2017.09.20

iOS 11をiPad Proに導入した

2017年9月20日から、いよいよiOS 11が登場しました。今朝、iPad Proへインストールが無事に終了しました。10.3.3からのアップデートです。

IMG_0747

特徴的な「Dock」が表示されています。

IMG_0753

今回目新しいのは「フォルダ」というアプリで、iCloud DriveやGoogleドライブなどのクラウドと直結したインターフェイスで利用が可能です。しかし、Googleドライブに関してはアプリで利用したほうが使い勝手は良いようです。

IMG_0752

今まで「メモ」を使っていなかったので、再インストールして試しました。手書きが出来て非常に使い勝手が良さそうです。

ちなみに、Lifehackerの記事で「iOS 11とiPad Proの組み合わせは至高。使い勝手の良さをGIFで解説」がわかりやすいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.15

3代目ヘルシオ ホットクックがクラウドに接続できる進化を遂げた

シャープから2017年9月14日に無水調理鍋ヘルシオ ホットクックKN-HW24C-Rが10月26日発売するとリリースされました。

screen

今度は無線LAN接続して、メニュー更新が可能で音声案内を行い、スマホアプリと連動できるそうです。予約も12時間から15時間に延長されています。

俺が使っている2代目KN-HT24Bは2016年12月の発売ですので、1年弱での登場です。調理家電として理想的な最終進化を果たしました。予想以上に早い進化で、凄いです!

はっきり言って欲しいです。早速Jhoshin Webを確認したところ予約で8万0870円です。

【関連記事】
2017.05.08 SHARPヘルシオ ホットクックは革新的だ!
2017.05.15 ホットクック予約で、朝仕込んで夕食用おかずができる!
2017.08.06 ヘルシオ ホットクックの複数メニューの材料一覧作成手順を考案した
2017.08.07 ヘルシオ ホットクックはプライベートシェフのようだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.14

脆弱性“BlueBorne”対策でXperia XZ SO-01のBluetoothをOFFにする

IoTセキュリティ企業の米Armisが9月12日に、Bluetoothの脆弱性を突いた攻撃「BlueBorne」を公開しています。8つのゼロデイ脆弱性が発見されており、持ち主に気付かれることなくスマホ内の情報が抜き取られたり、遠隔操作されるようです。

IPAでも本日「Bluetooth の実装における複数の脆弱性について」で注意喚起しています。


まさか、インターネット経由ではなく、短距離無線通信によって乗っ取られるとは脅威です。Bluetoothの機器同士を認証し合ってつなぐ「ペアリング」という作業も不要で、BluetoothをONにしているだけでハッキングされるそうです。

最新のセキュリティパッチを当てれば、回避できるそうです。窓の杜ニュースから次の影響する各OSについて引用します。

Android:セキュリティ パッチ レベル 2017年 9月を適用していない Android
Windows:2017年 9月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムを適用していない Windows Vista 以降の Windows
Linux:Kernel 3.3-rc1 以降のバージョン、Bluetoothスタック「BlueZ」のすべてのバージョン
iOS, tvOS:iOS 9.3.5 およびそれ以前、AppleTV tvOS 7.2.2 およびそれ以前
現在使用しているXperia XZ SO-01のAndroidセキュリティパッチレベルは2017年8月1日なので、未対応です。

通勤時にXperia XZ SO-01J+MDR-EX31BNで音楽を聴いているので、有線イヤホンに切り替えて、Xperia XZ SO-01JのBluetoothをOFFにしました。合わせて、位置情報>スキャン>BluetoothのスキャンもOFFにしています。セキュリティパッチが対応するまで、このままの状態を続けます。

ちなみに、iPad ProはiOS10.3.3なので大丈夫なのでMDR-EX31BNはこちらに繋いで音楽を聴きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.10

Google Homeを使ってTVerの番組をChromecast経由によってTVで観る

日テレ土曜深夜11時放送の「マツコ会議」が途中から録画されていたので、レコーダーで再生することを諦め、タブレットのアプリ「TVer」で観ることにしました。
アプリ「TVer」はChromecast対応になっていません。手っ取り早くはスマホかタブレットでの視聴になるのですが、いつも当番組はTVで観ているので小さな画面で視聴したくありませ。そこでタブレットにGoogle Homeを導入して、Chromecast経由によるTVで視聴することにしました。

Screenshot_20170910-221353

手順は次の通り。
①アプリ「Google Home」をインストール。
②起動して、メニューの「画面や音声をキャスト」とタップ。

screenshotshare_20170910_220056
③「キャストするデバイス」でChromecastをタップ。

screenshotshare_20170910_130137
④アプリ「TVer」を起動して、番組を選択し再生。

以上でTV視聴が開始されます。端末側の画面がTV画面に映し出されているので、端末側もそのまま表示させなければなりません。

DSC_0165

このようにChromecast未対応アプリでも端末側と同期する形式でTV視聴が可能になります。

ちなみに「マツコ会議」ですが、今旬なトレンドを知るにはもってこいの番組です。何が流行っていて現代人は何に興味があって、何に価値を見出しているのかが分かってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.06

フリーペーパー「TBSラジオPRESS」を見つけた

JR構内のマガジンラックにあったフリーペーパー「TBSラジオPRESS」を初めて手にしました。B5判16頁です。このような紙媒体でプロモーション活動していたのですね。

DSC_0148

Powered by 東京ウォーカーと表記されています。KADOKAWAが編集しています。詳細をしりたいと検索したのですが、偶数月に発行しているくらいしかわからず、創刊がいつだったのかとかはわかりません。

フリーペーパーの形を取っていますが、宣伝及び販促のパンフレットを定期的に刊行しているので、雑誌という位置付けではないのでしょう。

TBSラジオはradikoで日曜を除いて毎日聴いています。月〜金曜日は朝5時から「生島ヒロシのおはよう定食&一直線」、土曜日は9時から「土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送」です。

帰宅途中だったので、このフリーぺーパーの記事を読んでradikoタイムフリーで番組を直ぐに確認しました。タイムフリー機能によってメディアミックスが進化しています。

1週間のタイムテーブルが、最後の見開きで番組のMCの顔写真付きで見れます。全ての番組が把握できて紙媒体のメリットが感じられます。

ところで、フリーペーパーといえば「R25」の終了で、その形態そのものの役割が終わったと思っていたのですが、本誌のようにラジオ局の宣伝媒体としてまだまだ利用価値があることを再認識しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.14

ドコモ光がやっと開通した

すったもんだがありましたが、2017年8月8日にドコモ光がようやく開通しました。プロバイダは@niftyです。本日、@niftyからの通知メールで開通を知りました。正式名称は「@nifty with ドコモ光」です。

フレッツ光で利用していたときには、22時台に下りが1M台と信じられないほど遅いスピードで辟易しましたが、ドコモ光に転用されたら悪くても8M台は維持しています。

ドコモ回線が音声3データ1の計4回線、固定ブロードバンドはドコモ光となり、通信はドコモにまとまりました。

そう言えば、今回のJ:COMからドコモ光への切替で、奇妙な出来事に遭遇しました。
J:COMはテレビだけサービスを受けることにしたのですが、今まで使っていた固定電話とインターネットの装置の回収とは別に、新たに固定電話を設置しなければならないとのことです。再びJ:COMの工事が発生しました。

コールセンターの担当者は、固定電話を設置しないと、従来から契約しているテレビサービスが安く受けられないとのことです。要するに値段が上がるとの説明です。要領を得ないのですが、固定電話を新たに設置すれば従来の値段でサービスが受けられるとの話なので工事を受け入れました。

家に来た工事担当者は、従来の電話とインターネットの装置を回収して、電話回線の装置を新たに設置しました(テレビ装置の上)。しかし、装置に電源は入れません。写真の通りコンセントは抜いています。

DSC_0175
そこで、何故わざわざ使わない装置を設置するのかと工事担当者に聞いたところ、J:COMに固定電話を提供しているKDDIが総務省との関係において固定電話数を確保しなければならないようだとのことです。よくわかならないルールがあるようです。人によって使わない装置を設置するのを断固拒否する場合があるそうです。

先般ご紹介したようにホームルーターも登場していますので、今後は移動体通信が主流になるのは間違いありません。しかし、国策として固定電話数にこだわる理由が何かあるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.02

LINE HEREをアンインストールして、子ども見守りアプリは「Filii」のみとした

半年前の今年2月に息子にGalaxy S7 edgeを渡してスマホデビューさせました。その際に次の“子ども見守りアプリ”をインストールしています。
 
①au 安心アクセス for Android(無料)
②Filii(フィリー)(400円/月)
③LINE HERE(無料)
 
①については、キャリアをdocomoにしたので必然的に使わなくなりました。年がら年中スマホをいじっていますが、夜は自分の部屋からリビングに持ってこさせて充電させています。高校生ならばこれだけの最低限の縛りは耐えられます。ちなみにGalaxy S7 edgeはSIMロック解除をして、ドコモのSIMで使わせています。
 
③はやはり家族であってもプライバシーが見えてしまう弊害が大きいことが、親子共々実感したので今週子どものほうからアンインストールしています。親のほうも本日アンインストールしました。待ち合わせに一時的に使うのは非常に役立つものの、時間無制限だと監視に繋がってしまいます。また、時たまありえないところにいると誤表示されて、変にストレスを感じることもありました。
 
残ったのは②です。いまのところ、LINE友だちは息子自身がかなり制限しているのでこのアプリが役立つことはないのですが、保険として残してあります。
 
生活の中で使って行くことで、当初の想定と実際の隔たりは若干ありましたが、子ども見守りアプリのアンインストールを通して子どもが成長が感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.28

ドコモ光申込の落とし穴!「アナログ戻し」が問題だった(泣)【追記あり】

【追記:2017/9/17】
NTT東に7月のフレッツ料金5224円を返金してもらいました。
7月は実質使わなかったので、NTT東フレッツセンターに交渉したところ、8月分の請求を相殺(請求は発生しない)して残金3000円をクオカードで戻すとの回答があり、了承しました。
ドコモ光を新規申込であれば、インセンティブがもらえたのですが、そこは仕方のないところでしょう。せめて使えなかった期間の料金だけは支払わないことで収めました。

----------------------------------------

携帯電話がドコモになり、自宅の固定ブロードバンドもドコモ光にすれば「ドコモ光パック」で割引が受けられます。そこで、利用中のJ:COMのインターネットと電話を解約して、ドコモ光を新規で申し込むことにしました。

6月21日にドコモ光に申し込んだのですが、すったもんだがあり、未だに開通せず8月8日にドコモ光への転用工事が行われる予定です。

何故これだけに時間がかかったのか、経緯をお伝えします。

①ドコモショップにドコモ光申込の相談(6月上旬)
・番号ポータビリティを使って電話番号を変更させないために、NTTに「アナログ戻し」を依頼が必要と案内される。

②NTTに連絡、「アナログ戻し」工事日が7月2日に確定。(6月21日)

③7月2日に「アナログ戻し」工事完了。

④ドコモ光サービスセンターに「アナログ戻し」工事完了を連絡して、ドコモ光の工事日を7月23日に設定。

⑤7月23日の工事が見送り。
・午後1~5時工事予定だったが、無のつぶてでドコモ光サービスセンターに連絡したところ、NTTとJ:COMの連携が外れていないため工事がキャンセル、契約携帯番号に連絡したが連絡が取れなかったとのこと。
・改めて、ドコモからNTTに問合せるとの回答。

⑥ドコモ光サービスセンターから契約者本人からNTTに問合せして、固定電話番号の状態を確認のうえ返答が必要と連絡有。(7月26日)
・ドコモ光への手続きを取っているが、NTTから別の契約があるので手続きが中断していると伝えられる。

⑦NTTに問合せしたところ、転用承諾番号を伝え忘れたとの回答。(7月26日)
・前回(②)で、重要事項を伝えられなかったので、転用承諾番号をドコモ光サービスセンターに伝えれば順調に進むはずとのこと。

⑧ドコモ光サービスセンターに転用承諾番号を伝え、ドコモ光の工事日を8月5日で設定。(7月26日)

⑨ドコモ光サービスセンターからドコモ光を新規申込をキャンセルして、転用に変更して欲しい依頼有。(7月27日)
・NTTにフレッツも「アナログ戻し」依頼の際に、申し込みされている(「アナログ戻し」しか依頼した覚えは無い)。
・そのため、ドコモ光の新規申込をキャンセルして、転用に変更しなければならない。
・新規申込キャンセルは対応するが、転用申込は改めて電話口で申込が必要となる(担当者が変わり、転用での申込を行う)。
・ドコモ光への転用工事日は8月8日に確定(※作業員の派遣無しで工事費も発生しない←そりゃそうだ、NTTが③で既に工事しているのだから)。

要するに、②の時点でNTT窓口で「アナログ戻し」だけでなく、フレッツも申し込んでいたため、ドコモ光への移行は新規ではなく、転用でなければ手続きが進まないということでした。この食い違いだけで⑤までで完了するところが、⑨までこじれました。

NTT窓口が良かれと思って、フレッツ申込を受けたものの、契約者本人(俺)にフレッツ申込されていることや、ドコモ光へは新規でなく転用扱いになることを説明してくれなかったことで、チグハグな展開になりました。

それにしてもドコモ光サービスセンターに工事見送りになったことで問合せ(⑤)した際に、オペレーターが状況を的確に判断してくれればゴタゴタしなかったはずです。

昨晩、帰宅後に③で設置されたPR-400MI(回線終端装置一体型光電話対応機器)にドコモ光で利用する@nifty IDを設定したところ、サクッとインターネットに接続しました。

何たることでしょうか!7月2日からインターネットが利用できていたのです。NTTから正確にフレッツ利用を教えてもらえなかったので、固定ブロードバンドが利用できないと思い込み、師匠からSpeed Wi-Fi HOME L01をお借りしてしまいました。さらには、代替手段としてスマホのテザリングでパケット使ってしまい、50G(ウルトラシェアパック50)も枯渇してしまいました。踏んだり蹴ったりです(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.23

ドコモの電波状況が悪いのでドコモレピータを設置した

自宅からドコモで電話すると通話中に相手の声が途切れたり、回線が切れることが多々あります。auでは問題なかったのですが、ドコモは昔から電波が弱いようです。

師匠に相談したところ、ドコモに相談すれば電波を増幅してくれる機器を無料で送ってもらえるはずとアドバイスしてくれました。

そこで先週の月曜日にドコモ故障問合せ113に電話したところ、スマホiPad Proのアンテナマークがどの表示かを質問され、次の回答をしました。

スマホ:5本
iPad Pro:2本

インターネット利用はiPad Proのほうがより遅いと伝えたところ、アンテナマークに違いが出るのは、電波には4種類あり、スマホは全て受信できているが、iPad Proはそのうち3種類の受信のためで、自宅エリアは電波がカバーされているが、建物の関係で電波状態が悪いのかもしれないとのことで、ドコモレピータ(TB−2033R)を送ってくれることになりました。

ドコモレピータとは、周辺基地局の電波を屋内に引き込み、自宅内の電波状況を改善する装置です。

DSC_0119

水曜日には届いており、日曜日になってドコモレピータ設置サポートセンターに電話してオペレーターの指示で窓際に設置しました。

設置後、iPad Proのアンテナマークは4本に改善しています。音声通話に関しては確認していませんが、ドコモレピータ設置サポートセンターのオペレーターとの音声が安定したのでこちらも改善したことは間違いありません。

ただし、このドコモレピータは家全体の電波状況が改善する訳ではなく、通話する部屋のみのようです。結構発熱しますので、設置周辺は余裕を持たないと駄目です。

ちなみにドコモレピータ自体のアンテナマーク(レベルLED)は3〜4です。

最後に念を押されたのが、同梱の「ドコモレピータの設置等に関する申込書兼承諾書」を2週間以内に返送することでした。明日には投函します。

【ドコモレピータ料金表】(ドコモレピータ送付による設置の場合)
設置・撤去費用ー装置の設置・撤去にかかる費用    :無料
修理費用ー装置を破損した場合の費用:修理費用の実費(課税対象)
賠償金ー装置を紛失した場合:40,000円(非課税)

※装置使用にかかる電気代(消費電力30W以下)は、利用者負担。
※装置1台ごとに上記費用。
※定期的に装置の動作状況を伺う。
※装置直近で通信を行った際、装置が一時停止する場合がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.21

ホームルーターSpeed Wi-Fi HOME L01を利用させてもらっている

師匠からお借りしてます。

IMG_0538
キャリアをドコモに引越しして、合わせて固定ブロードバンドをドコモ光に切り替えします。
今まで使っていた固定ブロードバンドはJ:COMで6月末に解約しました。直ぐにドコモ光に移れると思っていたら大間違いで、申し込んでから1ヶ月後の7月23日に工事予定になっています。すなわち、約1ヶ月近く固定ブロードバンドが無い生活になっています。

スマホは、料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」でウルトラシェアパック50(50G)なので、ドコモ光に切り替わるまで自宅での利用はスマホからのテザリングで間に合わそうと考えていました。

しかし、

7月は屋外で使い過ぎて、7月中旬にはパケットが枯渇することが判明しました(泣)。そこで師匠に相談すると、2017年2月3日発売されたauのSpeed Wi-Fi HOME L01を貸してもらえることになり、7月18日~23日まで利用させてもらってます。

Speed Wi-Fi HOME L01はモバイルルーターの家庭版です。開通工事不要で、WiMAX 2+の4×4MIMOとキャリアアグリゲーション通信に対応した受信最大440Mbpsの高速インターネット通信です。

使用感は、少しもたつきがあります。440Mbps対応エリアにも係らず、自宅の電波状態が悪いので通信モードはハイスピードモードではなく、ハイスピードプラスエリアモードにしています。

Speed Wi-Fi HOME L01での利用は、無制限の固定ブロードバンドと違ってデータ量の制限があるのですが、この制限が外れるようになると固定ブロードバンドに置き換わるでしょう。

スマホと本商品があれば、固定回線が不要になる時代が近づいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧