2020.10.17

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(お薦め度★★)

面白くありません。
昔からの悪しき邦画の香りがプンプンします。
今一押しの女優・石橋静河がW主演なので、我慢して観ました。

政治の無策によって、貧困化させられている現代日本の若者たちを描いていますが、群像劇のような深みや広がりは無く、ましてや驚きもない脚本です。

ただただ、追い詰められた弱者が、気休めで気を紛らすだけの無力感しかありません。

こんなに夢も希望も無い未来ある若者を矮小化した作品が評価されたとは、悲しいです。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2017
制作国:日本
内容時間:108分

<スタッフ>
監督・脚本:石井裕也
撮影:鎌苅洋一
音楽:渡邊崇

<出演>
慎二:池松壮亮
美香:石橋静河
智之:松田龍平
岩下:田中哲司
美香の母:市川実日子

<イントロダクション>
石井裕也監督が池松壮亮&石橋静河のW主演で最果タヒの詩集を斬新なタッチで映画化。第91回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位ほか、数々の賞に輝いた傑作恋愛映画。

注目の詩人・最果タヒの詩集をもとに、現代の東京で宿命的に出会った1組の男女が、さまざまな不安や困難を乗り越えてともに生きて行こうとするさまを、「舟を編む」の石井裕也監督が、観る者の五感を揺さぶる斬新な映像表現を駆使しながら、みずみずしくも繊細に描写。第91回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位をはじめ、数々の映画賞に輝き、絶賛を博した。これが映画初主演となった石橋静河の初々しい好演も高い評価を得、数々の新人女優賞を獲得。松田龍平、田中哲司ら豪華共演陣の好演も見もの。

<放送内容>
東京の片隅の古いアパートでひとり暮らしをする慎二。日雇いの建設現場で働く彼は、ある日、年上の同僚・智之らに連れられてガールズバーに出向き、そこでバイトをしている美香と初めて出会う。それから間もなく智之が建設現場で突然倒れてそのまま帰らぬ人となり、葬儀に参列した慎二は美香と再会。さらに後日、建設現場でけがをした慎二が治療のため病院を訪れると、看護師としてそこで働く美香とまた思いがけず出会うことに…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.09.20

ドラマ「妖怪シェアハウス」[全8話](お薦め度★★★)

企画が抜群でした。かわいらしいホラーコメディです。

メインキャストの妖怪4人とゲスト妖怪5人が芸達者で、ユニーク過ぎる存在感に楽しませてもらいました。各話のエピソードに合致した妖怪の登場で物語がより盛り上がりました。

さらに、劇中昔話「ゲキメーション」を用いて、それぞれの妖怪たちの出自を紹介する妖怪図鑑的なものを組み込んだ秀逸な構成です。

SPECシリーズ」の脚本家・西荻弓絵が全8話中6話を手がけています。最終怪は続編を期待させる終わり方でした。楽しみです。

以下、番組サイトから引用。

<オンエア情報>
テレビ朝日、2020年8月1日~9月19日毎週土曜23時15分放送。「土曜ナイトドラマ」枠。

<スタッフ>
脚本:西荻弓絵(1,2,3,5,7,8話)、ブラジリィー・アン・山田(4話)、綿種アヤ(6話)
演出:豊島圭介、山本大輔
音楽:井筒昭雄
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:飯田サヤカ(テレビ朝日)、宮内貴子(角川大映スタジオ)
劇中昔話「ゲキメーション」:作・宇治茶
劇中わらべ歌:歌唱・座敷童子(池谷のぶえ)
制作協力:角川大映スタジオ
制作:テレビ朝日

主題歌:miwa「DAITAN!(だいたん)」(ソニー・ミュージックレーベルズ) 

<キャスト>
目黒澪:小芝風花
水岡譲:味方良介
原島響人:大東駿介
山中美雪:内藤理沙
柳沙羅:宮本茉由

お岩さん/四谷伊和:松本まりか
酒呑童子/酒井涼:毎熊克哉
座敷童子/和良部詩子:池谷のぶえ
ぬらりひょん/沼田飛世:大倉孝二
お菊(第二怪ゲスト妖怪):佐津川愛美
アマビエ(第四怪ゲスト妖怪):片桐仁
山姥(第六怪ゲスト妖怪):長井短
黄泉醜女(ヨモツシコメ)(第七怪ゲスト妖怪):峯村リエ、生霊(第七怪ゲスト妖怪):藤井美菜

<イントロダクション>
2020年、妖怪が都内に住んでいた!
それもルームシェアで…
くず男にお金も仕事も家も奪われた、どん底気弱女子を
妖怪たちが“奇想天外”な方法で救う!

小芝風花民放連ドラ初主演!!
人間×妖怪
弱った世の中にパワーをくれる!?
種別を超えた友情を描くホラーコメディー誕生!!

コメディエンヌの次世代ホープと大絶賛!活躍目覚ましい注目の女優・小芝風花が、妖怪たちに感化されボロボロのどん底からたくましく成長する主人公を!!

お岩さん、酒呑童子、座敷童子、ぬらりひょん、そして今話題のアマビエまで…!? あの伝説の妖怪が続々登場!やがて、主人公の澪自身も妖怪になっていく…?

| | コメント (0)

2020.03.30

ドラマ「ゆるキャン△」[全12話](お薦め度★★★)

ゆる~いテイストで癒されます。
女子高生のオフシーズンのお一人様キャンプを扱ったコメディ調のドラマです。

学園ものでありながら、主要メンバーしか登場しませんし、只々キャンプの話ばかりで現実感はありません。

知人曰く、漫画の世界そのままを実写化しているそうです。なるほど、納得です。

福原遥が主演なので観ましたが、彼女以外だったら見送っていたかもしれません。

芸人・ヒロシの扱い方は絶妙でした。

以下、オフィシャルサイトから引用。

<オンエア情報>
テレビ東京、2020年1月10日~3月27日毎週木曜深夜25時放送。「木ドラ25」枠。

<スタッフ>
原作:あfろ『ゆるキャン△』
脚本:北川亜矢子
監督:二宮崇、吉野主、玉澤恭平

<キャスト>
志摩リン:福原遥
各務原なでしこ:大原優乃
大垣千明:田辺桃子
犬山あおい:箭内夢菜
斉藤恵那:志田彩良
各務原桜:柳ゆり菜
鳥羽美波:土村芳

ソロキャンパーヒロシ:芸人・ヒロシ(8話と11話に登場)

<イントロダクション>
キャンプブームを牽引する
250万部突破のゆるーいキャンプ漫画!
ついに実写化!

木ドラ25
ゆるキャン△
テレビ東京 2020年1月9日スタート
【毎週木曜 深夜1時放送】

福原遥、テレビ東京初主演!

世の中は、空前のキャンプブームが到来しています。数々のキャンプ場では、週末には定員一杯になり、色とりどりのテントが張り巡らされています。そんなキャンプブームを牽引しているといっても過言ではないのが、250万部突破の大人気コミック「ゆるキャン△」。

テレビ東京の2020年1月クール木ドラ25枠(毎週木曜 深夜1時)は、キャンプブームの火付け役となった「ゆるキャン△」を実写化します。2018年に放送され、大好評となったTVアニメに続いて、多くの視聴者の皆様に愛されるような実写ドラマを目指します。

キャンプを通じて、緩やかに変わりゆく女子高校生たち。
見た人すべてが癒やされるゆるゆる系ガールズキャンプドラマ!

静かにキャンプを楽しみたいソロキャンパーの主人公・志摩リン役に福原遥が決定。『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ)などでの好演や、歌手としても活躍するなど注目を集めている福原はこの度、テレビ東京初主演となります。

リンと出会ったことでキャンプに惹かれていく女子高生・各務原(かがみはら)なでしこ役に大原優乃、高校の同好会「野外活動サークル」(通称:野クル)の部長・大垣千明役に田辺桃子、野クルの一員・犬山あおい役に箭内夢菜、リンの友人・斉藤恵那(えな)役に志田彩良が決定しました。

本作は原作コミックに可能な限り忠実に、ロケ場所にもこだわりながら撮影を行います。ドラマを見るとキャンプに行きたくなる。行かなくても行った気分になる。原作コミックで描かれた絶景を、実際に映像としてお届けします。キャンプの魅力とキャンプを満喫する女子高校生たちのゆるやかな日常を描いた、新感覚ゆるゆる系キャンプドラマにご期待ください!

<鑑賞チャネル>
amazonプライムビデオ

放送と同時に、プライムビデオでも並行して配信されていたので、2話以降はホームシアターで鑑賞した。

| | コメント (0)

2019.12.15

映画『雪の華』(お薦め度★★★★)

企画とキャスティングにあざとさを感じながらの鑑賞でしたが、岡田惠和ワールドにどっぷりつかった悲恋に涙、涙でした。ラブストーリーとして大満足です。

中島美嘉の代表曲『雪の華』が主題歌でタイトル、俳優としての力量があるのかどうかわからないEXILEグループの登坂広臣が中条あやみとともにW主演で起用され、どう考えても心配な要素ばかりでした。

しかし、そこは何と言っても脚本です。乙女チックでファンタジーっぽさがあったので、演技力の弱い二人でも様になっていました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2019
制作国:日本
内容時間:126分

<スタッフ>
監督:橋本光二郎
脚本:岡田惠和
撮影:大嶋良教
音楽:葉加瀬太郎

<キャスト>
綿引悠輔:登坂広臣
平井美雪:中条あやみ
平井礼子:高岡早紀
岩永:浜野謙太
若村:田辺誠一
綿引初美:箭内夢菜

<イントロダクション>
中島美嘉が歌った同名の人気曲から生まれた物語を、登坂広臣と中条あやみのダブル主演で映画化。余命1年の美しい女性と彼女が出会ったガラス工芸家志望の青年の恋を描く。

中島が歌って2003年に大ヒットし、多くのアーティストにカバーもされた人気曲「雪の華」をもとに、ベテラン岡田惠和が書き下ろした脚本を、「小さな恋のうた」の橋本光二郎監督が映画化。「HiGH&LOW」シリーズなどで俳優としても人気の登坂が不器用ながら真実の愛に目覚める青年役を爽やかに演じれば、余命少ない美雪を演じる中条は凛とした美しさとはかなさを併せ持つ女性像を表現してみせた。ロケを敢行したフィンランドの美しい風景が悲恋を盛り上げ、浜野謙太、田辺誠一といった共演陣の好演も光る。

<内容>
余命1年と宣告された美雪の夢は、フィンランドで赤いオーロラを見ることだった。病院からの帰り道、美雪はひったくりに遭い、ガラス工芸家を目指す悠輔に助けられる。“もっと声を出せよ”と励まされた美雪は、半年後、悠輔を見掛けて後を追い、彼が働く喫茶店で再会するが、悠輔は彼女のことを覚えていなかった。やがて喫茶店が経営危機に陥っていると知り、美雪は悠輔に1カ月だけ恋人になってほしいと100万円を渡すが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

 

| | コメント (0)

2019.10.08

映画『ゆれる人魚』(お薦め度★★★★)

「人魚姫」を現代風にアレンジした作品です。
にもかかわらず、かなり奇妙で独創的です。ミュージカルやホラー、バイオレンスを用いて予定調和とは隔絶された独特な世界観です。

良質な古典童話の世界を、スクラップ&ビルドしたようにも感じさせる怪作です。ファンタジーのようであり、ダークファンタジーでもあり容赦ない展開でした。

アグニェシュカ=スモチンスカ監督は、本作で長編デビューとのことですが、鬼才としか表現のしようがありません。

ところで、最近観ていた『ブルー・マインド』が影響を受けていたのではと思えるキャラクターデザインが登場しています。欧州映画はいろいろな面で繋がっていると感じました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:C?rki dancingu
制作年:2015
制作国:ポーランド
内容時間:93分

<スタッフ>
監督:アグニェシュカ=スモチンスカ
製作:ヴォジミェジュ=ニデルハウス
脚本:ロベルト=ボレスト
撮影:クバ=キヨフスキ

<キャスト>
シルバー:マルタ=マズレク
ゴールデン:ミハリーナ=オルシャニスカ
クリシャ:キンガ=プレイス
ミェテク:ヤコブ=ギエルシャウ
ドラマー:アンジェイ=コノプカ

<イントロダクション>
1980年代のポーランドに突如出現した美人の人魚姉妹が巻き起こす珍騒動を、ホラーやミュージカルなど、多彩な要素を織り交ぜながらポップに描いた異色ファンタジー。

これが長編デビュー作となるポーランドの女性監督A・スモチンスカが、おなじみの人気童話「人魚姫」をモチーフに、これにさまざまな味を付け加えながら、ダークで妖しい世界を構築。1980年代のポーランドの首都ワルシャワにふと現われた美人の人魚姉妹が、たちまちナイトクラブきっての人気者となる一方で、次第に人食いとしての本性を現わすようになって苦悩するさまを、ホラーやミュージカル、ファンタジー等々、さまざまなジャンルの要素を織り交ぜながらポップに描き、なんとも不思議な怪作に仕上がった。

<放送内容>
1980年代のポーランドの首都ワルシャワ。美しい人魚の姉妹シルバーとゴールデンは、ある日、海岸で演奏するバンドマンたちに歌声で誘いかけて上陸を果たすと、とあるナイトクラブへたどり着く。そこで2人は、なまめかしい姿で得意の歌を披露し、たちまちクラブ一の人気者にのし上がることに。やがて姉のシルバーは、ハンサムなベース奏者のミェテクと恋に落ちるが、その一方で、人食いとしての本性も目覚めるようになり…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.09.29

ドラマ「百合だのかんだの」[全8話](お薦め度★★★)

女性同士の同性愛をライトにコメディタッチで描いた快作です。
コメディながら扱っているテーマは真実の愛で、ストーカー被害に悩むエピソードは結構シビアです。

馬場ふみかと共演した小島藤子がなかなかの演技を披露しています。友情以上の同性愛的な絡みはとてもエロティックでした。

馬場ふみかは女友達が集う深夜のコメディドラマでの主演はドラマ「深夜のダメ恋図鑑」に続き本作も成功していると思います。いよいよゴールデンでの主演ドラマに登場するかどうかでしょう。

以下、オフィシャルサイトから引用。

<オンエア情報>
フジテレビ、2019年7月20日~9月7日毎週金曜深夜0:55~1:25放送。
フジテレビオンデマンド (FOD)オリジナルの配信ドラマ、2019年5月24日~配信開始。

<スタッフ>
脚本:野島伸司
企画・プロデュース:清水一幸
プロデューサー:石塚清和
演出:加藤裕将
音楽: Mili
主題歌:ソン・シギョン「ハチミツ」(ビクターエンタテインメント)
制作協力:ファインエンターテイメント
制作著作:フジテレビジョン

<キャスト>
馬場ふみか
小島藤子
財木琢磨
都丸紗也華
中尾有伽
宮本真希
笠原秀幸
石黒 賢

<イントロダクション>
大学生の篠原百合(馬場ふみか)は、執拗な嫌がらせを続けるストーカーから逃れるため引っ越しを決意する。偶然、訪れた不動産会社の女性社員・二宮海里(小島藤子)が小学校の同級生であることを知り、二人は再会を喜ぶが、海里の言葉やハグの長さなど節々に感じる再会以上の何かに百合は少し違和感を覚えるのだった。しかし、異性では理解し得ないことも同性ならわかってもらえる・・・やがてお互いを思い合い、献身的に支え合える海里との関係性、その居心地の良さに百合は気が付いていく。

| | コメント (0)

2019.03.06

映画『欲望に溺れて』(お薦め度★★★)

冒頭からの官能的なシーンからは想像できない展開に驚かされます。
一組のカップルの愛を深く掘り下げた作品です。フランス映画らしいニヒルな香りを持っています。

男と女が愛し合い、子が生まれ、家族を作るという当たり前の生き方に女は苦悩し、男はそれを救うことができず、やがて女は妻も母も捨ててしまう悲劇が何とも言えず物悲しいです。男にも子にも女は深い愛情があるにもかかわらず...

監督のメラニー=ロランは、正統派美人のフランス人女優です。映画『複製された男』で知りました。これほどの美女がまさか監督としての才能もあったとは驚きました。本作は男と女の機微を情感豊かに描いています。

特筆すべきは、ヒロインを演じたマリア=バルベルデです。様々な感情を男に吐露するかなり難しい役を熱演しています。彼女も正統派美人のスペイン人女優です。演技力だけでなく、映画『バスルーム 裸の2日間』と同様になかなかの脱ぎっぷりでした。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Plonger(飛び込み)
制作年:2017
制作国:フランス
内容時間:103分

<スタッフ>
監督:メラニー=ロラン
製作:ブリュノ=レヴィ
脚本:クリストフ=デランド、メラニー=ロラン、ジュリアン=ランブロスキーニ

<キャスト>
セザール:ジル=ルルーシュ
パス:マリア=バルベルデ
マリン:イブラヒム=アメド
レオ:アルベール=デルピー
若いアーティスト:ノエミ=メルラン

<イントロダクション>
運命の恋に落ちたはずの1組の男女の心がいつしかすれ違い、ヒロインは男性の手の届かぬ所へ去ることに…。フランスの人気女優M・ロランが監督を務めた異色恋愛ドラマ。

「イングロリアス・バスターズ」など、ハリウッド大作でも活躍するフランスの人気女優ロラン。短編やTVドラマの演出、ドキュメンタリーの共同監督などにも意欲的に取り組んでいる彼女が、本作では単独で監督業に専念して、C・オノ=ディビオの小説を映画化。運命の相手と巡り会い、やがて妊娠、出産したものの、家庭生活に縛り付けられるのを嫌い、彼と赤ん坊を置いて家を飛び出す自由奔放なヒロインを、「バスルーム 裸の2日間」のM・バルベルデが体当たりで熱演。共演は、「セラヴィ!」のG・ルルーシュ。

<放送内容>
運命的に出会い、すぐに相思相愛の仲となった中年ジャーナリストのセザールと新進気鋭で美貌の女性写真家パス。やがてパスが妊娠し、セザールは、2人で平和な家庭を築こうと喜ぶが、これまでスリルと刺激を求めて各地を飛び回ってきたパスは、家庭に束縛されるのを嫌い、次第に2人の間で心の溝が広がるようになる。不満といらだちを募らせたパスは、ついにある日、まだ生まれたての赤ん坊とセザールを家に置いて消えてしまい…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.17

ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」[全6話](お薦め度★★★)

ほっこりするラブコメで癒やされました。
ゲームの世界で親友となった男女が現実世界で同居する設定が面白く、登場人物はみんな良い人ばかりで、安心して楽しめました。
ただし、その結果として恋の駆け引きに特別なひねりも無いので割りとスルッとエンディングを迎えます。ちょっと物足りないというか勿体なさを感じました。

本田翼によるメガネ女子のどアップにした笑顔全開のあざといカットや筧美和子の肉食系女子なのにゆるふあな雰囲気によるギャップに、ファンはメロメロになったのではないでしょうか。ファンでない俺でも胸騒ぎを覚えました(笑)。

以下、オフィシャルサイトから引用。

<オンエア情報>
TBS、2019年1月8日〜2月12日毎週火曜深夜1:28放送。全6話以外に外伝2話がU-NEXTで動画配信。

<スタッフ>
原作:金田一蓮十郎「ゆうべはお楽しみでしたね」(掲載 「ヤングガンガン」 スクウェア・エニックス刊)、スクウェア・エニックス(ドラゴンクエストX オンライン)
監督:田口清隆
脚本:吹原幸太
制作:ダブル・フィールド
製作:「ゆうたの」製作委員会・MBS

<キャスト>
おかもとみやこ:本田翼
さつきたくみ:岡山天音
大仁田:宮野真守
あやの:筧美和子
外山:ゆうたろう
れいな:あの
タカシ:稲葉友
栗山:芦名星

<イントロダクション>
大人気漫画「ゆうべはお楽しみでしたね」が実写ドラマ化!
本田翼×岡山天音ダブル主演で挑む
「ドラゴンクエストⅩ」から始まるシェアハウスラブコメ!

みどころ
オンラインゲーム「ドラゴンクエストⅩ」をモチーフにした大人気漫画『ゆうべはお楽しみでしたね』金田一蓮十郎(掲載「ヤングガンガン」 スクウェア・エニックス刊)が、この度MBS/TBSドラマイズム枠で実写ドラマ化!
原作は、オンラインゲーム「ドラゴンクエストⅩ」で知り合った男女の物語。ゲーム内で女子キャラクターに扮して過ごしていたオタク男子が、仲良くなった男子キャラクター・ゴローをひょんなことからルームシェアに誘う。しかしゴローの正体は、イメージとは正反対なギャル系女子だった…!結局、2人は現実世界でシェアハウスを始めることとなり…!?という、ドラゴンクエストプレイヤー同士のまさに“パルプンテ”なシェアハウス生活を描くラブコメ作品だ。

主演を務めるのは、本田翼と岡山天音。強気なギャル系女子だが部屋ではすっぴんめがねというギャップのあるおかもとみやこ(ゲーム内では「ゴロー」♂)役には、女優としての活躍は言うまでもなく、ドラゴンクエストのガチプレイヤーとしても有名な本田翼が満を持しての登板!そして優しくて懐の深いオタク男子・さつきたくみ(ゲーム内では「パウダー」♀)役は、圧倒的な演技力と鮮明な存在感からドラマ・映画に引っ張りだこの今最もアツイ実力派・岡山天音が演じる。

本田×岡山のW主演でお届けする、ドラゴンクエストⅩから始まるシェアハウスラブコメ「ゆうべはお楽しみでしたね」にぜひご期待ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.18

映画『予兆 散歩する侵略者 劇場版』(お薦め度★★★)

WOWOWで放送された連続ドラマ「予兆 散歩する侵略者」を再編集して映画化したものです。そのため、劇場版と連続ドラマとの違いは全くありません。このことがわかっていれば、再鑑賞の意志がない限り、観る必要がない作品でした。

先に発表された映画『散歩する侵略者』と同じテイストですが、前編後編といった連続性はありません。本作の方が低予算ながらよりSFらしく、そして悲劇的な色彩があります。

どちらも黒沢清監督作品としては、怖さを期待するファンには物足りなさがあります。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2017
制作国:日本
内容時間:140分

<スタッフ>
監督:黒沢清
脚本:高橋洋、黒沢清
撮影:芦澤明子
音楽:林祐介

<キャスト>
山際悦子:夏帆
山際辰雄:染谷将太
真壁司郎:東出昌大
西崎:大杉漣
浅川みゆき:岸井ゆきの
斉木葉子:中村映里子

<イントロダクション>
黒沢清監督が、先に発表した「散歩する侵略者」の独特の世界観を受け継ぎ、そのアナザーストーリーとして手掛けたスピンオフドラマの劇場版。主演は、夏帆、染谷将太。

黒沢清監督が、先に発表した映画「散歩する侵略者」に引き続いて、そのアナザーストーリーとしてWOWOWで放送&ネット配信された話題のスピンオフドラマ「予兆 散歩する侵略者」の劇場版。夫が“侵略者”に乗っ取られて帰って来た…という、「散歩する侵略者」の独特の世界観を受け継いだ上で、高橋洋が共同脚本に参加し、前作とはまた異なるテイストで、新たな戦慄のサスペンスドラマが展開。染谷将太と夏帆が主役の夫婦に扮するほか、「散歩する侵略者」とはまた異なる役柄で、東出昌大が鬼気迫る演技を披露。

<放送内容>
黒沢清監督が、先に発表した「散歩する侵略者」の独特の世界観を受け継ぎ、そのアナザーストーリーとして手掛けたスピンオフドラマの劇場版。主演は、夏帆、染谷将太。

「家に幽霊がいるの…」と同僚のみゆきから奇妙な話を聞かされた悦子は、彼女の家へ一緒に出向くが、そこにいたのはみゆきの実の父親。みゆきの精神状態を心配した悦子は、夫の辰雄が勤める病院へ彼女を連れて行き、みゆきの頭の中から“家族”という概念がなぜか抜け落ちていること、同じような症状を訴える患者が最近増えていることを知る。悦子は次第に、夫の辰雄や、彼に紹介された新任外科医の真壁に不安を覚えるようになる。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.09

映画『山猫は眠らない』(お薦め度★★★★)

邦題が素晴らしい出来です。
タイトルは知っていたのですが、中身は何も知りませんでした。シリーズ化されて7本作られたということで観ました。

25年前の作品ですが、旧さを感じさせません。上司と部下の関係が予想外で、スリリングでした。

戦場ものは基本好きではないのですが、本シリーズは観れるかもしれません。

以下、WOWOWオンラインからの引用。

<作品データ>
原題:Sniper
制作年:1993
制作国:アメリカ
内容時間:100分

<スタッフ>
監督:ルイス=ロッサ
製作:ロバート=L=ローゼン
脚本:マイケル=フロスト=ベックナー、クラッシュ=レイランド
撮影:ビル=バトラー
音楽:ゲイリー=チャン

<キャスト>
トーマス=ベケット:トム=ベレンジャー
リチャード=ミラー:ビリー=ゼーン
ベケットの上官:J=T=ウォルシュ

<イントロダクション>
異国のVIP暗殺を目指して中米のジャングルに放たれた2匹の“山猫”。1匹は歴戦のベテランだが、もう1匹は新米ソルジャーで……。シリーズ化もされた痛快アクション!

2人の兵士の任務は絶対に失敗が許されない一撃必殺の仕事、狙撃。肉体、知性、ライフル銃という3つだけを頼りに危険な作戦へ挑むスナイパー(狙撃手)2人を描くハード・コンバット・アクション。戦場で最もストイックといわれる狙撃手の世界をスリリングに描き、中でもターゲットに突き進む銃弾からの視点を再現したスピーディーな撮影は圧巻。タフガイ役が得意なT・ベレンジャー(「野獣教師」)が「プラトーン」の鬼軍曹役を上回る男っぽさで、ベテラン淒腕狙撃手役を好演。監督は「アナコンダ」のL・ロッサ。

<放送内容>
異国のVIP暗殺を目指して中米のジャングルに放たれた2匹の“山猫”。1匹は歴戦のベテランだが、もう1匹は新米ソルジャーで……。シリーズ化もされた痛快アクション!

米軍の狙撃手ベケットは国防総省からの特命を受け、パナマの麻薬組織に君臨するボス、オチョアとその援助の恩恵を得ている反政府分子アルバレス将軍を暗殺すべく、若きエリート軍人リチャードとともにパナマの密林に潜入する。だが、ベケットがオチョアの狙撃に成功する一方、リチャードは経験不足もあってアルバレス暗殺に失敗し、作戦は困難を極めるという展開に。ベケットは今度こそアルバレスを暗殺しようと挑むが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧