2017.07.20

Amazonオリジナルは、当然ながらハズレもある

2017年7月11日(火)よりAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信されている剛力彩芽主演のドラマ「フェイス―サイバー犯罪特捜班―」はハズレです。第1話で視聴を止めました。

ドラマ「ベイビーステップ<シーズン1>」
が素晴らしかったものの、連続しませんでした。鑑賞2作品目で撃沈です。

剛力彩芽はお気に入りの女優です。演技力はあるし、礼儀正しいし可愛いので、これまでもあまり面白くないドラマでも出来るだけ観るようにしてきました。

本ドラマは、剛力彩芽にとって視聴率が取れないない地上波ドラマの枠から、新たなフロンティアフィールドとしてオンデマンド配信のドラマとして乗り出した記念作です。

ドラマ「フェイス―サイバー犯罪特捜班―」

製作総指揮:古賀誠一(オスカープロモーション)
企画:堀 和顕(オスカープロモーション)
プロデューサー:森田光則(オスカープロモーション)
脚本:深沢正樹、関根俊夫
監督:松田礼人、堀 英樹
主題歌:高橋りな『ネガイボシ』(株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ)、X4『最後の言葉』(株式会社テイチクエンタテインメント)
企画監修:望月将裕(オフィス フルムーン)、サイバーディフェンス研究所
キャスト:剛力彩芽/三浦貴大/小西遼生/松下優也/小市慢太郎/紫吹淳/富永沙織/大河内奈々子/村上弘明
製作:オスカープロモーション

彼女が所属する事務所社長が製作総指揮の陣頭指揮を取って製作されたもので、気合を強く感じました。

作品としての期待度も高かったのですが、駄作です。サイバー犯罪でありながらアクションシーン重視の構成で不必要な古臭いお色気も登場します。脚本は飛躍し過ぎて、リアリティのかけらもありません。第1話だけの鑑賞ですが評価は星1つです。キャスティングもそこそこなのに、物語として成立していないのではどうしようもありません。

「ベイビーステップ」と同様にシーズン1の表記がありますが、続編は無理でしょう。

ちなみに、剛力彩芽の主演ドラマで評価できたのは日テレで2012年放送のドラマ「ティーンコート」でした。ハツラツとした彼女の魅力を活用できるあたり役でした。華もあって実力もあるのに主演ドラマがヒットしないのは本当に残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.05

Amazonプライム・ビデオの日本オリジナル作品はあなどれないようだ

民放地上波の新ドラマの第1話は、必ず録画してチェックしています。視聴して面白い予感がしないものは、直ぐに観るのを止めて削除します。御眼鏡にかなったものを毎週鑑賞するようにしています。ほぼ冒頭の数十秒から数分で自分にとって面白いドラマかどうかわかるようになっています。

7月から新ドラマが放送開始されていますが、アニメを相当量放送するTOKYO MXで、珍しく2017年7月3日からドラマ「ベイビーステップ」を放送開始しています。第1話を観ました。出演者は若手俳優ばかりで全員初顔ですが、テニスを扱った学園ものでかなり面白いです。気に入りました。

エンドロールにAmazonプライム・ビデオが記載されていたので、もしやと思いAmazonプライム・ビデオでこのドラマを検索したところ、すでに全10話が配信中でした。なんと1年前からです。

2016年5月31日に、amazonでは次のリリースを出していました。

Amazonビデオ 日本オリジナル作品 新作発表!

プライム・ビデオのオリジナルは貧弱だろうと全く気にもせず見逃していましたが、日本人向けの質の高いエンターテインメント作品をオリジナルで供給しているようです。驚きました。1つのドラマだけで語るのは拙速かもしれませんが、ドラマ好きにとっては、Amazonプライム・ビデオの日本オリジナル作品は必ずチェックしたほうが良さそうです。

まさかコンテンツそのものまで綿密に進出してくるとはあなどれません。そのうち企画力、制作力で民放と肩を並べるかもしれません。

AV Watchの2017年6月27日の記事で、次の新オリジナルドラマが紹介されていました。

プライム・ビデオ新オリジナルドラマは剛力彩芽主演「フェイス」。7月11日配信開始

むむっ、剛力彩芽のドラマならば観なければなるまい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.13

Google Play Musicのトップチャートで多くの楽曲と出会える

現在定額音楽配信サービスは、次の3サービスを利用中です。
Google Play Music
Amazon prime music
Spotify Free
 
そのなかでも常時利用するのがGoogle Play Musicです。何と言ってもiTunesでリッピングした楽曲も5万曲まで登録して利用できるので、配信されていないメジャーどころはもっぱらリッピングしたものをで補完しています。
 
しかし、そもそも定額音楽配信サービスの大きな目的の1つは新しい音楽との出会いの機会を多く用意しているかにあります。中でもAmazon prime musicのプレイリストは優れものなのですが、過去の作品の選りすぐりを集めるため、どうしても最新の楽曲には後手に回るのではないでしょうか。
 
そこで、注目するのがGoogle Play Musicのトップチャートです。オリコンなどと比べて配信される楽曲に制限があるので、現時点でのヒットチャートとは言えません。
 
それでも、最近耳にする楽曲が聴けます。
現在の1位、2位、4位に4月スタートで佳境に入った春の人気ドラマ主題歌が並んでいます。
 
1位「Destiny」シェネル → ドラマ「リバース」
2位「I need your love」Beverly → ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」
4位「CQCQ」神様、僕はきづいてしまった → ドラマ「あなたのことはそれほどでも」

IMG_0446
 
3曲ともに今まで知らなかった歌手で、Google Play Musicを通じて最新ドラマの主題化をまとめて聴けます。さらに彼らの他の楽曲も簡単に聴けるので、音楽消費が活発化しています。
 
さらに、トップチャートは洋楽も豊富で、ブルーノ=マーズ「That’s What I Like」やチャーリー=ブース「Attention」、The Chainsmokers & Coldplay「Someting Just Like This」など垂涎の洋楽に接触出来ています。
 
トップチャートを流しているだけで満員で不快な電車内も気にならなくなってきます。旬で人気のある音楽は日常を豊かにしてくれています。

もちろん、以前ご紹介した半世紀前の美人女性ジャズシンガーのジュリー=ロンドンもGoogle Play Musicで聴き続けています。amazonプライムミュージック以上により多くのアルバムが配信されていて、充実したスタンダードナンバーを堪能しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.25

WOWOWが大英断!WOWOWメンバーズオンデマンドがChromecastに対応した!!【追記あり】

【追記:2017年6月4日】
「WOWOWメンバーズオンデマンド登録端末の確認・解除」でわかったのですが、「登録されている端末」にChromecastもカウントされていました。そうなんですね。メリットだけではないようです。1契約に3台までなので、利用には注意が必要です。

----------------------------------------

ようやくWOWOWメンバーズオンデマンドが対応してくれました。WOWOWが提供する番組は放送でも通信でもTV視聴が可能になりました!

現在、民放各社は、動画配信をAbemaTV、Hulu、FODなどいろいろな形で展開していますが、TV局による放送と通信の融合で最先端にいるのは、WOWOWとなります。

WOWOWで放送される高画質・高品質のコンテンツは、大画面でこその鑑賞が似合います。大画面のTV視聴こそが王道です。

TV視聴のために、これまではレコーダーが必須でした。スポーツ中継を除いてほとんどの番組を録画で観てきたからです。

番組を電波で受信して、レコーダーに録画し、TV視聴という従来からのレガシースタイルです。放送局としては当然の番組供給になります。

しかし、今回のChromecast対応によって、スマホやタブレットでアプリを起動して、番組をインターネット経由Chromecast接続でTV視聴ができます。レコーダーは必要なくなりました。

iOSでは、5月23日にアップデートされたアプリ「WOWOWメンバーズオンデマンド」バージョン4.12.2でChromecast対応です。

WOWOWメンバーズオンデマンドのサービス開始日は2012年7月2日で、5年目の大英断に拍手を送ります。WOWOWは進化しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.05.22

J:COMのまとめ支払にしたため、auスマートバリューの設定が外れた

引越しに伴い、au携帯電話の支払をJ:COMのまとめ支払に切替えました。支払総額から100円値引きの特典が付きます。

2017年5月のau料金が2万円(4回線)を超えました!明細を確認するとauスマートバリューの値引きが無くなっています。

auスマートバリューは永年値引きと理解していたので、auサポートに問合せしました。直ぐに電話口で来月6月からauスマートバリューの値引きを復活させ、5月の値引き分は後日連絡するとのことで、週末連絡があり6月か7月の請求分で清算すると連絡があり解決しました。

しかし、auとJ:COMはグループ会社なのに、支払をJ:COMのまとめ支払に切替えたたけで、auスマートバリューの設定が外れるのか腑に落ちません。

週末の回答のときに、外れた理由を聞きました。次の通りです。

月末にau登録住所とJ:COM登録住所をぶつけて、合致しているとスマートバリュー設定が維持される運用で、引越しに伴ってJ:COMのまとめ請求に移したことで、J:COMが新住所、au登録住所が旧住所のままだったので、登録住所が合致せずスマートバリューが外れました。

auも住所変更をしていれば避けられた話でした。J:COMからauの住所変更が必須という話はなかったと思います。

俺にもauに住所変更をしていなかった落ち度があるので、仕方ありません。J:COMの引越しに絡んだ手続きは注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.16

radikoのタイムフリー機能でスマホアプリ利用者が450万人に拡大している

2016年10月11日のタイムフリー開始に伴って、スマホアプリ利用者が450万人に増えて、PCでの利用者は150万人いるそうです。

年齢構成は次の通り。
・18~19歳  3%
・20~34歳 21%
・35~49歳 37%
・50歳以上 39%

ニールセンのメルマガ2017年5月16日発行「ニールセン・インサイト ~メディア~」で知りました。

ラジオがインターネットコンテンツとして利用者が増えるのは喜ばしい傾向です。

タイムフリー機能ですが、聴取可能時間(3時間)の制限が当初気になっていました。しかし、スマホアプリ毎の制限なので、制限がかかったら別の端末で利用するので制限では無くなりました。

現在の主な聴取番組は次の通りです。
・月~木:TOKYO FM「中西哲生のクロノス」
・金:TOKYO FM「速水健朗のクロノス・フライデー」
・土:TBSラジオ「土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送」
・土:bayfm「SATURDAY BRACING MORNING」とよた真帆(マーシャ=クラッカワーから2017年4月交代)
・土:bayfm「Sompo Japan Nipponkoa presents MORNING CRUISIN'」田中美里

ちなみに車の中では、ラジオはbayfmオンリーです。車以外ではラジオ受信機は全く使わなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

23件のセキュリティ修正された「iOS 10.3.2」をアップデートした

前回「iOS 10.3.1」からのアップデートです。
2月15日から公開されています。

iPad Proでは10数分で完了しました。

修正された脆弱性はアップルのUSサポートページで確認できます。
https://support.apple.com/ja-jp/HT207798

英語なので内容はさっぱりです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.10

29年度自動車税もインターネットでクレジットカード納付した

昨年に引き続き、クレジットカード納付をしました。2年連続です。
折角、Yahoo!カードを取得しましたが、29年度からは「Yahoo!公金支払い」ではなく、株式会社エフレジが提供する「F-REGI公金支払い」です。

県の納付サイトから手続きするようになっており、Yahoo!ポイント付与とは関係がありません。システム利用料として324円が加算されるのは昨年と同様でした。

ようやく、税金もクレジットカード納付が一般的に定着してきたのだと思います。仕方ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.05

Windows10 Home バージョン1703に更新した

マイクロソフトの公式配信日は2017年4月11日でした。
バージョン1607から、Creators Updateでバージョン1703に更新しました。

エディション Windows10 Home
バージョン 1703
OSビルド 15063.250

1706

昨晩、手動で実施して「更新プログラムを準備しています」のメッセージでパーセンテージが上がらず、時間がかかりました。アップデートが完了するのを見届けることが出来ず、翌朝完了していることを確認しました。

新機能については、これから確認することになります。とりあえず、マイクロソフトのWindows10のページをリンクします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.27

DAZN for docomoの継続利用を見送った

3月に利用開始して1ヶ月の無料期間が終わる4月20日にダ・ゾーンの契約を解除しました。

理由は、アプリの出来の悪さです。前回の記事でも指摘しています。

モバイル環境では直ぐに画面が停止して使い物になりません。通勤時にF1動画観戦するつもりが期待はずれでした。

モバイル環境であれば通信速度を落とす機能は必須なのに、用意されていません。

さらに、Wi-Fi環境でもしばしば画面が止まってリロードします。iPad Proの贅沢な端末であってもこれだけのストレスを感じるとは予想外でした。

また、途中で視聴を中断したポイントからの再生が出来ません。アプリを起動するたびに、以前観ていた動画を探して、中断ポイントを手動で調整するという低レベルな使い勝手にうんざりです。

動画配信アプリの中でも際立つダサさです。F1どころではありません。大幅に機能改善しない限り再開しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧