2020.11.01

井上尚弥、ラスベガス初陣&無観客試合を7回KO勝ちで圧勝した

プロボクシングWBA、IBF世界バンタム級タイトルマッチがハロウィンの夜10月31日(日本時間11月1日)に行われ、バンタム級のWBAスーパー王座とIBF王座を持つ井上尚弥(27=大橋)が挑戦者はWBA2位、IBF4位、WBO1位にランクされるジェイソン=マロニー(29=オーストラリア)を7回2分59秒KO勝ち、WBA王座4度目、IBF王座2度目の防衛に成功しました。

会場:アメリカのネバダ州ラスベガスMGMグランド・カンファレンスセンター

コロナ禍でWBSS決勝戦から約1年となるボクシングの聖地ラスベガスでの無観客試合で、KO勝ちは当たり前とされるプレッシャーの中で、見事に井上尚弥はボクシング人生第2章を飾る見事なスタートを切りました。

井上は序盤から強打で圧力をかけるものの、マロニーはタフで動きを止めない試合巧者でした。中盤からはカウンター狙いに戦略を変更して、6回にカウンターの左フックでダウンを取り、7回にやはりカウンター右ストレートで仕留めています。

今日はWOWOWで10時30分から生中継で放送されるので、その前にWOWOWメンバーズオンデマンドで「いよいよ明日!「井上尚弥」ラスベガス防衛戦直前スペシャル!」(29分間)を予習してから生中継を視聴しました。正午頃から試合が開始され、12時半前には試合が終わりました。

更に、フジテレビで20時から「ビジでんスペシャル 井上尚弥ラスベガス防衛戦」も復習で観ました。井上尚弥は試合後に生中継で登場していました。

更にさらに、同じフジテレビで23時15分からラスベガスの井上尚弥が生中継で自身のダイジェストでの試合を解説して、リモート出演の元女子プロゴルファーの宮里藍やアナウンサーの質問に答える番組にも出演されていました。ファンサービスとは言え、彼の真摯な振る舞いは素晴らしいです。彼のような強くて紳士なボクシングチャンピオンは正に理想です。デビューして8年、ラスベガスからの第2章は8年で35歳まで現役を続けると発言しています。当面の目標はバンタム級4団体統一を目指してやっていきたいと豊富を述べていました。残るはWBC、WBOです。

【バンタム級トップ戦線の現状】
WBA S:井上尚弥(大橋)
WBA:ギジェルモ=リゴンドー(キューバ)
WBC:ノルディーヌ=ウバーリ(フランス)
IBF:井上尚弥(大橋)
WBO:ジョンリエル=カシメロ(フィリピン)

| | コメント (0)

2020.02.02

トークバラエティ「プロ野球 そこそこ昔ばなし」(Amazon Prime Video)が面白い

2019年10月18日からamazonプライムビデオで配信開始されていたトークバラエティ「プロ野球 そこそこ昔ばなし」を年明けに知って、楽しんでいます。正月から視聴しているYouTubeチャンネル、高木豊、里崎智也、片岡篤史からの流れです。

81byhg09dhl_sx300_

ナイツと吉田明世が番組MCで、レギュラーゲストの元プロ野球選手・金村義明と共に、元プロ野球選手2名が加わり、5人で1980年代から1990年代のプロ野球界の裏側にスポットを当てて番組を盛り上げて行きます。

当時の球団格差や選手のモテ事情、名勝負の裏側などぶっちゃけトーク満載で、30分間があっという間です。

最近15回を終えて、第1シーズン終了とのことです。次回はどのようになっているのかわかりませんが、今後も期待します。

| | コメント (0)

2019.11.10

「WBSS決勝戦 井上尚弥vsノニト・ドネア」を本人の解説で観た

待望のWBSSバンタム級決勝戦は週末にあると認識していたのですが、木曜日はXperiaの修理に没頭していて見逃しました。調べたところ次の放送でした。

・11月7日(木):フジテレビ系列とNHK-BS8Kで生中継放送
・11月9日(土)、11日(月)、16(土):WOWOWライブにて録画放送

当然ながら金曜日にはニュースで井上が勝利したことを知りました。KOでなく12回まで戦って3-0の判定だったこと、9日には右目眼窩(がんか)底と鼻の右下付近の2カ所を骨折の報道もありました。

となると、WOWOWでしっかりと再放送で試合を確認したいと思って、録画して試合3日後に観ました。何と右目にガーゼを付けた井上尚弥本人がゲストとして出演している貴重で価値あるプログラムでした。流石WOWOWです。

Img_71000


番組名:エキサイトマッチ~世界プロボクシング エキサイトマッチスペシャル WBSS決勝戦 井上尚弥vsノニト・ドネア #31

<対戦カード>
WBC世界バンタム級タイトルマッチ / ノルディーヌ・ウバーリ vs 井上拓真
WBA・IBF世界バンタム級王座統一戦 / 井上尚弥 vs ノニト・ドネア

<イントロダクション>
ボクシングの階級最強を決める大会WBSSバンタム級決勝戦。井上尚弥とノニト・ドネアが激突!さらにWBC王者ウバーリと暫定王者井上拓真の団体内統一戦も!

約1年に渡って繰り広げられてきたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の決勝。
井上尚弥は、初戦で元王者ファン・カルロス・パヤノを1Rわずか70秒でKO勝利、続く準決勝で過去最強の対戦相手ともいわれた全勝のIBF王者エマヌエル・ロドリゲスを2R1分19秒でTKO勝利、と圧倒的な強さを見せて決勝へ進出した。
対する5階級王者のノニト・ドネアは、初戦は対戦相手のWBAスーパー王者ライアン・バーネットの棄権により4R終了TKO勝ちを収めると、準決勝ではアメリカのステファン・ヤングを得意の左フック一発で6RKO勝ちし決勝へコマを進めてきた。決勝の舞台は日本。ホームの圧倒的な声援を受け井上が優勝するのか、それとも36歳のレジェンド、ドネアが豊富な経験を生かし、トーナメントを制するのか注目が集まる一戦だ。
さらにWBC王者ウバーリと暫定王者井上拓真の団体内統一戦もお届けする。

<収録日・収録場所>
2019年11月7日/埼玉 さいたまスーパーアリーナ

<出演>
ゲスト:井上尚弥
解説:浜田剛史
解説:飯田覚士
実況:高柳謙一
進行:増田美香

WBSSバンタム級決勝戦ですが、井上尚弥(26)は2ラウンドにドネア(36)の左フックで右目が見えなくなり、ドネア選手の姿が二重になって右の距離感がつかめなくなっていたそうです。それでも、それをドネアに悟らせないようにしながら挽回をはかり、冷静に試合を組み立てて最終ランドまで戦いました。本人の解説なので説得力は半端ありません。9ラウンドにはドネアの右ストレートでかなり危ない状態になったそうですが、ドネアがカウター狙いであることを読んで、焦らずに自分から攻め込まないクレバーさで勝機を手繰り寄せています。とにかく最後までドネアの右フックを警戒したそうです。11ラウンドには左フックでドネアをダウンさせており、井上尚弥のKO勝ちとしても良かったかもしれません。


ところで、本プログラムは最初に弟・井上拓真の試合を放送し、井上尚弥が解説を引き受けていました。当日は控室モニターで観ており、8回終了後のポイント発表で井上拓真が負けていることを確認しから、自分の試合集中するためにモニターを消し、弟にエールを送ったそうです。

井上尚弥は、本当に頭の良いボクサーです。感服しました。しかも偉そうにしたところは皆無で、人格的にも尊敬すべき選手です。米プロモート大手トップランク社と契約を結び、2020年からは米国で試合が組まれることもはにかみながら真摯に報告されていました。

なお、WOWOWのこの番組は、WOWOWメンバーズオンデマンドで2020年2月6日まで配信されています。WOWOW会員であれば是非お見逃しなく。無駄なくコンパクトに編集されていて、素晴らしい名勝負を堪能できます。

| | コメント (0)

2019.05.19

【WBSSバンタム級準決勝】井上尚弥、強い!

階級最強を決めるトーナメント戦「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」のバンタム級準決勝で、無敗同士の和製モンスターとカリブの至宝が拳を交えた(WOWOWライブ放送、日本時間5時頃)。

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(26:日本)対エマヌエル=ロドリゲス(26:プエルトリコ)

会場:英国・グラスゴー・SSEハイドロ

井上尚弥が2回1分19秒TKO!決勝進出を決めた!
強いの一言。

第1ラウンドは序盤からロドリゲスのパンチが井上に入る。ロドリゲスの距離で試合が進む。どちらかというと井上が押されている。

第2ラウンドは、井上が左のリードパンチをボディに放ち、出足を止めると自分の距離で右ストレート、左フックを顎にヒットさせロドリゲスをダウンさせる。立ち上がったところを再び左フックをボディに打ち込んで2回目のダウン。ロドリゲスは戦意喪失にもかかわらず、再び立ち上がるも井上ラッシュ、左フックのボディブローで3回目のダウン。立ち上がったところでレフェリーストップ。

過去イギリスの世界戦は日本人5連敗、ヨーロッパでも18戦全敗の負の歴史を止めた。

WBSSバンタム級決勝は、ノニト=ドネア(フィリピン)と戦う。

| | コメント (0)

2018.04.18

通勤時に運動不足解消のために、誰でもできるトレーニングを実践している

階段の早上がりです。
勤務先事務所のフロアまで階段で早上がりします。現在事務所は15階にあり、3階までエスカレーターを使って、3階から15階まで一気に4分間ほどで上ります。12階の階段は289段あり、1段当たり18㎝なので約52m上っています。

スマートウォッチHUAWEI Band 2 Proで階段の早上がりトレーニングが記録出来るようになったので、階段を上る際に、メニューの屋内ランニングをスタートさせ心拍数とリズムを記録しています。

次のスマホ画面が階段の早上がりの記録です。

Screenshot_20180418-213928Screenshot_20180418-213921Screenshot_20180418-215501
月〜金曜日の毎朝4分間のうち有酸素運動は1分くらいですが、かなり身体に負荷がかかります。呼吸はゼイゼイし、太ももはパンパンになります。

昔から運動不足解消のために特別にランニングすることやジムに通うのはやって来ませんでした。出来れば日常の生活の中でトレーニングできればと考えて、階段の早上がりにたどり着きました。

ウォーキングでは早歩きが良いとされていますが、階段での早上がりのほうがより効果が高いと感じています。1日4分間の階段の早上がりで運動不足解消に繋がるので、是非試されてはいかがでしょうか。毎朝、ビルの事務所のあるフロアまで階段を使うだけです。誰でも手軽に出来ます。

ちなみに、階段を下りるトレーニングはどうかと数ヶ月試してみましたが、足腰に負担がかかってどこかしら痛める結果に終わっています。今では階段を下りることや止めてエレベーターを使っています。

【関連記事】
2011.12.26 新宿の新オフィスは342段あります
2012.05.02 17階、+46で388段に到達
2012.07.06 100均メジャーでビルフロアの高さを正確に測れる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.22

村田諒太が再戦でWBA世界ミドル級チャンピオンに!

ボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチ が10月22日、東京・両国国技館で行われ、同級1位での村田諒太(31)がチャンピオンのアッサン=エンダム(33)に7回TKO勝利です。8回直前にエンダム陣営がギブアップしています。

ミドル級では竹原慎二以来日本人2人目、日本の五輪メダリストとしては史上初の世界王者です。村田は2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストです。

5月20日のタイトルマッチで村田が優勢だったにもかかわらず、2-1の判定負けはおかしいとのことでの因縁のリマッチでした。

ボクシングファンなのですが、実は最初の試合は観ていませんでした。WBAは昔から疑惑の判定ばかりします。挑戦者がノックアウトしない限り、判定になるとチャンピオン有利の団体です。そのため、試合結果を聞いたときには、やっぱりという印象でした。しかし、この試合だけはWBAのメンドサ会長が判定は誤りと表明する異様な事態で話題になりました。

再戦では村田がチャンピオンにプレッシャーをかけて、試合をコントロールしていました。圧勝と言えます。ただし、少し気になったのが、村田の手数の少なさでした。ガードを固めるためかジャブが物足りません。この戦い方でもつれると判定は厳しくなります。終始圧倒していたので、チャンピオンが早めに戦意喪失になったので良かったです。

ようやく、TBSで5月28日放送の「情熱大陸【村田諒太/独占密着!不可解な判定負け異例の再戦支持…語った本音】」を初めて観ました。再戦で勝ってくれなければ観ることはなかったでしょう。インタビューの中で、再戦して勝てる自信があると答えていましたが、しっかりとそれを証明してくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.27

FIAフォーミュラE選手権 第2戦 モロッコ マラケシュ大会の決勝ハイライトを観た

F1を電気自動車で実現したものがフォーミュラEと言えます。
初年度は2014-15年で、3年目を迎えています。日本でのテレビ放映権はテレビ朝日が獲得して地上波・BS(BS朝日)・CS(テレ朝チャンネル)の3波を活用して全戦中継を行っています。

http://www.tv-asahi.co.jp/formulae/

【フォーミュラE選手権 2016-17シーズン】
開幕戦    2016年10月9日    香港
第2戦    2016年11月12日    マラケシュ(モロッコ)
第3戦    2017年2月18日    ブエノスアイレス(アルゼンチン)
第4戦    2017年4月1日    メキシコシティ(メキシコ)
第5戦    2017年5月13日    モンテカルロ(モナコ)
第6戦    2017年5月20日    パリ(フランス)
第7戦    2017年6月10日    ベルリン(ドイツ)
第8戦    2017年7月1日    ブリュッセル(ベルギー)
第9戦    2017年7月15日    ニューヨーク(アメリカ)
第10戦 2017年7月16日    ニューヨーク(アメリカ)
第11戦 2017年7月29日    モントリオール(カナダ)
最終戦    2017年7月30日    モントリオール(カナダ)

第2戦の決勝ハイライトを録画で観戦しました。

F1との大きな違いは、エンジン音が無くヒュンヒュンという静かな音で迫力が皆無です。また、マシンを乗換ます。33周をマシン1台では周回できず、18周目くらいでピットインしてレーサーがもう一台に乗換るというカッコ悪さがあります。

F1に熱狂した人間からすると、興味が持てません。人気が出るのでしょうか。

ちなみに、2016 - 17年に前座レースとして、人工知能による自動運転車での「ロボレース(ROBORACE)」が開催される予定なので、こちらに注目したいと思います。

http://fec.no-mania.com/roborace/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.21

「プロ野球発祥の地」は谷津です

習志野市谷津は「読売巨人軍発祥の地」だそうです。

KIMG0322

谷津公園内の谷津バラ園の入口脇に「読売巨人軍発祥の地記念碑」が建立されています。

KIMG0319

KIMG0321

京成本線の谷津駅から6分くらいの所にあります。

KIMG0323

KIMG0326KIMG0325KIMG0324

地元にこのようなスポットがあるとは知りませんでした。どんよりとした曇り空の下、小さな旅を楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.17

パッキャオが復帰戦で王者にカムバックした

プロボクシングのWBO世界ウエルター級タイトルマッチ12回戦

ジェシー=バルガス(27、米国)対マニー=パッキャオ(37、フィリピン)

0-3の判定で、マニー=パッキャオが7か月ぶりの復帰戦で王者に返り咲きです。終始試合を圧倒して、磐石の勝利でした。最後までラッキーパンチをもらわないように慎重に攻めており、万全を期していました。戦績は67戦59勝(38KO)6敗2分です。

試合後のインタビューは、相変わらず謙虚で冷静でした。次戦はみんなが希望する対戦相手と戦うとコメントしています。

WOWOW放送を見逃していましたが、WOWOWメンバーズオンデマンドで視聴しました。実況放送を録画で提供してくれるオンデマンドサービスは本当にありがたいです。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<収録日・場所>
2016年11月5日
アメリカ・ネバダ州ラスベガス トーマス&マックセンター

<イントロダクション>
ボクシング界の英雄マニー・パッキャオ復帰戦&ノニト・ドネア防衛戦を放送。ともにフィリピンを代表するスーパースターが初競演する豪華イベントをお楽しみに!

16歳でプロデビュー後、フライ級~スーパーウェルター級の6階級制覇という偉業を達成し、2016年4月に引退したマニー・パッキャオ。引退後は政治家として母国フィリピンのために尽くしていたパッキャオが、半年の沈黙を破り現役復帰を宣言。その記念すべき復帰戦を放送する。
対戦相手は、WBA世界S・ライト級、WBO世界ウェルター級の2階級を制覇した王者、ジェシー・バルガス。パッキャオより10歳下、27歳のバルガスは、戦績28戦27勝1敗と今最も勢いのあるボクサーのひとりだ。「私にとって重要な復帰戦になる。もう一度世界のベルトを狙うのは大きな挑戦だが、プロボクサーを続けながら国民を救えることを証明してみせる」と意気込むパッキャオが、約1年半ぶりのWBO世界ウェルター級王座奪還を目指す。さらに同じフィリピン出身で5階級制覇王者のノニト・ドネアの防衛戦を放送。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.25

日本シリーズ2016第3戦 日4x-3広、黒田が緊急降板し、大谷がサヨナラタイムリー

第3戦は予告登板の黒田博樹投手の集大成となるマウンドを記憶に残すべく、18時半からテレビ朝日の中継を視聴しました。既に黒田投手は日本シリーズ終了後引退と発表しています。 

広島カープは2勝しており、札幌ドームに移っても黒田投手の最後の踏ん張りで広島が3連勝により王手をかけるかもと期待していました。 

しかし、広島が2-1とリードしている6回ウラ、大谷を打ち取った後直ぐに不調を訴えてツーアウトを取ったところで途中降板してしまいました。 

これで試合の流れが変わったのか、8回ウラに中田の2点タイムリーで2-3と逆転されてしまいます。9回表に広島が同点に追いついて延長に入りました。 

日ハムは延長10回のツーアウト2塁で大谷が5番手の大瀬良投手から、タイムリーを放ちサヨナラ勝ちをもぎ取りました。内角低めの厳しいフォークを振りぬくセンスは圧巻でした。 

大谷は黒田投手からも初対戦ながらツーベースを2度も打っており、投手と打者の二刀流は伊達でないことを証明していました。 

新旧スーパースター選手の戦いは見応え十分でしたが、試合時間が4時間近い3時間51分で、観ていて疲れました。 

ちなみに、AbemaTVでも中継していたそうで試合後知りました。第5戦、第7戦も中継するそうです。野球観戦もスマホアプリの時代に突入したのですね。世代交代というか、感慨深いものがあります。

THE PAGEの記事「黒田がまだ見れる?!「可能性があれば準備するだけ」2016.10.26 06:00」から一部引用します。

試合後、黒田は、「迷惑はかけられないから。自分の出せる投球はしたつもり」と淡々と語り、2本の二塁打を打たれた大谷について「大谷は、本当にすごい。彼はピッチャーじゃない。自分なりに考えて投げたつもりだったが……」と絶賛した。それは引退を決めた年に“二刀流”として大ブレイクした19歳年下のスーパースターへの黒田なりの惜別のメッセージだったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧