2020.07.12

映画『ロンドン・バーニング』(お薦め度★★★★)

「実話に基づく物語」だそうですが、まるで小説のような過激すぎる社会派クライムアクションです。
2012年のロンドン五輪にからむ土地取引が出発点となる闇社会の悪党と汚職警官たちの巨悪に抗う主人公の復讐劇です。

登場人物たちの関係性が不条理で無慈悲です。ノエル=クラークが演じた有能な刑事でさえも抗うことが出来ないとは、、、実話だとすると本当に怖いです。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:The Corrupted
制作年:2019
制作国:イギリス
内容時間:104分

<スタッフ>
監督:ロン=スカルペッロ
製作:ニック=バウアー、アンドリュー=バーグ、ジョン=サックスほか
脚本:ニック=モアクロフト
撮影:リチャード=モット
音楽:アンドリュー=カフチンスキ

<キャスト>
リアム=マクドナー:サム=クラフリン
クリフォード=カレン:ティモシー=スポール
ニール=ベケット:ノエル=クラーク
レイモンド=エラリー:デヴィッド=ヘイマン
アンソニー=ハモンド:ヒュー=ボネヴィル

<イントロダクション>
2012年に五輪が開催された後のロンドンを舞台に、元受刑者の主人公が、汚職警官たちと組んで裏社会を牛耳る悪徳実業家を相手に、復讐戦に挑むバイオレンスアクション。

2012年、第30回オリンピックの開催地となったロンドン。それを当て込み、再開発予定地を力ずくで手に入れ、あくどい地上げ商法でのし上がる実業家もいれば、その陰では、人知れず闇に葬り去られる哀れな人々も。かくして、人生の明暗を分けた道をそれぞれ歩んだ者同士が、やがて巡り合い、宿命の対決を繰り広げるさまを、スリルと刺激満点に描く。「否定と肯定」のT・スポールがまたもや憎々しい悪役演技を披露する一方、彼に殺された父親の復讐に挑む主人公を「ナイチンゲール」のS・クラフリンが熱演。

<放送内容>
2002年、ロンドン東部。不動産業者のカレンは、将来の五輪開催を見据えて土地の買い占めに乗り出し、ある男から力ずくで土地を奪った上、彼を殺害。同様のあくどい地上げ商法でのし上がったカレンは、五輪も既に終わり、好景気も去った十数年後の今日、汚職警官たちと組んでロンドンの裏社会を牛耳る悪徳実業家の座に収まっていた。一方、強盗の罪で服役していたリアムは出所後、父親が実はカレンに暗殺されたことを知り…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.06.30

映画『オーヴァーロード』(お薦め度★★★★)

戦争ものにホラーを組み込む大胆さが新鮮です。
戦闘シーンに予算を割いているので、まさかまさかの展開です。
お金のあるアメリカ映画なので成立する作品です。

かなりエグイ映像が飛び出しますが、怖さよりもスリリングさが楽しめます。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Overlord
制作年:2018
制作国:アメリカ
内容時間:110分

<スタッフ>
監督:ジュリアス=エイヴァリー
製作:J=J=エイブラムス、リンジー=ウェバー
原案:ビリー=レイ
脚本:ビリー=レイ、マーク=L=スミス
撮影:ローリー=ローズ、ファビアン=ワグナー
音楽:ジェド=カーゼル

<キャスト>
ボイス:ジョヴァン=アデポ
フォード:ワイアット=ラッセル
クロエ:マチルド=オリヴィエ
ワフナー:ピルー=アスベック
ティベット:ジョン=マガロ

<イントロダクション>
第2世界大戦中のドイツで、米軍兵たちはナチスの極秘研究所で恐怖の体験へ。売れっ子監督J・J・エイブラムスらがプロデュースした、戦慄のミリタリーホラーアクション。

新生「スター・トレック」、「ミッション:インポッシブル」、「スター・ウォーズ」という3大ヒットシリーズに監督やプロデューサーとして参加しているエイブラムスが製作に回り、ユニークなアイデアの物語を映画化。導入部は戦争アクションとして始まるが、中盤から人間VS謎の怪物の死闘を描くホラーに転じるのが実に型破りで大いに楽しめる、ノンストップ娯楽編。原案・脚本のB・レイは「リチャード・ジュエル」などの売れっ子脚本家。監督は「ガンズ&ゴールド」に続いて長編2本目となったJ・エイヴァリー。

<放送内容>
第2世界大戦中の1944年。米軍の第101空挺師団は、ドイツにあって連合軍の通信を妨害している教会の電波塔を破壊する任務で、ドイツの地方にパラシュートで舞い下りる。そこでボイス上等兵らは現地の女性クロエから、ドイツ軍が住民たちを捕まえては教会に送り込んでいると聞いた後、教会に乗り込むが、そこはナチスの極秘研究所だった。最強の兵士を生み出す人体実験の結果、出来上がった怪物たちはボイスらに襲い掛かる。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.06.28

映画『いちごの唄』(お薦め度★★★★)

究極の純愛が描かれています。
そして、やさしさに溢れた片思いにぐっと来ました。

W主演の石橋静河の演技力は圧巻でした。本当に上手い女優です。間違いなく天才です。ほれぼれしました。各映画賞の主演女優賞にノミネートされるべき実力です。

さらに、今後が期待される若手女優3人が出演しています。石橋静河の中学時代を演じた清原果耶は透明感がありながら存在感を示していました。震災の女の子役の蒔田彩珠は将来性を感じさせます。3人目は、ドラマ「リフレイン」でヒロインを演じた正統派美少女・恒松祐里が主人公の弟の恋人として登場していて、大満足でした。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2019
制作国:日本
内容時間:114分

<スタッフ>
監督:菅原伸太郎
脚本:岡田惠和
撮影:岩永洋
音楽:世武裕子
音楽:銀杏BOYZ

<キャスト>
笹沢コウタ:古舘佑太郎
天野千日:石橋静河
コウタの母:和久井映見
コウタの父:光石研
アケミ:岸井ゆきの
らーめん屋のおじさん:峯田和伸
園長先生:宮本信子

<イントロダクション>
古舘佑太郎&石橋静河がダブル主演の青春ラブストーリー。中学時代に親友を亡くした青年が、憧れだった女子と命日の七夕に東京で再会。2人が彼の死を乗り越える姿を描く。

ロックバンド・銀杏BOYZの楽曲をモチーフに、峯田和伸と脚本家・岡田惠和が紡いだ物語を映画化。監督はTVドラマ「泣くな、はらちゃん」「ど根性ガエル」で岡田と組んだ菅原伸太郎。憧れの人と再会して恋の喜びを全身で表現する古舘を、持ち前の演技力で受け止める石橋の熱演が見もの。中盤で古舘が演じるコウタに本音をぶつける長ぜりふに胸をぐっとつかまれ、終盤、宮本信子演じる園長との再会では表情の微妙な変化のうまさにうならされる。出るたびに場面をさらう岸井ゆきのほか、カメオ出演陣にもご注目を。

<放送内容>
不器用だが優しい心を持つ青年コウタは、中学時代の親友・伸二が亡くなってから10年後、命日である七夕の日、中学時代に憧れていた千日と東京・高円寺の街で偶然に再会する。2人はラーメンを食べて散歩。コウタは来年の七夕の日にまた会えないかと千日を誘う。彼女はOKし、毎年の七夕の日に2人は会い続ける。しかしある年、コウタと会った千日は伸二との過去を語り始め、“もう会うのは終わりにしよう”とコウタに告げ……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.06.26

映画『スカイスクレイパー』(お薦め度★★★★)

ぶったまげました。
『タワーリング・インフェルノ』のようなビル火災からの脱出劇で、二番煎じだろうなぁとなめていましたが、とんでもありません。さらに「ダイ・ハード」や「ミッションインポッシブル」シリーズを加味したような驚きの展開です。

ここまで突き抜ける発想は、アメリカ映画しかないでしょう。ドウェイン=ジョンソンの超タフガイさには降参です。

それにしても、高いところが嫌いな方には、かなり辛い作品です。決して大スクリーンで観ないほうが良いでしょう(笑)。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Skyscraper
制作年:2018
制作国:アメリカ
内容時間:103分

<スタッフ>
監督・脚本:ローソン=マーシャル=サーバー
製作:ドウェイン=ジョンソン、ローソン=マーシャル=サーバー、ボー=フリンほか
撮影:ロバート=エルスウィット
音楽:スティーヴ=ジャブロンスキー

<キャスト>
ウィル=ソーヤー:ドウェイン=ジョンソン
サラ=ソーヤー:ネーヴ=キャンベル
ジャオ=ロンジー:チン=ハン
コレス:ローランド=ムーラー
ベン:パブロ=シュレイバー

<イントロダクション>
「ワイルド・スピード」シリーズ第5~8作などで人気のマッチョな男優D・ジョンソンが主演・製作を担当。香港の超高層ビルで起きた火災からタフガイは家族を救えるのか。

プロレスラーから転身してハリウッドスターになったジョンソンが、火災パニック映画とノンストップアクションを組み合わせた娯楽大作にチャレンジ。香港にできた、高さ約1000メートルで220を超える階数がある超高層ビル“パール”が舞台。そこでジョンソン演じる主人公が火災とテロ、両方から家族を救おうと挑む物語は、「タワーリング・インフェルノ」と「ダイ・ハード」から影響を受けつつもスケールアップ。時にジョンソンは常識離れした活躍も見せるが、そこは彼主演のアクション大作ならではの見ものだ。

<放送内容>
FBI人質救出隊のウィルはある任務で重傷を負い、左足の膝から下を失う。10年後、セキュリティーの専門家になったウィルは、香港に建った最新の超高層ビル“パール”の安全性を監査する仕事のため、“パール”の98階で妻サラや双子の子どもと暮らす。ウィルは街でビルの保安を管理するタブレットを狙った犯罪者に襲われるが、犯罪者はコレスが率いるテロ一味に属し、一味は“パール”からある極秘データを盗もうとしていた。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.06.18

映画『世界の果てまでヒャッハー!』(お薦め度★★★★)

「ヒャッハー!」シリーズ第2作も悪くありません。
第1作のフォーマットを踏襲して、さらなる珍騒動をブラジルで起こします。

何と言っても、手の付けられないアレックスのおバカぶりに、只々呆れます。恥の上塗りならぬ、おバカの上塗りを繰り返します。ここまで物凄いおバカだったとは、、、(爆笑)

下ネタ満載ながら、下品にならないセンスの良さは申し分ありません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Babysitting 2
制作年:2015
制作国:フランス
内容時間:93分

<スタッフ>
監督:フィリップ=ラショー、ニコラ=ブナム
製作:マルク=フィズマン、クリストフ=セルヴォーニ
脚本:フィリップ=ラショー、ニコラ=ブナム、ピエール=ラショーほか
撮影:アントワーヌ=マルトー
音楽:ミカエル=トルディマン、マキシム=デプレ

<キャスト>
フランク:フィリップ=ラショー
ソニア:アリス=ダヴィ
サム:タレク=ブダリ
アレックス:ジュリアン=アルッティ
エルネスト:ヴァンサン=ドゥサニャ
エステル:シャルロット=ガブリ
ジャン=ピエール:クリスチャン=クラヴィエ

<イントロダクション>
フランス産のハイテンションナンセンスコメディ「ヒャッハー!」シリーズ第2作。フランクらおなじみの面々はブラジルのリゾートビーチへ。だがそこで行方不明になり……。

前作「真夜中のパリでヒャッハー!」で大騒動を繰り広げた面々は、さらに調子に乗って(?)、ブラジルの美しいリゾートビーチへ行くが、そこで行方不明に。その直後、彼ら6人が撮影していたビデオカメラが見つかり……。実際にブラジル現地でロケを敢行し、飛行機やヘリも使って、“ヒャッハー!”ワールドをスケールアップさせるのに成功。本作の後、主演・監督(共同)のP・ラショーや共演のT・ブダリらが再結集した「アリバイ・ドット・コム カンヌの不倫旅行がヒャッハー!な大騒動になった件」も作られた。

<放送内容>
フランクはよりを戻した恋人ソニアに求婚したいこともあり、彼女の父親がブラジルで経営するリゾートホテルを自分とソニア、友人のサム、アレックス、エステル、ソニアのいとこエルネストという6人でバカンスがてら訪れる。しかしフランクは失敗を連発し、求婚しにくい空気に。直後、6人とソニアの祖母が行方不明になる事態が。見つかったビデオカメラの映像を再生すると、彼らがジャングルの中の洞窟の見物に行った光景が……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.06.17

映画『真夜中のパリでヒャッハー!』(お薦め度★★★★)

予測不能の面白さです。
フランス映画のコメディなんて、ピンと来ません。しかも邦題の”ヒャッハー!”だなんて全然外してると思ったのですが、意外や意外の秀作です。

主人公が子守する子どもが悪ガキで、そこに登場する彼の幼馴染がどうしようもない悪友たちです。そんな訳で主人公がとんでもない騒動に巻き込まれます。

それをサスペンス調で描くテクニックは見事でした。フランス映画の喜劇、あなどれません。

「ヒャッハー!」シリーズということで、続編に期待大です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Babysitting
制作年:2014
制作国:フランス
内容時間:85分

<スタッフ>
監督:フィリップ=ラショー、ニコラ=ブナム
製作:マルク=フィズマン、クリストフ=セルヴォーニ
脚本:フィリップ=ラショー、ピエール=ラショー、タレク=ブダリほか
撮影:アントワーヌ=マルトー
音楽:ミカエル=トルディマン、マキシム=デプレ

<キャスト>
フランク:フィリップ=ラショー
ソニア:アリス=ダヴィ
サム:タレク=ブダリ
アレックス:ジュリアン=アルッティ
エルネスト:ヴァンサン=ドゥサニャ
ショデル:ジェラール=ジュニョ
エステル:シャルロット=ガブリ

<イントロダクション>
フランス産のハイテンションナンセンスコメディ「ヒャッハー!」シリーズ第1作。勤務先の社長から幼い少年の子守を頼まれた主人公だが、なぜか一晩、大騒動を繰り広げる。

「ハングオーバー!」のように“一晩のばか騒ぎ”を描くコミカルな物語と、ホラーでよく使われる、見つかったという設定の動画を活用した“ファウンド・フッテージ”方式を組み合わせた要注目作。中盤から一気にテンションが上がり、ドタバタやシモネタなどのナンセンスギャグを畳み掛ける。しかし意外性の高い伏線をきちんと回収していく点は秀逸だ。主人公フランク役のP・ラショーは監督・脚本(いずれも共同)も務めた。日本上陸は同じ登場人物陣が集まった続編「世界の果てまでヒャッハー!」のほうが先だった。

<放送内容>
パリの出版社で働く漫画家志望のフランクは誕生日の夜、翌日まで妻と留守にする社長のショデルに頼まれ、夫妻の幼い息子レミの子守を引き受ける。その日、ショデルの家を訪ねたフランクは生意気なレミに手を焼かされる。そこに悪友のサムとアレックス、元恋人ソニアが誕生日パーティーをしようと現われるが、パーティーと聞いた大勢が集まり、ばか騒ぎを始めてしまう。そんな中、レミが家から消え、フランクは仲間たちと彼を捜す。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.06.12

ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」[全8話] (お薦め度★★★★)

コミカルでしかも必ず課題解決する爽快感溢れるドラマです。
鈴木京香と黒島結菜の子弟コンビが組み合っていて楽しめました。

空気が読めないゆとり世代の新入社員を黒島結菜が絶妙に演じます。かなり耳に痛いセリフでも彼女が言うと嫌味にならないフレッシュ感があり、そのキュートさゆえに許せてしまう見事なキャラクターでした。

ラーメンというジャンルで、しっかりとエンターテインメント満載のフード・コンサルティングの物語に仕上げた脚本は流石です。

‟働く人々”を通して現代社会を描くドラマ枠「ドラマBiz」は、今まで面白いものが登場しませんでしたが、ようやく第9弾で期待したビジネスドラマが出来ました。

また、2020年4月クールの新ドラマの多くは新型コロナの影響で、延期されたり途中で中断したりで散々たる状態になりましたが、本作はしっかりと放送が完了した優等生でした。

以下、テレビ東京番組サイトから引用。

<オンエア情報>
テレビ東京、2020年4月20日~6月8日毎週月曜22時放送。ドラマ枠「ドラマBiz」第9弾。

<スタッフ>
原作:久部緑郎(作)、河合単(画)、石神秀幸(協力)「らーめん才遊記」(小学館ビッグコミックスペリオール刊)
脚本:古家和尚
監督・演出:星護(監督)、池澤辰也(監督)、テレパック(制作)
音楽:THEイナズマ戦隊「WABISABIの唄」(日本クラウン)
プロデューサー:浅野太(テレビ東京)、中川順平(テレビ東京)、倉地雄大(テレビ東京)、黒沢淳(テレパック)、雫石瑞穂(テレパック)
スタジオ:テレビ東京
制作著作:テレビ東京

<キャスト>
芹沢達美:鈴木京香
汐見ゆとり:黒島結菜
夏川 彩:高橋メアリージュン
白坂隼人:小関裕太
須田正史:前野朋哉
有栖 涼:石塚英彦
河上堅吾:杉本哲太

<イントロダクション>
ドラマBiz 4月クール
毎週月曜 夜10時放送
行列の女神~らーめん才遊記~

テレビ東京連続ドラマ
初出演&初主演!
鈴木京香がラーメンのカリスマに!

華やかだが過酷なラーメン業界をけん引する
ひとりの女性職人が、
苦境にあえぐラーメン店を救う、
ラーメン・コンサルティングの物語!

テレビ東京では2018年4月から、‟働く人々”を通して現代社会を描くドラマ枠「ドラマBiz」(毎週月曜 夜10時)の放送をスタート。これまでに「ハル〜総合商社の女〜」や「リーガル・ハート〜いのちの再建弁護士〜」、「スパイラル〜町工場の奇跡〜」を放送しており、現在は「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」を放送中です。
そして第9弾となる2020年4月クールの作品に「行列の女神~らーめん才遊記~」が決定いたしました!

本作は、ラーメン業界をけん引する「清流企画」社長の芹沢達美が、苦境にあえぐラーメン店を救うフード・コンサルティングの物語です。原作は、久部緑郎・作、河合単・画の『らーめん才遊記』。2009年から2014年まで『ビッグコミックスペリオール』で連載された、ラーメンを題材としたコミックです。テレビ東京ではこれまで、「孤独のグルメ」や「きのう何食べた?」など、食をテーマにしたドラマを放送してきました。本作「行列の女神~らーめん才遊記~」も、テレビ東京がビジネスを切り口に、コメディタッチで味つけた、新たな食テーマ作品となります。

テレビ東京連続ドラマ初出演・初主演の鈴木京香が
“ラーメンのカリスマ”を演じます!

主人公・芹沢達美を演じるのは、テレビ東京連続ドラマ初出演・初主演の鈴木京香。連日大行列ができる人気ラーメン店のカリスマ店主でフード・コンサルタントの芹沢が、奇抜なアイデアと計算し尽くされた手法で、街のラーメン店を次々に繫盛店へと導いていきます。昨年話題となったドラマ「グランメゾン東京」の早見倫子役でフレンチの三ツ星を獲得した鈴木が、今回この役をどう演じるのか、ぜひ、ご注目ください!
共演には、料理の才能には秀でているが天然で空気が読めない「清流企画」新入社員・汐見ゆとり役に黒島結菜が決定!コンサルティングの知識はゼロでもラーメンにかける情熱は本物で、美味しいラーメンをたくさんの人に食べてもらいたいという夢を持つ社員を演じます。
ド天然のゆとりを、それでも育てようと課題を与える芹沢と、それに文句を言いながら必死で取り組むゆとり。そんな二人の凸凹の関係性も見どころの一つです。
脚本には「LIAR GAME」や「ハゲタカ」、「イノセンス 冤罪弁護士」を始め、数多くの名作を手掛けた古家和尚を起用。演出は「世にも奇妙な物語」創始者の一人で、「警部補・古畑任三郎」や「僕の生きる道」などを手掛けてきた星護と、「警視庁・捜査一課長」や「相棒」、「ミラー・ツインズ」などを手掛けてきた池澤辰也ほかが担当します。

2人を取り巻く豪華共演者が決定!

芹沢のようなラーメン職人を目指して奮闘する夏川彩役に高橋メアリージュン、マダムキラーのイケメン・白坂隼人役に小関裕太、気弱だが筋金入りのラーメンオタク・須田正史役に前野朋哉、清流企画に頻繁に出没するラーメン評論家の有栖涼役に石塚英彦、清流企画の部長で芹沢の良き理解者・河上堅吾役に杉本哲太が扮し、物語を盛り上げます!

鈴木演じる芹沢やラーメン店で働く人々の悲喜交々、人間ドラマを通じて、ラーメン店だけでなく様々な飲食店にも通じるフード・コンサルティング、起業、経営のノウハウをも描きます。芹沢は言います。「美味しいだけじゃダメなのよ」と。それでも毎話登場するラーメンが、どれも抜群に美味しそうなのは、言うまでもありません。
笑いながら、ためになって、しかもお腹がすく(!?)、そんなドラマをお届けします!

| | コメント (0)

2020.06.03

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』(お薦め度★★★★)

沁み入るラブストーリーです。

第二次世界大戦後の冷戦下のポーランドとフランスを舞台に、深く強い結びつきの男女の愛が描かれています。

長期にわたり互いに多くの犠牲を払いながら、心底ひかれあう切なさに涙しました。
淡々とした展開ながら、研ぎ澄まされた脚本ならびに編集が見事でした。

観終えてもかなり引きずりそうな物語です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Zimna wojna
制作年:2018
制作国:ポーランド・イギリス・フランス
内容時間:89分

<受賞歴>
第71回(2018)カンヌ国際映画祭監督賞

<スタッフ>
監督・原案:パヴェウ=パヴリコフスキ
製作:ターニャ=セガッチアン、エヴァ=プシュチンスカ
脚本:パヴェウ=パヴリコフスキ、ヤヌシュ=グロワツキ
共同脚本:ピョートル=ボルコフスキ
撮影:ウカシュ=ジャル

<キャスト>
ズーラ:ヨアンナ=クーリク
ヴィクトル:トマシュ=コット
イレーナ:アガタ=クレシャ
カチマレク:ボリス=シィツ
ジュリエット:ジャンヌ=バリバール

<イントロダクション>
第71回カンヌ国際映画祭監督賞、第31回ヨーロッパ映画賞では作品賞を筆頭に計5部門を受賞するなど、数多くの賞に輝いて絶賛を博した、P・パヴリコフスキ監督の秀作。

前作「イーダ」が第87回アカデミー外国語映画賞をはじめ、数々の映画賞に輝き、世界的な注目を浴びたポーランドの名匠、パヴリコフスキ監督。本作では、第2次世界大戦後のポーランドで運命的に出会った1組の男女が、冷戦下の時代の波に押し流され、幾度も別れと出会いを繰り返しながら、お互いになお激しく求め合うさまを、印象的な歌と踊りを随所にちりばめながら、硬質のモノクロ映像で鮮烈に描写。受賞は逃したが、今回も第91回アカデミー外国語映画賞や監督賞にノミネートされるなど、再び高い評価を得た。

<放送内容>
1949年、冷戦下のポーランド。歌手になるのを夢見るズーラは、音楽舞踊団の養成所でピアニストのヴィクトルと出会い、互いに激しい恋に落ちる。西側の音楽を愛するヴィクトルはパリへの亡命を決意し、ズーラに一緒に行こうと誘うが、約束の時間に彼女は姿を見せず、結局ヴィクトルは単身パリへ。1954年、音楽舞踊団の公演でパリを訪れたズーラはヴィクトルと再会し、やがて2人はその地で同棲生活を始めるのだが…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.05.31

ドラマ「2020年 五月の恋」[全4話] (お薦め度★★★★)

リモートで制作するショート連続ドラマはよくぞ考えたものです。
新型コロナ感染拡大防止のために自粛生活を送る中での現在を背景に、元夫婦のふれあいを題材にした秀作です。

吉田羊と大泉洋をW主演というか、二人しか登場せずに互いの室内を2画面で電話によって繋ぐ演出は、見事でした。

吉田羊の演技力は流石で、大泉洋も文句なしでした。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<配信情報>
WOWOW、2019年5月28~31日4夜連続無料配信。

<スタッフ>
脚本:岡田惠和(「連続ドラマW そして、生きる」、連続テレビ小説「ひよっこ」、「最後から二番目の恋」)
監督:松永大司(『ハナレイ・ベイ』、『トイレのピエタ』)
製作著作:WOWOW

<キャスト>
ユキコ:吉田羊
モトオ:大泉洋

<イントロダクション>
吉田羊×大泉洋×岡田惠和 
最強タッグでお届けする笑い、涙、そして愛――。
WOWOWからエンターテインメントの贈りものとして心の栄養をお届け!
吉田羊と大泉洋をW主演に迎え、リモートで制作するショート連続ドラマ、吉田羊×大泉洋「2020年 五月の恋」をWOWOWが無料配信・放送することが決定した。ドラマは全4話となり、5月28日夜9時よりYouTube WOWOWオフィシャルチャンネルとWOWOWメンバーズオンデマンドにて連日無料配信、6月2日23時45分よりWOWOWプライムにて連日無料放送する。

異例のスピードで実現した本企画は、「連続ドラマW コールドケース3 〜真実の扉〜」の主演を務める吉田羊が、撮影の自粛が続いている中、「お芝居で日本を元気にしたい」「心の栄養を届けたい」と想いを寄せたことからスタート。この想いに大河ドラマ「真田丸」で“洋&羊コンビ”として夫婦役を演じた大泉洋が賛同。さらに、数々の傑作ヒューマンドラマを世に送り続けている脚本家・岡田惠和もまた、この自粛期間に新しいエンターテインメントの形を模索していたこともあり、互いの想いが重なり合った。また、吉田を主演に映画『ハナレイ・ベイ』を監督した松永大司もこの企画に賛同、そして奇跡のタッグが実現した。
新型コロナウイルスの影響で、感染拡大防止に努める日々を送る方々、最前線で社会を支えてくださる皆様に向けて、WOWOWエンターテインメントの贈り物をお届けする。

<ストーリー>
2020年5月の東京。大手スーパーマーケットに勤め、都心店舗の売り場を任されているユキコ(吉田羊)は独身バツイチ女性。在宅勤務で慣れないリモートワークに奮闘する中堅の設計会社に勤める営業マン、モトオ(大泉洋)も同じく独身バツイチ男性。実はこの2人、4年ほど前に離婚をした元夫婦。あれから連絡を取り合ってなかった2人だが、ひょんなことからモトオはユキコに間違い電話をしてしまう。元旦那からの久しぶりの電話に渋々出るユキコだが…。

<鑑賞チャネル>
YouTube WOWOWオフィシャルチャンネル
・~ 6/30(火)無料配信中。

| | コメント (0)

2020.05.30

映画『リーサル・ウェポン4』(お薦め度★★★★)

再鑑賞で初レビューです。
シリーズ開始11年で完結です。リッグス刑事がかなりの金属疲労で“最終兵器”らしからぬ老いを感じさせます。

相変わらず、明るくテンポよく物語が進みます。ハリウッド初進出のジェット=リーの冷酷非道な人物設定と見事過ぎるアクションが素晴らしいです。何と言っても拳銃を突き付けられて、動じることなく拳銃を無力化する早業にため息しか出ません。

“最終兵器”が結婚して終わるというのも、喜劇の王道として納得です。

【「リーサル・ウェポン」シリーズ】
リーサル・ウェポン(1987)
リーサル・ウェポン2 炎の約束(1989)
リーサル・ウェポン3(1992)
・リーサル・ウェポン4(1998)

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Lethal Weapon 4
制作年:1998
制作国:アメリカ
内容時間:128分

<楽曲情報>
エリック=クラプトン「Pilgrim」(エンディング=テーマ)

<スタッフ>
監督:リチャード=ドナー
製作:リチャード=ドナー、ジョエル=シルヴァー
原案:ジョナサン=ラムキン、アルフレッド=ガフ、マイルス=ミラー
脚本:チャニング=ギブソン
撮影:アンジェイ=バートコウィアク
音楽:エリック=クラプトン、デヴィッド=サンボーン、マイケル=ケイメン

<キャスト>
マーティン=リッグス:メル=ギブソン
ロジャー=マータフ:ダニー=グローヴァー
ローナ=コール:レネ=ルッソ
レオ=ゲッツ:ジョー=ペシ
リー=バターズ:クリス=ロック
ワー=シン=クー:ジェット=リー
マーフィ署長:スティーヴ=カハン
トリッシュ=マータフ:ダーレーン=ラヴ

<イントロダクション>
ロサンゼルス市警の刑事コンビ、リッグスとマータフが悪と戦う大人気のポリスアクション、「リーサル・ウェポン」シリーズの6年ぶりの続編で、その完結編となった第4作。

今回コンビは、チャイニーズ・マフィアの巨大偽札事件に挑戦。完結編らしく、タンクローリー爆発で幕を開ける開巻から、リッグスの恋人ローナの妊娠にマータフの初孫誕生が重なる(!)というコミカルな味付けまで、人気シリーズならではのサービス精神は満点。まるで“リーサル・ファミリー日記”(エンドクレジットでスタッフの写真をアルバム風に使うお遊びも)にきちんと幕を下ろしたかのようで楽しめる。本作がハリウッド初進出となったアジアン・スター、J・リーが披露した肉体アクションの数々も見どころだ。

<放送内容>
いつも問題を起こしがちな刑事コンビ、リッグスとマータフは、彼らを現場に出したくない上層部からのお達しで警部に昇格し、すっかりいい気に。そんなリッグスたちだが、探偵のゲッツと釣りに行った際、中国からの不法移民を乗せた船を発見し、チャイニーズ・マフィアの暗躍を知る。やがてLAのチャイナタウンの黒幕クーが大量の偽札を作っていると知ったリッグスたちは、クーの一味と命懸けの戦いを繰り広げることになる。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

より以前の記事一覧