2019.01.01

2019年 新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
本年も当ブログよろしくお願いします。

元旦早々にトレブル発生です。
年賀状をローソンに出しに行ったついでに、パンと牛乳を買っていつものようにiDで支払おうとしたところ、エラーになりました。昨年導入してから初めてです。仕方がないのでSuicaカードで支払いました。

自宅に戻ってアプリ「dカード」を確認したところ、何故か初期設定が外れていたので再設定をしました。成功しましたが、dカードの券面とアプリ画面のiD会員番号が違っています。

原因を確かめるべくドコモに電話しました。システム側からは問題ないようなので、別の店でiD支払してエラーになるか確認して欲しいとのことです。もしもエラーだとケータイ本体の不具合かもしれないとのことで、その場合はドコモショップに行くようにと回答されました。なお、iD会員番号が違っているのは仕様とのことでした。

以下、年末の雑感です。

【おせち料理は大晦日に自作した】
今年からおせち料理は購入することを止めました。昨年ABCクッキング教室でおせち料理の回で、簡単で美味しいものが作れることを学びました。そうなると毎年2、3万円も出して購入するのがバカらしくなりました。

大晦日の朝8時から夕方まで次の料理を作りました。
①筑前煮
②黒豆
③雑煮
④栗きんとん

とりあえず、4品あればおせち料理の格好になるでしょう。①②③はホットクックで、④は鍋です。

伊達巻も簡単なので作りたかったのですが、ミキサーを持っていないので断念しました。スーパーで買おうかと思いましたが、1000円以上もするので見送りました。自分で作れば原価100円くらいでしょう。

ホットクックで作るので時間がかからず簡単なのですが、③は昨年のレシピを参考に作っていたのですが、めんつゆを入れようとしたところカビが生えていていることが分かり、新たに買い物しました。醤油と同じ保管をしていたのですが、開封後は冷蔵しなければならないことにその時気づきました。また、②と④の途中で必要な砂糖が足りなくなったので再び買い物に行ったりして、無駄な時間がかかりました。

次の気付きがありました。
①は、たけのこの水煮とこんにゃくは残したくないので袋から出して全て使ったところ、必要の量を倍になってしまい、出来上がりが薄味になってしまいました。そのため、しょうゆ大さじ3に大さじ1追加して再加熱したところ味がしっかりしました。

②は、メニューを見て2日かかることがわかりました。事前に一晩つけて、加熱後一昼夜おいて味を含ませる必要があるのですが、1日で終わらせました。結構柔らかくて美味しかったです。黒豆は280gのところ、購入したものが400gあったのでそのまま使いました。一晩つけるところ、8時から7時間後の15時から加熱(3時間)させました。案の定、出来上がりが甘くありません。そこで砂糖50g追加して再加熱させて甘くしました。

④安納芋で試しました。手作りきんとんの色付けに「くちなしの実」が必要です。初めての購入だったのでスーパーで見つけるのに時間がかかりました。ハウス食品のティーパックタイプはティーパック1袋がくちなしの実1個分に相当するそうです。ありがたいことに栗きんとんの作り方が書かれていました。

[材料(4人分)]
さつまいも:800g
くちなしの実ティーパックタイプ:2袋
栗の甘露煮:1びん(300g入り)
水:200〜400    ml
砂糖:100g
みりん:大さじ4
塩:少々

IMG_4178IMG_4177

[作り方]
(1)さつまいもとかぶるくらいの水、くちなしの実を火にかけて、(2)柔らかくなったらゆで汁とくちなしの実を捨て、裏ごしする。(3)栗のシロップと水、砂糖、みりん、塩を加えて弱火で練り上げ、栗の甘露煮を加えて冷ます。※裏ごしは面倒だったのでヘラで潰しただけです。

【第69回(2018年)紅白歌合戦に感動した】
紅白はほとんど観ないのですが、息子が音楽に熱中しているので付き合いました。

何と言っても今年の一押し米津玄師が初登場です。2018年に日本で一番売れた「Lemon」を熱唱してくれたところからテンションが高くなっていました。

ユーミンがNHKホールとは別のセットで「ひこうき雲」を歌ったときに、どこからの中継と気をもんだところ、「やさしさに包まれたなら」のイントロが流れる中でユーミンがNHKホールにサプライズの登場しました。もう涙でした。

さらに、大トリで結成40周年のサザンオールスターズが「希望の轍」から「勝手にシンドバッド」で盛り上げてくれました。「勝手にシンドバッド」が始まってユーミンが桑田佳祐のほっぺにチューする場面は、本当に良いものが見れたと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.02

乃が美の高級「生」食パンをいただきました

昨晩ホテルメトロポリタン エドモントで我が師匠と家族で会食をして、帰りにお土産でいただきました。今話題の食パンです。

IMG_3946

1本(2斤) 864円(税込)だそうです。

【こだわり】
①たまごは使用しておりません。
②最高級カナダ産100%の小麦粉を使用しております。
③焼かずに美味しく食べていただける「生」食パン作りにこだわり、職人がひとつひとつ丁寧に焼き上げました。

【原材料】
小麦粉・乳等を主要原料とする食品・砂糖・マーガリン・バター・ハチミツ・食塩・パン酵母

【商標登録】
高級「生」食パン ®

美味しくいただくには1日置いたほうが良いそうです。

ということで、今朝いただきました!

切りやすく、印象は生地の密度があり粉が出ません。

IMG_3949

生地がもっちりしていてやわらかく噛みごたえがあります。後味はすっきりしていて腹持ちが良いです。高額で高級ということですが、甘いとかバターが香るという特徴は無く、極々普通の食パンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.20

大根の中が青い

上半分を使って1週間ほど冷蔵庫の野菜室で保管していた大根を料理しようと輪切りにしたところ、中が青くなっていました。

DSC_0004

鮮度の落ちた大根で切り口が黒くなるのは頻繁に見ていますが、青くなっているのはあまり記憶にありません。

食べられるのかが心配で直ぐにネットで調べたところ、「青あざ症」と呼ばれ、食べても問題はないものと分かりました。大根の老化にともなう生理現象だそうです。

大根600gを捨てなくて一安心しました。

料理は「豚バラ大根」です。ホットクックで初調理です。
見た目は青いところが醤油で色づいてわからなくなっています。

DSC_0006

お味の方は特に劣化している感じはありませんでした。

とりあえずセーフということで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.10

鮮度保持剤エージレスを煮込んでしまったが大丈夫のようだ

DSC_0001

料理にベーコンの鮮度保持剤エージレスを気付かずに、煮込んでしまいました。写真左端の小袋です。その右はローリエです。

ヘルシオ ホットクックでラタトゥイユを一晩煮込んで、今朝出来上がってから気付きました。丸ごと捨てなければ駄目かもと一瞬思いました。

直ぐにインターネット検索です。三菱ガス化学のサイトにQ&Aがありました。

http://www.mgc.co.jp/special/faq.html

これによると、セーフでした!!

小袋が破れて中身が出ていないなら問題無いようです。ホットクックは材料を入れてフタを閉じるだけなので、出来上がりまで分かりません。しかも料理の中に紛れ込んでしまうと、食べてから気付くことになります。今回は少しラッキーでした。 今後注意します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.21

【ABCクッキング料理基礎クラス02】魚料理③[13/24]

・鯵のフライ〜タルタルソース〜
・かぼちゃの煮物〜そぼろあん〜
・たこときゅうりの三杯酢
・豚汁

DSC_0011

定員4名のところ3名(女2、男1)、小学6年生と生後5ヶ月の男の子のお母さんで、4連続同じ先生です。
三枚おろしを覚えるために7月は魚料理を連続で3つ受講しまいた。今回で何とか身についたと思います。出来上がった鯵のフライは、市販のものとは比べ物にならない位に美味しく、今までになく充実していました。これほどの味ならば自分で料理する価値があります。3回目となると魚の臭みは気にならなくなりました。

ところで、今回2回目となる小学生と一緒の受講です。小学生で三枚おろしとは大したものです。包丁さばきもなかなかで、スピードも俺とほとんど変わりません。自宅では女の子らしくパンやケーキを作っているそうで、1人で教室に来ていると話してくれて驚きました。一方のお母さんは、トマトのグチュグチュなところが苦手で、付け合せを食べてほしいとのことで頂きました。赤ちゃんは離乳食に入っており、食が細いことを心配されているご様子でした。今日が最終とのことでご主人に子守をしてもらって、何とか基礎クラスを全て修了されたそうです。本当にお母さんは大変ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.16

【ABCクッキング料理習得クラス01】魚料理③[12/24]

・鯵の南蛮漬け
・高野豆腐の含め煮
・はまぐりのお吸い物
・お赤飯
・フルーツ白玉
DSC_0003

定員4名(女3、男1)で、3連続同じ先生です。
前回と同様に魚を三枚におろします。先週習ったばかりなので要領を覚えており上手に出来ました。次週も魚料理なので今月は短期集中で三枚おろしを身に着けたいと思います。
今回は鯵1尾のみだったので、魚の臭みは気にならなず出来上がった料理は大変美味しく頂けました。
特に鯵の南蛮漬けは絶品でした。南蛮酢の酢の量をテキストの70CCから50CCに減らして酸っぱさを弱くしたことでとても美味しいものになりました。機会があれば自宅でも作ってみたいと思います。

ようやく、開始から1年2ヶ月でようやく半分受講しました。魚料理、肉料理、洋食、和食、中華、おもてなしの6コースの中でも魚料理が日常の料理の中で縁遠いものだったので、一番得るところが多いです。日本人はやはり魚ですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.07

【ABCクッキング料理習得クラス02】魚料理④[11/24]

・鯵のロール揚げ
・鰯のつみれ汁
・ちらし寿司
・白和え
・抹茶のババロア

DSC_0114

定員4名(女2、男2)で、前回と同じ先生です。
魚の三枚おろしに初挑戦しました。人生初です。先生の指導の御蔭で割りと楽に出来ました。上手くはありません。予想以上だったのは、魚の臭いが手に残ってしまうことでした。授業で使った料理器具を洗ったのですが、手先に臭いが残ってしまいました。出来上がった料理を食べる際に、その臭いが気になりました。

自宅で魚料理をする時には、臭いがつかない対策を徹底しなければならないと感じました。きっと刺身は駄目だと思います。料理して食べるならフライが一番適当ではないでしょうか。日本の食卓から魚が減っているというのも頷けます。魚料理して直ぐに食事となると料理した本人は臭いが残って美味しく食べられないと思います。

一度週末に鯵フライに挑戦したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.29

「ローソンフレッシュ」が2018年8月31日にサービス終了する

昨日告知され、ニュースになりました。流通ニュースから一部転載します。

ローソン/8月末でネットスーパー「ローソンフレッシュ」終了

ローソンフレッシュは、2013年1月に開始した定期宅配「スマートキッチン」を前身とし、2014年6月にスマートキッチンを一新する形でスタートしたネット宅配サービス。

生鮮食品、加工食品、コスメ、日用品など約8000アイテムを宅配で提供していた。

配送は、ヤマト運輸と日本郵便の2社を中心に行い、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、山梨の首都圏では、商品合計税込5000円以上で送料を無料としていた。

直近1年間の利用者は約6万人で、うち70%が首都圏在住者だった。

配送料の高騰もあり、事業として黒字転換することが難しいと判断したため、サービスを終了するという。

一足早く先月に利用を休止しましたが、在庫の品揃えが後退したのはサービス終了を予定していたからなのですね。とうとう我が家で身近で使えるネットスーパーが無くなりました(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.26

さくらんぼのパンナコッタを初めて作る

さくらんぼを食べていたら息子が、さくらんぼでお菓子を作りたいと提案してきました。そこで何が作れるのかスマホで検索させると「さくらんぼのパンナコッタ」が一番目に表示されたとのことです。パンナコッタって何?といったレベルなのですが、材料を見ると簡単そうなのでこれに決めました。パンナコッタの材料は直ぐに用意できないので、とりあえずさくらんぼのジャム作りです。厳密にはコンフィチュールと呼ぶようです。

【さくらんぼのジャムの材料】
・さくらんぼ(種を除く):30粒
・砂糖:30g
・レモン汁:適当

<さくらんぼのジャムの手順>
①鍋に材料を全て入れ、水分が出るまで待つ(10分位)。

DSC_0100
②鍋で煮る。

DSC_0101
③器に入れて冷蔵庫で冷やす。

DSC_0102

続いて、週末に材料を購入してパンナコッタを作ります。

【パンナコッタの材料】
・生クリーム:75cc
・牛乳:100cc
・砂糖:35g
・粉ゼラチン:5g

<パンナコッタの手順>
①粉ゼラチン以外を鍋に入れる。
②鍋で煮る。泡だて器で混ぜ、粉ゼラチンを入れてかき混ぜる。
③鍋ごと氷水で冷やす。
③熱が冷めたところで、容器に入れて冷蔵庫で固める。

DSC_0103

以上で準備完了です。

食べる直前にパンナコッタの容器に、さくらんぼのジャムをかけて出来上がり。ジャム作りから1週間です。

DSC_0104

冷たくて甘くて美味しいですね。
パンナコッタは粉ゼラチンの量が多かったのか固めでした。

先般作ったようなジャムさえあれば、パンナコッタと簡単に組合わせられるので、いろいろと挑戦出来そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.16

【ABCクッキング料理習得クラス12】おもてなし④[10/24]

・黒豆
・田作り
・海老の旨煮
・筑前煮
・菊花かぶ
・伊達巻き
・栗きんとん
・関東風雑煮

DSC_0092

4ヶ月ぶりの受講は、半年早いおせち料理です。
定員4名のところ、1名欠席で3名(女2、男1)になりました。2時間で7品なので密度の濃さは半端ありません。講師の指示に従ってともかく作業を進めるだけでした。
田作りだけ、溶けたきび砂糖が固まってしまいとんでもなく固い出来になった以外は、出来たてのおせち料理は美味しいものでした。

考えさせられたのは、おせち料理は段取りがしっかりしていれば割りと短時間で出来るということです。いままで自分で作ったことが無く、例年オンラインショッピングで購入するのが当たり前になっていましたが、やる気になればそれほど敷居は高くないようです。その昔、おせち料理は各家庭の母親が作っていたものなのですから。2019年のおせち料理は自分で作るのもいいかもしれません。ABCクッキングに10回通って1年目ですが、ようやくやる気が出てきました(遅)!

ところで、プレゼントをもらいました。ガチョウの顔がロゴマークのシカゴを代表するクラフトビールブランド「グースアイランド」の「HONKERS ALE(ホンカーズエール)」です。

DSC_0093DSC_0094

全く知らないビールです。検索したらYahoo!ショッピングで1本435円でした。帰宅して冷蔵庫で冷やして頂きました。「フルーティなホップのアロマと、モルトの苦味が絶妙なバランス」だそうです。飲んだ感じは、日本の地ビールの銀河高原ビールに近いです。

「HONKERS ALE(ホンカーズエール)」
・商品名:ビール
・原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ
・原産国:アメリカ
・アルコール度数:4.3%
・内容量:355ml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧