2020.10.12

映画『キューブリックに愛された男』(お薦め度★★★★)

巨匠キューブリックの専属運転手として30年間に渡って彼の身の回りの世話をしたイタリア人を通して、監督の人柄に触れられるドキュメンタリー作品です。

1999年に亡くなってから17年後にアメリカ人監督に縁のある人物を題材にイタリアで作られるのは、如何に世界的に人気があり評価されていたことがわかります。

キューブリックの最後の作品『アイズ ワイド シャット』でダレッサンドロ夫妻が出演という粋な計らいも、どれほど深い交流であったことがわかる逸話です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:S Is for Stanley
制作年:2016
制作国:イタリア
内容時間:82分

<スタッフ>
監督:アレックス=インファセッリ
製作:インティ=カルボーニ、フェデリカ=パニッチャ、アレックス=インファセッリほか
脚本:アレックス=インファセッリ、フィリッポ=ウリヴィエリ、ヴィンツェンツォ=スクッチマラ
撮影:ジジ=マルティヌッチ、エドアルド=カルロ=ボッリ
音楽:ジョン=カミングズ

<出演>
エミリオ=ダレッサンドロ
アレックス=インファセッリ
(アーカイブ映像)スタンリー=キューブリック

<イントロダクション>
あの天才監督S・キューブリックの専属運転手となり、30年間にわたって彼の身の回りの世話をし続けた愛すべき男、E・ダレッサンドロの半生を振り返るドキュメンタリー。

1970年、とある荷物の運搬を手伝ったのがきっかけで、イタリア系移民のダレッサンドロは、ある人物から、専属運転手にならないかという誘いを受ける。その相手こそ、希代の天才監督キューブリックだった…。以後、車の運転のみならず、さまざまな雑用も日常的にこなすことになったダレッサンドロの口を通して語られる、巨匠キューブリックの意外な素顔が、何とも愉快で興味深いところ。イタリアのアカデミー賞に当たる第61回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で、本作はみごと最優秀ドキュメンタリー賞に輝いた。

<放送内容>
1970年のある雪の晩、ロンドンに住むイタリア系移民のダレッサンドロは、とある荷物の運搬仕事を請け負う。後日、彼の仕事ぶりを気に入った依頼主が、自分の専属運転手にならないかと、ふたたびダレッサンドロに声を掛けてくる。その人物こそ、映画監督のキューブリックだった。車の運転の腕は一流だが、映画のことは何も知らないダレッサンドロはそれを承知し、以後、30年間にも及ぶ2人の不思議な主従関係が始まることに。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.10.10

ドラマ「東京タラレバ娘2020」(お薦め度★★★★)

2017年の連続ドラマから3年ぶりにスペシャルドラマでタラレバ娘3人が帰ってきました。
相変わらず、可愛らしく、ちょっとホロッとさせるラブコメディでした。

連続ドラマに登場したメインキャラクターたちが全員登場して、同窓会のようで安心して楽しめました。

主人公の倫子には幸せになってもらいたかったですが、2020年版では見送られました。美しい彼女のウェディングドレス姿が見れたのは目の保養になって良かったです。

是非とも、今後も続編を期待したいです。

以下、番組サイトから引用。

<オンエア情報>
日テレ、2020年10月7日水曜21時放送。

<スタッフ>
原作:東村 アキコ「東京タラレバ娘」(講談社「Kiss」連載)
脚本:松田裕子
音楽:菅野 祐悟
チーフプロデューサー:西 憲彦
プロデューサー:加藤 正俊、鈴木 香織(AXON)
演出:鈴木 勇馬
制作協力:AXON
製作著作:日本テレビ 

<キャスト>
鎌田倫子:吉高由里子
平沢香:榮倉奈々
鳥居小雪:大島優子
KEY:坂口健太郎
鮫島涼:平岡祐太
黒沢マミ:石川恋
タラの声:加藤諒
レバの声:あ~ちゃん(Perfume)
朝倉理一:松下洸平
平沢ゆう:渡辺大知
鳥居安男:金田明夫
丸井良男:田中圭
早坂哲朗:鈴木亮平

<イントロダクション>
あのとき、あーだったら」「もっと、こーしてれば」
とタラレバばかり言いながら、恋に仕事に悪戦苦闘したあの日々から3年。
タラレバ娘たちが帰ってきた!

33歳になった倫子(吉高由里子)、香(榮倉奈々)、小雪(大島優子)の3人。
香は一足早く結婚し人妻になり、
小雪は夢だった自分の店の開店準備を進め、
そして倫子もついに、恋人・朝倉(松下洸平)との結婚へと向かおうとしていた。

でも、人生そんなに簡単じゃない!
結婚に浮かれる倫子の前に、俳優としてアメリカへ渡っていたKEY(坂口健太郎)が現れる! そして、香と小雪にも、思いがけない問題が起きて――

果たして彼女たちは、今度こそ本当の幸せをつかみ取ることができるのか!?

東村アキコ原作、女性の心に刺さりまくる共感度100%のラブコメディが一夜限りの復活!2017年の連続ドラマキャスト勢揃いに加え、豪華なゲストも登場!さらにパワーアップした令和のタラレバ娘たちから目が離せない!

※撮影は2020年2月から3月中旬にかけて、細心の注意を払いながら行いました。

| | コメント (0)

2020.09.22

映画『シャイニング』(お薦め度★★★★)

未だに輝きを失わない壮大なホラー作品です。
冒頭の山道を登る車を空撮シーンは今持ってインパクトがあります。

40年前の作品なので、ファーストインプレッションの衝撃は忘れてしまいましたが、何と行ってもジャック=ニコルソンが徐々に壊れていく過程の演技に驚愕したのを覚えています。

スタンリー=キューブリック監督作と言えば『2001年宇宙の旅』と本作は、繰り返し観て来ました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:The Shining
制作年:1980
制作国:イギリス
内容時間:144分

<スタッフ>
監督・製作:スタンリー=キューブリック
脚本:スタンリー=キューブリック、ダイアン=ジョンソン
撮影:ジョン=オルコット
音楽:ベラ=バルトークほか

<キャスト>
ジャック=トランス:ジャック=ニコルソン
ウェンディ=トランス:シェリー=デュヴァル
ダニー=トランス:ダニー=ロイド
ハロラン:スキャットマン=クロザース
スチュアート=ウルマン:バリー=ネルソン
ロイド(バーテンダー):ジョー=ターケル
医師:アン=ジャクソン

<イントロダクション>
人気作家S・キングのベストセラーを巨匠S・キューブリック監督が映画化した戦慄のホラー。氷雪に閉ざされたホテルで、管理人一家を襲う惨劇をスリリングかつ華麗に描写。

キューブリックの凝りに凝った恐怖演出に加え、常軌を逸していく主人公に扮した実力派J・ニコルソンの怪演が公開当時、多数の映画ファンから絶賛されたモダン・ホラー映画の傑作。ブレをなくす移動式カメラ、ステディカムを初めて多用した画期的な撮影方法も忘れがたい。とはいえ原作者キング自身、原作にあった要素を大幅に削った本作が不満で、キング自身がプロデュースと脚色を手掛けたTVリメイク版も作られた。またキング自身による続編小説「ドクター・スリープ」も発表され、2019年に映画化され話題に。

<放送内容>
作家志望のジャックと妻ウェンディ、そして予知能力“シャイニング”を持つ5歳の息子ダニーは、ジャックがあるホテルを冬の間だけ管理する仕事のため、ロッキー山脈にある現地へ。だがそこはジャックと同じ仕事をしていた前管理人が家族を殺して自分も自害した、いわくつきの場所。やがて氷雪に閉ざされて密室と化したホテルで、一家は次々に不可解な事象を目撃。特に筆が進まないジャックの精神状態は極めて不安定になっていく。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.09.08

ドラマ「私の家政夫ナギサさん 新婚おじキュン!特別編2Hスペシャル!」(お薦め度★★★★)

微笑ましくて、こそばゆい展開でした。
もっと新作ストーリーが観られると思っていたのですが、ほとんど先週までの全9話のダイジェストでした。

全く物足りないですね~~~!
しかし、最終回の翌週に特別編としてスペシャルドラマを提供してくれたので良しとします。

改めて、多部未華子と大森南朋のカップルに癒されました。

以下、番組サイトから引用。

<オンエア情報>
TBS、2020年9月8日 (火) 20時57分~22時57分。

<スタッフ>
原作:四ツ原フリコ「家政夫のナギサさん」(ソルマーレ編集部)
脚本:徳尾浩司
演出:坪井敏雄、山本剛義、坂上卓哉
プロデューサー:岩崎愛奈、加藤章一
音楽:末廣健一郎、MAYUKO
主題歌:あいみょん「裸の心」  

<キャスト>
相原メイ:多部未華子
田所優太:瀬戸康史
瀬川遙人:眞栄田郷敦
陶山薫:高橋メアリージュン
堀江耕介:岡部大(ハナコ)
天馬あかり:若月佑美
肥後菊之助:宮尾俊太郎
箸尾玲香:松本若菜
福田唯:趣里
鴫野ナギサ:大森南朋

<イントロダクション>
スペシャルダイジェスト×新作ストーリー!
メイ(多部未華子)とナギサさん(大森南朋)が結婚して1カ月。お互いに少しずつ溜まってきたうっぷんが、ついに爆発! 2人ははじめての夫婦喧嘩をしてしまう メイは薫(高橋メアリージュン)ら天保山製薬の面々に、ナギサさんはお隣さんである田所(瀬戸康史)に話を聞いてもらうことに。一方、相談を受けた田所や薫たちにも、様々な変化があって...?

| | コメント (0)

2020.09.07

映画『セールスマン』(お薦め度★★★★)

感情がない交ぜにさせられる問題作です。
罪と罰に対する解釈が、夫と妻でリアルタイムにズレていく様はスリリングで耐え難いものがあります。

アスガー=ファルハディ監督の物語の構成力は、傑出しています。
誰もがそれを知っている』を鑑賞後、Amazon Prime Videoを検索したところ、無料配信中だったので直ぐに観ました。世界中から注目される名匠であることは間違いありません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Forushande
制作年:2016
制作国:イラン・フランス
内容時間:124分

<受賞歴>
第89回(2016)アカデミー賞外国語映画賞

<スタッフ>
監督・脚本:アスガー=ファルハディ
撮影:ホセイン=ジャファリアン
音楽:サッタル=オラキ

<キャスト>
エマッド=エテサミ:シャハブ=ホセイニ
ラナ=エテサミ:タラネ=アリドゥスティ
ババク:ババク=カリミ
サナム:ミナ=サダティ
男:ファリド=サッジャディ=ホセイニ

<イントロダクション>
第69回カンヌ国際映画祭で脚本賞と男優賞(=S・ホセイニ)を受賞。第89回アカデミー外国語映画賞にも輝いて話題を呼んだ、イランの名匠A・ファルハディ監督の秀作。

別離(2011)」や「ある過去の行方」で世界中の注目を集める現代イラン映画界きっての名匠、ファルハディ監督。本作では、不慮の事件をきっかけに1組の夫婦の思惑がすれ違い、2人の間の心の溝がどんどん広がっていくさまを、アーサー・ミラーの名作戯曲「セールスマンの死」を下敷きにしつつ、重層的なタッチでスリリングに描写。トランプ政権による米国への入国制限に抗議し、アカデミー授賞式への出席ボイコットを表明する中、第89回アカデミー外国語映画賞を受賞するなど、またもや大きな話題を呼んだ。

<放送内容>
イランの首都テヘランで暮らす、教師のエマッドと妻のラナ。これまで住んでいたアパートが倒壊の危機に瀕し、やむなく2人は別のアパートの部屋へ移り住むことに。劇団に所属し、俳優としても活動する2人が、「セールスマンの死」の舞台初日を迎えた晩、夫より一足先に帰宅したラナが、正体不明の侵入者に襲われるという事件が発生。犯人を捕まえたい夫と、事件を表沙汰にはしたくない妻の間で、次第に心の溝が広がるようになる。

<鑑賞チャネル>
Amazon Prime Video

| | コメント (0)

2020.09.05

ドラマ「Tokyo Love Story」[全11話](お薦め度★★★★)

1991年に放送されたフジテレビのドラマ「東京ラブストーリー」の29年ぶりのリメイク版です。オリジナルはほとんど忘れてしまい比較することはできませんが、良く出来ていました。

現代に合わせてスマホやSNSが扱われています。各話ごとのメリハリもしっかりとして連続ドラマとしてクオリティが高いです。映像がクリーンでスタイリッシュです。

若干気になったのが、登場人物がより心の内を語る脚本です。特に心の深いレイヤーを男女間において会話しているところが、ここまで話すものなのかと疑いつつ鑑賞してしまいました。確かに分かりやすいものの、リアリティが失われるように感じます。また、登場人物が全員恋愛至上主義で、現代の若者がついていける物語なのかと心配になりました。

キャスティングは見事でした。文句なしではないでしょうか。
特に石橋静河は天才的です。彼女が凄い女優であることは最近観た『いちごの唄』から強く意識するようになりましたが、本作でも赤名リカという超肉食系女子を難なく同化させて演じ切っていました。

関口さとみの友人・北川トキコ役の手島実優も良かったです。ナチュラルな演技で脇役として完璧でした。

地上波ドラマと肩を並べる予算をかけた質の高い配信ドラマが登場したのは、日本のドラマ制作においても既に放送と通信の境界が無くなったことを象徴する事象だと確信します。

以下、番組サイトから引用。

<配信情報>
FOD、Amazon Prime Video、2020年4月29日~6月3日配信。

<スタッフ>
原作:柴門ふみ 『東京ラブストーリー』(ビッグスピリッツコミックス刊)
脚本:北川亜矢子
音楽:戸田信子
主題歌:Vaundy「灯火」(STARDUST RECORDS)
企画・プロデュース:清水一幸
プロデューサー:森谷雄、森本友里恵
演出:三木康一郎、永田琴、山本透
制作協力:アットムービー
制作著作:フジテレビ  

<キャスト>
永尾完治:伊藤健太郎
赤名リカ:石橋静河
三上健一:清原翔
関口さとみ:石井杏奈(E-girls)
和賀夏樹:眞島秀和
長崎尚子:高田里穂
北川トキコ:手島実優

<イントロダクション>
2020年、あのラブストーリーが再び…。 広告代理店に勤める永尾完治(伊藤健太郎)は、地元の愛媛支部から東京本社の営業部に配属となり東京へやってきた。部長の和賀(眞島秀和)から赤名リカ(石橋静河)を紹介され、リカが完治の仕事の面倒を見ることに。完治は同じく東京にいる地元の同級生・三上健一(清原翔)から早速飲もうと誘われる。完治がずっと密かに想いを寄せていた関口さとみ(石井杏奈)も来ることになり、久々の再会を懐かしんでいたが、会社にいるリカから忘れていた財布を届けるとの連絡がある。リカが店にやってくると、三上は一緒に飲もうと誘う。この夜がきっかけとなり、同級生3人の交流が再び始まり、完治とリカの関係も単なる仕事仲間から次第に変化し始めていく…。

<鑑賞チャネル>
Amazon Prime Video

| | コメント (0)

2020.09.03

映画『ヒットマン:レジェンド 憎しみの銃弾』(お薦め度★★★★)

いぶし銀的な面白さです。
映像は半世紀前とも思える粗さで、かなり旧さを感じさせるものの、超一級のバイオレンスアクション&サスペンスでした。

思いがけないダイナミックでスリリングな展開に度肝を抜かれます。

情け無用の大抗争に発展し、まさかまさかの、、、

イゴール監督は只者ではありません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:5 Is the Perfect Number
制作年:2019
制作国:イタリア・ベルギー・フランス
内容時間:107分

<スタッフ>
監督・脚本・美術:イゴール
製作:エルダ=フェッリほか
撮影:ニコライ=ブルーエル

<キャスト>
ペッピーノ:トニ=セルヴィッロ
リータ:ヴァレリア=ゴリノ
トト:カルロ=ブチロッソ
ラーヴァ:ジージョ=モッラ
ニーノ:レレンツォ=ランスロッティ

<イントロダクション>
舞台はイタリアのナポリ。引退した伝説的ヒットマンは殺された息子の復讐のため、巨大ファミリーとの全面対決に挑む。グラフィックノベルを原作にしたハードなアクション。

母国イタリアではコミック界などで活躍し、東京のポップカルチャーからも強く影響を受けたというアーティスト、イゴールが監督・脚本・美術を担当し、自身のグラフィックノベルを実写映画化したバイオレンスアクション。ハードボイルドな空気をたっぷりと漂わせながら、アクション場面は日本でいう劇画タッチなのがユニークだ。「グレート・ビューティー/追憶のローマ」のT・セルヴィッロ、ハリウッド映画「ホット・ショット」のV・ゴリノなど、イタリア出身の国際的スターが集結。WOWOWの放送が日本初公開。

<放送内容>
1972年、ナポリ。第2次世界大戦直後からずっと凄腕ヒットマンとして活躍してきたペッピーノだが、ある暗殺の仕事を同業である息子ニーノがすることに。しかしニーノは標的である青年ギャングによって殺されてしまい、ペッピーノもファミリーのボス、ラーヴァやその手下たちから命を狙われるようになる。ペッピーノは信頼できる仲間であるリータ、トトに協力を求め、ラーヴァとそのファミリーに復讐しようと行動に出るが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.09.02

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」[全9話](お薦め度★★★★)

ハートフルなラブコメでした。
平均世帯視聴率は19・6%、期間平均は15・1%だったそうです。

大森南朋の家政夫が抜群でした。お母さんになりたいという志で業務に邁進する姿勢と仏さんのような性格は誰からも必要とされますね。

ヒロインの多部未華子も良かったです。向上心があり、医師やライバル企業の社員からモテモテなのに、どこかクールで、自分の弱さを理解している可愛らしい女性を遺憾なく演じていました。

自分の生き方や生活ペースを守るために、大切な人を選ぶというナチュラルさに癒されました。

全9話が終わって、引き続き来週は2時間スペシャル「私の家政夫ナギサさん 新婚おじキュン!特別編」が放送されるサプライズが単純にうれしいです。

以下、番組サイトから引用。

<オンエア情報>
TBS、2020年7月7日~9月1日毎週火曜22時放送。

<スタッフ>
原作:「家政夫のナギサさん」(四ツ原フリコ 著/ソルマーレ編集部)
脚本:徳尾浩司(『おっさんずラブ』)、山下すばる(『CHEAT〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』)
音楽:末廣 健一郎、MAYUKO
主題歌:あいみょん「裸の心」(unBORDE/Warner Music Japan)
編成:松本友香
プロデューサー:岩崎愛奈(TBSスパークル)、加藤章一(TBSスパークル)
演出:坪井敏雄(『凪のお暇』『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』『カルテット』)、山本剛義(『凪のお暇』『グッドワイフ』『コウノドリ』)
製作:TBSスパークル、TBS

<キャスト>
相原 メイ:多部未華子
田所 優太:瀬戸康史
瀬川 遙人:眞栄田郷敦
陶山 薫:高橋メアリージュン
肥後 菊之助:宮尾俊太郎
松平 慎也:平山祐介
馬場 穣二:水澤紳吾
堀江 耕介:岡部大(ハナコ)
天馬 あかり:若月佑美
駒木坂 春夫:飯尾和樹(ずん)
吉川 かりん:夏子
古藤 深雪:富田靖子
相原 美登里:草刈民代
福田 唯:趣里
鴫野 ナギサ:大森南朋

<イントロダクション>
主演・多部未華子
働き盛りで仕事に一直線!
だけど家事と恋は不器用な28歳の独身女性が
おじさん家政夫を雇うことから巻き起こる
ハートフルラブコメディ!
「おじさん、私家事やらなくてもいいんですか?」
共演には大森南朋、瀬戸康史が決定!!

TBSでは火曜ドラマ枠(毎週火曜よる10時)で『私の家政夫ナギサさん』を放送することが決定した。
原作は、国内最大級の電子書籍サイト「コミックシーモア」(運営:エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社)発のオリジナルコミック「家政夫のナギサさん」(著者:四ツ原フリコ)。ソルマーレ編集部少女漫画レーベル「恋するソワレ」にて連載中の人気作品で、WEBコミックがTBS連続ドラマの原作となるのは初めての試みである。

物語の主人公・相原メイ(あいはら・めい)は、製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマン。仕事は誰よりもできるのに、家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子だ。そんなメイの28歳の誕生日の夜、家に帰ると見たことのないエプロン姿のおじさん・鴫野ナギサ(しぎの・なぎさ)が突然現れる。おじさんの正体は、料理・洗濯・掃除といった家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫だった!
見ず知らずの男性、ましてやおじさんが家にいるなんて絶対イヤ! と最初は拒むメイだったが、共に時間を過ごす中で、いつしかナギサさんの存在に安らぎや温かみを感じていく。

そんな中、仕事ではメイの前に強力なライバル・田所優太(たどころ・ゆうた)が出現する。この強敵を前に、成績優秀で負け知らずだったメイは大ピンチに。しかし田所は、メイの警戒心をよそに爽やかにメイに急接近! 田所によってメイは仕事も恋も振り回されていく――!?

主人公・メイを演じるのは多部未華子。TBSドラマへの出演は2016年7月期に放送した日曜劇場『仰げば尊し』以来となる。ドラマや映画、CMなど出演作が途切れることなく活躍を続ける多部が主演を務める今作では、28歳となったキャリアウーマンの主人公・メイが、仕事だけでなく恋も婚活も頑張り、いっぱいいっぱいになる姿を、表情豊かに明るくポップに演じる。

メイの生活に安らぎと潤いを与える家政夫・ナギサさん役は大森南朋。2017年10月期の金曜ドラマ『コウノドリ』以来のTBSドラマ出演となる大森。彼の渋くてハードボイルドなイメージからは想像できない、エプロン姿で家事をするおじさん家政夫というギャップのある役どころは、本作の見どころのひとつとなることは間違いない。

メイの仕事のライバルとなる田所役には瀬戸康史が決定。TBSのドラマ出演は、2016年4月期の金曜ドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』以来、4年ぶりとなる。今作では、爽やかで一見非の打ち所がない田所をかっこよくかつ魅力的に演じる。
多部、大森、瀬戸の3人が、それぞれの役をどう演じ、そしてどんな化学反応を見せるのか!? ぜひ注目していただきたい。

働き盛りで仕事に一直線! だけど家事と恋は不器用なメイが、おじさん家政夫を雇うことから巻き起こるハートフルラブコメディ。 新火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』にぜひご期待ください!

| | コメント (0)

2020.08.31

映画『マルクス・エンゲルス』(お薦め度★★★★)

僅か200年前に活躍した若き思想家たちの青春映画です。
マルクスとエンゲルスといったらあまりにも有名な方々ですが、彼らがどのように出会い、『共産党宣言』を書くまでに至ったかは全く考えたことはありませんでした。

産業革命によって貧富の差が拡大し、民衆が苦しめられた中でインテリのマルクスとエンゲルス、その家族らが共闘します。苦難に喘いでいたのは想像できましたが、驚いたのはマルクスの妻、エンゲルスの恋人がそれぞれ強い意志を持って主張する人物だったことです。闘士と言える存在だったことでした。

資本主義の進化によって、貧富の差が格段に開いた現代において、ある意味で似たような状況に近づいており、本作の背景が新鮮に感じられました。

そういえば、俺の学生時代は学生運動が下火になったものの残っていたので、いろいろ感じることがあり、岩波文庫『共産党宣言』を生協で購入して眺めていたのを思い出しました。ただし、当時難解だったのか読み終えた記憶はありませんし、本は手元に残っていません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Le jeune Karl Marx
制作年:2017
制作国:フランス・ドイツ・ベルギー
内容時間:118分

<スタッフ>
監督:ラウル=ペック
製作:ニコラ=ブラン、ロベール=ゲディギャン、ラウル=ペックほか
脚本:パスカル=ボニツェール、ラウル=ペック
撮影:コーリャ=ブラント
音楽:アレクセイ=アイギ

<キャスト>
カール=マルクス:アウグスト=ディール
フリードリヒ=エンゲルス:シュテファン=コナルスケ
イェニー:ヴィッキー=クリープス
ジョセフ=プルードン:オリヴィエ=グルメ
メアリー=バーンズ:ハンナ=スティール

<イントロダクション>
K・マルクスとF・エンゲルス。19世紀半ば、若き日の2人がパリで運命的に出会い、歴史的名著「共産党宣言」をともに生み出すに至るまでを熱く描いた渾身の伝記ドラマ。

くしくも2018年に生誕200周年を迎えたマルクスと盟友エンゲルスの若き日に焦点を当て、彼らの出会いから名著「共産党宣言」誕生に至る歴史的歩みを、真正面から見据えて映画化。19世紀半ば、当時の産業革命がもたらした社会のゆがみにいち早く着目し、そこに鋭いメスを入れて革新的な社会批判を繰り広げた彼らの情熱的な姿は、世界中で貧富の格差が拡大し、社会や経済の秩序がいよいよ混迷を深める21世紀の今日もなお、新鮮で刺激満点だ。監督は「私はあなたのニグロではない」の社会派の名匠R・ペック。

<放送内容>
1843年、当時20代半ばのマルクスは、その過激な言動がドイツ政府からにらまれて故国を追われ、新妻のイェニーとともにフランスのパリへと移住。その地で彼は、2歳年下の同じドイツ人青年エンゲルスと運命的に再会。裕福なブルジョアの家庭に生まれ育ったエンゲルスは、そのころ、父親が営む紡績工場で働く労働者たちの過酷な労働環境の実態調査に励んでいた。2人は意気投合し、革新的な社会批判をともに繰り広げていく。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.08.28

映画『X(エックス) 謀略都市』(お薦め度★★★★)

驚くべきサスペンスです。
ハンガリー映画は初鑑賞です。タイトルからはB級作品と思っていたのですが、ハイレベルな作品でした。

風景を上下逆さまに映し出す不安定さを組み込んだセンスは並大抵ではありません。SF並みのインパクトを感じました。

ラストに関しては、納得感がありません。過去に社会主義国家だったことが背景にあるのかもしれません。本当に欧州映画は侮れません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:X.
制作年:2018
制作国:ハンガリー
内容時間:115分

<スタッフ>
監督:ウッイ=メーサーロシュ=カーロイ
製作:ガーボル=フェレンジー、アンドラーシュ=ムヒ
脚本:バーリント=ヘゲドゥーシュ、ウッイ=メーサーロシュ=カーロイ
撮影:マルティン=シェクサノフ
音楽:ダーニエル=チェンゲリ

<キャスト>
エーヴァ:モーニカ=バルシャイ
ペーテル:ゾルターン=シュミエド
フェリ:サボルチ=ベデ=ファゼカシュ
カティ:ゾフィア=ブヤーキ
ホルヴァート=カールマーン:クルカ=ヤーノシュ
ガーボル:エルネー=フェケテ

<イントロダクション>
パニック障害に悩まされる女性刑事が、連続殺人の謎を追う中で深い闇に足を踏み入れる……。かつて社会主義国家だったハンガリーの政治体制を背景にしたサスペンス。

1989年まで社会主義国家体制が続いていたハンガリーの歴史に潜む闇と陰謀が明るみに出ていく犯罪サスペンス。同じ刑事だった夫の自殺というショックから、死体を見るとパニック発作に襲われてしまうようになった刑事のヒロインが、連続する奇妙な事故死に連続殺人ではないかという疑いを抱き、やがて国家を揺るがす陰謀へと近づいていく。「リザとキツネと恋する死者たち」のM・バルシャイが主人公の女性刑事を熱演。古都ブダペストの重厚な街並みを上下逆さまに映し出すなどのスタイリッシュな映像も魅力的だ。

<放送内容>
ハンガリー、首都ブダペスト。殺人課の敏腕刑事だったエーヴァは、同僚でもあった夫の自殺によってパニック障害となり、死体を見ると発作を起こすようになってしまった。以来閑職に回されていた彼女は、ある時、事件性はないと判断された一連の老人死亡事故に違和感を覚える。連続殺人の可能性を疑う彼女は、新任刑事ペーテルとともに独自の捜査を開始、現場から見つかったメッセージの断片を手掛かりに謎を追うが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

より以前の記事一覧