2024.02.05

映画『八つ墓村』(お薦め度★★)

たまたまスマホのネットニュースでYouTubeの松竹シネマPLUSシアター「≪松竹映画≫毎月第一金曜20時から2週間期間限定無料公開(2/2~2/15)八つ墓村」が観れると知り、観ました。

観たかどうか記憶がありませんでしたが、映画音楽は覚えており結末での犯人が誰だったかは事前に分かりました。

金田一耕助といえば、東宝映画の市川崑監督による石坂浩二を真っ先に思い出します。渥美清の金田一耕助はほとんど印象に残っていません。

当時は山崎努の懐中電灯2つを鉢巻でまいて村人を襲うシーンが大々的に宣伝されて、その猟奇性やおぞましさをアピールしていました。松竹としてはかなり力を入れた大作で豪華俳優たちが出演していました。

改めて観ると、台詞が不自然で金田一耕助の謎解きはまるっきりチンプンカンプンでミステリーとしては残念でしかない内容です。終盤の薄暗い鍾乳洞での鬼ごっこの演出はかなり残念でした。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:1977
制作国:日本
内容時間:152分

<スタッフ>
監督:野村芳太郎
製作:野村芳太郎、杉崎重美、織田明
脚本:橋本忍
撮影:川又昂
音楽:芥川也寸志

<出演>
金田一耕助:渥美清
寺田辰弥:萩原健一
森美也子:小川眞由美
多治見要蔵/久弥:山﨑努
磯川警部:花澤徳衛
多治見春代:山本陽子
多治見小竹:市原悦子

<イントロダクション>
平家の落ち武者の怨念に呪われた村で、奇怪な殺人事件が次々と発生。「犬神家の一族」以後の横溝正史ブームの中、松竹が放ったミステリー大作。渥美清、萩原健一など共演。

かつて400年前、平家の落ち武者8人を皆殺しにしたことにその名が由来する山村、八つ墓村。この呪われた地で、時代を隔てた後もなお陰惨でおどろおどろしい悲劇が繰り返される様子を、「砂の器」の野村芳太郎監督が重厚なタッチで描写。“たたりじゃー!”という宣伝文句が、当時話題を呼んだ。“寅さん”役でおなじみの渥美清が金田一耕助役に挑んだほか、萩原健一、小川眞由美ら、豪華な顔触れが共演。原作は1951年と1996年にも映画化された。

<放送内容>
東京に住む青年・寺田辰弥は、自分が岡山の八つ墓村にある旧家、多治見家の跡取りだと知らされる。だが辰弥と対面を果たした母方の祖父や多治見家の当主・久弥は、相次いで何者かに毒殺される。さらに辰弥は、久弥の弟で自分の亡き父の要蔵が大正時代、村人を32人も惨殺した伝説的人物であるという意外な話を聞かされる。一方、事件の調査を開始した探偵の金田一は、実は辰弥の父親は要蔵でないという驚愕の事実を突き止め……。

<鑑賞チャンネル>
YouTubeの松竹シネマPLUSシアター

| | コメント (0)

2023.12.25

ドラマ「あたりのキッチン!」[全11話](お薦め度★★)

主人公がコミュニケーション能力ゼロという設定で、桜田ひよりが主演なので観ました。

前半は設定を守ってそれなりに共感できたのですが、後半に入ると期待外れのキャラクターが登場したり、定食屋と偶然過ぎる縁のエピソードでグズグズになりました。

最終回は裏口入学的な展開で、“絶対味覚”をもつ大学生・辺清美の成長物語としてはしょぼいものになりました。

もっと現代にあわせて才能を開花させるストーリーを用意すべきだと思いました。結局料理人を目指す王道に寄せるしかなかったのは残念です。

<オンエア情報>
フジテレビ、2023年10月14日~12月23日毎週土曜23時40分放送。

<スタッフ>
原作:白乃 雪「あたりのキッチン!」(講談社アフタヌーンKC)
企画:市野直親 (東海テレビ)
脚本:橋本夏、ニシオカ・ト・ニール
音楽:MAYUKO、眞鍋昭大
演出:岩田和行、菊川誠、本間利幸、木下高男
プロデューサー:遠山圭介 (東海テレビ)、貸川聡子 (共同テレビ)
制作協力:共同テレビ
制作著作:東海テレビ

<キャスト>
辺 清美:桜田ひより
中江清正:窪塚愛流
鈴代 桜:工藤美桜
楠木ハル:峯村リエ
辺 明美:原 沙知絵
中江善次郎:渡部篤郎

<イントロダクション>
コミュニケーション能力はゼロ…でも
食材から調味料の配合までぴったり的中できる!
“絶対味覚”をもつ大学生・辺 清美あたり きよみの成長物語。

挙動不審でいつも空回り!?
接客は0点だけど想いを込めた料理でオーダー以上の美味しさをお届け!
食欲の秋!胃袋も心も掴むハートフル“グルメ”ドラマ!

極度の人見知りで他人とまともな会話ができず、目すら合わせられない…
コミュニケーション能力ゼロ、ゆえに友達もできず空回りばかりしてしまう大学3年生・辺 清美。
そんな清美が唯一可能なコミュニケーション手段は「料理」だった!
このドラマは料理を通じて清美の成長を描くハートフル“グルメ”ドラマです。

一度食べた料理は食材はもちろん、「小さじ1杯」といった調味料の微細な配合まで
完璧にわかる“絶対味覚”を持つ清美。
就職活動を前に、「これまでの自分を変えたい!」と思い切って飛び込んだ定食屋でアルバイトをスタートさせます。
“コミュ力ゼロ”のため接客はからきし……でも料理の腕はピカイチ!
想いを込めた料理を通して、ちょっと訳ありなお客さんの心をほぐし、温めていきます。

登場するのは、サバの味噌煮やメンチカツなどフツーの家庭料理ばかり。
しかし料理は値段や見た目ではない、“食べる人への想い”こそが最高の調味料。
いわゆる「飯テロ」ドラマとは一線を画する、じんわりと心に沁みるエピソード満載の
ハートフル“グルメ”ドラマです。

「清美の料理は、元気になる」

料理はまさに最高のコミュニケーション。
土曜の夜、観るとほっこりとした気持ちになり、そして必ずお腹が空く!
こんな店が近くにあったら行ってみたい!
そんな魅力の詰まった定食屋さんが、この秋、開店です!

| | コメント (0)

2023.12.20

ドラマ「泥濘の食卓(ぬかるみのしょくたく)」[全9話](お薦め度★★)

へっ?
これで終り、、、

いや~、スッカスカで残念です。

バラエティ番組「キョコロヒー」で斉藤京子を知り、ドラマ主演ができるのかと疑いつつ観たところ、それなりにハマった演技で感心しました。さらに、脚本が秀逸でかなり難しい設定ながら破綻せずに展開します。

不倫ドラマなのにホラーテイストでサスペンス性もあり、ドラマとして非常に楽しめました。原菜乃華の演技は見事でした。

しかし、何で最後があんな終わり方なのでしょうか。ぶち壊しです。高評価でしたが、一気に駄作に感じてしまいました。

続編を狙っているのかわかりませんが、勿体無いとしか言いようがありません。

<オンエア情報>
テレビ朝日、2023年10月21日~12月16日毎週土曜23時30分放送。土曜ナイトドラマ枠。

<スタッフ>
原作:伊奈子『泥濘の食卓』(新潮社バンチコミックス刊)
脚本:倉光泰子、神田 優、安里麻里
演出:安里麻里、角田恭弥
音楽:横山 克
ゼネラルプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー:高崎壮太(テレビ朝日)、近藤多聞(C&I エンタテインメント)
共同プロデューサー:村山えりか(C&I エンタテインメント)
制作協力:C&I エンタテインメント
制作著作:テレビ朝日

主題歌:ヘッドフォンの中の世界『引き算の美学』(ユニバーサル ミュージック)

<キャスト>
捻木深愛(ねじき・みあ25):齊藤京子 (日向坂46)
那須川夏生(なすかわ・なつお47):吉沢悠
那須川ハルキ(なすかわ・はるき16):櫻井海音
那須川ふみこ(なすかわ・ふみこ48):戸田菜穂
尾崎ちふゆ(おざき・ちふゆ16):原菜乃華
捻木美幸(ねじき・みゆき60):筒井真理子

<イントロダクション>
日向坂46・齊藤京子
初単独主演に挑戦!
バイト先の店長との
禁断の恋…
そしてなんと!
愛する人の息子、さらには妻にまで近寄り!?
「私はやっぱり、店長と幸せになりたい」
その想いで、ある家族へ寄生する・・・
前代未聞の〈パラサイト不倫〉ドラマ!?

新星・伊奈子による
SNSで話題沸騰の“衝撃作”
『泥濘ぬかるみの食卓』を実写ドラマ化!!
—夫も、息子も、妻も。彼女から、抜け出せない。—
意味深なコピーと共に、齊藤京子が泥に浮かぶ
解禁ビジュアルも同時解禁!!

—《純粋》がゆえの狂気—
史上最恐の純愛モンスター誕生!

初の単独主演を飾るのは日向坂46・齊藤京子!
新進気鋭の漫画家・伊奈子が紡ぐ、かつてない衝撃のパラサイト不倫ドラマに挑む!!

 歌唱力で聴く人を魅了する一方で、バラエティー番組では嘘のないストレートなコメントで時に共演者や視聴者を驚かせながらもその素直で屈託のない姿に好感を与える日向坂46・齊藤京子。お笑い芸人・ヒコロヒーと共にMCを務める冠番組『キョコロヒー』では、今年6月に初のゴールデン特番『大キョコロヒー』も実現させながら、日向坂46のセンターも務めたことのある彼女がこの度、10月期の土曜ナイトドラマ『泥濘の食卓』で初の単独主演を務めることが決定しました!
 齊藤が挑むのは、2016年に『悪い夢だといいのにな』で「第75回ちばてつや賞」大賞に輝いた新進気鋭の漫画家・伊奈子による話題作『泥濘の食卓(ぬかるみのしょくたく)』。主人公の女の子がバイト先の店長との不倫をし、さらには店長の息子、そして店長の妻にまで近寄っていく…。純粋すぎるがゆえ、まっすぐな愛が狂気へと変わった想いが、愛する相手の家庭へと徐々に寄生していき、やがて泥濘へと引きずり込んでいく、かつてない《パラサイト不倫》を描くストーリーとなっています。これまでの「不倫」をテーマにした作品を凌駕するセンセーショナルな物語にSNSで大反響を呼んでいる本作。そんな衝撃作で新境地に挑む齊藤が、どんな新たな一面を披露してくれるのか、期待せずにはいられません!

さらに! 沼に浮かぶ齊藤京子!?ドラマの世界を1枚で表現した解禁ビジュアルと共に、ドラマ化を祝して原作者・伊奈子から、齊藤京子と主人公・捻木深愛の豪華2Sのスペシャル書き下ろしイラストが到着!

 今回の解禁ビジュアルは、齊藤演じる深愛が沼に浮かんでいる衝撃のビジュアル! タイトルの『泥濘(ぬかるみ)』にちなんで、ドロドロした沼を表現。夫も、息子も、妻も。彼女から、抜け出せない。意味深なコピーと共に、主人公がある家庭を泥濘へと引きずり込んでいく様子を1枚の解禁ビジュアルで表現!さらに、原作者・伊奈子から、仲睦まじい姿が特徴的な、齊藤京子と主人公・捻木深愛のスペシャルな2Sイラストを頂きました!

 齊藤京子×深愛は一体どのような化学反応を起こすのか!? お楽しみに!!

純粋すぎる想いが、やがて1つの家族を蝕んでいく!?
齊藤京子が狂気へと変貌していくピュアで一途な主人公に!
 齊藤が演じるのは、毒親に育てられたことで、「自分には何の取り柄もない」と思い込んでいる自己肯定感の低いスーパーの店員・捻木深愛(ねじき・みあ)。常に否定し続け、暴力を振るっていた父亡き後も抑圧の強い母と2人で暮らす深愛は、初めて自分を肯定し、優しくしてくれた店長に恋をして、不倫関係に。ところが、店長の妻の病が悪化したことをきっかけに別れを切り出され…。突然、絶望のどん底に突き落とされた深愛ですが、考えた末に導き出した答えは――「私はやっぱり、店長と幸せになりたい」。愛する店長を元気にするために、店長の妻の病気を治そうととんでもない行動に出始め…やがてその行動はどんどんエスカレート! 深愛の純粋すぎる想いが、店長一家を蝕んでいくことに…!!
 そんなピュアすぎる深愛を演じる齊藤は「ドラマの内容を聞いて、原作を読んだんですけど、とても面白くて、主人公・深愛を演じられることが嬉しくて、今から撮影が楽しみです」と作品にすっかり魅了されつつ、今からクランクインが待ちきれない様子で語りました。そして「私が演じる深愛が、まっすぐにただただひとりの人を愛し続ける本当に純粋な恋愛の物語。精いっぱい頑張りたい気持ちですので、是非楽しみにしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします!」と笑顔で決意を新たにしていました。
最強のスタッフ陣が集結! 登場人物たちの奥深い情動を繊細に表現する、人間ドラマの名手・安里麻里が人間の《純粋がゆえの狂気》を巧みに演出し、倉光泰子が手掛けるリアリティーある卓越した脚本で引き込む!!
 齊藤京子×伊奈子という勢いのある2人に加え、本作に最強のスタッフ陣も集結! メイン監督を務めるのは、2014年にミステリーと人間ドラマを融合させた映画『バイロケーション』(2013年)でウディネ極東映画祭やストックホルム国際映画祭などへ出品され、国内外で称賛を浴びた安里麻里。『劇場版 零~ゼロ~』(2014年)、『アンダー・ユア・ベッド』(2019年)などホラー作品に定評があり、本作では人間が持つ《怖さ》を巧みに掘り下げ、純愛の恐怖の世界へ誘います!  また、メイン脚本は2014年に『隣のレジの梅木さん』で「フジテレビヤングシナリオ大賞」の大賞を受賞し、以降も『ラヴソング』(2016年)や『アイ~私と彼女と人工知能』(2017年)、『アライブ がん専門医のカルテ』(2020年)、『PICU 小児集中治療室』(2022年)など、恋愛から医療ものまで幅広く手掛ける倉光泰子。リアリティーを追求したセリフをはじめ卓越した脚本で、見る者をドラマの世界に一気に引き込みます!

<鑑賞チャネル>
TVer

| | コメント (0)

ドラマ「下剋上球児」[全10話](お薦め度★★)

結構泣かされましたが、作品としての評価はそれほどではありません。

第1話の途中から冗長な部分があり、観るのを止めようと考えました。しかし、TVerで続きを観る機会があったのでずるずると観ました。それなりに、学園ものの野球ドラマなので興味は継続しました。

しかしながら、監督がニセ教師だったという設定は受け入れられません。ドラマとしてはわかりますが、リアリティとしては有り得ない話でドン引きです。

球児が頑張って勝ち上がっていく展開に涙しながら、最後まで違和感を抱えてしまいました。

TBS日曜劇場ならもっと健全な王道ドラマを期待したいところです。

<オンエア情報>
TBS、2023年10月15日~12月17日毎週日曜21時放送。日曜劇場枠。

<スタッフ>
脚本:奥寺佐渡子
原案:「下剋上球児」(菊地高弘/カンゼン刊)
音楽:jizue
主題歌:Superfly「Ashes」(ユニバーサル シグマ)
プロデュース:新井順子
演出:塚原あゆ子、山室大輔、濱野大輝
編成:黎 景怡、広瀬泰斗
製作:TBSスパークル、TBS

<キャスト>
鈴木亮平
黒木華
井川遥
生瀬勝久
明日海りお
山下美月(乃木坂46)
きょん(コットン)
中沢元紀
兵頭功海
伊藤あさひ
小林虎之介
橘優輝
生田俊平
菅生新樹
財津優太郎
鈴木敦也
福松凜
奥野壮
絃瀬聡一
鳥谷敬
伊達さゆり
松平健
小泉孝太郎
小日向文世

<イントロダクション>
10月スタートの日曜劇場は
『下剋上球児』

主演・鈴木亮平!
『TOKYO MER~走る緊急救命室~』
以来約2年ぶりに日曜劇場へ凱旋!

日曜劇場主演2作目は
弱小高校野球部で“下剋上”!?

高校野球を通して、さまざまな愛を描く
ドリームヒューマンエンターテインメント
10月、もう1つの “甲子園”が開幕・・・!

TBSでは10月期の日曜劇場枠で、鈴木亮平が『TOKYO MER~走る緊急救命室~』以来約2年ぶり2度目の日曜劇場主演を務める『下剋上球児』を放送する。本作は高校野球を通して、現代社会の教育や地域、家族が抱える問題やさまざまな愛を描く、ドリームヒューマンエンターテインメントだ。

出演作が立て続けに大ヒット! 高い演技力が世界で認められ、快進撃が止まらない!
鈴木亮平が約2年ぶりに日曜劇場に凱旋主演!
主演の鈴木亮平は、日曜劇場初主演となった『TOKYO MER~走る緊急救命室~』が高視聴率を記録し、コンテントアジア賞でベストアジアドラマ部門最優秀賞を受賞するなど国内外で高い評価を受け、映画化するなど大ヒット。また、今年2月に公開されロングヒット中の映画「エゴイスト」では恋人とその母へ愛情を注ぐゲイの主人公を演じ、繊細な演技が高く評価され「第22回ニューヨーク・アジアン映画祭2023」でライジングスター・アジア賞(Rising Star Asia Award)を受賞。ストイックな役づくりと高い演技力が世界で認められている、日本を代表する俳優の一人だ。このたび、日曜劇場に約2年ぶりに凱旋し、2度目の主演を務める。

鈴木演じる主人公は、大学まで野球一筋だが怪我を機に引退。
どこにでもいそうな“ごく普通”の社会科教師が、弱小高校野球部で“下剋上”!?
今回、鈴木が演じる主人公の南雲脩司(なぐも・しゅうじ)は、三重県立越山(えつざん)高校に赴任して3年目の社会科教員。大学まで野球一筋でやってきたものの、怪我をきっかけに引退。大学中退後はスポーツトレーナーとして働いていたが、教師になる夢を捨てきれず、32歳で大学へ再入学し教師になった。教員生活を送る中、地元の大地主の孫が入学したことを機に、廃部寸前の弱小野球部の顧問を担当することになり、日常が一変する。プライベートでは2児の父であり、妻と共働きで義父と同居しており、家庭のことも積極的にこなす一面もある。

これまで、暴力団の組長、漫画家、救命救急医、テレビ局員の政治記者など個性が強くクセのあるキャラクターを演じることの多かった鈴木。本作ではめずらしく、一見どこにでもいそうな“ごく普通”の教師を演じる。野球部に関わることで変わっていく南雲を、数々のキャラクターに命を吹き込んできた鈴木がどのように演じるのか。新たな一面に期待が高まる。

『最愛』『MIU404』ほかヒット作を生み出してきた新井×塚原コンビ初の日曜劇場!
脚本を手掛けるのは、2人も絶大なる信頼を置く奥寺佐渡子!
今作を手掛けるスタッフ陣は、『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』『最愛』『MIU404』『アンナチュラル』をはじめ、多くのTBSの人気ドラマを世に送り出してきた新井順子プロデューサーと塚原あゆ子監督。多くのドラマファンに愛される2人のタッグによる初の日曜劇場枠の作品となる。さらに、2人の作品の脚本をこれまでも数々手掛けてきた奥寺佐渡子がストーリーを紡いでいく。3人が手掛けた『最愛』は、第59回ギャラクシー賞テレビ部門選奨、東京ドラマアウォード2022の作品賞連続ドラマ部門グランプリなど数多くの賞を受賞し高評価を得た。心のひだの部分にも光を当て、登場人物のリアリティと深い描写力が光る最強チームで送る新たな日曜劇場作品を楽しみにしていただきたい。

■原案
「下剋上球児」(菊地高弘/カンゼン刊)

このドラマは「下剋上球児」(菊地高弘/カンゼン刊)にインスピレーションを受け企画しましたが、登場する人物・学校・団体名・あらすじはすべてフィクションです。

<鑑賞チャネル>
TVer

| | コメント (0)

2023.12.19

ドラマ「すべて忘れてしまうから」[全10話](お薦め度★★)

阿部寛が何となくやさぐれて力の抜けた役柄で、しかも彼女が突然失踪したというサスペンス的な要素から観ました。

何とも捉えどころのない内容です。サスペンスでもなく、結末にはがっかりです。

いろんな要素を詰め込んでいますが、全てにおいて中途半端です。後半には伏線を回収しつつも、期待外れな結末です。

とりあえず、イントロダクションにある通りラブストーリーなのでしょうか、、、

気の抜けたビールを飲んだようなドラマでした。

<オンエア情報>
テレビ東京、2023年10月13 日~12月15日毎週金曜深夜24:52放送。ドラマ25枠。

<スタッフ>
原作:燃え殻『すべて忘れてしまうから』(扶桑社刊)
監督・脚本:岨手由貴子、沖田修一、大江崇允
音楽:TENDRE
エンディングテーマ
奇妙礼太郎 「竜の落とし子」(Victor Entertainment)
Chara 「Junior Sweet(JEWEL ver.)」(Ki/oon Music)
TENDRE 「DRAMA」(ユニバーサルミュージック)
七尾旅人 「ドンセイグッバイ」(SPACE SHOWER MUSIC)
No Buses 「I'm With You」(S.S.G.G.)
paionia 「わすれもの」(gsp)
ヒグチアイ 「しみ」(ポニーキャニオン)
三浦透子 「おちつけ」(EMI Records)
ミツメ 「メビウス」(mitsume)
ROTH BART BARON 「糸の惑星」(SPACE SHOWER MUSIC / BEAR BASE)
(※50音順)
チーフプロデューサー:阿部真士
プロデューサー:山本晃久(ウォルト・ディズニー・ジャパン)、涌田秀幸(C&Iエンタテインメント)
製作著作:テレビ東京
企画協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント

<キャスト>
阿部寛
尾野真千子
宮藤官九郎
酒井美紀
見栄晴
渡辺大知
鳴海唯
青木柚
岩谷健司
嶺豪一
ぼくもとさきこ
ニクまろ
大島優子
草笛光子
Chara


<イントロダクション>
\ディズニープラスで独占配信中の話題作/
ハロウィンの夜に突如失踪した恋人をめぐる
ミステリアスでビタースイートなラブストーリー

阿部寛主演「すべて忘れてしまうから」が
10月13日(金)から地上波放送をスタート!

原作は、今最も注目される作家・燃え殻の同名エッセイ。WEBで配信された初の小説がSNS上で大きな話題となり、『ボクたちはみんな大人になれなかった』がベストセラーに。その後、自身の作品が次々と映像化され大きな注目を浴びている燃え殻によるエッセイを国内トップクリエイターである岨手由貴子・沖田修一・大江崇允が手掛け、ディズニープラス「スター」で独占配信中の話題作。

放送に先駆けディズニープラスにて配信が始まると、SNSを中心に「大人になった今、どこか気持ちがわかる」「小説の中にいるような没入感」「映像の質感や雰囲気が最高」など、その世界観に魅了される人が続出!

ミステリー作家の “M”は、ハロウィンの夜に突然失踪した彼女“F”を探すことに。 しかし、人々が語る“F”は、彼の知らない顔を持っており、やがて驚きの秘密が明らかになっていく…。どんなに近しい人にも、知らない顔がある。 この秋、消えた彼女をめぐるミステリアスでビターなラブストーリーが、見る人の心を惑わせます。

流されるままに生きる、そこそこ売れっ子の主人公・ミステリー作家 “M”を演じるのは、阿部寛。そして、物語の大きな鍵を握る“M”の恋人・“F”役に尾野真千子。その他、”M”の行きつけのBar「灯台」のオーナー・カオル役にChara、"M"の担当編集者・澤田役に渡辺大知、 Bar「灯台」で働く料理人・フクオ役に宮藤官九郎、同じくバーで働くアルバイト・ミト役に鳴海唯、ある目的を抱えながらBar「灯台」に通う青年・泉役に青木柚、Bar「灯台」の常連客役に岩谷健司、嶺豪一、ぼくもとさきこ、ニクまろ、”M”の行きつけの喫茶「マーメイド」のオーナー・マンバ役に見栄晴、ある理由のため血眼で“F”を探す“F”の姉役に酒井美紀、“F”の失踪後、“M”の前に現れる謎の美女役に大島優子、“F”の祖母役に草笛光子などが集結!豪華キャスト陣が織りなす、ミステリアスでビタースイートなラブストーリーの本作はこの秋大注目の作品です。

リアルな自然の風景が隠し味!心に美味しい癒やし時間
風光明媚な田舎の日本家屋をはじめ渓流や畦道など、美しい景色の中、美味しそうな料理が瑞々しく描かれる。自分の畑や集落で育った食材を使って、素朴だが丁寧な料理を作る兄・基と暮らすうち、弟・オンは何気ない瞬間や季節の食材をたのしむことを知り、かたくなだった心をあたたかくほぐしていく。

<鑑賞チャネル>
TVer

| | コメント (0)

ドラマ「天狗の台所」[全10話](お薦め度★★)

BSドラマなのでBS放送が受信できないので観る機会が無いのですが、TVerでたまたま視聴しました。

タイトルに天狗とあるので興味を引かれたのですが、ドラマの中ではそれほどの話ではありませんでした。もっといろいろなエピソードを期待したものの、天狗の末裔に羽が生えるか生えないかで、特別なことはありませんでした。

結局、生き別れになっていた兄弟が田舎暮らしで食を通じて、交流を図るブラザーコンプレックス的な淡々としたファンタジー作品でした。

田舎料理も料理番組的な色彩で、漬物を扱うシーンは無く若者向けというか現代風にアレンジした料理で物足りなさを感じました。

それでも、全部観れたのは田舎暮らしを田舎らしい視点で、天狗を扱っているだけに何か起こるのではという興味を維持してくれたからだと思います。

<オンエア情報>
BS-TBS、2023年10月5日~12月7日毎週木曜23時放送。木曜ドラマ23枠。

<スタッフ>
原作:田中 相『天狗の台所』(講談社「月刊アフタヌーン」連載)
脚本:岨手由貴子、山田能龍、天野千尋、熊本浩武、ナラミハル
監督:長島翔(「サ道」)、下田彦太( 「エルピス」「ロッパグラム」)、林田浩川(「インフォーマ」)、川井隼人(「ガンニバル」監督「ドライブ・マイ・カー」助監督)
プロデューサー:鈴木早苗(「コウノドリ」TBS、「サワコ」「帰らないおじさん」BS-TBS)、守澤崇(「帰らないおじさん」「あなたはだんだん欲しくなる」BS-TBS)、五箇公貴(「サ道」「電影少女VIDEO GIRL」「舟を編む」maroyaka)、向井達矢(「はるヲうるひと」「スモーキング」ラインバック)
主題歌:「人人」折坂悠太(ORISAKAYUTA)
音楽:VaVa(SUMMIT, Inc.)
製作:BS-TBS maroyaka
制作:ラインバック

<キャスト>
飯綱 基:駒木根 葵汰
愛宕 有意:塩野 瑛久
飯綱 オン:越山 敬達
基<少年時代>:白鳥 晴都
有意<少年時代>:市村 優汰
比良山 珠緒:村山 輝星
飯綱 式子<基・オンの祖母>:浅茅 陽子
愛宕 連太郎<有意の祖父>:本田 博太郎
むぎ<声>:角田 晃広[東京03]
一乃・飯綱・ウィルソン<基・オンの母>:渡辺 真起子
エリス・ウィルソン<基・オンの父>:原田泰造

<イントロダクション>
人気コミック待望の実写化!
原作は月刊漫画誌「アフタヌーン」(講談社)にて2021年より連載されている、田中相著の同名コミック。単行本は重版が決定するなど、この先の物語の展開にも期待が高まっている。

ネクストブレイク必至の若手俳優が続々登場!
主人公の飯綱基を演じる駒木根葵汰は、SNSで「イケメン高校生」と話題になり、2018年にデビューして以来、テレビドラマ、映画等多数出演。中でも戦隊シリーズ『機界戦隊ゼンカイジャー』をきっかけに幅広い層から支持され、直近ではドラマ『差出人は、誰ですか?』や『星降る夜に』、映画『ネメシス』などの話題作でも存在感を放っている。
基の幼馴染である愛宕有意役には、「劇団EXILE」の塩野瑛久が出演決定。俳優の吉高由里子が主演を務める、2024年放送NHK大河ドラマ『光る君へ』の出演も決定した期待の若手俳優が、物語にさらなるエネルギーを加える。
そして、物語にポップな要素を加えてくれる基の弟・オン役は、オーディションにより選出された、14歳の越山敬達。
総勢161名の応募者の中から選ばれた、多角的な魅力をもつ期待の新人を抜擢。

リアルな自然の風景が隠し味!心に美味しい癒やし時間
風光明媚な田舎の日本家屋をはじめ渓流や畦道など、美しい景色の中、美味しそうな料理が瑞々しく描かれる。自分の畑や集落で育った食材を使って、素朴だが丁寧な料理を作る兄・基と暮らすうち、弟・オンは何気ない瞬間や季節の食材をたのしむことを知り、かたくなだった心をあたたかくほぐしていく。

<鑑賞チャネル>
TVer

| | コメント (0)

2023.09.11

ドラマ「ミステリと言う勿れ 特別編」(お薦め度★★)

9月15日の映画公開記念で単発ドラマとして特別編が放映されました。2部構成で前半は連続ドラマで評価を高めたエピソード1のリブート版でした。これは満足でしたが、後半の“タイムカプセル編”はがっかりでした。

新たなキャラクターが登場し、メインの久能整はほとんど推理で機能していません。また、若年性認知症を扱っていますが、物語に合わせた症状に設定しおり、誤解を与えてしまう内容でした。

連続ドラマの続編を期待していましたが、その要素は全くありませんでした。劇場版も予告を観る限り、違うエピソードを用意しているようです。

ということで、正当な続編が登場するまで待つことにします。

以下、番組オフィシャルサイトから引用。

<オンエア情報>
フジテレビ、2023年9月9日(土)21時~23時25分。土曜プレミアム・映画公開記念。
『特別編』では、連続ドラマのepisode1<2022年1月10日(月)放送>に一部新撮を加えたリブート版と、原作コミックス11巻で描かれている通称“タイムカプセル編”を放送。

<スタッフ>
原作:田村由美『ミステリと言う勿れ』(小学館『月刊フラワーズ』連載中)
脚本:相沢友子(『トレース~科捜研の男~』、『人は見た目が100パーセント』、
『鍵のかかった部屋』)
音楽:Ken Arai
プロデュース:草ヶ谷大輔(『トレース~科捜研の男~』、『コンフィデンスマンJP』、
『人は見た目が100パーセント』)
演出:松山博昭(『トレース~科捜研の男~』、『信長協奏曲』、『鍵のかかった部屋』、『LIAR GAME(ライアーゲーム)』シリーズ)
主題歌:King Gnu『カメレオン』(ソニー・ミュージックレーベルズ)
制作:フジテレビ ドラマ・映画制作部
制作・著作:フジテレビジョン

<キャスト>
久能整:菅田将暉
風呂光聖子:伊藤沙莉
池本優人:尾上松也
相良レン:志尊 淳
尾形芽衣:内田 慈
鈴木:山脇辰哉
坂巻洋子(幼少):南 琴奈
桐江:塚地武雅(ドランクドラゴン)
坂巻洋子:篠原涼子
天達春生:鈴木浩介
青砥成昭:筒井道隆
薮 鑑造:遠藤憲一

<イントロダクション>
ドラマも!映画も!今秋、再び『ミステリ』旋風が巻き起こる!
9月15日(金)に映画公開を控えた、菅田将暉主演の連続ドラマ『ミステリと言う勿れ』<2022年1月期>が、「土曜プレミアム・映画公開記念『ミステリと言う勿れ特別編』」<9月9日(土)21時~23時25分>として帰ってくる!

本作は、菅田演じる主人公・久能整(くのう・ととのう)が膨大な知識と独自の価値観による、時に優しく、時に鋭い持論を淡々と述べているだけで、登場人物たちが抱える様々な悩みも、事件の謎までも、いつの間にか解きほぐされてしまう新感覚ミステリー。原作は『月刊フラワーズ』(小学館刊)で2016年に連載をスタート、9月8日(金)に最新13巻を発売する、累計発行部数1,800万部を突破した超人気コミックだ。

連続ドラマの放送が始まると瞬く間に話題となり高視聴率を記録。放送後、菅田が「東京ドラマアウォード 2022」で主演男優賞、草ヶ谷大輔プロデューサーが「2023年エランドール賞」でプロデューサー奨励賞テレビドラマ部門、演出を担当した松山博昭監督らが「第111回 ザテレビジョン ドラマアカデミー賞」で監督賞、さらに「2022日本民間連盟賞」番組部門テレビドラマで優秀賞、「TVerアワード2022」特別賞などを受賞し、一大ムーブメントとなった。

映画化が決まった際、「待っていました!」「楽しみすぎて待ちきれない!」と歓喜と期待の多くの声が届き、そんな視聴者の皆様にさらに『ミステリと言う勿れ』の世界を楽しんでいただきたいという思いを込めて、映画公開のタイミングに合わせて、『ミステリと言う勿れ特別編』の放送が決定した!

| | コメント (0)

2023.08.27

映画『君が落とした青空』(お薦め度★★)

タイムリープを扱ったラブストーリーです。
エピソードが陳腐です。メリハリがありません。
セリフが現実離れしています。
よくこの脚本で映画化をしたものだと思います。

評価できたのは、フレッシュなキャスティングでした。
俳優陣の世代交代が進んでいる印象をもちました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2022
制作国:日本
内容時間:94分

<スタッフ>
監督:Yuki Saito
脚本:鹿目けい子
撮影:花村也寸志
音楽:富貴晴美

<キャスト>
水野実結:福本莉子
篠原修弥:松田元太
本山佑人:板垣瑞生
西村トモカ:横田真悠
丸井佐喜子:莉子

<イントロダクション>
福本莉子とTravis Japanの松田元太がW主演。櫻いいよによるヒット小説を原作にしたファンタジー。少女は同じ一日を何度も繰り返しながら恋人を救おうとする。

第8回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリに輝いた福本と、Travis Japanの一員として活躍する松田が共演。タイムリープファンタジーであると同時にラブストーリーとしても人気を呼んだ同名小説を映画化。福本が演じる高校生は、同じ一日を何度も繰り返しながら松田が演じる恋人を救おうとするが……。福本と松田、2人のフレッシュな魅力が光る。監督はCM・音楽ビデオなど幅広く手掛け、「軍艦少年」などの映画を放ったYuki Saito。主題歌はまふまふの「栞」。

<放送内容>
高校3年生の実結と修弥は交際を始めて2年。ある日、修弥は実結とのデートを中断してしまい、気まずい雰囲気で2人が別れたその直後、実結を呼び出した修弥は彼女をかばって交通事故に遭う。実結はパニックに陥るが、気付けば事故当日の朝に戻る。実結はそれから同じ一日を何度も繰り返しながら修弥が事故に遭わないよう試みるが、やはり修弥は事故に遭い続ける。そこで実結は自分が知らなかった修弥の横顔を少しずつ知っていく。

<鑑賞チャネル>
Amazonプライムビデオ

| | コメント (0)

2023.08.09

映画『月の満ち欠け』(お薦め度★★)

二度泣かされますが、物語は陳腐です。
終盤は引きました。

この設定であれば、お涙頂戴のラブストーリーではなく、父親の復讐劇にすべきだと思うのですが、、、

廣木隆一監督は過去2作品レビューをしていました。いずれも低評価です。

【廣木隆一監督作品】
2005.09.09 『機関車先生』(お薦め度★★)
2016.12.27 映画『さよなら歌舞伎町』(お薦め度★)

以下、公式サイトから引用。

<作品データ>
劇場公開日:2022年12月2日
制作年:2022
制作国:日本
内容時間:128分
配給:松竹

<スタッフ>
監督:廣木隆一
原作:佐藤正午
脚本:橋本裕志
製作:高橋敏弘、荒木宏幸、弓矢政法、渡辺勝也、浅田靖浩、伊藤亜由美、井田寛
エグゼクティブプロデューサー:吉田繁暁、筒井竜平
企画:新垣弘隆、遠藤日登思
プロデュース:新垣弘隆、遠藤日登思
プロデューサー:矢島孝、宇高武志
アソシエイトプロデューサー:諸田創
ラインプロデューサー:湊谷恭史
撮影:水口智之
照明:北岡孝文
録音:深田晃
美術:丸尾知行
装飾:吉村昌悟
スタイリスト:篠塚奈美
ヘアメイク:永江三千子
特殊メイク:宗理起也
編集:野本稔
音楽:FUKUSHIGE MARI
劇中歌:ジョン・レノン
音響効果:佐藤祥子
音楽プロデューサー:高石真美
ポスプロスーパーバイザー:佐藤正晃
VFXスーパーバイザー:大萩真司
VFX onset スーパーバイザー:佐伯真哉
助監督:木ノ本浩平
スクリプター:丹羽春乃
プロダクションマネージャー:小松次郎
製作担当:田中智明


<キャスト>
小山内堅:大泉洋
正木瑠璃:有村架純
三角哲彦:目黒蓮
緑坂ゆい:伊藤沙莉
正木竜之介:田中圭
小山内梢:柴咲コウ
小山内瑠璃:菊池日菜子
緑坂るり:小山紗愛
小山内瑠璃(幼少期):阿部久令亜
荒谷みずき:尾杉麻友
レコードショップ店員:中西寛一郎
レコードショップ店長:波岡一喜
荒谷清美:安藤玉恵
小山内和美:丘みつ子

<イントロダクション>
2017年に第157回直木賞を受賞した佐藤正午による同名ベストセラー小説を、大泉洋主演、有村架純、目黒蓮(Snow Man)、柴咲コウの共演、廣木隆一監督のメガホンにより映画化。

小山内堅は、愛する妻と家庭を築き、幸せな日常を送っていたが、不慮の事故で妻の梢と娘の瑠璃を同時に失ったことから日常は一変する。悲しみに沈む小山内のもとに、三角哲彦と名乗る男が訪ねてくる。事故当日、娘の瑠璃が面識のないはずの三角に会いに来ようとしていたという。そして、三角は娘と同じ名前を持ち、自分がかつて愛した「瑠璃」という女性について語り出す。それは数十年の時を超えて明らかになる許されざる恋の物語だった。

小山内夫妻役を大泉と柴咲が、娘と同じ名前を持つ女性役を有村、三角役を目黒がそれぞれ演じる。

<鑑賞チャネル>
Lemino(最速独占配信中)

| | コメント (0)

2023.07.23

映画『シン・仮面ライダー』(お薦め度★★)

がっかりです。

興行が低調という情報から、劇場鑑賞を避けました。
2023年7月21日(金)より、公開からわずか4ヶ月後にPrime Video独占配信ということで観ました。
途中で何回も観るのを中断して、何とか最後まで辿り着いた状況です。それほどに面白くありません。

脚本も分かりづらく、演出も疑問だらけです。特にアクションシーンで、血しぶきが飛び散る効果は違和感しかありません。

シン・ウルトラマン』よりも評価が悪くなりました。

以下、公式サイトから引用。

<作品データ>
公開日:2023年3月18日
制作年:2023
制作国:日本
内容時間:121分

<スタッフ>
原作:石ノ森章太郎
監督・脚本:庵野秀明

<キャスト>
本郷猛/仮面ライダー:池松壮亮
緑川ルリ子:浜辺美波
一文字隼人/仮面ライダー第2号:柄本佑
ハチオーグ:西野七瀬
本郷奏多
緑川弘博士:塚本晋也
コウモリオーグ:手塚とおる
松尾スズキ
仲村トオル
安田顕
市川実日子
松坂桃李
大森南朋
竹野内豊
斎藤工
緑川イチロー:森山未來

<イントロダクション>
望まぬ力を背負わされ、人でなくなった男。与えられた幸福論に、疑問を抱いた女。SHOCKERの手によって高い殺傷能力を持つオーグメントと化した本郷猛は、組織から生まれるも反旗を翻した緑川ルリ子の導きで脱走。迫りくる刺客たちとの壮絶な戦いに巻き込まれていく。正義とは? 悪とは? 暴力の応酬に、終わりは来るのか。力を得てもなお、“人”であろうとする本郷。自由を得て、“心”を取り戻したルリ子。運命を狂わされたふたりが選ぶ道は。

<鑑賞チャネル>
amazonプライム・ビデオ
2023年7月21日(金)より独占配信。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧