2022.09.18

ドラマ「今夜はコの字で Season2」[全12話](お薦め度★★★)

まずまずです。
シーズン1とほぼ同じキャストと舞台設定ですが、ストリートはアナザーストーリーになっています。

前作よりも洗練された印象で紹介される実在のお店の店員は、俳優ではなく実際の店員に出演してもらう回が増えました。

シーズン1では三角関係でしたが、シーズン2では三角関係+αになっていました。シーズン1とは違って、シーズン2では恋の行方に結論が出たので完結したと考えて良いでしょう。

地上波テレビのメジャー感に物足りなさがあるものの、Paravi(パラビ)のような安っぽさは無く、ほどほどに楽しいドラマでした。

以下、番組公式サイトから引用。

<オンエア情報>
テレビ東京、2022年6月26日~9月11日毎週日曜12時25分再放送。
初回放送は、BSテレ東、 2022年4月9日~6月26日毎週土曜深夜0:00放送。

<スタッフ>
原作:「今夜はコの字で」原作 加藤ジャンプ 作画 土山しげる (集英社インターナショナル刊)
監督:久万真路、片桐健滋、若林将平
脚本:タナカトモフミ、久万真路、若林将平
プロデューサー:小林教子(テレビ東京)、湊谷恭史(ザフール)、石井光雄(エムロックス)
制作:BSテレ東、ザフール
製作:「今夜はコの字で2」製作委員会2022

<キャスト>
中村ゆり
浅香航大
優希美青
小園凌央
北香那
藤井武美
堀部圭亮

<イントロダクション>
2年ぶりに「コの字」が帰ってきます!
前作に引き続き、中村ゆり、浅香航大のW主演!新キャストに優希美青さらにレギュラーキャストの続投も決定!

2022年4月クールのBSテレ東・テレビ大阪「真夜中ドラマ」枠は、「今夜はコの字で Season2」に決定!4月9日(土)から放送をスタートします!2020年1月クールにBSテレ東の月曜深夜枠で放送され、コの字酒場を舞台にした異色のグルメ&恋愛ドラマとして、注目を集めたドラマの続編です。原作は集英社インターナショナルから出版されている同名タイトルの漫画(原作・加藤ジャンプ、作画・土山しげる)。 前作に引き続きW主演となる本作。フードコーディネーターであり、大学の後輩である吉岡にオススメのコの字酒場を紹介する先輩、田中恵子役を演じるのは、TX『ただ離婚してないだけ』やCX『SUPER RICH』等の話題作で活躍を見せる中村ゆり。また、NHK『わげもん~長崎通訳異聞~』や映画『あなたの番です 劇場版』等に出演している浅香航大が広告代理店「シューエイプロジェクト」社員で、恵子の紹介ですっかりコの字酒場の虜になった後輩、吉岡としのり役を演じます。また、Season2からの新キャストとして、2012年『第37回ホリプロタレントスカウトキャラバン』でグランプリを獲得し、NHK『あまちゃん』やNTV『デスノート』など数多くのドラマに出演の優希美青が、吉岡の務めるシューエイプロジェクトの新入社員・池ハルカ役を演じます。さらに、シューエイプロジェクトの社長・角倉誠役の堀部圭亮、吉岡の後輩・山田大河役の小園凌央、恵子の妹で現役女子大生・田中洋子役の、恵子のアシスタント・ミキ役の藤井武美らのレギュラーキャスト続投も決定!

視聴者の皆さんからの続編を願う声が、2年振りの「コの字」実現に繋がりました。海外へ料理修行に出た恵子と、恵子への想いを募らせつつも、なかなかコの字酒場に繰り出せずにいた吉岡が2年振りの再会。また一緒にコの字酒場を巡ることになった2人の関係はどうなっていくのか!?本番組はBSテレ東で4月9日から毎週土曜深夜0時放送、テレビ大阪では同日の深夜0時56分から放送します。BSテレ東4Kではより高精細な4K映像でお楽しみいただけます。また、動画配信サービス、NTTぷらら「ひかりTV」にて1週間先行配信が決定しています。お楽しみに!

<あらすじ>
あれから2年の月日が流れた。広告代理店「シューエイプロジェクト」で働く吉岡としのり(浅香航大)は社長の角倉(堀部圭亮)からマネージャー昇進を告げられる。憧れの恵子先輩(中村ゆり)はイタリアに行ったきりで、SNSを通じてフードコーディネーターとしての活躍は知れたが、吉岡は連絡を取れずにいた。タッチパネルの店でひとり寂しくビールを飲む吉岡は、恵子から預かったノートを取り出す。そこには恵子が全国を飲み歩いて書き留めたコの字酒場の数々が書かれていた。翌日、後輩の山田(小園凌央)から、蕨での打合せに代理出席を頼まれた吉岡は、恵子のノートにあった蕨のコの字を思い出し、二つ返事で承諾する。打合せが終わり、勇んで「㐂よし」の暖簾をくぐる吉岡。そこには懐かしいコの字カウンターが吉岡のことを待っていた。

| | コメント (0)

2022.08.11

映画『ザ・ボディガード パーフェクト・エージェント』(お薦め度★★★)

男性人気ラッパーを女性のボディガードが守るという到底あり得ない設定ですが、割と今風な内容です。適度にエロティックな演出が入っていて好物でした(笑)。

何と言っても真犯人が驚きの人物で思いっきり引きます。

エンディングもベタでありがちでした。

と言いつつも、B級としてはセンスの良さを感じました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Shadow of the Star
制作年:2020
制作国:ロシア
内容時間:92分

<スタッフ>
監督:ドミトリー=グバレフ
製作:アンナ=クルバートヴァ、ミハイル=クルバトフ
脚本:アンナ=クルバートヴァ、エーリャ=コルサーク

<キャスト>
サーシャ:アレクサンドラ=チェルカーソヴァ=スルジーテル
ネイム:パヴェル=プリルチニー
ティホン:キリル=ナギエフ
ソーニャ:ユリア=ズツェバ

<イントロダクション>
銃撃されたラッパーを警護すべく、ボディガードに雇われたのは、クールな美女だった。モデル出身のA=チェルカーソヴァ=スルジーテルが主演したロシア製B級サスペンス。

ロシアのラップ界の頂点に立つ人気ラッパーが、何者かに銃撃されるという事件が発生。彼を警護するため、そのボディガードに雇われたのは、クールでセクシーな美女だった。ロシアの人気モデルとして数々の雑誌の表紙を飾り、近年は女優としても幅広く活躍するチェルカーソヴァ=スルジーテルが、本作では美しくて強靭なボディガードのヒロインに扮してその魅力を発揮。共演は、「フロンティア(2017)」のP=プリルチニー。

<放送内容>
ロシアで絶大な人気を誇るラッパーのネイムが、ツアーでサンクトペテルブルクを訪問。彼の熱狂的ファンであるひとりの少女が、彼に一目会いたいとホテルまで押しかけたものの門前払いされ、絶望して自殺する騒ぎがあったのに続いて、今度はネイムが何者かに銃撃されるという事件が発生。マネジャーのティホンは、ネイムを身辺警護すべく、ボディガードを雇うことに。彼らの前に姿を見せたのは、クールな美女のサーシャだった。

<鑑賞チャネル>
WOWOWオンデマンド

| | コメント (0)

2022.07.12

アニメ「Dr.STONE 龍水」(お薦め度★★★)

第2期から1年ぶりに単発アニメのテレビスペシャルです。
本作終了後に第3期「Dr.STONE NEW WORLD」が2023年春放送決定がリリースされています。

科学史200万年を駆け上がるにふさわしく、今回は空に挑戦します。夢のある発想でワクワク感があります。少年少女向けに適した内容です。

アニメにしては小難しいので、再鑑賞する気はないのですが、この先どこまで突き進むのか楽しみです。

以下、番組公式サイトから引用。

<オンエア情報>
TOKYO MX、2022年7月10日(日)19:00~20:00放送。

<スタッフ>
原作:稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」(集英社 ジャンプ コミックス刊)
監督:松下周平
シリーズ構成・脚本:木戸雄一郎
キャラクターデザイン:岩佐裕子
デザインワークス:水村良男
メインアニメーター:堀内博之
美術設定:青木智由紀
美術監督:吉原俊一郎
色彩設計:中尾総子
撮影監督:葛山剛士
編集:坂本久美子
音響監督:明田川仁
音楽:加藤達也、堤 博明、YUKI KANESAKA
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

<キャスト>
石神千空:小林裕介
七海龍水:鈴木崚汰
大木大樹:古川 慎
小川 杠:市ノ瀬加那
コハク:沼倉愛美
クロム:佐藤 元
金狼:前野智昭
銀狼:村瀬 歩
ルリ:上田麗奈
スイカ:高橋花林
あさぎりゲン:河西健吾
カセキ:麦人
西園寺羽京:小野賢章
上井陽:中島ヨシキ
ニッキー:種﨑敦美
マグマ:間宮康弘
北東西南:日笠陽子
獅子王未来:石見舞菜香

<イントロダクション>
司帝国との戦いが終わり、コールドスリープした司を救うべく動き出した千空たち。
石化現象の謎を突き止める為、ついに科学王国は地球の裏側・新世界を目指す!

航海に向けて船造りを始めた千空たちは、航海力100億の神腕船長を仲間にしようと、記者だった南の情報をもとに、七海財閥の御曹司で、かつて帆船を乗り回していた男“七海龍水”を目覚めさせる。

「はっはー!世界は再び俺の物だ‼」と豪語する龍水は、その圧倒的な強欲さで村に通貨を作り、ゴージャスな暮らしを満喫。船長を引き受ける代わりに、資源の王様“石油”が欲しいと提案するが…?

| | コメント (0)

2022.06.30

ドラマ「今夜はコの字で」[全12話](お薦め度★★★)

再放送とは知らずに最終話を観る前に、シーズン2の第1話(こちらも再放送)を事前に視聴してしまいました、、、(泣)
シーズン1の最終話とシーズン2初回の内容が食い違っています(笑)

実際の居酒屋探訪と恋愛を絡めるドラマは異色で緩いのですが、W主演の中村ゆりと浅香航大の美男美女コンビに癒されて、友人以上恋人未満の関係性をダラダラと観てしまいました。

2020年冬ドラマなので、コロナ禍前に収録されたドラマだったようです。

それにしても“コの字酒場”が舞台で人との触れ合いをテーマとしながら、閉じた恋愛ドラマとはかなり微妙です。

地上波のようはメジャー感は無いものの、しっかりとした作りで安定感はありました。引き続きシーズン2も鑑賞します。

以下、番組公式サイトから引用。

<オンエア情報>
BSテレビ東京、2020年1月7日~3月24日放送を再放送で視聴した。
テレビ東京、2022年4月12日~6月28日毎週火曜 深夜3時25分放送。

<スタッフ>
原作:加藤ジャンプ 作画 土山しげる「今夜はコの字で」 (集英社インターナショナル刊)
監督:久万真路、岩渕崇
脚本:タナカトモフミ、久万真路、岩渕崇
プロデューサー:瀧川治水(BSテレ東)、小林教子(テレビ東京)、湊谷恭史(ザフール)、石井光雄(エムロックス)
制作:BSテレ東、ザフール
製作著作:「今夜はコの字で」製作委員会2020

<キャスト>
田中恵子役:中村ゆり
吉岡としのり:浅香航大
山田大河:小園凌央
ミキ:藤井武美
田中洋子:北香那
透:竹財輝之助
角倉誠:堀部圭亮
月島&ナレーション:下條アトム

<イントロダクション>
BSテレ東 1月クール 新グルメドラマ
4K制作『今夜はコの字で』放送決定!!
W主演:中村ゆり 浅香航大
“コの字酒場”で繰り広げられる
異色のグルメ&恋愛ドラマ!

BSテレ東で2020年1月クール放送の新作グルメドラマは、“コの字酒場”を舞台とする『今夜はコの字で』に決定しました。原作は集英社インターナショナルから出版されている同名タイトルの漫画(原作・加藤ジャンプ、 作画・土山しげる)です。このドラマは4K制作で、BSテレ東4Kではより高精細な映像をお楽しみいただけます。
広告代理店「シューエイプロジェクト」社員“吉岡としのり(28)”は、忙しい毎日に会社と家を往復するだけの彩のない日々を送っていた。ひょんなことから再会した憧れの恵子先輩に、今のあなたに必要な場所だと教えてもらったコの字型の酒場。勇気を出してその扉を開けると、そこには今まで知らなかったワンダーランドが広がっていた…。
W主人公となる今作品、酒豪であり憧れの先輩・田中恵子を演じるのは、最新映画「影踏み」や「パッチギ!LOVE&PEACE」を始め「グッドドクター」「パーフェクトワールド」「ポイズンドーター・ホーリーマザー」等、数々のドラマや舞台で目まぐるしい活躍をみせる、女優・中村ゆり。今回が民放の連続ドラマ初主演となります。そして後輩“吉岡としのり”を演じるのは日本テレビ「あなたの番です」や映画「チア男子!!」など数々の話題作で活躍、勢いに乗る若手俳優の浅香航大。こちらも、今回が民放の連続ドラマ初主演となります。
人と人とが触れ合う舞台、コの字酒場を囲んで、おいしい料理を食べ、おいしいお酒を飲むうちに深まる関係。
『今夜はコの字で』は、『ワカコ酒』シリーズ(BSテレ東)で、しずる映像で視聴者を唸らせてきた制作スタッフが集いました。お酒とグルメに恋愛ドラマの要素を掛け合わせたら…どんなミラクルが起きるのか?新たなグルメドラマの誕生です!

| | コメント (0)

2022.06.21

ドラマ「未来への10カウント」[全9話](お薦め度★★★)

キムタク主演としては物足りません。
ボクシングのコーチという企画はなるほどと思えましたが、脚本は練られていません。分かりやすいもののテレビ朝日らしい老人層向けのレベルでした。

学生の主要メンバーはバータのようで、演技力のレベル差がありました。キャスティングはイマイチで、キムタクのカッコよさがほとんど感じられず、残念でした。

最近、仕事を選び過ぎてCMでしかお目にかかれない満島ひかりでしたが、流石の演技力でした。

以下、番組公式サイトから引用。

<オンエア情報>
テレビ朝日、2022年4月14日~6月9日毎週木曜21時放送。「木曜ドラマ」枠。

<スタッフ>
脚本:福田 靖
音楽:林 ゆうき
ゼネラルプロデューサー:横地 郁英(テレビ朝日)
チーフプロデューサー:黒田 徹也(テレビ朝日)
プロデューサー:川島 誠史(テレビ朝日)、都築 歩(テレビ朝日)、菊池 誠(アズバーズ)、岡 美鶴(アズバーズ)
監督:河合 勇人、星野 和成
制作協力:アズバーズ
制作著作:テレビ朝日

<キャスト>
桐沢祥吾:木村拓哉
折原葵:満島ひかり
甲斐誠一郎:安田顕
伊庭海斗:髙橋海人(King & Prince)
水野あかり:山田杏奈
西条桃介:村上虹郎
日比野雅也:馬場徹
坂巻勝夫:オラキオ
玉乃井竜也:坂東龍汰
友部陸:佐久本宝
西山愛:吉柳咲良
江戸川蓮:櫻井海音
天津大地:阿久津仁愛
森拓己:大朏岳優
折原楓:滝沢カレン
折原圭太:川原瑛都
間地真実:八嶋智人
芦屋珠江:市毛良枝
桐沢史織:波瑠
大野倫子:富田靖子
大場麻琴:内田有紀
猫林はじめ:生瀬勝久
芦屋賢三:柄本明

<イントロダクション>
「“新しい空気をまとった作品”を作りたい」
木村拓哉が新境地開拓
《高校ボクシング部のコーチ》となって
学園スポーツドラマに初挑戦!!

《生きる希望を完全喪失した男》がこの春、
青臭くも熱き高校生たちと共に…
《人生のリング》に返り咲く!

生きる希望を失った高校ボクシング部のコーチが、人生のリベンジマッチへ…!
木村拓哉が脚本家・福田靖と再タッグを組み、「まれに見る」役どころに初挑戦

 人気ドラマ『BG~身辺警護人~』の第2弾放送(2020年)から約2年…木村拓哉が2022年春、テレビ朝日の木曜ドラマ枠に舞い戻り、日本中がはっと息を呑むようなパンチを繰り出す――! なんと最新主演ドラマ『未来への10カウント』では、『HERO』シリーズ(2001~2015年)や『CHANGE』(2008年)で名タッグを組んだ脚本家・福田靖氏と7年ぶりに連携し、《学園スポーツドラマ》に初挑戦! と同時に、まさに新境地開拓となる役どころに真っ向から挑みます。
 木村が演じるのは、高校時代にボクシングで4冠を達成した後、30年近くの時を経て《高校ボクシング部のコーチ》に就任する主人公・桐沢祥吾。ところが、彼の人生が輝いていたのはごく一時期…。実は、大学時代にはある理由でボクシングを断念。その後も最愛の妻を亡くした上、さらなる不運に見舞われ、今では《生きる希望を完全喪失している男》なのです。そんな男の人生は、図らずもボクシング部のコーチになったことで徐々に熱を取り戻し、大きく動き出すことに…!
 木村自身も「ここまで物語のスタート時点で腐っている人間は、これまで演じたキャラクターの中でもまれに見る存在」という桐沢。「さらに今回は、自分が本格的にやったことのない“ボクシング”という、福田さんからの新たなパスもある! それをどうさばいていくべきか…。皆さんと一緒に模索を重ねながら、安心感のあるテレ朝ドラマとは一線を画す“新しい空気をまとった作品”を作りたい」と闘志を燃やす木村が、この春果敢に切り拓く《誰も目撃したことのない新境地》に注目です!
閉塞感が漂う今、熱い気持ちを思い出させてくれる! 世代を超えた青春群像劇
 生きる希望を失った主人公・桐沢を中心に、本作で描かれるのは《世代を超えた青春群像劇》です。当初は母校・松葉台高校のボクシング部にコーチとして戻ることに、まるで乗り気ではない桐沢…。しかし、「いつ死んでもいい」とまで言い切ってしまう自分を心配する親友や恩師から強引に背中を押され、コーチを引き受けた桐沢は、「強くなりたい」「勝ちたい」と汗まみれになってサンドバッグを打つ高校生たちを目の当たりにするうち、自分自身の中にも少しずつ《熱いもの》がよみがえってくるのを実感! 青臭くもがむしゃらな熱を秘めた高校生たちと真剣に向き合い、ぶつかり、共に悩み、鼓舞し合いながら――桐沢は迷える若者たちを変えていくと同時に、自分自身も変化を遂げ、《新たな未来》に向けて走り出していきます。
 社会全体に閉塞感が漂い、未来への希望が見出しにくい今の時代。そんな中、つい失ってしまいがちな熱い気持ちを思い出させてくれる…! そんな人生の応援歌ともいえる《青春スポーツ・エンターテインメント》。主演の木村を中心に、近日発表予定の豪華実力派キャスト陣が一致団結してお届けする《熱きドラマ》を、ぜひ明日への活力にしてください。

| | コメント (0)

2022.06.09

映画『孤狼の血』(お薦め度★★★)

リアリティを追及したバイオレンス映画です。
しかしながら、アクションよりも細部にこだわり過ぎる演出が合わず、イマイチ作品の世界観に入っていくことが出来ませんでした。

また、役所広司が演じたベテラン刑事が、殺されるかもしれない立場なのに何を軸に行動しているのか理解出来ないところに物足りなさを感じました。

終盤の展開も説明不足で消化不良の面がありました。

新人刑事の恋人役で登場した阿部 純子が、凄惨な物語の中で唯一ホッとさせてくれる存在で、非常に和ませてくれました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2018
制作国:日本
内容時間:127分

<スタッフ>
監督:白石和彌
脚本:池上純哉
撮影:灰原隆裕
音楽:安川午朗

<キャスト>
大上章吾:役所広司
日岡秀一:松坂桃李
高木里佳子:真木よう子
高坂隆文:中村獅童
一之瀬守孝:江口洋介
五十子正平:石橋蓮司
瀧井銀次:ピエール瀧

<イントロダクション>
柚月裕子のベストセラー小説を、役所広司、松坂桃李ら豪華キャスト陣を迎えて、「凶悪」の白石和彌監督が映画化した、衝撃のバイオレンス群像劇。2021年に続編が誕生。

原作者自ら、“「仁義なき戦い」なくしては生まれなかった”と語る同名小説を、続編「孤狼の血 LEVEL2」も手掛ける白石監督が、渾身の力を込めて映画化。昭和63年の広島県の某市を舞台に、暴力団同士の抗争が次第に激化する中、ベテランと新人エリートという対照的な刑事コンビが決死の覚悟で巨悪に立ち向かっていく姿を、すさまじいバイオレンス描写を満載しながら活写。役所、松坂をはじめ、豪華俳優陣も火花飛び散る熱演を披露し、往年の東映実録ヤクザ映画の世界を彷彿とさせる会心の一作に仕上がった。

<放送内容>
暴力団対策法成立直前の昭和63年の広島県の架空都市・呉原。地元の暴力団・尾谷組と、広島の巨大組織・五十子会をバックに同地に進出してきた新興組織・加古村組が、一触即発の状態でにらみ合いを続ける中、加古村組の関連企業の経理担当者が不意に失踪する事件が発生。呉原東署に新たに配属されたエリート新人刑事の日岡は、暴力団との癒着が取り沙汰されるマル暴のベテラン刑事・大上とコンビを組んで、事件の捜査に乗り出す。

<鑑賞チャネル>
Amazonプライム・ビデオ

| | コメント (0)

2022.05.17

映画『シン・ウルトラマン』(お薦め度★★★)

シン・ゴジラ』、『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』で想像以上を連続提供してくれた庵野秀明”シン”作品なので、期待値が高すぎたのかもしれません。
前半はそれなりに圧倒されたのですが、後半は腑に落ちない展開で理解できなくなってしまいました。

子ども時代にリアルタイムでウルトラマンシリーズを観てきた者にとって、観たかったウルトラマンではありませんでした。

<作品データ>
公開:2022年5月13日
上映時間:113分
配給:東宝

<スタッフ>
企画・脚本:庵野秀明
監督:樋口真嗣
准監督:尾上克郎
副監督:轟木一騎
監督補:摩 砂 雪
音楽:宮内國郎、鷺巣詩郎
製作代表:山本英俊
製作:塚越隆行、市川 南、庵野秀明
共同製作:松岡宏泰、緒方智幸、永竹正幸
原作監修:隠田雅浩
エグゼクティブプロデューサー:臼井 央、黒澤 桂
プロデューサー:和田倉和利、青木竹彦、西野智也、川島正規
協力プロデューサー:山内章弘
ラインプロデューサー:森 賢正
プロダクション統括:會田 望
撮影:市川 修、鈴木啓造
照明:吉角荘介
美術:林田裕至、佐久嶋依里
編集:栗原洋平、庵野秀明
VFXスーパーバイザー:佐藤敦紀
ポストプロダクションスーパーバイザー:上田倫人
アニメーションスーパーバイザー:熊本周平
録音:田中博信
整音:山田 陽
音響効果:野口 透
装置設計:郡司英雄
装飾:坂本 朗、田口貴久
スタイリスト:伊賀大介
ヘアメイク:外丸 愛
デザイン:前田真宏、山下いくと
VFXプロデューサー:井上浩正、大野昌代
カラーグレーダー:齋藤精二
音楽プロデューサー:北原京子
音楽スーパーバイザー:島居理恵
キャスティング:杉野 剛
スクリプター:田口良子
助監督:中山権正
製作担当:岩谷 浩
宣伝プロデューサー:中西 藍
製作:円谷プロダクション、東宝、カラー
制作プロダクション:TOHOスタジオ、シネバザール

主題歌:米津玄師「M八七」

<キャスト>
斎藤 工
長澤まさみ
有岡大貴
早見あかり
田中哲司
西島秀俊
山本耕史
岩松 了
嶋田久作
益岡 徹
長塚圭史
山崎 一
和田聰宏

<イントロダクション>
空想と浪漫。そして、友情。
日本を代表するキャラクター“ウルトラマン”を新たに『シン・ウルトラマン』として映画化! 企画・脚本・総監修に、自身もウルトラマンシリーズのファンであることを公言する庵野秀明。 そして、監督は数々の傑作を庵野氏と共に世に送り出してきた樋口真嗣。 この製作陣の元に超豪華な俳優陣が集結。 主人公の【ウルトラマンになる男】に斎藤工。 その他、長澤まさみ、西島秀俊、有岡大貴、早見あかり、田中哲司ら演技派・個性派キャストが総出演。 「ウルトラマン」の企画・発想の原点に立ち還りながら、現代日本を舞台に、 未だ誰も見たことのない“ウルトラマン”が初めて降着した世界を描く、 感動と興奮のエンターテインメント大作。

次々と巨大不明生物【禍威獣(カイジュウ)】があらわれ、その存在が日常となった日本。 通常兵器は全く役に立たず、限界を迎える日本政府は、禍威獣対策のスペシャリストを集結し、 【禍威獣特設対策室専従班】通称【禍特対(カトクタイ)】を設立。 班長・田村君男(西島秀俊) 作戦立案担当官・神永新二(斎藤工) 非粒子物理学者・滝明久(有岡大貴) 汎用生物学者・船縁由美(早見あかり) が選ばれ、任務に当たっていた。 禍威獣の危機がせまる中、大気圏外から突如あらわれた銀色の巨人。 禍特対には、巨人対策のために 分析官・浅見弘子(長澤まさみ) が新たに配属され、神永とバディを組むことに。 浅見による報告書に書かれていたのは・・・【ウルトラマン(仮称)、正体不明】。

<鑑賞チャネル>
イオンシネマ幕張新都心 ULTIRA(ウルティラ)

| | コメント (0)

2022.05.14

映画『アザーズ』(お薦め度★★★)

設定が絶妙です。
ホラー作品でこれだけ画期的な舞台設定は素晴らしいです。
幾多の層をなした構造に驚かされます。

ニコール=キッドマンの美しさと気品が感じられる母親役は絶品でした。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:The Others
制作年:2001
制作国:アメリカ・スペイン・フランス
内容時間:105分

<スタッフ>
監督:アレハンドロ=アメナーバル
製作総指揮:トム=クルーズほか
製作:フェルナンド=ボバイラ、ホセ=ルイス=クエルダ、パーク=サンミン
脚本:アレハンドロ=アメナーバル
撮影:ハビエル=アギーレサロベ
音楽:アレハンドロ=アメナーバル

<キャスト>
グレース:ニコール=キッドマン
ミセス=ミルズ:フィオヌラ=フラナガン
チャールズ:クリストファー=エクルストン
アン:アラキーナ=マン
ニコラス:ジェームズ=ベントレー
タトル:エリック=サイクス
ビクター:アレクサンダー=ヴィンス
マーリッシュ:キース=アレン

<イントロダクション>
この家には他の誰か(アザーズ)がいる? 光アレルギーの子どもを抱え、昼も闇の中で暮らす母親は何かの気配と怪現象におびえる。N・キッドマン主演のサスペンスホラー。

「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」などの演技派女優キッドマンが、大きな屋敷の中でたびたび感じる他人(アザーズ)の気配におびえる母親を熱演したサスペンスホラー。「海を飛ぶ夢」などの鬼才A・アメナーバル監督が、霧に包まれた大邸宅を舞台に、重厚なゴシック風の雰囲気たっぷりのサスペンスを描いて見せた。「めぐりあう時間たち」でアカデミー賞主演女優賞に輝き、念願のオスカー女優となったばかりのN・キッドマンが見せるおびえた表情も出色で、ヒッチコック映画のヒロインを思わせる美しさだ。

<放送内容>
1945年。英国ジャージー島に立つ大邸宅で、グレースは出征した夫の帰りを待っていた。2人の子は極度の光アレルギーで、屋敷は日中も厚いカーテンが降ろされていた。ある日、以前屋敷で働いていたというミセス・ミルズら3人の男女が来訪。使用人がいなくなって困っていたグレースは彼らを雇うが、以来、夜中にピアノが鳴りだしたり、誰もいない部屋で物音がするといった怪現象が頻発する。果たして原因は3人にあるのか……。

<鑑賞チャネル>
WOWOWOオンデマンド

| | コメント (0)

2022.05.05

映画『7500』(お薦め度★★★)

amazonスタジオ制作でamazonプライム・ビデオで配信されている作品です。
プライム・ビデオの紹介コンテンツのサムネイルで鑑賞することにしました。

なかなかスリリングです。
ハイジャックの映画はいくつか観てきましたが、本作はなるほどと思うようなリアリティを感じました。

パイロットの使命感と責任感を目の当たりにする内容です。

<作品データ>
原題:7500
制作年:2019
制作国:アメリカ、オーストリア、ドイツ
内容時間:92分

<スタッフ>
監督:ロド=サヤゲス
製作:サム=ライミ、ロバート=タパート、フェデ=アルバレス
脚本:ロド=サヤゲス、フェデ=アルバレス
撮影:ペドロ=ルケ
音楽:ロケ=バニョス

<キャスト>
トビアス=エリス:ジョセフ=ゴードン=レヴィット
ヴェダット:オミッド=メマール
マイケル=ラッツマン機長:カルロ=キッツリンガー
ギョクチェ:アイリン=テツェル
ナタリー:オーレリー=テポ
ケナン:ムラタン=ムスル
ダニエル:ポール=ヴォリン

<イントロダクション>
テロリストの一団が、ベルリン発パリ行きの旅客機をハイジャックしようとする。乗客と乗員の命を救うべく奮闘する、温厚な若いアメリカ人副操縦士。だが思いがけずハイジャッカーの1人と心を通わせていく。

<鑑賞チャネル>
amazonプライム・ビデオ

| | コメント (0)

2022.03.29

ドラマ「ユーチューバーに娘はやらん!」[全10話](お薦め度★★★)

ゆるゆるなファリミーコメディドラマで楽しめました。
初回の悲劇的なエピソードはナイスでした。お見事です。

最終話はアイデア切れでしたが、まあまあだったでしょう。

残念だったのは、ドラマ放映中に佐々木希の夫・アンジャッシュ渡部建が芸能界に復帰したことで、実生活を感じさせる痛さがあったことです。主役級の女優としては致命的です。

以下、番組公式サイトから引用。

<オンエア情報>
テレビ東京、2022年1月17日〜3月28日毎週月曜23時06分放送。「ドラマプレミア23」枠。

<スタッフ>
企画・原作:秋元康
監督:西浦正記、関野宗紀、松田祐輔
脚本:舘そらみ、川﨑いづみ、いとう菜のは、本田隆朗
音楽:鈴木ヤスヨシ
主題歌:Da-iCE 「SWITCH」(avex trax)
エンディングテーマ:Myuk 「アイセタ」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
チーフプロデューサー:阿部真士(テレビ東京)
プロデューサー:田辺勇人(テレビ東京)、滝山直史(テレビ東京)、高田良平(リオネス) 、鎌倉希(リオネス)
制作:テレビ東京、リオネス
製作著作:「ユーチューバーに娘はやらん!」製作委員会

<キャスト>
佐々木希
金子ノブアキ
戸塚純貴
若月佑美
栗山英宜
斉藤由貴
遠藤憲一

<イントロダクション>
企画・原作 秋元康が仕掛けるラブコメディ!
佐々木希・テレビ東京初主演!豪華共演者も解禁!人生最高で最悪な日を過ごしたヒロインはテレビ局員とユーチューバーどちらを選ぶ?「ユーチューバーに娘はやらん!」放送決定!

ここに、まもなく結婚式を挙げる女性がいる。彼女の名前は平千紗(佐々木希)。迎えた人生最大の晴れ舞台。しかし、その日に起こってしまったある悲劇…そんな最悪の日に2人の男が千紗の前に現れる。高収入で安定志向のテレビ局員・榎本信(金子ノブアキ)と、好きを貫く登録者数 100 万人超えの人気ユーチューバー・タックタック(戸塚純貴)。「どちらを選べば幸せになれる?」会社員という安心・手堅さを選ぶのか、明日をも分からない不良性を選ぶのか。2人に翻弄されながらも惹かれていく千紗の究極の選択!父・総一郎(遠藤憲一)のハードルもあり、彼女の恋路は山あり谷ありの連続!?月曜日の夜に楽しく見られるラブコメディ!果たして最後に千紗が選ぶのは、テレビ局員かユーチューバーか!?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧