2022.05.01

WBC、WBO世界スーパー・フェザー級王座統一戦、スティーブンソンがバルデスを下す

WBC、WBO世界スーパー・フェザー級王座統一戦
○WBO王者シャクール=スティーブンソン(24=米国)≪判定3―0≫ ●WBC王者オスカル=バルデス(31=メキシコ)

2022年4月30日 米ネバダ州ラスベガス MGMグランドガーデンアリーナ

2階級制覇の全勝王者同士という話題のカードで、左の技巧派対右のファイター型という組み合わせでした。

30戦全勝(23KO)の戦績を残しているオスカル=バルデスの強打が17戦全勝(9KO)のシャクール=スティーブンソン(24=アメリカ)に勝るのではと考えていましたが、サウスポーに慣れていないバルデスが良いところなく完封されました。9度の世界戦ではサウスポーとの対戦が無く、対策が取られていなかったようです。

スティーブンソンの右のジャブによって、ガードを固めて間合いを詰めようとするバルデスでしたが、ほとんど有効打を放つことなくスティーブンソンにパンチを浴びせられて完敗しました。

最終12ラウンドでは、残り時間が近づくと勝ちを確信しているスティーブンソンはリング外のタイマーを気にして残り10秒はリングを逃げ回って試合終了という締まらない試合になりました。

勝者となったスティーブンソンは、リング上でインタビューを受ける前に、恋人に結婚指輪を渡してプロポーズして、Yesの回答をもらっていました。初めて目にするシーンで、本人たちはご満悦なのでしょうが、ボクシングの試合にそぐわない演出です。何か軽んじられた印象を持ちました。インタビューでは何度も自らをスパースターと称するシャクール・スティーブンソンにはガッカリしました。

<鑑賞チャンネル>
WOWOWオンデマンド

| | コメント (0)

2022.04.26

【WBCヘビー級】団体内王座統一戦でフューリーが、ホワイトを6回TKO

WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
2022年4月23日 英国、ウェンブリー・スタジアム

タイソン・フューリー○ 対 ディリアン・ホワイト● 6回TKO

WBC王者 タイソン・フューリー(33=英国) 32戦31勝(22KO)1分
WBC暫定王者 ディリアン・ホワイト(34=ジャマイカ/英国) 30戦28勝(19KO)2敗

【鑑賞チャンネル】
WOWOWオンライン

フューリーにとっては今回が4年ぶりとなる母国での試合で、ロンドンにあるサッカーの聖地「ウェンブリー・スタジアム」に9万4000人の観客を集めて行われたヘビー級の“英国ダービー”。フューリーが6回に右アッパーカット一発でホワイトを撃沈させました。やはりヘビー級は凄いですね。圧倒されました。

前回に引き続きフューリーの試合は2試合目となります。もっと見たいですが、フューリーにとって最後の戦いだそうです。

| | コメント (0)

2022.04.09

村田諒太がゴロフキンに9R TKO負け

力の差は歴然でした。ゴロフキンの重く的確に決まる左ジャブは脅威でした。それでも村田諒太の左右のボディブローが効いていて5Rまでは互角でした。しかし、6Rからはゴロフキンの連打が冴え渡り、村田諒太はガードを固めるだけでパンチが出なくなり、9Rには村田諒太がダウンしたところで、村田陣営からタオルが投げ込まれました。

WBA、IBF世界ミドル級(72・5キロ以下)王座統一戦12回戦
WBAスーパー王者、村田諒太(36:帝拳) 対 IBF王者、ゲンナジー=ゴロフキン(40:カザフスタン)
9R 2:11 TKO
4月9日、さいたまスーパーアリーナ


2年4カ月ぶりの実戦となる村田諒太の戦績は、18戦16勝(13KO)2敗。ゴロフキンは43戦41勝(36KO)1敗1分け。KO率は9割超。

ゴロフキンは2004年アテネ五輪銀メダリストで、プロではWBAミドル級王座を、17連続KOを含む歴代2位となる19回防衛しています。過去には世界主要3団体統一王者の実績もあります。

村田―ゴロフキンは世界でも注目された両者合わせてファイトマネーが推定20億円という日本ボクシング史上最大級のビッグマッチで、巨額のファイトマネーを含む興行費用が高騰したため、アマゾンジャパンによる会員制の動画配信サービス「プライム・ビデオ」でライブ配信されました。司会は、くりぃむしちゅー」の上田晋也、竹内由恵、解説に井上尚弥、山中 慎介、長谷川 穂積。

| | コメント (0)

2021.10.14

【WBCヘビー級】フューリーが王座初防衛、ワイルダーを11回KO

過去の対戦はフューリーの1勝1分けで、3度目の対戦ですが、いままで二人を観たことはありませんでした。

最近のヘビー級がどうなっているのかさっぱりわかりません。

お互いにヘビー級ながら、中量級のような素早い動きです。しかもどちらも一発があるというスリリングさがありました。

序盤こそワイルダーが長距離の左ジャブでフューリーのボディを攻撃するものの、徐々にフューリーのペースになり、3ラウンドでフューリーがダウンを奪います。

ところが、4ラウンドにはワイルダーが強烈な右ストレートでダウンを奪い返し、連打で2回めのダウンを追加します。

どちらが勝ってもおかしくない展開ながら、徐々にフューリーがプレッシャーをかけてパンチを繰り出してはクリンチで押し込んで、ワイルダーの体力を奪います。

見た目にもワイルダーが不利に見えます。10ラウンドにはフューリーの右フックで2回目のダウンをワイルダーは奪われます。立ち上がれないかと思いきや立ち上がりました。

11ラウンドには、フューリーが接近戦で押し込みながら連打を浴びせ、右フックで3度目のダウンを奪い、試合終了です。

やっぱりヘビー級は、一発があるので面白いです。クリンチが多くレフェリーが身体を入れながらブレイクして試合をコントロールするシーンが多く、試合としてはスピーディではありませんでした。


以下、WOWOWオンラインから引用。

<対戦カード>
WBC世界ヘビー級タイトルマッチ / タイソン・フューリー vs デオンテイ・ワイルダー

延期となっていたWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリーと前WBC王者デオンテイ・ワイルダーの第3戦がついに実現!ヘビー級頂上決戦に進むのはどちらだ?

<収録日・収録場所>
2021年10月9日/アメリカ・ネバダ州ラスベガス T―モバイル・アリーナ

<出演>
解説:浜田剛史、亀海喜寛
実況:高柳謙一
進行:増田美香

<鑑賞チャンネル>
WOWOWオンデマンド

| | コメント (0)

2021.08.22

WOWOWエキサイトマッチ特別企画「井上尚弥スペシャルインタビュー」は良かった

2021年8月21日から前編15分、後編22分で配信されています。
WOWOWオンデマンドで観ました。

先日8月15日のジョンリエル=カシメロ vs ギジェルモ=リゴンドーの放送後に、WOWOWが独占インタビューしたものです。

前編はYouYubeのWOWOW オフィシャルチャンネルでも配信されています。
https://youtu.be/tlW0U-bDboo

4団体統一を目指すことを改めて語っていました。

前向きで真摯な語り口にぞっこんです。質問内容も整理されていて楽しめました。

<動画紹介>
世界最高峰のボクシングを毎週お届けしているWOWOWエキサイトマッチ。
今回はWBAスーパー・IBF世界バンタム級チャンピオンの井上尚弥に
エキサイトマッチでおなじみの増田美香アナウンサーが独占インタビュー。

井上選手へのインタビュー前編の模様をYouTubeでも配信。
後編は、WOWOWオンデマンド、井上尚弥公式アプリからご視聴頂けます。

| | コメント (0)

42歳のパッキャオが2年ぶりの試合で判定負け、最後の試合となるのか

WBAスーパー世界ウェルター級タイトルマッチ
ヨルデニス=ウガス対マニー=パッキャオ
2021年21日(日本時間22日)、米ラスベガスのT-モバイルアリーナ

3−0でWBAスーパー王者のウガスがWBA休養王者のパッキャオを退けました。

序盤はパッキャオが優勢でしたが、徐々にウガスが長いリーチを活かしたフック気味の右ストレートを、有効打として3人のジャッジにアピールできたようです。パッキャオはグローブでブロックしていたもののそのパンチ力に押されていました。

パッキャオにとって、2019年7月のキース=サーマン(米国)戦以来、2年1か月ぶりの試合でしたが、やはり歳には勝てないようでした。

母国フィリピンで国会議員を務めるパッキャオは来年の大統領選出馬の可能性があり、今回が現役最終戦になる模様です。

| | コメント (0)

2021.08.15

WBO世界バンタム級タイトルマッチ ジョンリエル=カシメロ vs ギジェルモ=リゴンドーは凡戦だった

WOWOWの11時から放送「エキサイトマッチ~世界プロボクシング」で、WBO世界バンタム級タイトルマッチジョンリエル=カシメロ vs ギジェルモ=リゴンドーを観ました。

試合会場:2021年8月14日/アメリカ・カリフォルニア州カーソン ディグニティ・ヘルス・スポーツパーク

ゲスト:井上尚弥
解説:ジョー小泉
実況:高柳謙一
進行:増田美香

この試合の勝者が、井上尚弥選手との統一戦の相手が決まる注目の一戦です。

1Rこそ、カシメロがリゴンドーに圧力をかけていましたが、徐々にリゴンドーが足を使って、逃げ回るボクシングに終始し、12Rを戦って2−1の判定でカシメロが王座を守りました。

リゴンドーは挑戦者にも関わらず、1年半ぶりの試合ということもあり、40歳となり殴られ弱いためか、手数を出さずに徹底したカウンター狙いのアウトボクシングを行いました。

スタジオで実況を解説していた井上尚弥氏、ジョー小泉氏が共に、リコンドーの消極的すぎる姿勢に疑問を呈していました。

これほど噛み合わない試合は過去に例を見ないほどでした。

| | コメント (0)

2021.07.27

東京五輪 卓球混合ダブルス、水谷・伊藤ペアが初代金

ネットニュースで金メダルを取ったことを知ったうえで、TVerの次のダイジェストを観たのですが、感動しました。こんなに嬉しいのは久しぶりです。

https://tver.jp/tokyo2020/video/6265291038001

卓球王国の中国に逆転勝ちです。ついに日本が卓球で金メダル獲得です。素晴らしい!
卓球の試合、しかもダイジェストなのに涙がこぼれました。

東京五輪で7月26日、卓球の新種目となる混合ダブルスの決勝が東京体育館であり、水谷準(32)と伊藤美誠(20)ペアが中国の許昕(31)と劉詩雯(30)ペアに最終ゲームまでもつれる接戦の末に逆転勝ちし、最初の金メダルを獲得しました。

| | コメント (0)

2021.06.27

ロマチェンコに中谷正義、9回TKOで敗れる

プロボクシング・ライト級12回戦
2021年6月26日(日本時間27日)
アメリカ・ネバダ州ラスベガス ヴァージン・ホテル

伝統のライト級でスター選手と日本人選手が対戦するドリームマッチでした。

WBO世界ライト級5位の中谷正義(32=帝拳)と元3階級制覇王者ワシル=ロマチェンコ(33=ウクライナ/WBC同級1位)の対決が実現しましたが、9ラウンド1分48秒、TKO負けでした。

身長が180cmの中谷は170cmのロマチェンコに体格で勝っていましたが、各ラウンドでロマチェンコが左ストレートをヒットさせポイントを取っており、力の差は歴然でした。

ボクシング史上最高傑作とも称されるロマチェンコの巧さに中谷正義は翻弄されて破れました。

昨年10月にテオフィモ=ロペスとの4団体王座統一戦に敗れたロマチェンコは、今回の試合でのカムバックで4団体統一世界ライト級王者テオフィモ=ロペスとのリマッチが実現する模様です。

先週、井上尚弥が戦った会場で、続いて欲しかったです。残念。

【鑑賞チャンネル】
WOWOW

| | コメント (0)

2021.06.20

井上尚弥、ラスベガス2戦目&有観客試合を3回KO勝ちで爆勝した

ボクシング・WBA・IBF統一バンタム級タイトルマッチ12回戦
2021年6月19日(日本時間20日)
アメリカ・ネバダ州ラスベガス ヴァージン・ホテル

統一王者の井上尚弥(28=大橋)が指名挑戦者のIBF同級1位マイケル=ダスマリナス(28=フィリピン)を3回2分45秒KOで破り、WBA王座5度目、IBF王座3度目の防衛に成功しました。

「モンスター」に相応しい圧倒的な強さでした。前回のラスベガス初戦と比べて、落ち着きと強さは半端ありません。

試合後のインタビューで、1ラウンドでサウスポーの挑戦者のジャブを左フックで合わせただけで、勝利を確信したとのことで、テレビ観戦していても早い回でKOするのは間違いないと感じました。

ボディーで仕留めるのですが、最初のボディーはかすっただけにしか観えないのに、相当なダメージを与えていたようです。相当痛いはずなのに挑戦者がダウンして立ち上がるのですが、痛々しくて可哀想に感じました。

4団体統一を目指した通過点としてのプレッシャーがかかるはずなのに、完璧で理想的な試合運びでした。

3日前に、WOWOWオンデマンドがChromecast with Google TVに対応したことで、プロジェクターの大画面で鑑賞しました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧