2020.09.12

映画『アンダーカヴァー』(お薦め度★★★)

作品として良く出来ているものの、物語としては狙い過ぎの印象を受けました。
麻薬組織の警察に対する報復は完璧なのに、主人公の素性の裏を取っていないのは明らかに片手落ちです。

警察と麻薬組織の対立を明確にするために、全体の設定が薄いように感じます。

ラストのどちらかというと軽さは、予め用意された落としどころのように映ってしまいます。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:We Own the Night
制作年:2007
制作国:アメリカ
内容時間:118分

<スタッフ>
監督・脚本:ジェームズ=グレイ
製作:マーク=ウォールバーグ、ホアキン=フェニックス、ニック=ウェクスラーほか
撮影:ホアキン=バカ=アセイ
音楽:ヴォイチェフ=キラール

<キャスト>
ボビー=グリーン:ホアキン=フェニックス
ジョセフ=グルジンスキー:マーク=ウォールバーグ
アマダ=フアレス:エヴァ=メンデス
バート=グルジンスキー:ロバート=デュヴァル
フレディー:ドミニク=コロン

<イントロダクション>
J・フェニックスとM・ウォールバーグ。2人の人気俳優とJ・グレイ監督が「裏切り者(2000)」に続いて顔を合わせ、対照的な人生を歩む兄弟の絆を鮮烈に描いた秀作。

グレイ監督の前作「裏切り者(2000)」でも共演したフェニックスとウォールバーグが、本作では兄弟という設定の役柄で再び顔を合わせ、息詰まる演技合戦を披露。父の後を追ってエリート警察官の道を歩む兄役のウォールバーグとは対照的に、NYのナイトクラブのマネジャーとなり、裏社会に生きる道を選んだ弟役のフェニックス。しかし、父が麻薬組織の凶弾に倒れたことから、弟の彼も警官となり、決死の潜入捜査に協力していくさまを、手に汗握るスリルとアクション満載で描く。他にR・デュヴァルらが共演。

<放送内容>
1988年、NYの華やかなナイトクラブのマネジャーとして働くボビー。実は彼の父のバートはNY市警の本部長補佐、そして兄のジョセフもエリート警察官の出世街道を歩んでいたが、ボビーはそんな家族に反発し、本名を隠してNYの裏社会に生きる道を選んでいた。ボビーの働く店はロシアンマフィアとつながりがあり、彼らを捕まえるべく、ジョセフがある晩、店の一斉検挙に踏み切ったことから、兄弟の間で対立が深まるのだが…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.08.25

映画『いなくなれ、群青』(お薦め度★★★)

白日夢のような空気感をもった作品です。
“階段島”と呼ばれる島の謎に抗う群像劇であり、青春ファンタジーでした。

“階段島”は理想郷のメタファーであり、そこで起こる不整合や葛藤を当然のように呑み込もうとする主人公と、それに反発するヒロインとのせめぎ合いがミステリー性を高めます。

ただし、横浜流星と飯豊まりえが噛み合っているようには感じられず、物足りなさがありました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2019
制作国:日本
内容時間:106分

<スタッフ>
監督:柳明菜
脚本:高野水登
撮影:安藤広樹
音楽:神前暁

<キャスト>
七草:横浜流星
真辺由宇:飯豊まりえ
堀:矢作穂香
佐々岡:松岡広大
水谷:松本妃代
豊川:中村里帆
ナド:黒羽麻璃央

<イントロダクション>
河野裕の同名人気小説を、横浜流星と飯豊まりえの共演で映画化した青春ファンタジー。“階段島”と呼ばれる島で幼なじみに再会した青年は、島に隠された“謎”に迫る。

心に刺さるような文章の美しさと独特の世界観で愛される河野の人気小説を、高校時代に留学先の米国でフィルムフェスに入賞した経験を持つ俊才・柳明菜監督が映像化。島にまつわる“謎”を解き明かすミステリーに加え、青い空や海、雨の風景など、絵画を思わせる美しい映像も必見だ。登場人物たちが織り成す群像劇が章立てで描かれ、作品に不思議な味わいを与えている。“今、最も観たい俳優”横浜と飯豊の共演も見も草ので、横浜演じる七と飯豊演じる真辺の過去が興味を引き、思いがけない展開から目が離せない。

<放送内容>
ある日突然、七草は“階段島”と呼ばれる島にやって来た。そこは捨てられた人々の島で、なぜ自分がこの島に来たかを知る者はおらず、島を出るには“失くしたもの”を見つけなければならない。そんなある日、七草は海のそばの堤防に立つ幼なじみの少女・真辺と再会する。この島に来たことが“納得できない”と憤慨する彼女は、島を出るため、七草や周囲の人々を巻き込みながら、島にまつわる“謎”を解き明かそうとするのだが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.08.22

映画『アナベル 死霊博物館』(お薦め度★★★)

遊園地にあるアトラクションのお化け屋敷を入って出てきたような感覚の作品です。観終えると意外と清々しさすら感じさせるホラーです。

「アナベル」シリーズは全く知りませんでした。人形が登場するホラー作品というので「チャイルド・プレイ」シリーズのチャッキーを連想していたのですが、別物でした。息子が非常に興味を持っていたので鑑賞に付き合いました。

怖さはそこそこですが、畳み掛ける構成では無いため、間延びした印象です。メインキャストの若手女優3人がビジョアル的に良かったので、満足出来ました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Annabelle Comes Home
制作年:2019
制作国:アメリカ
内容時間:107分

<スタッフ>
監督・脚本:ゲイリー=ドーベルマン
製作:ピーター=サフラン、ジェームズ=ワン
撮影:マイケル=バージェス
音楽:ジョセフ=ビシャラ

<キャスト>
ジュディ=ウォーレン:マッケナ=グレイス
メアリー=エレン:マディソン=アイズマン
ダニエラ:ケイティ=サリフ
エド=ウォーレン:パトリック=ウィルソン
ロレイン=ウォーレン:ヴェラ=ファーミガ
トーマス:スティーヴン=ブラックハート
ゴードン神父:スティーヴ=コールター

<イントロダクション>
「死霊館」シリーズのスピンオフとして、同じく人気シリーズとなった「アナベル」第3弾。少女の好奇心で封印を解かれた呪いの人形“アナベル”が恐怖をまき散らす。

実在する呪いの人形アナベルを題材にした人気ホラーシリーズの第3弾。心霊研究家ウォーレン夫妻がいわく付きの品々を保管するコレクションルーム“死霊博物館”に厳重にしまわれていたアナベル人形が、まるで自ら導くように心霊現象に興味を持つ少女を呼び寄せ、封印を解かれることに……。ウォーレン夫妻の自宅が舞台であり、「死霊館」第1作とのつながりも多いため、同作を観ておくとより楽しめるだろう。血塗られたウエディングドレスや侍のよろいなど、死霊博物館に封印された呪いの保管物の数々も恐怖を誘う。

<放送内容>
恐るべき呪いが宿る人形“アナベル”。心霊現象研究家ウォーレン夫妻は、アナベルをさまざまな呪いの物品を保管した自宅の地下室、“死霊博物館”に運び、厳重に封印した。ある日、夫妻が仕事で家を空けることになり、娘のジュディがシッターを頼まれた上級生メアリー・エレンと留守番をすることに。そんな中、メアリー・エレンの友人で、心霊現象に興味を抱く少女ダニエラがやって来て、禁じられた地下室の扉を開けてしまう……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.08.11

映画『ザ・マスター』(お薦め度★★★)

圧巻です。
しかし、話がよくわかりません。

マスターは主人公を救済したのか、そうで無いのか、、、
一番肝心なテーマが不明でした。

フィリップ=シーモア=ホフマンとホアキン=フェニックスの演技の応酬が凄いことは、間違いなく伝わります。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:The Master
制作年:2012
制作国:アメリカ
内容時間:138分

<受賞歴>
第69回(2012)ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)
第69回(2012)ヴェネチア国際映画祭男優賞「フィリップ=シーモア=ホフマン、ホアキン=フェニックス」
第69回(2012)ヴェネチア国際映画祭国際映画批評家連盟賞

<スタッフ>
監督・脚本:ポール=トーマス=アンダーソン
製作:ポール=トーマス=アンダーソン、ジョアン=セラー、ダニエル=ルピほか
撮影:ミハイ=マライメア=ジュニア
音楽:ジョニー=グリーンウッド

<キャスト>
フレディ=クエル:ホアキン=フェニックス
ランカスター=ドッド(マスター):フィリップ=シーモア=ホフマン
ドッドの妻:エイミー=アダムス
ヘレン:ローラ=ダーン
エリザベス=ドッド:アンバー=チルダーズ

<イントロダクション>
ジョーカー」のJ・フェニックスを主演に迎えた、鬼才P・T・アンダーソン監督の衝撃的な問題作。人生に迷った青年と新興宗教のカリスマ的教祖が運命的に出会うが……。

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」の鬼才アンダーソン監督が5年ぶりに放った野心的傑作。慣習的なドラマ作りには背を向け、大胆な飛躍に満ちた強引な話運びで、時に観客を置いてきぼりにしながらも、先鋭的な映像表現や俳優たちの強烈な存在感で観る者の心をわしづかみにする彼独特の映画魔術は本作でも健在。特に、フェニックスと2年後に不慮の急死を遂げた実力派男優P・S・ホフマンの白熱の演技合戦は圧巻。第69回ヴェネチア国際映画祭の男優賞ダブル受賞や銀獅子賞(監督賞)ほか、数多くの映画賞に輝いた。

<放送内容>
第2次世界大戦後、除隊してアメリカ本国へ帰還したものの、戦争後遺症で社会にすんなりと復帰できず、あてどなく人生をさまよっていたフレディ。ある日、彼は酔って事件を引き起こした末に1隻の船に逃げ込み、そこで“マスター”と呼ばれる不思議な男性と出会う。男性は、とある新興宗教の教団を率いる教祖で、そのカリスマ的魅力で多くの支持者を集めつつあった。フレディも彼に惹かれて行動をともにするようになるのだが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.08.07

ドラマ「ハケンの品格<第2シーズン>」 [全8話](お薦め度★★★)

第1シーズンは全く知らず、第2シーズンから視聴しました。
結構楽しめました。

現在の職場環境を鋭く風刺するエピソードがあって、前半は王道コメディとして笑って泣かせる切れの良さに感心していましたが、後半になるとへんちくりんなエピソードばかりで大分がっかりさせられました。脚本のレベルが上下して率直なところ勿体なかったです。

篠原涼子が扮するスーパーハケンの大前春子の守備範囲が広すぎて、しかも謎めいて魅力的なキャラクターでした。彼女に恋心を寄せる大泉洋が演じる課長も好感が持てました。

コロナ禍で全8話と短くなりましたが、是非とも続編を期待したいところです。

以下、番組サイトから引用。

<オンエア情報>
日テレ、2020年6月17日~8月5日毎週火曜22時放送。

<スタッフ>
脚本:中園ミホ、他
演出:佐藤東弥、丸谷俊平
プロデューサー:櫨山裕子、山口雅俊(ヒント)、秋元孝之
チーフプロデューサー:西憲彦
制作協力:オフィスクレッシェンド
製作著作:日本テレビ

<キャスト>
大前春子:篠原涼子
里中賢介:小泉孝太郎
浅野務:勝地涼
井手裕太郎:杉野遥亮
福岡亜紀:吉谷彩子
千葉小夏:山本舞香
三田貴士:中村海人(Travis Japan/ジャニーズJr.)
近耕作:上地雄輔
宇野一平:塚地武雅(ドランクドラゴン)
東海林武:大泉洋
宮部蓮三:伊東四朗

<イントロダクション>
「ハケンの品格」が13年ぶりに復活!
2007年の篠原涼子主演で話題を呼んだ、日本テレビ系ドラマ「ハケンの品格」。
一匹狼の最強ハケン社員・大前春子が、13年ぶりに帰ってくる!
新卒で会社に就職し正社員になれば将来は安泰、という日本の雇用システムは平成で終わった。
もはや、「サラリーマンになれば一生安泰」なんてものは幻想なのだ。
日本人の仕事に対する考え方も大きな変化を見せている。
「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」「過労死」…etc
職場がカオスと化したこの令和の時代、スーパーハケン大前春子はどんな働き方をしているのであろうか?
このドラマは、新しい時代の働く者の品格を問うドラマとなる。

| | コメント (0)

2020.08.06

ドラマ「リモートで殺される」 (お薦め度★★★)

コロナ禍でのリモート制作ドラマです。
動画配信サイトHuluに続編を仕込むという仕掛けがあり、なかなか意欲的で楽しめました。
ただし、途中からある程度は犯人の目星がついてしまいます。動機がわかる真相はちょっと興覚めしました。

リモート制作のドラマは「2020年 五月の恋」から2作目になりますが、アイデアが豊富でよく考えられていると思います。

以下、番組サイトから引用。

<オンエア情報>
日テレ、2020年7月26日(日)よる22時30分~23時25分放送。放送終了直後から、動画配信サイトHuluでは、新たな撮影シーンを加え、リモート画面の向こう側で起きた事件の詳細を描く“殺人の裏側編”を配信。

<スタッフ>
企画・原案:秋元康
脚本:元麻布ファクトリー
監督:中田秀夫
音楽:川井憲次
チーププロデューサー:福士睦
プロデューサー:植野浩之、畠山直人、森田美桜(AOI Pro.)
制作協力:AOI Pro.
製作著作:日本テレビ

<キャスト>
本田翼
新田真剣佑
柄本時生
早乙女太一
前野朋哉
齋藤飛鳥
前田敦子

<イントロダクション>
「あなたの番です」企画・原案 秋元康×「スマホを落としただけなのに!」監督 中田秀夫が贈る、リモートでの会話を軸に繰り広げられるリアルタイムミステリードラマ!
緊急事態宣言による自粛期間の最中、リモートで集まった高校時代の同級生6人。
消えた同級生の行方は?過去に転落死した女子高生は本当に自殺だったのか?
登場人物たちはリモートでその真相を探るうちに、リアルタイムで起こる連続殺人に巻き込まれていく……。
リモート画面の向こう側で一体何が起きているのか!?

| | コメント (0)

2020.07.31

映画『カット/オフ』(お薦め度★★★)

緊迫感溢れるかなりクオリティの高いサイコサスペンスですが、蛇足な設定やシーンが足を引っ張ります。

いろいろな要素を盛り込み過ぎて、ボロが出てしまった印象です。

ただし、最後の最後までハラハラドキドキの展開でした。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Abgeschnitten
制作年:2018
制作国:ドイツ
内容時間:132分

<スタッフ>
監督・脚本:クリスティアン=アルヴァルト
製作:レジナ=ツィーグラー、ジークフリート=カムル、クリスティアン=アルヴァルトほか
撮影:ヤクブ=ベイナロヴィッチュ
音楽:クリストフ=シャワー、マウルス=ロナー

<キャスト>
ポール=ハーツフェルト:モーリッツ=ブライブトロイ
リンダ:ヤスナ=フリッツィ=バウアー
ヤン=エリック=サドラー:ラース=アイディンガー
エンダー=ミュラー:ファーリ=ヤルディム
インゴルフ=フォン=アッペン:エンノ=ヘッセ

<イントロダクション>
解剖中の遺体から検死官が発見した異物にはなんと、彼の娘の名前と連絡先が記されていた…。誘拐されたまな娘の救出に奔走する主人公の悪戦苦闘を描いたドイツ製スリラー。

解剖中の女性の遺体の中から奇妙な異物を発見した検死官の主人公。それは、彼のまな娘を誘拐した正体不明の犯人から彼に宛てられた、不敵で恐ろしい挑戦状だった! かくして、主人公が必死に助けを捜し求めて周囲の人々をも不条理な悪夢に巻き込みながら悪戦苦闘を繰り広げるさまを、緊迫したサスペンスと奇抜なブラックユーモアを織り交ぜながら、刺激とスリル満点に綴る。監督は、ドイツ製人気B級アクション「ニック/NICK」シリーズのC・アルヴァルト。主演は、「es [エス]」のM・ブライブトロイ。

<放送内容>
検死官のポールは、ある日女性の遺体を解剖中、その頭部から奇妙な異物を発見する。その中には小さな紙切れがあり、そこには彼の娘ハンナの名前と電話番号が記されていた。早速彼がその番号に電話をかけてみると、ハンナの切迫した声が飛び込んでくる。犯人の要求通りに行動しないと私が殺される、という娘の言葉に従って、ポールはエリックという男の番号に電話をかけるが、応答したのは、リンダという赤の他人の女性だった…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.07.24

映画『新聞記者』(お薦め度★★★)

これで第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞なのですね。
ストーリーが分かりにくいし、リアリティが弱いです。

脚本もどうなのでしょうか。物語自体が練られているとは感じません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2019
制作国:日本
内容時間:114分

<スタッフ>
監督:藤井道人
脚本:詩森ろば、高石明彦
脚本:藤井道人
撮影:今村圭佑
音楽:岩代太郎

<キャスト>
吉岡エリカ:シム=ウンギョン
杉原拓海:松坂桃李
杉原奈津実:本田翼
陣野和正:北村有起哉
多田智也:田中哲司
倉持大輔:岡山天音
都築亮一:高橋努
神崎伸子:西田尚美
神崎俊尚:高橋和也

<イントロダクション>
2019年、大反響を呼び、第43回日本アカデミー賞で最優秀作品賞など主要3部門を制した、本格社会派サスペンスの秀作。シム・ウンギョン、松坂桃李らの熱演も話題に。

東京新聞社会部の望月衣塑子記者による同名ノンフィクションを原案にしているが、現在の日本を反映したような国家の危機を描く、大胆不敵で意欲的なオリジナルストーリー。内閣情報調査室の深い闇が恐ろしく、観客は大いに考えさせされる。第43回日本アカデミー賞で最優秀作品賞に加え、若手官僚役の松坂に対する最優秀主演男優賞、女性記者役シム・ウンギョンに対する最優秀主演女優賞という3部門を受賞。原案の望月記者を追った森達也監督によるドキュメンタリー「i 新聞記者ドキュメント」も高い評価を獲得。

<放送内容>
東都新聞社会部の若手女性記者、吉岡は政府に厳しく、記者クラブで異端児扱いされる。彼女の職場に政府内の者しか知らないはずの極秘情報が記された匿名のファクスが届き、吉岡がある大学新設計画の調査を始めると、ファクスを送ったのが内閣府の神崎である可能性が浮上。しかしやがて神崎は自殺してしまう。それから吉岡は、外務省から内閣情報調査室に出向している若手官僚だが、新しい仕事に疑問を抱いている杉原と出会い……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2020.07.19

ドラマ「劇場版公開記念 今日から俺は!!スペシャル」(お薦め度★★★)

2018年10月期の放送で人気を集めた連続ドラマの映画『今日から俺は!!劇場版』の公開を記念してのスペシャルドラマです。

スペシャルドラマの開始前に、連続ドラマの復習と映画の番宣のために、赤坂理子役の清野菜名と早川京子役の橋本環奈が登場して名場面紹介や、キャストトークで盛り上げました。日テレらしい構成です。

本作は、今井勝俊役の仲野太賀が路上の怪しい物売りと出会い、モテ期に突入して、それを三橋貴志役の賀来賢人がモーレツな嫉妬心で、秘密を暴こうとする展開です。

ゆる~い、おバカな話で笑えました。

<オンエア情報>
日テレ、2020年7月17日よる9時〜10時54分放送。金曜ロードSHOW!枠。

<ゲスト出演>
美人女子大生・奈美:新川優愛
美人女子大生・詩織:桜井日奈子

| | コメント (0)

2020.07.14

映画『マイ・ブックショップ』(お薦め度★★★)

主人公がハラスメントされるという題材の内容で、面白くありません。
タイトルと番宣写真から心温まる物語だと思っていたのですが、イギリスの片田舎で町の実力者が、主人公が経営する本屋を潰そうとする展開です。

耐えて耐えて、最後には何とかなるだろうという期待だけで観続けましたが、、、

このようなストーリーは俺には合いません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:The Bookshop
制作年:2017
制作国:スペイン・イギリス・ドイツ
内容時間:113分

<スタッフ>
監督:イザベル=コイシェ
製作:ジャウマ=バナコローチャ、ジョアン=バス、アドルフォ=ブランコほか
脚本:イザベル=コイシェ
撮影:ジャン=クロード=ラリュー
音楽:アルフォンソ=ビラヨンガ

<キャスト>
フローレンス=グリーン:エミリー=モーティマー
ガマート夫人:パトリシア=クラークソン
エドモンド=ブランディッシュ:ビル=ナイ
クリスティーン:オナー=ニーフシー

ナレーション:ジュリー=クリスティ

<イントロダクション>
スペインの実力派女性監督I・コイシェが、P・フィッツジェラルドの原作小説を映画化。同国のアカデミー賞に当たる第32回ゴヤ賞で作品賞など計3部門を受賞した感動作。

「死ぬまでにしたい10のこと」や菊地凛子主演の「ナイト・トーキョー・デイ」などで知られるコイシェ監督が、イギリスの女性作家フィッツジェラルドの小説「ブックショップ」を映画化。1959年、イギリスのとある町に書店を開業した本好きのひとりの女性が、周囲の人々と織り成すささやかな人間模様を味わい深く繊細に描き、幅広い観客層の支持と共感を獲得。第32回ゴヤ賞で作品賞、監督賞、脚色賞の3部門を受賞したのをはじめ、数多くの賞に輝いた。「ベロニカとの記憶」のE・モーティマーの好演も見もの。

<放送内容>
1959年、イギリスの海辺のとある町。戦争で夫を亡くしたフローレンスは、長らく放置されていた古い家を買い取ると、町に1軒もなかった書店を開業することに。それをあまり快く思わない町の有力者ガマート夫人から、何かと妨害や嫌がらせを受ける一方で、フローレンスは、長年自らの邸宅に引きこもって隠遁生活を続ける謎めいた老紳士のブランディッシュ氏と、お互いの本好きを通じて、次第に親交を深めるようになるのだが…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

より以前の記事一覧