2017.09.13

映画『ニック/NICK リベンジ』(お薦め度★★★★)

第1作とは構成を変えてきました。憎い作りです。ラストのハラハラドキドキ感は半端ありません。「ニック」シリーズの第2作快調です。

ニックは圧倒的に強いわけではなく、結構やられます。そのキャラクター設定が生身の人間らしく魅力的です。そのため同僚のアシストが際立って、一匹狼でありながら、孤独でないヒーロー像で描かれています。
捜査情報が漏れているという設定でありながら、単純な構成や展開にしていない脚本の秀逸さに新しさを感じます。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Tatort: Kopfgeld
制作年:2014
制作国:ドイツ
内容時間:94分

<スタッフ>
監督:クリスティアン=アルヴァルト
製作:フリードリヒ=ヴィルトフォイヤー
脚本:クリストフ=ダルンスタット
撮影:ヤクブ=ベイナロヴィッチュ
音楽:マルティン=トードシャローヴ

<キャスト>
ニック=チラー:ティル=シュヴァイガー
ヤルシン=グメル:ファーリ=ヤルディム
イネス=カルバイ:ブリッタ=ハンメルシュタイン
レニー=チラー:ルナ=シュヴァイガー
ハンナ=レナルツ州検事:エディタ=マロヴチッチ
イザベラ:シュテファニー=スタッペンベック
フィラト=アスタン:エルダル=イルディズ
イスマル=アスタン:シャヒン=エリルマズ

<イントロダクション>
T・シュヴァイガー主演の刑事アクション第2弾。犯罪組織アスタン団は宿敵ニックの首に賞金を懸けた。やがて元妻や恋人までが事件に巻き込まれ、ニックの怒りが爆発する。
「イングロリアス・バスターズ」などのシュヴァイガーが、ハンブルクのはみ出し刑事ニックを熱演するハードアクション第2弾。TVムービーとして4作が作られた後、人気を受けて劇場版も作られた。「パンドラム」で注目されたC・アルヴァントが監督、「es[エス]」で脚光を浴びたC・ダルンスタットが脚本をそれぞれシリーズを通して務めている。アスタン団を率いるアスタン兄弟との因縁をはじめ、前作で事件を担当した女性検事とニックが恋仲になっているなど、シリーズものならではの深まるドラマも見どころ。

<放送内容>
T・シュヴァイガー主演の刑事アクション第2弾。犯罪組織アスタン団は宿敵ニックの首に賞金を懸けた。やがて元妻や恋人までが事件に巻き込まれ、ニックの怒りが爆発する。
激しい戦いの末、犯罪組織アスタン団を率いる兄フィラトと弟イスマルのアスタン兄弟を刑務所へと送り込んだ刑事ニック。だがフィラトは刑務所内から糸を引き、ニックの首に賞金を懸けて復讐を開始する。ある時、ニックの車に爆薬が仕掛けられ、彼と元妻イザベラがあわや爆殺されるところを間一髪で逃れる。だが復讐はそれだけでは終わらず、今度はニックと恋仲になっていた州検事ハンナが組織の男たちに襲撃されて……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.08

映画『ニック/NICK 狼の掟』(お薦め度★★★★)

ドイツ映画『ガーディアン』の凄まじい怒涛の作品に圧倒され、是非続編を待望していたところ、ティル=シュヴァイガー主演の刑事アクション「ニック」シリーズがWOWOWメンバーズオンデマンドで5作がすでに配信開始されています。テレビ放送は9月3日一挙放送でした。5作も観れるなんて最高です。

ティル=シュヴァイガーはやっぱり良いですね〜。
渋く人情味があって必ず結果を出す姿に痺れます。TVムービーなので映画と比べるとややスケールダウンしているものの、冒頭の凄まじいアクションは惚れ惚れします。本作でも『ガーディアン』同様に実の娘と共演しているので、『ガーディアン』の雰囲気も味わえます。それにしても娘が好きなんですね。

相棒の刑事は対象的にコミカルで軽そうにも関わらず、凄腕ハッカーで要所々々を決めてくれるちょい悪オヤジなところがグッドです。主人公とバランスが絶妙で楽しめるコンビです。

アクション映画はドイツもハリウッドに肩を並べています。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Tatort: Willkommen in Hamburg
制作年:2013
制作国:ドイツ
内容時間:94分

<スタッフ>
監督:クリスティアン=アルヴァルト
製作:フリードリヒ=ヴィルトフォイヤー
脚本:クリストフ=ダルンスタット
撮影:ニョ=テ=チャウ
音楽:マルティン=トードシャローヴ

<キャスティング>
ニック=チラー:ティル=シュヴァイガー
ヤルシン=グメル:ファーリ=ヤルディム
イネス=カルバイ:ブリッタ=ハンメルシュタイン
レニー=チラー:ルナ=シュヴァイガー
ハンナ=レナルツ州検事:エディタ=マロヴチッチ
マックス=ブレンナー:マルク=ヴァシュケ
フィラト=アスタン:エルダル=イルディズ

<イントロダクション>
ハンブルクのはみ出し刑事ニックが凶悪犯罪組織に挑む! 「ガーディアン」などで人気のT・シュヴァイガーが、祖国ドイツで主演した刑事アクションのシリーズ第1作。

「イングロリアス・バスターズ」や「ガーディアン」で世界的な注目を浴びたシュヴァイガーが、ワイルドな刑事役を熱演する連作アクション第1弾。もとは西ドイツ時代の1970年よりテレビ放送されている長寿警察ドラマ「Tatort(犯行現場)」内のシリーズとして、2013年から4作が作られたTVムービーだ。第1作では、主人公のはみ出し刑事ニックと、警察も手を出さなかった凶悪犯罪組織アスタン団との最初の戦いが繰り広げられる。両者の因縁はシリーズを通して描かれるので、まずは本作から楽しもう。
 
<放送内容>
ハンブルクのはみ出し刑事ニックが凶悪犯罪組織に挑む! 「ガーディアン」などで人気のT・シュヴァイガーが、祖国ドイツで主演した刑事アクションのシリーズ第1作。

ドイツ・ハンブルク。独断行動で問題を起こしてばかりの刑事ニックは、この街に赴任し、犯罪組織アスタン団のアジトへ潜入することになった。そこで彼は、人身売買の商品として捕らわれていた少女たちを発見するが、組織の男たちに見つかり銃撃戦になる。そのさなか、ニックはかつての相棒マックスと遭遇、覆面捜査中だと思ったニックはそのまま彼を逃がすが、やがて上司からマックスがとうに警察を辞めていたことを聞かされる。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.30

映画『ハドソン川の奇跡』(お薦め度★★★★)

単純なヒーローの話ではありません。社会派ヒューマンドラマです。事故当時の報道では、奇跡の不時着で機長が大絶賛されたので、それを語る美談の物語とばかり予想していたのですが、事故調査委員会から汚名を着せられそうになっていたとは驚きです。まさにサスペンスでした。
 
報道の陰で、事故後の機長がギリギリまで追い詰められて行く不条理さは、アメリカの公平と正義を守ろうとする制度の深さを非常に意識させる内容です。
 
また、旅客機がハドソン川不時着後に直ぐに救助の船が複数も集まってくるアメリカの防災力の社会インフラにも圧倒されました。
 
ドキュメンタリータッチで、淡々と進行し審査会での応酬は緊張感は半端ありませんでした。クリント=イーストウッド監督の手腕が如何なく発揮された作品です。
 
以下、WOWOWオンラインから引用。


 
<作品データ>
原題:Sully
制作年:2016
制作国:アメリカ
内容時間(字幕版):96分
 
<スタッフ>
監督:クリント=イーストウッド
製作:フランク=マーシャル、アリン=スチュワート、クリント=イーストウッドほか
脚本:トッド=コマーニキ
撮影:トム=スターン
音楽:クリスチャン=ジェイコブ、ティアニー=サットン=バンド
 
<キャスト>
チェスリー=“サリー”=サレンバーガー:トム=ハンクス
ジェフ=スカイルズ:アーロン=エッカート
ローリー=サレンバーガー:ローラ=リニー
エリザベス=デーヴィス:アンナ=ガン
ベン=エドワーズ:ジェームズ=シェリダン
 
<番組紹介/解説>
2009年、NYで起きた奇跡の旅客機生還劇と、その舞台裏の知られざる実際の出来事を、巨匠C・イーストウッド監督×主演T・ハンクスが息詰まるタッチで綴った感動編。
 
2009年1月15日。乗客乗員155人を乗せてNYの空港から飛び立ったばかりの旅客機が、不測の緊急事態で操縦不能に陥るという絶体絶命のピンチが発生。ベテラン機長のサリーは、瞬時の判断により、眼下を流れるハドソン川へ機体を不時着させることを決意。機体の緊急着水にみごと成功して全員無事生還を果たす奇跡を実現させ、彼は英雄とたたえられるが、その後、彼の判断が本当に正しかったのか、疑問視する声が上がり…。
 
<鑑賞チャネル>  
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.30

映画『NONSTOP ノンストップ』(お薦め度★★★★)

エライものを観てしまいました。
こんなに凄すぎるサスペンスアクションで、タイトル通りのノンストップで怒涛な展開が待っていたとは驚きです。

ギリシャ映画は初です。まさかこれほどのクオリティの高い作品を作っているとはびっくらこいたです。

欧州には世界マーケットで日の目を見ない物凄い作品が眠っているのかもしれません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Short Fuse
制作年:2016
制作国:ギリシャ
内容時間:89分

<スタッフ>
監督:アンドレアス=ランプロプーロス、コスタス=スキフタス
製作:コンスタンティノス=ムートシナス、テリー=ダガス
脚本:コスタス=スキフタス、コンスタンティノス=ムートシナス
撮影:アンドレアス=ランプロプーロス
音楽:ジョージ=カリス

<出演>
アレス=アポストル:アポストリス=トッチカス
アナ:エフゲニア=デミトロプールー
ミルトス:タソス=ノウシアス
ラザロウ:ニコス=オルファノス
ティモス:ヨルゴス=ルーステミス

<番組紹介/解説>
死にたくなければ、“鍵”を探して走り続けろ! 何者かに爆弾を巻き付けられた主人公は、謎の犯人が出すヒントを追って激走する。ギリシャ製サスペンスアクション。

元は弁護士だったが、訳あってクビになり、現在は宅配便のドライバーとして働くアレス。ある日、彼は配達中何者かに襲われ、気付くと体に爆弾を巻き付けられていた。その時、携帯電話に謎の犯人から連絡が入り、爆弾のタイマーを止めるにはヒントを頼りに鍵を探すしかないと告げられる。必死で鍵を求めるアレスは暴走し、やがて警察からもギャングからも追われることに。その矢先、彼の前に同じく鍵を探す別の“爆弾男”が……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.24

映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』(お薦め度★★★★)

上質でハートウォーミングなファンタジーです。
「星の王子さま」の挿絵の世界を違和感ない立体的なCGアニメで実現しています。フランスのアニメなのですね。驚きです。米国と肩を並べています。
しかも、共感できるラストにジンワリと感動しました。フランス映画とは思えない素敵な作品です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:The Little Prince
制作年:2015
制作国:フランス
内容時間(吹替版):107分

<スタッフ>
監督:マーク=オズボーン
製作:アトン=スマーシュ、ディミトリー=ラッサム、アレクシ=ヴォナール
脚本:イリーナ=ブリヌル、ボブ=パーシケッティ
音楽:ハンス=ジマー、リチャード=ハーヴェイ

<キャスト>
飛行士:(声)津川雅彦
女の子:(声)鈴木梨央
お母さん:(声)瀬戸朝香
ミスター・プリンス:(声)宮野真守
王様:(声)坂口芳貞
バラ:(声)滝川クリステル
星の王子:(声)池田優斗

<番組紹介/解説>
サン=テグジュペリの名作「星の王子さま」を下敷きにしたアニメ映画。原作小説で書かれていた物語を人形アニメで、後日談となる新たな物語をCGアニメで、それぞれ描写。

将来のためといって母親から押し付けられる英才教育に飽き飽きしていた9歳の女の子。受験のため名門校の近くに引っ越しまでさせられた彼女は、あるとき隣に住む変わり者の老人と親しくなる。かつて飛行士だったという彼は、若き日に砂漠に不時着したとき出会った不思議な少年“星の王子さま”との思い出を語り出す。彼の話に夢中になった女の子は、病に倒れた老人のため、もう一度王子さまを探し出そうと冒険の旅に出発する。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.17

映画『攻殻機動隊 新劇場版』(お薦め度★★★★)

見事です。シリーズ最高傑作です。ただし、全5作を事前に観ておかなければなりません。
相変わらずの複雑なストーリーですが、伏線が優れており展開が追えます。
脚本が素晴らしく、「攻殻機動隊ARISE」シリーズを完璧なほどに回収しました。攻殻機動隊シリーズの前日譚として文句無しです。
前作に感じた予想が良い意味で外れて満足です。

【関連記事】
2017.07.15 アニメ「攻殻機動隊ARISE#1 border:1 Ghost Pain」(お薦め度★★★)
2017.07.16 アニメ「攻殻機動隊ARISE#2 border:2 Ghost Whispers」(お薦め度★★★★)
2017.07.16 アニメ「攻殻機動隊ARISE#3 border:3 Ghost Tears」(お薦め度★★★★)
2017.07.16 アニメ「攻殻機動隊ARISE#4 border:4 Ghost Stands Alone」(お薦め度★★★)
2017.07.17 アニメ「攻殻機動隊ARISE PYROPHORIC CULT」(お薦め度★★★)

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2015
制作国:日本
内容時間:100分

<スタッフ>
総監督:黄瀬和哉
監督:野村和也
原作:士郎正宗
脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:黄瀬和哉
総作画監督:大久保徹
音楽:コーネリアス
アニメーション制作:プロダクション I.G

<楽曲情報>
坂本真綾 コーネリアス/「まだうごく」

<キャスト>
草薙素子:(声)坂本真綾
荒巻大輔:(声)塾一久
バトー:(声)松田健一郎
トグサ:(声)新垣樽助
イシカワ:(声)咲野俊介
サイトー:(声)中國卓郎
パズ:(声)上田燿司
ボーマ:(声)中井和哉

<番組紹介/解説>
士郎正宗の傑作コミック「攻殻機動隊」発表25周年を記念した新劇場版アニメ。“攻殻機動隊”こと公安9課の結成と、リーダー草薙素子の出生の秘密が明かされる。

2029年。“少佐”こと草薙素子は、バトーやトグサら敏腕だが組織からはぐれた者たちを束ねた寄せ集めの公安部隊を結成する。その矢先、総理大臣が爆殺される大事件が発生、被害者には陸軍501機関時代の草薙の元上司クルツの名もあった。真相を探る草薙たちの前に、義体開発の行く末をめぐる政治的取引や陰謀が浮かび上がり、やがて手掛かりは全身義体のサイボーグとして生まれた草薙自身の出生の秘密へとつながっていく。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.16

アニメ「攻殻機動隊ARISE#3 border:3 Ghost Tears」(お薦め度★★★★)

草薙素子の現在進行形ラブロマンスは新鮮でした。このシリーズはヒューマンタッチが希薄でどうしても物語に入っていけませんでした。
#2に続き高評価です。
「攻殻機動隊ARISE」はシリーズの中でストーリーが共感できます。最も好きかも。

【関連記事】
2017.07.15 アニメ「攻殻機動隊ARISE#1 border:1 Ghost Pain」(お薦め度★★★)
2017.07.16 アニメ「攻殻機動隊ARISE#2 border:2 Ghost Whispers」(お薦め度★★★★)

以下、WOWOWオンラインから引用。

<スタッフ>
原作:士郎正宗
監督・キャラクターデザイン・作画監督:黄瀬和哉
シリーズ構成・脚本:冲方丁
音楽:コーネリアス
演出:浜名孝行
メカニックデザイン:柳瀬敬之
3DCGI:オレンジ
3DCG監督:井野元英二
美術:Bamboo
美術監督:竹田悠介、益城貴昌
プロップ・美術設定:荒川直樹
動画検査:菅田朋子
色彩設計:土井和
色指定:野田採芳子
仕上検査:下川真里子
撮影監督:田中宏侍
モーショングラフィック:荒木宏文
特殊効果:村上正博
音響監督:岩浪美和
音響効果:小山恭正
編集:植松淳一
サウンドトラック:フライングドッグ
アニメーション制作:プロダクション I.G
製作:「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
配給:東宝映像事業部

<楽曲情報>
ショーン レノン コーネリアス/「Heart Grenade」

<キャスト>
草薙素子:(声)坂本真綾
荒巻大輔:(声)塾一久
バトー:(声)松田健一郎
トグサ:(声)新垣樽助
イシカワ:(声)檀臣幸・咲野俊介
サイトー:(声)中國卓郎
パズ:(声)上田燿司
ボーマ:(声)中井和哉
ロジコマ:(声)沢城みゆき

<番組紹介/解説>
士郎正宗原作「攻殻機動隊」の2013年のアニメシリーズ。総監督に黄瀬和哉、シリーズ構成・脚本に冲方丁を迎え、メインキャストも一新。攻殻機動隊創設の物語を描く。
恋人の義体技師ホセと逢瀬を交わす草薙素子のもとに、仲間となったバトーから西ノ内のビルで起きた爆弾テロの急報が届く。現場に急行し制圧するとテロリストたちはある超ウィザード級ハッカーにより偽の記憶が植え付けられ、さらに主犯のカルディス人の胸には独立戦争の英雄“スクラサス”のシンボルマーク、ティアドロップ・ダガーの入れ墨が刻まれていた。同じころ、山の手のダムで起きた爆発でひとりの刑事が殺されて……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「攻殻機動隊ARISE#2 border:2 Ghost Whispers」(お薦め度★★★★)

攻殻機動隊シリーズの中で稀有の面白さです。
草薙素子とバトーのガチバトル見応えがありました。両方共に強いんですね。また、攻殻機動隊の創設が観えてきてシリーズの全体像が深まります。過去のストーリーと齟齬が無いので構成の妙を感じました。

【関連記事】
2017.07.15 アニメ「攻殻機動隊ARISE#1 border:1 Ghost Pain」(お薦め度★★★)

以下、WOWOWオンラインから引用。

<スタッフ>
原作:士郎正宗
総監督・キャラクターデザイン:黄瀬和哉
シリーズ構成・脚本:冲方丁
音楽:コーネリアス
監督:竹内敦志
絵コンテ:多田俊介、竹内敦志
作画監督・サブキャラクターデザイン:齊藤卓也
メカニックデザイン:柳瀬敬之
3DCGI:オレンジ
3DCG監督:井野元英二
美術:Bamboo
美術監督:竹田悠介、益城貴昌
美術設定:加藤浩(ととにゃん)
プロップ・美術設定:荒川直樹
動画検査:吉田一枝、杉浦雄高
色彩設計:片山由美子
色指定:野田採芳子
仕上検査:下川真里子
撮影監督:田中宏侍
モーショングラフィック:上村秀勝
特殊効果:村上正博
音響監督:岩浪美和
音響効果:小山恭正
編集:植松淳一
サウンドトラック:フライングドッグ
アニメーション制作:プロダクション I.G
製作:「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
配給:東宝映像事業部

<楽曲情報>
青葉市子 コーネリアス/「外は戦場だよ」

<キャスト>
草薙素子:(声)坂本真綾
荒巻大輔:(声)塾一久
バトー:(声)松田健一郎
トグサ:(声)新垣樽助
イシカワ:(声)檀臣幸・咲野俊介
サイトー:(声)中國卓郎
パズ:(声)上田燿司
ボーマ:(声)中井和哉
ロジコマ:(声)沢城みゆき

<番組紹介/解説>
士郎正宗原作「攻殻機動隊」の2013年のアニメシリーズ。総監督に黄瀬和哉、シリーズ構成・脚本に冲方丁を迎え、メインキャストも一新。攻殻機動隊創設の物語を描く。

501機関から独立を果たし軍内部での自由を得た草薙素子。ある時、何者かによるロジコマへのハッキングが発生する。草薙は、荒巻の要請で調査のためにロジコマをラボまで移送するが、途中で武装集団の襲撃に遭う。そこには「眠らない眼」を持つ元レンジャーのバトーとボーマ、元陸軍情報部のイシカワの姿があった。3人が狙うのは、ある電子的作戦に干渉する並列解除コードの複製が隠されたロジコマの破壊だった……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.04

映画『テッド2』(お薦め度★★★★)

ともかく下品です。そして格調高いコメディでした。
前作はほとんど記憶していません。しかし、下品だったのは覚えています。その免疫があるので続編である本作は割と苦になりませんでした(笑)。
 
下ネタから人権裁判まで、予想を上回る内容に感心させられます。ある意味、将来のAIを想定した要素を語っているのか、はたまた単なるギャグなのか、考えさせられつつ笑わしてもらいました。
 
更なる続編も期待したいところです。
 
以下、WOWOWオンラインからの引用。

 
<作品データ>
原題:Ted 2
制作年:2015
制作国:アメリカ
内容時間:116分

<スタッフ>
監督:セス=マクファーレン
製作:セス=マクファーレン、ジェイソン=クラーク、ジョン=ジェイコブス
脚本:セス=マクファーレン、アレック=サルキン、ウェルズリー=ワイルド
撮影:マイケル=バレット
音楽:ウォルター=マーフィ

<キャスト>
テッド/声:セス=マクファーレン
ジョン=ベネット:マーク=ウォールバーグ
サマンサ=ジャクソン:アマンダ=セイフライド
ドニー:ジョヴァンニ=リビッシ
タミ=リン:ジェシカ=バース
パトリック:モーガン=フリーマン
サム=J=ジョーンズ/本人

<番組紹介/解説>
超お下品なクマのぬいぐるみテッドと人間の親友ジョンの友情を描いてヒットした、大人向けコメディ「テッド」の続編。テッドは新たに“人権”を求めて裁判を起こすが……?

ボストン。人間のように話すテディベア、テッドのいちばんの親友は中年男性ジョンだが、彼が妻と離婚して意気消沈する一方、テッドは人間の女性タミ・リンと結婚。1年後、テッドとタミ・リンの仲は険悪で、それを解消しようとテッドは彼女と子どもを持とうと決心。しかしテディベアと人間では子作りはできず、夫妻は養子をもらおうとするが、マサチューセッツ州政府がテッドが人間ではなく物だと認定したため養子はもらえず……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.27

映画『MONSTERZ モンスターズ』(お薦め度★★★★)

内容的には非情さが若干物足りない印象ですが、満足出来る作品です。

キャスティングが良かったです。藤原竜也と山田孝之の壮絶な戦いは見事でした。

中田秀夫監督はホラー専門とばかり思っていましたが、どうしてどうして超能力を扱ったSFも良いですね。ホラー以外の作品をもっと観てみたいです。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2014
制作国:日本
内容時間:112分

<スタッフ>
監督:中田秀夫
製作:城朋子
製作:久松猛朗ほか
脚本:渡辺雄介
撮影:林淳一郎
音楽:川井憲次

<キャスト>
“男”:藤原竜也
田中終一:山田孝之
雲井叶絵:石原さとみ
雲井繁:田口トモロヲ
ジュン:落合モトキ
柴本孝雄:松重豊
“男”の母:木村多江

<番組紹介/解説>
視線一つで他人を操る力を持った男と、唯一その力が及ばない男。運命的に出会った2人の死闘の果ては? 藤原竜也×山田孝之の演技派競演によるサスペンスアクション。

視界に入った人間を思い通りに操る力を持った“男”。望んでいないその力のため、実の親にさえ殺されかけた彼は、必要なとき以外は力を使わず、絶望と孤独の中に生きていた。だがある日、“男”はただひとりその力が通じない青年の存在を知る。彼の名は田中終一。彼の存在を脅威に感じた“男”は終一の抹殺を図る。一方、周囲で起こる奇妙な事件の中で、終一はついに“男”の悪意を知り、愛する人たちを守るため“男”を迎え撃つ。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧