2020.12.25

アニメ「アクダマドライブ」[全12話](お薦め度★★★★★)

びっくり仰天の物語です。
全く予想できない内容で、アップテンポな展開に驚愕しました。
しかも、スタイリッシュな作画で、キャラクターデザインともにクオリティが高いアニメーションでした。

謎だらけの近未来SFながら、期待以上に潔い最終話に大満足です。

以下、公式サイトから引用。

<オンエア情報>
TOKYO MX、2020年10月9日 - 12月25日毎週金曜0時30分放送。

<スタッフ>
原作:ぴえろ・TooKyoGames
ストーリー原案:小高和剛
キャラクター原案:小松崎類
監督:田口智久
シリーズ構成:海法紀光、田口智久
キャラクターデザイン:Cindy H. Yamauchi
副監督:笹原嘉文
メカニックデザイン:山本翔、宮川治雄、常木志伸
美術監督:谷岡善王
美術設定:青木 薫
色彩設計:合田沙織
編集:三嶋章紀
撮影監督:山田和弘
CG監督:藤谷秀法
音響監督:長崎行男
音響制作:デルファイサウンド
音楽:會田茂一、井内舞子
アニメーション制作:studioぴえろ

オープニングテーマ:SPARK!!SOUND!!SHOW!!「STEAL!!」
エンディングテーマ:浦島坂田船「Ready」

<キャラクター>
一般人:(声)黒沢ともよ
運び屋:(声)梅原裕一郎
喧嘩屋:(声)武内駿輔
ハッカー:(声)堀江 瞬
医者:(声)緒方恵美
チンピラ:(声)木村 昴
殺人鬼:(声)櫻井孝宏
処刑課師匠:(声)大塚明夫
処刑課弟子:(声)花守ゆみり
処刑課後輩:(声)上遠野太洸
ボス:(声)榊原良子
兄/黒猫:(声)内田真礼
妹:(声)市ノ瀬加那
ウサギ:(声)間宮くるみ
サメ:(声)チョー

<イントロダクション>
全・員・悪・玉
犯罪者アクダマたちのクライムアクション開幕!
遙か昔、カントウとカンサイの間で戦争が起き、世界は分裂した。 カンサイはカントウの属国となり、独自の発展を遂げていった。 しかし、政治と警察力は衰退し、犯罪が横行。 その犯罪者を アクダマ と呼ぶ ―。

本作品の舞台となるのは、高度に発達しながらも歪んだ社会。 その中で、アクダマたちはいかにして自分らしくあろうとするのか。 一堂に会したアクダマたちの美学がぶつかり合う。
己の生き方を貫く悪人たちの物語が、スタイリッシュな映像とともに描かれるオリジナルTVアニメ『アクダマドライブ』。本作のストーリー原案とキャラクター原案を担当するのは、TooKyoGamesの代表にしてシナリオライター・小高和剛とキャラクターデザイナー・小松崎類。ゲーム『ダンガンロンパ』シリーズでタッグを組んできた二人が、アニメーションで再び手を取り合う。監督は『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』や劇場版『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』を手がけた田口智久。そして、アニメーション制作は『おそ松さん』や『東京喰種トーキョーグール』シリーズを制作し、設立40周年を迎えたstudioぴえろが担当。充実のスタッフ陣によるオリジナルTVアニメーションがいま走り出す!

| | コメント (0)

2020.12.21

アニメ「ハイキュー!!TO THE TOP」[全25話](お薦め度★★★★★)

素晴らしい作品で大満足です。
第4期は、第1クールと第2クールに分かれていて第1クールでは主に全国大会に入る前の強化合宿に焦点を当てます。ストーリー的には少し違和感があったので、第2クールが始まるまで視聴を中断しました。

半年後の10月に第2クールが始まってから、第1クールをまとめて視聴して追いつきました。このような変則的な鑑賞をして良かったと思います。

第4期は個々人のバレーボール選手としての成長が丁寧に描かれていました。非常に納得できる内容です。それによって烏野高校VS稲荷崎高校の激闘が奥深くなり、手に汗握る試合を観戦することになりました。

最終回は大感動です。

続編が作成されるのは間違いないと思います。是非とも烏野高校には全国大会を駆け上って欲しいと思います。

【関連記事】
2014.09.21 アニメ「ハイキュー!!」[全25話](お薦め度★★★★)
2016.03.28 アニメ「ハイキュー!!セカンドシーズン」[全25話](お薦め度★★★★★)
2017.05.04 アニメ「ハイキュー!!烏野高校VS白鳥沢学園高校」[全10話](お薦め度★★★★★)

<オンエア情報>
TBS、第4期、“アニメイズム” 枠。
第1クール:2020年1月11日~4月4日。
第2クール:2020年10月3日~12月19日毎週金曜 26時25分放送。

<スタッフ>
原作:古舘春一(集英社ジャンプ コミックス刊)
監督:佐藤雅子
副監督:石川真理子
シリーズ構成:岸本卓
キャラクターデザイン:岸田隆宏
プロップデザイン:米川麻衣
総作画監督:小林祐
アクション作画監督:高橋英樹、佐藤由紀
美術監督・設定:立田一郎[スタジオ風雅]
色彩設計:佐藤真由美
色彩設計補佐:有澤法子
撮影監督:中田祐美子
3D:岩﨑浩平[V-sign]
2Dワークス:濱中亜希子
特殊効果:星美弥子
編集:植松淳一
音響監督:菊田浩巳
音楽:林ゆうき、橘麻美
制作:Production I.G

<キャラクター>
日向 翔陽:(声)村瀬 歩
影山 飛雄:(声)石川 界人
澤村 大地:(声)日野 聡
菅原 孝支:(声)入野 自由
田中 龍之介:(声)林 勇
東峰 旭:(声)細谷 佳正
西谷 夕:(声)岡本 信彦
月島 蛍:(声)内山 昂輝
山口 忠:(声)斉藤 壮馬
縁下 力:(声)増田 俊樹
清水 潔子:(声)名塚 佳織
谷地 仁花:(声)諸星 すみれ
武田 一鉄:(声)神谷 浩史
烏養 繋心:(声)江川 央生
宮 侑:(声)宮野真守
宮 治:(声)株元英彰
北 信介:(声)野島健児
尾白 アラン:(声)笠間 淳
角名 倫太郎:(声)島﨑信長
銀島 結:(声)山本 匠馬
大耳 練:(声)宮園 拓夢
赤木 路成:(声)松浦 義之
星海 光来:(声)花江夏樹
佐久早 聖臣:(声)鳥海浩輔
古森 元也:(声)上村祐翔

<イントロダクション>
春の高校バレー宮城県予選、
激闘を制し悲願の全国大会出場を決めた烏野高校排球部。

全国大会を控えた彼らのもとに、
影山の全日本ユース強化合宿招集の報せが舞い込んだ。
さらに月島にも宮城県1年生選抜強化合宿への招集がかかる。
同じ1年生との差に焦る日向は、宮城県1年生選抜強化合宿に押しかけるも……!?

全国大会本番に向け、日向、影山、そして烏野高校排球部の更なる挑戦が始まる⸺!!

| | コメント (0)

2020.12.15

映画『殺さない彼と死なない彼女』(お薦め度★★★★★)

まさか、まさかの面白さです。
現代の若者が常に口にする「死ね」「殺す」を多用したユーモラスな日常会話は抜群でした。

小林啓一監督の作品は初鑑賞ですが、脚本、演出、編集とどれを取っても見事です。何度でも観たくなるでしょう。

本作のような大きな発見があるところに邦画の醍醐味があります。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2019
制作国:日本
内容時間:123分

<スタッフ>
監督・脚本:小林啓一
撮影:野村昌平
音楽:奥華子

<キャスト>
小坂れい:間宮祥太朗
鹿野なな:桜井日奈子
宮定澄子(地味子):恒松祐里
堀田きゃぴ子:堀田真由
大和撫子:箭内夢菜
宮定八千代:ゆうたろう
イケメンくん:金子大地
サイコキラーくん:中尾暢樹

<イントロダクション>
間宮祥太朗と桜井日奈子がW主演した青春ラブストーリー。“殺すぞ”が口癖の男子高校生と“死にたがり”の女子高校生が出会い……。高校生の揺れる心情を鮮やかに描く。

Twitterに投稿され、世代を超えて共感を呼んだ世紀末のデビュー作となった4コマ漫画を「逆光の頃」の小林啓一監督が脚本を兼任して実写映画化。劇中で間宮と桜井、恒松祐里と堀田真由、箭内夢菜とゆうたろうという3組の高校生が登場し、それぞれの物語が交錯する形で進行。ユーモアを交えた会話劇はどこか「セトウツミ」を思わせるが、映画の後半のあるシーンを境に切ない恋物語に変化。それまでの何げない描写が巧みに作用し、見る者をぐっと引き込む。そして“未来”への希望を託した余韻も心地がいい。

<放送内容>
なんにも興味が持てずに退屈な高校生活を送っていた小坂。ある日、彼はリストカットの常習者である“死にたがり”の風変わりな同級生の女子・鹿野に興味を持つ。それまで周囲から孤立していた2人は、教室に入ってきた蜂の埋葬をきっかけに、同じ時間を共有するように。アイスを食べたりゲームをしたりして、不器用なやりとりを続けながら、2人はお互いに癒やされていくが、ある夜、鹿野に小坂の母親から連絡が入る。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.12.13

ドラマ「危険なビーナス」[全10話](お薦め度★★★★★)

よく出来たミステリーです。
しかもちょっとコメディチックな妄想シーンを組み込む、心憎い演出で非常に楽しめました。

妻夫木 聡と吉高 由里子が初共演ながら息ピッタリでした。吉高由里子演じる“謎の美女”役のコケティッシュさが抜群で、彼女ならではの魅力が炸裂です。毎週どんな表情や演技を見せてくれるのか心が踊りました。

それにしても、非常に残念だったのは、最終回の前に一般記事が掲載されているニュースサイトで犯人が事前にわかってしまったことです。予期しないサイトでのネタバレに撃沈です(本当に嘆かわしい)。

しかし、ネタバレだったものの、珠玉の人間ドラマだったので大満足です。

以下、番組サイトから引用。

<オンエア情報>
TBS、2020年10月11日〜12月13日毎週日曜21時放送。日曜劇場枠。

<スタッフ>
原作:東野圭吾『危険なビーナス』(講談社文庫)
脚本:黒岩 勉
音楽:菅野祐悟
主題歌:back number「エメラルド」(ユニバーサル シグマ) 
プロデューサー:橋本芙美(共同テレビ)、髙丸雅隆(共同テレビ)、久松大地(共同テレビ)
演出:佐藤祐市(共同テレビ)、河野圭太(共同テレビ)、北坊信一(共同テレビ)
製作:共同テレビ、TBS 

<キャスト>
手島 伯朗:妻夫木 聡
矢神 楓:吉高 由里子
矢神 勇磨:ディーン・フジオカ
矢神 明人:染谷 将太
蔭山 元美:中村 アン
支倉 百合華:堀田 真由
君津 光:結木 滉星
永峰 杏梨:福田麻貴(3時のヒロイン)
手島 一清:R-指定(Creepy Nuts)
矢神 佐代:麻生 祐未
兼岩 順子:坂井 真紀
支倉 祥子:安蘭 けい
支倉 隆司:田口 浩正
矢神 牧雄:池内 万作
矢神 康之介:栗田 芳宏
矢神 康治:栗原 英雄
矢神 禎子:斉藤 由貴
矢神 波恵:戸田 恵子
兼岩 憲三:小日向 文世

<イントロダクション>
東野圭吾の傑作ミステリーで妻夫木聡が16年ぶりに日曜劇場主演!吉高由里子演じる“謎の美女”と30億円の遺産をめぐる壮大な謎解きに挑む!初共演の2人が繰り広げる“危険”なラブサスペンス!

TBSでは、2020年10月スタートの日曜劇場枠で、妻夫木聡主演の『危険なビーナス』を放送する。

原作は多くのベストセラー作品を生み出している東野圭吾の同名小説。ある失踪事件をきっかけに、主人公が謎の美女と共に遺産をめぐる名家の争いに巻き込まれていく壮大なスケールのミステリー。東野の小説が日曜劇場でドラマ化されるのは、『新参者』(2010年)以来10年ぶり。東野ミステリーといえば「引き込まれる世界観」「緻密なトリック」、そして「魅力的な登場人物たち」で多くの読者を魅了している。だが本作はそれだけではない。誰もが驚く「ラストの大逆転」もみどころのひとつ。そんな東野ワールドの脚本を担当するのは『グランメゾン東京』、映画『キングダム』などの話題作を多数手がける黒岩勉。東野作品の個性的なキャラクターを連続ドラマならではのスリリングな手法とタッチで描いていく。

主人公の手島伯朗(てしま・はくろう)を演じるのは、妻夫木聡。数々のドラマや映画に出演し、名実ともに日本を代表する俳優の妻夫木だが、TBSの連続ドラマで主演を務めるのは2004年4月期の日曜劇場『オレンジデイズ』以来。正義感が強く、ウソのつけない独身獣医師だが、困っている女性にめっぽう弱いという一面も併せ持つ。

そして、伯朗の前に突然現れる“謎の美女”=矢神楓(やがみ・かえで)役は、吉高由里子。TBSの連続ドラマは2019年4月期の『わたし、定時で帰ります。』以来で、妻夫木とは今回が初共演。ドラマだけでなく映画、CM、舞台と多ジャンルで活躍する吉高が、本作では明るく聡明な女性ながら、どこかミステリアスな影を持った女性を演じる。

妻夫木聡と吉高由里子、初共演の2人が東野ミステリーで魅せる絶妙なコンビネーションに、ぜひご注目いただきたい。

伯朗は、楓の“危険な”魅力に翻弄されていく

物語の発端になるのは、伯朗の弟・明人の失踪。伯朗にとって明人は異父弟。母が名家「矢神家」の御曹司と再婚してから生まれた弟だ。母の死後、矢神一族とは疎遠になっていた伯朗だが、突然現れた「弟の妻」を名乗る楓から失踪した明人を一緒に捜して欲しいと頼まれる。矢神家直属の血を引く明人は、総額30億とも言われる遺産の相続権を持つ。現当主が危篤状態に陥ったことで、遺産を狙う親族の誰かがさらったのではと楓は疑っているのだ。
美人に弱い伯朗は楓を放っておくこともできず、共に明人の行方を追うことになる。それが巨額の遺産が絡んだ矢神家の争いに巻き込まれていくとも知らずに。そんな中、伯朗は「弟の妻」である楓の魅力に次第に惹かれていき…。

弟の失踪は、「矢神家」の誰かの仕業なのか?
そして、謎の美女は本当に「弟の妻」なのか…!?
壮大な謎と人間の欲望が絡み合う“危険な”ラブサスペンス!!

| | コメント (0)

2020.11.17

映画『ロボコップ(2014)』(お薦め度★★★★★)

素晴らしい脚本です。傑作です。
様々な要素が詰まっているのですが、非常に分かりやすく整理されています。
過去の「ロボコップ」シリーズ3作は観てますが、舞台設定やキャラクターデザイン、ドラマ性のどれを取っても本作が優れています。

これほど優れた米国作品について、リメイクしていたことすら知らなかったのは意外でした。既に6年前の作品になりますが、ハリウッド大作でも既に米国映画は復活していたのですね。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Robocop
制作年:2014
制作国:アメリカ
内容時間:118分

<スタッフ>
監督:ジョゼ=パジーリャ
製作:マーク=エイブラハム、エリック=ニューマン
脚本:ジョシュア=ゼトゥマー
撮影:ルラ=カルヴァーリョ
音楽:ペドロ=ブロンフマン

<出演>
ロボコップ/マーフィ:ジョエル=キナマン
デネット=ノートン博士:ゲーリー=オールドマン
レイモンド=セラーズ:マイケル=キートン
クララ=マーフィ:アビー=コーニッシュ
リック=マトックス:ジャッキー=アール=ヘイリー
パット=ノヴァク:サミュエル=L=ジャクソン

<イントロダクション>
1980年代の伝説的ヒット作を、最新映像で描き直したSFアクション。事故で体の大部分を失った警官が、サイボーグ技術で“ロボコップ”として復活、巨悪に立ち向かう。

ポール・ヴァーホーヴェン監督の大ヒット作「ロボコップ」を、コンセプトはそのままにリブート映画化。「エリート・スクワッド」でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したブラジルの新鋭、J・パジーリャが監督に抜擢された。ロボコップの造形はスタイリッシュになり、展開も旧作とは異なるが、持ち味だったシニカルなユーモアは健在。その一翼を担う狂言回し的なジャーナリスト役をS・L・ジャクソンが好演する。ベイジル・ポールドゥリスの有名なテーマ曲が流れるサービスには、旧作ファンがニヤリとすることだろう。

<放送内容>
2028年、世界各地の軍備はロボット化が進む一方、アメリカでは法律によってロボットの配備は禁止されていた。犯罪都市デトロイトで家族と暮らす警官のマーフィは、犯罪組織を捜査中、不可解な爆発事故で体の大部分を失ってしまう。オムニコープ社のCEO、セラーズはある計画を実行するため、最小限の肉体となったマーフィにノートン博士が手掛ける最先端ロボット技術を提供。マーフィはロボコップとしてよみがえる。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.11.09

映画『フォードvsフェラーリ』(お薦め度★★★★★)

思っていた以上に面白い映画です。
フェラーリを買収寸前まで行ったフォードが、エンツォ=フェラーリとの確執でル・マン24時間耐久レースで対決するという、フォードのトップ、ヘンリー=フォード2世やアイアコッカという伝説の経営者たちが登場する実話なので、ワクワクさせられました。

マット=デイモンとクリスチャン=ベールのW主演の二人による男気あるレースへの挑戦は心が踊りました。

巨大自動車メーカーの参戦は、チーム内での政治的な駆け引きが発生し、単にレースに勝つだけではないという現実は、腹立たしさともどかしさがありドラマ性に富んでいました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Ford v Ferrari
制作年:2019
制作国:アメリカ
内容時間:153分

<スタッフ>
監督:ジェームズ=マンゴールド
製作:ピーター=チャーニン、ジェンノ=トッピング、ジェームズ=マンゴールド
脚本:ジェズ=バターワース、ジョン=ヘンリー=バターワース、ジェイソン=ケラー
撮影:フェドン=パパマイケル
音楽:マルコ=ベルトラミ、バック・サンダース

<出演>
キャロル=シェルビー:マット=デイモン
ケン=マイルズ:クリスチャン=ベール
リー=アイアコッカ:ジョン=バーンサル
モリー=マイルズ:カトリーナ=バルフ
ヘンリー=フォード2世:トレイシー=レッツ

<イントロダクション>
M・デイモン&C・ベールがW主演を務め、不可能なカーレースに挑む2人の型破りな男たちを熱演。第92回アカデミー賞で編集賞と音響編集賞の2部門を受賞した痛快作。

1960年代半ば、モータースポーツ界の頂点に君臨するイタリアのフェラーリを、アメリカ最大の自動車メーカー、フォードの車に乗って打倒せよ。お互いの企業トップの意地と執念を懸けた戦いに駆り出され、デイモン演じる天才カーデザイナーと、ベール扮する一匹狼の敏腕ドライバーがコンビを組み、この熱き戦いに挑戦。熾烈な企業戦争を背景に生み出されたこの実話を、「LOGAN/ローガン」のJ・マンゴールド監督がスリル満点に映画化。そのエキサイティングな勝負の行方は、最後の最後まで目が離せない。

<放送内容>
1963年、アメリカ最大の自動車メーカー、フォードは、自社のブランドイメージを高めるため、カーレース界の頂点に君臨するイタリアのフェラーリの買収を画策するが、同社の創業者からすっかりコケにされて憤慨。かくして、ル・マン24時間耐久レースで連覇を続けるフェラーリを是が非でも打ち負かせ、という至上命令を受けた天才カーデザイナー、シェルビーは、一匹狼の敏腕ドライバー、マイルズと組み、この熱き戦いに挑む。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.10.25

映画『ホテル・ムンバイ』(お薦め度★★★★★)

全編、胸が苦しくなるサスペンスでした。
インドで起きた同時多発テロ事件の実話に基づいているので、リアリティが半端ありません。

イスラム過激派が虫けらのように同胞を容赦なく殺戮していく場面は、心底恐怖を感じました。

ホテルの従業員たちが、宿泊客を守るための勇気ある行動には、本当に頭が下がりました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Hotel Mumbai
制作年:2018
制作国:オーストラリア・アメリカ・インド
内容時間:124分

<スタッフ>
監督:アンソニー=マラス
製作:ゲイリー=ハミルトン、ジュリー=ライアン、ベイジル=イヴァニクほか
脚本:ジョン=コリー、アンソニー=マラス
撮影:ニック=マシューズ
音楽:フォルカー=バーテルマン

<出演>
アルジュン:デヴ=パテル
デヴィッド:アーミー=ハマー
ザーラ:ナザニン=ボニアディ
ワシリー:ジェイソン=アイザックス
サリー:ティルダ=コバン=ハーヴィー
オべロイ料理長:アヌパム=カー

<イントロダクション>
2008年にインドのムンバイで起きた同時多発テロ事件。同地のタージマハルホテルでの惨劇を、迫力たっぷりに再現した緊迫編。同じ題材の「パレス・ダウン」も作られた。

インドのムンバイで起きた同時多発テロ事件で標的の一つになった5つ星の高級ホテル、タージマハルホテル。裕福な外国人が多数滞在していたが、そこには宿泊客たちを守ろうと全力を尽くす、無名だが勇敢な従業員たちがいた……。銃を持ったテロ集団を避けて、客たちをより安全な場所に誘導していく従業員たちの奮闘に胸を打たれる。ハリウッド産ノンストップアクション映画のような銃撃戦などの見せ場を満載し、迫力もスリルもAクラスだ。「スラムドッグ$ミリオネア」のD・パテルなど国際色豊かなキャストが結集。

<放送内容>
ムンバイを代表する高級ホテル、タージマハルホテル。イスラム過激派は街の各所で同時多発的にテロを起こすが、同ホテルもその標的となり、それぞれが銃を持つ集団は同ホテルに押し入り、500人以上もいる宿泊客たち・従業員たちを次々と殺していく。アルジュンら従業員たちはそれでも勇気を奮い、客たちを少しずつでもより安全な場所に誘導しようと挑む。そんな中、米国人宿泊客デヴィッドは、部屋に残した赤ん坊を心配し……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.10.24

映画『天気の子』(お薦め度★★★★★)

突き抜けた面白さです。
まさかこれほどまで泣かされるとは思いも寄りませんでした。
脚本とアニメともに絶品でした。
雨の景色は流石としか言いようがありません。

声優陣も悪くありません。主人公の醍醐虎汰朗とヒロインの森七菜は抜群でした。二人とも声優ではなく俳優なのですね。驚きです。

新海誠監督は、期待以上の素晴らしい作品を提供してくれました。
大ヒットした前作『君の名は。』は、彼の集大成でしたが、本作はそれを超えています。新たなステージに突入したと感じます。

新海誠監督、恐るべしです。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2019
制作国:日本
内容時間:113分

<スタッフ>
監督・脚本・編集:新海誠
企画:川村元気
プロデュース:川村元気
演出:徳野悠我、居村健治
キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:田村篤
美術監督:滝口比呂志
音楽:RADWIMPS

<出演>
森嶋帆高:(声)醍醐虎汰朗
天野陽菜:(声)森七菜
夏美:(声)本田翼
天野凪:(声)吉柳咲良
安井:(声)平泉成
高井:(声)梶裕貴
冨美:(声)倍賞千恵子
須賀圭介:(声)小栗旬

<イントロダクション>
「君の名は。」に続く新海誠監督の長編アニメーション映画で、2019年の日本で最大のヒットを記録。東京で出会った1組の少年少女は、自らの生き方を“選択”していく。

日本映画として歴代第2位となる歴史的大ヒットを記録した「君の名は。」から3年。2019年夏に公開されて興行収入は140億円を突破し、同年の日本で最大のヒット映画となった本作。天候の調和が狂っていく時代、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を“選択”するストーリー。東京で出会う、家出少年・帆高と不思議な力を持つ少女・陽菜。2人の恋の物語は、美しく、切なく、新たな時代を迎えるあらゆる世代、そして全世界へのメッセージとして描かれる。スケールアップした“新海ワールド”を楽しもう。

<放送内容>
“あの光の中に、行ってみたかった”。高1の夏に離島から家出し、東京にやって来た帆高。だが生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高はひとりの少女と出会う。ある事情を抱え、弟と2人で明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。彼女には不思議な能力があった。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.10.13

映画『キューブリックに魅せられた男』(お薦め度★★★★★)

巨匠キューブリックに心酔して、俳優から彼の助手として人生を捧げた男のドキュメンタリーです。そこには究極の自己犠牲が描かれています。

完璧主義の天才に対しての献身ぶりは、想像を遥かに超えていました。キューブリック作品のために生まれてきたかのようです。

監督亡き後に、完璧な形で作品を鑑賞できるのは、本作に登場するレオン=ヴィターリによるものだということが深く理解出来ました。

キューブリックの光と影の両面のうち、光が『キューブリックに愛された男』のエミリオ=ダレッサンドロで、影が本作のレオン=ヴィターリと言えます。両作品を観れて本当に良かったと感じます。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Filmworker
制作年:2017
制作国:アメリカ
内容時間:94分

<スタッフ>
監督・撮影:トニー=ジエラ
製作:エリザベス=ヨッフ、トニー=ジエラ

<出演>
レオン=ヴィターリ
ライアン=オニール
マシュー=モディーン
R=リー=アーメイ
(アーカイブ映像)スタンリー=キューブリック

<イントロダクション>
天才監督S・キューブリックに心酔するあまり、俳優から裏方業に転身し、ひたすら同監督に自らの生涯をささげた男L・ヴィターリの数奇な半生を見つめたドキュメンタリー。

1970年代半ば、当時新進の若手俳優だったヴィターリは、映画「バリー・リンドン」に出演。そこで憧れの天才監督キューブリックに間近で接して、ますます彼への尊敬の念を深めたヴィターリは、以後、俳優の道を捨ててキューブリックの専属アシスタントに転身。キャスティングから子役の世話係、プリントチェックに至る、映画作りのさまざまな雑事をこなし、ひたすらキューブリックのために献身的に働く滅私奉公の人生を送ることに。そんなヴィターリのなんとも数奇な半生を彼自身や関係者の証言を交えて振り返る。

<放送内容>
1970年代初頭、当時イギリスの有望な若手俳優だったヴィターリは、憧れの天才監督キューブリックの新作映画「バリー・リンドン」に出演。撮影初日、監督に初めて出会った瞬間、思わず電流が走ったという彼は、以後、さまざまな厳しい要求にも応えて信頼を勝ち得、キューブリックと親交を結ぶことに。かくしてその後、俳優の道を捨てて同監督の専属アシスタントとなったヴィターリのアッと驚く壮絶な滅私奉公の人生が始まる。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.10.06

映画『フィードバック』(お薦め度★★★★★)

出会い頭にびっくりさせられました。
驚愕のバイオレンス・サスペンスです。
全く予想できない息詰まる展開に圧倒されました。

ペドロ=C=アロンソ監督はスペイン人のようですが、物凄い才能があると思います。やばいです。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Feedback
制作年:2019
制作国:スペイン・アメリカ
内容時間:98分

<スタッフ>
監督:ペドロ=C=アロンソ
製作:エマ=ルストレス、ボルハ=ペナ、フアン=ソラ
脚本:ペドロ=C=アロンソ、アルベルト=マリーニ
撮影:アンヘル=イグアセル
音楽:セルヒオ=モウレ

<キャスト>
ジャーヴィス=ドラン:エディ=マーサン
アンドリュー:ポール=アンダーソン
クレア:イバナ=バケロ
ブレナン:リチャード=ブレイク
アレックス:オリヴァー=クーパースミス
アンソニー:アレクシス=ロドニー

<イントロダクション>
生放送中の深夜ラジオ番組を覆面の暴漢たちが占拠した。命を脅かされながら放送を続けるパーソナリティーだったが……。二転三転するストーリーに注目のサスペンス。

ラジオ局を舞台に、生放送中のスタジオをジャックした謎の暴漢たちと、人気パーソナリティーとの息詰まる駆け引きが展開するサスペンス。犯人たちは、主人公と、ゲストとして来ていたその相棒が過去に起こした過ちを生放送で告白させようとするのだが……。CMや曲を掛けるわずかな時間を利用して、状況を変えようとする主人公の悪戦苦闘が見どころだ。主人公のパーソナリティー役は「おみおくりの作法」の実力派E・マーサン。さらに「パンズ・ラビリンス」の子役から若手女優に成長したI・バケロが共演する。

<放送内容>
ロンドン。ジャーヴィスは生放送の深夜ラジオ番組「残酷な現実」のメインパーソナリティーを務めていた。彼は過激な発言で人気を集める一方、反感を買うことも多く、脅迫を受けることも日常茶飯事だった。ある日、いつも通り放送を開始した彼は、やがて副調整室が応答しないことに気付く。なんと覆面の暴漢たちが副調整室を占拠し、スタッフを人質にしていたのだ。ジャーヴィスは謎の犯人から放送を続けるよう命じられるが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

より以前の記事一覧