア情報>
TOKYO MX、2020年10月9日 - 12月25日毎週金曜0時30分放送。

<スタッフ>
原作:ぴえろ・TooKyoGames
ストーリー原案:小高和剛
キャラクター原案:小松崎類
監督:田口智久
シリーズ構成:海法紀光、田口智久
キャラクターデザイン:Cindy H. Yamauchi
副監督:笹原嘉文
メカニックデザイン:山本翔、宮川治雄、常木志伸
美術監督:谷岡善王
美術設定:青木 薫
色彩設計:合田沙織
編集:三嶋章紀
撮影監督:山田和弘
CG監督:藤谷秀法
音響監督:長崎行男
音響制作:デルファイサウンド
音楽:會田茂一、井内舞子
アニメーション制作:studioぴえろ

オープニングテーマ:SPARK!!SOUND!!SHOW!!「STEAL!!」
エンディングテーマ:浦島坂田船「Ready」

<キャラクター>
一般人:(声)黒沢ともよ
運び屋:(声)梅原裕一郎
喧嘩屋:(声)武内駿輔
ハッカー:(声)堀江 瞬
医者:(声)緒方恵美
チンピラ:(声)木村 昴
殺人鬼:(声)櫻井孝宏
処刑課師匠:(声)大塚明夫
処刑課弟子:(声)花守ゆみり
処刑課後輩:(声)上遠野太洸
ボス:(声)榊原良子
兄/黒猫:(声)内田真礼
妹:(声)市ノ瀬加那
ウサギ:(声)間宮くるみ
サメ:(声)チョー

<イントロダクション>
全・員・悪・玉
犯罪者アクダマたちのクライムアクション開幕!
遙か昔、カントウとカンサイの間で戦争が起き、世界は分裂した。 カンサイはカントウの属国となり、独自の発展を遂げていった。 しかし、政治と警察力は衰退し、犯罪が横行。 その犯罪者を アクダマ と呼ぶ ―。

本作品の舞台となるのは、高度に発達しながらも歪んだ社会。 その中で、アクダマたちはいかにして自分らしくあろうとするのか。 一堂に会したアクダマたちの美学がぶつかり合う。
己の生き方を貫く悪人たちの物語が、スタイリッシュな映像とともに描かれるオリジナルTVアニメ『アクダマドライブ』。本作のストーリー原案とキャラクター原案を担当するのは、TooKyoGamesの代表にしてシナリオライター・小高和剛とキャラクターデザイナー・小松崎類。ゲーム『ダンガンロンパ』シリーズでタッグを組んできた二人が、アニメーションで再び手を取り合う。監督は『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』や劇場版『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』を手がけた田口智久。そして、アニメーション制作は『おそ松さん』や『東京喰種トーキョーグール』シリーズを制作し、設立40周年を迎えたstudioぴえろが担当。充実のスタッフ陣によるオリジナルTVアニメーションがいま走り出す!

| | コメント (0)

2020.12.22

ドラマ「あのコの夢を見たんです。」[全12話](お薦め度★★★)

山里亮太が非凡だと強く感じたのは、第1話の中条あやみ回です。妄想のドラマというのに、山里亮太が主体ではなく、ヒロインの中条あやみが主人公だったことです。この大胆な設定は予想外だったことと、ドラマとしても優れていたので感心しました。

しかし、全てヒロインが主役となる訳ではなく、第5話以降は山里亮太が主人公となる当たり前とも言える平板な物語になってしまいました。毎話旬な若手女優が登場したので、何とかなりましたが、第10話、12話は凡作でした。

第3話まではワクワクしていたのですが、尻窄みな作品としまって残念です。

以下、番組サイトから引用。

<オンエア情報>
テレビ東京、2020年10月2日〜12月18日毎週金曜深夜0時12分。ドラマ24枠、第60弾特別企画。

<スタッフ>
原作:山里亮太『山里亮太短編妄想小説集 あのコの夢を見たんです。』(東京ニュース通信社)
監督:大九明子、瀬田なつき、枝優花、松本花奈
脚本:政池洋佑、マンボウやしろ、三浦希紗、野村有志
脚本監修:山里亮太(南海キャンディーズ)
チーフプロデューサー:阿部真士(テレビ東京)
プロデューサー:倉地雄大(テレビ東京)、和田圭介(スタジオブルー)、瀬島翔(スタジオブルー)
制作:テレビ東京、スタジオブルー
製作著作:「あのコの夢を見たんです。」製作委員会

オープニングテーマ:マカロニえんぴつ「ノンシュガー」 (TOY'S FACTORY / TALTO)
エンディングテーマ:山本彩「ゼロ ユニバース」(ユニバーサル シグマ)

<キャスト>
仲野太賀
#1中条あやみ
#2芳根京子
#3森七菜
#4飯豊まりえ
#5大原櫻子
#6山本舞香
#7大友花恋
#8白石聖
#10鞘師里保
#11池田エライザ
#12橋本愛

<イントロダクション>
主演・仲野太賀
大手書店のウィークリーランキング
1位獲得!
南海キャンディーズ・山里亮太が描く
初の短編小説が
民放ドラマ初主演となる仲野太賀を迎え、
テレビ東京 「ドラマ24」記念すべき60作目にて待望のドラマ化!

原作は、今やテレビ界には欠かせない国民的お笑い芸人で、ラジオ・テレビ合わせてレギュラー13本を抱える南海キャンディーズ・山里亮太が、実在する人気女優・アイドル・モデルたちのイメージから創作した初の短編小説作品。2010年10月から月刊テレビ誌「B.L.T.」にて連載がスタート。その数は連載時で66本にものぼり、誰もが一度は思い出す青春の1ページから、淡くも切ない恋愛小説、あっと驚くファンタジー小説までエピソードは多岐にわたります。
さらに、2019年4月には連載した中から人気の16本を厳選した小説を発行。発行後には重版化もされた注目の話題作となっております。
今回、小説の中から厳選したエピソードの他、山里亮太が新規で書き下ろしたエピソードを加えて、待望のドラマ化が決定!多種多様な展開が満載のエンタテインメント作品となっております。
そんな本作で、山里亮太役として主演を務めるのは、映画も大ヒットし、幅広い世代に支持され話題を呼んだドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ/2018年10月・劇場版/2020年7月公開)や宮藤官九郎オリジナル脚本の「ゆとりですがなにか」(日本テレビ/2016年4月)など、バラエティー豊かな役を演じ、また2016年のヨコハマ映画祭最優秀新人賞などを受賞する、今最も注目度の高い若手実力派俳優仲野太賀に決定!
今回、民放ドラマ初主演となります!
毎話、創作で生まれる物語の中で、どのような役柄で山里亮太を演じるのか。そして一人のお笑い芸人の想像とイメージから生まれた作品にテレビ東京の深夜ドラマ史上、最も豪華な女優陣が集結!
さらに、本作は、第30回東京国際映画祭のコンぺティション部門受賞作品「勝手にふるえてろ」(2017年12月公開)やドラマ「捨ててよ、安達さん。」(テレビ東京/2020年4月)などで監督を務めた大九明子、「PARKS パークス」(2017年3月公開)や「セトウツミ」(テレビ東京/2017年10月)など話題作を手掛けた瀬田なつき、国際映画祭にて選出された映画「少女邂逅」(2017年6月公開)や「放課後ソーダ日和」(2019年3月公開)など若手最注目の映画監督・枝優花、国際ファンタスティック映画祭にて審査員特別賞・観客賞を受賞した作品「脱脱脱脱17」(2016年9月公開)など現役大学生でありながら映画監督としての顔を持つ映像作家・松本花奈といった第一線で活躍する女性監督たちが各話のストーリーを作り上げていきます!
夢見る新たなエンタテインメント作品がここに誕生します。お笑い芸人ならではの?オチ?と?どんでん返し?が盛り込まれた今までにない新感覚のドラマ作品にどうぞご期待ください!

| | コメント (0)

2020.12.20

アニメ「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」[全24話](お薦め度★★★★)

弐ノ章とサブタイトルが付いた第2期は面白いものの、第1期の怒涛の展開が一旦中断して、様々なエピソードが挿入されるため、勢いが止まります。その代わりに壮大な世界観を熟成する物語になりました。

更に謎が深まり、更にパワーインフレが強まりました。

続編の第3期は間違いないところでしょう。期待します。

以下、公式サイトから引用。

<オンエア情報>
TBS、2020年7月4日~12月12日毎週金曜25時55分放送。アニメイズム枠。

<スタッフ>
原作:大久保篤(講談社「週刊少年マガジン」連載)
監督/シリーズ構成:南川達馬
キャラクターデザイン/総作画監督:守岡英行
総作画監督:小堺能夫、徳田夢之介
キーアニメーター:三輪和宏
メインアニメーター:大梶博之、松浦力、廣原寧人
色彩設計:佐藤直子
美術監督:高峯義人、宮里和誉
撮影監督:元木洋介
CGディレクター:高野慎也
VFX:大橋遼
編集:廣瀬清志
音響監督:明田川仁
音楽:末廣健一郎
アニメーション制作:david production

<キャラクター>
森羅日下部/シンラクサカベ:(声)梶原岳人
アーサー・ボイル:(声)小林裕介
秋樽桜備/アキタルオウビ:(声)中井和哉
武久火縄/タケヒサヒナワ:(声)鈴村健一
茉希尾瀬/マキオゼ:(声)上條沙恵子
アイリス:(声)M・A・O
環古達/タマキコタツ:(声)悠木碧
ヴァルカン・ジョゼフ:(声)八代拓
ヴィクトル・リヒト:(声)阪口大助
レオナルド・バーンズ:(声)楠大典
カリム・フラム:(声)興津和幸
フォイェン・リィ:(声)日野聡
オニャンゴ:(声)宝亀克寿
グスタフ本田/グスタフホンダ:(声)土師孝也
弾木/ハジキ:(声)鳥海浩輔
武能登/タケルノト:(声)小西克幸
蒼一郎・アーグ/ソウイチロウアーグ:(声)チョー
パート・コ・パーン:(声)小野大輔
オグン・モンゴメリ:(声)古川慎
プリンセス火華/プリンセスヒバナ:(声)Lynn
トオル岸理/トオルキシリ:(声)河西健吾
火代子黄/カヨコホァン大原さやか
アサコ・アーグ:(声)金元寿子
新門紅丸/シンモンベニマル:(声)宮野真守
相模屋紺炉/サガミヤコンロ:(声)前野智昭
ヒカゲ&ヒナタ:(声)赤尾ひかる
象日下部/ショウクサカベ:(声)坂本真綾
アロー:(声)内山夕実
ハウメア:(声)釘宮理恵
ヨナ:(声)松岡禎丞
フレイル:(声)乃村健次
ミラージュ:(声)千葉進歩
リツ:(声)大久保瑠美
アサルト:(声)小林親弘
Dr.ジョヴァンニ:(声)青山穣
カロン:(声)安元洋貴
烈火星宮/レッカホシミヤ:(声)関智一
ジョーカー:(声)津田健次郎
優一郎黒野/ユウイチロウ・クロノ:(声)櫻井孝宏
因果春日谷/インカカスガタニ:(声)島袋美由利
リサ漁辺/リサイサリべ:(声)朝井彩加
滝義尾瀬/タキギオゼ:(声)小野友樹
スコップ:(声)伊藤健太郎
ヤータ:(声)速水奨

<イントロダクション>
この「国」は、何かを隠している──。
“地下(ネザー)”での激戦を終え、
シンラたちは「伝導者」の野望を知る。
その目的は、特殊な炎「アドラバースト」の
使い手を集めて弐佰伍拾年前の大災害を
再び起こし、世界を滅ぼすことだった。

自らもアドラバーストを持つシンラは、
伝導者に追われる身ながら、
その策略を潰すべく奔走を続ける。

新たなアドラバーストを持つ少女との出会い、
そして、ひた隠しにされてきた皇国の要たる
天照<アマテラス>の大いなる秘密。

炎に狂わされ、炎に導かれし少年は、一歩ずつ、
真実へと近づいていく。

| | コメント (0)

2020.12.01

映画『アイネクライネナハトムジーク』(お薦め度★★)

面白くありません。
コメディ作品ならまだしも、恋愛群像劇での描き方として少しも受け入れられません。今泉力哉監督の感性は合わないようです。

故人を偲んでの鑑賞という目的があったにもかかわらず、最後まで観るのが結構辛かったです。

ともかく、カットが気持ち長めで冗長です。セリフにところどころクスッとさせるところがあるものの、リアリティが皆無です。特にボクシングに関しては的外れでした。

俺にとっての見どころは、反抗期真っ只中の女子高生役の恒松祐里でした。正統派美少女の女優ですが、ドラマ「リフレイン」から注目しています。終盤でのヒロインを堂々と務めました。彼女の主演作を多く観たいと思ってます。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2019
制作国:日本
内容時間:120分

<スタッフ>
監督:今泉力哉
脚本:鈴木謙一
撮影:月永雄太
音楽:斉藤和義

<出演>
佐藤:三浦春馬
本間紗季:多部未華子
織田一真:矢本悠馬
織田由美:森絵梨佳
織田美緒:恒松祐里
美奈子:貫地谷しほり
藤間さん:原田泰造

<イントロダクション>
伊坂幸太郎×斉藤和義。この2人の奇跡のコラボから生み出された同名連作小説を、「愛がなんだ」の今泉力哉監督がユニークなキャストの共演で映画化した恋愛群像ドラマ。

「重力ピエロ」「ゴールデンスランバー」などで知られる人気作家の伊坂と、「やさしくなりたい」などのヒット曲でおなじみの人気シンガーソングライターの斉藤。お互いのジャンルを超えたこの2人の奇跡のコラボから生まれた同名連作小説を、恋愛群像劇の名手・今泉監督が映画化。今年惜しくも急逝した三浦春馬と多部未華子が、10年越しの付き合いを通してようやく結婚を決意するに至る不器用な男女のカップルを、等身大の魅力で好演するほか、矢本悠馬、貫地谷しほり、原田泰造らがユニークな個性と存在感を発揮。

<放送内容>
マーケティングリサーチの会社に勤める佐藤。ある日彼は、仙台駅前で街頭アンケートの調査中、そこでギターの弾き語りに耳を傾けていた若い女性とふと目が合う。思い切って彼が声を掛けると、彼女はアンケートに協力してくれ、こうして佐藤と紗季の2人は、奇妙な出会いを果たす。本来、劇的な運命の出会いを待ち望んでいた佐藤は、既に妻子を持つ友人の織田や会社の上司・藤間らに、出会いについてのアドバイスを求めるのだが…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.11.28

ドラマ「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」[全10話](お薦め度★★★★)

二人の男たちのどうしようもない復讐劇に涙しました。
生田斗真×小栗旬のバディは思っていた以上に良かったです。5年前の作品ですが、今観ても新鮮です。

物語の構成が骨太で、引き込まれました。最終回までの謎解きの面白さは抜群でした。

W主演の二人以外に、吉田鋼太郎、滝藤賢一、吉田羊の3人の警察官の描き方が秀逸でした。

ただし、物語としてはリアリティは弱く、黒幕の設定は残念です。

ところで、実生活で夫婦となった生田斗真と清野菜名が本作で共演していたのですね。

以下、番組サイトから引用。

<オンエア情報>
TBS、2015年1月16日〜3月20日毎週金曜22時放送。

<スタッフ>
原作:「ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリ」神崎裕也(新潮社)
脚本:古家和尚
主題歌:嵐「Sakura」(ジェイ・ストーム)
音楽:木村秀彬
企画:那須田淳
演出:石井康晴、山室大輔、池田克彦
プロデューサー:佐野亜裕美
製作著作:TBS 

<キャスト>
龍崎イクオ:生田斗真
段野竜哉 :小栗旬
日比野美月:上野樹里
橘都美子 :吉田羊
深町武  :ムロツヨシ
田村小夏 :清野菜名
我孫子桐乃:武田久美子
真島了  :渋川清彦
日比野圀彦:光石研
忍足浩二 :モロ師岡
我那覇守 :山口祥行
桂田剛夫 :デビット伊東
湯浅敬一 :康すおん
蝶野真一 :滝藤賢一
三島薫  :吉田鋼太郎
北川貴一郎:中村橋之助
柏葉結子 :広末涼子

<イントロダクション>
生田斗真×小栗旬 8年ぶりに連ドラ共演!!
最強タッグで贈る新たなる「相棒(バディ)」伝説
「信じるのはお互いだけ…」

刑事とヤクザに別れた幼馴染が、
法で裁けない本当の悪を勧善懲悪で裁く本格警察エンタテインメント!

TBSでは2015年1月期金曜ドラマで『ウロボロス~この愛こそ、正義。』を放送する。原作である「ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリ」(神崎裕也)は2009年、新潮社「週刊コミックバンチ」で連載開始、現在は同社の「月刊コミック@バンチ」にて連載中。2014年11月までにコミックス18巻・累計200万部が発売されている人気作品だ。

普段は冴えない刑事だが、圧倒的身体能力を持ち、一旦スイッチが入ると常人離れした格闘能力で悪を粉砕する主人公の龍崎イクオを演じるのは、2008年7月期の『魔王』以来6年半ぶりのTBSドラマ主演となる生田斗真。また、イクオの相棒で明晰な頭脳とクールな立ち居振る舞いで裏社会をのし上がっていくヤクザ・段野竜哉を小栗旬が演じる。2007年7月期『花ざかりの君たちへ』(フジテレビ)以来、連ドラでは約8年ぶりの共演となる生田と小栗。2人が久しぶりにタッグを組み、全く新しいエンターテインメント作品『ウロボロス』に挑む。対極にいるようでいて深いところで繋がっている似たもの同志のイクオと竜哉・・・プライベートでも仲が良く芝居論を戦わせることもある2人だからこそ「信じるのはお互いだけ」という2人の関係や“真実の追求”という同じ目的に向かう姿を、より強く表現できるはずだ。

また、イクオの表の顔(刑事)での相棒・日比野美月を演じるのは、上野樹里。美月は東大出のキャリアで父は警察庁の上層部という超エリートだが、現在は所轄である新宿第二警察署でイクオとバディを組んでいる。美月はイクオの“もうひとつの顔”に気づく鋭さを持ち、イクオと竜哉“二匹の龍”が放つ、この壮大な本格警察エンターテインメントのストーリーを引っ張っていく重要なヒロインとなる。
他にも、イクオや美月の能力をいち早く認める警視庁捜査一課の美人管理官・橘都美子役には、映像作品で着実にキャリアを積み2014年一気に知名度を上げた吉田羊、竜哉の腹心・深町武役に、ドラマ・映画・舞台とマルチに活躍するムロツヨシ、竜哉を気に入り直参に取り立てる我孫子会の姐御・我孫子桐乃役に、1992年以来22年ぶりに連続ドラマに出演する武田久美子、警視庁随一の情報通である警視庁人事課警部補・田村小夏役には、園子温監督の映画「TOKYO TRIBE」に出演し話題となった清野菜名が決定。また、ヤクザである竜哉を執拗に追う新宿第一警察署のエリート刑事・蝶野真一役には、今ノリにノっている滝藤賢一、美月の父で警視庁警務部監察課・日比野圀彦役には、多彩なキャラクターを演じ分けるバイプレイヤー・光石研が出演する。加えて、イクオと美月の上司であり新宿第二警察署刑事課課長・三島薫役には、舞台だけでなく映像作品でもその存在感を知らしめ、2014年東京ドラマアウォード助演男優賞を受賞した吉田鋼太郎、警視総監・北川貴一郎役に、近年は現代劇へも活躍の場を広げている中村橋之助が決定。日本を代表する実力派の俳優陣が、生田・小栗が織りなすストーリーを彩る魅力的なキャラクターを演じる。連続ドラマではなかなか見ることのできない豪華な演技の競演に期待がかかる。

  結子先生はなぜ殺されたのか?
  犯人は誰なのか?
  “金時計の男”はなぜ証言を握りつぶしたのか?

  警察組織は何を隠しているのか・・・?

かけがえのない友情や、登場人物たちのユーモアに富んだキャラクター、スタイリッシュなアクション、先の読めないスリリングに展開するミステリー、勧善懲悪・・・女性も男性も大人から子供まで、誰もが共感できるエンターテインメントのすべてが詰まった、新しい相棒(バディ)ドラマが誕生する!!

| | コメント (0)

2020.11.21

映画『犬鳴村』(お薦め度★★)

ほとんど怖くありません。
物語の骨格が古臭く、設定は練られていません。さらに、人物の相関関係が分かりにくく不自然さが払拭できませんでした。

ラストも違和感が残りました。前作『こどもつかい』と比べると、かなりレベルダウンした印象です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2020
制作国:日本
内容時間:109分

<スタッフ>
監督:清水崇
脚本:保坂大輔、清水崇
撮影:福本淳
音楽:海田庄吾、滝澤俊輔

<出演>
森田奏:三吉彩花
森田悠真:坂東龍汰
成宮健司:古川毅
籠井摩耶:宮野陽名
西田明菜:大谷凜香
優子:奥菜恵
圭祐:須賀貴匡
山野辺:寺田農
中村隼人:石橋蓮司
森田晃:高嶋政伸
森田綾乃:高島礼子

<イントロダクション>
「呪怨」シリーズの清水崇監督が放つ新たな最恐ホラー。実在する心霊スポットの都市伝説をもとに、地図から消された“犬鳴村”の謎に迫るヒロインが体験する恐怖を描く。

九州に実在し、もっとも恐ろしい心霊スポットの一つといわれる旧犬鳴トンネル。この場所にまつわるさまざまな都市伝説をもとにして、Jホラーの第一人者である清水監督が新たな呪いの物語を紡ぎ上げた。「ダンスウィズミー」で注目された三吉彩花をヒロイン役に、トンネルの先にあるという地図から消された村“犬鳴村”をめぐる恐怖が展開する。共演は坂東龍汰、古川毅、宮野陽名など。本作の大ヒットを受け、実在の心霊スポットを舞台にした“恐怖の村”シリーズ第2弾「樹海村」の製作も決定している。

<放送内容>
臨床心理士・森田奏は、ある時兄の悠真から相談を受ける。兄は恋人の明菜とともに心霊スポットして有名な犬鳴トンネルに入り、その先の廃村・犬鳴村に足を踏み入れたが、戻って以来明菜の様子がおかしいのだという。だがその直後、明菜は鉄塔から身を投げ命を落としてしまった。時をほぼ同じくして、奏の周囲では奇怪な事件が起こり始める。やがて奏は、一連の怪異に犬鳴村と、そして自らの血筋がからんでいることを知り……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.10.08

映画『エンド・オブ・ステイツ』(お薦め度★★★)

圧巻の『エンド・オブ・ホワイトハウス』、怒涛の『エンド・オブ・キングダム』に続くシリーズ第3弾なので、大いに期待していました。

しかし、見事に裏切られました。失速です。脚本が陳腐でリアリティが激減しています。シリーズで築き上げてきた世界観は通用しなくなりました。

全てにおいてレベルダウンです。唯一の見どころは、兵器ドローンの攻撃シーンで相変わらず大量の火力による演出は健在でした。

きっと本作でシリーズ打ち止めでしょう。残念です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Angel Has Fallen
制作年:2019
制作国:アメリカ
内容時間:121分

<スタッフ>
監督:リック=ローマン=ウォー
製作:ジェラルド=バトラー、マット=オトゥール、レス=ウェルドンほか
原案:クレイトン=ローゼンバーガー、カトリン=ベネディクト
脚本:ロバート=マーク=ケイメン、リック=ローマン=ウォー、マット=クック
撮影:ジュールズ=オロフリン
音楽:デヴィッド=バックリー

<キャスト>
マイク=バニング:ジェラルド=バトラー
トランブル大統領:モーガン=フリーマン
トンプソン:ジェイダ=ピンケット=スミス
ジェントリー:ランス=レディック
リア=バニング:パイパー=ペラーボ
クレイ=バニング:ニック=ノルティ
ウェイド:ダニー=ヒューストン

<イントロダクション>
「エンド・オブ・ホワイトハウス」以降、G・バトラーがシークレットサービスのマイク役を熱演する人気アクションシリーズ第3作。マイクは大統領暗殺犯に仕立てられ……?

バトラーが演じるシークレットサービスのマイクがそれぞれ、米国大統領アッシャーをホワイトハウスで守ろうとした「エンド・オブ・ホワイトハウス」、英国の首都ロンドンで守ろうとした「エンド・オブ・キングダム」に続くシリーズ第3作。マイクは新たに名優M・フリーマンが演じるトランブル大統領を警護する立場になるが、大統領がドローンの群れに襲われる事態が。マイクは大統領暗殺犯のぬれぎぬを着せられそうになる中、反撃に挑んでいく。ドローン軍団の攻撃など、見せ場のスケールもスピード感も前作以上だ。

<放送内容>
シークレットサービスのマイクは、これまでの任務で負ったけがなどを理由に引退を考えだすが、踏ん切りを付けられずにいる。やがて新大統領トランブルが釣り目的の休暇で向かった湖でドローンの大群に襲われ、意識不明の重体になる非常事態が発生。しかも大統領を守ったはずのマイクのDNAが犯行に使われた車から見つかり、マイクは犯人のぬれぎぬを着せられそうに。無実を訴えるマイクは当局のもとから逃げ、自身で犯人を捜す。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.09.28

ドラマ「浦安鉄筋家族」[全12話](お薦め度★★★★★)

昨今のコンプライアンスを投げ捨てた”神ドラマ”です。
抱腹絶倒のギャグコメディながら、笑わせて泣かせる内容で、濃すぎるキャラクターたち、文句無しでした。

制約ばかりで表現の自由が大幅に狭まった現代でも製作できたとは奇跡です。

しかも、予想不能な伏線の張り方が半端ありません。最終回で全てが回収できるなんて天晴です。脚本の3つのルールを踏襲しており、秀逸でした。

コロナ禍で撮影が中断され、その間に大沢木家のシーンの撮影に使用していた一軒家が解体されて、別の家で撮影を継続して、間取りの違いを劇中ネタにするという強引さにも感心させられました。

個性豊かなキャラクターの中でも8発目ゲストの霊媒師・ボギー愛子役の池谷のぶえと小鉄の担任・春巻龍役の大東駿介が強烈で忘れられなくなりました(笑)。

それと何と言っても、長女・大沢木桜役の岸井ゆきのが最高でした。28歳なのに女子高生が普通に演じられる才能にメロメロです。天賦の才能を感じます。

以下、番組サイトから引用。

<オンエア情報>
テレビ東京、2020年4月11日〜5月16日、(コロナ禍で中断)8月22日〜9月26日毎週土曜24時12分放送。

<スタッフ>
原作:浜岡賢次『浦安鉄筋家族』(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
脚本:上田誠、諏訪雅、酒井善史(ヨーロッパ企画)
監督:瑠東東一郎、吉原通克、諏訪雅、松下敏也
チーフプロデューサー:阿部真士(テレビ東京)
プロデューサー:藤田絵里花(テレビ東京)、神山明子
制作:テレビ東京、メディアプルポ
製作著作:「浦安鉄筋家族」製作委員会

オープニングテーマ:サンボマスター「忘れないで 忘れないで」(ビクターエンタテインメント/Getting Better)
エンディングテーマ:BiSH「ぶち抜け」(avex trax)

<キャスト>
大沢木大鉄:佐藤二朗
大沢木順子:水野美紀
大沢木桜:岸井ゆきの
大沢木晴郎:本多力
大沢木小鉄:斎藤汰鷹
大沢木裕太:キノスケ
大沢木金鉄:坂田利夫
花丸木:染谷将太
春巻龍:大東駿介
麻岡ゆみ:松井玲奈
仁ママ:宍戸美和公
大鉄のタクシー常連客:滝藤賢一

<イントロダクション>
「週刊少年チャンピオン」にて25年以上連載を続けており、30代・40代から絶大な人気を誇る大人気ギャグ漫画シリーズ『浦安鉄筋家族』を、主演・佐藤次朗×監督・瑠東東一郎(EX「おっさんずラブ」シリーズ)×脚本・上田誠(ヨーロッパ企画)という超強力な三銃士で初ドラマ化します。子供から大人まで幅広い支持を得る個性派バイプレイヤー・佐藤が、とにかく超テキトーでだらしがない大沢木家の大黒柱・大鉄を演じます。
このドラマは千葉県浦安市に住むパワフルな一家・大沢木家が巻き起こす、どんな些細な出来事もドンチャン騒ぎになってしまう家族のエクストリーム・ホームコメディ!
大鉄をはじめ、個性豊かな大沢木家メンバーや近所に住む仲間達が”常に全力”で愛らしい浦安の日常をお届けします!

<あらすじ>
限りなく東京に近い千葉、浦安。”夢の国”から少し外れたところに、パワフルでハチャメチャな家族--大沢木家が住んでいた。
お父さんの禁煙作戦には家族総出で大乱闘、外食すればなぜか大食いバトルへ発展し、息子が熱を出せば近所を巻き込んで、なぜかベビーファイトからのマザーファイトが始まってしまう…
どんな些細な出来事も、この大沢木家にかかれば想像を絶するドンチャン騒ぎ!!大鉄をはじめ大沢木家のメンバーや原作でもお馴染みの春巻先生、花丸木くん、土井津親子など個性豊かなご近所キャラクターも勿論登場!笑って笑って笑ってたまに泣ける!???
とにかくパワフルで極端な家族が、”浦安愛”に満ち溢れた最高のエクストリーム・ホームコメディをお届けします!

1発目:大鉄ノースモーキン「コンプラ上等ダメ親父に愛の禁煙刑」
2発目:順子エマージェンシー「命懸け!ベビーファイトのゴングが鳴る」
3発目:桜らむドリーミン「娘の彼は全裸男!父怒りの電気アンマ」
4発目:春巻ティーチン「ダメ教師が遭難!?炎のカンフー対決」
5発目:西川家ムービン「負けたらハリセン!?世紀の東西バトル!」
6発目:チャーハン平らげヌーン「激マズ中華店で大食いチャレンジ!?」
7発目:山田誉あけナイト「ビンのフタVS浦安の猛者達!?」
8発目:金鉄アセンション「夏の心霊祭り!?稲川淳二も参戦!?」
9発目:晴郎アローン「ニート決死の留守番で返り咲き!?」
10発目:子供たちグローイン「長女に妊娠疑惑!?母のスパイ大作戦」
11発目:大沢木家トラベリン「大沢木家がサンタモニカ旅行!?」
最後の一発:続・大沢木家トラベリン「忘れないで……ダメ父の愛が時空を超える」

| | コメント (0)

2020.09.12

映画『アンダーカヴァー』(お薦め度★★★)

作品として良く出来ているものの、物語としては狙い過ぎの印象を受けました。
麻薬組織の警察に対する報復は完璧なのに、主人公の素性の裏を取っていないのは明らかに片手落ちです。

警察と麻薬組織の対立を明確にするために、全体の設定が薄いように感じます。

ラストのどちらかというと軽さは、予め用意された落としどころのように映ってしまいます。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:We Own the Night
制作年:2007
制作国:アメリカ
内容時間:118分

<スタッフ>
監督・脚本:ジェームズ=グレイ
製作:マーク=ウォールバーグ、ホアキン=フェニックス、ニック=ウェクスラーほか
撮影:ホアキン=バカ=アセイ
音楽:ヴォイチェフ=キラール

<キャスト>
ボビー=グリーン:ホアキン=フェニックス
ジョセフ=グルジンスキー:マーク=ウォールバーグ
アマダ=フアレス:エヴァ=メンデス
バート=グルジンスキー:ロバート=デュヴァル
フレディー:ドミニク=コロン

<イントロダクション>
J・フェニックスとM・ウォールバーグ。2人の人気俳優とJ・グレイ監督が「裏切り者(2000)」に続いて顔を合わせ、対照的な人生を歩む兄弟の絆を鮮烈に描いた秀作。

グレイ監督の前作「裏切り者(2000)」でも共演したフェニックスとウォールバーグが、本作では兄弟という設定の役柄で再び顔を合わせ、息詰まる演技合戦を披露。父の後を追ってエリート警察官の道を歩む兄役のウォールバーグとは対照的に、NYのナイトクラブのマネジャーとなり、裏社会に生きる道を選んだ弟役のフェニックス。しかし、父が麻薬組織の凶弾に倒れたことから、弟の彼も警官となり、決死の潜入捜査に協力していくさまを、手に汗握るスリルとアクション満載で描く。他にR・デュヴァルらが共演。

<放送内容>
1988年、NYの華やかなナイトクラブのマネジャーとして働くボビー。実は彼の父のバートはNY市警の本部長補佐、そして兄のジョセフもエリート警察官の出世街道を歩んでいたが、ボビーはそんな家族に反発し、本名を隠してNYの裏社会に生きる道を選んでいた。ボビーの働く店はロシアンマフィアとつながりがあり、彼らを捕まえるべく、ジョセフがある晩、店の一斉検挙に踏み切ったことから、兄弟の間で対立が深まるのだが…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

より以前の記事一覧