2020.02.18

映画『パシフィック・リム:アップライジング』(お薦め度★★★★)

こんな巨大ロボットと怪獣のバトル観たことありません。
まるでカンフー映画のようです。巨大ロボットと怪獣が想像を超えた超絶アクションを行います。ハリウッド映画におけるVFXの進化は目を見張ります。

前作『パシフィック・リム 』と違って中国人がメインキャストとして登場します。かなり中国マーケットを意識していることがわかります。にもかかわらず、怪獣映画ということで日本をリスペクトして、東京都心のビル群を壊す壊す壊す!ゴジラも真っ青でした(笑)。

ちょっとだけ気になったのは、本作の巨大ロボットが「トランスフォーマー」シリーズのロボットに近くなってしまったことです。怪獣が登場しない中盤までは、ほとんど区別がつかなくなります。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Pacific Rim: Uprising
制作年:2018
制作国:アメリカ
内容時間:111分

<スタッフ>
監督:スティーヴン=S=デナイト
製作:ギレルモ=デル=トロ、トーマス=タル、ジョン=ボイエガほか
脚本:スティーヴン=S=デナイト、エミリー=カーマイケル、キラ=スナイダーほか
撮影:ダニエル=ミンデル
音楽:ローン=バルフェ

<キャスト>
ジェイク=ペントコスト:ジョン=ボイエガ
ネイト=ランバート:スコット=イーストウッド
アマーラ=ナマーニ:ケイリー=スピーニー
リーウェン=シャオ:ジン=チェン
ハーマン=ゴットリーブ博士:バーン=ゴーマン
森マコ:菊地凛子
リョウイチ:新田真剣佑

<イントロダクション>
2013年に公開されてヒットしたSFアクション映画「パシフィック・リム」の続編。異世界から来た“KAIJU(怪獣)”と人類を守る巨大ロボたちの新たな死闘を描く。

世界を代表する“オタク”と呼んでも差し支えないであろうG・デル・トロ(「シェイプ・オブ・ウォーター」)が監督し、日本の“特撮”界隈で生まれた“怪獣”“巨大ロボ”への愛情をたっぷりと注ぎ、世界的にヒットした「パシフィック・リム」の続編。監督は米TVドラマ界出身のS・S・デナイト監督に交代し、恐らく監督は“夜のシーンが多い”という前作への批判を受けてか、昼のシーンを増やし、“巨大ロボ”たちの新たな活躍を描いた。「スター・ウォーズ」シリーズ第7~9作のJ・ボイエガが新たな主人公役。

<放送内容>
太平洋の海底の裂け目から現われた“KAIJU”たちと、人類を守るための巨大ロボ“イェーガー”たちが激戦を繰り広げてから10年後の2035年。“KAIJU”の再来が不安な環太平洋防衛軍は新世代の巨大ロボを開発し、若いパイロットたちを鍛える。10年前の激戦で戦死した司令官の息子ジェイクは違法行為に手を染めていたがパイロットの教官として復隊し、新たな“KAIJU”たちの出現をきっかけに戦う覚悟を決める。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.02.15

映画『グラディエーター』(お薦め度★★★★)

既に20年前の作品となりましたが、旧さを全く感じさせない骨太の歴史スペクタクル映画です。
古代ローマのコロシアムを再現した映像は素晴らしく、そこで行われた決闘の迫力も物凄さがありました。

かつて英雄だった将軍が、奴隷に身を落としてもなお鬼神の如く戦い抜く姿にカタルシスを感じました。

ラッセル=クロウ、イカシテました。ヒロインのコニー=ニールセン、美しさが際立っていました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Gladiator
制作年:2000
制作国:アメリカ
内容時間:155分

<受賞歴>
第73回(2000)アカデミー賞作品賞
第73回(2000)アカデミー賞主演男優賞「ラッセル=クロウ」
第73回(2000)アカデミー賞視覚効果賞
第73回(2000)アカデミー賞音響賞
第73回(2000)アカデミー賞衣装デザイン賞

<スタッフ>
監督:リドリー=スコット
製作:デヴィッド=フランゾーニ、ブランコ=ラスティグ、ダグラス=ウィック
脚本:デヴィッド=フランゾーニ、ジョン=ローガン、ウィリアム=ニコルソン
撮影:ジョン=マシソン
音楽:ハンス=ジマー

<キャスト>
マキシマス:ラッセル=クロウ
コモドゥス:ホアキン=フェニックス
ルシラ:コニー=ニールセン
プロキシモ:オリヴァー=リード
マルクス=アウレリウス:リチャード=ハリス
グラッカス:デレク=ジャコビ
ジュバ:ジャイモン=ハンスウ
ファルコ:デヴィッド=スコフィールド
ガイアス:ジョン=シュラプネル
クインタス:トマス=アラナ

<イントロダクション>
アカデミー賞で作品賞・主演男優賞など5部門に輝いたスペクタクル史劇。古代ローマを舞台に、新皇帝の陰謀で奴隷の剣闘士に身をやつした、英雄的将軍の復讐を描いた秀作。

ブレードランナー」のR・スコット監督が放った壮大なスペクタクル。古代ローマで実際に行なわれていたグラディエーター(剣闘士)の決闘を、CGで描いたコロシアムや目を見張る美術セットで再現。陰謀により妻子を殺され、都を追われた将軍の復讐劇を描き、現代の「ベン・ハー」ともいわれた大作だが、豪快に大剣を振り回す剣闘士たちの死闘場面は血と汗にまみれ、凄惨な迫力に満ちていて大迫力。悲劇の英雄マキシマスを演じるのは「インサイダー」の人気俳優R・クロウ。熱演が実り、みごとオスカーを獲得した。

<放送内容>
西暦180年の古代ローマ。英雄マキシマス将軍率いるローマ軍はゲルマン軍を打ち破り、帝国に平和をもたらす。皇帝アウレリウスはマキシマスに玉座を譲る意向だったが、彼は妻子と平凡に暮らしたいと辞退。一方、野心的な王子コモドゥスは父を殺して皇位を奪い、マキシマスを反乱者と呼んで死刑を宣告。マキシマスは逃亡するが、妻子は無残に殺される。やがて奴隷商人に連れ去られた彼は剣闘士として名を上げてローマに戻り……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.02.09

ドラマ「SPECサーガ黎明篇 サトリの恋」[全6話](お薦め度★★★★)

「SPEC」シリーズのSPECホルダーの中で、キュートで人気のあったキャラクターが「SICK'S 怒乃抄」に続いて配信されました。

本作の各話の頭に木俣冬×植田博樹×堤幸彦の鼎談が挿入されています。木俣冬が辛辣な質問をして、プロデューサーと監督がそれにあたふたしながら答えるもので、撮影裏話や企画の意図が明かされます。時折伏字が入ってまるでコントを観ているようで非常に楽しめます。

本作もサトリを演じる真野恵里菜の可愛らしさを十分に発揮させて、コミカルでチャーミングな恋物語が展開します。「SPEC」シリーズファンにとって、この上の無いエピソードです。

それにしても、実年齢が離れているにもかかわらず、セーラー服が似合う真野恵里菜には参りました。

【「ケイゾク」「SPEC」「SICK'S」シリーズ作品の時系列】
・ケイゾク(1999~2000)
・サトリの恋(2008~2009)
SPEC~零~(2009~2010)
SPEC(連続ドラマ)(2010)
SPEC~翔~(2012)
SPEC~天~(2012)
SPEC~結~(2013)
SICK'S(シックス) 怒乃抄(じょのしょう)(2017)
・SICK'S(シックス) 覇乃抄(はのしょう)(2018)
・SICK'S(シックス) 厩乃抄(きゅうのしょう)(2019)

以下、オフィシャルサイトから引用。

<作品データ>
配信ドラマ、2018年9月28日から11月2日動画配信サービスParaviで配信。木俣冬×植田博樹×堤幸彦、シリーズ特別鼎談の特典映像あり。

<スタッフ>
原案:西荻弓絵
プロデュース:植田博樹
演出:堤 幸彦
製作著作:TBS

<キャスト>
星慧(ほし さとり):真野恵里菜
新井遵子(あらい じゅんこ):山口紗弥加
鷹村健太郎(たかむら けんたろう):竹財輝之助
来田為右衛門(らいでん ためえもん):温水洋一
陳部長(ちんぶちょう):矢野浩二
ローズ:井上朋子
塩谷紗江(しおや さえ):松本まりか
水島翔一(みずしま しょういち):國島直希
山田正信(やまだ まさのぶ):谷川 功
ディーラー・狩野(かのう):松永天馬
地居聖(ちい さとし):城田 優
近藤昭男(こんどう あきお):徳井 優
白旗黒志(しらはた くろし):東 幹久 (特別出演)
一一十(にのまえ いと):黒島結菜
野々村光太郎(ののむら こうたろう):竜 雷太

<イントロダクション>
高校時代の「サトリ」こと星慧
目立たない美術部員だったサトリ
青春時代の辛い経験に
SPEC発現の秘密があった??

SPECサーガ黎明篇(れいめいへん)「サトリの恋」が9月配信
東京放送ホールディングス、日本経済新聞社、テレビ東京ホールディングス、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズがタッグを組んだ新しい配信サービス「Paravi(パラビ)」が2018年4月からサービス開始をしています。
TBSテレビでは人気シリーズ「SPECサーガ」の完結篇として、新シリーズ「SICK’S恕乃抄」を配信オリジナルドラマとして制作、4月のサービス開始と同時に配信し、配信開始以来Paraviの中で再生数が1位をひた走り続けています。

そして、9月28日からは「SPECサーガ黎明篇」として「サトリの恋」をParaviにて独占配信することが決まりました。「SPEC」でも人気キャラクターであった人の心を読める「サトリ」。当時19歳でサトリ役を演じていた真野恵里菜さんが今回もサトリとして主演を務めます。

高校時代の辛い経験から、新宿のシンデレラへ
物語の舞台は「サトリ」こと星慧(ほしさとり)の高校時代にさかのぼります。地味で目立たない美術部員であったサトリは淡い恋心を抱いていたテニス部の男子・水島翔一(國島直希)のことを思ううちに心の声を聞くことができるようになります。人の心を読めてしまうという特殊な能力の発現により、その恋や高校生活は大きく左右されてしまうのです。
17歳の少女が人の心を読むSPECを持ってしまったときの繊細な葛藤や苦しみを真野恵里菜さんがきめ細かく演じます。そしてサトリはその後、どのような運命をたどるのか。Paraviでは「SPEC」も見放題となっているため、「SPEC」を見返しつつサトリの成長を見て楽しむこともできます。
今回も演出は鬼才・堤幸彦監督。「SICK’S恕乃抄」に引き続き、地上波ドラマでは表現できない動画配信ならではのコミカルな演出もふんだんに盛り込まれています。

新シリーズ「SICK’S」と「SPEC」が交錯する
「SPEC」の登場人物である「サトリ」のルーツを描いた今回の「サトリの恋」。
「SPECサーガ」という世界観の中で「SPEC」と「SICK’S恕乃抄」の登場人物が交錯する場面も見られます。

・SPECホルダーを巡り国家間の争いに発展しつつある「SICK‘S」
・SPECホルダーが様々な事件を起こす「SPEC」

この2つの物語のつながりはどこにあるのかも注目すべきポイントで、「サトリ」以外の「SPEC」で登場したSPECホルダーや「SICK‘S恕乃抄」での物語の起点になっている部分が「サトリの恋」の中に含まれていて、SPECサーガの原点が描かれています。

<鑑賞チャネル>
amazonプライムビデオ

| | コメント (0)

2020.01.22

映画『運び屋』(お薦め度★★★★)

流石は巨匠です。
クリント=イーストウッドが監督して、自ら主演した文句なしの作品です。夫婦の情に涙しました。大ヒットは頷けます。父と娘の役で実の娘と共演していたのですね。実の娘のアリソン=イーストウッドが父を嫌う演技は完璧なほど見事でした。

実話にインスパイアされて創作されただけのことはあります。物語の構成が絶妙です。主人公だけに寄り添った展開にならず、警察の捜査にリアリティがあって運び屋が紛れもない犯罪であることを明確に表現しています。

そのため、非常に説得力のある内容になっています。老いてもなお悔い改めることができることを教えてくれる秀作です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:The Mule
制作年:2018
制作国:アメリカ
内容時間:117分

<スタッフ>
監督:クリント=イーストウッド
製作:クリント=イーストウッド、ティム=ムーア、クリスティーナ=リヴェラほか
原案:サム=ドルニック
脚本:ニック=シェンク
撮影:イヴ=ベランジェ
音楽:アルトゥロ=サンドヴァル

<キャスト>
アール=ストーン:クリント=イーストウッド
コリン=ベイツ:ブラッドリー=クーパー
主任特別捜査官:ローレンス=フィッシュバーン
アイリス:アリソン=イーストウッド
メアリー:ダイアン=ウィースト

<イントロダクション>
メキシコの麻薬カルテルの伝説的運び屋の正体は、なんと90歳の気のいい老人だった!アッと驚く仰天実話をC・イーストウッドの監督・主演で映画化した会心の大ヒット作。

花をこよなく愛する人気園芸家から、メキシコの麻薬カルテルのために大量の麻薬を車で運ぶ伝説的運び屋へ。それまで犯罪とは無縁の生活を送っていた老主人公の身に訪れたアッと驚く人生の転機と、やがて彼が愛する家族のため、人生最大の難しい選択を迫られるに至るさまを、イーストウッド監督が自ら主演も兼ねて硬軟自在に活写。「アメリカン・スナイパー」のB・クーパーに加え、イーストウッドの実の娘アリソンも共演者に名を連ねて息詰まる熱演を披露。全米での興収が1億ドルを突破するメガヒットを記録した。

<放送内容>
花の愛好家たちの間では広く知られた人気園芸家のアール。しかし、ネットの時代になって彼の商売はすっかり暗転。その上、絶えず仕事優先の生活をしてきたせいで、家族からも見放されて、90歳にして孤独を痛感するようになった彼は、ある日、楽なもうけ話があると持ち掛けられ、バイト気分で闇の仕事を引き受ける。実はそれが、麻薬の運び屋だったことを遅まきながら知ってアールは驚くが、なおも彼は運び屋稼業を続行し…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.01.16

映画『あの頃、君を追いかけた』(お薦め度★★★★)

日本映画のリメイク版があまりに良かったので、amazonプライムビデオを検索したところ、何とオリジナル版が無料で配信中でした。すかさず鑑賞です。

ディテールがしっかりとして、良く出来ています。出演者たちの演技力も見事でした。完成度の高さからして、小説家が自著を初監督で映画化したとは思えません。映画監督としてかなりの才能を感じます。

オリジナル版のほうが、主人公とヒロインの関係性が密で、リメイク版のように「誰もが一度は経験したことがあるような」出来事ではありませんでした。したがって、「あの頃の”痛み”を思い出させる物語」ではありません。そう言った意味でオリジナル版のほうが評価を下げています。

ただし、これはどちらを先に観たかどうかによるところが大きく、さらに台湾の学期構成が、日本と違って9月からなので、リメイク版のほうがより自分に近い出来事として感じられたことによります。

泣けるタイミングは、オリジナル版のほうが早く、余韻はリメイク版が優っていました。

ということで結論は、俺にとってリメイク版から鑑賞できたのは幸運でした。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:You Are the Apple of My Eye
制作年:2011
制作国:台湾
内容時間:110分

<スタッフ>
監督・脚本:ギデンズ=コー
製作総指揮:アンジー=チャイ
撮影:チョウ=イーシェン
音楽:クリス=ホウ

<キャスト>
コー=チントン(コートン):クー=チェンドン
シェン=チアイー:ミシェル=チェン
シエ=ミンハ:スティーヴン=ハオ
ツァオ=グオション:ジュアン=ハオチュエン
シュー=ボーチュン:イエン=ションユー
リャオ=インホン(マタカキ):ツァイ=チャンシエン

<イントロダクション>
悪ふざけで恋心を隠していた主人公が本当の気持ちと向き合うまでを、高校時代から社会人への成長とともに綴る。台湾で社会現象的なヒットとなった青春ラブストーリー。

クラスのマドンナ的少女に憧れながら、彼女の前ではふざけることしかできなかった高校時代に始まり、社会人となるまでの10年以上、ひそかな想いを抱き続けた青年のもどかしくも一途な恋の行方を綴った青春ラブストーリー。台湾の人気作家ギデンズ・コーが、自伝的小説を自らの初監督で映画化した。ノスタルジックな青春模様と切ない恋模様が強い支持を集め、有名スターのいない低予算作品ながら台湾、香港で大ヒットを記録した。

<放送内容>
1994年、台湾。コートンは、仲間たちとイタズラや悪ふざけをしてばかりのお気楽な高校生だった。彼らに手を焼く担任教師は、ある日クラス一の優等生、チアイーをお目付け役に命じる。コートンは、何かと干渉してくるチアイーを疎ましく思う反面、中学時代からひそかに憧れていた彼女と一緒にいられることに胸をときめかせる。2人の距離は少しずつ縮まるかに思えたが、自分に自信のないコートンはあと一歩を踏み出せず……。

<鑑賞チャネル>
amazonプライムビデオ

| | コメント (0)

2020.01.10

アニメ「Dr.STONE(ドクターストーン)<第1期>」[全24話](お薦め度★★★★)

舞台が度肝を抜かす設定です。過去にも例が無い独創的で広大なSFアドベンチャーです。
ともかく、石器時代から現代文明に科学の知識を駆使して一気に駆け上ろうとする前向きさが眩しいです。

ワクワクする面白さです。アニメ「炎炎ノ消防隊」と同時にスタートした、こちらも壮大なスケールの物語で、同様に第2期が用意されます。

ちょっと小難しいサイエンスの話が度々登場するので、TV録画での視聴を諦めて、amazonプライムビデオで昨年末に一気見をしました。

第2期が待ち遠しいです。

以下、公式サイトから引用。

<オンエア情報>
TOKYO MX、2019年7月5日~12月13日毎週金曜22:00放送。

<スタッフ>
原作:稲垣理一郎・Boichi(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:飯野慎也
シリーズ構成・脚本:木戸雄一郎
キャラクターデザイン:岩佐裕子
音楽:加藤達也・堤 博明・YUKI KANESAKA
オープニングテーマ:BURNOUT SYNDROMES「Good Morning World!」
エンディングテーマ:Rude-α「LIFE」
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

<キャスト>
千空:小林裕介
大木大樹:古川 慎
小川 杠:市ノ瀬加那
獅子王 司:中村悠一
コハク:沼倉愛美
クロム:佐藤 元
金狼:前野智昭
銀狼:村瀬 歩
ルリ:上田麗奈
スイカ:高橋花林
あさぎりゲン:河西健吾
カセキ:麦人
百夜:藤原啓治
リリアン・ワインバーグ:Lynn
シャミール・ヴォルコフ:森久保祥太郎
コニー・リー:金元寿子
ヤコフ・ニキーチン:山本兼平
ダリヤ・ニキーチナ:田中理恵

<イントロダクション>
石器時代から現代文明まで、
科学史200万年を駆け上がる!
前代未聞のクラフト冒険譚(アドベンチャー)、ここに開幕!

全人類が、謎の現象により一瞬で石化して数千年——。
超人的な頭脳を持つ、根っからの科学少年・千空が目覚めた。
文明が滅んだ石の世界を前に、
千空は、科学の力で世界を取り戻すことを決意。
時を同じくしてよみがえった、体力自慢の幼馴染・大木大樹はじめ、
仲間たちと、ゼロから文明を作り出していく——

【関連記事】
2019.07.06 2019夏の新アニメは期待できる作品が多い

| | コメント (0)

2019.12.28

映画『ノクターナル・アニマルズ』(お薦め度★★★★)

愛と復讐をテーマにした類まれな作品です。
その解釈は観客自身に委ねるというハイレベルな脚本です。しかも、テーマからは予想がつかない前向きなエンディングです。

物語の現実にいきなり虚構が被さって、不安定な気分にさせつつスリリングな展開を加速させる構成と編集のテクニックは、並みではありません。本作が2作目というトム=フォード監督は脚本も担当しており、その能力は計り知れません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Nocturnal Animals
制作年:2016
制作国:アメリカ
内容時間:117分

<スタッフ>
監督・脚本:トム=フォード
製作:トム=フォード、ロバート=サレルノ
撮影:シーマス=マッガーヴェイ
音楽:アベル=コジェニオウスキ

<キャスト>
スーザン=モロー:エイミー=アダムス
トニー=ヘイスティングス/エドワード=シェフィールド:ジェイク=ギレンホール
ボビー=アンディーズ:マイケル=シャノン
レイ=マーカス:アーロン=テイラー=ジョンソン
アン=サットン:ローラ=リニー
ハットン=モロー:アーミー=ハマー

<イントロダクション>
第73回ヴェネチア国際映画祭で審査員大賞を受賞。人気ファッションデザイナーとしても知られるT・フォード監督が、A・アダムス&J・ギレンホールの競演で放つ衝撃作。

世界的な人気ファッションデザイナーとして長年活躍する一方、2009年には「シングルマン」で映画監督デビューし、高い評価を得たフォード。そんな彼が、7年ぶりとなる監督第2作の本作では、「バイス」のA・アダムス、「ワイルドライフ」のギレンホールら、人気と実力を兼ね備えた豪華俳優陣を主役に迎えて、妖しくも危険なミステリーの世界に挑戦。強烈な美意識に裏打ちされたシックな衣装や美術の数々、そして現実と虚構世界が交錯するスリリングなストーリー展開に、つい最後まで目が離せなくなること必至。

<放送内容>
LAの先端的なアートギャラリーのオーナーとして成功を収め、確固たる地位と名声を築いたスーザン。夫のハットンと経済的には何不自由ない生活を送る彼女だったが、心の底ではどこか満たされないものを感じていた。そんなある日、彼女のもとに、20年前に離婚した元夫のエドワードから彼の書いた小説が届く。「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」と題されたその小説には、思いも寄らぬ衝撃的な内容が綴られていた…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.12.26

映画『マダムのおかしな晩餐会』(お薦め度★★★★)

粋でお洒落なコメディタッチの恋愛群像劇です。
脚本が秀逸です。飽きさせません。フランス映画は流石です。

メイドを演じたロッシ=デ=パルマの存在感は強烈です。鬼才ペドロ=アルモドバル監督のお気に入りの女優の一人だそうで、映画『キカ』を思い出しました。

美人とは縁遠い女優と思っていましたが、恋をして美しくなっていく様には驚かされます。並みの演技力ではありません。

大人を感じさせるエレガントなラストにじ~んと来ました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Madame
制作年:2017
制作国:フランス
内容時間:92分

<スタッフ>
監督・原案:アマンダ=ステール
製作:シリル=コルボー=ジュスタン
脚本:アマンダ=ステール、マシュー=ロビンス
撮影:レジス=ブロンドゥ
音楽:マチュー=ゴネ

<キャスト>
アン:トニ=コレット
ボブ:ハーヴェイ=カイテル
マリア:ロッシ=デ=パルマ
デヴィッド:マイケル=スマイリー
スティーヴン:トム=ヒューズ

<イントロダクション>
マダム主催の優雅な晩餐会に、屋敷で働くメイドが急遽謎の貴婦人として出席するはめになったことから巻き起こる珍騒動を、実力個性派キャストの競演で綴った群像恋愛喜劇。

憧れのパリに移り住み、豪華な晩餐会を開くことになったアメリカ人夫婦役に「グランドフィナーレ」のH・カイテルと「ヘレディタリー/継承」のT・コレット。そして、ひょんなことから謎の貴婦人に仕立て上げられ、その晩餐会に出席するはめとなるメイドには、ペドロ・アルモドバル監督のお気に入り女優のひとりとして知られるR・デ・パルマが扮して、各自が持ち前の強烈な個性と存在感を存分に発揮。フランスの新進女性監督A・ステールが階級格差の問題にユーモラスに切り込み、愉快な群像恋愛喜劇に仕上がった。

<放送内容>
パリに移り住んだ裕福なアメリカ人夫婦のボブとアンは、セレブな友人たちを招いて晩餐会を開くことに。ところが当日、予定外の人物も姿を見せ、出席者が13人と不吉な数になってしまったことから、アンは急遽、メイドのマリアを謎の貴婦人に仕立てて晩餐会に出席させることに。マリアは図らずもすっかり皆の注目を集めて、その日のパーティーの主役となってしまった上、英国紳士のデヴィッドが彼女にぞっこん惚れ込んでしまい…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.12.15

映画『雪の華』(お薦め度★★★★)

企画とキャスティングにあざとさを感じながらの鑑賞でしたが、岡田惠和ワールドにどっぷりつかった悲恋に涙、涙でした。ラブストーリーとして大満足です。

中島美嘉の代表曲『雪の華』が主題歌でタイトル、俳優としての力量があるのかどうかわからないEXILEグループの登坂広臣が中条あやみとともにW主演で起用され、どう考えても心配な要素ばかりでした。

しかし、そこは何と言っても脚本です。乙女チックでファンタジーっぽさがあったので、演技力の弱い二人でも様になっていました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2019
制作国:日本
内容時間:126分

<スタッフ>
監督:橋本光二郎
脚本:岡田惠和
撮影:大嶋良教
音楽:葉加瀬太郎

<キャスト>
綿引悠輔:登坂広臣
平井美雪:中条あやみ
平井礼子:高岡早紀
岩永:浜野謙太
若村:田辺誠一
綿引初美:箭内夢菜

<イントロダクション>
中島美嘉が歌った同名の人気曲から生まれた物語を、登坂広臣と中条あやみのダブル主演で映画化。余命1年の美しい女性と彼女が出会ったガラス工芸家志望の青年の恋を描く。

中島が歌って2003年に大ヒットし、多くのアーティストにカバーもされた人気曲「雪の華」をもとに、ベテラン岡田惠和が書き下ろした脚本を、「小さな恋のうた」の橋本光二郎監督が映画化。「HiGH&LOW」シリーズなどで俳優としても人気の登坂が不器用ながら真実の愛に目覚める青年役を爽やかに演じれば、余命少ない美雪を演じる中条は凛とした美しさとはかなさを併せ持つ女性像を表現してみせた。ロケを敢行したフィンランドの美しい風景が悲恋を盛り上げ、浜野謙太、田辺誠一といった共演陣の好演も光る。

<内容>
余命1年と宣告された美雪の夢は、フィンランドで赤いオーロラを見ることだった。病院からの帰り道、美雪はひったくりに遭い、ガラス工芸家を目指す悠輔に助けられる。“もっと声を出せよ”と励まされた美雪は、半年後、悠輔を見掛けて後を追い、彼が働く喫茶店で再会するが、悠輔は彼女のことを覚えていなかった。やがて喫茶店が経営危機に陥っていると知り、美雪は悠輔に1カ月だけ恋人になってほしいと100万円を渡すが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

 

| | コメント (0)

2019.12.09

映画『イップ・マン外伝 マスターZ』(お薦め度★★★★)

脚本がしっかりした優れたカンフー映画です。
しかも、カンフーアクションが素晴らしい。酒場のネオンを利用した上下に繰り広げる立体的な格闘シーンは独創的でお見事でした。にも関わらず、邦題が駄目です。パロディと勘違いされて観るのをためらわせます。

主人公の見せ場が多く、胸のすく活躍に拍手喝采です。父と子の絆も清々しいものを感じました。

「イップ・マン」シリーズのスピンアウト作品ですが、第1作に次ぐ面白さです。

【「イップ・マン」シリーズのレビュー】
2018.04.07 映画『イップ・マン 序章』(お薦め度★★★★★)
2018.04.12 映画『イップ・マン 葉問』(お薦め度★★★★)
2018.04.15 映画『イップ・マン 継承』(お薦め度★★★)

我が家のホームシアター鑑賞した最初の作品です。まさに大画面に相応しいアクション映画でした。ストレス解消に持ってこいです。近いうちに再鑑賞します!

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:葉問外傳:張天志
制作年:2018
制作国:香港・中国
内容時間:108分

<スタッフ>
監督:ユエン=ウーピン
製作:レイモンド=ウォン、ドニー=イェン
脚本:エドモンド=ウォン、チェン=タイリ
撮影:セップ=ファン=フリーケン、デヴィッド=フー
音楽:タイ=ワイ

<キャスト>
チョン=ティンチ:マックス=チャン
デヴィッドソン:デイヴ=バウティスタ
殺し屋:トニー=ジャー
クワン:ミシェル=ヨー
ジュリア:リウ=イエン

<イントロダクション>
人気映画シリーズ第3弾「イップ・マン 継承」にマンの良きライバルとして登場した、M・チャン演じる詠春拳の達人C・ティンチを新たに主人公に据えたスピンオフ映画。

ブルース・リーの唯一の師であった実在の武術家の生涯をドニー・イェン主演で描いた、人気カンフーアクション映画の「イップ・マン」シリーズ。その第3弾「イップ・マン 継承」にマンの良きライバルとして登場した、同じく詠春拳の達人ティンチを新たに主人公に据え、同シリーズのスピンオフとして誕生したのが本作。遅咲きの人気スター、チャンが主役を務めるほか、WWEの人気レスラー出身のD・バウティスタ、「グリーン・デスティニー」のM・ヨー、「マッハ!」シリーズのT・ジャーら、共演者も豪華多彩。

<内容>
1960年代の香港。詠春拳の正統争いでイップ・マンに敗れたチョン・ティンチは、武術界を去り、小さな食料品店を営みながら静かな日々を送っていた。ところがある日、チンピラたちに追われる女性2人の窮地を救ったことから、ティンチは香港の暗黒街の大物キットの恨みを買い、彼の一味に店を放火されて住む家も失ってしまう。キット一味や麻薬組織の黒幕デヴィッドソンの悪行に耐えかねたティンチは、ついに怒りを爆発させ…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

より以前の記事一覧