2017.08.12

映画『秘密 THE TOP SECRET』(お薦め度★★)

意味不明です。物語として成立していません。
複数の凶悪事件が関連しているようなのですが、謎解きをされてもチンプンカンプンでした。何を描きたかった映画なのでしょうか。

映像はクドく、俳優たちの演技は演劇風です。しかも、不必要な凄惨なシーンをこれでもかと見せつけられます。

センスのない監督だろうと思っていたら、案の定、大友啓史監督でした。そこそこ作品をヒットさせるので、売れっ子のようですが、俺には合いません。彼が目指す美学は全く共感できません。これまで星3つに届いた作品は皆無です。今後、事前に彼の作品だと判明したら観ないようにします。

【関連記事】
2010.01.10 ドラマ「ハゲタカ」[全6話](お薦め度★★)
2014.10.13 映画『プラチナデータ』(お薦め度★★)
2015.01.12 映画『るろうに剣心』(お薦め度★★)

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2016
制作国:日本
内容時間:150分

<スタッフ>
監督:大友啓史
脚本:大友啓史、高橋泉ほか
撮影:石坂拓郎
音楽:佐藤直紀

<キャスト>
薪剛:生田斗真
青木一行:岡田将生
貝沼清孝:吉川晃司
鈴木克洋:松坂桃李
三好雪子:栗山千明
露口絹子:織田梨沙
露口浩一:椎名桔平
斎藤純一郎:リリー・フランキー
眞鍋駿介:大森南朋

<番組紹介/解説>
死刑執行後、受刑者の脳内に隠された記憶の映像化から、家族惨殺事件の意外な真相が浮かび上がる……。生田斗真主演の話題のサスペンス。WOWOW FILMS作品。

“第九”は死んだ人間の脳をスキャンして記憶を映像化し、難事件の謎に迫る特別捜査機関。ある日、室長の薪と新人捜査官の青木に対し、死刑囚・露口の脳内を見て行方不明の露口の長女・絹子を捜す任務が与えられる。だが、モニターに映し出された映像に捜査官たちは息をのむ。“第九”は当時事件の担当だった刑事の眞鍋を加え、あらためて捜査を開始し、絹子が発見されるが、彼女は父親の犯行のショックで記憶を失っていて……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.05

映画『エンド・オブ・ザ・フューチャー』(お薦め度★★)

ラストに明かされるアイデアは斬新です。

しかし、物語全体が非常に分かりにくく、しかも作品の世界に入っていけません。どうしてこうも難解な内容にしてしまったのでしょうか。

オセロにおいて、最後の一手で全てのコマが裏返るような逆転劇が用意されているにもかかわらず、残念な作品に終わっています。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Narcopolis
制作年:2015a
制作国:イギリス
内容時間:96分

<スタッフ>
監督・脚本:ジャスティン=トレフガルネ
製作:ダニエル=コンラッド=クーパー、ジャスティン=トレフガルネほか
撮影:クリストファー=ムーン
音楽:マシュー=ウィルコック、アリーア=モリソン

<キャスト>
フランク:エリオット=コーワン
エバ:エロディ=ユン
ユーリ:ジョナサン=プライス
ノーラン:ロバート=バサースト
アンブロ社の科学者:ハリー=ロイド
エディ:アダム=シムズ
トッド=アンブロ:ジェームズ=キャリス

<番組紹介/解説>
快楽のためのドラッグが合法化された近未来を舞台に、ある身元不明の死体の発見が、やがて大企業の陰謀と驚愕の真相へとつながっていく。斬新なアイデアのSFスリラー。

2024年。快楽のためのドラッグが合法化され、巨大な市場のほとんどは大企業アンブロ社が牛耳っていた。そんなある日、IDのない死体が発見され、捜査官のフランクが調査を開始する。やがて死体から検出されたドラッグが現在流通しているいずれとも違う新種であることが判明、フランクは事件の裏に秘密があるのではと疑いを深めていく。捜査の中で彼は謎めいた女性エバと知り合うが、彼女もまたあらゆる記録が存在せず……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.01

映画『起終点駅 ターミナル』(お薦め度★★)

冒頭のエピソードが意味不明です。昔から邦画で使われるパターンを踏襲しているのはわかるのですが、最初から腑に落ちない内容です。そして、次のエピソードを迎えるのですが、2つ目も説明不足で何が何だか分かりません。
大切な背景を語らず、登場人物も寡黙なので最後まで只々様子見となってしまいました。

ラストには状況を変えようとする主人公の前向きさが伝わりますが、「だから何なの?」といった感想しか持ちません。人間ドラマというよりも全くリアリティの無いある男の半生に付き合わされました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2015
制作国:日本
内容時間:112分

<スタッフ>
監督:篠原哲雄
脚本:長谷川康夫
撮影:喜久村徳章
音楽:小林武史

<キャスト>
鷲田完治:佐藤浩市
椎名敦子:本田翼
大下一龍:中村獅童
森山卓士:和田正人
大村真一:音尾琢真
南達三:泉谷しげる
結城冴子:尾野真千子

<番組紹介/解説>
学生時代の恋人の自殺で、すべてのものを捨てて生きてきた弁護士。偶然に弁護を担当した女性との出会いが彼の人生を変える。佐藤浩市と本田翼が共演した人間ドラマ。

旭川で裁判官として働く鷲田の前に、学生時代の恋人・冴子が被告として現われる。執行猶予付きの判決を与えた後、鷲田は彼女と逢瀬を重ねるが、冴子は鷲田の想いに応えることなく自ら命を断つ。25年後、鷲田は誰とも関わることなく、釧路で国選弁護の仕事だけを受ける弁護士としてひっそりと生きていた。そんなある日、彼が弁護を担当した若い女性の敦子が鷲田の自宅を訪ねてきて、ある人を捜してほしいと依頼するが……。

<鑑賞チャネル>     
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.31

映画『クライム・スピード』(お薦め度★★)

WOWOWオンラインによると、「若き日のスティーヴ・マックィーンが主演したB級犯罪映画「セントルイス銀行強盗」(1959)を、物語の舞台を現代に移し替えて再映画化。」だそうです。 

面白くありません。   
クライムサスペンスの要素が活かされておらず、メロドラマっぽく脚色され、タイトルからイメージ出来ないほど外される作品です。 

バカな兄を持つ主人公の弟が、抗うことなく無謀な事件に巻き込まれていく情けない物語でした。ヘイデン=クリステンセンとエイドリアン=ブロディの実力俳優を起用していながら、全く響かない脚本は残念なだけです。 

以下、WOWOWオンラインから引用。  

<作品データ>    
原題:American Heist      
制作年:2014      
制作国:アメリカ      
内容時間:95分   

<スタッフ>    
監督:サリク=アンドレアシアン      
製作:トーヴ=クリステンセン、ゲオルギー=マルコフ、サリク=アンドレアシアンほか      
脚本:ラウル=イングリス      
撮影:アントニオ=カルヴァッシュ      
音楽:エイコン   

<キャスト>    
ジェームズ:ヘイデン=クリステンセン      
フランキー:エイドリアン=ブロディ      
エミリー:ジョーダナ=ブリュースター      
レイ:トリー=キトルズ      
シュガー:アリウネ=“エイコン”=チアム   

<番組紹介/解説>    
刑務所帰りの兄によって心ならずも悪の道へと引きずり込まれ、銀行強盗の片棒を担ぐことになった青年の苦悩を、A・ブロディとH・クリステンセンの競演で描く犯罪ドラマ。   

過去に犯した罪を悔い改め、自動車修理工として真っ当な人生を歩み始めたジェームズ。かつての恋人エミリーとも再会し、ようやくよりを戻しかけた矢先、彼を悪の道に引きずり込んだ兄のフランキーが、10年間の服役を終えてジェームズの前に再び姿を見せる。兄との関係を断とうとするジェームズだったが、フランキーは刑務所内で知り合った連中と銀行強盗の犯罪計画を練り、ジェームズもやむなくその片棒を担ぐはめとなる。   

<鑑賞チャネル>      
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.22

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだしらない」[全10話](お薦め度★★)

2年前に実写ドラマを観ていたので、是非アニメも鑑賞したいと思っていました。その割には全部観るまで時間がかかりました。

理由は面白くないからです。
全くリアリティがありません。話の展開が無く、同じことを同じように繰り返していて、幼馴染の人間関係が殺伐としていて、興味が持てませんでした。

ストーリーとしても、勿体ぶった挙句の謎解きにゲンナリです。感動はありませんでした。

実写ドラマでは、アニメの弱点を補完していたので評価が高かったのでだと思います。

話題性だけでクオリティの低い作品ということを確認しました。全く残念です。


<オンエア情報>
TOKYO MX、2015年10月18日〜12月27日再放送。

<スタッフ>
原作:超平和バスターズ
監督:長井龍雪
脚本:岡田麿里
キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀
音楽:REMEDIOS
美術監督:福島孝喜
色彩設定:中島和子
撮影・CG監督:那須信司
編集:西山茂
音響監督:明田川仁
アニメーションプロデューサー:岩田幹宏
チーフプロデューサー:清水博之、山本幸治(フジテレビ)
プロデューサー:斎藤俊輔、尾崎紀子
アニメーション制作:A-1 Pictures
制作:「あの花」製作委員会(アニプレックス/フジテレビジョン/電通)

<キャスト>
じんたん(宿海仁太):入野自由
めんま(本間芽衣子):茅野愛衣
あなる(安城鳴子):戸松 遥
ゆきあつ(松雪 集):櫻井孝宏
つるこ(鶴見知利子):早見沙織
ぽっぽ(久川鉄道):近藤孝行
宿海 篤:小形満
じんたん(幼少):田村睦心
ゆきあつ(幼少):瀬戸麻沙美
ぽっぽ (幼少):豊崎愛生
春菜:水原薫
亜紀:牧野由依

<イントロダクション>
昔は仲良しだった幼馴染たち。
でも、高校生になった彼らの距離はいつの間にか離れてしまっていた。
ヒキコモリぎみの主人公“じんたん”。
ギャル友達に流され気味の“あなる”。
進学校に通う“ゆきあつ”と“つるこ”。
高校に進学せず旅を重ねる“ぽっぽ”。
そして、仲良しだった小学生の頃から、それぞれが変わっていく中で変わらない少女“めんま”。
ある日、“お願いを叶えて欲しい”とじんたんにお願いをするめんま。
困りながらも“めんまのお願い”を探るじんたん。
そのめんまの願い事がきっかけとなり、
それぞれの領域でそれぞれの生活を送っていた幼馴染達は
再びかつてのように集まりはじめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.14

アニメ「Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-」[全12話](お薦め度★★)

個性豊かなキャラクターが多く登場するにもかかわらず、単なる賑やかしだけでした。

物語は映画『シックス・センス』をオマージュしているか、はたまた拡張したように感じました。登場人物が異常事態に対して低反応過ぎて、全く面白みに欠けます。


 
<オンエア情報>
TOKYO MX、2016年10月9日~12月25日毎週土曜深夜24時放送。  
 
<スタッフ>
原作:志倉千代丸(オーバーラップ文庫刊)
原作イラスト:pako
監督:イシグロキョウヘイ
シリーズ構成:MAGES.、森田と純平
キャラクターデザイン:高瀬智章
助監督:黒木美幸
プロップデザイン:道下康太
美術設定:塩澤良憲
美術監督:薄井久代
色彩設計:中島和子
撮影監督:関谷能弘
3Dディレクター:小野竜太
編集:三嶋章紀
音響監督:明田川仁
音楽:横山 克
オープニングテーマ:「聖数3の二乗」いとうかなこ(5pb. Records)
エンディングテーマ:「Open your eyes」 亜咲花 (5pb. Records)
制作:A-1 Pictures
製作:Project OC9
 
<キャスト>
我聞悠太:梶 裕貴
成沢稜歌:佐倉綾音
橋上サライ:石川界人
相川実優羽:吉田仁美
澄風桐子:伊藤 静
紅ノ亞里亞:沢城みゆき
日下部吉柳:谷山紀章
西園梨々花:能登麻美子
森塚 駿:柿原徹也
鬼崎あすな:明坂聡美
和泉公平:津田健次郎
川畑千津:長縄まりあ
 
<イントロダクション>
我聞悠太は高校2年生。
一攫千金狙いのオカルト板まとめ系アフィブログ“キリキリバサラ”を運営し、
世に数多存在する超常現象を科学的に「バッサリと斬り斬りしちゃう!」べく、日夜オカルトに挑んでいた。
ところが、そんな彼のブログをきっかけに、徹底的にマニアックでおかしな同志たちが大集結。
 
    自己矛盾型自称救世主
    神癒霊能媒介者
    全否定型超理論派大学生
    萌え系占い大先生
    死後の世界案内人
    未来予知型同人漫画家姉さん
    黒魔術代行屋
    リア充系雑誌記者
    残念系コスプレオタク刑事
 
出会うはずのなかった彼らの運命が不思議と交差してしまう。
そして、彼らの周囲で巻き起こり始める、小さな小さな“違和感”の数々。
それらは次第に大きなうねりとなり、
やがて想像を絶する大事件へと発展していく──

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.13

映画『ハーモニー』(お薦め度★★)

「Project Itoh」三部作なので『虐殺器官』から遡って『屍者の帝国』に続き、第2作を鑑賞しました。
作画のレベルが低くて、映画とは思えないクオリティです。
高度な医療経済社会が築かれたとする設定ながら、論理矛盾が散見され、個々のチグハグ感が否めません。
 
クライマックスでの謎解きとリアリティを無視した人物の動きにはがっかりです。
『虐殺器官』から遡って、全3部作を観ましたが、今に通じる部分はあるものの、「Project Itoh」は看板倒れの印象です。


 
<作品データ>
製作年:2015年
製作国:日本
上映時間:120分
映倫区分:PG12
 
<スタッフ>
監督:なかむらたかし、マイケル・アリアス
原作:伊藤計劃
脚本:山本幸治
キャラクター原案:redjuice
演出:廣田裕介
キャラクターデザイン:田中孝弘
プロップデザイン:竹内一義
メカデザイン:渡辺浩二
総作画監督:田中孝弘
作画監督:竹内一義
エフェクト作画監督:渡辺浩二
CGI監督:廣田裕介
色彩設計:成毛久美子
美術監督:狹田修、新林希文
編集:重村建吾
録音演出:名倉靖
音響デザイン:笠松広司
音楽:池頼広
主題歌:EGOIST「Ghost of a smile」
アニメーション制作:STUDIO4℃
 
<キャスト(声の出演)>
霧慧トァン:沢城みゆき
御冷ミァハ:上田麗奈
下堂キアン:洲崎綾零
オスカー・シュタウフェンベルク:榊原良子
アサフ:大塚明夫
エリヤ・ヴァシロフ:三木眞一郎
ケイタ:チョー冴紀
霧慧ヌァザ:森田順平
 
<イントロダクション>(「Project Itoh」オフィシャルサイトから引用)
夭折の作家・伊藤計劃氏の原作小説3作を連続劇場アニメ化していく一大プロジェクト「Project Itoh」。
盟友・円城塔との共作として没後発表された「屍者の帝国」で幕を開けたこのプロジェクトは、遺作「ハーモニー」と続き、
そしていよいよデビュー作「虐殺器官」で幕を閉じる。
 
<鑑賞チャネル>
TV録画DVD貸与(知人から)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.12

映画『屍者の帝国(ししゃのていこく)』(お薦め度★★)

「Project Itoh」三部作なので『虐殺器官』から遡って第1作を鑑賞しました。、
パスティーシュ小説という主人公を始め多くの著名なフィクションのキャラクターが登場する作品はそもそも合いません。折角の世界観が別の物語のキャラクターに引っ張られて、さらに作り話臭が強くなるからです。そして、基本的にゾンビものは苦手です。とどめはアニメという物理的なリアリティを無視する演出ではトホホでした。
心の無い人造人間が登場したり、いろいろな要素を組み込んで駄目になる典型的な物語です。
 
ノイタミナムービー(劇場版アニメ)ということで、最初から最後まで馴染めませんでした。 
 

<作品データ>
製作年:2015年
製作国:日本
上映時間:120分
 
<スタッフ>
監督:牧原亮太郎
原作:伊藤計劃、円城塔
キャラクター原案:redjuice
キャラクターデザイン:千葉崇明
総作画監督:千葉崇明、加藤寛崇
色彩設計:橋本賢
美術監督:竹田悠介
3D監督:西田映美子
撮影監督:田中宏待
編集: 肥田文
音響監督:はたしょう二
音楽:池頼広
主題歌:EGOIST「Door」
アニメーション制作:WIT STUDIO
 
<キャスト>
ジョン・H・ワトソン:細谷佳正
フライデー:村瀬歩
フレデリック・バーナビー:楠大典
アレクセイ・カラマーゾフ:三木眞一郎
ニコライ・クラソートキン:山下大輝
ハダリー・リリス:花澤香菜
M:大塚明夫
ザ・ワン:菅生隆之
 
<イントロダクション>(「Project Itoh」オフィシャルサイトから引用)
夭折の作家・伊藤計劃氏の原作小説3作を連続劇場アニメ化していく一大プロジェクト「Project Itoh」。
盟友・円城塔との共作として没後発表された「屍者の帝国」で幕を開けたこのプロジェクトは、遺作「ハーモニー」と続き、
そしていよいよデビュー作「虐殺器官」で幕を閉じる。
 
<鑑賞チャネル>
TV録画DVD貸与(知人から)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017.07.02

映画『クリミナルズ』(お薦め度★★)

WOWOWの番組紹介が面白そうだったので観ましたが、面白くありませんでした。
変な編集をしているので事件そのものが良く理解できません。また、主人公の推理が飛びぬけており何が何だか着いていけません。その割に脇が甘すぎるヘンテコなキャラクターで魅力ゼロでした。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:La peur de l'eau
制作年:2012
制作国:カナダ
内容時間:123分

<スタッフ>
監督:ガブリエル=ペルティエ
製作:ニコール=ロベール
脚本:マルセル=ボーリュー
脚本:ガブリエル=ペルティエ
撮影:ニコラ=ボルデュク
音楽:ロラン=エケン

<キャスト>
アンドレ=シュプレナン巡査部長:ピエール=フランソワ=ルジャンドル
サボワ巡査:ブリジット=ポゴナ
ジングラ巡査部長:ノルマン=ダムール
アセリン:ミシェル=ラピリエール
ロザリー:ステファニー=ラポワント

<番組紹介/解説>
海に囲まれた穏やかな島で起きた不可解な殺人。殺人事件など初めて手掛ける地元警察に対し、都会から敏腕刑事が乗り込んでくるが……。地味ながら光る秀作ミステリー。

カナダ東部マドレーヌ諸島の漁業の島。今まで大した事件が起きたこともない平和な島で、2日前から行方不明になっていた市長の娘ロザリーが暴行された末に惨殺されるという事件が起きる。殺人事件を扱ったことのない島の警察署ではモントリオール署に協力を要請、敏腕刑事ジングラ率いる捜査班がやって来る。一方、実直な地元警官のアンドレはジングラたちの方向性に疑問を抱き、無能扱いされながらも独自の捜査を進めていく。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.25

映画『のぞきめ』(お薦め度★★)

予想以下の作品です。
怖くないし、話は無理筋だし、主演は思った以上に下手で良いところはありませんでした。
邦画が低迷していたときにはJホラーが頑張って、世界をリードしていたのですが、最近の日本のホラーは、力を失っています。洋画のほうが出来が良くなっています。
それにしても、演技力が無く女優と呼べない華のない元アイドルを主演に据えるのは理解できません。
 
以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2016
制作国:日本
内容時間:100分

<スタッフ>
監督:三木康一郎
脚本:鈴木謙一
撮影:榎本正使
音楽:小山絵里奈

<キャスト>
三嶋彩乃:板野友美
津田信二:白石隼也
岩登和世:入来茉里
岩登佳世子:東ちづる
城戸勇太郎:小澤亮太
四十澤想一:吉田鋼太郎
 
<番組紹介/解説>
元AKB48の板野友美が主演するサスペンスホラー。今はダムに沈んだ村に伝わる怪異“のぞきめ”が引き起こした事件を追うヒロインが、やがて恐怖に襲われていく。

TV局の新米AD彩乃は、取材現場で、ある大学生の青年の異様な死にざまを目撃する。事件を調査する彩乃は、死んだ青年の恋人だったという和世に会い、彼女の口から“のぞきめの仕業だ”との発言を聞く。彼女たちはサークルの合宿でとある山奥を訪れ、そこで“のぞきめ”なる怪異に取り憑かれてしまったのだという。にわかには信じがたい話しだったが、やがて和世までもが錯乱して入院。彩乃は“のぞきめ”の伝承を追い始める。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧