2017.06.21

ドラマ「CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班」[全10話](お薦め度★★)

小栗旬と西島秀俊のコンビでのアクションシーンは非常にカッコ良かったのですが、内容が伴っていません。
一話完結で単発なテロ事件を扱うのは無理でした。現実感が無く、物語が薄っぺらです。
日本版「24(トゥウェンティフォー)」シリーズを期待したのですが、その要素は全くありませんでした。
変な上司の実行部隊として、陳腐な事件に投入されるモチベーションが低いチームでは魅力が半減です。
続編は希望しません。

以下、オフィシャルサイトから引用。

<オンエア情報>
フジテレビ、2017年4月11日~6月13日毎週火曜21時放送。
 
<スタッフ>
原案・脚本:金城一紀
演出:鈴木浩介、白木啓一郎
チーフプロデューサー:笠置高弘
プロデューサー:萩原崇
アソシエイトプロデューサー:坂田佳弘
音楽:澤野弘之、KOHTA YAMAMOTO
主題歌:Beverly「I need your love」(avex trax)
制作:カンテレ
 
<キャスト>
小栗旬
西島秀俊
田中哲司
野間口徹
新木優子
石田ゆり子
飯田基祐
眞島秀和
野崎萌香
長塚京三

<イントロダクション>
小栗旬×西島秀俊!日本のドラマ・映画界を代表する本格派俳優2人が民放連続ドラマ初共演!
直木賞作家・金城一紀が手掛ける骨太なアクションエンターテインメント!
テロリスト、政治家、新興宗教、軍事スパイ・・・相手は想像をはるかに超える脅威ばかり。刻々とタイムリミットが迫る中、驚がくの展開が息をつく暇もなく繰り広げられる!
善と悪が入り乱れる中で押し寄せる危機的状況!それぞれの正義と苦悩が交錯した先に、彼らを待ち受けているのは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.06

映画『残穢【ざんえ】−住んではいけない部屋−』(お薦め度★★)

ホラーのセンスが無い監督による作品です。作っちゃいけない映画でした。
ほとんど怖さがありません。
ホラーにも歴史ありで、因果を辿る内容です。

キャストが良いだけに、全く残念です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2016
制作国:日本
内容時間:107分

<スタッフ>
監督:中村義洋
脚本:鈴木謙一
撮影:沖村志宏
音楽:安川午朗

<キャスト>
私”:竹内結子
久保さん”:橋本愛
三澤徹夫:坂口健太郎
直人:滝藤賢一
平岡芳明:佐々木蔵之介
編集者の田村さん:山下容莉枝

<番組紹介/解説>
竹内結子と橋本愛が共演したホラーミステリー。あるマンションの一室で不気味な物音がするという投書に興味を持った小説家が、差出人の女子大生とともに調査を開始する。

小説家の“私”のもとに女子大学生の“久保さん”という読者から、「今住んでいる部屋で奇妙な音がする」という投書が届く。“私”は好奇心から“久保さん”と連絡を取り、彼女と実際に会って調査を始める。すると、そのマンションの過去の住人が引っ越し先で自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。やがて“私”と“久保さん”は、知人の協力を得ながら隠されていた真相へと近づくのだが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.20

映画『の・ようなもの』(お薦め度★★)

森田芳光監督の出世作として、ただ懐かしいだけの映画でした。
公開当時はかなり笑った記憶があるのですが、今観ると全く笑えません。
時代の雰囲気を組み込んだ作品だったのでしょう。

伊藤克信の演技力の酷さは色あせません(笑)
どうして彼を起用したのかいまだに理解できません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:1981
制作国:日本
内容時間:104分

<スタッフ>
監督・脚本:森田芳光
撮影:渡部眞
音楽:塩村宰

<楽曲情報>
シー・ユー・アゲイン雰囲気/尾藤イサオ

<キャスト>
志ん魚:伊藤克信
エリザベス:秋吉久美子
志ん米:尾藤イサオ
由美:麻生えりか
志ん水:でんでん
志ん肉:小林まさひろ

<番組紹介/解説>
「家族ゲーム」「それから」で1980年代の邦画をリードした鬼才・森田芳光監督の本格的劇場用映画の第1作。本作が原点の新作「の・ようなもの のようなもの」も話題。

東京の下町。まだ二ツ目である若手落語家・志ん魚は23歳の誕生日、友人たちの声援を受けながら初めてソープランドへ。そこで読書好きのインテリという一風変わったソープランド嬢エリザベスと出会い、その後も彼女とデートを重ねるように。一方、志ん魚は自分が指導することになった女子高の落語研究会に所属する由美にも好意を抱くように。やがて志ん魚は彼が慕う先輩・志ん米が真打ちに昇進したことに強くショックを受け……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.04

ドラマ「パンセ」[全2話](お薦め度★★)

Perfumeにとって初主演ドラマです。
エンディングテーマ曲は吉田拓郎の「どうしてこんなに悲しいんだろう」でした。
ちなみに、パンセは三色スミレです。

“びみょ~う”です。悪くないけど良くもない内容でした。コメディで何となくファンタジーっぽい、ふんわかしたゆるさです。

Perfume3人の演技も“うまへた”でとらえどころがありません。

ということで、彼女たちを出演させた企画力は評価できますが、ドラマとしてはイマイチです。繰り返し観たいものでもないし...

きっと、一度きりの作品で続編や第二弾は無いでしょう(笑)。

オフィシャルサイトから引用。

<番組概要>
◆番 組 名     ドラマスペシャル『パンセ』
◆放送局・放送日時    
【前編】
テレビ東京、テレビ北海道、TVQ九州放送 ※同時放送
2017年3月31日(金)24:52~25:23
テレビ愛知   2017年4月3日(月)26:35~27:05
テレビ大阪   2017年4月9日(日)25:05~25:38
テレビせとうち 2017年4月22日(土)16:15~16:45
【後編】
テレビ東京   2017年4月1日(土)25:15~25:45
テレビ北海道  2017年4月2日(日)24:35~25:05
TVQ九州放送 2017年4月2日(日)25:05~25:35
テレビ愛知    2017年4月3日(月)27:05~27:35
テレビ大阪    2017年4月9日(日)25:38~26:10
テレビせとうち 2017年4月22日(土)16:45~17:15
◆主  演     Perfume あ~ちゃん かしゆか のっち
◆出  演     勝村政信 片桐はいり 古舘寛治 大島蓉子 ほか
◆脚  本     木皿泉『すいか』『野ブタ。をプロデュース』『セクシーボイスアンドロボ』『Q10』『昨夜のカレー、明日のパン』『富士ファミリー』
◆監  督     後藤庸介『代償』『世にも奇妙な物語』『妄想彼女』
◆エンディングテーマ     吉田拓郎『どうしてこんなに悲しいんだろう』
(フォーライフミュージックエンタテイメント)
◆プロデューサー     阿部真士(テレビ東京) 後藤庸介(共同テレビジョン)
◆制作協力     共同テレビジョン
◆製作著作     テレビ東京

<あらすじ>
建設会社に勤務するOLの“どんちゃん”(あ~ちゃん)、実家の乾物卸屋で経理の手伝いをする“おかみど”(かしゆか)、子供服のリサイクルショップで働くフリーターの“のりぶう”(のっち)。小学校の時に帰り道が一緒で仲良くなった三人の女の子が、非日常を求めて、洋館を買うことになった。昔から気になっていた憧れの洋館。不動産屋さんに交渉をすると・・・びっくりするくらいの格安。ただし条件があって、“力丸”の面倒を見ること。三人は二つ返事で快諾し、ついに引っ越しの日を迎える。噴水のある素敵な洋館――。うっとりする三人――。
だがそこには、大きな、大きな落とし穴があった!なんと、三人が犬だと思い込んでいた力丸は・・・結構いい歳をしたひきこもりのオッサンだった!?
「夢ってなんだった?」「働くってどういうこと?」
三人の女の子を通して見えてくる摩訶不思議な物語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.12

映画『さざなみ』(お薦め度★★)

老夫婦の関係が微妙になっていく過程が描かれています。
一瞬サスペンスかミステリーなのかと思わせるものの、あくまでも夫婦間の感情のもつれに終始します。

夫の行動や言動は認知症or痴呆を疑ってもおかしくないにも関わらず、本作では健康状態が続いている前提で老夫婦の愛情の揺らぎを表現しています。

シャーロット=ランプリングは歳を取っても美しく魅力的な佇まいなので、夫の不誠実さにこだわる姿勢は単純に違和感があります。夫婦としてのプライドが踏みにじられたという心理状態なのでしょうか。

日本人の俺からすると、奥さんは自分を守るために離婚すればいいだけなのではと思わせる内容です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:45 Years
制作年:2015
制作国:イギリス
内容時間(字幕版):96分

<受賞歴>
第65回(2015)ベルリン国際映画祭銀熊賞(男優賞)
第65回(2015)ベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞)

<スタッフ>
監督:アンドリュー=ヘイ
製作:トリスタン=ゴリハー
脚本:アンドリュー=ヘイ
撮影:ロル=クロウリー

<キャスト>
ケイト=マーサー:シャーロット=ランプリング
ジェフ=マーサー:トム=コートネイ
リナ:ジェラルディン=ジェームズ
サリー:ドリー=ウェルズ
ジョージ:デヴィッド=シプリー

<番組紹介/解説>
第65回ベルリン国際映画祭で、T・コートネイが男優賞、C・ランプリングが女優賞とW受賞。1通の手紙によっておしどり老夫婦の愛の絆が揺らぐさまを痛切に描いた秀作。

イギリスの地方都市で仲むつまじく暮らす老夫婦のジェフとケイト。2人は結婚45周年の祝賀パーティーの開催をこの週末に予定していた。ところがそこへ1通の手紙が届く。それは50年以上も前、山岳事故で亡くなったジェフの昔の恋人の遺体が、スイスの氷河の中から発見されたことを知らせるものだった。それまで何も知らなかった夫の昔の恋人の突然の浮上に、ケイトの心は大いにかき乱され、疑心暗鬼にさいなまれるようになる。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.08

映画『ルーム』(お薦め度★★)

本作で扱われている犯罪は映画『白い沈黙』に似ていますが、被害者本人が主人公のため、おぞましい事件としか伝わってきません。そして、その顛末が時系列で赤裸々に描かれていることで耐え難く、憂鬱さしか残りません。

ブリー=ラーソンの演技が卓越しているとも思えません。鑑賞後にアカデミー賞主演女優賞を受賞したことを知りましたが、納得できないものがあります。対して子役の演技は評価できます。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Room
制作年:2015
制作国:アイルランド・カナダ
内容時間:118分

<受賞歴>
第88回(2015)アカデミー賞主演女優賞「ブリー・ラーソン」

<スタッフ>
監督:レニー=アブラハムソン
製作:エド=ギニー、デヴィッド=グロス
脚本:エマ=ドナヒュー
撮影:ダニー=コーエン
音楽:スティーヴン=レニックス

<キャスト>
ママ/ジョイ:ブリー=ラーソン
ジャック:ジェイコブ=トレンブレイ
ばあば/ナンシー:ジョアン=アレン
オールド・ニック:ショーン=ブリジャース
じいじ/ロバート:ウィリアム=H=メイシー

<番組紹介/解説>
閉ざされた部屋で2人きりの生活を送る母と息子。過酷な運命を生きる母親を熱演したB・ラーソンが第88回アカデミー主演女優賞ほか、数々の賞に輝いた衝撃の人間ドラマ。

少年のジャックがママと2人きりで暮らす部屋に今日もまた新たな一日が訪れる。この日はジャックの5歳の誕生日。ママはお祝いにケーキを焼いてくれたものの、そこにロウソクがないのを見て、ジャックはすねてしまう。時々夜中に、オールド・ニックと呼ばれる男が部屋を訪れて、服や食料を差し入れたり、ママと争ったりするのを、ジャックは洋服ダンスの中からのぞき見する。こうして彼らの奇妙な日常生活は続いていくのだが…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.05

映画『レヴェナント:蘇えりし者』(お薦め度★★)

正直かっがりな作品でした。
昨年のアカデミー賞でディカプリオが悲願のオスカーを手にしたことで喜ばしいとコメントしました。その受賞作となる作品を1年後WOWOWで鑑賞しました。

役者魂が込められていて、ディカプリオの決死の演技も評価できます。しかし、内容はありません。只々尺の長い作品です。復讐劇として深さはありませんでした。

唯一、グリズリーとの戦いは度肝を抜かれますが、それくらいです。ラストは何故肉弾戦に持ち込む必要があるのか理解できません。

撮影は過酷だったろうなぁと感じるものの、それほど語るものがない映画です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:The Revenant
制作年:2015
制作国:アメリカ
内容時間:157分

<受賞歴>
第88回(2015)アカデミー賞主演男優賞「レオナルド・ディカプリオ」
第88回(2015)アカデミー賞監督賞
第88回(2015)アカデミー賞撮影賞

<スタッフ>
監督:アレハンドロ=G=イニャリトゥ
製作総指揮:ブレット=ラトナーほか
製作:アレハンドロ=G=イニャリトゥ、アーノン=ミルチャン、スティーヴ=ゴリンほか
脚本:アレハンドロ=G=イニャリトゥ、マーク=L=スミス
撮影:エマニュエル=ルベツキ
音楽:坂本龍一、カーステン=ニコライ

<キャスト>
ヒュー=グラス:レオナルド=ディカプリオ
ジョン=フィッツジェラルド:トム=ハーディ
ヘンリー隊長:ドーナル=グリーソン
ジム=ブリジャー:ウィル=ポールター
ホーク:フォレスト=グッドラック

<番組紹介/解説>
人気男優L・ディカプリオが悲願としてきたアカデミー賞の主演男優賞を、第88回の同賞で初受賞した話題のサバイバルアクション。監督は話題の鬼才A・G・イニャリトゥ。

1823年、ミズーリ川流域。ヘンリー隊長らハンターの一団は、娘をさらった白人を捜す先住民たちに襲われ、ガイドのグラスとその息子ホークは生存者たちと船で脱出。グラスは川を下るのは危険と判断し、隊長に陸路での帰還を提案。一行は約300キロの行程を歩くことにするが、グラスがハイイログマに重傷を負わされる事態が。隊長はグラスをいったん現地に残そうとホークや部下のフィッツジェラルドとブリジャーに託すが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.20

映画『家族はつらいよ』(お薦め度★★)

期待外れです。
タイトルからして「男はつらいよ」シリーズを彷彿とさせる内容と思ったのですが、全くそんな要素はありません。

只々、初老の夫婦の離婚話を誇張してドタバタで描いただけで魅力ある登場人物は登場しません。敢えて作るだけの価値があるとは思えないさえない内容でした。

せめてもっと笑えるシーンがあれば救われたのですが、人情喜劇としても寂しい限りです。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2016
制作国:日本
内容時間:108分

<スタッフ>
監督:山田洋次
脚本:山田洋次、平松恵美子
撮影:近森眞史
音楽:久石譲

<キャスト>
平田周造:橋爪功
平田富子:吉行和子
平田幸之助:西村雅彦
平田史枝:夏川結衣
金井成子:中嶋朋子
金井泰蔵:林家正蔵
平田庄太:妻夫木聡
間宮憲子:蒼井優

<番組紹介/解説>
名匠・山田洋次監督のもと、同監督の「東京家族」の主要出演陣が新たに別の家族を演じたコメディ。熟年夫婦に持ち上がった離婚の危機を回避せんとある大家族は騒動へ。

モーレツサラリーマンだった時期を終え、今は隠居生活を送る平田家の主人・周造。ある日、仲間とのゴルフを終え、美人のおかみがいる居酒屋で酒を飲んだ後に帰宅した彼だが、妻・富子の誕生日をすっかり忘れていた。彼女に何かプレゼントでもしてやろうかと欲しいものを聞いてみると、富子が机の中から取り出してきたものは離婚届だった。2人の離婚の話を聞いた家族は、なんとか離婚を回避させようと休日を使って家族会議を開く。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.06

映画『虐殺器官』(お薦め度★★)

オフィシャルサイトの予告篇でのアクションシーンに興味が出て観ましたが、予想以上に哲学的な会話のシーンが多く小難しい内容です。

必要以上に凄惨な殺戮シーンが登場し、キャラクターデザインと合っていません。また、リアリティが乏しく重量感が感じられませんでした。

物語としても、過去にどこかで使われたアイデアがトレースされている印象で新しさを感じませんでした。人間関係も台詞も現実感がありません。

タイトルからもっと設定が練られているものと想像していたのですが、意外と薄い世界観です。

映画館でわざわざ鑑賞する作品ではありませんでした。

<作品データ>
劇場公開日:2017年2月3日
製作年:2017年
製作国:日本
上映時間:115分
映倫区分:R15+

<スタッフ>
監督・脚本:村瀬修功
原作:伊藤計劃
キャラクター原案:redjuice
音楽:池頼広
主題歌:EGOIST
アニメーション制作:ジェノスタジオ

<キャスト>
クラヴィス=シェパード:中村悠一
ウィリアムズ:三上哲
アレックス:梶裕貴
リーランド:石川界人
ロックウェル大佐:大塚明夫
ルツィア=シュクロウポヴァ:小林沙苗
ジョン=ポール:櫻井孝宏

<鑑賞チャネル>
TOHOシネマズ日本橋(auスマートパス会員特典のauマンディ1100円利用)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.09

映画『デッドハング』(お薦め度★★)

サスペンススリラーですが、外されっぱなしな展開が続きます。
まあまあ、観れる作品ではあるものの、浅く狭い内容です。

脚本、演出ともにイマイチでした。
ヒロインのサラ=バトラーも魅力がありません。美人では無いし、タフなアクション派でも無く中途半端でした。

ラストの外し方もなんだかなぁといったスッキリ感は皆無です。

<作品データ>
原題:Free Fall
製作年:2014年
製作国:アメリカ
上映時間:90分

<スタッフ>
監督:マレク=アッカド
脚本:ドウェイン=アレクサンダー=スミス
撮影:ジョナサン=ホール
音楽:ティム=アンドリュー=エドワース

<キャスト>
サラ=バトラー
D=B=スウィーニー
マルコム=マクダウェル
イアン=ゴメス
アダム=トメイ
ジェイソン=ブレア
セア=ラブレイ
コリー=スピークス

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧