2021.10.17

映画『ハード・キル』(お薦め度★★★)

設定が貧弱ながら、演出が良いので結構楽しめました。
グレート・リセットを扱っています。
究極の量子AIシステムで世界征服を目指す悪者から、銃撃戦で正義を守るという物語です。

陳腐な攻防戦で世界の命運がかけられるという薄っぺらい設定に呆れます。ただし、ガンアクションは見応えがありました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Hard Kill
制作年:2020
制作国:アメリカ
内容時間:99分

<スタッフ>
監督:マット=エスカンダリ
製作:ランドール=エメット、ジョージ=ファーラほか
脚本:ジョー=ルッソ、クリス=ラモント
撮影:ブライアン=コス
音楽:ライアン=デリコ

<出演>
デレク=ミラー:ジェシー=メトカーフ
デイトン=チャルマーズ:ブルース=ウィリス
エバ=チャルマーズ:ララ=ケント
サーシャ=ジンデル:ナタリー=エヴァ=マリー
ニック=フォックス:テキサス=バトル
パードナー:セルジョ=リッツート
ダッシュ=ホーキンス:スウェン=テメル
ハリソン=ジンデル:ジョン=ガラニス

<イントロダクション>
世界の秩序を崩壊させかねない量子AIシステムをめぐり、テロ一味と傭兵部隊の死闘が展開する。B・ウィリスがシステムのコードを知るキーマンを演じたハードアクション。

精鋭ぞろいだが人数で劣る傭兵チームが、圧倒的多数で迫るテロリスト軍団と激闘を繰り広げるノンストップハードアクション。B・ウィリスが、人質に取られた娘を救い出し、世界秩序を崩壊させる危険性をはらんだ新開発の量子AIシステムを守るため傭兵チームを雇ったキーマンを貫禄たっぷりに演じた。「大脱出2」などのJ・メトカーフが、傭兵チームを率いる主人公を演じ、多彩なアクションを披露する。監督は、「THE LAW 刑事の掟」、「ナイト・サバイバー」でもウィリスと組んだM・エスカンダリ。

<放送内容>
すご腕の傭兵デレクは、あるシステム開発会社のCEOデイトンから護衛任務を依頼される。デイトンの会社が開発した新システムが国際テロリスト“パードナー”に奪われ、制御コードを知るデイトンの身柄が狙われているというのだ。依頼を受け、精鋭の仲間たちを集めたデレクだが、やがて任務の本当の目的が、パードナー一味に人質に取られたデイトンの娘エバの奪還だと判明。デレクたちは少数で多数のテロ軍団に立ち向かうことに。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2021.10.13

映画『燃ゆる女の肖像』(お薦め度★★★)

LGBT作品です。
興味のあるジャンルでは無いので、特別なものは感じません。
ストーリーとしては、キレイにまとまっているといったところでしょうか。

邦題はカッコいいのですが、映画の内容からすると誇張しているというか、これでこのタイトルを付けるのかという印象でしっくりしません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Portrait de la jeune fille en feu
制作年:2019
制作国:フランス
内容時間:122分

<スタッフ>
監督・脚本:セリーヌ=シアマ
製作:ベネディクト=クーヴルール
撮影:クレア=マトン

<出演>
マリアンヌ:ノエミ=メルラン
エロイーズ:アデル=エネル
ソフィー:ルアナ=バイラミ
伯爵夫人:ヴァレリア=ゴリノ

<イントロダクション>
第72回カンヌ国際映画祭で脚本賞とクィア・パルム賞の2冠に輝いたほか、世界中で絶賛を浴びて数多くの映画賞を受賞。注目の女性監督C・シアマ監督が放った鮮烈な傑作。

自らの望まない結婚を目前に控えた貴族の娘と、彼女の肖像画を描くことになった女性画家。18世紀、フランスの孤島を舞台に、2人の女性がいつしか宿命の恋に落ちるさまを、「ガールフッド」のシアマ監督がこの上なく繊細かつ情熱的に活写。主役の2人に抜擢された「午後8時の訪問者」のA・エネルと「不実な女と官能詩人」のN・メルランも、息詰まる熱演を披露。世界初上映の場となった第72回カンヌ国際映画祭では脚本賞に加え、クィア・パルム賞にも輝き、LGBT映画の新たな聖典として一躍高い評価を得た。

<放送内容>
18世紀、フランス。女性画家のマリアンヌは、とある伯爵夫人から、お見合い用に娘エロイーズの肖像画を描くよう頼まれる。本人は結婚を望んでいなかったため、目的と正体を隠してエロイーズに近づいたマリアンヌは、彼女の肖像画をひそかに描き上げるが、真実を知ったエロイーズからその絵を強烈に否定されてしまう。絵を描き直すことを決意したマリアンヌは、エロイーズと新たに親密な関係を築くうち、彼女と激しい恋に落ちる。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2021.09.15

映画『ディメンション(2020)』(お薦め度★★★)

楽しめました。
近年のアメリカ映画は、パンドラの箱を開けてそれからの展開を描きます。本作もその流れで、しかも明るい内容です。

舞台がアメリカからコスタリカに飛んで、カナダに移動するというダイナミックさがあり、ラテン系のノリです。

人物設定が謎ですね。元木こりが最先端研究者とかわけわからんでした。

ヒロインのハイディ=クアンが美しいですね。アジアンビューティーです。検索したところ、日本語での説明するサイトが無かったので、写真だけを眺めたのですが、超美人です。中国系の方でしょうか。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Proximity
制作年:2020
制作国:アメリカ
内容時間:120分

<スタッフ>
監督・脚本:エリック=デミューシー
製作:エリック=デミューシー、アンドレア=ドンダンヴィル、カイル=マッキンタイア
撮影:ジェイソン=ミッチェルトゥリー
音楽:ジャーメイン=ステゴール

<出演>
アイザック=サイプレス:ライアン=マッソン
サラ:ハイディ=クアン
ゼッド:クリスチャン=プレンティス
エージェント=グレイヴス:ショウ=ジョーンズ
カール=マイズナー:ドン=スクリブナー

<イントロダクション>
巨大な未確認飛行物体を目撃し、異星人にアブダクション(誘拐)されたNASAの天才科学者。真実を求める彼は、やがて謎の組織に追われ始める。驚異のSFサスペンス。

異星人による地球人の誘拐=エイリアンアブダクションを題材にしたSFサスペンス。UFOを目撃した後、数日間の記憶を失った主人公が、偶然撮影した証拠映像を公開するのだが、かえってデタラメだと糾弾されることになり……。映画「MIB」シリーズでも描かれたような政府の秘密組織に追われながら、科学者としてのプライドを懸けて真実を解き明かそうとする主人公の奔走が描かれる。組織の追っ手であるAIロボットからの逃亡劇にキーパーソンを捜す探索劇、そして予想を裏切るクライマックスに注目だ。

<放送内容>
ビデオ日記の撮影のため山中を散策していたNASAの科学者アイザックは、巨大な未確認飛行物体と人間型の地球外生命体に遭遇する。とっさにカメラを回すアイザックだが、気が付くと数日が過ぎ去っていた。彼は地球外生命体が映った映像をネットに投稿、瞬く間にその真贋をめぐって騒動が巻き起こる。真実を求める中で、アイザックは同じように宇宙人にさらわれた経験を持つ女性サラと知り合うが、2人は謎の組織に拘束され……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2021.09.08

映画『ザ・コール 緊急通報指令室』(お薦め度★★★)

もどかしくて、フラストレーションだけが溜まる作品です。

終盤のおそらくありえない展開とホラーなトーンに評価を下げました。
観客以上にフラストレーションを起こしていたのは、制作側だったのかもしれません。

全編に渡って、冷徹にクールに描く選択肢があったように思います。アメリカ映画の悪い部分が出てしまいました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:The Call
制作年:2013
制作国:アメリカ
内容時間:94分

<スタッフ>
監督:ブラッド=アンダーソン
製作:ジェフ=グラウプ、マイケル=J=ルイジ、ロバート=L=スタインほか
原案:リチャード=ドヴィディオ、ニコール=ドヴィディオ、ジョン=ボーケンキャンプ
脚本:リチャード=ドヴィディオ
撮影:トーマス=ヤツコ
音楽:ジョン=デブニー

<出演>
ジョーダン:ハリー=ベリー
ケイシー:アビゲイル=ブレスリン
ポール:モーリス=チェスナット
マイケル:マイケル=エクランド
アラン:マイケル=インペリオリ

<イントロダクション>
誘拐された少女からの緊急通報を受けたオペレーターが、電話越しの通話だけを頼りに少女の救出劇に乗り出すさまを緊迫度満点に描いたH・ベリー主演のサスペンススリラー。

犯罪や災害の目撃情報、自殺の予告など、市民からのさまざまな緊急通報が寄せられる米国の911のコールセンター。本作では、絶えず緊張を強いられる一方で常に沈着冷静な対応が求められる、この知られざる過酷な現場に焦点を当てて、息詰まる緊迫したサスペンスドラマを構築。必死の助けを求める少女からの通話だけを頼りに、忌まわしい少女連続誘拐犯を粘り強く追い詰めていく女性オペレーターのヒロインを、「ダーク・タイド」のベリーがタフに熱演。監督は「マシニスト」のB・アンダーソン。

<放送内容>
911のコールセンターで働く女性オペレーターのジョーダン。ある日、彼女は、不法侵入者におびえる女性からの緊急通報を受けるが、自分の一瞬の判断ミスから通報者の命が奪われる形となり、自責の念に駆られることに。それから半年後、何者かに誘拐され、車のトランク内に監禁されている少女ケイシーから緊急通報を受けたジョーダンは、的確な指示をケイシーに送って、走行中の車の現在位置や誘拐犯を次第に割り出していく。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2021.09.03

映画『ナイトクローラー』(お薦め度★★★)

報道パパラッチの物語は嫌ですね。
ジェイク=ギレンホールが、類まれな演技力で同しようもない主人公に成り切ります。

金のために増殖しているお騒がせYouTuberの先駆けとなるモデルでした。

本当に嫌な人種です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Nightcrawler
制作年:2014
制作国:アメリカ
内容時間:118分

<スタッフ>
監督・脚本:ダン=ギルロイ
製作:ジェニファー=フォックス、トニー=ギルロイ、ジェイク=ギレンホールほか
撮影:ロバート=エルスウィット
音楽:ジェームズ=ニュートン=ハワード

<出演>
ルイス=ブルーム:ジェイク=ギレンホール
ニーナ=ロミナ:レネ=ルッソ
リック:リズ=アーメッド
ジョー=ロダー:ビル=パクストン
リンダ:アン=キューザック

<イントロダクション>
視聴率至上主義の現代のTV業界が生み出した恐るべき報道パパラッチの主人公に扮して、J・ギレンホールが鬼気迫る演技を披露し、絶賛を博した戦慄のサスペンスドラマ。

「ナイトクローラー」とは、夜の街をはい回り、事件や事故現場にいち早く駆けつけて刺激的な映像を撮影しては、TV局に高値で売りつける報道パパラッチのこと。まるで腐肉に群がるハイエナのごとく、他人の不幸を食い物にしてひたすらセンセーショナルな特ダネを追い続ける彼らの知られざる生態を、脚本家出身でこれが初監督作となるD・ギルロイが赤裸々に激写。熱心な役作りで知られる演技派のギレンホールが、あえて減量して目をギラつかせた主人公を不気味に怪演し、絶賛を博した。共演は監督の愛妻R・ルッソ。

<放送内容>
ロサンゼルスの街で、学歴もコネもないまま孤独に生きてきたルイス。ある晩、交通事故現場を通りかかって、事件や事故報道のスクープ映像を売り物にする報道パパラッチの存在を知り、興味を覚えた彼は、ビデオカメラと無線傍受機を手に入れると、自らも「ナイトクローラー」として活動し始める。次第にそのコツを覚えたルイスは、ある晩、凶悪犯罪の事件現場にひそかに忍び込み、極上の特ダネ映像を撮影するのに成功するのだが…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2021.09.02

映画『ブラックブック』(お薦め度★★★)

怒涛の展開で演出が冴えています。
実話から閃いた物語のため、リアリティが弱いものの、圧倒的なストーリー性で押し通します。

流石はポール=ヴァーホーヴェン監督です。

正義は必ず報われるというテーマに共感します。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Zwartboek
制作年:2006
制作国:オランダ・ドイツ・イギリス・ベルギー
内容時間:146分

<スタッフ>
監督:ポール=ヴァーホーヴェン
製作:サン=フー=マルサ、テューン=ヒルテ、ジョス=ヴァン=ダー=リンデン
原案:ジェラルド=ソエトマン
脚本:ポール=ヴァーホーヴェン、ジェラルド=ソエトマン
撮影:カール=ウォルター=リンデンローブ
音楽:アン=ダドリー

<出演>
エリス(ラヘル):カリス=ファン=ハウテン
ムンツェ:セバスチャン=コッホ
ハンス=アッカーマン:トム=ホフマン
フランケン:ワルデマー=コブス
ロニー:ハリナ=ライン
スマール:ドルフ=デ=ヴリーズ

<イントロダクション>
鬼才P・ヴァーホーヴェン監督が母国オランダに戻って手掛けた、衝撃の戦争映画。ナチスに家族を殺されたユダヤ人女性はレジスタンスのスパイとしてドイツ将校に接近する。

オランダで「ルトガー・ハウアー/危険な愛」などの衝撃作を手掛けた後、米国で「ロボコップ(1987)」「氷の微笑」などを放ったヴァーホーヴェンが20数年ぶりに母国で製作した本作。日本円にして約25億円というオランダ映画史上最高製作費を注いだのも話題だ。ナチス対レジスタンスの死闘という題材自体珍しくないが、テンションの高い演出、刺激的なバイオレンスとエロティシズム、タフな女性像など、ヴァーホーヴェンのトレードマークは健在。監督が完成当時68歳だったと思えないほどエネルギッシュだ。

<放送内容>
1944年9月、オランダ。ユダヤ人の女性歌手ラヘルはナチスの弾圧から逃れるべく、両親や弟と南部に逃亡。だが道中に現われたドイツ軍はラヘルの家族を含むユダヤ人たちを皆殺しにし、遺体から金品を奪う。脱出したラヘルはレジスタンスにかくまわれ、髪をブロンドに染め、名前をエリスと変える。やがて現地のドイツ軍事情を探るスパイ役を頼まれたエリスはドイツ軍将校のムンツェに接近。彼の愛人になることに成功するが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2021.08.31

映画『リトル・ジョー』(お薦め度★★★)

静的な異色のホラーです。
動きが無いものの、雅楽を連想させる効果音(音楽)が不気味で不安感を煽ります。

考えすぎかもしれませんが、新型コロナ対策のワクチン接種を象徴しているようで、リアルな恐怖も感じました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Little Joe
制作年:2019
制作国:アメリカ
内容時間:106分

<スタッフ>
監督:ジェシカ=ハウスナー
製作:ブルノ=ワグナー、ベルトラン=フェヴル、ジェシカ=ハウスナーほか
脚本:ジェシカ=ハウスナー、ジェラルディン=バヤール
撮影:マルティン=ゲシュラハト
音楽:伊藤貞司

<出演>
アリス:エミリー=ビーチャム
クリス:ベン=ウィショー
ベラ:ケリー=フォックス
ジョー:キット=コナー
カール:デヴィッド=ウィルモット

<イントロダクション>
第72回カンヌ国際映画祭で一躍評判を呼び、主演のE・ビ-チャムが女優賞を獲得。真っ赤に咲き誇る新種の花が人々にもたらす不気味な恐怖を鮮烈に描いた新感覚スリラー。

遺伝子操作による品種改良によって開発された新種の植物、〈リトル・ジョー〉。人を幸せにするといううたい文句とは裏腹に、毒々しいまでに妖しく咲き誇るこの真紅の花は、人々にある思いがけない変化をもたらすのだった…。気鋭の女性映画監督J・ハウスナーが、耽美的な色彩と、今は亡き日本人作曲家・伊藤貞司による、尺八や琴など、和楽器を使ったオリエンタルな音楽を全編に効果的に用いて、不穏なムードを巧みに演出。研究者のヒロインを好演したビ-チャムが第72回カンヌ国際映画祭で女優賞にみごと輝いた。

<放送内容>
とあるバイオ企業で新種の植物開発に取り組む、シングルマザーの研究者アリス。彼女は、遺伝子操作による品種改良により、幸せな香りを放つ新種の真紅の花を生み出すことに成功。息子のジョーにちなんで〈リトル・ジョー〉と名付けたこの花を、ある日アリスは、会社の規定に反して、息子への贈り物として一鉢、自宅にひそかに持ち帰る。しかし、その花の香りを吸い込んだ人々は、やがて人が変わったような態度を見せるようになる。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2021.08.27

映画『ゴーストシップ』(お薦め度★★★)

結構面白い海洋ホラーです。
テンポよく、しっかりと経緯を説明してくれるので、ホラーにも関わらずスッキリとした話でした。

しかも、お金をかけており、本物感がしっかりしていました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Ghost Ship
制作年:2002
制作国:アメリカ
内容時間:91分

<スタッフ>
監督:スティーヴ=ベック
製作:ギルバート=アドラー、ジョエル=シルヴァー、ロバート=ゼメキス
脚本:マーク=ハンロン、ジョン=ポーグ
撮影:ゲイル=タッターサル
音楽:ジョン=フリッツェル

<出演>
モーリーン=エップス:ジュリアナ=マルグリーズ
グリアー:イザイア=ワシントン
ショーン=マーフィ:ガブリエル=バーン
ドッジ:ロン=エルダード
ジャック=フェリマン:デズモンド=ハリントン
サントス:アレックス=ディミトリアデス

<イントロダクション>
40年間も行方不明だった豪華客船が突如姿を現わす。調査のため、“幽霊船”にサルベージ隊が乗り込むが……。周囲から孤立した大海原で展開する、衝撃のオカルトホラー。

「マトリックス」シリーズの製作者J・シルヴァーと「キャスト・アウェイ」のR・ゼメキス監督が設立したホラー映画会社、ダーク・キャッスル・エンターテインメントの第3作。ある惨劇以後、40年もの間、海をさまよっていた幽霊船の調査に訪れたチームは、恐怖に襲われる。見どころのVFXはCGだけでなく、10メートルを超す大型模型を使って撮影されたという幽霊船の映像が迫力満点。特に冒頭、華麗な船上パーティーが背景のショッキング場面はスリリング。出演は「ミラーズ・クロッシング」のG・バーンら。

<放送内容>
マーフィ船長率いる海洋サルベージ船“アークティック・ウォリアー”のクルーたちは、空軍パイロットのフェリマンから“幽霊船”の調査を頼まれる。それはベーリング海を漂流しているという。出港したクルーは、やがてとんでもないものを発見。その船は1962年にぜいを尽くして建造されたイタリアの豪華客船“グレーザー号”だった。大西洋上で突然姿を消したその船がなぜ40年後に現われたのか。クルーたちはその船内へ……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2021.08.25

ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」[全8話](お薦め度★★★)

飯豊まりえがかわいかったですね。
ほっこりするドラマでした。当初感じた通りです。

優等生キャラの飯豊まりえがやさぐれて、男前の食べ方で食事を進める醍醐味はギャップ萌えでした。

白馬の王子様が冴えない柄本時生で笑えました。

怖いもの見たさで続編も期待したいところですが、すれ違いは徹底するのでしょうね。運命を手玉にとって欲しいです(笑)。

以下、番組サイトから引用。

<オンエア情報>
テレビ東京、2021年7月2日〜8月20日毎週木曜深夜1時~1時30分放送。
動画配信サービス『Paravi』にて全話独占先行配信中。

<スタッフ>
監督:西川達郎、たかせしゅうほう、北尾賢人、佐々木豪
脚本:たかせしゅうほう、田口佳宏
プロデューサー:川村庄子(テレビ東京)、吉見健士(共同テレビ)、菊池武博(共同テレビ)
製作著作:テレビ東京
制作協力:共同テレビ

主題歌:瑛人「僕はバカ」(A.S.A.B)

<キャスト>
飯豊まりえ
柄本時生
下野紘(声の出演)
辻凪子
川原和久
ダンディ坂野
片桐はいり

各話出演者
1話 勝村政信 瑛人 川村エミコ
2話 木下ほうか 小田井涼平
3話 玉袋筋太郎 鳥居みゆき
4話 オカダ・カズチカ
5話 渡辺満里奈 鈴木亜美
6話 市川紗椰 早見沙織(声の出演)
7話 高橋努 田中聡元 小野真弓 山田キヌヲ
8話 峯村リエ

<イントロダクション>
飯豊まりえが生粋のひねくれ主人公として
誰とも繋がらない孤独の食事『ボッチ飯』
一人だからこそ美味い飯に集中し、日常を忘れて英気を養う!

主演は、女優・モデルと大活躍中の飯豊まりえ。テレ東ドラマ初主演!
飯豊が演じるのは、人づきあいが苦手で友達もいない、ひねくれ女の川本つぐみ。
連続テレビ小説「まれ」、「君と世界が終わる日に」等、話題作に出演し、映画「いなくなれ、群青」(2019)ではヒロインを務め近年幅広い役に挑戦し、頭角を現している彼女が、本作では一体どのように、ひねくれ女・つぐみを演じるのか、こうご期待です!

相手役には、どの作品でも異質な存在感を放つ実力派俳優、柄本時生。
柄本が演じるのは、「ホワイトホース」というアカウント名でインスタグラムにて食事の写真を投稿する男・白石一馬。
「わたし、定時で帰ります。」(2019)、映画「バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~」(2021)、舞台「泣くロミオと怒るジュリエット」(2020)など、舞台から映画まで数多くの作品に出演している柄本が、飯豊演じる川本つぐみの白馬の王子様に?!
主演の飯豊とは、「誘拐法廷~セブンデイズ~」(2018年)以来、2年ぶりの共演となります。
テレ東らしい、どうしても食べたくなってしまうグルメ映像と、二人のすれ違い恋愛コメディを、お楽しみに!

| | コメント (0)

2021.08.19

ドラマ「こころのフフフ」[全9話](お薦め度★★★)

ほっこりして、微笑ましくて癒やされる学園ファンタジードラマです。
設定が素晴らしい!いじめが無い学園ドラマは、楽園ですね。
そこで起こる不思議なエピソードに和みました。

学生たちは10代の俳優たちです。
素直で清々しい演技に非常に好感が持てました。

WOWOWオリジナルドラマは、真面目すぎて最近は全く観ていなかったのですが、緩くてとびきり新鮮なドラマを制作してくれて見直しました。引き続き「ショートショート劇場」を充実させて欲しいです。

<オンエア情報>
WOWOW、2021年8月15日一挙放送。

<スタッフ>
企画:亀山公亮、千原秀介(AOI Pro.)
原案:田丸雅智
脚本:吹上よう
監督:村尾嘉昭
音楽:遠藤浩二
主題歌:Vaundy『世界の秘密』(SDR)
プロデューサー:大木綾子
プロデューサー:大高さえ子
制作協力:TBSスパークル

<キャスト>
田牧そら
山崎天(櫻坂46)
大西利空

ゲスト
菊池亜希子
TAIGA
杉野遥亮
DJ KOO
白石加代子
YOU
矢部太郎
壇蜜
TAKAHIRO
片桐仁
大倉空人
冨永 愛
後藤淳平(ジャルジャル)
ハリウッドザコシショウ

<イントロダクション>
短編の「海酒(うみしゅ)」が、樹立社ショートショートコンテストで最優秀賞に輝くなど、シュールながらノスタルジックなぬくもりを持つ作品で人々を魅了し、現代ショートショートの第一人者と目されている田丸雅智の完全オリジナル原案で描く短編連続ドラマ。不思議で印象的な結末のある9つの物語を、1話約10分で綴る。「袖サロン」や「なまリップ」「腹ベル部」等タイトルだけでも興味を引かれる本作は、内容も自然と「フフフ」とほほえんでしまうような優しいドラマに仕上がっている。
主人公の奥野こころを演じるのは大注目若手女優・田牧そら。田牧はドラマ初主演にして初の高校生役に挑む。こころの親友となる同級生、鳥居あすか役には、ドラマ初挑戦となる山崎天(櫻坂46)。こころの幼なじみで同級生の瀬川小太郎役に、数々の話題作に出演する大西利空。そして、各話に個性あふれる豪華ゲストも出演!菊池亜希子、TAIGA、杉野遥亮、DJ KOO、白石加代子、YOU、矢部太郎、壇蜜、TAKAHIRO、片桐仁、大倉空人、冨永愛、後藤淳平(ジャルジャル)、ハリウッドザコシショウが、“ちょっと不思議な世界”を彩る。お楽しみに!

<放送内容>
現代ショートショートの旗手・田丸雅智のオリジナル原案で描く9つの不思議な物語。主演は注目若手女優の田牧そら。山崎天(櫻坂46)、大西利空が同級生役で出演

奥野こころ(田牧そら)は今日から高校1年生。のんびり屋の両親に育てられ、同年代の子たちに比べて、世界をまだ全然知らないこころは、隣の席に座った鳥居あすか(山崎天)のカーディガンの袖が極端に長いことに驚く。どうやら袖は自然に伸びるもので、“袖サロン”で切らなきゃ伸び放題らしい。「高校って、すごい!」と、そこから聞いたこともない言葉、見たこともない景色をどんどん目の当たりにしていくこころ。幼なじみの瀬川小太郎(大西利空)と“腹ベル部”に入部させられ、青春を謳歌したり、クラスで“なまリップ”や“エアドーナツ”がはやったり、“紺ソの森”へ職業体験に行ったり……と、好奇心旺盛なこころは身の周りに訪れる新しい出来事を「フフフ」と笑い、楽しんでいく。

<鑑賞チャンネル>
WOWOWオンデマンド

| | コメント (0)

より以前の記事一覧