2017.08.14

ドコモ光がやっと開通した

すったもんだがありましたが、2017年8月8日にドコモ光がようやく開通しました。プロバイダは@niftyです。本日、@niftyからの通知メールで開通を知りました。正式名称は「@nifty with ドコモ光」です。

フレッツ光で利用していたときには、22時台に下りが1M台と信じられないほど遅いスピードで辟易しましたが、ドコモ光に転用されたら悪くても8M台は維持しています。

ドコモ回線が音声3データ1の計4回線、固定ブロードバンドはドコモ光となり、通信はドコモにまとまりました。

そう言えば、今回のJ:COMからドコモ光への切替で、奇妙な出来事に遭遇しました。
J:COMはテレビだけサービスを受けることにしたのですが、今まで使っていた固定電話とインターネットの装置の回収とは別に、新たに固定電話を設置しなければならないとのことです。再びJ:COMの工事が発生しました。

コールセンターの担当者は、固定電話を設置しないと、従来から契約しているテレビサービスが安く受けられないとのことです。要するに値段が上がるとの説明です。要領を得ないのですが、固定電話を新たに設置すれば従来の値段でサービスが受けられるとの話なので工事を受け入れました。

家に来た工事担当者は、従来の電話とインターネットの装置を回収して、電話回線の装置を新たに設置しました(テレビ装置の上)。しかし、装置に電源は入れません。写真の通りコンセントは抜いています。

DSC_0175
そこで、何故わざわざ使わない装置を設置するのかと工事担当者に聞いたところ、J:COMに固定電話を提供しているKDDIが総務省との関係において固定電話数を確保しなければならないようだとのことです。よくわかならないルールがあるようです。人によって使わない装置を設置するのを断固拒否する場合があるそうです。

先般ご紹介したようにホームルーターも登場していますので、今後は移動体通信が主流になるのは間違いありません。しかし、国策として固定電話数にこだわる理由が何かあるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.02

LINE HEREをアンインストールして、子ども見守りアプリは「Filii」のみとした

半年前の今年2月に息子にGalaxy S7 edgeを渡してスマホデビューさせました。その際に次の“子ども見守りアプリ”をインストールしています。
 
①au 安心アクセス for Android(無料)
②Filii(フィリー)(400円/月)
③LINE HERE(無料)
 
①については、キャリアをdocomoにしたので必然的に使わなくなりました。年がら年中スマホをいじっていますが、夜は自分の部屋からリビングに持ってこさせて充電させています。高校生ならばこれだけの最低限の縛りは耐えられます。ちなみにGalaxy S7 edgeはSIMロック解除をして、ドコモのSIMで使わせています。
 
③はやはり家族であってもプライバシーが見えてしまう弊害が大きいことが、親子共々実感したので今週子どものほうからアンインストールしています。親のほうも本日アンインストールしました。待ち合わせに一時的に使うのは非常に役立つものの、時間無制限だと監視に繋がってしまいます。また、時たまありえないところにいると誤表示されて、変にストレスを感じることもありました。
 
残ったのは②です。いまのところ、LINE友だちは息子自身がかなり制限しているのでこのアプリが役立つことはないのですが、保険として残してあります。
 
生活の中で使って行くことで、当初の想定と実際の隔たりは若干ありましたが、子ども見守りアプリのアンインストールを通して子どもが成長が感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.28

ドコモ光申込の落とし穴!「アナログ戻し」が問題だった(泣)

携帯電話がドコモになり、自宅の固定ブロードバンドもドコモ光にすれば「ドコモ光パック」で割引が受けられます。そこで、利用中のJ:COMのインターネットと電話を解約して、ドコモ光を新規で申し込むことにしました。

6月21日にドコモ光に申し込んだのですが、すったもんだがあり、未だに開通せず8月8日にドコモ光への転用工事が行われる予定です。

何故これだけに時間がかかったのか、経緯をお伝えします。

①ドコモショップにドコモ光申込の相談(6月上旬)
・番号ポータビリティを使って電話番号を変更させないために、NTTに「アナログ戻し」を依頼が必要と案内される。

②NTTに連絡、「アナログ戻し」工事日が7月2日に確定。(6月21日)

③7月2日に「アナログ戻し」工事完了。

④ドコモ光サービスセンターに「アナログ戻し」工事完了を連絡して、ドコモ光の工事日を7月23日に設定。

⑤7月23日の工事が見送り。
・午後1~5時工事予定だったが、無のつぶてでドコモ光サービスセンターに連絡したところ、NTTとJ:COMの連携が外れていないため工事がキャンセル、契約携帯番号に連絡したが連絡が取れなかったとのこと。
・改めて、ドコモからNTTに問合せるとの回答。

⑥ドコモ光サービスセンターから契約者本人からNTTに問合せして、固定電話番号の状態を確認のうえ返答が必要と連絡有。(7月26日)
・ドコモ光への手続きを取っているが、NTTから別の契約があるので手続きが中断していると伝えられる。

⑦NTTに問合せしたところ、転用承諾番号を伝え忘れたとの回答。(7月26日)
・前回(②)で、重要事項を伝えられなかったので、転用承諾番号をドコモ光サービスセンターに伝えれば順調に進むはずとのこと。

⑧ドコモ光サービスセンターに転用承諾番号を伝え、ドコモ光の工事日を8月5日で設定。(7月26日)

⑨ドコモ光サービスセンターからドコモ光を新規申込をキャンセルして、転用に変更して欲しい依頼有。(7月27日)
・NTTにフレッツも「アナログ戻し」依頼の際に、申し込みされている(「アナログ戻し」しか依頼した覚えは無い)。
・そのため、ドコモ光の新規申込をキャンセルして、転用に変更しなければならない。
・新規申込キャンセルは対応するが、転用申込は改めて電話口で申込が必要となる(担当者が変わり、転用での申込を行う)。
・ドコモ光への転用工事日は8月8日に確定(※作業員の派遣無しで工事費も発生しない←そりゃそうだ、NTTが③で既に工事しているのだから)。

要するに、②の時点でNTT窓口で「アナログ戻し」だけでなく、フレッツも申し込んでいたため、ドコモ光への移行は新規ではなく、転用でなければ手続きが進まないということでした。この食い違いだけで⑤までで完了するところが、⑨までこじれました。

NTT窓口が良かれと思って、フレッツ申込を受けたものの、契約者本人(俺)にフレッツ申込されていることや、ドコモ光へは新規でなく転用扱いになることを説明してくれなかったことで、チグハグな展開になりました。

それにしてもドコモ光サービスセンターに工事見送りになったことで問合せ(⑤)した際に、オペレーターが状況を的確に判断してくれればゴタゴタしなかったはずです。

昨晩、帰宅後に③で設置されたPR-400MI(回線終端装置一体型光電話対応機器)にドコモ光で利用する@nifty IDを設定したところ、サクッとインターネットに接続しました。

何たることでしょうか!7月2日からインターネットが利用できていたのです。NTTから正確にフレッツ利用を教えてもらえなかったので、固定ブロードバンドが利用できないと思い込み、師匠からSpeed Wi-Fi HOME L01をお借りしてしまいました。さらには、代替手段としてスマホのテザリングでパケット使ってしまい、50G(ウルトラシェアパック50)も枯渇してしまいました。踏んだり蹴ったりです(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.23

ドコモの電波状況が悪いのでドコモレピータを設置した

自宅からドコモで電話すると通話中に相手の声が途切れたり、回線が切れることが多々あります。auでは問題なかったのですが、ドコモは昔から電波が弱いようです。

師匠に相談したところ、ドコモに相談すれば電波を増幅してくれる機器を無料で送ってもらえるはずとアドバイスしてくれました。

そこで先週の月曜日にドコモ故障問合せ113に電話したところ、スマホiPad Proのアンテナマークがどの表示かを質問され、次の回答をしました。

スマホ:5本
iPad Pro:2本

インターネット利用はiPad Proのほうがより遅いと伝えたところ、アンテナマークに違いが出るのは、電波には4種類あり、スマホは全て受信できているが、iPad Proはそのうち3種類の受信のためで、自宅エリアは電波がカバーされているが、建物の関係で電波状態が悪いのかもしれないとのことで、ドコモレピータ(TB−2033R)を送ってくれることになりました。

ドコモレピータとは、周辺基地局の電波を屋内に引き込み、自宅内の電波状況を改善する装置です。

DSC_0119

水曜日には届いており、日曜日になってドコモレピータ設置サポートセンターに電話してオペレーターの指示で窓際に設置しました。

設置後、iPad Proのアンテナマークは4本に改善しています。音声通話に関しては確認していませんが、ドコモレピータ設置サポートセンターのオペレーターとの音声が安定したのでこちらも改善したことは間違いありません。

ただし、このドコモレピータは家全体の電波状況が改善する訳ではなく、通話する部屋のみのようです。結構発熱しますので、設置周辺は余裕を持たないと駄目です。

ちなみにドコモレピータ自体のアンテナマーク(レベルLED)は3〜4です。

最後に念を押されたのが、同梱の「ドコモレピータの設置等に関する申込書兼承諾書」を2週間以内に返送することでした。明日には投函します。

【ドコモレピータ料金表】(ドコモレピータ送付による設置の場合)
設置・撤去費用ー装置の設置・撤去にかかる費用    :無料
修理費用ー装置を破損した場合の費用:修理費用の実費(課税対象)
賠償金ー装置を紛失した場合:40,000円(非課税)

※装置使用にかかる電気代(消費電力30W以下)は、利用者負担。
※装置1台ごとに上記費用。
※定期的に装置の動作状況を伺う。
※装置直近で通信を行った際、装置が一時停止する場合がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.21

ホームルーターSpeed Wi-Fi HOME L01を利用させてもらっている

師匠からお借りしてます。

IMG_0538
キャリアをドコモに引越しして、合わせて固定ブロードバンドをドコモ光に切り替えします。
今まで使っていた固定ブロードバンドはJ:COMで6月末に解約しました。直ぐにドコモ光に移れると思っていたら大間違いで、申し込んでから1ヶ月後の7月23日に工事予定になっています。すなわち、約1ヶ月近く固定ブロードバンドが無い生活になっています。

スマホは、料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」でウルトラシェアパック50(50G)なので、ドコモ光に切り替わるまで自宅での利用はスマホからのテザリングで間に合わそうと考えていました。

しかし、

7月は屋外で使い過ぎて、7月中旬にはパケットが枯渇することが判明しました(泣)。そこで師匠に相談すると、2017年2月3日発売されたauのSpeed Wi-Fi HOME L01を貸してもらえることになり、7月18日~23日まで利用させてもらってます。

Speed Wi-Fi HOME L01はモバイルルーターの家庭版です。開通工事不要で、WiMAX 2+の4×4MIMOとキャリアアグリゲーション通信に対応した受信最大440Mbpsの高速インターネット通信です。

使用感は、少しもたつきがあります。440Mbps対応エリアにも係らず、自宅の電波状態が悪いので通信モードはハイスピードモードではなく、ハイスピードプラスエリアモードにしています。

Speed Wi-Fi HOME L01での利用は、無制限の固定ブロードバンドと違ってデータ量の制限があるのですが、この制限が外れるようになると固定ブロードバンドに置き換わるでしょう。

スマホと本商品があれば、固定回線が不要になる時代が近づいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.20

Amazonオリジナルは、当然ながらハズレもある

2017年7月11日(火)よりAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信されている剛力彩芽主演のドラマ「フェイス―サイバー犯罪特捜班―」はハズレです。第1話で視聴を止めました。

ドラマ「ベイビーステップ<シーズン1>」
が素晴らしかったものの、連続しませんでした。鑑賞2作品目で撃沈です。

剛力彩芽はお気に入りの女優です。演技力はあるし、礼儀正しいし可愛いので、これまでもあまり面白くないドラマでも出来るだけ観るようにしてきました。

本ドラマは、剛力彩芽にとって視聴率が取れないない地上波ドラマの枠から、新たなフロンティアフィールドとしてオンデマンド配信のドラマに乗り出した記念作です。

ドラマ「フェイス―サイバー犯罪特捜班―」

製作総指揮:古賀誠一(オスカープロモーション)
企画:堀 和顕(オスカープロモーション)
プロデューサー:森田光則(オスカープロモーション)
脚本:深沢正樹、関根俊夫
監督:松田礼人、堀 英樹
主題歌:高橋りな『ネガイボシ』(株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ)、X4『最後の言葉』(株式会社テイチクエンタテインメント)
企画監修:望月将裕(オフィス フルムーン)、サイバーディフェンス研究所
キャスト:剛力彩芽/三浦貴大/小西遼生/松下優也/小市慢太郎/紫吹淳/富永沙織/大河内奈々子/村上弘明
製作:オスカープロモーション

彼女が所属する事務所社長が製作総指揮の陣頭指揮を取って製作されたもので、気合を強く感じました。

作品としての期待度も高かったのですが、駄作です。サイバー犯罪でありながらアクションシーン重視の構成で不必要な古臭いお色気も登場します。脚本は飛躍し過ぎて、リアリティのかけらもありません。第1話だけの鑑賞ですが評価は星1つです。キャスティングもそこそこなのに、物語として成立していないのではどうしようもありません。

「ベイビーステップ」と同様にシーズン1の表記がありますが、続編は無理でしょう。

ちなみに、剛力彩芽の主演ドラマで評価できたのは日テレで2012年放送のドラマ「ティーンコート」でした。ハツラツとした彼女の魅力を活用できるあたり役でした。華もあって実力もあるのに主演ドラマがヒットしないのは本当に残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.05

Amazonプライム・ビデオの日本オリジナル作品はあなどれないようだ

民放地上波の新ドラマの第1話は、必ず録画してチェックしています。視聴して面白い予感がしないものは、直ぐに観るのを止めて削除します。御眼鏡にかなったものを毎週鑑賞するようにしています。ほぼ冒頭の数十秒から数分で自分にとって面白いドラマかどうかわかるようになっています。

7月から新ドラマが放送開始されていますが、アニメを相当量放送するTOKYO MXで、珍しく2017年7月3日からドラマ「ベイビーステップ」を放送開始しています。第1話を観ました。出演者は若手俳優ばかりで全員初顔ですが、テニスを扱った学園ものでかなり面白いです。気に入りました。

エンドロールにAmazonプライム・ビデオが記載されていたので、もしやと思いAmazonプライム・ビデオでこのドラマを検索したところ、すでに全10話が配信中でした。なんと1年前からです。

2016年5月31日に、amazonでは次のリリースを出していました。

Amazonビデオ 日本オリジナル作品 新作発表!

プライム・ビデオのオリジナルは貧弱だろうと全く気にもせず見逃していましたが、日本人向けの質の高いエンターテインメント作品をオリジナルで供給しているようです。驚きました。1つのドラマだけで語るのは拙速かもしれませんが、ドラマ好きにとっては、Amazonプライム・ビデオの日本オリジナル作品は必ずチェックしたほうが良さそうです。

まさかコンテンツそのものまで綿密に進出してくるとはあなどれません。そのうち企画力、制作力で民放と肩を並べるかもしれません。

AV Watchの2017年6月27日の記事で、次の新オリジナルドラマが紹介されていました。

プライム・ビデオ新オリジナルドラマは剛力彩芽主演「フェイス」。7月11日配信開始

むむっ、剛力彩芽のドラマならば観なければなるまい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.13

Google Play Musicのトップチャートで多くの楽曲と出会える

現在定額音楽配信サービスは、次の3サービスを利用中です。
Google Play Music
Amazon prime music
Spotify Free
 
そのなかでも常時利用するのがGoogle Play Musicです。何と言ってもiTunesでリッピングした楽曲も5万曲まで登録して利用できるので、配信されていないメジャーどころはもっぱらリッピングしたものをで補完しています。
 
しかし、そもそも定額音楽配信サービスの大きな目的の1つは新しい音楽との出会いの機会を多く用意しているかにあります。中でもAmazon prime musicのプレイリストは優れものなのですが、過去の作品の選りすぐりを集めるため、どうしても最新の楽曲には後手に回るのではないでしょうか。
 
そこで、注目するのがGoogle Play Musicのトップチャートです。オリコンなどと比べて配信される楽曲に制限があるので、現時点でのヒットチャートとは言えません。
 
それでも、最近耳にする楽曲が聴けます。
現在の1位、2位、4位に4月スタートで佳境に入った春の人気ドラマ主題歌が並んでいます。
 
1位「Destiny」シェネル → ドラマ「リバース」
2位「I need your love」Beverly → ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」
4位「CQCQ」神様、僕はきづいてしまった → ドラマ「あなたのことはそれほどでも」

IMG_0446
 
3曲ともに今まで知らなかった歌手で、Google Play Musicを通じて最新ドラマの主題化をまとめて聴けます。さらに彼らの他の楽曲も簡単に聴けるので、音楽消費が活発化しています。
 
さらに、トップチャートは洋楽も豊富で、ブルーノ=マーズ「That’s What I Like」やチャーリー=ブース「Attention」、The Chainsmokers & Coldplay「Someting Just Like This」など垂涎の洋楽に接触出来ています。
 
トップチャートを流しているだけで満員で不快な電車内も気にならなくなってきます。旬で人気のある音楽は日常を豊かにしてくれています。

もちろん、以前ご紹介した半世紀前の美人女性ジャズシンガーのジュリー=ロンドンもGoogle Play Musicで聴き続けています。amazonプライムミュージック以上により多くのアルバムが配信されていて、充実したスタンダードナンバーを堪能しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.25

WOWOWが大英断!WOWOWメンバーズオンデマンドがChromecastに対応した!!【追記あり】

【追記:2017年6月4日】
「WOWOWメンバーズオンデマンド登録端末の確認・解除」でわかったのですが、「登録されている端末」にChromecastもカウントされていました。そうなんですね。メリットだけではないようです。1契約に3台までなので、利用には注意が必要です。

----------------------------------------

ようやくWOWOWメンバーズオンデマンドが対応してくれました。WOWOWが提供する番組は放送でも通信でもTV視聴が可能になりました!

現在、民放各社は、動画配信をAbemaTV、Hulu、FODなどいろいろな形で展開していますが、TV局による放送と通信の融合で最先端にいるのは、WOWOWとなります。

WOWOWで放送される高画質・高品質のコンテンツは、大画面でこその鑑賞が似合います。大画面のTV視聴こそが王道です。

TV視聴のために、これまではレコーダーが必須でした。スポーツ中継を除いてほとんどの番組を録画で観てきたからです。

番組を電波で受信して、レコーダーに録画し、TV視聴という従来からのレガシースタイルです。放送局としては当然の番組供給になります。

しかし、今回のChromecast対応によって、スマホやタブレットでアプリを起動して、番組をインターネット経由Chromecast接続でTV視聴ができます。レコーダーは必要なくなりました。

iOSでは、5月23日にアップデートされたアプリ「WOWOWメンバーズオンデマンド」バージョン4.12.2でChromecast対応です。

WOWOWメンバーズオンデマンドのサービス開始日は2012年7月2日で、5年目の大英断に拍手を送ります。WOWOWは進化しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.05.22

J:COMのまとめ支払にしたため、auスマートバリューの設定が外れた

引越しに伴い、au携帯電話の支払をJ:COMのまとめ支払に切替えました。支払総額から100円値引きの特典が付きます。

2017年5月のau料金が2万円(4回線)を超えました!明細を確認するとauスマートバリューの値引きが無くなっています。

auスマートバリューは永年値引きと理解していたので、auサポートに問合せしました。直ぐに電話口で来月6月からauスマートバリューの値引きを復活させ、5月の値引き分は後日連絡するとのことで、週末連絡があり6月か7月の請求分で清算すると連絡があり解決しました。

しかし、auとJ:COMはグループ会社なのに、支払をJ:COMのまとめ支払に切替えたたけで、auスマートバリューの設定が外れるのか腑に落ちません。

週末の回答のときに、外れた理由を聞きました。次の通りです。

月末にau登録住所とJ:COM登録住所をぶつけて、合致しているとスマートバリュー設定が維持される運用で、引越しに伴ってJ:COMのまとめ請求に移したことで、J:COMが新住所、au登録住所が旧住所のままだったので、登録住所が合致せずスマートバリューが外れました。

auも住所変更をしていれば避けられた話でした。J:COMからauの住所変更が必須という話はなかったと思います。

俺にもauに住所変更をしていなかった落ち度があるので、仕方ありません。J:COMの引越しに絡んだ手続きは注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧