2020.07.09

アニメ「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜<第2期>」[全12話](お薦め度★★★)

第1期と比べて、テンポが良くなりエピソードにメリハリが出ました。
しかし、扱っている設定は変化がありません。これほどのマンネリで第2期を制作するとは少し驚きました。

キャラクターデザインがかわいらしいのが良かったのだと思います。

最終話よりも、その手前の第11話の石上優の話が印象深いエピソードでした。

以下、公式サイトから引用。

<オンエア情報>
TOKYO MX、2020年4月11日~ 6月27日毎週土曜23時30分放送。

<スタッフ>
原作:赤坂アカ(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
監督:畠山守
シリーズ構成:中西やすひろ
キャラクターデザイン:八尋裕子
総作画監督:矢向宏志 針場裕子、田中紀衣
プロップデザイン:木藤貴之
美術監督:若林里紗
美術設定:松本浩樹、小川真由子
色彩設計:ホカリカナコ
CG監督:栗林裕紀
撮影監督:岡﨑正春
編集:松原理恵
音楽:羽岡佳
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
制作:A-1 Pictures
製作:かぐや様は告らせたい製作委員会

オープニングテーマ:鈴木雅之「DADDY ! DADDY ! DO ! feat. 鈴木愛理」
エンディングテーマ:福原 遥「風に吹かれて」

<キャスト>
四宮かぐや:(声)古賀葵
白銀御行:(声)古川慎
藤原千花:(声)小原好美
石上優:(声)鈴木崚汰
伊井野ミコ:(声)富田美憂
早坂愛:(声)花守ゆみり
柏木渚:(声)麻倉もも
大仏こばち:(声)日高里菜
柏木の彼氏:(声)八代拓

ナレーション:青山穣

<イントロダクション>
家柄も人柄も良し!!将来を期待された秀才が集う秀知院学園!!その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!!プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、”如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになってしまった!?恋愛は成就するまでが楽しい!!新感覚”頭脳戦”ラブコメ、開戦!!

| | コメント (0)

2020.07.06

アニメ「ケンガンアシュラ」[全24話](お薦め度★★★)

凄まじいバトルアクション作品です。
作画やキャラクターデザインのクオリティが高く、かなり期待感が煽られました。いろいろな格闘技を研究し、数多くの格闘家が登場するアイデアがてんこ盛りの内容です。

しかし、「拳願絶命トーナメント」の初戦からパワーインフレが激し過ぎました。天井知らずの設定は、格闘技から殺し合いのレイヤーになってしまいました。2クール通しで結局トーナメントの前半で最終回を迎えます。

あまりの演出過剰なパワーインフレによって食傷気味になり、覇者は誰かという興味以前に視聴意欲が減退してしまいました。

全く持って、残念な作品です。

以下、公式サイトから引用。

<オンエア情報>
TOKYO MX、2020年1月11日~6月20日毎週金曜深夜25時35分放送。

<スタッフ>
原作:サンドロビッチ・ヤバ子、作画:だろめおん『ケンガンアシュラ』(小学館「マンガワン」連載)
監督:岸 誠二
シリーズ構成:上江洲 誠
キャラクターデザイン:森田和明
音楽:高梨康治(Team-MAX)
アニメーション制作:LARX ENTERTAINMENT

<キャスト>
十鬼蛇王馬:(声)鈴木達央
山下一夫:(声)チョー
乃木英樹:(声)中田譲治
秋山 楓:(声)内山夕実
理人:(声)金子隼人
関林ジュン:(声)稲田 徹
若槻武士:(声)加瀬康之
今井コスモ:(声)榎木淳弥
桐生刹那:(声)浪川大輔
初見 泉:(声)蓮池龍三
因幡 良:(声)緒方恵美
英 はじめ:(声)石田 彰
沢田慶三郎:(声)保志総一朗
ユリウス・ラインホルト:(声)白熊寛嗣
金田末吉:(声)遊佐浩二
大久保直也:(声)小西克幸
鎧塚サーパイン:(声)檜山修之
御雷 零:(声)小野大輔
茂吉・ロビンソン:(声)村瀬克輝
目黒正樹:(声)川本宗幸
二階堂 蓮:(声)沢城千春
千葉貴之:(声)星野貴紀
呉 雷庵:(声)松岡禎丞
ガオラン・ウォンサワット:(声)津田健次郎
河野春男:(声)水島大宙
阿古谷清秋:(声)小山力也
ムテバ・ギゼンガ:(声)楠 大典
アダム・ダッドリー:(声)堀井茶渡
室淵剛三:(声)一条和矢
加納アギト:(声)大塚明夫
黒木玄斎:(声)玄田哲章
根津マサミ:(声)星野佑典
坂東洋平:(声)楠見尚己
鬼王山尊:(声)三宅健太
賀露吉成:(声)斧アツシ

<イントロダクション>
「拳願仕合」 それは巨額の利益を賭け、雇った闘技者の仕合の勝敗でビジネスを決める企業同士の代理戦争。56歳のしがないサラリーマン・山下一夫は、謎の闘技者・十鬼蛇王馬と出会い、拳願仕合に参加することになってしまう!金、命、家族…、様々なしがらみを乗り越え、勝利を重ね、絆を深めていく2人。そんな2人は、日本一の企業と闘技者を決める「拳願絶命トーナメント」に参加することになり――!?

| | コメント (0)

2020.07.03

アニメ「かくしごと」[全12話](お薦め度★★★)

父と娘のハートウォーミングコメディです。
作画もキャラクターデザインも、かわいらしく好感が持てました。

ただし、物語の構成からするとエピソードは単調でした。
父親はまあまあの描き方をしていますが、娘はのほほんとした良い子ちゃん過ぎて当たり障りのない人物設定です。

また、最終話で全ての伏線を回収していますが、引っ張り過ぎで勿体なさを感じさせました。

以下、公式サイトから引用。

<オンエア情報>
TOKYO MX、2020年4月3日~6月19日毎週木曜深夜24時放送。

<スタッフ>
原作:久米田康治『かくしごと』(講談社「月刊少年マガジン」連載)
監督:村野佑太
シリーズ構成・脚本:あおしまたかし
キャラクターデザイン:山本周平
総作画監督:西岡夕樹、遠藤江美子、山本周平
プロップデザイン:ヒラタリョウ
美術監督:本田光平
美術設定:岩澤美翠
美術:草薙
色彩設計:のぼりはるこ
撮影監督:佐藤哲平
撮影:旭プロダクション白石スタジオ
編集:白石あかね
音楽:橋本由香利
音響監督:納谷僚介
音響制作:スタジオマウス
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
アニメーション制作:亜細亜堂
製作:かくしごと製作委員会

オープニングテーマ:flumpool「ちいさな日々」
エンディングテーマ:大滝詠一「君は天然色」

<キャスト>
後藤可久士:(声)神谷浩史
後藤 姫:(声)高橋李依
十丸院五月:(声)花江夏樹
志治 仰:(声)八代 拓
墨田羅砂:(声)安野希世乃
筧 亜美:(声)佐倉綾音
芥子 駆:(声)村瀬 歩
六條一子:(声)内田真礼
ナディラ:(声)加藤英美里
マリオ:(声)浪川大輔
古武シルビア:(声)小澤亜李
東御ひな:(声)本渡 楓
橘地莉子:(声)和氣あず未
千田奈留:(声)逢田梨香子
汐越 羊:(声)古城門志帆
城路久美:(声)原 由実
大和力郎:(声)小山力也
内木理佐:(声)沼倉愛美

<イントロダクション>
隠し事は、
何ですか?

ちょっと下品な漫画を描いてる漫画家の後藤可久士。
一人娘の小学4年生の姫。
可久士は、何においても、愛娘·姫が最優先。
親バカ·可久士が娘·姫に知られたくないこと。
それは……
自分の仕事が『漫画家』であること。
自分の“かくしごと”が知られたら娘に嫌われるのでは!?
“愛と笑い、ちょっと感動のファミリー劇場がはじまる――

| | コメント (0)

2020.06.23

映画『ディリリとパリの時間旅行』(お薦め度★★)

アニメ作品ながら評価5を付けた『キリクと魔女』のミッシェル=オスロ監督作というので観ましたが、全然です。

全く面白くありません。
アニメーションとしての作画は素晴らしいのかもしれませんが、物語はさっぱりです。

と、コメントしようがありません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Dilili ? Paris
制作年:2018
制作国:フランス・ベルギー・ドイツ
内容時間:94分

<スタッフ>
監督・脚本:ミッシェル=オスロ
製作:クリストフ=ロシニョン、フィリップ=ボエファール
音楽:ガブリエル=ヤレド

<キャスト>
ディリリ:プリュネル=シャルル=アンブロン
オレル:エンゾ=ラツィト
カルヴェ:ナタリー=デセイ

<イントロダクション>
「キリクと魔女」のM・オスロ監督が、古き良き時代のパリを舞台に繰り広げられる冒険を軽妙洒脱に描き、第44回セザール賞で最優秀アニメ作品賞に輝いた珠玉の感動作。

19世紀末から20世紀初頭のパリ。南洋の島出身の好奇心旺盛な少女ディリリが、初めてのバカンスで街見物に繰り出す中、少女誘拐騒ぎに巻き込まれ、アッと驚く意外な大冒険を繰り広げていくさまを、フランスアニメ界の名匠オスロ監督が、波瀾万丈のストーリーと、目にも鮮やかな色彩を駆使しながら軽妙に活写。画家のピカソ、ルノワール、作家のコレット、プルースト、作曲家のドビュッシー、サティ、女優のサラ・ベルナール、等々、芸術の都パリを彩る当時の有名人たちが、劇中に続々登場するのも愉快で見もの。

<放送内容>
ベルエポックと呼ばれた古き良き時代。南洋の島ニューカレドニアからたったひとりでパリへやって来た好奇心旺盛な少女のディリリ。パリ万博に出演して配達人の美青年オレルと出会った彼女は、2人で一緒に街見物へと繰り出すが、折しもそのころパリでは、男性支配団と名乗る謎の集団による少女誘拐事件が多発していた。ディリリはオレルの案内で街の多くの有名人たちと知り合う一方、男性支配団に狙われて彼女も誘拐されてしまう。

<鑑賞チャネル>
wowow

| | コメント (0)

2020.05.21

アニメ「ドロヘドロ」[全12話](お薦め度★★★★)

摩訶不思議なダークファンタジーです。
過去に観たことがない、グロテスクでバイオレンス、アナーキーな世界です。

かなり暴力的で残虐性溢れる映像です。魔法使いと人間の戦いという二極的な話ではなく、かなり混沌としています。

結局、全話で振出しに戻ったような奇妙さがあります。その割に納得できるスッキリ感があります。

よくぞアニメ化したものです。

以下、公式サイトから引用。

<オンエア情報>
TOKYO MX、2020年1月13日~3月30日毎週日曜深夜24時放送。

<スタッフ>
原作:林田球 (小学館「ゲッサン」刊)
監督:林祐一郎
シリーズ構成:瀬古浩司
キャラクターデザイン:岸友洋
世界観設計・美術監督:木村真二
画面設計:淡輪雄介
色彩設計:鷲田知子
3DCGディレクター:野本郁紀
撮影監督:朴孝圭
編集:吉武将人
音響監督:藤田亜紀子
音楽プロデュース:(K)NoW_NAME
アニメーション制作:MAPPA

<キャスト>
カイマン:(声)高木渉
ニカイドウ:(声)近藤玲奈
煙:(声)堀内賢雄
心:(声)細谷佳正
能井:(声)小林ゆう
藤田:(声)高梨謙吾
恵比寿:(声)富田美憂
バウクス:(声)江川央生
カスカベ:(声)市来光弘
キクラゲ:(声)鵜殿麻由
栗鼠:(声)ソンド
丹波:(声)稲田徹
ターキー:(声)三木眞一郎
アス:(声)郷田ほづみ
鳥太:(声)勝杏里
ジョンソン:(声)木村良平
13:(声)梶裕貴
ギョーザ男:(声)チョー

<イントロダクション>
おいでませ、混沌。
魔法によって顔をトカゲにされてしまった記憶喪失の男、カイマン。
本当の顔と記憶を取り戻すため、相棒のニカイドウと一緒に自分に魔法をかけた魔法使いを探し続ける。

いったい自分は何者なのか……。
2000年の連載開始から18年にわたって愛され続けた林田球の「ドロヘドロ」(全23巻)。
唯一無二の世界観によって国内外で熱狂的なファンを獲得し人気を誇っている。
そのあまりにショッキングでカオスな内容が故、映像化不可能と思われていた衝撃作が
「どろろ」「ゾンビランドサガ」などハイクオリティで挑戦的な作品を数多く手掛けてきた
MAPPAによって、ついに奇跡のTVアニメ化!

ドアの向こうからやってくる 魔法使いの『練習』
陽気な笑顔と鋭いナイフ ビールを飲んでスカッとしよっと
黒いケムリと美味しいキノコ ホールか…胸クソワリィ場所だ
これだとケツが丸見えになるし 大葉ギョーザ時々ゾンビ
死にたくなければよく聞いてください 三遊間に底なし沼
なんでフォークを投げんだよ?ナイフだろ、フツー
口の中にもう一人男がいるぞ お前は違う こうなったらヤケ酒だ
これらの要素が作り出すもの。それはまだ……混沌の中。それが……ドロヘドロ!

| | コメント (0)

2020.05.10

アニメ「恋は雨上がりのように」[全12話](お薦め度★★)

小松菜奈主演の映画が良かったので、アニメも観ました。
実は、キャラクターデザインが馴染めないので、視聴を一度断念したのですが、映画を薦めて気に入ってくれた弟から、映画はアニメの内容を忠実に再現していて楽しめたとの感想をもらったので、視聴を再開しました。

映画のテンポからするとアニメは流れがゆるくて大分苦手です。が、第1話を観終えてエンディング・テーマ曲がお気に入りの歌手Aimerなので気合が入りました。

で、映画と比べて、物語は同じでもアニメ画像もイマイチで評価は下がります。

以下、公式サイトから引用。

<オンエア情報>
フジテレビ、2018年1月12日~3月30日毎週木曜深夜24:55放送。

<スタッフ>
原作:眉月じゅん(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)
監督:渡辺 歩(「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」「宇宙兄弟」)
シリーズ構成:赤尾 でこ(「荒川アンダーザブリッジ」「ノラガミ」)
キャラクターデザイン・総作画監督:柴田 由香(「君に届け」「魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」)
音楽:吉俣 良(「篤姫」「Dr.コトー診療所」)
アニメーション制作:WIT STUDIO(「進撃の巨人」「甲鉄城のカバネリ」)
制作:アニメ「恋雨」製作委員会

オープニング・テーマ:CHiCO with HoneyWorks 「ノスタルジックレインフォール」
エンディング・テーマ:Aimer 「Ref:rain」

<キャスト>
橘あきら:(声)渡部紗弓
近藤正己:(声)平田広明
喜屋武はるか:(声)宮島えみ
西田ユイ:(声)福原遥
吉澤タカシ:(声)池田純矢
加瀬亮介:(声)前野智昭

<イントロダクション>
2014年より連載を開始し、“純粋な正統派ラブストーリー”として話題を呼び『マンガ⼤賞2016』『このマンガがすごい!2016』オトコ編などにランクインした大注目作、「恋は雨上がりのように」眉月じゅん(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)。累計発行部数185万部突破の本作がいよいよテレビアニメ化します。

陸上部のエースだったが怪我で走ることをやめてしまった橘あきら(17歳)と、夢を諦めた過去を持つあきらのバイト先、ファミレス「ガーデン」の店長・近藤正己(45歳)。

海辺の街を舞台に、青春の交差点で立ち止まったままの彼女と、人生の折り返し地点にさしかかった彼が織りなすものがたり。
胸が熱くなる瞬間を、本当は誰だって待ってる──

<鑑賞チャネル>
amazonプライムビデオ

| | コメント (0)

2020.04.28

アニメ「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」[全12話](お薦め度★★★)

付き合いたい二人が、カップルになったときに主導権を握るために、相手に告白させることだけを目指す痛いラブコメです。

キャラクターは愛らしく、恋の駆け引きが楽しめます。しかし、敷居は低いものの、同じことの繰り返しで、飽きてしまいました。

毎週視聴するのが億劫になっていましたが、第2期が登場するのを知り、amazonプライムビデオで駆け込みました。

最終話はウルっとします。

以下、公式サイトから引用。

<オンエア情報>
TOKYO MX、2019年1月12日~3月30日毎週土曜23:30放送。

<スタッフ>
原作:赤坂アカ
監督:畠山守
シリーズ構成:中西やすひろ
キャラクターデザイン:八尋裕子
総作画監督:八尋裕子、矢向宏志、針場裕子
プロップデザイン:木藤貴之
美術監督:若林里紗
色彩設計:ホカリカナコ
撮影監督:岡崎正春
編集:松原理恵
音楽:羽岡佳
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
制作:A-1 Pictures
製作:かぐや様は告らせたい製作委員会

OPテーマ曲:鈴木雅之「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」
EDテーマ曲:halca「センチメンタルクライシス」

<キャスト>
四宮かぐや:(声)古賀葵
白銀御行:(声)古川慎
藤原千花:(声)小原好美
石上優:(声)鈴木峻汰
早坂愛:(声)花守ゆみり
柏木渚:(声)朝倉もも
白銀圭:(声)鈴代紗弓
白銀の父:(声)子安武人

ナレーション:青山穣

<イントロダクション>
家柄も人柄も良し!!将来を期待された秀才が集う秀知院学園!!その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!!プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、”如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになってしまった!?恋愛は成就するまでが楽しい!!新感覚”頭脳戦”ラブコメ、開戦!!

<鑑賞チャネル>
amazonプライムビデオ
連続再生は強い味方です。

| | コメント (0)

2020.04.23

アニメ「魔王様、リトライ!」[全12話](お薦め度★★)

期待外れでした。
キャラクターデザインやアニメーションが稚拙ながら、ゲーム開発者が自らのゲームの世界にラスボスの魔王様として入ってしまったという摩訶不思議な笑える設定がずば抜けているので、どんな物語が展開するのかワクワクしていました。

しかし、キャラクターを多く用意しているのに、テンポが悪く物語の骨子がつかめないというもどかしい内容でした。ワンクール全12話を使って、プロローグで終了といった体たらくです。構成力を疑います。

しかも、第2期の予定は今のところ無いようです。

【関連記事】
2019.07.06 2019夏の新アニメは期待できる作品が多い

以下、公式サイトから引用。

<オンエア情報>
TOKYO MX、2019年7月4日~9月19日毎週水曜深夜24:00放送。

<スタッフ>
原作:神埼黒音(『魔王様、リトライ!』/双葉社・Mノベルス)
監督:木村寛
シリーズ構成:谷崎央佳
キャラクター原案:飯野まこと
キャラクターデザイン・プロップデザイン:中山知世
美術設定:スタジオWHO
美術監督:下元智子
色彩設計:有尾由紀子
撮影監督:岡田由紀
編集:柳編集室
音響監督:阿部信行
録音:野川“ZILL”靖友
音響制作:オンリード
音楽:宝野聡史
アニメーション制作:EKACHI EPILKA
製作:「魔王様、リトライ!」製作委員会

<キャスト>
九内伯斗:(声)津田健次郎
アク:(声)高尾奏音
ルナ・エレガント:(声)石原夏織
キラー・クイーン:(声)戸松 遥
エンジェル・ホワイト:(声)豊崎愛生
桐野 悠:(声)佐藤利奈
ミカン:(声)生天目仁美
ユキカゼ:(声)徳井青空
霧雨 零:(声)森久保祥太郎
モモ:(声)久保ユリカ
キョン:(声)荒浪和沙
トロン:(声)木下鈴奈
ミンク:(声)桜咲千依
オルガン:(声)M・A・O
田原 勇:(声)関 智一

<イントロダクション>
大野晶は自身が運営する「GAME」内のラスボス「魔王・九内伯斗」にログインしたまま
異世界へと飛ばされてしまう。

そこで出会った片足が不自由な少女と旅を始めるが、
圧倒的な力を持つ「魔王」の存在を周囲が放っておくことはなかった。

魔王を討伐しようとする国や聖女から狙われ、一行は行く先々で様々な騒動を巻き起こすことに…!

<鑑賞チャネル>
amazonプライムビデオ
テンポが悪いので、配信で視聴しました。

| | コメント (0)

2020.04.22

アニメ「チェブラーシカ -ともだち、みつけた-」(お薦め度★★★)

チェブラーシカ初のフルCGオリジナルアニメが2020年4月22日にYouTubeチャンネルで公開です。

世界でいちばん、やさしい世界
『チェブラーシカ』

かあぃぃ~!
何故チェブラーシカと名前が付いたのか、わかります。
癒されます。

短編ですが、どっぷりとチェブラーシカの世界に浸れます。

【関連記事】
2020.03.28 映画『チェブラーシカ 動物園へ行く』(お薦め度★★★)

<作品データ>
制作年:2020
制作国:日本
内容時間:4分27秒

<スタッフ>
監督・脚本:長崎愁
原作:エドゥアルド・ウスペンスキー
シナリオ原案:星山知佳
アニメーション:今津武志、成田年生、一柳聡美
音楽:大野哲二、鈴木隆太
音響:阿部信行、竹内俊平、堀場千夏
効果:鈴木潤一朗
企画・宣伝:中村信介、池田美穂
製作:ZENTOY、永野やよい

<キャスト>
チェブラーシカ:(声)釘宮理恵
ゲーナ:(声)櫻井孝宏

<鑑賞チャネル>
公式チェブラーシカチャンネル(2020年3月1日オープン)

https://www.youtube.com/channel/UCOpMjL-gVM9ZnGsZuL68y7Q

| | コメント (0)

アニメ「グランベルム」[全13話](お薦め度★★)

2019年夏の新作アニメですが、ようやく鑑賞を終えました。
魔法少女の物語で、キャラクターデザイン良し、アルマノクスというロボットのバトルアクションも秀逸で非常に期待していました。

しかし、物語がドロドロし過ぎてクドイです。
バトルものなのに全く爽快感はありません。魔法の世界なので何度でも何度でも蘇る展開に飽き飽きしました。
少女向けとはいえ、これほどシツコイ話は引きます。

期待作として紹介しておきながら、残念な作品でした。当初は録画したものを消化しようとしたのですが、amazonプライムビデオで配信されたのでCMを飛ばす必要が無いので、乗り換えました。

【関連記事】
2019.07.06 2019夏の新アニメは期待できる作品が多い

以下、公式サイトから引用。

<オンエア情報>
TBSテレビ、2019年7月6日~9月27日毎週金曜深夜25:55放送。

<スタッフ>
原案:ProjectGRANBELM
監督:渡邊政治
キャラクターデザイン:今中 敬
プロデュース:infinite
シリーズ構成:花田十輝
アルマノクスデザイン:ジミー ストーン
アニメーション制作:Nexus
キャラクター原案:大塚真一郎
音楽:末廣健一郎
製作:DMM pictures、MBS

<キャスト>
小日向 満月:(声)島袋 美由利
新月エルネスタ深海:(声)種﨑 敦美
アンナ・フーゴ:(声)日笠 陽子
袴田水晶:(声)悠木碧
ロサ:(声)赤﨑千夏
土御門 九音:(声)石見 舞菜香
林 寧々:(声)久保 ユリカ
小日向 希望:(声)赤尾 ひかる
林 菜々:(声)木村 珠莉
林 美々:(声)春日 望
土御門 四翠:(声)田村 ゆかり
サーシャ:(声)内山 夕実
クレア・フーゴ:(声)高野 麻里佳

<イントロダクション>
世界中の魔力が消失してから1000年近くの時間が過ぎ、
すでに魔法は人々の記憶からもすっかり忘れられていた。

そんな世界で生きる明るく元気な高校生、小日向満月は
前向きに暮らしながらも、心のどこかに不安を抱えていた。

自分には何もない――。

勉強も運動も得意ではない彼女は、自分だけにできる“何か”に憧れていた。

夜空の月がやけに大きく感じられた満月の晩。
彼女はもうひとりの月の名を持つ少女、新月エルネスタ深海と出会う。
それは魔法人形“アルマノクス”との遭遇でもあった。
満月の運命の歯車が、軋んだ音を立てて今動き始める――。

<鑑賞チャネル>
amazonプライムビデオ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧